不思議っ茶の日記
DiaryINDEXpastwill


2003年10月31日(金) さくちゃん〜日本今も昔ばなし

つい最近のおじいさんとおばあさんのお話しである。

あれは10月も半ば過ぎのことじゃッた。

寒くなったり暑くなったりのお天気に〜〜やはり・・・コタツをだそうを言う結論を出したのじゃ。

早速、おじいさんと、おばあさんは、コタツを出した・・・が・・・


コタツ布団がなかったのじゃ。


「あれは、ばあさんや〜〜〜この春にコタツをしまう時、汚い上に破れかぶれの布団になってるかといって・・・
捨ててしまったのう〜〜〜〜〜〜」
と、おじいさんがいった。
「そうでしたね〜〜
じゃ早速〜新しいお布団を買いに行きましょうか?」
とおばあさんが言った。

ところが、おじいさん、おばあさんちのコタツは一辺が90センチの正方形である。


布団は200センチはないと〜寒いと思った。


探しに行った先は、某家庭用品の量販店〜〜あるにはあるのだが〜〜
色とデザインがちょっと、気に入らない。

あっちこっち探しがけど、190センチまでは商品が多いが200センチを越えると少ない。

某百貨店の通販だったら、210センチがあるという。
デザインもガマンできる範囲だったので〜コレにしようかというたものだが・・・・。



配達に10日間かかるという・・・・



途中〜寒くて凍えてしまうかもしれない〜〜
そう二人は思った。


日本シリーズに優勝したチームの親会社のショップにも行ったが〜〜
おじいさんが「地味じゃのう〜〜〜〜〜〜あまりにぴんと来ないデザインじゃのう〜〜〜」と、考え込んでしまった。

二人は、コレでは〜寒くなっても200センチ以上ある正方形のコタツ布団は手に入らないと思っていたが〜〜〜もう一軒スーパーに行こうとおじいさんがいうた。

そうだ〜〜その近くに布団屋の専門店もあった〜〜〜とおばあさんがいうた。


はたして、専門店で安くて納得のいくデザインとサイズをゲットする事が出来た。

二人は〜〜さっそく〜コタツをだして〜〜〜
布団を敷いたのだった!!

部屋が〜〜一気に暖かく〜冬支度完成になった。

掃除機を出して、掃除をしたおばあさん。
コタツ布団を敷いてコタツをセットしたおじいさん〜〜


できた!!!できた!!
と、二人はニコニコして喜んだのじゃッた!!

そのコタツに一番初めに入ったのは、誰だと思う???
それは、なんと猫のミケだったのじゃ。

ミケは布団の中に入って〜〜ゆっくりとくつろいだのじゃった。
めでたし〜〜めでたし〜〜(*^_^*)


2003年10月30日(木) さくちゃん〜ランダムな叫び

ニュースを見ると〜〜よけいわからなくなる〜〜年金100年プラン。
新聞やら〜〜よくわかるチラシを見ると〜ふむふむと〜わかる!

テレビになるとにゃぜに〜〜難しくなるのかにゃ????


つまり、年金積み立て基金という140兆物のお金がプールされていて〜
それを少しづつ使っていこうというのだ。

若い人の負担を増やさないように〜〜
老後の生活を保障できるように〜〜
国債を発行しないように!!
消費税などの増税をしないように〜〜〜〜〜〜!!



多少の掛け金の増額はあったとしても〜
預貯金で老後をまかなえない!!

誰に頼るって?

子供には頼れない!!

元気で老後を過ごそうとすれば〜この年金という福祉政策はありがたい。

公務員は共済年金で〜定年後恩給でしっかり食べてイケれるのだ。

それに引き換え〜厚生年金にせよ国民年金にせよ〜大部分の国民が入っている年金は〜〜ちょっと寂しい。
コレで生活は〜〜無理だ。

自民党案は、年金をお小遣い程度にあつかっているし〜〜〜
民衆案は、消費税の増税をする以外に〜保っていく事は出来ないと投げている。



これ以上〜〜消費税を上げるなぁ〜〜〜〜!!!!



なんで、大根一本に税金を払うだ???
食べる事にも税金を払わないといけないなんて〜〜これは政治家が無能な国家の証拠ではないか!!


となりの北朝鮮は、自国の国民を殺す事に何の躊躇も感じていない。
日本の政治家も金持ちに厚くして、貧乏人を見殺しにすることに何の罪悪感も感じなくなれば〜〜そっちのほうが民主主義の崩壊という恐ろしいものがある。政治家が無能ならば〜〜国民が賢くなればいいのだ!!

そうよ〜〜奥さん〜〜消費税を簡単に上げようなんていう政治家は〜〜
くび、くび、くび!!


2003年10月28日(火) さくちゃん〜公示である。

選挙の公示がでて〜〜世の中選挙ムード?なんだろうか?
なんだか静かだ!!

ここは小選挙区で3名出ている。
自民(議員)、民主、共産である。

マスコミが二大政党を叫んでいるが、社会制度の整っていない〜〜極端に国民の福利厚生が遅れていてなおかつ税金の高い日本にはむいていないのでは?

英米の両国は別!!

ヨーロッパでも連立でそれぞれの政党の特色を生かして与党を組んでいる。
よって、何を根拠に二大政党というのかな??

100歩譲って〜〜自民党の一党独裁の時代ってそんなによかったのかしら?国民を政治から遠ざけて不在にしたのはないを隠そうこの政党の犯罪的な、大企業優先の営利主義になる。

民主党は、この間、自由党と一緒になった選挙対策目当ての野合集団で〜〜党自体はっきりとしたリーダーシップの取れる一枚岩でもない。

しかも、党内に政策の矛盾をかかえていて、マニフェストなど、誰が読んでも「絵に書いたもち」と、たとえまで同じ表現で揶揄されているというのに。

マスコミの情報操作には、問題があるのでは?

もしかしたら、一億総白痴化を推進したのでは?
そうだった?やっぱり〜〜白痴光線を浴びてしまったのかしら??
((o(>▽<)o)) きゃははっ♪


日本人は今もなお忘れてはいけないものがある。

「戦争の責任だ。」

あの太平洋戦争の責任はどこまでとったか?
日本ばかりが悪者ではないにしろ〜〜はじめに手を出したのは日本だ。

真珠湾攻撃しかり
盧溝橋事件しかりである。

大本営の発表をそのままマスコミは何のウラズケもなしに〜〜もちろん〜裏なんて取ったら〜〜軍部につぶされるけど〜〜何が正しくて間違っているのかも〜〜ふせたまま〜〜日本の正義を主張し〜日本の勝利をあおり〜〜

捨てなくてもいい命を捨てさせたのは〜


誰なんだろう??



世論を作り上げていく〜民主主義の言論のりーだーたる大新聞も軍部におもねてしまった。


なにも、知らされてない国民はいわれるがまま、神風が吹くのを信じて〜

父を送り、兄を送り、弟を戦場へ送った。

だれも、この戦争は可笑しいといわなかった。

民主主義の弾圧は、まず言論統制である。


だから何が正しくて、何が間違っているのか〜〜

マスコミをまるまる信じることなく〜


国民は自らの目で、口で耳で〜〜


政治を語り政治を監視して政治家の

話を聞くことも大事ではないか〜〜


なんて思ったりする。


2003年10月27日(月) さくちゃん〜娘はネット中毒か?

風邪が流行っている・・・・らしい・・・

今朝娘が〜〜頭が痛いと真っ赤な顔をしておきてきた。
体温はぎりぎりなんだけど〜〜36.9度〜気持ち悪いともいう。

しかたない・・・そうあきらめた。

朝のうちに病院へ行き、のどがはれているとのことで、薬をもらって帰ってきた。
薬は〜〜食後と聞いて〜〜気持ち悪い〜〜〜と言う娘に、かわいい海苔のおにぎりを作った。

お塩をしっかり利かせたら〜〜食べやすいのでは?と思って塩を振った。
5個あったのをぺロッと食べて〜〜お茶を飲んで薬も飲んで〜〜寝てしまった。

日ごろ〜〜〜夜更かし朝寝ぼうで〜〜生活管理ができてない。
それが、てきめんに出たとしか思えない。

夜更かしって言っても、ネットで3時までって〜〜やりすぎだ。
コレを連日やると私も〜〜参ったのだ。
中毒状態になるし〜〜〜〜。

つらいものである。

だから、メールもそこそこにして〜〜さっさと寝なさいと、強く言ったつもりだが〜〜
母親は甘くみられるのだろうか?

自己管理はしっかりと、
ネットはあっさりと!!

私は〜わが身の体験から〜そう娘に言いたい・・・のです(笑)


2003年10月26日(日) さくちゃん〜穏やかな日曜日

よく晴れた日曜日!!
家でごろごろしている息子を誘って奈良公園へ行った。

きっかけは、彼が電車が好きだという事だ。

小さい時からあまりかまってなかったし〜〜電車にも乗せることもなくて
なんだかかわいそうな気がしてきた。

本当はウォーキングのイベントが近くであればいいなと思ってたけど〜
なかった。

私がある程度周辺をしっているとすると〜〜奈良公園だ!!
ってことで、出かけたが〜〜

ふと・・・え??

と思った。


私は主人の車でしか奈良公園へ行った事がないのだ。



電車・・・・・は、たしか・・・・・近鉄で奈良行きだよなぁ〜〜〜


と、漠然たる情報を元に出かけたのだった。

息子はこっち方面へはあまり縁がなくて、列車の時刻表やら運行表やらを見ながらの情報だけであった。

奈良行き〜〜ってのは〜〜どうやって乗るんだろう???

と、とにかく乗った急行は橿原神宮行き。

「西大寺で乗換えだよ〜!!」
と息子。

さすが、もと電車オタクだ!!


窓の外の景色がどんどん田舎になって〜〜いきなり都会になるのが面白い。

晴れた日の日曜日の奈良公園はやっぱり人が多かった。
最近はいつ来たんだろう???

主人の仕事がサラリーマンだった頃よく仕事で来るので一緒についてきたりしていたものだ。
え??サラリーマンの仕事についてくる?
変ですか?

実は日曜日よく出勤してましたので。


奈良公園といえば〜鹿がいるはずだけど、この陽気に暑かったのか〜〜春日大社の森の中にいた。


この鹿は野生で、かわいいねと〜頭をなでる事は出来ない。

おせんべいもどんどん〜〜食べられて〜〜ちょっと恐いぐらい〜〜
もっと欲しい〜〜と迫ってくる!!
結構〜〜おそろしかった。


息子は、動物はそんなに好きではない。

森の中〜〜森林浴のシチュエーションでもあるけど〜〜鹿がいるというアニマルセラピーは〜よりほっとするものだった。

そんなこんなで〜〜日曜日の散策は終わった。

次ぎはどこへ行く??

と聞くと〜〜阪急電車に乗りたい〜〜というので嵐山かな??

いつも車ばっかりだったので〜〜こういうのもいいかも〜〜と思った。


2003年10月25日(土) さくちゃん〜いまどきの政策論争

タダほど恐いものはナイ
とか

タダほど高いものはナイ
などどタダも、ことによったら都合が悪いものの代名詞に使われたりする。

高速道路の民営化問題と、民主党のマニフェストでいうところの
高速道路代の無料についてのことだ。

国民はばかじゃない!!

タダ大歓迎といっても、長い間政治家にだまされ続けている国民としては
また、選挙前の有権者だましでしょ!!
としか取れないのである。

高速道路がただになる。
すると使うでしょうね〜〜〜!!


で、高速道路が痛むとだれがどこから予算を持ってきて治すのさ!!


民営化だとどこかの会社ですね。

でもそれ、誰がどこからお金を持ってくるのかな?民営だと有料ですね。
だってもうけないと会社が倒産するでしょ。タダにはできないのよ。

もし、その会社が修理費を浮かすために手抜きで修理もしないで〜掃除もしないでそのままにしていたとして〜〜
傷んだ道路は高速で走るとどんな事故がおきるかわからない。よく聞く業務上過失致死とか致傷とかになりかねない。

国営化だと〜無料にしても〜修理代は税金になる!!

ほら・・・

やっぱりどこかで大変な事になるわけだ。

普通の道路でも〜掃除の車が走っているところを見たことがある。

普段気がつかないけど、結構お金がかかっているわけだ。

じゃ、さくちゃんは民営がいいのか〜〜とか
有料でもいいのかとか〜〜

そんな問題ではなく、マニフェストというのは、起承転結が〜〜見事に
表現されているのかどうか〜〜

誰が読んでも納得がいくものかどうか〜〜

それを問われいるのだから〜〜、選挙民を釣るだけの甘いお菓子であってはならないと、私は思うものです・・・・。


2003年10月24日(金) さくちゃん〜夫トラキチ慌てる!!

昨日の阪神の試合を負けたと思い込んで寝てしまった主人!!

信用してやれよ〜〜阪神を!!

勝ったと聞いて〜〜なんでいうてくれへんかったんや!!
と、怒る事怒る事!!


「夜、スポニュー見てると思ったから〜
声もかけへんかったんやけど・・
あかんかった??(笑)」

「5−4で負けたんとちゃうんか??」
「あのあとすぐ〜アリアスのアホが(笑)打ったから〜〜5−5。
延長になって今度は金本で〜〜〜HR打って〜〜食い逃げや!!!
すごい試合やったのに〜〜見てないの??」


「・・・・・・・・・(-_-;)」


それから彼は朝のスポニューを片っ端から見て〜〜
朝刊をじっくり読んで〜〜
コレが毎日新聞なんだけど〜スポーツ新聞並みに〜〜大きな写真〜大きな見出し!!
記事を書く気もないというのかな??

それをじっくり見て〜〜

お昼には〜〜喫茶店でスポーツ新聞を片っ端から読むそうな!!


ご苦労様〜〜トラふぁん!!


2003年10月23日(木) さくちゃん〜あきれた事なの

さて84歳・・・・中曽根氏の進退はどうなるという問題だが。

私の考えは「政治家とはなんぞや」ということだ。

誰のための政治家かということだ。

つまり、自分は公的に働けれるのかということだ。
定年制がどうのこうのではない。
国民にとって中曽根氏は必要か不必要かということだ!!

73歳だからどうのではない。
60歳だからどうのでもない!!

中曽根氏が日本に必要なのかどうか!!
これだけである。

中曽根氏がまだやりたい仕事があるというのは・・・


わがままだ!!!


誰しも〜〜権力と立場を得られればもっともっとあれもコレもしたいと思うはずだ。
だけど、その思いがどれほどかなえられているだろうか???


総理大臣までやって、それ以上にまだまだやりたいなんて〜〜


これは、長すぎ。



けじめも何もない!!




選挙になっても比例区第一位だから〜〜安心なんてあぐらをかいていたから〜〜この期に及んでじたばたするんだ!!


サラリーマンだって、公務員さんだって〜〜定年が何歳と決められている。その年までしっかりがんばろう!!と、仕事をしているのだから



政治家もそういうものだ。



国民の判断に任せるのが一番だが〜〜その国民の端くれとして〜〜言わせて



もらえば〜



あんさん・・・・やめなはれ・・・・・!!!
充分やったやないか!!
まだっていうのは、サボった事があるというのか!!


やっぱり、能力的に問題があると思うよ。

年齢でしきるのは〜〜非合理かもしれないけど、多くの日本人がその洗礼を受けているのだから〜〜政治家だけは別というわけにはいかない

総理経験者だから、大目見見てもらえるというものではない。
中曽根だから、皆が遠慮して特別扱いしてくれるというものでも〜〜


談じてない!!
政治家という立場を私物化するな!!


無所属で出るというのなら〜〜出るのは自由です。

地を這うような・・・・選挙運動をどうぞ・・・やってください!!

裏で手と金を回して〜選挙の票を買収なんてしたらそれこそ、名前に傷もつくだろうし〜後悔しますよ。


政治家は自営業じゃないんだから!!
国民の代表なんだから〜

その体力と知力は、もはや、後続に譲る時を迎えていると思うけどね。

キャリアは大事にしても

それ以上に〜〜

後輩を大事にして欲しいですね。


2003年10月22日(水) さくちゃん〜ボーダレスに思う

「女のくせに」とはよく使うことばだ。

わたしは〜女のくせにといわれると〜ムカッと来る!!
むかつくのである。

なぜ??

それは、たいてい否定的だからである。
大またで歩いていると〜〜女のくせにである。
料理がへただというと、女のくせにである。
掃除が嫌いだというと〜女のくせにである。
なにかしら、女に生まれたら〜料理も掃除も上手になって生まれてくるものなのでしょうか!!

だったら〜〜男の人で料理の上手な人は〜何というのでしょうか〜〜男のくせにでしょうか???

10代の方には何の話やらと思うかも知れないけど〜〜40代以上はこんな事で、幼少の頃から女の子だから〜おとなしくしなさいとか〜〜
女の子だら〜〜身奇麗にしなさいとか〜〜
言われて育ったわけである。

コレは、偏った価値観なのでしょうね。

いまはどうでしょう?
男の子だから〜〜外で遊びなさいとあえては言わないし〜〜

男の子だから〜野球をやりなさいとあえては言わない!!

女の子だから〜お裁縫を習いなさいともいわない!!

女の子だら〜〜男の子より出すぎてはいけませんとも言わない!!

こうなると、強いのはどっちかというと〜女の方ではないかと思う。

ラフというか〜〜話かたも〜行動も〜〜
女だからとか男だからというものがなくなっているように思う。

こんな会話もする。

例えば、女子中学生4人がが道で横に並んで歩いているので〜〜追い越すことも出来ず〜〜喋りを聞いてしまったのだが。

一人がケータイでこう話している。

「今から○○ドラッグにいくけど〜おまえもきいへんか〜〜??
うんうん〜あと○も△もいるし〜〜ぜってーこいよな〜〜」

べつの子「くるいうてたか?」

ケータイの子「いうてた〜〜あいつもひまなんやなぁ〜〜」

大またでのっしのっしと歩きながらこんな会話をしていた。

ついでながら〜〜ハズカシながら〜うちの娘の趣味はプラモつくりである!!

以前プラモというと、男のこのものだった!!

ガンダムのプラモが〜〜〜
彼女の部屋には並んでいる・・・・

息子は私の少女漫画をこっそり〜〜
読んでいる・・・・・。

バーダレスの時代である。


2003年10月21日(火) さくちゃん〜二学期の中間

本日で子供二人の中間テストが終わった。
二学期に入って、行事の多かった事・・・・!!ふう〜〜〜

それも二人分でやってくる。
運動会〜〜文化祭〜〜遠足(中学だけ)クラブの練習が日曜日まであったり〜〜

やっと、中間テスト!!

落ち着いて勉強したんかなぁ〜〜????
不安をよそにテストが始まった。

終わったとたん〜〜娘の方が「数学と英語はよかった〜!」
と早速報告があった。

つづいて「簿記は満点だった〜〜!!」
と、Vサイン。

明日から息子の方のテスト結果が出るけど〜
ここは、ベスト15まで名前が出るので、私としては緊張の連続である。

ったく〜〜嫌な学校だね〜〜名前が出るなんて!!

そういうと、当の本人は、「そう??」と平気な顔である。
出来るやつは出来るけど〜〜オレはオレ!!ってことかい?

娘とこんな話をした。

私「で、二学期の行事は?」
娘「ないよ。」

私「ない?遠足も??」
娘「ないない〜」

私「なぁ〜〜んにもないの??検定だけ?」
娘「そう!!」

私「参観日は?懇談会は??」
娘「ないって!!」

私「・・・・・ふぬけ・(な学校)・・」

情報の検定は娘〜〜
これからワープロ検定と漢字検定がまっているが・・
私は「がんばれ」の〜コールをまたまた〜〜かけるだけの日々なんだろうな〜。


「雨降って〜虎も休息〜秋の夜・・」


明日は日本シリーズあるだろうなぁ〜〜♪


2003年10月20日(月) さくちゃん〜同じ黒でも違うけど〜〜

ふとしたことでパシュミナが欲しくなった。

ネットで調べて楽天の某ショップを選んで購入した。
パシュミナは実際見たことも触った事もない。

物としての説明は知っている。

カシミヤの山羊のあごの細い毛で織ったものだという。

ネパールの工場で直で入荷しているそのお店だから〜〜信用できるよなって判断したのだ。

注文した商品が来たとき「え??」と思った。

なぜ「え?」なのかというと、カシミヤはもっとふんわりしていたけど・・・。

でも薄くて、柔らかで、しっとりしてて〜〜小さくたたんで持ち運びもオッケー!
でこの値段〜〜なるほどぉ〜〜いいぞと思った。

そのショップのセーター(パシュミナの)にも興味があったけど、ちょっと考えていた。

すると、あのユニクロからカシミヤのニットやマフラーがでた。

どうなんだろうか〜〜と、考えていたらこのショップのHPのオーナーさんがやはりユニクロのカシミヤをみたらしい。

「いいものだった」というコメントに〜じゃ〜〜見に行こう!!
と、お店に行った。

きれいだな〜〜と思ったのは、レディスのベビーピンクのセーター。

マフラーもきれいな色が多くて〜〜柔らかいタッチで〜〜おしゃれなものだ!!

メンズでもレンガ色のクルーネックセーターが気に入ったけど、Mサイズが一枚残っているだけだった。

で、ブラックのクルーネックセーターSサイズを・・・買った。

ユニクロにしたら〜〜高価なものだ。

なぜか、パシュミナから〜〜カシミヤにこだわりをもってしまった。

しかし、主人にいわせると、ガッカリしたという。


聞き捨てならないね〜〜
「なにが??」と聞くと、わたしがブラックのニット類をかなり持っているといいたいのだった。

同じようなものを何枚も持ってどうするんだ!!と、おこってはるのである(笑)

ブラックのカシミヤはカーディガンが一枚!!

だけである・・・・・・(断言)

タートルネックのセーターは普通のウールである。
ベストもあるけど〜これはコットンである。

同じ黒でも違うのだ。

実は黒のカシミアのストールを以前買ってしまっていた〜〜〜。

コレに関しては〜どうも気がついてないらしい〜〜〜〜。

そのうえパシュミナのブラックのミニストールも〜〜買ったのだ。

同じようなものは〜〜これなんだけど〜〜

気がついてない!!

もうすこし、女房の持ち物をきちんと把握してから〜〜文句言いなさい!!!(*^_^*)


2003年10月19日(日) さくちゃん〜少女である潔癖性について

西谷祥子先生の代表作「マリイルウ」を読んで気がついたことは時代が変わった(私も年取った)ということだ。

いまどきの少女とあの時代の少女の違い。

ルウはハイスクールの一年生。16歳。
明るくて元気なかわいい女の子。

ルウにはローラという美人の姉がいる。
ローラには誤解で別れたジョージと言う彼氏がいる。

時代というと、この時代で少女の恋にはセックスはタブーになっている。
それが少女漫画だ。

当時キスシーンさえ考えられないものだ。(ご挨拶のキスは別)

よって描かれる恋はプラトニックといっていいほど、乙女チックである。
つまり、「タカラヅカ」の世界に近いのだ。

ルウは人気者だという設定でもある。
何かの特別な才能があるわけでもなく、美人でもなく〜〜

しかし、なにかしら、彼女の周りにはいい人が集まる。

経済的に大変でバイトに励む秀才でハンサムなジム・フラッシュとの出会いは〜頭からペンキをかけられるというアクシデントだった。ジムがバイトでペンキ塗りをしていた場所にルウがぶつかったのだ。

この出会いから、ジムはお金をためてそのときルウが来ていたパーティ用のドレスを弁償すべく働くのだったが・・・・。

その日は生まれて始めてのパーティだったし〜それがドレスが汚れて欠席になってしまった。

しかも、招待してくれたのが憧れのジョージだった事から〜〜怒りと恨みをジムにむけた寝込んでしまった。
ルウにスミレの花束が届く。ジョージが気を使ってくれたと思った。

ルウには親友のニニィという少女がいる。
ジムはドレスを弁償する目的でニニィからルウのドレスのサイズとあつらえたお店を聞き出すべく〜ニニィの婚約者リックに妹のリンダを近づけたのだ。

コレが間違いの元。騒動のルーツ!!ややこしいけどわかる???

ニニィからリックの浮気を聞いたルウは、リンダがジムの妹だとは知らなかったから二人が仲良くしているのを見て〜〜男の子は信じられないと怒るわけだ。

ある日ジムからペンキで汚したドレスと同じドレスが届く。
スミレの花束と一緒に。
スミレはジムだったのだ。

ここで、注目した発言。

ドレスが汚れた時弁償してとは言わなかったし〜〜ドレスが届いた時〜「お父様がいらっしゃらないといってたけど〜アルバイトでお金をためてこのドレスを買うのは大変だったでしょうに」
「この世に・・・一人の女の子に一人くらい〜信じられる男の子がいてもいいのじゃないかな」

と、ルウは思うのだった。

よく気がついて、優しい少女ね!

学校の女子主催のダンスパーティ、ハートホップの相手をジムに申し込んで仲直りが出来るかという日。

ジムは風邪を引いて寝込む!!情けない男だね〜〜。


彼の迎えが来るのを待っていたルウの前にはハンサムだけど〜軽薄そうなウォルターがジムの替わりにやってくる。

彼はリンダの彼氏でリンダから兄の代理をいわれてやってきたのだ。

事の真相を突き止めようとジムの家に行ったら〜ジムのそばにリンダがいたことで、二股だと誤解して激怒したルウは、ジムがプレゼントしたドレスを脱いでローラのドレスを着てウォルターとパーティに出る。

心の中はむなしさと悲しさで一杯になっていた。

ここで、いまどきの女の子なら〜〜目の前のハンサムなウォルター(リンダの彼氏と知らない)と軽く〜〜恋に落ちるものだが〜〜


ルウは落ちない!!しかもウォルターを嫌っている。

永遠不滅の少女漫画の潔癖性である!


しかも、リンダとの誤解を知ったルウは、みんなの前でリンダに「ジムが好きになってたの。あなたがジムの妹だと知らずに嫉妬してたのよ。ごめんなさい」と、誤るのだった。

いまどきの子供がこれほど見事にあやまるかい?

「はじめっからきちんといってよぉ〜〜〜〜」と他人のせいにする。
だからこの部分も少女の持っている潔癖性が出ていると思ったのだ。

リンダはニニィに、「誤解をさせて悲しませたこと」を誤ったし・・・

ニニィもリンダもルウも仲良くなったわけだ。


さて前置きが長くなった〜〜私が最終的に言いたいのは次ぎの場面。


ローラとジョージの婚約発表のパーティの席上、幸せそうな二人を見てルウは、ジムに言う。


ルウ「幸せそうね。私たちもああなれるかしら」

ジム「今はまだそんなこと考えないでいようよ。

僕たちはまだまだ子供だもの。大人になるまでにいろんな経験をしなきゃいけないし・・・・・それになにがまってるかしれやしない。

ルウ「そうね、大人になった時お互いに尊敬できなくてはなんにもならないわ」

ジム「うん。だからこれからりっぱな大人になれるよう、助け合っていこうね」

ルウ「そして」

ジム「え・・・そして?」

ルウ「そしてあなたにふさわしい人になれれば、うれしいわ」


星空を見上げるふたり・・・エンド!!
((o(>▽<)o)) きゃははっ♪
(*^_^*)ぽぉ〜〜〜〜


正統派少女漫画のエンディングでした!!
きれいでしょ?
理知的でしょ??
教育的でしょ?


男の子と付き合うとはこういうまじめなものだと思い込んでいたのよ!!
男の子は子のように誰しもまじめだと思っていたのよ。

つーーーことは私も結構〜〜〜「タカラヅカ」なんだろか????
つーーーことは、いかに漫画の影響は教育的に情操的に大きいか!!

よくわかります。

わたくしは、いまだに〜「とのがた」というものを理解できないで〜〜ここまでやってきました・・・・・・

きちんと理解できていれば〜〜もっと違う人生だったかもね。
今の旦那を選ばなかったかも?(え??)

いいのか、わるいのか・・・・
それは人生の幕引きをするまでわからない〜〜(゚ー゚)(。_。)ウンウン


2003年10月17日(金) さくちゃん〜グリーンの和!

お天気がいいと主婦は「○○しい」。
○○には何が入りますか?

いそがしい?
うれしい?
たのしい?
かなしい?

関西は「気ぜわしい」といいます。
気持ちも身体も忙しいということです。

ああ〜〜いいお天気だ!!

とくれば、よっしゃ〜〜と、洗濯、掃除〜〜布団干し〜〜
庭掃除〜

いったい〜いつお昼ご飯を作るのかと思った家族は、主人は外食〜
お腹をすかした小雀たちは、それぞれインスタントラーメンやら
ごはんやら〜焼き魚などを食べたらしい。

夏の間大きくなったゴムの木の鉢が不釣合いなぐらい小さくて〜
植え替えをしました。

それと一緒に〜怒涛のごとく〜12鉢ぐらいあったかな〜〜折り鶴ランの
植え替えやらお手入れやら〜〜をしました。

株分けをしなければいけないぐらい大きくなっていたり〜ツルが伸び放題だったり〜

コレもいきおいでしょうか。
我が家にいらっしゃる方々が玄関前においてある植木鉢たちを見て大きくなったね〜と言ってくださいます。
長らくほったらかしには出来ないので〜早速取り掛かったしだいです。

はっぱが伸び放題ぼうぼうになっていた鉢がやっとすっきりしました。

土を触るとなぜか集中してしまいます。

観葉植物に興味を持ったのは26歳の時。
そのとき買ったフェニックスロベニーはいまだに健在です。

途中サボテンにも興味を持ちましたが〜植え替えが大変なので〜増やす事もなく・・・・そのままです。

いただきものの、アイビーはかわゆく〜鉢の中におさまっていますし〜
ブライダルベールもプミラもいただきものです。

観葉植物の交換なんてするとは思っても見なかったのですが、

すぐつくから〜植えてみて〜と強引に手渡された何本かのツルを小さな鉢に植えただけなのに〜見事つきました。

そうそう、カポックもいただきました。
なぜに下さったのかは覚えていませんが、その人のベランダでヒイラギだの
山茶花の庭木ををみていて〜観葉植物も興味があってと、カポックを
植えているのをみながら〜話をしただけなのですが。

昔、盆栽が趣味のおじいさんたちが、いい枝振りですね〜〜なんて話しているのを見て聞いて〜そんなに楽しいものなのかなと思ったものです。

でも今〜その気持ちがなんとなくわかりますね〜〜((o(>▽<)o)) きゃははっ♪

たまにいく、姑のマンションでも〜ポトスがあきれるほど立派に成育しているので〜おばあちゃん上手ね〜〜とその話をすると〜
とくい満面「アレはお水をやるのが大変だけど(食器棚の上にある)伸びるのを見てるとうれしい!」といいます。

冬に向かってグリーンの鉢が暖かく見える季節になります。
グリーンの輪の話題つくりにせっせと増やしています。


2003年10月15日(水) さくちゃん〜困った時の画像頼み!

またまた、ネタに詰まったので〜
画像アップします。

コレばっかりだね〜〜
しかし、画像さま様!!(笑)

これは、大きなどんぐりで〜出来て落ちるのが早くて〜9月には落ちているらしいのですよ。

栗のようなイガに、はいっているのはイガイなんちゃって!!
寒い???



娘の部屋に入ったら〜〜仲良く熟睡していました。
ミケはこうして〜子供たちの枕元で寝ます。
決して足元などでは寝ません〜〜
なぜでしょう?
人恋しい猫なんですね〜〜。


フラッシュたいても〜〜ピクリともしない・・・↑


2003年10月14日(火) さくちゃん〜ネコの寝顔

日記ネタに詰まった時の猫だのみ〜〜〜
ミケよ〜〜お願い!!
ってやつで、出てもらいました!



この幸せそうな顔を見てると〜〜癒されます。
ミケ〜〜〜幸せそう〜〜って感激しますね!!
やっぱり猫がすき!!
(*^_^*)
※画像が汚れています〜〜すみません〜何かしらね??


2003年10月13日(月) さくちゃん〜神戸へ行ったよ

朝からお天気が悪くて〜お出かけの時間が遅くなった。
そのおかげ?で、神戸もゆっくり回れず〜〜〜
大急ぎになってしまった。

残念だよ〜〜〜
すごくステキな街なのに〜〜!!
異人館の町並みも行きたかったと主人に言うと、早く言えば連れて行くのにって・・・・・。

車を止めたとある町の児童公園で見つけたお花を撮りました。



ラベンダーとなんだろうね?あの赤い花は〜〜〜。

ここは本○町というところで、阪神大震災のときはかなりのダメージをうけた〜〜神戸はどこもそうなんだけどね〜〜有名な所です。

復興はかなり進んでいると思うけど、新しい建物は震災の時壊れて立て直したものだと教えてもらっている。

国道沿いの角地で一等地と思う場所なんかも〜いまだに露地の駐車場のままだったりする。

火災で大変だった、長田、兵庫などは大きなマンションやら公共の建物やらが立ち並び、街が一変したような驚きがあった。

地震で被害をこうむった北海道の報道などをみるとやはり恐いものです。
足元はゆれない方がいいに決まっている!

なまずちゃん〜〜暴れないでね!!


2003年10月11日(土) さくちゃん〜今日の画像

こまごまと画像をアップしている日記です。
画像をつかうようになると〜文章が少なくてすむという利点と欠点があります。
どちらを選んでどちらをよしをしましょうか!
よくわかりません!!(笑)

今日は息子の中学生になって始めての体育祭でした。
どんな体育祭やら??
興味全開〜〜期待ほんの少しで〜見に行きました。
曇り空でしのぎやすいお天気でよかったと思います。


これは、3人4脚〜〜〜〜〜〜
身長は考慮されなかったと見えて〜はしりにくかったそうです。
うちのは〜〜真ん中のどでかいやつです。



柿が〜〜色づき始めました。
夏が遅くて〜〜秋が早い。
変なお天気で〜お米の値段も気になるところです。
さて・・・・
いくらぐらい〜〜物価高になるでしょうかね??

消費税は上げない!!というマニフェストを出している政党に一票!!
主婦としては当然ですね。


2003年10月10日(金) さくちゃん〜楽しかったよ!!

ネットで仲良くしてもらっている〜〜のりさんたくに〜お邪魔した。
場所は〜〜某町の(笑)空気のきれいな新しい住宅地。

テーブルの上のグリーン


うちの最寄の駅から〜急行で30分だ。
のりさんは、友人の作り方がうまい!!

沖縄の人は〜南国風のフレンドリーな雰囲気を持っている。
是非その秘訣を教えてほしいと思うものだが〜これはどうやら〜生命次元の
話になりそうだ。

玄関に〜〜小さなシーサーがいたような気がする。

3時間ぐらい〜いろんな話をした。

普段〜掲示板に書き込んでいる内容から〜
ネットの恐ろしさから〜〜便利さまでいろいろ話した。

秋の日はくれるのが早い。

帰宅するともう日が傾いている。
ステキな画像をと思っって4枚。
今度お邪魔した時にはもっと〜撮らせてくださいね〜。\(^o^)/
お庭の風景


2003年10月09日(木) さくちゃん〜画像二枚!




日の暮れるのが早くなったこのごろ。

ちょっと寒いかなと思う夕方〜こんなに暖かそうな窓からこぼれる灯りを見た。

とっぷり暮れてもまだお仕事をやっている様子。どうも会社らしい。

気になったし、気に入ったし〜〜

この風景がすき!!



私のお手製です。

今年の冬に、ご近所の方々で〜おしゃべりしながら作りました。
作っていて思った事は、さほど手芸が得意という人はいないということでした。

見かけは〜手芸ぐらいすいすいと出来そうだけど〜あくまで見かけだけという事がよくわかりました。

一番苦労した部分??

「不苦労」なだけに〜〜ありませんでした!!(笑)

といいたいけど〜〜


老眼なために〜糸が針の穴に〜入りにくいということでした〜〜

・・・・・・・・


はい!!(*^_^*)



2003年10月08日(水) さくちゃん〜女性は強いという事は?

テレビを見ててふと思った。
生理用品の〜(すみません)CMである。

爽やかな〜女性がみどりの芝生の上に白いワンピースで寝転んでいるわけよ。

この商品はアンケートで92%の女性がさらさらしてふわふわして軽いとこたえましたという〜主旨なんだけど。

そういわれると使ってみたくなるよね。

年齢的にもう〜〜終わっちゃうかなという年なのだけど、こうまで機能的なナプキンがでてくると、終わって欲しくないですね!(大爆)

初潮を迎えた頃はいいナプキンがなくて、不快な何日間を過ごすのは毎月いやなものでした。

特に、共学だと男の子の目があるし〜〜。

あの頃のナプキンはいかにも〜そうでございってやつで〜吸収はするけど〜ストップ機能はそれほどでもなく〜〜

表面がさらさらという代物が今はあるけど〜あの頃はそんないいものはなくてぬれると〜気持ち悪い。

大きさも〜レギュラーサイズだけで、夜用なんて〜全然ない!!
夜は緊張して寝ました。

女性の社会進出がどうのってよく言われているけど〜
戦後流行ったことばに、こういうのがある。

「戦後、靴下と女性は強くなった」と。

女性が強くなるというのは毎月の生理から開放されたという事でもあるはずだ。

動きにくい生理帯と、使いにくい生理用品〜〜古くは脱脂綿だったそうだ〜その昔はさらしの布!!

それじゃ〜〜なにもできない!!
働けないし〜
スポーツも当然出来ない。
自転車にも乗れない。

だからつくづく思う事は、今の時代に生まれてよかったなということだ。

もう一つ〜〜強くなったという靴下。
母なんかが若いとき〜履いていたのはパンストなんかじゃなくて〜右と左が別々のストッキング。

コレがよく破れるそうな。

それでも〜もったいないと〜破れててもわからないよね〜なんていいながらはいていた。

このてのストッキングはガーターで止める。

あのややこしいガーターではなくて〜ゴム製のストッキングを足の根元で止めるガーターである。
足の付け根はガーターの跡がはっきりくっきりとついていた。

私が10代になってストッキングといえば〜パンストになった。
でも〜高校生でガードルをはくはずがなくて、(今の高校生ははいてるかもね)
パンストをはいて歩くと〜なぜか物によっては〜

ずるずると下がってくる!(^_^;)
歩くたびに・・・である。

するとおへそが〜でるのですね〜〜。
冷えるじゃないですか〜〜〜〜〜。

それ以前の問題も大いにありますけど・・・・・(^_^;)

で、パンストをはく時も〜〜〜ガーターをつけていたのですわ!!
〜今の女性はいろんな意味で不自由から解放されたし〜強くもなりましたね。

シミジミ・・・・タメイキ


2003年10月07日(火) さくちゃん〜ネコ画像

昼下がりの事、お散歩中のさくちゃんでした。

実はデジカメ所持で、いい画像がないかなという物色?もありました。

でもうちの近辺は、古いお寺もなければ・・・観光地という場所でもないので〜日常的な画像ですが、猫を撮りました。

ネコのいない日は〜〜まったく居ないのですが〜
この日は・・いました!!

このとなりに、白いネコがいるのですがそのネコは眼を開けるのがめんどうなのか〜〜歳なのか・・・・
目をつむったきりでした。

その手前に、このトラネコが座っていました。

私が、カメラを構えても、あまり警戒する様子もありませんでしたが
近づくと、すっとたって・・・・あ!!逃げちゃう・・・・
白猫のとなりにすわるのですが・・・

その移動前のショットです。



岩合さんという、ネコの写真をきれいに撮る写真家さんがいます。
この人のネコはかわいくて動きがあって〜きれいで〜〜とてもステキなんですが〜〜こんなふうに撮りたいと(身の程知らずな)願うのですが・・

ネコは警戒心の強い動物なので、なかなか・・・・
うちのミケでさえ・・・カメラを構えると〜目をそらします。
逃げの姿勢になるぐらい〜〜嫌われています。

よってかわいく撮れません〜〜〜(涙)


ということで・・・・



昼下がりの平和なネコ社会の一端を撮りました。


うちのネコは・・・・
お昼寝中でした・・・お気に入りのソファのうえで・・・・

か・かわいい〜ヾ(>▽<)ゞヾ(▽^  )ゞヾ( >▽)ゞ


2003年10月05日(日) さくちゃん〜お気に入りの飴

かわいい飴を見つけました。


ノーベル社の飴なんだけど〜コーヒーなんかにつく〜メロディアンミニに似て〜
カップの中に入っているわけ。

これが〜〜娘の学校の女の子に人気とか。

「あげる〜〜」って言っても〜おしゃれでしょ〜清潔だし〜あったかいところで、とけることもないし〜〜

味はフルーツ味なんだけど〜〜これも営業努力の結果なのでしょうか?

いろんな飴があるけど、これはちょっと注目しました〜〜。


2003年10月04日(土) さくちゃん〜高校生と香水

今日も〜〜高校生事情をさぐるってことで
娘の高校の文化祭アンケート発表〜「高校生100人に聞きました」より
香水の話をします。

そう・・・
おしゃれの話です〜〜(^ー^* )フフ♪

さくちゃんが高校生の時の香水って言うと〜〜
資生堂のシャワーコロンってやつかな〜〜〜。

でも〜〜いまどきの高校生ですぞ・・・
こんな感じ!!
↓↓↓

★香水をつけていますか?
つけている77人
つけてない23人
・・・つけてるのですね〜〜

★何の香水をつけますか?
一位ベビードール
二位ニナリッチ
三位ブルガリ
四位アナスイ

・・・・・ブランド物ですな・・・・


★その香水を選んだ理由は?
一位香りが好き
二位値段が安い
三位見た目かわいい格好いい
四位人気がある


★どういうときにつけますか?
一位遊びに行く時
二位いつもつけている
三位気分によって
四位デート
五位気合を入れるとき
六位においが気になる時


★プレゼントしてもらったことありますか
ない52人
ある48人

★プレゼントしてくれた人は誰ですか
一位友達
二位彼氏
三位その他
四位親
五位彼女

香水というと、見えない下着ですね〜〜〜〜。
それを贈ってくれる人って〜〜(-_-;)

なぜに友達??
なぜ???

男なら男同士が贈るのかい?????
その他はなんだ??その他は!!聞きたい!!!

しかも〜ブランド物の香水だね〜〜〜〜。
安くはないよ!!

大体〜〜6000円から7000円はするね〜〜〜。
親ならまだしも〜〜なぜに彼氏・・・・社会人か??
なぜに彼女〜〜〜〜年上の女のひとかな??

わたしの場合は、こうでした。

高校生の時はおしゃれに全然興味がありませんでした。
でもあるとき〜〜彼氏が居た時代があって(あったのか?)コティの「マスミ」をくれたのです。

今??あの香り〜全然〜好きじゃなかったのよ〜〜(大爆)

その後〜資生堂のリバージュに浮気をしまして〜〜〜(笑)

それから〜〜〜トンと縁がなくて。

いつのころからか〜〜エスカーダがすきになり〜〜
いつのころからか〜〜ニナリッチがすきになり〜〜
いつのころからか〜〜ディオールが好きになり・・・

いまでは〜〜

やっぱり

シャネルが一番と思っています!!

おばさんσ(o^_^o)?
悪かったわね!!!(`´)


2003年10月03日(金) さくちゃん〜ケータイは便利パート

昨日に続いてケータイの話。

娘の学校の文化祭で当高校の100人に聞きましたアンケートの
発表があった。

そのうちのケータイの話。

★メールと電話どっちがよく使うか
メール86人 電話15人、同じくらい11人

★メールのいいところはどこか。
言いにくい事が言える、時間を気にしなくていい。絵文字が使えて楽しい。
文章が残る。お金が安い。

★電話のいいところはどこか。
長く話せる。
返事がすぐ帰ってくる。通じやすい。電話のほうが楽でいい。

★一日どれのくらいメールするか
1通から50通が74人
50通から100通までが18人

★気になる月いくらの出費について。
トップが5000円から一万円〜〜。

★誰が払うのか。
親が66人。自分が23人。基本料だけ親が16人。その他。となっている。

★会社は?
ドコモが53人。Jフォン27人AU21人その他になる。

★カメラ以外に何をつけて欲しいか。
一位テレビ、二位 鏡、三位 ウォークマン
その他のところでうそ発見器〜チカン防止器

★まとめ
これからますます便利なものになる可能性があると期待している。
ケータイのおかげで親との会話が増えたという人もいる。
だからケータイはすごい!



・・・・・という結論がありました。


「だからケータイはすごい!」

この結論は〜〜すごい!!!(大爆)

こうみると確かに便利である。

昨日の女子高校生の話もあるけど〜〜災難にあったときでも〜ケータイをもっていると、場所の特定ができることもある。

高齢化社会では、私は○○ですという名札代わりに使うこともあるのではないか。
痴呆で徘徊している老人のポケットにケータイがあると、この人は誰だという事もわかるだろうし〜〜車のナビのごとく〜何処を徘徊しているかがわかれば〜探す事も早い。

体の中にチップを入れるという話もあるが〜それよりは、確実性は低いが
人間的でもある。


便利なものは逆に犯罪に利用されやすい。
今問題なのは、援助交際の連絡法にもなり〜〜意味のない出会い系サイトの
メル友にもつながる。


親の監視下に置かれない事で、変な友人から電話がかかってくることに気がつくこともなく〜〜
誰と話しているのか、いつ話しているのかも〜〜分からない不安が親にはある!!


あるのですぞ!!!そこの〜〜高校生!!



便利、便利では済まされない〜〜利用代金の問題!!

5000円以下に抑えなさい!!

すねかじりのくせに〜〜と、私は言いたい。

いまどき「すねかじり」については、罪の意識が低いらしくて〜お説教も刺さらないけど〜〜。。゜゚(>ヘ<)゚ ゜。ビエェーン

未来に向かって夢を膨らませる事は〜〜いいことです。
このケータイをより便利なものするもしないも〜〜君たちの力です。

大人になっていいケータイを作るぞ!と意気込んでいる方〜〜


どうか・・・


どうか・・・・


老人にも使いやすい〜〜おまけに〜〜料金が安い〜〜

ケータイを開発してください!!

お願い!!( ̄人 ̄)


2003年10月02日(木) さくちゃん〜こんなケータイの使い方が?

10月も二日め。
ようやく秋らしくなってきたこのごろです。
なんて、お手紙みたい・・・・。

最近の犯罪には驚くものがあります。

九州で女子高校生が、車に拉致されて誘拐された時〜携帯のメールをうって
どこにいるのか〜特定してもらって救出された事件はほっとするものがありました。

登校時に、車から声をかけられて〜道を聞かれたわけです。
一緒に行って欲しいといった犯人の車に乗ったとたん車は急発進。

犯罪に巻き込まれたのをしったけど、この子は犯人に分からないように〜
ケータイで両親に電話〜〜。「助けて!誘拐された」

その後がすごい。

つぎつぎと、自分の位置を知らせるために〜〜車の特徴や、付近の様子などをメールで母親のケータイに送ったのだ。

「黒の車」「ナンバーは…」「看板が…」
などなど〜〜メールを早打ちしたそうな。

空から、道路から〜〜警察のヘリや、パトカーなどがどんどん〜〜
犯人の車を追い詰めた。

逮捕に至るのだが〜〜1時間20分で〜救出されたという。

女子高校生と、携帯は切っても切れない?ものという。
うちの娘も〜欲しがったものだ。

一時、中学を卒業したころ、気分は高校生で早速ケータイをいじっていた。
ケータイ代はビックリするほどの高額になった。

娘専用なんか〜作ると大変なので、家族共通の一台を我が家では使いまわしている。メールは経済性もさることながら〜勉強の邪魔になるので〜PCにしている。
よって、娘とのメール交換は〜時間制限つきである。

この女子高校生の学校もケータイは自粛などいってたらしいが〜〜思わぬ所でケータイの威力発揮となったわけだ。
こうなると、むやみに禁止はできないだろう。
あとは、本人の自覚の問題かもしれない。

日本がお金持ちになった時代に育った人が大人になって親になっているから〜節約とかもったいないということばはなかなか出てこないものだ。

私の親の年は〜戦争体験者だ。

日本が貧乏でみじめな時代を知っている。私はそれを聞いて育っている。
だけど、きちんと聞いた事を伝える事はむつかしい!
努力はしているが〜〜話に臨場感は盛り込まれてないのではと思う。

なにかの災難の時、便利なケータイ。
犯罪に利用されやすい〜ケータイ。
使い方によると、高額な出費になるケータイ。
それでもあると安心便利なケータイ!!

コレにテレビつきができたという。
みるか?ケータイでテレビを!!

そんな時代が、来ているのだな〜〜と感慨深く思うものだ。


さくちゃん |HomePage

My追加