Home  BBS  恋文  ←1コ前  目次  →1コ後  ABC別目次



2004年11月24日(水)
【赤】アナケナ・ピノノワール・レゼルバ 2003

ANAKENA PINOT NOIR RESERVADO 2003
(アナケナ ピノノワール レゼルバ 2003)
チリ産 輸入元:中部貿易株式会社
赤 フルに近いミディアム ネット販売850円

【コメント】
さくらんぼの赤の色合い、熟した苺のようなエレガントな香りがあります。仄かなオークのニュアンスが、柔らかで繊細なビノノワールを引き立てています。



【感想】
今まで飲んだアナケナシリーズの中で一番余分な甘みがありません。
仄かに繊細な酸味があり、癖のない上品な香り、そしてしっかりとしたボディ感。
この味わい、ワタシかなり好き。
きっとまた買いたくなる味、91点。
これで樽香がしっかりあれば最高に好きなんだけどなぁー。


2004年11月21日(日)
【白】勝沼ブラン1999年樽熟成

KATSUNUMA BLANC 1999
(勝沼ブラン 1999年 樽熟成)
勝沼 勝沼醸造株式会社
白 辛口 ネット販売2000円


【コメント】
勝沼の風土で育まれた伝統ある甲州種の持つ繊細で優雅な味わいを引き出すべく、原料からこだわり、低温発酵でゆっくりと醸造しました。
甲州種とオーク樽の愛称の良さから古樽で熟成し、やわらかい樽の風味がワインに奥行きを与えています。エレガントさと調和を追及した逸品です。

【感想】
エレガントという言葉が相応しいとっても優しい上品な味。
だけど、あまりにもパンチがなさすぎと言うか、全てにおいて消極的すぎると言うか、まろやかなだけに甲州種の存在感がなく、なんだか気が抜けたような感じでした。(そう言えばコルクが緩かったぞ!と隊長が言ってました。)
樽熟成のわりには、深みも少なかったです。
極力色んな角を削って作られたフランスワインのような感じ。
とても期待して飲んだだけに残念、85点。癖がなくとても飲みやすかった隊長は、90点。


2004年11月16日(火)
【赤】アナケナ・カベルネソーヴィニヨン 2002

ANAKENA CABERNET SAUVIGNON 2002
(アナケナ・カベルネソーヴィニヨン 2002)
チリ産 輸入元:中部貿易株式会社
赤 辛口 ミディアムボディ ネット販売850円

【コメント】
プラムや赤いさくらんぼ、スパイスの香りを持つカベルネ・ソーヴィニヨンは、口に含むと熟した果実の香りや、丸いタンニンを感じます。
この深い紫色をしたワインは、とてもバランスが良く、フィニッシュが長く続きます。

【感想】
香り、果実の甘み、タンニン、深み、全てが程よい関係にできあがっています。
今まで飲んだアナケナの赤は、果実の甘みの存在感が大きいものが多かったので、かなり構えて飲んだのですが、意外に優等生タイプの味わいでびっくりしました。
逆に言えばインパクト不足でちょっと寂しい感じもしないでもありませんが、バランスが良くテーブルワインの赤としては最適な味わいだとも言えます。
88点。


2004年11月08日(月)
【赤】アナケナ・カルムネール レゼルバ 2003

ANAKENA CARMENERE RESERVADO 2003
(アナケナ・カルムネール レゼルバ 2003)
チリ産 輸入元:中部貿易株式会社
赤 限りなくフルに近いミディアム ネット販売850円

【コメント】
ラペルヴァレー産カルメール種100%使用。
熟したブラックベリーの香りや、すもも、スパイスの香りがします。
このユニークな香りは、このチリ旗艦ワイン特有なものです。
濃縮した果実の香りと滑らかなタンニンが、この秀逸なワインを造っています。

【感想】
どっしりとしたボディ感、そして濃厚で独特な香り。
さぞかしタンニンの利いた味かと思いきや、中辛口で果実の甘みが口のなかでほわーっと広がります。
最初の一口目はちょっと甘すぎるかなぁーと思ったのですが、辛い辛い地獄のような鍋と一緒にいただいたおかげで、とても美味しく飲むことができました。
逆にこのワインに助けられた感じ。
このお値段でこの重厚感は素晴らしい。
チリの燦々と輝く太陽を浴びて作られた濃厚な味でした。86点。


2004年11月02日(火)
【白】シャブリ 2002 ドメーヌ・デュ・シャルドネ

Domaine de Chardonnay Chablis 2002
(シャブリ 2002 ドメーヌ・デュ・シャルドネ)
フランス ブルゴーニュ産 輸入元:株式会社モトックス
白 辛口 ネット販売 1480円


【コメント】
ドメーヌ・デュ・シャルドネは1987年設立。
オーナー兼醸造家のエティエンヌ・ポワロー氏をはじめ、ブドウ畑のウィリアム・ナハン氏とクリスチャン・シモン氏、それに数名のスタッフと共に37任亮社畑から採れたブドウだけを使用し、温度監理発酵、ステンレスタンク熟成というスタイルでワイン造りを行っている、小規模な家族経営のドメーヌです。
ほのかに緑色を帯びた輝きのある色合いで、フレッシュな柑橘系の香りが特徴です。
活き活きとした果実味に溢れ、非常にクリアーな味に仕上がっています。AOCシャブリ。

【感想】
ほどよい酸味とキレ、軽いボディ感でとてもフレッシュな味わい。
さっぱりしているのでとても飲み易く、料理を選ばない味わいです。
ワタシ好みの厚みはないけど、時々こういうワインも飲みたくなります。
隊長は飯の邪魔にならなくてかなり美味かったそうです。87点。


↓「TABLE WINE」投票ボタン。



今日もまた最後まで読んで下さって感謝感謝でゴザイマス。
 Home  BBS  恋文  ←1コ前  目次  →1コ後  ABC別目次

↓「TABLE WINE」定期購読ボタン。



オレ様の安物ワイン日記をmy登録されているエンピツ作家の皆様アリガトウございます。

マイセレクトを「SPICY TALK」に設定しているため、発見がかなり遅れがちです。ごめそ。

TABLE WINE キル /