ぶつ草



大阪イヴ

で、明日はというと
チケット発送一週間も延ばされてやきもきやきもきやきもきしまくったV6夏ツアーを締めくくるラストステージの地・大阪でのライブなわけですが。

大阪(南部)。

久しぶりに雨です。

まとまった雨です。

なんで今頃降るねんってほどに雨です。

天気予報は一晩降りますよ☆と言うとります。

明日…晴れるよな。
予報は午後から回復すると思うよ☆と言うとります。

でも天気予報見ながら思ったよ。



イノハラめ!(# ゚Д゚)




↑私信。(投票ボタン)


2006年08月31日(木)

どうしてもいっておきたいことがある

ちょっと奥さん。
「ハンカチ」で検索するとえらいことになってますよ!

それはともかく。

ついに冥王星が「惑星」から外されることになりました。
これから受験、という方はきっと壁に向かって教科書やらペンを投げ出したことでしょう。
私なら投げ出す。

きっと私の年頃の方なら
12星座の英語名を「聖闘士☆矢」で覚えた方もおられるかもしれません。
そういう方ならきっと、惑星の英語名は「セーラー○ーン」で覚えておられるかもしれませんね。
そうです。
今回の決定で所謂「外部太陽系四戦士」の一人が「消滅」することになります。
幸い、連載は完結しておりますが。
これ、すっごい複雑なんですよね。「その世代」としては。
理論どうこうを超えた、一個人のすっげー複雑な事情が。

↑ほんとにね。(投票ボタン)


2006年08月25日(金)

ぷりんす・おぶ・はんけち

いやー、今年の高校野球ってばないことに双葉。さんも盛り上がりました。

ま、途中で甲子園に行かずして生高校球児を見たこともあるかもしれませんが。
それにしても盛り上がった。

息詰まる党首選投手戦。
投げぬいたお二方に拍手。
すっかり早実の斉藤君に焦点が向けられていますが。
クールな彼より寧ろ苫小牧の田中くんの方がどこか人間くさくて好き。
いや、斉藤くんはどこか人間離れした感じがして。
発言とか。
行動とか。
いや、あんたそれ18歳じゃねーだろ、と。
見習いたいほどの落ち着きっぷり。

いや、それにしても彼の「はんけち」は
今後ブームになりそうですね。

丁度テニスに行ったときにタオルハンカチを三つに折りたたんで持っていったところ、





↑食いつく。(投票ボタン)




2006年08月21日(月)

チケット届き、俄然やる気が

V6大阪公演に参加予定の皆様、
大変長らくお待たせいたしました。

私含めて。

予定より一週間遅れて
そしてコンサート日程が後半戦に入っているにも関わらず唯一届いていなかった大阪公演のチケットが届きましたね。

まずは一杯どうですか?と酌を勧める前に。

いくらワイドショーで取り上げられていても、
いくら「べりべす」を目覚まし代わりに聞いていても、
いくらあちこちのサイトのネタバレを見ていても、
お財布と社会人的事情(笑)により大阪公演1回だけしか行かない私にとって
一向に来月これに参加するんだという実感がわかなかったライブ。

こうやって手元にチケットが届いて
カレンダーを眺めて
スケジュール帳にちっちゃく「ライブ」と書き込んでようやく
「ああ、ライブに行くんだー。生のメンバーに会えるんだー。鰻食うぞー」
という実感がふつふつと沸いてまいりました。

三宅さんと同級生の双葉。さんは
最近テンションをあげすぎると、後日体に堪えるという所謂「寄る年波」を痛感しているので
先月いつかの「ぶつ草」で徐々に上げていくということを宣言していたと思うのですが。
やっぱり無理ですね。


テンション鰻上り。

鯉の滝登り。

廬山昇龍覇。


あああ、きっとこれ9月の残暑で確実にバテるな。
でも職場では極力テンションは控えめにしないとかなり「可笑しな人」になってしまうので。
…って去年も同じような事を言っていたように思います。

要するに進歩がないっちゅーこと。


今回は前回と同じ鈴虫副班長と副班長のお友達とそのお子様(中学生)と同行予定。




↑きっと落ち着かない。(投票ボタン)


いや、正直連れが3人になるとは思っていませんでした。
しかもそのうち2人は知らない人。


…気分的に不利だ。

で。
お友達さまからの問い合わせ、ということで座席を伝えることになった双葉。さん。


封筒を開いて、チケットを取り出す。


なぁんや、アリーナやんか。






…。









………あ、







ありぃなだとぅ?



うわうわうわうわうわうわまぢまぢまぢまぢまぢ?ちょちょちょちょうちありぃなってはじめてやねんけどうっそーこれほんまなん?ちょまってもっぺんちゃんとみてみるから、うわーやっぱりみまちがいちゃうってほんまにありぃなやってうわーめっちゃびっくりってゆーかいまほんまけいたいもってるこのてががたがたゆうてるんですけど、ってもっかいうらからみてみるわ、ってうちあほやんうらからみえるわけないしーあーっはっはっはってわらってるばやいちゃうってほんまびっくりやねんけどきっとこんなせきってさいしょでさいごやとおもううわーもーふぁんくらぶのきげんきれるのでさいごにかみさまがあんたがんばりやっていうてくれたにきまってる、うん、もうそうしかない、うわーもううちあしたからしごとめりめりがんばる、ってめりめりってなにやねんってつっこみじぶんでしてまうわでもほんまうわーでもほんまもうよくわからへんけどめっちゃうれしいんですけどどないしようー







ぜいぜいはあはあ(息切れ)


いや、本当にびっくりしましたって。
席はどうなのか、良くわからないのですがとにかく
「はじめてのおつかい」ならぬ「はじめてのありぃな」決定。
夢にまで見たありぃな。
楽しみたいと思います。








↑私信まじりのうっふっふ。(投票ボタン)












というわけで緊急予防策。
ライブ終了まで某投手様は「ぅまーくん」と呼ぶことにします。

2006年08月19日(土)

あっちもこっちもあっちっち

今日、恐らく関西で一番盛り上がっている話題は

ダブル再婚

も、ありますけれども。
(ちなみに今日は休みだったのでしっかり「なるトモ」は見た)
いや、意外と姉さんが(全国区で)知られていなかったことにあたしはショックだったよ。
うん。
ま、それはおいておいて。
言いたいのはこっち↓

「はばタン」熱中症

ではないでしょうかねぇ。

昼過ぎからの「ちちんぷいぷい」でも取り上げられていましたが
力尽きてパレードのゴール(三宮の商店街やっけ?)で思わず頭を「脱皮」したら
駆け寄ってきた子供たちがショックで泣き出して一時パニック状態だったとか。
…分かってたでしょ、こうなることくらい。
ねえ。
まだ国体はこれからなんだから。
うっかり「スポーツ万能」ってふれこみするからだよ。
まだまだがんばれ、はばタン。


ちなみに「はばタン」って何?という方はこちら

↑ヒトの不幸は笑うものじゃないけれど。(投票ボタン)

2006年08月17日(木)

鉄板焼きと高校球児ともうひとつ

お盆なので、朝からお寺参りに行きました。
相変わらず、住職さんの話は意味不明でした。
若院主さんの方が面白かったです。
途中、意識なかったのは、此処だけの話し。

そのまま昼は母が前から食べたいと言っていた某ホテルの鉄板焼き。
目の前で焼いてくれるの!
なんか豪華!
何かセレブ!
目の前は堺港(だと思う)!
遠くに見えるは…あ、かすんで何も見えないや。
昼からワイン(ハーフボトル)を母と妹と分けました(父は車係)。
でもその7.5割を飲んだのは母でした。
2.2割を飲んだのは妹でした。
私は殆ど飲みませんでした。

鉄板焼きまであと少し、というエレベーターの中。
どやどや、と乗ってきた若者達。
真っ黒に焦げて、大きい鞄を抱えて、ユニフォーム姿で。
…ん?ユニフォーム?


おおお。


長崎代表・清峰高校ー!


うわっ、うわっ。初めて生で見たよ高校球児!
広いはずなのにでかい鞄のせいで狭くなったエレベーターの中の彼らの会話はかなり可愛かった。

「16日から練習だってー」
「えーまじー?もうやるのー?」
「もう少しゆっくりしてたかったなぁ」
「部屋散らかってるよ」
「あーでも春の新人戦のこと考えたらー」
「あー大阪桐蔭とやったとき死ぬかとおもったからなー」
「あー。」
(沈黙)

なんて会話がちょっとした訛りを交えて交わされていて。
その中の一人のコの鞄には沢山リボンがついていて。
それは「○○大会 選手」っていうので。(中に九州代表、っていうリボンがあった気がする)
きっとこの子はこの数日リアルに打席に立っていたコなんだろうなぁって。
その時は知らなかったのですが、この日彼らは第一試合で福井代表の福井商に負けていたのですね。
ああ、だから「16日から…」って話。

客室フロアで2回、彼らは分かれて汗のにおいを少し残して降りていきました。
あの鞄の中には土が入っていたのかな?

うわーうわー、生球児だよ!
もしかしてこのコ達の中で将来の若鷹いたかもしれないよ!

と盛り上がっていたところ。

すみっこに居た(気がつかなかったけど)小さなお子様が何やらご機嫌でうたを歌っていた。
聞いたことあるメロディー。
聞いたこと在る歌詞。

でも何か思い出せずに悶々としていたのですが。

あとからウォークマン(iPodじゃないの。スティックウォークマンなの)聞いていて気がついた。


あああ。

↑遅!。(投票ボタン)











なんで気がつかなかったんだ、私。
しばし反省。







でも何故お子様が。














…主題歌だからか?


2006年08月13日(日)

おあずけ

ああ。
大阪ライブのチケ発送が一週間延びたそうですね。
さっき知りました。
何か指先を掠めてチケットが遠くなっていきました。


↑危ない。(投票ボタン)


ああ。
大阪参戦予定の皆様は、一週間余分にやきもきすることになるようですね。
んもう、届いていないの大阪だけなんだよ。
一緒に嘆きましょう。
一緒にやきもきしましょう。

これで席が良くなかったら泣くぞ、ワシ。

グッズはモノクロポスターがいいそうですね。
まあ兄様とヒロシ様がすごくいいって聞きますが、ほんと久しぶりに買おうかしら。
他にオススメはありますか?
いつもパンフレットは買うので、その他に、何か。
そもそもどんなグッズがあるのかすら分からないのですが…


2006年08月11日(金)

「ゲド戦記」観てきました。

観てきましたよ、噂の「ゲド戦記」。
えっと、をかださんの声を大スクリーンで、そして声フェチにはたまらない菅原文太さんの声を大スクリーンで。
そのために!
いってきたのよ!

おひとりさまで!

んっと。
感想を、と思いますが。

(以下反転)
うーん、前評判の割には…というのが正直なところかな。
話題づくりにはもってこいですが。
舞台設定が舞台設定なので、前作「ハウル」や「千と千尋」のような鮮やかな色彩も少なく。
うん、これは仕方ないのかな…とはおもいますが。
やっぱりもうちょっと鮮やかなシーン(街のシーンくらいじゃないかな?)が欲しかったなぁ。
スタッフやボイスキャスト(田中裕子さんが凄かった。思っていた以上に凄みがあって怖かった)に
かなり助けられたというのが分かります。
うーん、でもデビュー一作目でいきなりすげー、っていうものを持ってきてもらってもちょっとびっくりかも。
だから、そういう意味では次回、そしてそのまた次の作品が楽しみって所ですね。
がんばれ、ごろさん。
残念だったのが、物語に引き込むような要素が少なかったところ。
原作量が多い中、その「良いところ」をかいつまんでいった感は否めません。
原作を読んでいる人だったらもしかしたら「ここはすごくいいシーンなのに省かれてる…!」と思うところが
あったかもしれませんね。

あと、肝心のをかださんの声ですが、もうもう舌滑が気になって気になってしゃあなかったです。
しかもぼそぼそ喋りが多いので余計聞きづらかった…
大スクリーンなのに(涙)

DVD…出ても買わないかなぁ。レンタル?
(反転おしまい)

というわけで、満員御礼の中鑑賞行脚(なんじゃそりゃ)はおしまい。
夏は見たい映画が多くて困るね!


そうそう、

↑個人的報告。(投票ボタン)








久しぶりだ、漫画。


2006年08月07日(月)

降って沸いたチャンプと夏祭

今色々と話題の某ボクシングの試合中継を見ていた。
最後の最後、浪速乃闘拳さんがふらふらだったのでもういたたまれなくなって
ちょっと席を外した。
とりあえず、「折角ここまで来たんやから最後までなんとか立ってくれ」と祈りつつ。
で。
戻ってきたらチャンピォンベルトを肩にかけて泣いていた。

…え?

勝った事は凄いことなんだけどね。
素人なのでよく分からないのですが…あれは…あれで優勢だったのですね。
翌日(つまり今日)、仕事休みだったのでぼへっとテレビを見ていたら
でてくるでてくる色々なオピニオン。

今後の動向が気になりますね。


それはともかくとして。
いよいよ今日から始まりましたね、夏のコンサート。
もう行かれた方もいらっしゃるんですよね。
あああああああああ。
大阪まではまだ1ヶ月あります。
あああああああああ。
どんなライブだったのか気になるなぁ。
大阪のチケットもあと一週間くらいで手に入るようなので、その日を夢見ながら仕事に励もうと思います。

↑妄想か?正夢か?(投票ボタン)


2006年08月05日(土)

べりべす2拝聴 (その2)

こんにちは。
とりあえずは元気でやってます、双葉。です。

自虐ネタでいくならば、体重が(夏バテの為に)1キロ落ちたのに






↑何があったんだ、私。(投票ボタン)






ありえない。


ちょっと悲しくなったところで、「べりべす2」のDisk.1感想をば。


さっと聞き流して「あれ?」と思ったのが
「Feel your bleeze」〜「メジルシの記憶」の3曲。
というのもこの曲達に限ってあまり印象がない。
「Feel〜」はPVでメンバーが信号機の上とかに座っていたということと、マツジュン(だったっけ?)が出ていた方の「ごくせん」の主題歌だったということは辛うじて覚えていましたけど。



あ。



そっか。




このあたり私のV熱が一番低かった頃か。

と、納得。
ホームページも閉めようかと思ってたあの頃でしたね。
でも面白いほどに印象がない3曲なので、かえって新鮮です。
新曲を聞いた気分。

あとは思い出、というより曲を聴くことで胸の奥からどっと沸いてくるようなものを感じて。
なんだろ。

一言でまとめれば


「ああ、5年経ったんだ」



と。


Vファン歴8年目(だったかな?)の双葉。さんはそう思うわけです。



2006年08月03日(木)

べりべす2拝聴 (その1)


というわけで早速、フライングゲットした「Very Best供廖
結局初回版Aのみ。

…えっと、これについては言い訳させてくださいな。




微妙に金欠なんだよ。





以上。
余裕が出たら通常版にも手を伸ばしたいと。




↑まだ言うてたよ。(投票ボタン)


ボーナス出た辺り、いろいろ買いましてね。
来月のライブに備えて出費も控えたいし。
そもそも7月に1人、8月に3人も辞める事務所の送別会もありまして。
人数はどうか分からないけど、辞める人の食事代は残る人持ちやから!
出来るだけ残る人を集めんとあかんし!(個人事情)

いやいや、それはともかく。

地元(と言っても二つ隣の市。でもみえちゃうのよ、高台からなら)の(日本最大規模といわれている)花火大会でごった返す中、意地でフライングゲットしてきました。
CD受け取ってご機嫌だったのに、一緒に行くはずだった人から風邪引いたとキャンセルされて一気に気分下降ですよ。

いやいや、それもともかく。

今は2枚目から聴いているのですが。
Disk.2リーフレット目次の坂本様がなんか気に入らへん。
逆に健ちゃんと博様が激ヒット。
ページ真ん中のソロショット。
やはりここでも博様。


黒ヒロシ!!


妄想キタ━━(゚∀゚)━━

曲に関してはああ、そうそう、こんな曲もあったよね、と。
こうやって聞いていると、知らない曲がない。
少なくとも前回の「Very Best」から5年、ファンをやっているんだなあと何かしみじみしてしまいましたよ。
「MAGMA」はライブの博様ヴァージョンが印象的なので元のテンポや音を久しぶりに聞いてとても新鮮でした。いやぁ、歌い方やアレンジひとつでこんなに変わっちゃうものなんですね。
「上弦の月」や「SHODO」も好きだから、ほんと満足。
もちろん「ちぎれた翼」は特別待遇で(爆)
どの曲もどの曲もその時々の思い出がふわぁっと浮かんでくる。
これってすごいよね!凄いことやんな!
Disk2だけでこれだけいろいろな思い出があるんやから
これがもうひとつのDisk1だとどうなってまうのかちょっと心配。

明日辺り、Disk1、出来るだけコンパクトに語ろうと思います。

2006年08月01日(火)




Skin by Simple*junkie
Thanks! Maniackers Designweb*citron