けんたのプロレス&演芸論
DiaryINDEXpastwill


2004年01月04日(日) M-1グランプリ2003を見て(その4)

総括

 M−1の方向性がはっきりした大会、といえるかもしれない。いうなれば、「漫才ではなくM−1」。まあ、漫才ってなんだ?コントってなんだ?ということになってしまうのだが、昔から言うところの「漫才」が勝てなかった大会だった。島田紳助が狙っている通り、なのだろう。第1回大会で島田紳助は司会を務め、西川きよしは審査員だった。しかし第2回大会で役割が入れ替わる。第1回で審査員を務めた鴻上尚史、第2回で審査員を務めた立川談志が外れた。島田紳助は「テレビ番組としてのM−1」を多分に意識している。鴻上は舞台の人間だ。談志はテレビを見下す人間だ。きよしは大会場での漫才に自信を持つ。彼らは「島田紳助的M−1の世界」とは相容れない。
 M−1決勝に来なかったが、最近元気なインパルスの芸に対して、きよしは番組で言っていた。「面白いしすばらしいが、大きな会場で3階席までわらかすようなものも身につけてほしい」と。きよしは今の若手に、かつての漫才全盛期、お笑いの時代の復権を期待している。それが島田紳助に(あるいは松本人志に)言わせれば「古い」のだろう。テレビでのし上がっていった彼らにとって、例えば武道館で漫才ライブ、などというのはもはや昔の話、ライブハウスで、そしてそれと同じノリでできるテレビの世界でのし上がれる若手を発掘したいのではなかろうか。
 しかし忘れないでほしい。テレビは残酷な媒体であることを。一度コケれば立ち直れない、ハイリスク・ハイリターンな場であることを。M−1というものさしが出来た。第1回、第2回と進むうちに、出てくる若手がものさしにあわせてきている印象がある。もっともっと幅を見せてほしい。漫才の可能性はこんなもんじゃない。
 ボケとツッコミが掛け合う、場の空気を読み取っていじる、それが漫才師の凄みだと今も信じている。テレビ的にはアドリブは困るのだろうが、観客不在の漫才なんかいらない。M−1チャンプとしてのフットボールアワーには素直に賞賛を贈るが、会場がNGKなら、NHKホールなら・・・いや、彼らはその場に合わせてこなせるから大丈夫か。
 無理な願いではあるが、次回は会場を大きく、審査員は全て漫才師で「島田紳助」「松本人志」「西川きよし」「オール巨人」「宮川大助」「中田カウス」「島田洋七」「星セント」そして「ビートたけし」を加えて・・・。そして、「賞レースに出なくていいと思うとほっとする」といった、フットボールアワーには「連覇」を期待する。


2004年01月03日(土) M-1グランプリ2003を見て(その3)

まだまだ書く。


А.侫奪肇棔璽襯▲錙次  663/700、1位) けんた採点:90点

 今回の大本命。さすがの好演だったが、やはり緊張していたのか、結構噛んでいる。正統派漫才だけに、そういう粗が目立ってしまう。会場の反応、審査員の反応と、TVを通しての反応に差があるように感じるのは、その「ライブ性」のためだろう。ブラウン管を通して見ると、粗が目立つ。会場の笑いの波はこちらには伝わらないから、そこに温度差が生まれる。もし今回、審査員が別室モニタで審査していたら・・・笑い飯と点数が入れ替わっていたかもしれない。
 とはいえ、彼らはやはり、王者になるだけの資質は十二分にある。ツッコミがぐんとよくなっていた。トップどころがこれだけの漫才やったら、ほかの組は大変だ。しかし、確実に穴はあった。その穴を埋めたのは、ライブの空気と、審査員の内なる期待感か。


─,蠅△襯ッズ  (601/700、5位) けんた採点:90点

 これが漫才。それだけのことをやった。最後の20秒、たれてなければ個人的には95点。フットボールアワーよりもよかったくらいだ。漫才のにおいがする。キャラがたっていて、それぞれの役割をきちっとこなす、心地よい漫才。18歳のくせに、重鎮的な漫才をするなあ。
 10年後がとても楽しみなコンビ。漫才以外には何も出来なさそうなので期待大。正直、フットボールアワーや笑い飯がいつまで漫才やってくれるかは不安。


 アンタッチャブル  (616/700、3位) けんた採点:85点

 とっても面白かった。面白さでは笑い飯に匹敵。あえて85点をつける。それは、これは漫才ではないと思ったからだ。いや、センターマイク使って、しゃべりで笑わせれば漫才じゃないか、ってことにはなるんだが。
 彼らのネタを見ていると、漫才というより、セットのないコントのにおいを感じる。彼らのコントを見慣れてるせいかも知れないが、要は彼らが根っからの漫才師じゃないということなんじゃなかろうか。これは東の漫才コンビに共通する部分。いや、最近そういうのばっかりだな。「掛け合い」こそ漫才の凄み、と考えるなら、アンタッチャブルは漫才をしていなかったし、極論すればフットボールアワーのも怪しい。まあ、この辺まで来ると好みかな。
 アンタッチャブルへの85点は、面白さ100点、漫才として70点の平均ということで。


2004年01月02日(金) M-1グランプリ2003を見て(その2)

続いて書く。


ぁ‐个と咫  656/700、2位) けんた採点:100点

 島田紳助に「感動した」と言わしめた漫才。ここは爆発力がある。ネタ順に恵まれた感もあるので、差っぴいて考える必要もあるかもしれないが、この日の12本の漫才の中では一番の出来だった。フットボールアワーには悪いが、ここが1位じゃないところにM−1の限界を感じてしまう。
 笑い飯の強みは「雑」の一言で表せる。この場合の「雑」は悪い意味ではない。ぎりぎりでの一発勝負、というときに、「雑」は爆発力を持つ。粗が目立たないから、思い切って出来る。前回三位で騒がれた。彼らは今回、優勝を狙っていた。それなのに、その思い切り。過去、中川家がネタ順先頭で「あきらめての開き直り」で優勝し、ますだおかだが大本命のプレッシャーの中、ガチガチで勝ち上がったことから考えると、彼らの「優勝を狙って」の思い切りの良さは賞賛に値する。
 松本人志が褒めた。センスそのままで技術が向上している、と。次回、さらにセンスを磨き、技術を向上させ、高い優勝意識のもと、思い切りよくステージに立つなら、ここが大本命になる。そうなれば痛快である。


ァ‘鹵拳銃  (608/700、4位) けんた採点:90点

 個性派揃いの決勝の中で、オーソドックスさが仇になった。一番安心して見れる漫才だったし、正直、一番うまい。面白さでもかなり上位。緩急織り交ぜての漫才は、さすがキャリア10年。
 はっきり言ってしまえば、M−1に出ること自体が間違いだった。いや、ここが上位にこれないM−1は、本当に漫才のコンテストなのか。K−1がキックボクシングと違うように、M−1は漫才とは違うのかもしれない。過去にテツ&トモが出たくらいだし。
 二丁拳銃が相手にするべきはここに集う若手ではない。トミーズを、カウスボタンを、阪神巨人を相手にケンカ吹っかければいい。勝てるだけの素地はある。


Α.▲瓮螢ザリガニ  (564/700、7位) けんた採点:60点

 面白い部分は間違いなくあるんだが・・・正直ガッカリ。場数も多く踏んでいて、下手よりは上手なのは確かだが、きつい言葉で言えば、進歩がない。3年連続でオチ前にたれてしまうというのはいただけない。名も売れ、露出も多くなっているのだから、なおのこと磨いていかねば。二人のキャラが強い分、そこに頼りすぎてはいないか。好きなコンビだけに、頑張ってほしいが・・・もうM−1では見なくてもいいや、という気にさえなる。次回がラストチャンスかな?何か変えて来てくれれば・・・実力はあるんだから。


2004年01月01日(木) M-1グランプリ2003を見て(その1)

 今回のM-1はレベルが総じて高かったように思う。参加者の賞取りへの意識が高まったからだろうか。見る側としては歓迎できることだ。数回に分けて、決勝の各参加者の漫才について、またその周辺について書いていきたい。

まずは決勝1回戦、出演順に。


 \蘢察  522/700、9位) けんた採点:75点

 岡山弁漫才。二人のキャラと岡山弁がいい具合に被っていて、「ああ、面白いコンビだな」と思わせる。ネタの運びも独特のリズム、緊張していたというよりは、こういうリズムなんだな、という説得力があって、見ていて和む、という言い方は失礼なんだろうがそんな感じ。
 個人的に気に入ったのは、ラサール氏もあげていた、「演劇的なもの」。東京の劇団が好みそうな間合いを持ち込んだ(彼らにその意識があるかは別として)のは新鮮だった。今後に期待。
 今回の成績については、事前番組で島田紳助が懸念していた、「変化球投手がハナをきる」ことのマイナス面がモロに出てしまった感じ。客が温まらない状態で、このコンビは正直きついのか。ネタ選びもずいぶん思い切った(要はエロ)ものを選んだことはプラスにはならなかった。ネタ順の不運を嘆くのもありだと思うが、今後を考えれば反省点として受け止めてほしい。変化球投手がうまくハナをきる方法は、きっとあるはずだから。



◆%蔑曄  554/700、8位) けんた採点:85点

 この麒麟の漫才で8位、というところに今回のレベルの高さがあらわれている、といってもいいくらいによく出来ていた。一昨年の漫才は実験的要素もあって驚きが強かった、その分今回は損した感じかもしれない。今回は良くも悪くもまとまった印象、良くも悪くも「うまくなったなあ」、個性の強さが千鳥に持って行かれた分、点数が伸びなかったか。
 個人的にはかなりツボだった。ボケの人の特徴的な声は、充分武器になる。「ウイルスマン、ドキンマン、アンド、モーガンフリーマン」はかなり好き。また、ここのコンビは一昨年もそうだったが構成が緻密だ。よく出来てるなあ、という印象が、面白さに勝ってしまったのかな・・・。
 出演順を見越してのネタの用意、個性の打ち出し方を工夫してほしいところ。というか、そういう部分に無頓着(なように見える)コンビが多いのが気になるなあ。あの中川家やますだおかだでさえ「前の組の漫才は見ない」的なことを言っていた。漫才全盛期のやすきよ・セントルイス・B&Bの三組会(「漫才新幹線」)の舞台裏のVTRを見たことがあるが、彼らはモニタを凝視し、「こいつらがこうやるなら、俺らはこうだ!」とばかりに発奮していたシーンが、頭をよぎる。M−1は漫才の格闘技ではなかったか。相手を打ち負かす気概のあるコンビが、彼らの中にどれだけいただろうか。


 スピードワゴン  (572/700、6位) けんた採点:80点

 ボケのキャラがたっていて、その上ツッコミのキャラも面白い、それでも漫才は面白くなりきらない、というのが難しいところ。各審査員も平均的な点数にとどまっている。あえて一言で言うなら「華がない」ってことなのかな。華、というよりは毒、なのかな。内容的には毒吐き漫才的な要素があるのに、そう感じさせないのは彼らのキャラなのだろうし、TVタレントとして売り出してる彼らにはそれくらいのスタンスがちょうどいいのかもしれない。「憎めないやつ」でいる限りは漫才で天下は取れないかもしれないが。
 とはいえ、ネタは面白かった。個人的には、童謡や童話、昔話をいじる漫才は好きではない(だってみんなやってるんだもん)のだが、彼ら流の味付けがしっかりしていてよかったように思う。ツッコミの「あたしゃみとめない」「うちらの手に負えない」あたりのフレーズは結構ツボ。
 こういったコンテストでは、彼らのスタンスは中途半端にうつってしまう。ぎらぎらしたものを感じさせないのは彼らのスマートさだが、そこが最終決戦進出の三組との決定的な差であることも確かだ。


けんた |MAILHomePage

My追加