水野の図書室
Diary目次過去を読む未来を読む
2018年は月に2回は更新したい。


2017年12月25日(月) 三浦しをん『荒野の果てに』

タイムスリップするお話は面白いものが多い。
三浦しをん『荒野の果てに』も然り。
このお話は、タイムスリップするのがクリスマスという時期なのが、重要なポイントになっています。

卯之助と弥五郎が江戸時代からタイムスリップした先は、現代の東京。
地下鉄のホームで出会った里絵に連れられ、里絵のマンションへ。
そこで、里絵の恋人・徹も不思議な恰好をしたふたりから話を聞くことになります。

卯之助と弥五郎がタイムスリップする前にいたのは、嘉永6年の天草。
切支丹だと知られれば、殺し、殺される歴史がありました。


軽快なリズム感でスラスラ読める作品ですが、深いものがあります。
心にのこるお話で、読後感がとてもいい。

クリスマスは祈りの日。

「X'mas Stories 一年でいちばん奇跡が起きる日」(新潮文庫)の掉尾を飾るに相応しい作品。
みなさんも読んでみてください。


2017年12月24日(日) 白河三兎『子の心、サンタ知らず』

気がつけば、クリスマスイブではありませんか……
「X'mas Stories 一年でいちばん奇跡が起きる日」(新潮文庫)を読み始めてから随分月日が過ぎてしまいましたが、ようやく、終わりが見えてきました。

白河三兎『子の心、サンタ知らず』は、心温まる素敵な作品。

登場人物は、リサイクルショップを経営するシングルマザーの伊代子さんと、その息子・匡(たすく)、司法試験に二浪中の僕の三人です。
匡くんはまだ10歳にも満たないというのに、まぁ、口が達者!
この子ほどでなくても、大人びたことを言う子は、実際いるものです。

そして、子どもであっても、まわりのことはよく見ていますし、ドキッとするようなことを言ったり、いろいろな思いを抱えています。


良い贈り物を貰ったような気持ちになりました。


水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加