初日 最新 目次 MAIL


やすみ日記
梅子
MAIL

2017年03月12日(日)
アニメ「ジョーカー・ゲーム」トークショー(天橋立)

3月11日、アニメ「ジョーカー・ゲーム」の野村和也監督と時代考証家・白土晴一さんのトークショー「ジョーカー・ゲーム談義」が、宮津ロイヤルホテルで行われました。
司会役はプロダクションIG・プロデューサーの大瀬裕嗣さんです。
協賛:白糸酒造。

大瀬「皆さんどちらからお越しで? (地名を訪ねて挙手してもらう)…東京の方、半分くらいいらっしゃいますね。北海道の方、九州の方もいらっしゃる!」
大瀬「上巻イベントの昼の回に来られた方っていらっしゃいます?」
たくさん挙手。
大瀬「モニターから音がでなくなって、バンドの演奏ができないからどうしようって困りましたね」
監督「楽屋に俺一人だから凄く心細くて。声優さん達が何とか場を持たせてくれて、助かりました」

大瀬「監督にとって、ジョーカー・ゲームってどんな作品ですか?」
監督「プロダクションIGの黒木さんから原作を渡されて、僕は歴史詳しくないから、昭和初期のスパイって難しそうだな…って、そのまま1年近く放置してました。
読んでみたら面白くて、休み時間に一気に読んじゃった。
男の会話劇をやりたかったので、この作品を作りたいと決意しました。
で、飲み屋で黒木さんとキャストについて話してて。武藤役・ヴォルフ役はあの人がいいって、先に決めて。
及川役の藤原さんは、黒木さんと飲み友達で仲いいので、黒木さんが推してて、その時決まった。
ちょうどその時、疲れていて、自分と同世代の男性が、仕事終えて帰ってきてお酒飲みながら見るような、渋いアニメを作りたかったんです。
白土さんとも、地味だしおそらく売れないから、思うとおりにやって、歴史好きの人が好きになってくれたら、いいかなって」

大瀬「白土さんの参加した経緯って?」
白土「その前に『純潔のマリア』っていうガチ中世の作品をやってて。カトリックに怒られないようにって、もう面倒くさかったんですよ! Iのつくスタジオの仕事はこりごりです!(笑)
だから『次は戦前』って言われて、最初はめんどくさいなあと。
でも、ジョーカー・ゲームは前から原作を読んでたし、とにかく監督と話してみようと思って会いました」
監督「白土さんは最初、威圧的でした。『どれだけ大変かわかってるの? 覚悟あるの?』って」
白土「1話の御真影とか気を使う題材だし、面倒くさいでしょ」
監督「特典でご覧になった方も居ると思いますが、最初は1話、原作通りに作ってたんですよね。でも、エンターテイメントなので、性別・国問わず、楽しんでもらおうと思って、変えました」
白土「普通の軍人じゃなくてスパイって、厄介でしょう? 野村監督の美意識がどこにあるか試されますね」
監督「白土さんとは机も近くてすぐ会えるので、一番相談しましたね」

監督「作品には小ネタいっぱい仕込んでるんです」
白土「映ってないんですが、作中の新聞小説が続いているんですよ。『ハルビンの女』ってタイトルで5話〜7話まで考えました。女性が男性を追いかけて雑踏の中で…という話」

監督「1話Bパートで結城中佐の手紙も、文面が存在するんです。
秋草中佐(中野学校創設者)宛に『君はロシアファシスト党を利用しようとしているが、統制が取れていないので、失敗するだろう』という内容を英語で。
映像の中に、手紙の文面を入れてみたけど、字が細かくて潰れてしまったので没にしました」
白土「5時間くらいかけて書いたのに!(笑)
でも、アニメーションは、素材を作りすぎるくらいが良いんですよ。足りなくなるよりはね」

白土「架空のビールのラベルまで作ったんですよ。キリンビールがあるんだったら、蛟(みずち)ビールもあっていいだろうって。蛟って架空の動物なんです。水の龍。作中の新聞広告にも出てくるんですよ」
監督「『人狼』に男ビールっていう、架空のビールが出てくるから、こっちも作ろうって思って」
白土「お酒のラベル打ち合わせがあったからね。実際の世界のラベル持ってきて」
監督「実際使いましたね?」
白土「4・8・10話で使ったよ。
瓶の形が今と違うんだよ。上海に日本のビールは無いから。中国のビール探してきて、描いた。一瞬しか映らないけどね」
監督「作中の路面電車の宣伝にも、架空のビールが使われていてます」
白土「食事の再現は大変だったね。
アジア号のメニューが分からないから、しこたま探しました。
原作だとレモネードなんだけど、この時代ある? って。
最初、お品書き探したんだけど無くて、
骨董市に行けば、たまにMマークの満鉄の備品が出てるから、あるかも? って探しに行った」
 
監督「伊豆の旅館の食事も、当時の料理雑誌を探して見たり。
ロケで新井旅館行った時、出てきた鯛が美味しかったので、作中で出しました。
その時の中居さんがお春さんのモデルです。
写真を撮って話を聞かせてもらったら、『IG作品が好き。イノセンスが特に』っておっしゃってて、そんな偶然あるのかと」

監督「服に忍ばせるチューブですが、原作だとスポイトなんです。でも、当時は精巧なプラスチックがないので、紐+革製品にしました。
実際にああやって飲めるか? って実験もして。
水商売でお酒得意じゃない人が、飲んだふりして染み込ませるテクニックがあるんだから、できるだろうと思って検証しました」

大瀬「6話の鳩は話題になりましたね」
監督「いや、原作のとおりなんですよ(笑)」
白土「『伝書鳩の研究』っていう200Pくらいの本を読みました」
監督「実際に鳩を懐にしまって列車に乗れるか調べて」
白土「アメリカのOSS(CIAの前身)で胸に布巻いて鳩しまってる写真がある」
監督「鳩も訓練されてるんです! 鳩と田崎は一心同体」
会場爆笑。
監督「キービジュアルの田崎は、懐から鳩だそうとしてるんですよね」
白土「D機関の上に鳩舎あるし、普段鳩の世話してるのは結城中佐」
監督「キャラクターデザインの三輪士郎さんの絵の感じで合ってる。シータ」
白土「いや、パズーでしょ?」
監督「そうか!」

ここで乾杯。
大瀬「運転される方は飲まないでくださいね。蒲生さん側(運転)、実井さん側(助手席)に分かれて!」

大瀬「結城中佐について」
監督「結城中佐は、最初、三輪さんの案だとヴァンパイアっぽく、後ろ髪が長くて、凄く格好良かったんですが、時代的に合わないということで、短くなりました。
歩き方に特徴があるので、会議室でスタッフ数人に歩いてもらって動画を撮って参考にしました」

監督「3話の波多野が投げ飛ばすシーンは合気道なんです。
社内に合気道やってる人がいたので、実際に何人ものスタッフを投げ飛ばしてもらったのですが、見栄えの問題で、そのままは使えなかったです」

白土「包帯も、当時は伸びる包帯がないから、布包帯を買ってきて、巻いてみたんだよね。そんなの、こだわっても僕たち以外、違いわからないのに(笑)」
監督「コスプレをされるみなさんも、普通の包帯じゃなく、布包帯でぜひやってみてくださいね ^^)」

大瀬「神永は設定の時点でやられ顔ですね。5話の担当って決まってたから」
白土「007にインスパイアされて、迎えに来る黒い車はアストンマーチンにしようって、設定してた」
監督「でも、黄瀬和哉さん(作画監督)がアストンじゃない車を描いてきて。『面倒くさいので変えました』と言われ『あ、はい』って」

白土「フェリーも調べた。神永が乗ってた客船もモデルがあって、内装そのまま。インディアン・クィーンだったかな。イギリスのリバプールとインドを繋いでる」

監督「ケルベロスの氷川丸も、内装を参考にするため、横浜に船を見学に行きました。
甲板は浅間丸がモデルで。
当時の人は背が低いので、通路の天井が低いんですよね。
甘利は色彩設計で白スーツを着てるのを見て、こんなに白スーツ似合う男がいるのか! と思いました」
白土「白い服は南洋航路で多いんだよね。朱鷺丸スタッフも多い」
監督「当時の船員さんの写真も見ましたが、皆、服をピシッと着こなしててカッコイイんですよ」
白土「エリートですからね。
あと、甘利にデッキゴルフをさせようかと思ったけど、断念しました」
監督「当時のスポーツって描く機会がなかなか無いので、ぜひやりたかったんですけどね」

監督「1話で三好がビリヤードしてるシーンも描いたんですが、絵コンテ、ボツになって。
食堂の中にビリヤード台があるって設定で、アメリカ式のナインボールじゃない、四つ玉式のビリヤードやっててってこだわったんですが」
白土「遊びすぎでスパイじゃないってことで、作中に出てくる遊びはポーカーだけになりました」

大瀬「当時、アニメ雑誌で甘利のことを『口笛を吹くとイルカを呼べる能力がある』って紹介されて」
白土「能力じゃない(笑)」
大瀬「記者さんは忙しいから、文豪なんちゃらっていう作品と混ざっちゃったんですかね」
白土「原作だと、Uボートと間違われるエピソードで、鯨が出てくるから、一歩間違えば『鯨も呼べる』って書かれるとこだったね(笑)」

大瀬「三好について。ニヒルでプライドが高い」
監督「原作で文字として読んだイメージはあったんですが、三輪さんの描いた絵を見たとき『まんま三好だ! これ以上ないほど三好だ!』って思いました。
少し特別扱いのキャラではありますが、あくまで8人の中の一人だと思っていたので、当たり前のように11話でああなるって決まっていました。
が、放送が始まってみると、三好を好いてくださってる方が多くて。
11話で暴動が起きるんじゃないかって心配でした」

監督「作画監督の板津匡覧さんが優秀なので、11話はもう彼に預ける気持ちでした。
11話は重要な回なので、板津さんにって僕からお願いしました。出来上がってみると、ありがたいしか言葉が出ないですね」
白土「板津さんから『柩を花で満たしたい。この時期ドイツで取れる花って何?』って聞かれたので調べたのですが、結局、『心象風景を表現したい』って結論を出されたので、あの花になりました」
大瀬「カフェでお菓子になりましたね」
監督「何???」
(監督はジョカゲカフェのメニュー・柩ティラミスを知らない模様)
白土「えげつねーな(笑)」

監督「若中佐にはモデルがあって…(情報統制)…髪をサラサラにしたかったんです。
最初に描いてもらった絵は、アニメキャラらしくまとまった髪になってて『もっとサラサラに!』って、
作画監督・中村深雪さんにお願いして、こだわりの若中佐が出来上がりました。イケメン度が増して満足です」
白土「若中佐をつるす柱もどんなのがいい? って、調べましたからね」

大瀬「三好はIGストア店員にもなりましたね。あのスタンディは監督が描かれたんですよ。
IGストアからの要望で、店内放送の声まで欲しいと言われ、
でも、下野さんお忙しくて、大きい剣を振り回すアニメの収録後、何とかお時間取れて、録ることができました」

<会場からの質問コーナー>

Q.キャストはどのように決めましたか?

監督「こんな仕事をしておいて、声優さんに詳しくないんです。サンプルをもらって、イメージに合う人に決めました。
下野紘さんのことも知らなくて『この人がいい』って言ったら、プロデューサーに『いくらかかると思ってるんです!?』って怒られました。
半分位はお仕事したことある声優さんでしたが、知名度は関係なく、合うか合わないかだけで選びました」
大瀬「レイモンドの小西さんなんか一言しかしゃべってない(笑) 贅沢すぎます」

Q.ドラマCDには関わってらっしゃる?

監督「ノータッチです。本編の仕事で、音響スタジオに行ったら、部屋から『三好』とか聞こえてきて、ドラマCDの収録中って知ったくらい。僕も内容を知らないので、いちファンとして、次のドラマCD楽しみです」

Q.本編の予告に出てくる、人物の組み合わせって意味があるのですか? 

監督「作中のシーンをつなぐのではなく、新規で作りたいと思っていました。
全員がひとつのバーにいて、それぞれのタイミングで二人にスポットが当たるという設定で作ってます。
IGの番匠プロデューサーが『絡みをしてはどうか?』と提案し、脚本の岸本卓さんに監修してもらって作ってます」
監督「予告の絵は、10話の絵コンテを書いてくださった荒川直樹さんに一任しました」
大瀬「それで田崎の名セリフ『お前の心さ』が生まれたわけですね(笑)」

監督「ジョーカー・ゲームの良かった点は、テイストの違う絵がたくさん見えるところですね。本編とエンディングとエンドカード。
エンディング絵は、女性作監さんのテイスト。
エンドカードは板津さん。グッズになるほど人気の絵でした。」

Q ベッドの場所って決まってますか?

白土「D機関貧乏だから、陸軍からそのままもらってきたベッドで」
監督「佐久間の隣は神永です。『黒猫ヨルの冒険』で窓から光が差し込む位置で神永が寝てることにしたくて」

Q 佐久間さん含む、機関員の下の名前が知りたいです。

監督「よく聞かれるんですが考えたことないです。永遠の謎」

Q 福本と小田切は気が合うってHPの設定に書いてありましたが、本編中に会話するシーンないですよね?

監督「喋らないキャラクターで感覚が近いんです。1話の街に出るシーンでも無言ですし。
エンドカードで、ふたりで買い出しに行く絵を出せたらいいなとは思ってたのですが。
むしろ、僕の一言がきっかけなのか、皆さんが、福本と小田切の日常を書いて下さってますよね」

Q 機関員の体重は?

監督「当時の平均身長より皆高いですね。見栄えを大事にしたくて。
僕の話しちゃってすみません。神永・田崎と同身長なんですが、彼らは細マッチョなので、62kgの僕よりちょっと重い、65kgぐらいと思ってください」

Q PV第4弾が物凄く好きです。洋画を意識されました?

監督「IGとは別会社の佐藤敦紀さんの編集です。シン・ゴジラで日本アカデミー編集賞をとられた方なんですよ。
このPV4弾を作った時には、11話のアフレコも済んでいて。
PV見せてもらった時、素材使いすぎでは? と思いました。
及川やヴォルフ大佐のセリフが、ネタバレ過ぎて悩みまして。
でも、佐藤さんが『この作品、自分が今やってる中でも一番好きです。悪いようにはしませんから』と言われたので、おまかせしました。今では感謝しています」

大瀬「ちょうどシン・ゴジラの撮影中で、佐藤さんが空くのを待って、PV作ってもらったんですよね。
宇宙戦艦ヤマトのPVや、魔法使いの嫁のPVも編集された方なんですよ。今は、アニメジャパンで忙しいそうです」

大瀬「最後に一言」

白土「『この世界の片隅で』の片渕須直監督とも話しましたが、この時代って本当に考証等、大変です。でも、またこの時代の作品が作れたら良いですね」

監督「放送から1年経って、ここまで暖かく支えてもらえる作品ってあまり無くて、ファンの方の熱量を感じています。
今度CDも出ますし、柳先生の新刊が次出るかは分かりませんが、今後は、自分も客の一人として楽しんでいきたいです」

大瀬「皆さんには天橋立で観光して、東京に帰って、トークショー良かったよということを広めていただくという使命があります!
そしたら、またここで、こういうイベントができるかもしれません」



2017年03月11日(土)
天橋立・宮津

3月11日、天橋立に行ってきました。
アニメ「ジョーカー・ゲーム」トークショーのため。

京都駅から一緒に行くゆうさんとは、初対面。
美人なのに写真に写りたがらず、食べてるところを見られるのを嫌がって一瞬で食べ終わり、お酒に強いので、
スパイかな? と思いました。

京都駅から天橋立までバス。
天橋立は、50分くらいしか滞在してないので、空から見るような場所には行けず、地上からしか楽しんでない(^^;
京都からのバスが1日3本で、帰りの電車も鈍行で3時間半かかるので、長いこと滞在できないのです。
歩くだろうと思って、着物にブーツで来たけど、草履で良かった気がする。

天橋立〜宮津まで1駅。電車がレトロ可愛い。
宮津駅前の冨田屋さんでランチしようとしたら、9人待ち! 

諦めて、村田堂さんという、モダンなカフェでランチ。
が「ご飯売り切れでカレーもう無いです」と。
カレー断念して、サンドイッチ頼みました。

一から作ってくださって美味しかった。
ゆうさんの食べてたカツサンドも、カツの衣をつけるところから目の前で作ってくださって、めっちゃいい匂いしてた。
店内にあった古事記の絵本を読んでいたら、マスターが「その絵は叔父が描いたのです」とおっしゃってた。

シマさんのツイート見てたら、駅前レトロカフェも良かったみたいだし、本当に時間があればゆっくり回りたいところですね。

宮津ではレトロ建築を見ました。
カトリック宮津教会。明治時代の建築。綺麗でした。
聖堂内は撮影禁止なので、外観と玄関とパンフレットの写真。

TL見てたら、「京都駅でバス乗り場間違えて置いてかれた!」と叫んでらっしゃった方がいたり、
皆、天橋立にたどり着くまでに阿鼻叫喚…よければ、私がバス停までご案内しましたのに!
DSC09263

DSC09249

DSC09248



2017年03月08日(水)
東山花灯路

東山花灯路も行ってきました。
3/12までやってます。
DSC08642

DSC08707



2017年03月07日(火)
島津記念館、旧三井家下鴨別邸、紫織庵、五龍閣

島津記念館、旧三井家下鴨別邸、紫織庵に行ってきました。
「伝統産業の日」で、着物だと〜3/31まで無料なのです。
夢二カフェ五龍閣も行きました。

島津製作所創業記念資料館。
初代・源蔵が明治時代、京都で初めて気球飛ばしたって、映像で見て、
「三番町萩原屋の美人」(西炯子)にそういうエピソードあったな? と思って、帰って確認したけど、多分「京都の発明家」のモデルっぽい。

二代目が、家の手伝いに忙しくて1年半しか学校に行ってないのに、後に偉大な発明家になるって凄い。
エジソンといい、学校行ってない人の方が発明家になりやすいのか?
二代目紹介漫画も面白かったです。海外旅行行く時、巻尺とコンパスとストップウォッチを忘れなかったり、ドイツ語分かんないのに、製品を観察しただけで使い道分かってしまうとか。

中は撮影OKで、明治〜大正のレトロな道具が多くて面白いです。使い方がよく分からないものも多い。
明治時代のレトロな日本家屋なのに、ステンドグラスがあっておしゃれだった。
二代目漫画はwebでも読めます。
http://www.shimadzu.co.jp/visionary/memorial-hall/
近くの「島津製作所河原町別館」(昭和2年)は、おしゃれなレストランになってます。一度行ってみたい。

旧三井家下鴨別邸に行ってきました。

普段、二階は非公開ということですが、今日は見せていただけました。
回廊から美しい日本庭園が見える!
ここ、中三階含むと四階建てなのですが、最上階の望楼、去年秋に公開した時は2時間半待ちだったそうです。ひええ。
柾目って言って、節目の無い檜が、廊下にずーっと1本通ってたり、天井も格天井で、壁紙もうっすら模様の浮き出る唐紙で、とにかく上品で美しい建物でした。

ほぼ明治〜大正の建築で、一部江戸時代ということでした。移築したり改築したりしてるそう。
三井家10代目が建てたそうです。

初代三井家の話を聞きましたが、お客の家に反物持って行って、値段もその場で交渉っていう時代に、値札つけて店に商品を並べて商売し、切り売りを始め(それまでは1反でしか買えなかった)、傘を無料で貸しだし、そこに「越後屋」ってロゴ入れたとか、アイデアマン〜。ほんで、商売仲間にはいびられたそうです。
これも「三番町萩原屋の美人」に出てくる商人みたいな話や。萩原屋、読み返したくなってきた。
三井家の男は皆、名前に「高」がつくそうです。
「あさが来た」のあささんも三井家出身。

めっちゃ写真撮ってたので、帰るとき、解説の女性から「お写真撮れましたか?」って聞かれたり、
二階に上がる時に「お着物ですので、急がれずにゆっくり」と言っていただいたり、接客が丁寧でした。
普段二階が非公開なのは、部屋を時間貸ししてるためです。
お風呂も洗面所も素敵でした。お風呂の天井、中央に向かって高くなってて、湯気でしずくが落ちてこないようにしてるそうです。
パネルは撮影ダメだけど、建物は撮影OKです。

紫織庵 に行ってきました。

大正時代の和風洋館、武田五一作。
大正〜昭和初期の長襦袢も展示してます。
トランプ柄の復刻柄の反物、「1Mで切り売りはしてませんか?」って尋ねたのですが、してないそうです。
1反(6.5M)25000円でした。ハギレがあったら、帯を作りたかったなぁ。

中庭に面した廊下のガラスは、波打ち硝子。大きくて素敵。
部屋とつながった状態で、蔵があるんですよ!
BLで、受が蔵に閉じ込められる話を書かれる方には、オススメ。
洋室がとても素敵でした! 天井も椅子も窓も。
グランドピアノのあるパーティ部屋も素敵。

昭和3年のミッキーマウス柄の襦袢がありました。昭和10年くらいまでミッキー流行ったらしいです。
著作権厳しくなってその後作られなくなったそうですけどね。
ミッキーの顔、あんま可愛くないぞ?
著作権逃れるためか、ミッキーの綴りが違う(笑)
写真撮影OKです。掛け軸・絵画・襦袢以外は。
紫織庵は予約制です。
HPより予約ください。
http://www.shiorian.com/reservation/

五龍閣 行ってきました。

これも武田五一。大正時代建築。「京都は石を投げれば武田五一建築に当たる」ってホンマや。
カフェになってます。
3/12まで夢二展やってて、カフェ利用者じゃなくても無料で見れます。
夢二の裸婦は柔らかそうで良い。さすが女好き。

夢二の裸婦は柔らかそうで良いですね。さすが女好き。
階段が凄く素敵。ホットサンド(820円)食べたのですが、中身はしば漬けと生麩とハム。アツアツで美味しい。
割り箸の袋が面白くて、広げると短い話になってる。こんなペーパー作りたい。

撮影OKです。
隣の席のお嬢さんに「着物、綺麗ですね! どこで買うんですが、自分で着るんですか、着付け教室通ったんですか?」と色々話しかけられました。嬉しい。
http://www.goryukaku.com/
DSC09131

DSC09156

DSC08968

DSC08855

DSC08909

DSC08865

DSC08941



2017年02月25日(土)
「屍者の帝国」について 円城さんの対談

「文学賞メッタ斬り! ファイナル」の中の円城塔さんの対談読みました。

「屍者の帝国」について。

円城「もっとぼろぼろに叩かれると思いました。伊藤計劃の方が圧倒的に売れてるので、売名行為だろうと言われるだろうと」
大森「伊藤ファンなら、やはり屍者の帝国を読みたいだろうし。円城さんと伊藤さんの深い関係をよく知ってる人が多いだろうし」
豊崎「むしろそれを知って、腐女子たちが伊藤計劃さんと円城塔さんのBL的な何かで萌えてるんじゃないか疑惑」
円城「伊藤計劃×円城塔本は先に自分たちでつくればいいんじゃないかという話はしていたので(笑)」

円城「(伊藤さんの書いた)冒頭30枚の後のプロットってA41枚くらいなんですよね。ちょっと意外な展開は書いてある。僕がその後書いた分は、突拍子もないほうに行きます。第一部を書き終えて、全部やめたりしてます」

受賞者同士つながりはないの? という話。

円城「変な小説を書く人は変な人なので、お互い会おうって話にならない。京都市の地下鉄の駅を上がったら、福永信さんが居て話したくらい。そういうことでもないと会わない」

***********
アニメ「屍者の帝国」を見た。
「君は何故僕を置いていったんだ」「僕はただ」って、ワトソンが生前のフライデーを思い浮かべるところで泣いた。
これだけ世界を巻き込んで、本人の望みは「友人と話したい」という些細なことなんですよね。



2017年02月24日(金)
「国家情報戦略」(佐藤優、高永戞

「自分で立候補するような奴はスパイに向いてない。
プーチン大統領が中学生の時、スパイになりたくてKGBに行ったら『自分でなりたいと言う人はなれないんだよ。大学で法律の勉強をして、スカウトされるのを待ってごらん』と言われてそうしたら、本当にスカウト来た」って話、面白い。

「NSA(米国家安全保障局)は窓ガラスにビームを照射して、室内の会話を盗聴できる」って凄いな。

陸軍中野学校のことも書いてあって「スパイは暗記の達人。講師だった忍者は、声帯・形態模写が得意で、踊りが上手かった。芸者さんが『上手すぎて気持ち悪い』って言ったくらい」

「卒業生だけに配られた『陸軍中野学校』(中野校友会)は国会図書館に入ってる。A5版、二段のちっちゃい字で900Pくらい。時々古本屋で25万くらいで売りに出てる」

「中野学校の卒業試験は別人になりすますこと。身寄りのない人の戸籍を取ってきて、その人になりすます。
芸者のいる店に行って、学生に散々飲ませて、どのくらい乱れないでいられるか? という訓練もある。」

「ハニートラップより、中学・高校などの同級生であることを利用して近づく方が有効。再会して仲良くなったところで実は…って協力を要請」

スイスにあった海軍の藤村機関(対米和平・終戦工作に奔走)、
スペインにあった須磨機関のTO作戦(NHKスペシャルでやってましたね)の話もちらっと。



2017年02月20日(月)
「〆切本」(左右社)

色んな作家の締切に関する随筆・書簡を集めた本。

「大型の締切近づくと、無意識に怪我してしまう」(野坂昭如)。
「連載抱えすぎて、死んだはずの人が次の回で出てきた」(内田康夫)。
「相手に惚れなかったら、仕事は始まらない。血を流す危険が伴っても構わない。無傷でいることが大事だとは思わない」(高田宏)
編集者と作家の関係は素敵ですね。

かと思うと、必ず締切よりも早くできる人もいる。

「約束を守る人は、相手の時間に考えが及ぶからである。約束の時間を守らない人は、相手の時間が、どれほど大切かわきまえぬからである」(池波正太郎)
首がもげるほど同意。

米原万里(自由は不自由)、外山滋比古(仕事を引き伸ばせば質が落ちる)は凄くいい話だった。
要約できないけれども。

田山花袋のエッセイはかわいい。



2017年02月05日(日)
「逆境を乗り越える技術」(佐藤優・石川知裕)

うつ病の対処法が現実的。
「会社のマニュアルに沿うとクビにされるから絶対ダメ」
「すぐに薬を出す医者はダメ。話をじっくり聞いてくれる医者を探せ」「深い相談のできる友達を5人持て」
「がんばれは同調圧力。俺がやってるからお前もやれということ」

「うつから社会復帰してる人は、以前より20%仕事量を落としてる」
「会社は基本的に上の味方。何かあった時に上司に相談しないほうが良い。上司は自己保身を考えるので、しっぽ切りされる。直接上下関係のない「斜め上」の先輩と友達になると良い」
すごく分かる!

「公安警察に逮捕された会社があったけど、証拠デタラメで、釈放された。
公安も定期的に誰かを逮捕しないと予算削られてしまうから、杜撰な操作をやることがある。
その会社は、真っ先に銀行が逃げ出して、業績が傾いた」怖いな。

尋問を受ける時。
「説明してしまうと防御の手の内を晒してしまうからダメ」
「嘘もダメ。ついた嘘を記憶しておかないといけなくなるから」

外交官時代。
「ロシアに居る時、ロシアの通貨で、地元で買える物で生活していた。ロシア人の生活が皮膚感覚で分かるので、情報の仕事をする上で大事」

「付き合いたくない奴は、割り勘にして、だんだん高い店に行く。しまいに誘われなくなる」

「外交官という仕事柄、社交的と思われてるが、本当は一人で本を読むか、猫と遊んでるのが好き。心許せる友達は数人」

「丸暗記とか面白くない勉強をする時は、時間を区切って短時間。自分の知らない分野を勉強して『面白い』と思うことを重視。決して強制されてるという感じにはしない」
「自分よりちょっとできない人が居るクラスで勉強したほうが、語学は伸びる。」

「小説を読むのは役立つ」
これ分かります。自分が生きてる範囲で出会う人って限られてて、自分と立場の違う人の話を聞く機会って少ない。小説はそれを感覚的に知るのに役立つと思う。

「『落ち込んでる友達に声をかけていいか分からない』って人がいますが声をかけた方がいいです。僕は逮捕された時、声をかけてもらって嬉しかった。
逆に一番先に離れていった人が、復帰した後『実は心配してました』って寄ってきたけど、支援は目に見えなきゃ意味ない。」

「過去のことはしょうがない。将来のことは現在の組み立てによって変えることができる」って、私にはありがたい言葉。



2017年01月23日(月)
「野蛮人のテーブルマナー」佐藤優

「人柄を把握するのに、茶で1年、酒で1ヶ月、セックス・賭博で1時間かかる。
スパイは絶対、無駄に飯を奢らない。
協力者を獲得するための接待には、金を惜しまない(1〜5万の店で食事)が、スパイ同士だと、交互に相手の好きなものを奢る。
スパイ一人が使える予算は年間5000万。

スパイはメモを取ったらダメなので、記憶術を鍛える必要がある。
昨日、おっぱい揉んだ時、何の話してたか?とか、情景とセットで、会話を覚えると良い。

理想のために命を捨てる覚悟ができた人は、他者の命を奪うことに躊躇しない。大量殺戮は、自らの命を差し出す覚悟ができた人々によって行われる。

イスラエルの特殊部隊は、上官に報告しておけば、ゲイはOK。外務省・軍情報部はOKで、モサドはダメ。
ロシアの矯正施設は、日本の刑務所と違って自由。
でも、おかげでゲイが多くて大変。昔は思想犯や宗教犯が守ってくれたけど、今は凶悪犯ばっかりで止める人もいない。

スパイは、情が移るから、セックスで情報を得ることはしない。逆に遠慮なくポイ捨てできるなら、セックスで情報を得るのは可能。
セックスで情報得るのがダメなのは、別れる時に揉めるからっていうのもある。

動物行動学で、動物は警戒してる相手と一緒に餌を食べない。
食事が無理なら、珈琲にクッキーでも良いから、食べながら話をするべし。
同じく、排泄も警戒してる相手の前ではできないので、トイレで重要な交渉をしよう。

一回食事に誘ったら、50%の確率で懐柔成功。
次につなげたかったら、本を借りるとか、小さな貸しをつくる。
CIAは異常に離婚率が高く、アル中が多い。
アメリカは、ヒューミント(人的情報収集)が苦手。ハイテクに頼ってる。

スパイは、不必要になった協力者を切ることが必要なので「どうやって関係を終わらせるか?」を考えてから付き合う。
プレイボーイが女性に嫌われる方法としては「音たてて食事する、鼻くそほじる、相手の両親の悪口を言う」などして、女性から去っていくようにしむける。

協力者に毎月一定額渡してると、段々情報が荒れてくる。
それに、関係を切った時に恨まれる。
いい情報を持ってきた時に多額を払う、という方法だと、こちらの関心事を知られる。
情報の質にかかわらず、協力者の息子の誕生日などに多めの金額を払い、
「友情の印」と思わせるのが良い。
ただし、スパイの本当の友人は一人か二人なので、これは見せかけの友情である。

サード・パーティー・ルール。
人から得た情報を、第三者に無断で流さない。
これはスパイじゃなくても、勝手に人の情報を流す人は嫌われますね。そういう人には、自分の個人情報も話しません。

スパイが使う筆記具は2B鉛筆。書き味なめらか。万年筆だと開けるの時間かかるし、水に濡れると文字が消えてしまう。
軍事情報以外なら、公開情報(新聞など)で98%くらい、その国について欲しい情報が手に入る」

佐藤氏、しびれ薬入りウォッカ飲まされたり、危険な目に色々あってる。刺激的な話や参考になる話がいっぱい。



2017年01月22日(日)
大阪倶楽部の見学会

大阪倶楽部の見学会に行ってきました。
大正12年の建物で、今年93歳。
ビリヤード場やバーや食堂がある。赤い階段がとても素敵!
2ヶ月に1度、見学会やってます。

30分スライドを見ながらの説明会、30分は館内を歩いてのガイド。
説明も聞きながらなので、写真撮るの忙しいです。
部屋によっては、一般に貸し出し可能のお部屋もあります。
食堂など一部の部屋は会員のみで、男性しかダメなんですって。

大空襲でも焼けなかったのは、鉄製のシャッターで火の粉が入ってくるのを防いだから。
ビリヤード台は大山崎山荘から持ってきたそうで、これも90年くらい経ってる、イギリス製だそう。大きくて、台の背が高い。写真の白黒の玉は点数つける道具です。

各部屋には「電話室」と書かれたボックスがある。可愛い。
食堂には小磯良平氏の絵がかけてあって、素敵でした。会員からの寄付。
「2枚で1億くらいです」と…。

玄関の床の、白黒の大理石が素敵。
戦後、GHQに7年くらい接収されてたんですが、返されたあと、邪鬼の目(翡翠)が抜かれていたそう。
会員がまた似たようなの買って入れたそうです。
ハンチっていう、装飾を施された梁は、部屋によって1つ1つデザインが違います。

4階大広間。
「べっぴんさん」1話もここで撮られたそうです。
昭和初期にはニュース映画の上映もやったんですって。
昔は、映画本編の前に、ニュースの上映があって、そのニュースをまとめたものだそう。

昔の社交倶楽部は、酒とタバコを嗜みつつ、政治の話をするところで、男性のみの場所でした。
社交倶楽部の条件、食堂・ビリヤード場・大広間があることですって。

着物で行きましたが寒かった。
ブーツと毛糸のパンツ履いてアームウォーマーして、カイロ貼ってました。
DSC08380

DSC08426

DSC08527

DSC08540