モスクワ留学日記
もくじ


2002年01月27日(日) 火事再び

モスクワ マイナス5〜プラス1℃ 吹雪とも言う。

とにかく強風なのだ。風速11メートル。そら寒いっしょ。
鳥肌モード全開です。


     ◇◇◇

外出先から帰ってきたのは夜中の11時。(←不良とか言わない)
うちのアパート前には消防車と救急車。



・・・・・。





何か不穏な空気を感じつつ中へ。





2階にファイヤーマンが数名。

「か、火事ですのん?」控えめに質問。

まったくねぇ(ため息) というジェスチャー。





部屋に入る。

うむ。ちと焦げ臭い。




私の部屋の真下でゴトゴトガタガタと
ずーっと音がしているところを見るに、
火元は2階、しかもうちの真下らしい。


今はすっかり消火されているけれども。。



発見が遅れれば



うちも燃えてたかもしれんぜよー。


こわいですなぁー。

でも燃えてる最中の恐怖感を味わわなくって
よかった、と思ってみたり。


     ◇◇◇


前にも1階で火事があって、下を見ると
1回の窓からボォォォ!と火があがっていたのだった。

1階で火事だと逃げようがない。
3階から飛び降り?!

雪が深ければ大丈夫だろうけど
今はあいにく氷である。痛そうだ。

我が家でもヤカンやナベをかけっぱなしにして
すっかり忘れてしまうおばーちゃんがいるため
何度となく火が出そうになったことがある。


火の元にはくれぐれも注意だ。


ちなみに。


ロシア製のテレビが火を噴くってのは本当の話である。


オソロシヤオソロシヤ…


     ◇◇◇

mihobani的発言:お知らせ

諸事情あって1週間ほど更新ができなくなります。
人生について見つめ直したいと思っています。




なーんて。へへ。


2002年01月25日(金) 解説者

モスクワ プラス2度 雨 南西の風7〜10メートル

びょーびょーの風に、雨。いやーな天気です。
一番風邪をひきやすい気温なので気をつけましょう。


     ◇◇◇

テレビをつけてみると、TV6がなくなっていた。
TV6は民放局で、莫大な債務がどーちゃらと言われていたが
早い話、クレムリンに批判的な放送だったためにつぶされた局である。

その穴に、「HTBプラス」というスポーツ番組だけの
衛星放送が流れるようになった。
それはもう一日中スポーツ中継とスポーツニュースだけ。
スポーツ好きにはたまらない。

テレビをつけた時、メルボルンで開催されている
テニスの全豪オープンを放送していました。
女子の準決勝マルチナ・ヒンギスとモニカ・セレシュ。
思わず見入る。


…試合はヒンギスが勝ったのだけれども、
それより気になったのは解説者。

男女二人のロシア人解説者が試合の模様を伝えていました。
女性解説者は明らかにヒンギスひいき。
彼女がキメると喜ぶ、誉める!

それをフォローするかのように
(最初はヒンギスひいきだった)男性解説者が
セレシュ擁護発言をしたことから始まる。


女性「あなたはどちらを応援してるの?モニカね?」

男性「ワタシは正直なところ、どちらも応援してますよ(汗)
あなたこそヒンギスヒイキではないですか」

女性「や、そういうわけじゃなくて(汗)モニカが負けるのは残念よ(汗)
だいたいモニカはね、頑張ってきたのよ。年齢を考えたらね、ヒンギスのほうが有利なわけで…。てか、あなただってヒンギスひいきじゃない!」

男性「いや、だから(汗)どちらも応援してますって(汗)」




こんな(汗)なやりとりがしばし続いた。
中立な立場での発言が求められる解説者とて、彼らも人間。
好みが出るのは仕方あるまい。






しかし






彼らがどっちのひいきだと言い合いしている間に
ヒンギスが1セットGET。






試合の解説せんかい>解説者



     ◇◇◇

mihobani的発言:ありがとうございます!

例の件でたくさんの応援メッセージを頂きました。
みなさまどうもありがとうございます。
ええ、負けませんとも!


2002年01月21日(月) ウエディングドレス

モスクワ マイナス5〜3℃ 


日本の友達から年賀状が届きました。


「元気?結婚しました。(以下略)」



裏には幸せそうな二人の写真。





ごごごごごごっつ美人やんかー!
こんな美人さんやったらワシがヨメにほしいー。

友達のシアワセ〜な笑顔はこちらもシアワセになる。
ぴったり決まっているドレスは彼女のセンスの良さを物語って。
末永くお幸せに〜〜〜!!

     ◇◇◇

同年齢のコはヨメに行ったり子供ができたりしていて
どんどん家庭を築いている。

でも壊れた家庭もけっこうあったりして、フクザツ。






・・・・・・・・。




…実はワタシもウエディングドレスを着たことがある。
過去に1度だけ。


まずいかなー、こんな過去の話。初めてだよねー。


手縫いでさー、純白のウエディングドレスを仕上げたわけよー。
すっごい時間かかったよなぁ。でもナカナカの出来栄えで♪


当日…

ギャラリーが見守る中、ダーリンに腕を絡めて行進…
めっちゃ緊張してたなー。
でもダーリンがぎゅっと脇をしめてくれたのに感動したりして。


青いドレスへの衣装直しもあったんだよねー!




そして踊ったりしてさー!




ひゃー懐かしい!










高校の仮装大会




だめやーん。



注:ここで言うダーリンとは、ワタシとペアを組んだ担任の先生(^^;


2002年01月20日(日) ロシア、表彰台独占!

モスクワ マイナス6〜マイナス1℃ 微妙な寒さ。

14日〜20日はスイスで開かれているフィギュアスケート
ヨーロッパ選手権の模様をテレビで毎日放送していました。

男子のフリー演技なんて、国営の2局で時間差放送!
(アイスダンスを放送する裏で男子フリーの模様を)

ダンスはちと弱いロシアですが
男女個人では表彰台はもはや当たり前。
表彰台をどれだけ独占できるかに注目が集まるほど。

男子の結果は以下のとおり。
.▲譽セイ・ヤグージン(ロシア)21歳
▲▲譽サンドル・アフト(ロシア)25歳
ブライアン・ジョベルト(フランス)17歳

ここにプルシェンコ君がいたならば、
きっと表彰台独占だったことでしょう。

目前に控えたオリンピック選考会を意識して
今回出場辞退したプルシェンコ君。
新しいプログラムは「カルメン」で組んでいるとか。
楽しみですな。


自由演技ではアフト君が最高のジャンプをキメて文句ナシの1位!でもショートプログラムが振るわなかったため、結果は2位に。何でもアメリカの2200m級の所で高地トレーニングに励んでいるらしく、ジャンプが軽い!

ちなみにですね、彼がどのくらいかっこいいかというと…
ここをクリック♪→アフト君の公式サイト
勝手に写真を載せるわけにいかないので、
興味のある方は見に行ってね(^^


     ◇◇◇

さて、女子の結果を。

ショートプログラムを見損ねたワタシ。
爆睡しちまってました。

眠れる森の美…
や、自分で美女いうほど自惚れちゃーいない。
美少女くらいにしとこか。(ココつっこむところね)



コホン。



えー結果ですが(^^;
誰もがイリーナ・スルツカヤがリードしていくだろうと思われた女子フィギュア。なんとショートプログラムを終えた段階で彼女は3位。

フリープログラムでノーミスでなんとか1位?
という厳しい状況に。
絶対ワタシが優勝だわ♪的自惚れがあったと思われ。>コメンテーター談

フリープログラムではどの選手も見事にコケまくって
ありゃりゃな展開。誰もが1位になれそうな
あまり差を感じない演技だったのですが
結果はこの通り。

.泪螢筺Ε屮奪謄ルスカヤ(ロシア)29歳
▲ぅ蝓璽福Ε好襯張ヤ(ロシア)?
ビクトリア・ヴァルチコワ(ロシア)19歳

1位のマーシャは99年の世界選手権とヨーロッパ選手権で優勝して以来の1位表彰台。29歳という年齢を考慮したら、偉業とも言えましょう。

今回2位にとどまったイリーナは真っ赤なほっぺたと共に、笑顔。

3位のビクトリアは機械体操やってそうなムキムキの肩。逆三角形の上半身。細身で手足が長いのに巨乳。そしてかわいい。各大会でいつも3位をキープ。うまくいけば…いきそうなのに。
彼女のファンサイトのリンクを。
チチ透け写真とかあって、びっくり。→ココ

女子の表彰式の様子が放送されていました。

ロシア国歌と共に掲げられる3枚のロシア国旗…
圧巻です。ロシアの表彰台独占。

経済的理由からロシアを離れるスポーツ選手が多い中
これだけデキル選手を生み出しているロシアはスゴイ。

フィギュア最終日の今日はエキシビジョンを放送(^^
アフト君見るぞー!

     ◇◇◇

mihobani的発言:私信>ママン!

荷物が届いたよ〜〜♪どうもありがとう!!
まだまだ冷える日もあるから助かります(^^

母さんの風邪が早く治りますように!


2002年01月19日(土) 耳栓はないかね〜

モスクワ マイナス7〜マイナス1℃ りゃ?

おだやかーな天候が続いているモスクワ。
雪がとけて真っ黒になっちまってます。
そして寒暖を繰り返しているうちにに。

雪合戦、キケンです。


     ◇◇◇

火曜日に試験を2つ、どうにかこなしまして、
残りあと2つでございます。
1つはもう間もなく。試験準備でたーいへん〜

なのですが、





なのですが、





んが、







なぜにドリルの音を響かせる!隣人よ!





ドゥルルルルルル…

ズガガガガガガガ…

ドゥルルル
ズゴゴゴゴゴゴ…




うをををををををを!(ワシの叫び)


うちに穴を開けられそうな、そんな勢いです。
なにかウラミでも?(汗)日頃の行いが

てなわけで、爆音から避難すべく
これから家教に行ってきやす。


     ◇◇◇


フィギュア男子の結果は
.筌亜璽献
▲▲侫
??(フランス人)

でした。適当でスマン。あとで感想いれまーす。


2002年01月15日(火) フィギュア・ヨーロッパ選手権速報

モスクワ プラス2度くらい。

雪どけで道路わきの雪は真っ黒。
でもまた寒くなるんですよね〜。
モスクワに春がやってくるのは5月です。


     ◇◇◇

普段あまり見ないテレビをつけてみる。




うををををを…


フィ・フィギュアスケートやってるぅーう!
(ヨーロッパ選手権)



み、見なければ…(←試験前日

な、何時までかな?


23時45分〜1時15分。





痛っ


でも見てしまう。(←昨日の誓いはどこへ)


フィギュアスケート・ヨーロッパ選手権は
1月14日〜20日までスイスで開催。
この模様を録画放送しているわけだ。

今放送しているのはペアですが
ロシア強し。うむ。さすが!

明日は男子シングル。
むふ(謎)


     ◇◇◇

そういや年末にフィギュアスケートのロシア選手権を放送していました。
アイスダンスで3位入賞したナターシャの相方、ダニル・バランツェフがもーれつにかっこよかった♪(←知らんて)
女子シングルはイリーナ・スルツカヤが余裕の優勝だったのですが。

男子シングルもエヴゲーニー・プリュシェンコが余裕の優勝だったのですが。(試合結果後にそれぞれ自由なテーマで滑るのありますよね?プリュシェンコ君は例によってストリップやってました(^^;持ちネタってやつですな。でも珍しく1回コケてました)

気になったのは男子シングル2位のアレクサンドル・アフト。
アフトですよ。ABT。

名前に惚れる。イカス。容姿もイカス。ナイス。
カッコイイお兄さんたちがジャンプジャンプ。回転回転。
そりゃ反則でしょう〜(←何が)

ちなみにキレイなおねーちゃんたちもくるくる。ジャンプジャンプ。
目に優しい。美しい。フィギュアラヴ。

◇◇◇

全体的にロシアのチームは古典がよく似合う。
物憂げな表情をクラシックにのせて繊細に、優雅に舞う感じ.
     
しかし年々フィギュアは優雅さよりも
エンターテイメント性(高度なアクロバット技術)
を重視する傾向が強くなってきており、
選手にもかなり戸惑いがある様子。

ハッと驚くような舞いはインパクトがあるけれども、
優雅さも削れないというジレンマ。

特にロシアが得意としているこの優雅さで測るなら、
はかなげな、そしてしなやかな流れの
マリヤ・ブッティルスカヤは
ロシア人の心の中で常にダントツ1位だ。

…けれども、現実的には正確な、高いジャンプを決める
イリナ・スルツカヤにかなわない。
時代が、世代交代が、フィギュアの流れを変えていく。


参考までにロシア選手権男子の結果を
.Ε凜押璽法次Ε廛螢絅轡Д鵐
▲▲譽サンドル・アフト
イリヤ・クリムキン
ぅ蹈泪鵝Ε札蹈
ゥ▲鵐肇鵝Εリコフ

(アンドレイ・ヤグージンは欠場)


     ◇◇◇

さて現在行われているヨーロッパ選手権、
14日は男子の予選もあったようですが

グループAは1位にアレクセイ・ヤグージン、
2位にイリヤ・クリムキンが!

グループBの1位はアレクサンドル・アフト!

ロシア勢強い〜〜♪

ちなみに、プリュシェンコ君、
去年痛めた「もも筋」の調子が悪いらしく、
今回出場辞退したそうです。

アフト君とヤグージン君に期待ですな!


2002年01月14日(月) 旧暦のお正月に、想い新たに

モスクワ プラス1度 西の風6〜10メートル

ここんとこプラス気温。部屋も暖かくってシアワセ♪


     ◇◇◇

1月2週目の土曜日はロシア正教で旧暦のお正月。

各テレビ局では11日〜13日にかけてお正月番組を放送(いや、再放送)
大学でも「明けましておめでとう!」と声を掛け合いました。

12月25日 クリスマス(カトリック)
1月1日  お正月(新暦)
1月7日 クリスマス(ロシア正教)
1月12日 お正月 (旧暦)

どこかの局で、「ロシアはクリスマスとお正月を2回ずつ楽しむなんて、欲張りだなぁ♪」なんて話していましたが、まさに。

ロシアでは、お正月と共にサンタクロースがやってくるので
お正月の音楽といえばクリスマスソング

てなわけで、1月も13日だっちゅーに
サンタが横行する世界であります。
クリスマスツリーも健在です。

ちなみに、ツリーをしまい忘れたからといって
ヨメに行くのが遅れるなんてことはありません。(←何か違う)


とにかく、改めて明けましておめでとうございます!ってことで(^^


     ◇◇◇


知り合いの仕事人から日本食を頂きました(にこ)






ごっさり(にこにこ)







ざっくり(にこにこにこ)








大量に(にこにこにこにこ)





みかん箱にして軽く4箱分ですか(にこ・汗)
(私信:Hさん本当にどうもありがとうございます!)




HPでビジネスはしていませんが
個人的に援護していただく機会に恵まれています。

応援して下さる方がいると思うと
辛いことも、悔しいことも、悲しいことも、泣きそうなことも
乗り越えていけそうな気がします。


     ◇◇◇

試験が…

まだ言ってますが、試験が続いています。
2月まで続きます

試験でこんなに苦労するのは初めてのことで
情けないというか、自分自身に悔しいというか。

少なくとも日本ではこんなことはなかったのに。
モスクワでも去年まではこんなに苦労しなかったのに。
冬休みに日本へ一時帰国するはずが、
叶わぬ夢となりました。


     ◇◇◇

去年の夏に仕事を始めた頃
金銭的に本当に困っていました。

お金がないと精神的にも余裕がなくなるもので
部屋にこもりがちになり、ひたすら鬱々の日々。

優しい言葉をかけられるとすぐに涙がこぼれ落ち
自分が何を悩んでいるのかすらわからないほどでした。


時が過ぎ、

がむしゃらにあちこちバイトをかけもって稼いだ結果、
やっと生活に余裕が出てきました。

これからは、改めて学生生活を充実させる番です。
何のためにモスクワへ来たのか、
その意味を失いかけていましたが
試験でツライ思いをすることで思い出した次第です。


旧暦のお正月に、想い新たに

「2002年は学生生活を充実させます」


2002年01月13日(日) ゾロ目が近いですよ〜

モスクワ プラス2度

っちゅー予報の割には風が強くて寒っ。
帽子なし班へは頭痛と耳痛がもれなくセットで♪


     ◇◇◇


もうすぐトップページのカウンターが
66666を迎えそうです(^^

カウプレ=モスクワの絵葉書
…ってあまり魅力なかったりして。あれ。

ともかく、ゾロ目踏んじまった!という方は報告お願いしまーす♪



2002年01月11日(金) シアワセの価値観

モスクワ マイナス4〜プラス2度 雪溶けてます。


みほばに「今日あったかいよねー」

ロシア人「暑い暑い!


     ◇◇◇


統計で提示されるとドキっとする数字に出会うことがあります。

ステキなサイトを紹介させてください。


子供にも解る世界の縮図



今ワタシは、大きな声でシアワセだと言えます。



     ◇◇◇

mihobani的発言:腰痛

試験をひとつクリアしました(ガッツポーズ)
年明け最初の試験で再試をくらってへこんでいましたが
これでまた少しやる気が出てきました(^^

んが、ここ数日どうも腰が痛いのです。
神経痛と言おうか、、
身体ゆがんでる気がします。
腰痛に効く体操とか教えてくださいー!>みなさま


2002年01月09日(水) 消えたメール

モスクワ マイナス7度くらい。

寒波でした。モスクワ。マイナス33℃を記録。
この影響で病院へ運ばれた人は30人。
凍死4人。

シャレになんないっす。


んでもって今日はプラスになるかもって気温。
気温差ありすぎ。のどいたー。


     ◇◇◇

アウトルックがすこぶる不調で、
1メール書くたびに凍って強制終了→再起動せにゃならんという
やる気あんのかオラ!状態だったもんで



ちょちょっといじっていたら…






消えました。受信メールだけ(泣)


なんでかわかりませんが、12月20日以降に届いたメールが
きれいさっぱり消えています。男らしく、すっぱり、さっくり。

受信トレイの分だけ(泣)


どどどどういうことかよくわからないんですが、
動揺してます。おろろ。




・・・・・。






・・・・・・・・・・・。






(パントマイムとか?)








(沈黙)










(ぐびっ) ←何飲んだ今?!






てかIE6ってヘンじゃないっすか?

ワタシのPCがイカレてるのか?



か?





…か。(弱いっ)




12月20日以降にメールを送って下さった皆様、
一通り目は通しておりますが本当にごめんなさい。陳謝。


2002年01月08日(火) さよならインツーリストホテル

モスクワ つーいーにマイナス35度!の予報〜

ここまで冷えると逆に温度計を見るのが楽しみになっちまいますが。
35度ってどんなよ?シベリアじゃあるまいし、すごーく珍しいことです。
モスクワでこんな気温。

クリスマスイヴの6日は穏やかだったのに、
クリスマス当日の7日は冷え込みましたー!
でもニュースから流れる映像は

カローメンスカヤや救世主大聖堂前に集まって

歌って踊りまくるロシア人の姿が!
外はマイナス25℃。そんな中長時間外にいるなんて


本物のロシア人です。
熱くみなぎるロシア人魂よ!
アイスクリームでも食べ始めそうな勢いでした。

     ◇◇◇

〜あるインタビューから〜

少年 「クリスマスは1年で最高の日なんだよ!」

質問者 「どうして?」

少年 「だってさ!クリスマスはさ!キリストがさ…!
………。とにかくキリストなんだよ!」(←なんじゃソラ)

とにかくキリストだそうです(笑)


     ◇◇◇

ロシアでは6日から7日に変わる瞬間、つまり深夜の12時ですが、
救世主大聖堂(一番重要な教会)に人々が集まり、
えらーいお方のお言葉を聞き、
神聖な煙を浴びるのが慣わしになっています。

深夜だというのに、お子様の姿も多くみかけました。
最近アテイズム(無宗教)化しているように感じる部分もありましたが、
敬虔な方も多いようです。

     ◇◇◇

ところで、ニュースをひとつ。

モスクワの中心地、マネージ広場近くの
ホテルインツーリスト。

休業&改装工事に入るそうです。

「時代が変わっていく中、インツーリストの外観は周りと調和していないとのことで…(ごにょごにょ…)」

ということをホテルマネージャーがインタビューで答えていましたが、
赤の広場から程近い場所に位置するこのホテル、
1970年の建設当時はとても「現代風建築」だったものの
その後老朽化が進み、言い方は悪いが
古ぼけた高層ビルという外観になってしまった。

てなわけで、新たに現代風に建て直すそうな。

しかし、古い古いスターリン様式の建物は
時が経つにつれ威厳を持ってより深い味わいを
醸し出しているのに対して、
「その時代」風の建物は時代の流れと共に
街にそぐわなくなってしまうとはなんとも皮肉です。

どちらにしても、なんだか外国人に馴染み深い
インツーリストホテルが休業というのはちょっと痛い気が。


2002年01月07日(月) お疲れ新年会〜

モスクワ マイナス18〜22度 風速6〜10メートル

寒波やーん!さむさむー!

     ◇◇◇


いひゃー飲みましたー。
前々から企画していた学生メインの新年会、ついに決行。
ロシアではクリスマスイヴにあたる1月6日に(^^

某大学の教室を使って、すべて手作りな会。

企画の段階から二人だけで進めていたので
けっこうしんどかったけれども。

買い出しは主催の二人で行い、
インドメシのケータリングを入れて、
各種ゲームをしつつ最後にはプレゼント交換という流れ。


     ◇◇◇

前金にしていなかったのもあって、
参加人数にかなり動きがあったものの
ナカナカ盛り上がったのではないかな?
インドメシも美味かったし♪


最近、イベンター業が増していると思われ。ワタシ。
でもこういう作業、疲れるけど嫌いじゃないな。
てか、だからやってるのか(^^;

主催側のワタシが一番盛り上がっていたかもー?


     ◇◇◇

mihobani的発言:みんなへ!

参加してくれたみんな、どうもありがとう!
そしてお疲れ様でした!

進行役の誰かさん(ってワシや)
ハイテンションでぶっとばしてました。
ちょっとうるさかったかも。失礼。

久しぶりにみんなと会えてうれしかったよ〜♪

予想以上に時間がおしてしまいましたが、
みんな無事に帰れましたか?

時期を見つつ、
また楽しい会をできたらなーと思っていますので
その時はまたヨロシク(^^!


2002年01月05日(土) 正月メニュー

モスクワ マイナス10度くらい。 フツーの寒さ。


駐在の奥方はナマ卵を洗ってから使うという話を聞いたことがある。
洗った上にもちろん加熱。

それだけナマ卵の安全性が怪しいって話。



そんな中ワタシは今日、

元気に卵ぶっかけメシを食べた
卵なぞ洗っちゃいねぇ。
うーん懐かしい味!ウマウマ!日本を思い出すなぁー!





え?さるもねら菌?何ですかそれ?(←あくまでも知らないフリ)



在モの人たちはワタシを勇者と呼ぶかもしれない。


腹の具合?
今んとこ普通デス。まぁ様子見ってことで。


     ◇◇◇

しかし、正月から卵ぶっかけメシなんて寂しすぎないか?

ある意味おめでたいメニューとも言えるが。


2002年01月04日(金) がっくし。

モスクワ マイナス20度 
















鼻毛凍ってます








年末〜年明けは穏やかでしたが、2日の夜からぐんと冷え込み
それはそれは寒いモスクワ。


そんな寒さに耐えつつ、久々に完徹しちゃいました。


や、マージャンでなくて。

べんきょーですって。



そして今期一番難しいとウワサの試験を受けに大学へ。

ワタシの順番がまわってきて席に座る。

教授、開口一番











「あんた誰?」だと。


このセリフ、他の外国人にも言っているのを知っている。

出たな、白人至上主義者め。
うちら外国人はけっこうアナタの授業に出てたんですけどねぇ
「初めて見る顔」たぁ上等なことぬかしやがる。


なんだか知らんが、外国人を嫌う教授っているもので
ハナっから相手にしてもらえない。


出席率が悪かったという(あんた誰?という)理由で
何も答えさせてもらえないままに再試決定。


同じクラスに妊婦なモンゴル人がいるのだが、
もういつ生まれてもおかしくない状態。
そんな中試験に通ってきているが、
この教授の前では問答無用。

ワタシと同じ理由で
再試を受けに来いとな。

こういう人はこっちも相手にしないのが一番なんだけど
いかんせん試験なのだから受けねばならぬ。
受からねばならぬ。


外国人に試験を受けさせないとは、
出席していたのに「知らない」と言い切るその態度は、
それでもアナタは教師の端くれか?
教育大学で教鞭をとる教師なのか?


用意してなかったならともかく、
徹夜して臨んだだけに
すっげー悔しい悔しい悔しい悲しい。





今日の試験を受けた実に学生の7割が再試決定。

とにかく奴の試験が一番難しい!
と悪名高い教授ではあるのだが。



学生の冬休みを減らすのが趣味なんだろうか。
まぁ、毒づいたところで試験は受けねばならないのだが。
ちなみに試験と言っても、ザチョットなんですが。
試験より難しいザチョットなんて嫌だ。

解説:

ザチョットとは「可」か「不可」の試験。
これをすべて受け終えると、試験を受ける資格がもらえる。
試験は5段階評価。5が一番よろし。

今期、ザチョット6個。試験は4つ。


しかし、正月もまだ3日だというのに。
年明けからヘコム。無念。


気を取り直して次の試験準備でもやるかな。

(ため息)


2002年01月02日(水) 日本との距離感

モスクワ マイナス10〜18度 

1月3日の予想最低気温はマイナス28度。っひょー!

外の寒さとは対照的に、発熱中のワタシ。
知恵熱の疑いアリ(誰かつっこんで)


というわけで、明けましておめでとうございます!
本年もどうぞ、ごひいきにひとつ。むふ。(怪)


     ◇◇◇

過去2年(2回)は赤の広場で新年を祝いましたが
ちょっと飽きたのと、試験対策で忙しいのとで
今回は部屋でのんびりしてました。

日本時間の新年には実家に電話を入れ、
おめでとーぅ!のメッセージを。
久しぶりに聴く母の声は懐かしく、
もう5年も母国で新年を迎えてないんだなぁ
なんて思いながら、じーんとしちゃいました。

体調が優れないという母の近くにいられないもどかしさよ。

バイトで細々と暮らしている学生の身分。
母を助けてあげられないふがいなさよ。

母娘二人だけの家族なのに
離れて暮らしていることのなんと長いことか!

電話口から伝わる母の声はちょっと弱々しく、でもうれしそうで
もっとマメに連絡入れなきゃ!と思った31日の夜でした。


     ◇◇◇


ところで今年は、学生最後の夏休みを控えています。
学生という身分を活かして、旅行の計画を練らねば♪

ヨーロッパ5カ国3週間のバスツアーの旅
600$から!とかね。うひょ〜♪

やはり一度はシベリア鉄道に揺られてみなければ!
シベリア鉄道でロシア横断!
いや…ちょっと弱気にモンゴル辺りまで…?

あ、バクーに行かなきゃ!
ウクライナも!
グルジアでワインなんてステキだよなー
日本行きはどうしようかなぁー
母さんをモスクワに呼ぶ計画もあるしなぁー









てか、

勉強しろ。


(現実逃避班出動中)



1月3日には次の試験を控えています(泣)


mihobani |MAILHomePage

My追加