バイオトープの庭withとらジュリ

2013年09月30日(月) 只今とらたろうハンスト中


とらたろうが昨日からハンストを続けています。

2010年猛暑の9月、推定生後5ヶ月でうちに来た雄猫です。

とらたろうとジュリアン(とらたろうの10日後に保護した同い年の雌猫で

保護当時は超凶暴猫)のごはんは、ずっと品質と価格の折り合いがつく

サイエンスダイエット・ライトをあげていたんですが、

ある時、楽天24でセール中のピュリナワンのインドアキャット1〜10歳

ターキー&チキンというフードを見つけまして、わりと評価も良く、

2匹の食つきも良いので、しばらく続けていたんです。



昨日はじめて、そのターキー&チキンから下部尿路の健康維持F.LU.T.H.ケア1〜10歳チキン

(同じピュリナワンシリーズ)に変えてみたところ、ジュリアンはすごい勢いで食べるのに、

とらたろうは匂いを嗅いだだけでUターンです。

昨日、お口あーんして10粒くらい食べ(お腹がすいているせいか、ぺぇはしない)、

さっき3粒食べただけ。人間のワタシにはありえない。

色々なご飯に慣れてもらいたいので持久戦にもって行きたいところですが、

丸二日食べていないので、これからとらたろうに折衷案を提示してみます。(笑)



ちなみに、インドアキャット1〜10歳ターキー&チキンは人間の舌でなめると

塩味を感じるのに対し、下部尿路の健康維持F.LU.T.H.ケア1〜10歳チキンは

全く塩味は感じませんでした。









2013年09月23日(月) たどりついたゴミ捨て方法


燃えるゴミを捨てそびれてしまうので生ゴミ処理機の購入を考えていました。

しかし補助制度があるとはいえ、結構高額でびっくりです。ムリムリムリ。

まあ、ゴミ日に出せばいいだけのハナシではあるのですが、、、。

ある日、野菜の切れ端をのせた小皿をガスコンロの脇に置きっぱなしにした翌日、

その野菜の切れ端がカラッカラに乾燥していたのをみて、

何だこうすればよかったんだと目からうろこが落ちました。



以来、生ゴミは天日干しです。

もともと紅茶の葉は干していたんです。何でもっと早く気づかなかったのか、、、。

ただ、基本、野菜の皮は食べるので、そんなに量は出んのです。

新じゃがでなくてもじゃがいもの皮もばりばり食べています。

意外と馬力(太陽への抵抗力)があるのはバナナかな。

匂いもほとんどなくなります。(干草系)

かさが減った野菜ゴミに、乾燥紅茶葉を振りかけて完了です。

ストレスが減ったというか、開放感すら感じるような、、、。

エコとして自治体がわりと推奨しているゴミ捨て方法みたいです。









2013年09月22日(日) やかんを買いました


迷ったあげく、柳宗理のやかんを買いました。

シンプルなデザインがなかなかいいですよん。

包丁と鍋、おたま類も買いました。

とくに包丁はアートかと思うくらい美しいです。

ぐっちゃな台所の中でもこれだけは特別扱いを受けています。

あとラバーゼのバット類も購入しました。

付け足しみたいな気分で期待していなかったんですが、

これは買ってよかったと120%思いました。

切った野菜を取り分けたり、肉や魚の下準備をしたり、

しっかりしたバットがあるだけで、こんなに料理のストレスが減るとは思っていませんでした。

これらは、たぶんワタシが生まれる前からあったと思われる

キッチングッズの持ち手が取れたりとか、何十年物の鍋などのリニューアルぽいです。

道具を選ぶっていいことだなと思いました。

(こわれて持ち手が10cmくらいになったフライ返しを使うのが熱かった日々よ。)








 < 過去  INDEX  未来 >


Begonia [MAIL] [おうち鑑賞]

My追加