てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2018年01月31日(水) 薬物乱用防止教室の検討

相模原シティライオンズクラブの青少年育成委員会。小中学生向けの薬物乱用防止教室について検討した。県も数年前に同趣旨の条例を制定。その成果について今定例会で取り上げられないか検討しているところ。

たった1回の過ちで人生が滅茶苦茶になる。自分の意志で止められないから麻薬なのだ。その売買を生業にする人たちは許せないが、一方で需要を完全に食い止めることで、その根絶に向かっていきたい。

●今日一日

【午前】
打合せ(党)/富士見
地域まわり/中央区

【午後】
地域まわり/中央区及び南区内
行政相談(建設)/緑区下九沢
行政相談対応(福祉)/市役所
次回代表質問検討/県庁
行政相談対応(建設)/同

【夜】
自動車総連新春のつどい/横浜市中区
シティライオンズクラブ青少年育成委員会/中央


2018年01月30日(火) 相模原ポンプ場の機能向上について

水道企業団議会の1月定例会。主な議題は来年度の予算案。約450億円が計上されている。私が質疑したのは以下の通りである。

・相模原ポンプ場の機能向上について
→昨年7月の故障を踏まえた対応とは

・水道施設の耐震化について
→目標の平成35年度までに完了するのか

・個別外部監査の実施について
→過去3回の意見や指摘にどう対応したのか

●今日一日

【午前】
神奈川県内広域水道企業団議会/横浜市旭区
・広域水道常任委員会
・議会運営委員会
・本会議

【午後】
地域まわり/中央区及び南区内

【夜】
会合(地域)/藤沢市


閉会中も調査は継続します


2018年01月29日(月) 県立がんセンターの放射線治療体制

厚生常任委員会が開かれた。県立がんセンターの放射線治療体制がテーマである。重粒子線治療に携わる医師が退職の意向を示したことで、今後の治療が継続できるのか、私が感じている不安を率直に指摘した。

こうなった原因は報告書でもよくわからない。また言った言わないの話になってもしょうがない。大切なのは今後である。まずは4月以降の医師確保について、また放射線科医が慢性的に不足しているなかのリスク管理について、県は病院の設置者として責任を果たさなければならない。

行政当局もすべての情報が整理出来ていない。もうすぐ始まる第一回定例議会で取上げることになるだろう。がんセンターの建替えと重粒子線治療装置の導入は、県としても近年の中で非常に大きな取組だった。適切なサービスが提供されるよう、引き続き議論を深めていく。

●今日一日

【午前】
打合せ(議会)/県庁
厚生常任委員会(報告及び質疑)/同

【午後】
厚生常任委員会(質疑)/県庁
次回代表質問検討/同

【夜】
県建設労連新春のつどい/横浜市中区


継続して議論していきます


2018年01月28日(日) 鎌倉の冬の海

早稲田夕季衆議院議員の国政報告会に参加。県議会の同じ控室で約7年間お世話になった。相模原とはまた違った雰囲気の会。入った瞬間そう思った。

会場は国道134号線沿いのホテル。向かいの海ではサーフィンをしている人がいる。冬の海だ。海のある選挙区とはどのような感じだろうか。想像することも難しい。

ちなみに私の住まいは現在5階。限界を出ると天気の良いときは丹沢が綺麗に見える。これに慣れている。神奈川は広い。海も山にも課題はある。

●今日一日

【午前】
所用

【午後】
早稲田夕季衆議院議員国政報告会/鎌倉市


期待しています


2018年01月27日(土) 安全保障も人間の感情あってこそ

松本内閣府副大臣が辞任した。国会本会議中のヤジによる。その内容は言語道断。安全保障政策以前の問題だ。人間としての感情を逆なでしている。果たして沖縄に行ったことがあるのだろうか。

私は何度もある。相模原市と神奈川県も基地が多く、その調査の為だ。沖縄の現地で聞く声を総じて言えば、「気持ちをわかって欲しい。本土は冷たい」というもの。お話する度にいつも心が痛む。

以下、この日記にも何度か書いたが、改めて記してみたい。昭和20年、沖縄戦の末期に大田実海軍司令官が大本営に発信した電報だ。その直後に氏は手榴弾で自決している。すべての国会議員に刮目して欲しい。

(現代口語訳)

沖縄県民の実情に関して、権限上は県知事が報告すべき事項であるが、県はすでに通信手段を失っており、第32軍司令部もまたそのような余裕はないと思われる。県知事から海軍司令部宛に依頼があったわけではないが、現状をこのまま見過ごすことはとてもできないので、知事に代わって緊急にお知らせ申し上げる。

敵が沖縄本島に対し攻撃を開始して以降、帝国陸海軍は防衛戦に専念し、県民の保護に関してはほとんど顧みることができなかった。にも関わらず、私が知る限り、県民は青年・壮年が全員残らず防衛召集にすすんで応募。残された老人・子供・女性は頼る者がなくなったため自分達だけで、相次ぐ敵の砲爆撃に家屋と財産を全て焼かれながらも、ただ着の身着のまま軍の作戦の邪魔にならないよう狭い防空壕に避難し、辛うじて砲爆撃を避けつつも、風雨に曝さらされながら窮乏した生活に甘んじ続けている。

しかも若い女性は率先して軍に身を捧げ、看護婦や炊事婦はもちろん、砲弾運び、挺身斬り込み隊にすら申し出る者までいる。どうせ敵が来たら、老人子供は殺されるだろうし、女性は敵の領土に連れ去られて毒牙にかけられるのだろうからと、生きながらに離別を決意し、娘を軍営の門のところに捨てる親もある。看護婦に至っては、軍の移動の際に衛生兵が置き去りにした頼れる者のない重傷者の看護を続けている。その様子は非常に真面目で、とても一時の感情に駆られただけとは思えない。

さらに、軍の作戦が大きく変わると、その夜のうちに遥か遠く離れた地域へ移転することを命じられ、輸送手段を持たない人達は文句も言わず雨の中を歩いて移動している。

つまるところ、陸海軍の部隊が沖縄に進駐して以来、終始一貫して勤労奉仕や物資節約を強要されたにもかかわらず、(一部に悪評が無いわけではないが、)ただひたすら日本人としてのご奉公の念を胸に抱きつつ、遂に‥‥(判読不能)与えることがないまま、沖縄島はこの戦闘の結末と運命を共にして、草木の一本も残らないほどの焦土と化そうとしている。食糧はもう6月一杯しかもたない状況であるという。

沖縄県民はこのように戦い抜いた。県民に対し、後程、特別のご配慮を頂きたくお願いする。

●今日一日

【午前】
社交ダンス練習/富士見

【午後】
資料作成(報告会)/事務所
月例ミニ県政報告会(憲法改正)/中央

【夜】
JP労組さがみ支部新春のつどい/南区相模大野
支援飲食店閉店イベント/横山


2018年01月26日(金) ツルモク独身寮を発見

大きな風呂が好き。自宅は狭い。またお湯を入れるのも面倒くさい。子供もシャワーでいいらしい。そこで、近所のサウナによく行っている。その2階にマンガコーナーがある。数千冊はあるだろうか。

小さいお子さんやそのお母さん達がたむろしている。恥ずかしいので余り座らないが、たまたま通ったら爛張襯皀独身寮瓩鯣見。懐かしい。読んでいたのは高校生の時だろうか。正確な記憶はない。

社会人に成りたての主人公、正太君が新鮮だった。面白かった記憶があった。その通り今見ても大笑いだ。ゴロゴロしながら、第1巻から5巻まで読んだ。まだ残りがある。次回が楽しみだ。

●今日一日

【午前】
打合せ(選挙)/相模原

【午後】
打合せ(党)/富士見
地域まわり/中央区内
事務作業/事務所
JR東労組相模原運輸区旗開き/緑区橋本

【夜】
森繁之市議新春のつどい/南橋本
支援者と会食/淵野辺


本当に笑えるマンガです


2018年01月25日(木) 横浜市内は相模原より雪が少ない

自分自身の今後について、横浜の支援者に相談に伺った。何で行こうか迷ったが、午前の少し遅い時間だったので、車で行くことを決断した。結果として混みは少なく、悠々と現地に到着。

横浜市内は雪が少ない。相模原とは気温が違うと日頃から言われているが、それは真実なのかもしれないと思う。今回の雪で神奈川の交通機能に課題があると再認識した。震災を含めた非常時の体制整備が必要だ。

●今日一日

【午前】
打合せ(選挙)/横浜市西区

【午後】
事務作業/事務所
地域まわり/中央区内
相模原食品衛生協会賀詞交歓会/中央
相模原警察署員を激励する会/富士見

【夜】
相模原シティライオンズクラブ例会/相模原
会合(地域)/同


飲食業の皆様からご意見を頂きました


2018年01月24日(水) 広域水道企業団議会1月定例会

神奈川県内広域水道企業団議会の1月定例会。私は県議会を代表して議会運営委員になっている。朝一番の開かれた会議で、今日の議事日程を協議決定した。そして本会議。企業長から議案の説明があった。メインは来年度の予算案。広域水道常任委員会に付託され、慎重に審査することになった。

その後の委員会では活発な質疑が行われた。特に水道施設の補修等について、各構成団体出身の議員が取り上げていた。時間の都合で私は発言できなかったので、次回の委員会に向けて検討を進めていきたい。相模原市民の使っている水の約半分を供給している団体。責任は重い。

●今日一日

【午前】
広域水道企業団議会議会運営委員会/横浜市旭区
同本会議/同
同広域水道常任委員会/同

【午後】
次回代表質問検討/県庁

【夜】
相模原塗装協同組合新年会/中央
相模原地域連合新春のつどい/南橋本
会合(団体)/相模原


2018年01月23日(火) プロの仕事を大切にしよう

恥ずかしながら、髪を美容院で切っている。地元の友人が経営しており、元々床屋だったのだが、その後の経営方針でそうなった。今や1,000円カットが主流の中でも、頑張ってやっていると感心している。

今日は美容組合と病院協会、ふたつの業界団体の賀詞に参加した。共に安易な規制緩和に悩んでいる。それが最終的な消費者の利益になれば、まだ良しかもしれない。しかし現状は全体にとって悪い方向に流れている。

プロの仕事を大事にしよう。培われたノウハウ、蓄積された経験。一時の価格よりも素晴らしいものがある。日本は明治期や敗戦後も、それで生きてきたのではないか。グローバル化の今後、まさに財産である。


●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
相模原美容組合新年会/南区上鶴間本町
事務作業/事務所

【夜】
相模原市病院協会賀詞交歓会/南区相模大野


お招きありがとうございます


2018年01月22日(月) 天候は無理だが政治は変えられる

雪である。動けなかった。それでも夜は支援者のお宅で酒を飲んだ。普段は車で10分、歩いても30分の距離。しかし今日はタクシーで1時間かかった。

しかし致し方ない。天候に勝てる訳はない。予想も出来ない。

一方で政治は変えられる。誰がやっても同じは嘘だ。人が決めていることは、人によって変えられる。意外と簡単にそうなることもある。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
打合せ(選挙)/緑区東橋本
会合(地域)/田名


2018年01月21日(日) 選挙の候補者は多い方がいい

4年間とは早いもの。来年は統一地方選挙が行われる。相模原では、市議・市長・県議・県知事と4つの選挙が同日に行われる。私自身は去就を定めていないが、どちらにしろ大きく関わりを持たざるを得ない。

今日も何か所かでその話になった。それぞれの選挙に立候補を予定している人の名前、特に新人について話題に上った。その中で県議選の挑戦者がどれだけいるのか聞かれた。中央区も無投票の可能性があるとも。

出来るだけ大勢立候補した方がいい。市民の選択肢が多くなる。しかし残念ながら県内の選挙区を見渡しても、県議選に出る人は減っている。選挙制度上の課題もあるし、何より県政の魅力が薄れているのだろう。

●今日一日

【午前】
団体支部新年会/清新

【午後】
事務作業/事務所
地域まわり/中央区内

【夜】
会合(議会)/相模原


2018年01月20日(土) 音楽家に不倫の説明責任はない

小室哲哉が音楽活動を引退するとのこと。「けじめ」と言っているが、何のことかわからない。不倫したかどうかは氏と家族の問題であって、その作品のリスナーは関係ない。ファンでもない私は更に関係がない。

公人か私人かに関わらず、公私はあってしかるべき。仕事は公。それ以外は私である。大分前に山尾志桜里氏の時に「政治家に不倫の説明責任はない」と書いた。同じことを言おう。音楽家に不倫の説明責任はない。

●今日一日

【午前】
社交ダンス練習/共和

【午後】
家庭倫理の会相模原市新年会/中央
JR東労組横浜支部旗開き/横浜市中区

【夜】
行政書士会相模原支部賀詞交歓会/中央
事務作業/事務所


2018年01月19日(金) とにかく地元に密着した事業者を

神奈川県エルピーガス協会相模原支部の賀詞交歓会。地元県議としてご挨拶の機会を頂きました。

「議員をやっていると色々な相談を受けます。不動産屋を紹介してくれ。弁護士を紹介してくれ。その際に必ず言っているのは、とにかく地元に密着した事業者がいい。わからなければ、それぞれの業界団体に紹介を頼めばいい」

先の議会から、県の消費者条例で議論が白熱している。私は安易な規制に慎重な立場だが、一方で被害者も多く出ている。それは良質な事業者と悪質な事業者を選別する仕組みが欠けているから。

まずは地域社会で普及啓発をする必要がある。政治行政のサポートも重要だ。

●今日一日

【午前】
打合せ(党)/緑区橋本

【午後】
事務作業/事務所
地域まわり/中央区内
打合せ(党)/中央
LP協会相模原支部賀詞交換会/南区上鶴間本町

【夜】
会合(地域)/星が丘


毎年ありがとうございます


2018年01月18日(木) 高齢者の引きこもり防止策

高齢者の移動についてご質問とご意見を頂いた。免許証の返納が進んでいるが、一方でそのことによって引きこもっている人も多いとのこと。せめてバスを身近に走らせて欲しいとの内容だ。加えてその要望をどこに持っていけばいいか、アドバイスを求められた。

どのような形態で運営するにしろ、採算を度外視しては成り立たない。行政の支援を含めて、お金の話がポイントになってくる。市民生活に不便があるならば、まずは前向きに検討してみる姿勢が重要。コミュニティバスの先進事例などを調査して、改めてお話する約束をした。

●今日一日

【午前】
幼稚園協会県央地区研究大会/綾瀬市

【午後】
次回代表質問検討/県庁
打合せ(選挙)/中央
行政相談(交通)/富士見

【夜】
相模原地域連合街頭活動/相模原
会合(地域)/淵野辺


幼児教育は大切です


2018年01月17日(水) 河童と変な小生物のいる家

鎌倉物語。子ども向けと思われたが、十分面白かった。河童と変な小生物のいる主人公の家。こんなところに住んでみたいと思った。

また黄泉の国の描写が素敵だ。高い所が苦手なので、こんなあの世は困ると思ったりもしたが、風景が綺麗なのは良し。

映画館は三島だった。シネコン以前の昔のタイプ。平日なので客は少数。ほぼ貸し切りで楽しむことが出来た。

●今日一日

終日お休み


おススメです


2018年01月16日(火) 「世界平和」と書初め

書初め会にお誘い頂いた。自慢ではないが字は下手だ。ましてや筆など持ってことはほとんどない。広いスペースを貸して頂いた。縦に長い半紙を置いて、墨汁を硯に垂らす。緊張する。

先生に書いて頂いたお手本を横において。あとは字形を真似しながら「世界平和」と3枚挑戦した。私の目標であり仕事。余り上手く出来なかったが、思いと気合いを入れて書いたつもりだ。

●今日一日

【午前】
支援者主催朝食会/中央
支援者主催書初め会/相生

【午後】
お休み


私が一番下手ですね


2018年01月15日(月) 選挙以外で数を増やすのは邪道

夜遅く事務所に帰ってきたら、民進党県連から‘アンケート’のFAXが来ていた。本日交わされた希望の党との合意について、意見がないかとの問いかけだ。もはや私に何かを言う資格はない。破って捨てようかと思った。

しかしこんな紙切れ1枚で、私が民主党・民進党で歩んできた20年間を総括するかのごとき人たちに、やはり腹が立った。取り入れられる可能性はゼロだろうが、最後に率直な考えを返信することにした。

内容は、昨日の‘日記’と同じだ。希望の党との統一会派に「強く反対する」旨を記載した。何でこんな理不尽が真面目に話し合われているのか。まったく理解できない。政治家としての魂はどこにいったのか。

政治は時として数がものを言う。しかしそれは、数が厳粛な選挙で裏付けされているから。選挙以外の手段で増やそうとするのは、市民の判断に対する冒涜でしかない。健全な議会制民主主義を否定することだ。

●今日一日

【午前】
行政相談(医療)/緑区橋本
打合せ(選挙)/田名
事務作業/事務所

【午後】
広域水道企業団議会議会運営委員会/横浜市旭区
次回代表質問検討/横浜市中区

【夜】
神奈川県電力総連新春のつどい/横浜市中区
事務作業/事務所


午前中は外国人向け医療相談アプリについて、地元の企業からお話を伺いました。


2018年01月14日(日) 民進と希望の統一会派に反対する

民進党と希望の党が統一会派に向けた協議を重ねている。反対である。安倍1強に対抗するのはその政治が誤っているから。その典型が集団的自衛権の行使を認めた安保法制だ。1丁目1番地で妥協することは、互いに汚点を残す。また私自身も同法制は断じて認められない。

また衆院選が終わってから数か月しか経っていない。今は掲げた理念を堂々と内外に主張する時ではないか。民進党は何故分裂したか。無理な合従連合を繰り返した結果、本来政党として実現したい社会像があいまいになり、市民の支持を失ったからだ。

民進党の今後に関心はない。希望の党は元々他党だから何かを言う資格もない。しかしこれ以上、政党政治に対する不信感を市民に植えつけないで欲しい。私が目指す健全な議会制民主主義は、健全な政党運営の結果として実現できる。立憲民主党はこれを半面教師にして頑張って欲しい。

●今日一日

【午前】
日金沢自治会どんど焼き/上溝

【午後】
神奈川土建旗びらき/富士見
事務作業/事務所
溝のだるま市/上溝

【夜】
首都圏建設ユニオン多摩支部新年会/八王子市
会合(地域)/相模原


事務所のだるまさんもこの中にいます


2018年01月13日(土) 小田多摩延伸は決まっていない

上溝地区の新春賀詞交換会。役員から小田急多摩線延伸に向けての話があった。「みんなもう小田急が来ると思って困っている。現段階は来て欲しいと地域が思っているだけ。今後こそ大切なのに」そう嘆いていた。

確かにそうだ。年末年始に地域をまわると、それこそ既に延伸工事が始まったかのような話をする人がいる。私からは国の審議会の詳細や、上限分離方式の課題、更には肝心な小田急電鉄のコメント等をご説明する。

あちこちで話を広げることで後戻りを封じ、結果として思い通りの方向に進めていく。政治でよく採られる手法だ。しかしこれは市民参加の視点で考えると問題がある。丁寧に進めてこそ、結果を出せるのではないか。

●今日一日

【午前】
所用

【午後】
医師会・歯科医師会・薬剤師会賀詞交換会/富士見
上溝地区賀詞交換会/上溝

【夜】
会合(地域)/上溝


地元県議としてご挨拶しました


2018年01月12日(金) 宅建協会の賀詞交歓会

宅建協会相模北支部の賀詞交歓会。20年程前に初めて推薦を頂いたのが幼稚園協会、その次が宅建協会だった。当時は全市の選挙だったので、相模北支部と南支部両方からご支援を頂いた。

市民にとって不動産は大きな買い物。一生に一回と言ってもいい。不動産屋さんの責任は大きいし、実際にその自覚のもと地域事業に参入されている。政治はその取組を支援する必要がある。

相模原は今だ使っていない土地が多い。公共事業に加えて民間資本の流出入も盛んだ。まちづくりは行政だけでは出来ない。民間とのコラボが重要になっている。構想段階から参画してもらえるよう働きかけていきたい。

●今日一日

【午前】
宅建協会相模北支部賀詞交換会/富士見

【午後】
地域まわり/中央区内
自衛官募集相談員会街頭活動/南区下溝
事務作業/事務所

【夜】
相模原市職員労組新春のつどい/南区上鶴間本町
さがみビルメンテナンス協同組合新年会/南区相模大野


賀詞交歓会が続きます


2018年01月11日(木) 相模原青年会議所は会員募集中

相模原青年会議所の賀詞交歓会。同じ会場でシニアクラブ(OB&OG会)も開催された。25歳で入会して40歳まで在籍した。真面目に活動していたのは正味半分だが、理事を3年間やらせてもらったことは良い経験だった。またその当時に出来た友人とは今でも仲良く付き合っている。

大人になると誰かと一緒に何かをやることが減る。まして真剣に取組ことなど、仕事以外では皆無と言っていい。青年会議所活動はあくまでボランティア。一部の言い方を借りれば「遊び」である。だからこそ良い点もある。現在も精力的に会員募集中だ。是非お問い合わせ頂きたい。

●今日一日

【午前】
建設関連団体連絡協議会賀詞交換会/富士見

【午後】
事務作業/事務所
地域まわり/中央区内
相模原青年会議所シニアクラブ総会/南区上鶴間本町

【夜】
支援者お通夜/星が丘
相模原青年会議所賀詞交換会/南区上鶴間本町
会合(地域)/相模原


青年会議所のOBとして激励に駆けつけました


2018年01月10日(水) 企業の県外・海外転出防止策を

三菱重工グループ労連相模原地区本部の賀詞交換会にお招き頂いた。市内産業の空洞化が進むなかでも、同社は様々な製品を製造されている。地元を代表するものづくりの企業だ。

相模原は元々企業城下町として発展した。私の父母も仕事の都合で引っ越してきた。企業の県外・海外転出を食い止めなくてはならない。誘致のみに特化した政策は限界がある

●今日一日

【午前】
来客/県庁
保健福祉局より報告/同
かながわ民進党正副団長打合せ/同
かながわ民進党役員会/同
かながわ民進党全体会議/同

【午後】
県幹部との顔合わせ会/県庁
打合せ(党)/横浜市中区

【夜】
三菱重工グループ労連相模原地区本部賀詞交歓会/田名
支援企業新年会/高根


日頃よりのご支援にお礼申し上げました


2018年01月09日(火) ベトナム人技能実習生が相模原に

昨年7月にホーチミンに行った。友人が経営する会社が外国人技能実習生制度を利用し、自社で働く人を探しにいく旅程に同行した。現地の派遣会社を数社訪問して、個々人の面接にも立ち会わせてもらった。

その時採用となった数名がその後の研修を経て、本日地元相模原にやってきた。焼肉屋で夕食をご一緒。皆さん20歳前後。子どものような年齢だ。得られる収入の大半を家族に仕送りし、家計の助けとするとのこと。

住まいは会社で用意する。帰りに見せてもらった。一軒家を改装してシェアハウスにしている。個室よりもこの方が評判がいいと聞いている。遠い異国の地で働く若者。この方が寂しさも紛れるのだろう。

数年経つとベトナムに帰国する。日本にとっての勝負はここだ。良い印象を持ってもらえれば、彼ら、彼女らは素晴らしいスポークスマンになる。一方でそうでない場合は、残念と言うほかない。

●今日一日

【午前】
相模原商工会議所賀詞交歓会/南区相模大野

【午後】
事務作業/県庁
連合神奈川新春のつどい/横浜市中区

【夜】
電機商業組合相模支部新年会/中央
会合(地域)/相生
会合(地域)/相模原


地域に根付く家電屋さんの会に参加しました


2018年01月08日(月) 政治が約束を守ると関心も高まる

成人式の会場外では明るい選挙推進委員の皆さんが、ボランティアで投票率向上に向けてビラの配布を行っている。寒い中の取組に感謝申し上げる。多くの人に政治参加をしてもらうためには、参加したくなるような政治を私たち議員や政党が行う必要がある。

その第一は約束を守る政治。やると言ったことをやり切れば、逆に有権者も無関心ではいられない。選挙で言った通りになってしまうのだから、賛成反対それぞれに意志表示が重要になってくる。誰がやっても変わらないから、結果として無関心が増えるのだ。

●今日一日

【午前】
成人式/中央

【午後】
宗教法人新年会/南区下溝
成人式/中央


おめでとうございます


2018年01月07日(日) 赤じゅうたんに来賓席ではいけない

復活した。田名地区の賀詞交歓会に参加。特にご案内は頂いていないが、受付には私の名札が置いてある。ありがたいことだ。

ご案内を頂いている会は無論のこと、頂いていない会もまた大切、大分以前に先輩議員から教えられた。現職も長くなると赤じゅうたんに来賓席が当たり前になってくるが、それではいけないという戒めだろう。

さて田名地区は課題が多い。高齢化が進むなかで交通アクセスが十分ではない。地元の要望にしっかり応えていきたい。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
田名地区賀詞交歓会/田名
ダンス協会新春パーティー/富士見
事務作業/事務所
地域まわり/中央区内

【夜】
支援者主催新年会/田名


貴重なご意見を伺いました


2018年01月06日(土) カップ麺、冷凍ピザ、ソーセージ

インフルエンザ療養の2日目。もう熱はない。体もいたって普通。多少咳が出るくらいか。外に出かけようとも思ったが、ぶり返しては元も子もないので、今日も自宅で暇を持て余すことにした。

朝はカップ麺、おやつに冷凍ピザ、夜はソーセージを焼た。見る人が見れば侘しく思えるかもしれないが、普段通りの至って真面目な食事である。野菜不足は気になるがこれで十分だ。

さて明日はどうなるだろうか。人前に出れば中途半端は許されない。疲れた顔を見せる位なら、最初から出ない方がいい。すべては朝起きて決めよう。今日はひとまずお休みなさい。

●今日一日

終日お休み


2018年01月05日(金) 暇をつぶすとは難しいものだ

インフルエンザの療養が始まった。しかし特段にすることはない。安静にしているだけ。ずっと布団に入ってはいられないので、厳密には自宅に居続けるということ。

久し振りにテレビを付ける。貴乃花親方の報道だ。最初はよかったが、同じ内容の繰り返し。すぐに飽きた。本を読む。パソコンを付ける。いま一つだ。暇をつぶすとは難しいものだ。

人さまに伝染する病気なので、完治するまで人前には出られない。割り切って明日の予定は全てキャンセルしよう。早く復帰できるよう、今はあせらずじっくりと。

●今日一日

終日お休み


2018年01月04日(木) 人生初のインフルエンザ

昨晩から朝にかけて、どうも寝苦しい。風邪をひいたようだ。昼間はそれ程具合が悪くなかったので、相模原駅前の会合に向かう。しかしどうも変だ。解散した頃には脂汗が出てきた。

その足で患者としては初めてのメディカルセンターに向かう。列の大半は子ども。まじって順番を待つ。

鼻に細い綿棒を入れられて数分。医者から「インフルエンザBです」と告げられる。人生初のり患である。色々質問してみた。すると薬を飲んで熱が下がるまで静かにするしかないとのこと。

解熱剤とリレンザを処方され自宅に帰る。明日から数日はダメかもしれない。新年会等の欠席連絡をどうしようか。まあいい。既に深夜。ジタバタしても始まらない。今日のところはお休みなさい。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
お休み

【夜】
会合(議会)/相模原


2018年01月03日(水) 政治の側から距離を縮める努力を

新年の地域まわり。お世話になっている方のお宅をまわり、県政や政治に対する様々なご意見を頂く。

市民は生活が忙しい。自ら政治家のところに出向く暇は少ない。だからこそプロの私たちから距離を狭める必要がある。

街頭演説と戸別訪問。かの田中角栄氏は政治活動をこの2つと言った。今に至るまで変わらぬ基本である。

●今日一日

【午前】
青葉地区自治会連合会賀詞交歓会/青葉
地域まわり/緑区内

【午後】
地域まわり/中央区内
事務作業/事務所
支援者宅新年会/田名


新年のお祓いをして頂きました


2018年01月02日(火) 麦焼酎をクラッシュアイスで

鎌田で酒を飲んだ。正月の昼間からやっている店は少ない。それほど選ばず飛び込んだが、とても良い店だった。

居酒屋はツマミが命。酒はどこでもそれ程変わらない。料理や店構え、店員等々。酒を飲む環境が大切なのだ。

今日の一押しはクラッシュアイス。麦焼酎のロックに入っている。なすほど美味い。手間がかかっている分、味わい深い。

●今日一日

終日お休み


外見だけレトロでした


2018年01月01日(月) 決断の年

2018年を迎えた。私もお蔭さまで年を越すことが出来た。感謝している。最近は正月らしい雰囲気もないが、それでも節目があることは素晴らしい。昨日とは違う目標を立てられる気がする。

今年は任期の終盤。テーマを取捨選択し発言しなければならない。また政党の分裂など外的な要因に対応する必要がある。更には次の選挙に出るかどうかも含めて、今後の出処進退を決めなければならない。

含めて決断の年というところか。決めるまでは多角的な検討を。決めたら一気呵成にやり抜く。まさに風林火山が求められる。その基本は初心忘るべからず。変わらぬ主張を更に声を大にして訴えていく。

●今日一日

【午前】
(一社)実践倫理宏正会元朝式/中央
宗教法人新年参り/清新
元旦ラジオ体操/横山
事務作業/事務所
地域まわり/緑区内

【午後】
地域まわり/中央区内
相模川寒中水泳大会/水郷田名


元旦早朝のラジオ体操です


てらさき雄介 |MAILHomePage