陽だまりの ねこだまり
<登場人物紹介&ねこ紹介>

2006年05月24日(水)   役に立たない 六年前の妊娠〜出産話  完



うぅ〜・・・・
痛みに歯を食いしばり 耐える
あぁ〜〜力が入る〜〜(^^;

ヒッヒッフーなんて呼吸法
思い出す余裕ってないと思う
助産婦さんに言われて初めてやりはじめた

この陣痛っていうの
力が入っちゃうものなのね

どうしてもお腹に力が入っちゃって
そのまま踏ん張れたらすごく楽なのに〜と思ってしまう(^^;

でも子宮口がやわらかくなって ある程度開いてからじゃないと
子宮口が裂けちゃったり
赤ちゃんが苦しんだりするらしいから

10センチくらい子宮の入り口が開くまで
いきんじゃいけないのよ

このいきみ逃すのが
つらいぃ〜〜〜〜ヾ(T∇T*)(*T∇T)ノ
体の力抜くようにして
呼吸法にすがる

あああああ〜〜〜力が入るぅ〜〜(^^;

体が勝手に動く感じ〜〜〜〜
ちょっと不思議面白いぞ〜〜〜
ううぅ〜〜〜


実際 うめき声なんて出さなかったのも
看護婦さんの誤解の素だったらしい

あまり痛がってなかったから・・・って

痛かったわい!!(^^;


陣痛の間隔が2分おきになった頃
ドクターが慌てて入ってきた

「子宮口調べるよ〜」と
ゴムの手袋してそのまま 手を突っ込んできた

「いっ!?」 ←思わずもれた声


出産の痛みはね

指というか 拳突っ込まれたこれが 一番痛かったわ!!!!!(怒)

だって指入れた所の騒ぎじゃないのよ!?
もう拳丸ごといきなりよ!?
しかも突っ込む準備も何もしてないのによ!?←(違
○ンドームだって潤滑ゼリーついてるじゃないかよ!?(ぉぃ

これから拳の大きさなんて比じゃない位の大きさのものが 
ここを通るんだから

それぐらい我慢しろってのかよ!?

っていうかそれは ねじりこまれるんじゃなくて
出すほうですから!!ヽ(`Д´)ノ (怒)

くっそぅ〜〜
他人に加えられる そういう痛みが
どれだけ苦痛なのか
男にはわかんないだろ!!

そういうやつはケツにピ―――でも突っ込まれてしまえ!!

っていうかそんなに突っ込まないと
わかんないのかよーヽ(`Д´)ノ
へたくそー!!(違



「もう8cmじゃないか! なんでもっと早く呼ばない」

看護婦さんは怒られてました
助産婦さんも手伝い 
隣の分娩室へ移動



あちゃ・・・・
まずい・・・
非常にまずい・・・( ̄∇ ̄;)

旦那にご飯食べて来なって言っちゃったよ・・・

戻ってくる前に生まれちゃうかな〜・・・


でもこんなに早く生まれるもんなのか??(-"-;)
陣痛ってもっと大変だって聞いたけど・・・
初産なんて一日は苦しむとか

おかしいな・・・( ̄∇ ̄;)




もーそのあとの助産婦さんと先生の慌てぶり
大変だったみたいで

まさか初産がこんなに早く子宮口が開き
分娩室に行くとは思ってなかったらしい

もう一人陣痛室に居たけど
その人は陣痛が弱いらしく 
結構長い時間そこにいるらしい


病院によって違うみたいだけど
ここの病院は出産時
入り口を切る
いや、赤ちゃんにしたら出口かな(笑)

赤ちゃんが出てくることによって
裂けてしまうこともあるらしく

裂けた傷口は後の処置が大変なのだそうで
避ける前に切る 

切り口なら綺麗に縫えるらしいし
治りも早いからだとか・・・


でもさ いくらなんでも 慌ててるからとは言え
断りもなしにいきなり切ることはないんじゃないの!?(怒)

一瞬の痛みが走って
あぁ、切ったのか・・・陣痛の中そう思った

そんなにあっさり スパッと。

一言 断ってくれよ(怒)
そんなに痛くなかったけど
びっくりするじゃん


なんだか・・・
出産前は 浣腸するとか
聞いたけど・・・いいのかな (-"-;)

しなくても勝手に体が
色々出してたし
準備態勢に入ってたみたいだけど(^^;


なんだか先生や助産婦さんの
ワタワタしてるの見てたら
なんだか冷静になってきてしまって・・・

「次、痛みが来たらっ いきんでくださいねっ!!」

というから
いきんだら

「いきむ時は言ってくださいヽ(`Д´)ノ」

と怒られた・・・

なんだよぅ〜〜怒ることないじゃんなぁ〜・・

行動をいちいち伝えてからやらないといけないのね・・・
面倒くさい。。。(ぉぃ


「痛み来ました・・・」

「はい、息吸って吐いて 思い切り吸ってからいきんでください」


・・・・とは言われたものの・・・・
なんだかね
重い塊が下の方に移動してきていて

このまま力入れたら・・・便が出そうな気分が・・・( ̄∇ ̄;)(ぉぃ!


などと考えてる間、ずっと先生と助産婦さん待っていたらしく

「どうしたの!?はやくいきんで!!」
と助産婦さんにいわれた

「あのぉ・・・・」

「何!?どうしたの!?早くいきみなさい!!」助産婦さん

「このまま力入れたら・・便が出そうなんですけど・・・」

と伝えると

「それは赤ちゃんの頭です!はやくいきみなさい!!!ヽ(`Д´)ノ」助産婦

なんだ
じゃあ、このままいきんでいいのか。

息を吸って 吐いて 大きく吸って いきむ。

「ヘソ見るように! 目を開けて!」

言われたとおりにする

目をつぶったままいきむと
目の周りの毛細血管がきれちゃうらしく
赤いそばかすみたいになっちゃうとか

まぁ治るらしいけど


「はい、一度呼吸して!!」


そのとき私は 言うことなんか聞きやしなかった

うっさいな
もうちょっと・・と いきんでしまうのであった

「わぁ!?」 ←ドクター

と、ドクターがあわてて 出てきた赤ちゃんをキャッチ したようだった

「一度呼吸してっていったでしょ!!(^^;」←助産婦さん

力を抜くだろうと 一休みするだろうと思ってたらしい


・・・・というか
赤ちゃんに手は添えてろよ・・・( ̄∇ ̄;)

タイミングは妊婦に合わせてくれよ〜
産んでるのは妊婦なんだからさ〜

確かにいきみすぎて酸素が取れないと
おなかの赤ちゃんも酸素不足で苦しくなるし
危ないのはわかるけどさ〜


そんな感じで
あっさりと産み落としたのだった

そして産声

お・・・・泣いた泣いた♪よし!!

助産婦さんとドクターは後産やら点滴やら血圧やら
色々と私の体に何か取り付けていて

もう一人の年配の看護婦さんが
まだ濡れている体のままの胎児を
私に見せる

「女の子ですよ〜」

やはり全身赤い
だから赤ちゃんって言うのかな〜
なんてお約束のようなことを考えてた

顔を見て 手を触る
ようこそ、この世界へ
そんなこと思いながら握手

そして娘はそのまま産湯へ

細いチューブみたいなのを口に入れられて
何か吸い出されてた
羊水とかかな・・?


その間に私はお腹をぶいぶい押されて
ゆさゆさ揺らされて
胎盤を産んでいた

そ・・・そんなに揺らしたら・・・
妊娠してさらにパワーアップした脂肪たぷたぷが・・
波打っちゃうじゃない!!(^^;

ゆさゆさぶいぶい
タプタプタプタプ

そのうちドクターは掌をお腹のへその下に当てて
細かく激しく・・・・ぶるぶるぶるぶるぶる!!

あいや〜〜〜〜!!(^^; ←心の叫び(笑)

無事、胎盤出産   (食べてみたかった。。。)

そして・・・
おもむろに

切ったところを縫いはじめた・・・

い〜〜た〜〜いぃぃぃ〜〜〜(^^;;
いだいいだいいだい!!ギャー q(T∇T*)(*T∇T)pギャー

何が痛いって
針刺すのはまだいいけど
糸が肉の中通っていくのがぁぁ〜〜〜!!
これ耐える方がつらかった・・・(*i i) 

チクッ
ズルズルズルズル〜〜・・
チクッ
ズルズルズルズル〜・・・

うぅっ・・・早く終わってくれ〜ヾ(T∇T*)(*T∇T)ノ


この糸は抜糸無しでした
そのままで同化?するのかな・・・
溶ける糸ってやつ?
いつの間にか無くなってた

終わってようやく足を閉じることが出来た
でもオムツみたいなのを当てられる

出産後は約一ヶ月くらい
生理よりもやや酷い出血があるので
生理用品よりも大きい オムツみたいなのをする(笑)

しばらくすると
娘が来た
保育ケースに入って

まだ自分で体温調節できないので
すぐ体温が下がってしまうとかで
保温用のライトが照らされている

触ってもいいということなので
手の指や足の指などを触る

ちっさ〜〜〜〜・・・

もう おもちゃみたい
すごく小さい・・・
でも指も5本 爪もあって
間接も曲がるし 指紋もある

目も鼻も口もあって
眉毛も髪もある・・・

生物はすごい
こんなに細かい部分まで
たった数ヶ月で作ってしまう
作ってる本人は 何もしてないのに

・・・・まぁ色々つらい時期はあるけれども(笑)

もう 凄いな・・・
としか言葉が出てこない

そして
愛しいと思い 湧き上がってくる感情

凄いな 本当に凄い

今まではおなかに入ってて見えなかったけど
今は目の前に居て
実感できる

この感情って凄い

この感情が自分にも備わってたのがうれしい

自分の心は 少し歪で 何か欠けている
そんな中でも
こんなにも大切に思える心があった

なんて愛しいんだろ

もう舐めてしまいたいくらい (←現在やっている(笑)
食べてしまいたいくらい(笑)(←現在も甘噛みする(笑)

眠ってる顔に魅入りながら
とろけそうな気分を味わっていた


そして・・・・

種の素が来た(^^;

分娩室は立ち入り禁止なので
部屋の中と外で視線を合わせる

旦那は感動しながらも
遠目で娘を見て 
やはりでろでろに脳みそが溶かされたようだ(笑)

自分の両親もガラス越しに孫娘を見て
笑って帰っていった

二時間以上は経ってたのかな・・・
しばらくして起きれる様なら車椅子に移動して
トイレに行ってみてくださいといわれた
赤ちゃんを出産したことで
尿道が麻痺してうまく排尿できないことがあるらしい

起き上がれたのでトイレに行って無事すませる
尿管に管入れられるのは免れた(笑)
でも縫ったところは痛かった・・・

そして赤ちゃんは
看護婦さんが新生児室に連れて行ってしまった

離れたくないな・・・
そうは思ったのだか
新生児は新生児室
母は病室に戻るのだった

なんだよ・・・
産んですぐ離されるのかよ
動物だって産まれたあとは親子一緒だぞー(怒)

病室に戻る途中
てっきり帰ったと思っていた旦那と廊下で対面


「一番の感動の瞬間を!!逃した〜ギャー q(T∇T*)(*T∇T)pギャー」 旦那

「う・・・ご・・・ごめん・・・・(^^;;;」 

「ご飯なんか食べに帰るんじゃなかった・・・・(T∇T) ウゥ・・」 旦那

「こんなに早く出てくるとは思わなかったんだもん(^^; ごめんよぅ」

「もう少し我慢しとけよ〜(笑)」 旦那

「・・・無茶言うな・・( ̄∇ ̄;)」 

「しかも8月の31日・・・9月の1日がよかったのに・・・(*i i) 」 旦那

「嫌だ。私は8月生まれの元気な子がいいんだい(* ̄ ‐ ̄)ノえへんぷい」

「・・・でも感動するもんだな〜・・・しみじみ・・・」 旦那

「こんなに感動したのは横浜ベイスターズ優勝したこと以来だヽ(TДT)ノ」旦那

「・・・・いやそれ・・・比べる対照なのかよ。( ̄∇ ̄;)」 ←野球嫌い

っていうか、そんなのと比べるなよ(怒)



翌日

入院中 出産後の方々はなんであんなにゆっくりと
ペンギンのように歩くのか不思議に思っていたのだけど・・・
自分がそうなって初めてわかった
歩き方がペンギンになるのもわかるわ・・・
アソコ縫った糸が引きつるのよ(^^;

あとは筋肉痛
私は太ももが少しだけ筋肉痛になって
2〜3日でおさまったけど
筋肉痛が酷い人もいるみたいだった



産後一週間で退院するとはいえ
ここから
私のストレスな日々が始まったのだった
何がストレスって

育児ノイローゼとかそんなんじゃなく
子供と一緒にいられない
子供と離されてることに対してのストレスだ

授乳時間も決まっていて
それ以外の時間には会えない
抱っこも出来ない

しかも看護婦さんは

病院にいる間に休養とっておいたほうがいいじゃないの
ゆっくりやすめるんだからさ〜
退院したら嫌でも一緒に居るんだから
休むことだって出来ないよ

確かにおっしゃる通りでございますが
その鼻で笑うようないい方が気に入らない

その看護婦さんは3人子供がいるらしい

三人もいると一緒に居たいなんて そんなことも思わないわよ〜(^^)

おいおい・・・( ̄∇ ̄;)
お前の子供の話なんて聞いてねぇんだよ
そんなのはどうでもいいんだよ
だいたいそれはお前の場合、だろうが

一人目の子供を産んだ母親がどう思うのか、は関係ないのかよ

たとえその通りでも 言い方があるだろうが。

これ以外にも
母乳のあげ方やらその他もろもろ
ものすごくやり方が合わなかった
というか、この看護婦か。合わなかったのは。

出産後は 親子一緒の部屋で
過ごせるほうがいいわ (* ̄ ‐ ̄)




こんな出産でした

子育て編は・・・そのうち書く・・・
・・・かな?(^^; ←大嘘つき











  ↑エンピツ投票ボタン
書く気パワーをください(^^)


My追加


 < 過去  INDEX  未来 >


ナミ♪ [BBS] [陽だまり写真館] [MAIL]

My追加