ある病院検査室でのヒトリゴト “REVENGE”...フィクサー

 

 

【暴君と身内の病気】 〜 the tyrant and a familes disease〜 - 2007年09月28日(金)


取り敢えず・・・あったコトを。

この前の当直時に来た患者さん・・・
貧血でHb3.4。
自分が直接見た中では最も低い血色素量。
スグに輸血か?と思ったが、
非常勤当直医の判断では、尿毒症による慢性の貧血・・とのコト。
血液製剤は用意したが・・・輸血はしなかった。
患者は意識はしっかりあるし、歩けるし・・・
きちんと患者管理が出来るんなら、当然の処置・・・か?
ついでに、貧血の原因精査で、ビタミンB12とかの検査も出た。
患者さんの管理キチン(容態観察)と出来るんなら・・・
それがベストなんだろう。

でも・・・
朝がきて、当直医が帰ったら・・・
いきなり輸血を始める常勤医。
何のために・・・輸血をしなかったのか判らない。
輸血をせずとも、良くなる可能性があるからこそ・・・やらなかったのに。
なんでこの病院は、安直に輸血するんだろう?

確かに内科的輸血指針はHb7.0からみたいだが、
ショック状態でもない患者に、しかも、
薬剤投与で治る可能性があるのに輸血する。
インフォームド・コンセント・・・やってんだろうか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


毎度そうだが・・・
外科部長が緊急ope時に、
腹部・心臓echo。・心電図・動脈硬化指数測定・呼吸機能検査・・・
全部いっぺんにオーダーをだし、それを急かせる。
外科医が決めたope時間に間に合うよう様に 。
でも、そんなに急ぐ必要がないのに・・・
(要するに緊急性は無いのに)
急かせる。
ま、自分勝手。
それだけ。

んで・・・
後日、「遅れた理由はなんでや?!調査して報告しろ!」とか言う。
アンタが、無理な時間で言うからだろ・・・?
周囲にいる人間も糾弾すればいいのに。

検査部にも、それで抗議に来るみたいだが・・・
(実際に何度か来ている。)
そんなの相手しなきゃいいのに・・・なんて思う。
(相手するのは科長だが。)
無理なコトほざいて、“裸の王様”なんか適当にあしらえばいいのに。
事実を突き付けるだけで十分。
そんな奴には。

ちなみに・・・
前書いた、opeで何にも説明しない医者・・・だ。
ついでに・・・役職までついてタチが悪い。
腕のほうは・・・どうなんだか。

でも、最近・・・気がついた。
もしかしたら・・・外来看護部の手際が悪いんじゃないか、と。
外科医が言っている事がすべて正しいのなら・・・
(余裕を持って言った、と言うから。)
看護部が・・・
遅れた理由を検査部になすりつけている可能性が出てくる。
で、それを考えていくと・・・思い当たる節もある。

なんかねぇ・・・
この病院って、責任の擦りあいしてるばっかし・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2日前・・・
感染防止委員会があった。(と思う。当直明けで事実は知らない。)
でも、昨日は・・・なんのリアクションも無し。
つまらん。

ま、科長は休みだったんだが・・・
でも昨日、来たんよ。
なんでか。

前述の外科医の対応と・・・
メインは感染防止員会の活動内容報告を院内研修で言う・・・つもりか?
その、内容を煮詰めるのに来た、って感じ。

机に放り出した資料には・・・
すでに質疑応答の内容、その答えまで書いてある。
サクラだのみ、ってワケか。
意味無いな。
こんなのじゃ・・・

コレ聞きに・・・強制出席ってのもねぇ・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


自分の相方の身内が・・・肝癌なってしまって。
本日、ope。
1個しか癌が無いって言ってたから・・・
焼いてオシマイか癌栄養する血管詰めてオシマイ・・・
思ったら・・・開腹術で35%は切除するとか。
(最初は1/2とか2/3切除とか言ってたような。)

ちなみに・・・自分が勤める病院ではありませんので。
遠いし。
住んでるトコロが。
ま、近くても・・・自分が勤める病院には呼ばないけど、ね。
(理由は推して知るべし。)

術時間は5時間ほど。
もう・・・終わってると思いたい。

やばかったら・・・
暫く自分も休まなきゃならないかもね。

まだ結果が・・・わからないし・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日はoff。
買い物行ったのみ。

・・・・・なんかね・・・気だけが重い。





...

【長い道程】 〜a long long… distance〜 - 2007年09月24日(月)


この数日・・・
研修があったり、勤務だったり、休みだったリ。
前回の日記から結構な日が過ぎてるが・・・
そんなに変わらない日々が続く。

覚えているコトと言えば・・・
グチかイヤミにしか聞こえないだろうケド・・・

新人さんからは、相変わらずCAG見にきて欲しいとか、
(結構・・・見に行ったりしてたりして・・・)
その新人さんが、ただ単なる洞性不整脈の心電図を、
研修会場だろうが何処でも寝れる・・・
“あの”M副主任に見せたトコロ、
「凝戮慧戮遼室璽屮蹈奪と思う。」
とか言われ、確認で自分のトコロに持ってきて、
「何処が房室ブロックに見える・・・?」
と自分に指摘され・・・
新人さんが看護師に、その内容を間違えて教えてしまい、
アトで騒動になったとかならなかったとか・・・
(自分はその心電図で、
「その程度を鑑別出来ないような奴はアホ。
そんなコト言うこと自体が恥ずかしい。」
と言い切ったんで、それもあるかも?)
内科部長が仕事中、自分のトコロへ直にやってきて、
いろんな話やってるのを、科長が
“その場で聞かずにアトになって”
自分に、その内容聞きに来たりとか・・・
(相当、科長にしたら気にしている様子。
現在、全ての情報自体が科長に回らない様子。
かなり他部署よりのバッシング多し。
ちなみに内容は他院でのバイトの件及び感染防止員会への文句の件。
バイトの件はある程度言ったが、委員会への件は言ってやんない・・・
言うワケがない!こっちの手のうちバラす訳がないし。
当然・・・内科部長が科長に相談しないのは、本人気分が悪いことだろう。)

で・・・
もうそろそろ・・・感染防止委員会へ内容が行ってるんで・・・
明日の出勤でどうなってるか・・・?

それよか、また明日も当直だから、
そっちの方で気が重いし、気分が悪いし・・・・・
その上、未だ来月の出勤予定が決まらないのも・・・・
どうにかしてほしい、し。
(何のために15日までに出勤希望書いてんだか判らない。
単に科長の手が遅い・怠慢なだけか?)


そんな感じで・・・
まだまだ、先は・・・長いみたい・・・・・・・


...

【陳情】 〜a petition 〜 - 2007年09月14日(金)


以下・・・
多分今月出された(もしくは出される予定)の、
感染防止委員会に対する陳情内容の概略です。

ハッキリ言って・・・
“こんな事も出来てないのか?!”
と、思われる医療関係者も多いでしょうが、
実際そうだから仕方ない・・・


今後・・・
今までそれを知っていたにもかかわらず・・・
(知らなかったとは言わせない!)
放置してきたアホウ共がどんな顔するのか見もの・・・
なんですが、何分にもアホウだから・・・
また無視する可能性、大って気もする。

でも、今回は・・・
なんてたって内科部長直々に陳情してんだから・・・
なにかアクション起きるコトを期待してます。

んで・・・
自分に今まで挫折し続けていたコトに対して、

「くじけないでがんばりましょう!」

って言って頂いた内科部長には多大な感謝をしております。
なんてったって・・・
ココにいるだけで、“くじけちゃう病”に罹ってしまうからね。(苦笑)
(この病院独特の病気。
殆どの下っ端職員が罹患するという恐ろしい病。)

では概略を。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


“MRSA対策について”
喀痰からMRSAが検出された場合、
バクトロバン使用をドクター判断で使用しているが、
殆どの場合、無条件にバクトロバンを使用している。
現在発症中の患者に使用するのは良いとして、
発病していない保菌者に使用するのは意味がないのではないか。
また、一回でも使用した後も、検出されれば何度でも使用するのは、
耐性菌を作るだけであるから使用は避けるべきではないか。
また、職員のMRSA保菌者の把握も必要ではないか。

“感染症に対する伝達事項”
委員会で決定した事項は全体に伝わっているのかが疑問。
マニュアルと現場とでの食い違いが多い。
現在院内に2つの感染防止委員会があり、
(病院側と看護師側の二系統)
それぞれに独立して動いて疎通が無い。
団結しないと意味がないのではないか。

他に・・・
IVHのラインが清潔閉鎖のものを使うという認識が無い。
吸引チューブの扱いがまちまち・・・など。
(以上、自分の資料を元に内科部長が提出したもの。)


以下は自分の提出分ですが内容細かいので・・・
かなり箇条書きになってます。


S.epidermidis(表皮ブドウ球菌)等でも、
MRSAと同等の抗生物質耐性を持っているものがあるが、
検出されても全く対策が講じられていない。

やっとP.aeruginosa(緑膿菌)の多剤耐性菌やESBLsのグラム陰性桿菌が、
特定・検出されるようになったが具体的対策が何もなされていない。

喀痰や便培養で菌検出が全くの(-)の場合がある。 
特に便はその内容の約80%程度は細菌であるはずにも拘らず、
検出されないのはおかしい。
抗生剤使用過剰によるものがあるのではないか。

一般的な感染症マニュアルが有るにも拘らず、
なにも行われていない様に感じる。
自分がまとめようとしているが、まず、現在の内容と同じであり、
二度手間であるしその上しかも、徹底されていないだけならば、
マニュアルなどあっても意味がない。

MRSA患者を把握しても、それを全く理解していない。
MRSA患者をマスクや専用ガウンもなく、自由に移動させている。
その上、患者の家族への説明も成されていない様子。
ついでにその患者を扱う看護師ですら理解していないのが現状。

以上の事について、対策が無いのか。
無いのならなぜ対策しないのか。
また、対策があるのであれば何故それを徹底しないのか。
説明が欲しい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そんな感じ、です。

自分の上司に言っても、無視され続け、
感染防止委員会・会長に資料提出しても音沙汰なく・・・
それが今回どうなるのか・・・?

今後、書かなかったら・・・今までと同じやったと思ってください。
(だから今回の提出先は、委員会長でもなく自分の上司でもなく、
看護部長への提出となっている。看護部長も委員。)

完全に・・・腐っているのか・・・?
それともまだ・・・まともな部分が残ってるのか・・・?



やる気なんか、全く無いのに・・・よくやってるでしょ?
この自分。

誰か褒めてよ。
ったくもう・・・・・・・・・・

褒められる為にやってるワケじゃないケド・・・さぁ・・・


...

【無理矢理研修】 〜unreasonable study〜 - 2007年09月13日(木)


この前の土曜日・・・
ある検査機器会社主催の研修会に出席してきた。
内容は・・・
血管系echoの基礎編と、
造影超音波検査の(自分にとっては)基礎、
心臓超音波、乳腺超音波検査の基礎・・・
下手したら、本読んだほうが早い。
内容さえ理解してたら。

基礎部分は、ホントに基礎だし・・・
なんでそんなコトまでやるんだろ?状態で。
確かに造影超音波は新しいんだろうが・・・
自分にはもう、知ってる内容だし何の新しいコトもなかったし・・・

何百人かの出席。
でも、その殆どが・・・寝てる。
まちがいなく。
(自分はそういう場所では寝れないのよ。
エラそうに言うけど。)
ランチョンセミナーだから・・・
みんな、昼食が目的・・・とかね。
あり得ない話じゃない。
その上、出席費用、タダだし。(業者モチ)
ま・・・業者の宣伝だからね。
こんなのは・・・

自分の隣にいてる・・・
M副主任も、例にもれず…気持ちよく寝てる。
わざわざ、録音機材持ってきてるが・・・
そんなもの、再度聞く機会なんて無いだろうに。
会場で寝てるヤツが・・・復習で聞くなんてあり得ないし。
単なるポーズでしかないんやろ〜ね。

残念ながら・・・
科長は後から来て、かなり後ろの座席だったので確認不能だったが。
今度、一緒にいたゴマフさんに聞いてみよ。

なんかねぇ・・・
こんなのに時間使うんだったら、
本読んで理解するほうがよっぽど早い。
(自分は本読むのが早い、みたいなので余計に。)
その上、興味がないから余計にストレスかかるし・・・

pm4時くらいにそこを出た。
当直のために。

会場前の広場でなんか知らんが・・・
よさこい祭り・・・か?
(創作ダンス?たぶん似たようなモノ?)

なんか、熱気は伝わってくるんだケド・・・
自分には、その研修会の白々しさの方が勝ってしまって・・・

“あ、元気ね・・・”

その人波をかき分けながら・・・勤務に向かって。

勤務に余裕もないのに・・・
こんなの行っても始まらないのに。

全ては上司が、
“検査部は研修にこんなにたくさん行ってます。”
って見せたいだけ。

ほんっとに・・・やる気でね〜よ・・・この職場は・・・


ちなみに・・・
本日から休み5日間連続〜♪
9日間で3回当直やってんだから・・・
それくらい良いと思うし。

んなモンで、明日も更新・・・?

感染防止委員会に内科部長経由で、
イチャモンつけた内容の概要・・・
公開・・・予定する・・・?!


...

【偽薬】 〜a placebo〜 - 2007年09月11日(火)


なんだか・・・・・

こんな内容ばっかりの仕事環境で、
うんざりして気分悪い・・・


先週末土曜から日曜日、当直。
土曜日に勝手に研修入れられ、強制出席にも関わらず。
当直がバイトだったが、原因不明の発熱で今月は無理らしいので、
その穴埋めに。

予定から行けば・・・
当直勤務が少ない、“あのM副主任”が適役なのだろうが・・・
何故かクジ引きで決める科長のワケわかんね〜行動・・・
当直間隔とか考えないのか・・・?
クジやる前に考えろっ!!!
おかげで9日間で当直3回の自分に対して、
M副主任は1回こっきり。
いじめか?これは・・・・・?!

自ら当直しなくなったモノが考えるコトなんて・・・
あてにするな、ってコトなんだろうが。

研修内容は、また後日に回して・・・
(一言で言えば、つまらなかった。
今まで見てきたコトしかしてないから。
2回以上、同じものを見るのは無意味で時間の無駄。絶対に。)


まぁ・・・
ヒマな部類の当直だった。

入院2件。
でも・・・夜間に来るようなモノでも無いヤツがいるし。.
(蜂か織炎で夜中に来るか?)

隣(の隣?)の市からの搬送。
ブラックリストに載ってるらしい。
他院でも。(医療費未払いのため。)
それでも取る・・・この病院。
で・・・単に点滴してるのみ。
どこが一体悪いのか・・・?
しかも、薬剤、入ってんのか・・・?

それより支払どうするの・・・?
また、取れずにそのままか?
それとも・・・・・
(かけません・・・スミマセン・・・・)

救急隊も救急隊・・・
なんでそんな奴、運ぶのか?
本当に病気って区別は付かないだろうが・・・
後日でいいからさ・・・
こんな悪質なタクシー代わりに使うヤツなんて、
訴えてやればいいのに。
それか、偽りの病気に対して救急車使った使用代金取るとかさ?

点滴1本やって・・・それで帰って行った。
本当に・・・病気か?!

外来で聞いた話だケド、
ナイスミドルの内科医がいたコロ・・・
そのナイスミドルが、
初老女性の患者さんの手を握りながら、

「だいじょうぶですよ!」

・・・その一言で症状が消えたとかどうだとか。
(でも、ホントの話らしい。)

点滴よりも効くかもね。
間違いなく。



【用語説明】
“偽薬”
タイトルの英語通りで、プラセボ、プラシーボとか言う。
簡単に言えば、薬効ないものを入れてそれで様子見る。
ホントは、薬剤の治験とかでの投薬してないものとの比較で使ったりする。
意外と・・・・・効きは良い。
だって、そういう人は毎回そうだもの。
逆に効かない人は絶対効かない。
当たり前・・・・・か。




...

【怒りとやりがい】 〜burn with anger and work worth doing〜 - 2007年09月03日(月)


本日、半日日勤。
先月の半日潰されたかわりの・・・半日勤務。

生理検査室勤務で・・・echoやりまくり。
検体検査勤務のゴマフさんまでかりだされて。

最初の1件目・・・
ゴマフさんが、「(内科)外来の人がいいです・・・」
って言うので、自分は病棟患者のechoやるコトに。
依頼内容見たら、abscess(膿瘍)確認だったから・・・
「こっちのが、簡単と違う・・・?」
って自分は言ったがにもかかわらず・・・
頑なに拒否のゴマフさん。

その時は、あんまりなんでかなんて・・・
気にも留めなかった、ケド。
今から思えば・・・ゴマフさんは何か情報仕入てたのかもね・・・?

echoやってたら・・・
ヤケに患者さんが質問してくる。
簡単に言えば・・・「どうなってんの?!」
なんやケド・・・

胆嚢摘出術をした後に・・・
腹腔内膿瘍作ってしまったみたいなんやケド・・・
それについて、主治医が何にも・・・言ってないみたいだった。
胆嚢摘出したときも・・・まともに説明してないから、
手術の事まで聞かれる始末で・・・

手術のときに・・・
殆ど説明無でやってるみたい。
その時に、手術でどうなるのか・・・?
予め言ってない、と。

言ってあるのは・・・良いことだけ。

失敗した時のことなんて・・・何も言わない。
しかも、失敗した事実すら・・・言ってないのか?

80mm大の膿瘍があった。
午後から、それを穿刺して内容物を出す予定・・・みたいで。
ついでに・・・その術を行うことすら言ってない・・・のか?
そんな感じで。
(オマケに、何故検査するのか?すら言ってくれてない、
とその患者さんから聞いた。)
それで・・・役職が務まるんやね。
ココでは・・・

出来る限りは・・・説明した。
自分の出来うる限界ギリギリ。
なんか・・・もどかしい。
それ以上に・・・なんか腹が立った。

“何故・・・説明如きが出来ないのか・・・?!”

半日日勤終わったら、献血行くのに・・・
怒りのストレスによる白血球増多症になっちまう・・・

とか言って・・・その場は、(検査部内だけど)和ませておいたケド。

ちゃんと・・・インフォームド・コンセントくらいやってほしい。
何度も何度も・・・書いてる、が。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


echoとり終わって・・・
まず、自分がいた技師学校へtel。
アルバイトの件を依頼しておいた。
可能性は・・・どうよ?
期限は9/20にしてみたが・・・

そのアトに、女医さんのトコ行って、
前日、思うがままに書いた感染防止の件の細かいトコ、渡した。
そしたら・・・

「これ、そのまま一緒に提出するけども・・・良い?」

え?出すの・・・?
ま、いいか。
事実しか書いてないのだし。
ホント、あんまり細かいから・・・
なにかの足しに、くらいにしか思って無かったから。
でも・・・嬉しかった。
素直に。

内容読んで、その意見言ってくれる時も・・・
自分が思う範囲内、予想通り、それ以上の反応示してくれるし。

「この便培養で細菌が検出されないって・・・
骨髄移植でもやろうとしてるの?!」
(便培養で細菌全く(-)の件を知ってのコメント。
便はその重さの約80%は細菌による重さ。
それで検出されないってのは、抗生物質アホの様につかいまくるか、
採取した看護師のミスしかない。)

ついでに・・・

「この(便培養)マイナスの主治医って、○○先生?!」
(上記の件の主治医が偏って誰かに多いとのコメントを受けて。)

おっしゃるとおりで・・・(苦笑)
鋭い観察力、やね。

これだけ・・・話がかみ合うと・・・
議論してて楽しいんよね。

なんかホントに、

“仕事に生きがい感じる”

・・・みたいに思う。
この病院に来て・・・初めて、と言って良いと思う。



そゆコトで・・・
機嫌良く・・・献血は・・・終わりました、とさ。


...

【似合わない】 〜don't become〜 - 2007年09月02日(日)


9月・・・

最初の10日間で、当直が3回・・・

で、今日が最初の当直明け・・・

それなりに休みあるケドさぁ・・・

今月は祝日多いのと(しかも小の月)、
バイトさんが原因不明の発熱で休んで、
こっちの当直回数増えるのは判るケド・・・
殆ど普通の日勤がない状態で・・・
なんだかねぇ・・・・・
そのクセ、8/30にやっとで9月の勤務予定決めといて・・・
わざわざ人員いない日に、突然休み入れる科長・・・
で、休みの自分に勤務来るかも・・・?とかって。

責任取るのが責任者でしょうが・・・ね?
取ってみてよ?
一回でいいから、さ?


前回の日記で、感染防止委員会への文句付ける文章で、
細かいトコロを言えるのなら・・・の条件付けての文章を作成。
明日、女医さんに渡す予定。
この内容も書いても良いケド・・・
毎度書いてるので・・・気が向いたら書く予定。

明日と言えば・・・
女医さんに頼まれてたバイトの件、
自分のいた技師学校にtelして、人員さがしてもらわなきゃ・・・
本当は自分に行ってほしいみたいだケド・・・
頼られるのは・・・いいとして・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の・・・入院患者5名。

発熱、肺炎、足痛(なんやそれ・・・?)etc・・・
意識はっきりしてて、しゃべれて、食事もきちんと出来そうなのに・・・
自宅療養でいいんじゃないの・・・?
病院に来たら・・・
余計にカラダが病原菌に侵されて悪くなるかもよ・・・?
マジで?!

家族が・・・老人世話するのがイヤ・・・なのかもしれないね。
あるいは・・・5人入院したら1人当たり5000円の、
合計25000円もらえる、“誰かさん”の指示なのか・・・?

それだけで・・・技師の当直手当の2倍弱の手当か・・・



“ホント、やる気なくすよ・・・それじゃあねぇ・・・・・”


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


“Beautiful World”のCD買ってきた。
検査部でそれを言ったら・・・

「それって・・・犯罪はいってます〜♪(笑)」

Y.Yさんとゴマフさんが、大笑い、か?
そこまで自分に似合わないんだろうか・・・?

ま、それを言ったら・・・

「・・・・・・・フッ!」

って、それっきりの人もいたし。

余程・・・似合わない、みたいやね。
この自分には。(笑)


...




My追加

 

 

 

 

INDEX
past  will

Mail Home
Crooked BBS