遊戯王ヴレインズ感想とか雑文とか(遊戯王の謎)
日記&アニメ感想の目次前の日次の日


2013年12月29日(日) 遊戯王ゼアル感想−第135話 「未来をこの手に!銀河決戦終結!!」


遊戯王ゼアル感想−第135話 「未来をこの手に!銀河決戦終結!!」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【今日のお言葉】  

    カイト : とうさん…オレは後悔なんてしてない…

カイトがマジで死んでしまった…それも月面で…。
私は長男の絶命を目の当たりにしたフェイカー爺を心配してしまいました。
この騒動の原因を作ったのはフェイカー爺だもんね…(´・ω・`)
カイト登場の頃はカイトは親子の情なんて分からない冷たい子かと思っていましたが、今は彼も普通の子だったんだな…と思いました。
ハルトはお兄ちゃんが死ぬところを見てしまいましたね…(´;ω;`) 可哀想でした
私はずっとカイトって何のためにデュエルしているのか、その答を探していました。
人の魂を狩っても平然としているし、デュエルをしていても楽しそうじゃない…。
でも強くなるために必死で頑張る姿を見て、行動と気持ちが合ってない変な子と思っていました。
結局、親のため、弟のために闘っていたけれど、遊馬と出会ったことで自分から本当に闘いたいと思えるようになったんたんでしょうね。
介錯をしてくれる子がミザエルだったことも良かったと思います。
男子の本懐を遂げられて、カイトはカイトなりに満足して死んでいったんだろうと思いました。


遊馬もカイトの死にショックを受けてましたね。
バリアン人が消えるのと訳が違うというか、やはり生きた人間の死は生々しかったので、遊馬も辛かったと思います。
ドロワもカイトの死を知ったらガックリくるでしょうね。


月面で死ぬと死体はどうなるんでしょうね。
空気がないし、冷たいので5000年くらいはあのままなのかな…と。


チビ・ミザエルとドラゴンの出会いのシーンは突然すぎて、なんだかなーでした。
どうしてミザエルが選ばれたのか、その理由が描かれなかったのが残念です。
それともドラゴンは美少年好き!O(≧▽≦)O


【絵とか脚本とかデュエルとか】


「ネオ・タキオン」によるタキオン・ダウンフォール・キャノンでの連続攻撃のシーンはドキドキしました。
あのタコ殴りな攻撃にカイトはよく絶えました。


新しく登場したモンスターが『No.100』!
金色に光ってました!
「アォ〜ン」の声は赤き竜!! 使い回し!Σ(゚д゚lll)
私は100番って絶対にアストラルの記憶を埋めるパーツか、アストラル自身が実は100番でした…みたいな展開になると思っていました。
あの100番はドラゴンボールに出てくる「神龍」に似てましたね。
「うなぎ系」っていうのかな!
自分からカードになるなんて…不思議です。
ヌメロンコードって「カード」なんですね。


今日はみんな良く泣いたけれど、オボミまで泣くとは…。
結婚前に未亡人になるとは…。
オービタルの補助電源が動き出して、なんとか地球に帰着とか…そんな展開が欲しいところです。


「次回予告」
    アストラル:友を守れなかった悲しみが
    ベクターへの憎悪をかき立て
    固く握りしめたナッシュのこぶしを振るえさせる
    古より続く闘いの勝者は誰か?

    ナッシュ:貴様だけは必ずこの手で!
    遊馬:ここがバリアン世界!?
    アストラル:決戦は近いぞ!遊馬!
    遊馬:そんな…メラグとドルベが!!


    遊馬:次回 遊戯王ゼアル供 峩Уい竜憶!ナッシュVS魔神ベクター!!」


    ナッシュ:砕け散れ! ベクタァァァァァァァー!

    「遊☆戯☆王ゼアル供彈_鵑諒送は、2014年1月12日(日)だよん。


    いよいよ因縁の対決が始まります。
    ナッシュは相当頭に来ているみたいで、興奮気味なのが心配です。
    よく見るとラストシーンですでに床にぶっ倒れているし…。
    怒りに身を任せるのも良いけど、判断力が鈍っては意味がないので、ここは冷静に対処して欲しいです。


    ベクターのキリモミ着地!!
    意外に丁寧な着地ポーズに笑いました。
    身が軽いのね!゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ


    ベクターが「魔神」?
    ついに神に昇格なの!?
    また過去話をてんこ盛りにして、話をふくらませるようですね〜。


    次回の放送はお休みなんですね…早く続きが見たいのに残念です。


【今日のクロたれとノスたれ】
    ついに現れたヌメロコードのドラゴン!!
    金色の体に、圧倒的な大きさ!!
    これは凄いと大興奮のクロたれとノスたれ!!

    貢ぎ物をすれば願い事を叶えてくれるかもしれないと
    さっそく某漫画で見た7つの球を差し出してみたのだ!


    クロたれとノスたれ


    「そういう仕事はしてないんだけど…」と、とまどうドラゴンだったが
    カワイイ2匹のたれぱんだが7星球まで持参してお願いするので
    なんとか叶えてあげようと思うドラゴンだった…

作画監督=穴倉 敏
脚本=吉田 伸
絵コンテ=須永 司
演出=望月敬一郎


2013年12月26日(木) アークファイブの絵見たよ!と漫画5D's感想と遊戯王5D's再放送 第98話「WRGP開幕 チーム5D's VS チームユニコーン」


年末年始の予定です。

  27日(金) 雑談板のお返事
  29日(日) ゼアル感想
  1月1日(水) 雑談板に新年のあいさつ
  5日(日) ゼアル感想
  7日(火) 雑談板のお返事

こんな予定でいます。
よろしくデス。


Vジャンプで「遊戯王アーク・ファイブ」の宣伝ページを観ました!
今までの主人公といえば代々「特殊形態の髪型」を受け継ぎ、シルエットを観ただけで「誰」と分かるようになっていましたが、今回はどこかの誰かに似ているデザインで、ぶっちゃけ「没個性」な感じもします。
でもまぁ十代もシルエット的には普通だったし、十代の系統だと思えば、またカワイく感じます。

気になるのは後ろのモンスターです。
白と黒…。
じーーーーーーっと見つめていると、白はジャックに見えるし、黒は遊星に見える!(゚∀゚)ノ
遊星ジャックが好きな自分としては2人を観ているだけでドキドキです。
次はモンスター萌えという新境地を開拓出来るのかもしれないと思うとワクワクします゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ

「ARC」は「弧」を意味するそうですが、弧が5個、登場するんでしょうね。
5個集めると「円」になる…という話なのかな〜。



ライン

漫画 遊戯王5D's RIDE−53 漆黒の翼

セクトが悪すぎで、読んでいてツライです…(´Д`)
ジャックの悪態は言葉の裏に「友愛」を感じるんですが、セクトは本当に「ハエ」という昆虫がしゃべっているようで、私だったら5秒で見限るレベルです。
それを遊星が必死になってセクトの気を引こうと頑張っているので、遊星にとって本当にセクトは大切な友達なんだな…ということが伝わってきます。

遊星がセクトの「友達一杯」を羨ましく思ったシーンは意外でした。
アニメでは、本人が望まなくてもウジャウジャと男たちが寄ってくるからですが、漫画の遊星は私が見ても「友達いないオーラ」が出ているので、遊星本人は友達できない性格を自覚していて、でも別にその状況を寂しく感じない子なのかと思っていました。
でもそうじゃなく、遊星も一人が寂しいと感じることがあったんですね…。

「オレ、もうダメかも…」と思ったとき、アキの叱咤が効果的に効いて、遊星が持ちこたえました!
彼女自身の言葉というより、巫女として託宣しているような感じがして、少々神秘的な感じも受けました。

ところで、あの邪神、相変わらずビキビキしてますが、笑みを浮かべて嬉しそうです。
遊星は最終的にコイツと闘うのかな…。
一人じゃ大変そうだし、ジャックとペアで闘ってくれたら面白そうだと思いました。


ライン


遊戯王5D's再放送 第98話「WRGP開幕 チーム5D's VS チームユニコーン」


ジャックがキリモミして吹っ飛んでいきました。
あんなDホイ用のヘルメットで頭を守れるのかとドキドキしました。
でもニャンコ体質のジャックなら、姿勢を戻してスタッと着地するような気がします。


アンドレのデュエル、面白いですね。
カードプレイングの天才だけあって余裕を感じます。
ジャックのデッキはレモン中心で組まれているし、あまり対戦相手によってデッキを組み替えているようにも見えないので、チーム・ユニコーンにしたら、楽勝な獲物に見えているでしょうね。


2013年12月22日(日) 遊戯王ゼアル感想−第134話 「甦る竜皇神話!! 『銀河眼の光子竜皇』」


遊戯王ゼアル感想−第134話 「甦る竜皇神話!! 『銀河眼の光子竜皇』」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【今日のお言葉】  

    オービタル7 : カイト様はハルト様のお守り役として、オイラをこの世に作ってくれました!

真剣デュエルの最中に突然明かされたオービタル出生の秘密!
なんとカイトが生みの親だったとは…・゚・(つ∀`)・゚・ マジかよ!
カイトがいくら天才フェイカー爺の息子だとしても、さすがにこの設定はどうなのよぉ。

  ・そもそもハルトのお守り役としてカイトが作成
  ・バリアライトというバリアン世界の鉱石で動く
  ・自立思考型

<ナンバーズ狩り用に改造>
  ・時間を止めちゃう
  ・自在に変形してカイトを背負って空を飛べる、宇宙へ行ける!(笑)

こうやって書き出しただけでもビックリ能力満載なのに、これをカイトが作ったとは…。
もうちょっと説得力のある設定を考えることは出来なかったのか…(〃゚∀゚)(゚∀゚〃)ネェー


カイトが目にケガを負っていた!!
疲れて具合が悪いのかと思ったら、視力障害だったんですね…(´;ω;`) 心配
しかしオービタルのシステムをカイトの神経と繋ぐとは!
すごく簡単に接続していたけれど…あとで変な後遺症とか出ないのか、こっそりドキドキしています。
(お掃除ロボットを見て恋しちゃうとか ( ´艸`))


久しぶりに天上ファミリー勢揃い!!
フェイカー爺とハルトはどうみても爺と孫にしか見えないが、元気そうで何よりです。
久しぶりにハルトの声を聞いた気がします。


【絵とか脚本とかデュエルとか】


最初のターンで銀河眼出て、「早っ!」と思ったら、ミザエルはタキオンをカオス化させて召喚するという荒技!!
エースモンスターを召喚する難しさとかゼアルは一切ないので、なんかまぁ…凄いな〜という感想を持ちつつ見てました。
今回の目玉はプライムさんなので、もはやプライムさん以外は雑魚扱いに等しいのではないかと感じました。
それにしてもカイトがプライムさんをいきなり登場させたのにはビックリ。
カードが勝手に進化した??(´・ω・`)??
今までカードが勝手にデッキに潜り込んでいたという展開はあったけど、進化しちゃったというのは新しい言い訳ですね。
遊馬にとって希望皇ホープが「希望」の象徴なら、カイトにとってはプライムさんが「希望」の象徴なんですね。
じゃ…シャークさんの希望は何だろう?←1番「希望」という言葉から遠い人


カイトがデュエルを撮影しろとオービタルに指示した意図はなんでしょうか。
遊馬を奮い立たせるためなんでしょうが…なんかカイトが負ける伏線かと感じました。


ミザエルとジンロン爺さんのツーショット…仮面乙女と中華爺さんという異質な絵柄に違和感をビンビン感じました。
こうなってみるとジンロン爺さんのキャラは西洋風に出来なかったのかと思いました。
息も絶え絶えになってドラゴンにもたれかかるミザエルが美人過ぎました…(ノ∀`*)キャー♪
「最強のドラゴン使い」の称号にこだわるミザエル姫…カワイイです。


「次回予告」
    遊馬:ネオ・タキオン最大の攻撃が抗いたい運命をカイトに突きつける!
    残りわずかな力を振い起こし、窮地に追いつめられたカイトは
    アストラル:なんとすさまじき執念
    遊馬:このままだとアイツは!
    カイト:真のギャラクシーアイズがここに!
    遊馬:またデュエルしようって言ったじゃねぇかぁぁぁ!ヽ(`Д´#)ノ



    遊馬:次回 遊戯王ゼアル供 嵬ね茲鬚海亮蠅法銀河決戦終結!!」


    遊馬:嘘だカイト! 立ってくれよぉぉぉ!


    次回はミザエルの幼少期の話を入れるみたいですね。
    どうみてもアニメ版セトの過去話とダブりますね。
    となるとジンロンはキサラ!?
    う〜む、美女枠が爺さんで埋まるとは…恐ろしい(^ω^#)


    カイトはヘルメットにひび割れ+体力低下で、消えていきそうな演出が…。
    遊馬の絶叫からすると、マジで負け退場になりそうで心配です。
    まぁミザエルが勝ったとしても地球に戻った途端、ベクターに魂を瞬殺されそうなので、出来ればカイトに勝って欲しいのですが…無理かな〜(´・ω・`) 心配でござる


    遊馬はテレビ観戦だけで終わりそうですね。


【今日のクロたれとノスたれ】
    月面でのデュエルが厳しさを増すなか、
    どさくさに紛れてオービタルとオボミのカップルが誕生した!
    それを知ったクロたれとノスたれ!
    さっそく2人を祝福しに駆けつけるのであった!


    クロたれとノスたれ


    ロボットが恋愛するとはゼアル界の人工知能の技術にビックリしつつも
    お似合いの2人にホノボノする2匹であった…

作画監督=齋藤圭太
脚本=吉田 伸
絵コンテ=ノーチェ・ヤギ
演出=武藤公春


2013年12月18日(水) 新作遊戯王とジャンプフェスタ卒業と遊戯王5D's再放送 第97話「絶望と葛藤の先に…」


ゼアルが終わり、新しい遊戯王が始まると情報をいただきました。
嬉しいけど、遊馬&アストラルとお別れするのは寂しいです…(つД`)
遊馬を生み出す苦労を高橋先生が書いていたので、よけいに残念でなりません。
「かっとビング」も気に入って、自分でも良く使ってました゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ
いまさら要望を言っても遅いかもしれませんが、ゼアルも長く続いていますが全体的にストーリーが中途半端なので、最後まできっちり広げたふろしきを畳んで欲しいです。
謎を置き去りにして終わることだけはないようにして欲しいです。

新しい遊戯王はどんなキャラになるのか楽しみです。
スタッフもどうなるか気になるところです。
私としてはスタッフの総入れ替えを期待しているんですが…。
スタッフが同じだと、やはりマンネリになるし。


週末はジャンプフェスタです。
黒子のバスケの脅迫犯人も捕まったので、関係者一同もホッとしていると思います。
毎年かかさず遊びに行ってましたが、今年で卒業しようかと思っています。(´・ω・`) ちょっと寂しいけど
用事も入っちゃったし。
コナミは子供と親子と女性に向けて「アトラクション」を企画し、参加した人には往年のキャラが印刷された「パタメルンフィールド」を配布するそうです。
(ところで…パタメルンフィールドって何?(^ω^#))
コレ見た時は心が動いたけれど、まぁ…もう3年早くこういう女性向けの楽しい企画をやってくれたら良かったのにな…と思いました。
遅すぎました。
一番未練があるといえば色紙コーナーです。
きっと高橋先生の色紙があるだろうな…。
小さい写真でも良いのでVジャンプに載せて欲しいです。


ガンプラアニメが、面白いですね。
組立と操縦者を別々のキャラにやらせるのが最近の流行でしょうか。
ダンボも別々だし。
キャラを分けた方が掛け合いも出来るし、互いに教えあうシーンが入るとこちらも分かりやすい。
遊戯王もデッキ担当とデュエル担当に分けたら面白いかもなぁと思いました。


ライン


遊戯王5D's再放送 第97話「絶望と葛藤の先に…」

追いつめられる遊星の顔が好きィィィィィィO(≧▽≦)O アンドレは良い仕事する!!


チーム・ユニコーンが目を付けるほど強いのに、チーム・5D'sの資金難は続いているみたいですね。
遊星だけ修理のバイトで忙しいとか…・゚・(つ∀`)・゚・ ジャックも働け!


クロウの怪我は残念でした。
あんな素敵な横断幕をもらったばかりなのに…(´;ω;`) うるるるるる
医者に土下座するシーンは涙なくしては見られませんでした。
アキが代役を引き受けてくれてチームを存続させることが出来たけれど、やはり大会で走れないクロウの気持ちを考えると今回の事故の犯人は許せないですヽ(`Д´#)ノ 犯人見つけて耳の穴から手つっこんで奥歯がたがた言わせたる!


2013年12月15日(日) 遊戯王ゼアル感想−第133話 「別れは刹那… 哀しき兄妹の宿命!!」


遊戯王ゼアル感想−第133話 「別れは刹那… 哀しき兄妹の宿命!!」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【今日のお言葉】  

    ナッシュ : ベクタァァァァァァァァ ウォォォォォォォォォ!!(怒りで触手がこわれる)

本気出せば触手も自分で壊せたじゃん…(^ω^#)
ただ叫んでいるだけで、マジで役に立たないリーダーでした。
これはなかなかカッコ悪いような気がします。
メラグの死でナッシュの憎悪をためて、ベクター戦を盛り上げようという算段なんでしょうが、使い古された手なので、ナンダカナー(´Д`) という感想しか出ません。
こんな事ならバリアン組に序列なんて作らず、ナッシュもリーダーじゃなく普通の兵隊さんで良かったんじゃないかと思いました。
メラグは結局ベクターにやられてしまいました。
最後に現れた一面のバラの中で手を握り合うチビ兄妹はちょっと違和感ありましたが、メラグの一番幸せな記憶なんだと思うと彼女が哀れに思いました。


今回はベクター戦+ギラグ戦+カイト戦と、なんと闘いの場が三ヶ所も作られ、それが同時にガチャガチャ進むので、落ち着いてみることができませんでした。
なんでこんな編成になっているのかねぇ〜(^ω^#)
アリトとギラグのデュエル、じっくり見たかったです…。


お待ちかねのカイト月面編!(゚∀゚)ノ
宇宙船のトラブルで月面衝突かと思ったら、オービタルが宇宙服に化けてカイトを救出!
まったくなんて頼りになるロボットであろうか!O(≧▽≦)O こんな執事ロボット私も欲しい!
それにしてもオービタルって誰が作ったのか明らかにされてないのが気になります。
私はてっきりバリアン世界のロボットかと思ったんですが、そうじゃなかったし、いずれ物語の中で正体を明かしてくれることを期待しています。


対戦相手のミザエルがバビューンとひとっ飛びで月へ移動!
空気の心配をしなくて良いってことは肺とかないんでしょうね。
サスガ高次元エネルギー体のバリアン人!

今回、爺さんが語ったヌメロンコードと鍵の話、なんかセリフを聞いただけでは良く分かりませんでした。
文章が分かりにくい!
っていうか、今までの設定を全部ぶち壊しているような気がするのは私だけでしょうか。
ヌメロンコードの「鍵」が「銀河眼の光子竜皇」であることは間違いないようですが、ドラゴンのカードが「鍵」というのも、やはり唐突な感じがします。
鍵と言えば遊馬の「皇の鍵」だったハズですが、今はただ遊馬の首にぶらさがっているだけですね。

   「今の危機を見越し、ドラゴンはナンバーズのチカラを借り、その存在を秘めたるものにした」
   「ヌメロンコードが過去と未来を書き換えることができるのでドラゴンが呪いをかけた」

爺さんの話はどこからがオトギ話でどこからが真実なのか分かりにくかったです。
結局ミザエルが言う通り、銀河眼と銀河光子竜はバリアンのカードなので、月に埋めた「鍵」も、世界を作ったドラゴンの伝説もバリアン人が正統な継承者なんでしょうね。
ただバリアン人もドンも月の事は知らなかったみたいなので、カイトの導きでミザエルが月の竜にたどり着いたというのは皮肉だよなぁと思いました。

遊馬たちはヌメロンコードをバリアンに渡さないために闘ってますが、最初のドラゴンもバリアンにヌメロンコードを渡したくない気持ちでいるみたいです。
ドラゴンは死ぬ際にドン・サウザンドの出現を予感していたんでしょうかね。
…良く分からないです(´・ω・`)


今回、一番ヒドイと思ったのは、ベクターがギラグから魂を奪い取った事です。
デュエルしないでも吸い出せるなら、ドルベとメラグとのデュエルはなんだったんだ?ヽ(`Д´#)ノ
こういう手抜きはひどすぎると思います。


【絵とか脚本とかデュエルとか】


まぁ…デュエルは…ねぇ。
ドンの玉座の効果がくどい!
1枚のカードに詰め込みすぎ!!


ポン太の魂までベクターに吸われたぁぁ!ヽ(`Д´)ノ


EDが『本日のお悔やみ欄』になってましたね。
ご飯を美味しそうに食べるギラグも良いけど、やはり目はアリトに釘付けでした。
アリト、カワイイです゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ


「次回予告」
    アストラル:伝説眠る月面の地で
    ギャラクシーアイズ使い「カイト」と「ミザエル」のデュエルが始まる
    ヌメロンコードの鍵を手にするのは果たして!?
    遊馬:誰も、誰も助けられねぇんじゃねえか!
    小鳥:もしかして、アレは月?
    アストラル:希望の光を探し求める者がいる
    遊馬:このままじゃカイトが!


    遊馬:次回 遊戯王ゼアル供 已瓦詢宜朕析叩! 『銀河眼の光子竜皇』」


    遊馬:あれが新たなギャラクシーアイズ!


    新しいドラゴン出る! 『銀河眼の光子竜皇』
    プライム〜(゚∀゚)ノ どんなデザインなんでしょうね。


【今日のクロたれとノスたれ】
    ついにカイトが月面に到着!!
    地球の外で闘う日がとうとう来たのだ!!
    この輝かしい闘いを近くで見ようと
    さっそくクロたれとノスたれも月へと向かったのだ!


    クロたれとノスたれ


    クロたれは空気がないのを心配して宇宙服を着たけれど
    ミザエルに化けたノスたれは空気がなくても平気なのであった…

作画監督=Lee Seok-in
脚本=雑破 業/吉田 伸
絵コンテ=桑原 智
演出=茉田哲明/Lee Seok-in


2013年12月11日(水) アニメDONと漫画ゼアル感想と遊戯王5D's再放送 第96話「結成!チーム5D's」


先日の深夜に放送された『アニメDON』を見ました。
畠中くん、ちょっと男っぽくなってました゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ
赤いチェックのシャツが似合います。
シャーク声の増田俊樹さんはお兄さんっぽくて、畠中くんとラブラブなのが分かりました。
畠中くんは増田さんの「流し目」が素敵だと言ってましたが、確かに魅惑のまなざしです(ノ∀`*)キャー♪
秘密のコードプレゼントのクイズが難しくて、最初のホープのシルエットがもう分からなかったです(^ω^#)くやしい
声当ての一発目が「闇川」って、なかなか難しい出題でした。
トロンは一発で分かりました。
時間が短かったですが、楽しかったので、また他の声優さんで放送して欲しいです。


風間くんをテレビで見ました゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ
「クザリアーナの翼」というミュージカルの宣伝でしたが、チラッと練習風景も映りました。
そこには踊りを踊る風間くんが…(ノ∀`*)キャー♪
相変わらずスリムな体型を保っていて羨ましいです。


ライン

漫画ゼアル感想 ランク36 焼かれし想い出!!

結局カイトはハルトを倒すことが出来ませんでしたね。
こうなるんじゃないかと想像していましたが、実際になってみると、ナンダカナーでした(´Д`) ハゥー
でも、お兄ちゃんが一生懸命に頑張っている姿は胸を打ちますね。
次回は遊馬と対決ですね…すっかり八雲のペースです。
八雲の目的は何なのか、続きが気になります。


ライン


遊戯王5D's再放送 第96話「結成!チーム5D's」

新しい遊星のライディング・スーツに、トキメキました!ヾ(´∀`*)ノ すてきぃぃぃぃぃぃ
まったく何を着ても似合います。
チーム名も決まったし、いよいよ大会が始まりますね〜期待感で胸がいっぱいです。


久しぶりに愉快な仲間達が揃いました。
チーム5D'sの練習走行を応援する姿はホノボノしていました。
そういえば龍亞が牛尾さんを「おっちゃん」呼ばわりしてましたね〜。
まだそう呼ばれる年じゃないのに、なんか嬉しそうに返事をする牛尾さんが可愛かったです。


チーム・ユニコーンといえば、策士ジャン!
妙なお色気を大放出していて、見ているだけでドキドキしました。
ベテランだけに余裕を感じます。
Dホイを1台無駄にしても、それに見合うだけの情報をこのデュエルから得られると確信している点が憎らしいですね。
遊星も頑張っていますが、アンドレの天才的デュエルの才能が遊星を追いつめていくところも面白いです。


素早いモモンガが凶暴モモンガになっていて笑いました。
ベヒーモスより顔が怖いデース!(゚∀゚)ノ


2013年12月08日(日) 遊戯王ゼアル感想−第132話 「我が身を盾に! ドルベ最後の誓い!!」


遊戯王ゼアル感想−第132話 「我が身を盾に! ドルベ最後の誓い!!」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【今日のお言葉】  

    ドルベ : 人間として、バリアンとして、二つの世界で出会えた事を幸せに思う…

ドルベが自分を犠牲にしてメラグを守り、最後は命を落としてしまいました…。
もともと影が薄いドルベだったので、もうちょっと過去の回想シーンを入れて、彼がナッシュとメラグに対してどんな想いを抱いていたのか、描いて欲しかったなぁと思いました。
ドルベの生い立ち等、まったく私は知らないし、どんな境遇で育ち、どうしてナッシュに忠誠を誓うことになったのか…。
そういう情報が一切ないので、自分の命を犠牲にしてメラグを守って立派だな…という程度の感想しか持てませんでした。
もしメラグが好きとか、そんな描写があれば彼女を守るために死ぬドルベは私の中で「カッコイイ男の子」になったのに…。
スタッフはベクターの顔芸ばかりにチカラを入れているように感じて、ドルベがちょっと哀れでした。


ギラグとアリトのデュエルが同時に始まりましたが、なんでアリトは変身しないの?(´・ω・`)?
「変だなぁ」と思っていたら、アストラルが『バリアンのチカラを失った』と言っていたので、これが理由で変身しないのかと思いました。
…が、バリアンのチカラがなくなったなら、「変身能力」も失って、逆に常に仮面マンになってないとオカシイんじゃないかと思うんですが…。
ドルベも死ぬとき人間体になってたし、バリアン人の本体はどれが本物なのか混乱してきました。


まさかのギラグとアリトのデュエル!
結局、バリアン組同士がつぶし合いをしているだけの話が続き、さすがになんだかなー(´Д`) です。
ベクター戦も3週使っているし、もうちょっと話をサクサクと進めて欲しいです。


今日もナッシュは絶叫だけでした…。
確かリーダーだったハズなのにメンバーの足を引っ張る役になるとは…。
まぁ触手も縛りも似合うので許す゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ


なんか文句ばっかり書いているので、良かったところも書きます。
アリトがギラグを友達だと言ってくれたところです。
人間界に派遣されて一緒にトレーニングするうちに友情が芽生えたんですね゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ
この2人が唯一バリアン組の凸凹コンビだったので見ていて私も楽しかったです。
ギラグが正気に戻った後、アリトとどんな再会シーンを繰り広げてくれるのか今から楽しみです。


【絵とか脚本とかデュエルとか】


ドンのデュエル・アドバイス発動!
まさかドンがデュエルに介入してくるとは…(^ω^#)


今回も「無効・無効・無効」の対決でした。
私はメラグ組が勝つと思っていたので、予告見てガッカリでした。
過去に2度もベクターのせいで死に、また今回の闘いで死ぬとなったら、メラグこそドン・サウザンドを越える憎悪の神としてバリアン界を統べる神になってもおかしくないと思いました。
見ていて本当に彼女は気の毒だなぁ…と思います。


ギラグとアリトのデュエル、独立した回でじっくり見たかったです。
どうして2戦同時に放送するのか良く分かりません。


ナッシュからのライフ輸血でベクターは無敵状態でしたが、ナッシュのライフに制限がないのは不公平だと思いました。



「次回予告」
    遊馬:ドルベの想いを胸にメラグはベクターへ立ち向かう
    カオス化する『ソウル・マリオネッター』が現れると
    闘いは最終局面へと突き進もうとしていた
    メラグ:彼の志は私が…
    遊馬:お前はポンタ!?
    アストラル:アリトの狙いはまさか!?
    ナッシュ:オレの命はくれてやる!ベクターぁぁぁぁぁあ!


    遊馬:次回 遊戯王ゼアル供 嵎未譴湾詁瓠帖^イ靴兄妹の宿命」


    メラグ:お願い凌牙、あなただけは…


    予告でネタバレぇぇぇぇヽ(`Д´#)ノ ゴゴゴゴゴゴゴゴ
    これってメラグ敗北決定じゃん!
    なんだよぉぉぉぉ、視聴の楽しみを公式が奪うってアリ? アリなの!?(^ω^#) グヌヌ許せん!


    ベクターとメラグのデュエルはもう…ダラダラしているし、結末も分かってしまったので、次はカイトの月面旅行でも楽しみにしたいです。
    なんか巨大な石板を見上げてましたね…まるで「2001年宇宙の旅」のワンシーンみたいでした。
    あの石板と銀河眼さんにどんな関係があるのかな?(´・ω・`)?


    メラグの髪型した『ソウル・マリオネッター』が超ブキミです…。。゛(ノ>_<)ノ ヒィ


【今日のクロたれとノスたれ】
    ずっと続くバリアンたちのデュエル!
    モンスターの攻撃も無効・無効が続き
    さすがにちょっと飽きてきた!
    そんな時、ベクターが召喚した『ダメージ・ポッド』
    久しぶりの壺モンスターに大喜びのクロたれとノスたれ!
    さっそく近くで観察することにしたのだった!


    クロたれとノスたれ


    大きさも形も好みなので大喜びのクロたれとノスたれ!
    壺たちもカワイイたれぱんだに抱きつかれて、ちょっと照れてしまうのだった…

作画監督=原憲一/丸山修二/長田絵里
脚本=雑破 業
絵コンテ=須永 司
演出=山本 隆太


2013年12月04日(水) 「和希の素・語録」を更新しましたと遊戯王5D's再放送 第95話「舞い上がれ!ブラックフェザー・ドラゴン!!」

「和希の素・語録」をまたちょっと更新しました。
ゼアルが放送される前の、宣伝チラシに載っていた先生の語録と、DRUMPの語録。
チラシには高橋先生が描いた遊馬が掲載されているんですが、アニメよりちょっとシャープな少年になっています。


ヤフーニュースに「進撃の巨人→映画化」と出ていてビックリ。
どうやら実写みたいですが、キャストはどうなるんでしょうね。
監督は樋口さんということで信頼していますがドキドキ★です。
遊戯王はいつ実写化されるんでしょうね。ずぅぅぅぅぅぅっと待ってるんですが゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ


いよいよ紅白も近づいてきましたね。
今年のアニメ枠に「LinkedHorizon(リンクトホライズン)」が入りました。
進撃のOP曲「紅蓮の弓矢」を歌うんでしょうが、どんな演出になるのか今から楽しみです。
ドイツ語の歌詞があるけど、あれもちゃんと字幕が流れるのかな〜とか、コーラス部分は巨人の扮装した合唱団で歌って欲しいなとか、妄想が膨らみます。
歌っている途中でNHKホールを襲う50m級巨人のニュースとかパロディで流したら面白いなと思います。
Perfumeも楽しみだし、あまちゃんの「潮騒のメモリー」は歌うのか?とか、今年は関取が審査員に参加するのかも気になります。
北島三郎さんが今回で紅白引退するというので、最後は「素浪人・花山大吉」の主題歌『浪人まかり通る』を是非歌って欲しいです。


ニュースで解体中のクジラが大爆発する動画を見ました!
死んで体の中にガスがたまっていると、傷口から吹き出すそうですが、なかなかすさまじいです。
武装練金の斗貴子さんが「臓物をぶちまけろ!!」と言ってますが、まさにアレでした。
遊戯王も巨大モンスターが出てきてバンバン破壊されていますが、ソリッドビジョンで良かったです。
生物の体って不思議ですね。


ライン


遊戯王5D's再放送 第95話「舞い上がれ!ブラックフェザー・ドラゴン!!」

ブラックフェザードラゴンが「あんぎゃぁ〜あんぎゃぁ〜」と鳴くたびに、もっと早く登場して欲しかったなと思いました。
どう考えてもダークシグナー編の時に出しておくべきだったと思うのですが、何で今頃になったんでしょうね。
大人の事情でしょうか…(´・ω・`)


クロウとボルガーのデュエルに決着がつきました。
最後はブラックフェザードラゴンがちょっと痛そうな展開でしたが、この子は我慢強い子なので心配はいらないでしょう。
Dホイの中から突然あらわれるというビックリもありましたが、これでやっと5体の竜が揃いました。
しかし気になることもいくつかあります。

1.ダークシグナーが大暴れしている時、どうしてピアスンはシグナーにならなかったのか?
2.ピアスンがシグナーにふさわしくないなら、どうして早くピアスンの手を離れてクロウの元へ行かなかったのか?
3.5000年に渡る因縁の闘いに参加できなくて、ブラックフェザードラゴンは残念がっていないのか?

他にも探せば不自然なことは出てくると思いますが、とりあえず久しぶりにクロウがシグナーだったことを思い出させてくれた貴重な回でした。


ピアスンとボルガーはもっと話し合うべきでしたね。
雑賀さん&ユージと同じで、誤解をずっと引きずって生きている男が5D'sには多すぎです!ヽ(`Д´)ノ
まぁそこが面白いんですけど!゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ


遺跡馬鹿 |HomePage

My追加