鶴は千年、生活下手

2017年02月13日(月) どうして月一になるのかなあ

先月の更新からもうすぐひと月。
1月のうちに更新するつもりでテキストを入力していたはずなの
に、途中でとまったままだった。
資料入力を頼まれたり、ちょっとしたお知らせを作ったりしてい
るうちに、更新するのをすっかり忘れていて、入力していたテキ
ストの内容も、なんだかずれてしまったような気もして、破棄。
かくして更新は滞る。

だが、日にちが過ぎていくごとに、書きたいことは変わっていく
こともあり、書き始めた時の熱ほどの熱は持てなくて、温度差を
感じてしまうと、続きはなかなか書けないものだ。
特に、日記のような内容の場合はそれが強いかもしれない。
何かきちんとした主張があっての原稿を書く場合は、書こうとす
るときの温度差はあまり無くて、気分で書くような日記のような
ないようでは、書こうとしたその時の気分次第な気がする。
だから、後で書き足そうとすると、書けなくなってしまったりす
るのだろう。

次のぷらむ短歌会は3月の初旬で、お題は「風」である。
日記すら月一の現状で、短歌脳は戻ってくるのか。
いやはや、毎日が気分次第である。


 < 過去  INDEX  


市屋千鶴 [MAIL]