鶴は千年、生活下手

2017年01月18日(水) 二度目の正月のような

日曜日、親戚一同が集う新年会があった。
わが家にしてみれば、二度目の正月といったところだ。
それぞれの世帯からお年玉をもらう。
金額は学年で決まっていて、みな一律である。
息子の総取りなどとからかわれるが、これまでいとこの子ども達
にずっとあげるばかりだったから。

いとこの孫たちがみんな男の子で、3歳から7ヶ月まで5人だ。
今年の夏までに二人生まれるらしい。
ベビーラッシュである。
いとこの孫ともなるとほぼ他人だが、姉の孫たちにとってわたし
は大叔母になるわけで、おばあちゃん感覚である。

今年に入っても、短歌が作れなくて困っている。
東先生への年賀状には、いつか電車のテーマで連作を作りたいな
どと書いてみたが、この調子ではいつになるかわからない。
ほんとうに「いつか」である。
ぷらむ短歌会の歌でさえ、最近は3首がやっとだ。
なんだろう。
この詩的要素のない日常は。
目の前のことでいっぱいいっぱいなのかなあ、自分。


 < 過去  INDEX  


市屋千鶴 [MAIL]