ものかき部

MAILBBS

「 彼の人のこと、立春に想う 」
2018年03月15日(木)



 
 ふと、晩御飯の準備を手伝っている時、家族があること、子供がいることが、こんなにも嬉しいことなのか、と感動した

 ふと、スポーツを通じて小学生の成長を観られることが、こんなにも深い感銘を引き起こすのか、と驚いた

 ふと、自分の能力の開花ではなく、子供の能力の開花が、こんなにも高ぶりを覚えることなのか、と気づいてしまった


 彼の人は、どうしていることだろうか

 私が出逢った時、彼の人はこれら全てのことを知らなかった

 隔絶した世界にいた

 自分の家族に反発しながら縛られ、他人の成長をねたみ、自分の能力の開花と社会的地位の向上しか、肉体に入っていなかった

 私も同じだったのだ

 私は、こうなった

 彼の人は、どうなったのだろう

 冬が払われていく梅の季節、どうしても頭をよぎるのは、彼の人のことだった


BACK INDEX

複製、無断転載、二次配布等を禁じます。
All Rights Reserved©ものかき部

My追加