同じ空の下で。
DiaryINDEXpastwill


2003年08月27日(水) 英語教育

なんやかんやで、忙しいのやら忙しくないのやらのたけです。
こんにちは。学校の先生ってどんな服装したらいいんですかね?


今日は、というか、いつもなんだけど、
文の構成を考えずに書き殴ります。


テーマは英語教育。
と、いうのも定期読者様方はご存知かと思いますが、
いよいよ教壇に立つことになったので、
今一度、自分の英語教師としての目標と言うか方向性を
確認したく、今日はこのテーマ。


まず、僕が人に英語を教える時の方向性は、一言で表せば
「その人が英語好きになること」である。


あまりにも漠然としていて、
あまりにもおこがましいことかもしれないけれど、
僕が英語を教えるときは、このことを常に考えてやっている。


何故かと言えば、簡単で、僕が英語が嫌いだったから。
嫌いなものはやりたくないし、つまらない。
必然的に、テストの点数も落ちるだろうし、そうなりゃ余計嫌いになるだろうし。


塾の講師とは違って、学校の教師と言うものは、
生徒のテストの点数に大げさに注意を払わなくても良い職業だと思う。
塾の講師は、生徒の成績を上げて何ぼの世界であるが、
学校の教師は、そうではない。


前者は、点数をあげるという簡単なプロセスから英語にアプローチする
存在であり(もちろん違う場合もあって、実際に僕は塾で行っていた)
後者は、生徒の知的好奇心を刺激するというプロセスから英語に
アプローチすることができる存在だと思う。


つまり、英語の授業で生徒の知的好奇心を刺激してやることで、
英語を好きになってくれるような授業をしたいのである。


具体的にどのような意味かと言うと、これまた簡単に言ってしまえば、
、、、簡単に言ってしまえば、、、日本語で簡単に言え無そうなので
英語で書いてみると、

Learning English(Language) is not learning itself
but learning it as a tool for our life.


英語に限らず、日本語を含む言語を勉強することは、
その向こうに、道具としての言語があるのです。
もちろん、生成文法を始めとするいわゆる言語学という分野を専門にしている
ごく一部の方々は英語(言語)を英語(言語)として研究しています。
しかし、われわれ一般人はそんなことはやる必要はないのです。


われわれ一般人が勉強する英語の目的は、
言語そのものではなく、それを自分たちの生活に活用できるように
英語を道具として得ることだと思うのであります。


噛み砕いて言えば、イギリスのサッカー雑誌・ファッション雑誌を
読みたいから、だとか、ベッカムにファンレター書きたい、だとか、
英語で詩を書いて歌いたい、だとか、、、、、
とにかく、どんなことであれ、英語は自分の欲求をみたす
道具であると思うのです。


「この日本語を英語に変えなさい」という問題を生徒にやらせるのなら、
「ベッカムにファンレターを書いてみよう」とか「ブッシュに文句を言おう」
ということを生徒にやらせたい。
もしくは、常に何故「この日本語を英語に変えなさい」という
問題をやるのかを生徒たちに伝えて行きたい。


「みんなが英語好きになる」ようにね。








↑エンピツ投票ボタン。


「My Enpituに追加」


2003年08月25日(月) 車購入。

こんにちは。とある千葉の駅でナンパされました、たけです。
後ろから、背中をたたかれて、そこに立っていたのは男。
男かよ!!俺は、そっち気はないぞと思っていたら、、
えぇ、友達でした。びっくりしたよ。
っていうか、3年以上ぶりにあった。変わってないねぇ、M君。
と、いうことで、たけです。日焼けに拍車がかかっています。濃いです。えぇ。


で、題名の通り、車買いました。
いやぁ、大変だったよ〜。
何がって、もう、車を探して3000里状態。
何件も中古車屋やらディーラーやらに行き、いろいろ見て回ること数日。
やっとのことで買ってきました。


中古なんだけど、RAV4の3ドア。
これで、海にも行けるし山にも行けますぞ。
もう、やりたいことはいっぱいありますな。
いろいろ、やったことないスポーツを始めたいみたいな。


っていうか、実は100%のペーパードライバーなのも事実なんですな。
大学3年のときに取って、それ以来、1分でも運転したのは
なんと、、2回。2回って!!!ありえない。


練習しないといけないんだけど、時間がね。
なんせ、納車が日曜日で、次の日から仕事だからね。。。
さてさて、どうなることだか。。


と、いうところでこの辺で。







↑エンピツ投票ボタン。


「My Enpituに追加」


2003年08月21日(木) 近況2。追記つき。

昨日、図書館で「same sh○t」(○の中はiね)と
胸のところにデカデカと書いてあるTシャツを着ている高校生がいました。
えぇ〜、是非、英語圏の国にそれを着ていってください。お願いします。
ということで、お久しぶりです。たけです。まだ、くたばっていません。
でも、ボクサーパンツがちょっと伸びてトランクスになりそうです。
新しいの買わないとね。


と、いうことで近況であります。
実は、9月から講師として、とある公立高校で教えることになりました。
突然なんだけど、まぁ、いい機会なのでやらせてもらうことにね。
中途半端な時期なので難しい所もあるだろうけど、
まぁ、自分なりやってみます。


なもんだから、まずは、、車を買わねば。


いやぁ、それにしても緊張するだろうな〜
間違いなく、最初は「だれやんね、このデカイ奴」って思うだろうしね。
それに、授業も引継ぎなしで、直接やり始める可能性もあるみたいだし。。。
まぁ、やってみないと分からないけどね。。


この日記の性質もちょっと変わるかもしれませんな。
っていうか、旅行記はどこいった。。。みたいな。







↑エンピツ投票ボタン。


「My Enpituに追加」



〜〜〜〜〜追記〜〜〜〜〜


えっと、車探ししています。
4輪駆動が欲しいんですな。まぁ、パジェロみたいな。
でも、、さすが無職、まぁ、高望みなんですよ。これが。
んなもんだから、パジェロのちっちゃいの系とががターゲットだったんです。
だったんです。だったんです。。。。


無理とわかりました。えぇ。
何が無理かって、、、体に合わない。ちっちぇでやんの。運転席が。
足はきついし、腕もあかん。。。


う〜〜ん、分かったことが一つ。
僕の場合、車は選ぶんじゃなくって、選ばれるみたいな。
えぇ、もちろん。ことごとく「お前は、俺には乗れん」ってね。
不便ですこと。。。







↑エンピツ投票ボタン。


「My Enpituに追加」


2003年08月15日(金) 近況

寒いですな。夏ですよ。夏。
終戦記念日なのに、寒いですよ。
でも、ヨーロッパは暑いみたいですね。。。
夏はやっぱ、暑い方がええな。どうも、たけです。


えぇ、、まず言わなくてはいけないことが一つ。
お久しぶりでございます。生きてます。
ご心配をかけた皆様(いればだけど)、こんにちは。たけです。生きてます。


次に言わなくてはいけないこと。
落ちました。試験。1次試験で。
これ、報告しようかしまいか考えましたが、します。
まぁ、いさぎよく、、、、実力が十分でなかったのでしょう。
どんな状況でも、自分に他人に文句を言わせない実力があれば
受かるでしょうしね。まぁ、僕はそう思うので。
文句を言わせない実力をつけます。えぇ。


数年前に母校で行った教育実習の記録やら
写真やら、生徒たちのメッセージ、寄せ書きなどを久々にながめました。
何て言うのかな、ありきたりな言葉であらわすと、
「初心」を思い出したような感じです。


今の僕があるのは、今までの僕の積み重ねだと思うのね。
例えるなら、砂時計。
砂時計は、ひっくり返した瞬間から砂が落ち始め、
少しずつ、少しずつ砂が積み重なり、山のように土台がしっかりする。
その徐々に広がり、高くなっていく土台に新しい砂が落ちてきて、
山を高く、そして大きくしていく。

今の僕は、生まれてきた瞬間から、砂が落ち始め、
いろいろなことを経験し、人間としての土台を徐々に大きくし、
高く、高くなろうとする。そのようなものだと思うのであります。


今まで、積み上げてきたものに後悔はないし、間違っていないと思う。
だけど、それに必要以上に依存するのもよくないね。
だって、過去は過去だし、大切なのは今であって、これからだし。
そのようなことを、昔行った教育実習時の生徒たちに
思い出させてもらった気がしたよ。ありがとうね。


さて、ということで、もう凹んでないっす。
まぁ、人並みには凹んだから、もういいかなってね。






↑エンピツ投票ボタン。


「My Enpituに追加」


2003年08月04日(月) ヨーロッパ・バックパック旅行記(4)

レアルが来日しましたね。
あの〜〜、異常ですよ。ベッカムに対してだけ。
はっきし言って、レアルに入ったら彼とてただの選手ですよ。
にしても、相変わらず田舎くさいですな。
喋らない方がいいのに。。。
こんにちは。たけです。
ベッカムファンには申し訳ないですけど、日本語で言えば
彼の英語は東北弁みたいなもんですぞ。


と、いうことで続き。


(5日目)

ニースからローマ行きの夜行列車。そこで、事件発生。
旅行初のスリ事件に遭遇したのです。
で、この事件のことは以前、この日記にも書きましたよね〜。
と、いうことでここでは割愛。
読んでいない方は、ここからどうぞ。→スリ未遂事件。


はい、皆様読まれましたかぁ〜?
実はですね、そのイタリア人兄ちゃんが出て行った後、
もう一人、疲れた顔のイタリア人おっちゃんが入ってきまして、
ず〜〜〜〜〜っと、僕の隙を狙っておりました。
まぁ、最後には諦めて出て行きましたけど。
で、後から聞いた話なんですが、この電車はスリ列車ということで
かなりの有名らしいのです。みなさま旅の際はご注意を。


と、いうことで、早朝、ローマの駅に着きました。
で、すぐに次の目的地、ミラノへの電車チケットを予約し、
その後、すぐにホテルを探し、いざ、ホテルに向かったのです。
ホテルに荷物を置き、まずは定番コロッセオに。
めちゃくちゃ混んでいましたが、並んで中に入りました。それにしても暑かった。。


で、昼に一度、ホテルに戻ると、そこには2人アメリカ人がいまして、
彼らと飯を食いに行くことに。
ここでも、ケンタッキーか!!!とバルセロナの悪夢を思い出すが、、
行き着いたところは、イタリアンカフェみたいなところ。
やったね。ついに、現地で現地の物が食べられる。
僕は、パスタを食べたのですが、味は、まぁまぁでありました。
ちなみに、アメリカ人2人は昼間っから赤ワインを空けてました。。


昼食後、彼らと別れ、一人ぶらぶらと市内探検。
で、夜飯は駅にあるピザのファーストフードで済ませ、寝たのでありました。
あ、そうそう、ホテルに帰ると、またまたアメリカ人が2人ほど増えてまして、
アメリカ人に囲まれて寝たのでした。
ちなみに、その1人は日本にいたことがあるらしく、とある英会話学校で
教えていたらしい。いい金貰っていたとか。。ええなぁ〜。








↑エンピツ投票ボタン。


「My Enpituに追加」


2003年08月02日(土) あるギャグを英文法的に考察する。

江戸川の花火大会に行ってまいりました。
彼女の部屋から70Mぐらい先に江戸川があって、
本当に目の前で見えるので、そこで毎年みんなが集まって見ているのです。
そこに、参加してまいりました。どうも、たけです。
夏が始まりましたな。


で、今日は旅行記の途中ですが、与太話をお送りします。

あの、最近のそこそこ流行のギャグにふと疑問が生まれたので
ちょっと、それを考えることに。
そのギャグとは、これ→ (σ  ̄ー ̄)σ

お分かりですか?えぇ、「GET's(ゲッツ)」ですな。

これ、今まで何とも思わなかったんですが、、
英文法的におかしいですよね。おもっきし。
「's」は何の略なんですの??

基本的に英語において、アポストロフィー+s
は省略形をあらわします。
つまり、「s」は何かを短くしてるんですよね。
例えば、「it's」は「it is」みたいにです。

さて、ここで考えるのです。ゲッツの「s」を。
この「s」を、先ほどの例のように「is」の省略形(つまりget is)
と考えると、英文法においては、誤りになってしまいます。
その理由は、単純に動詞と動詞を並べて使うことはできないからです。
(注:英文法が崩れて例外的に並ぶこともあります。例えばgo eatみたいな。これは元々はgo and eat)

英語の文において、動詞同士は仲が悪いのです。
彼らは接続詞というクッションがなければ、文において1つしか必要ないのです。
逆に言えば、動詞は1つ必ずあり、また、1つゆえに大きな影響力があります。
つまり、動詞は文の王様と考えていいでしょう。
王様の好み、性質によって文の構造が大きく変わってしまうからです。

すこし、話がずれてしまいましたが、、
とにかく、「GET's」の「s」は「is」の省略形ではありえないわけです。

ならば、他の「アポストロフィー+s」を考えてみましょう。
ひとつ思い浮かぶのは「Let's」でしょうか。

まず、この「Let's」の「s」は何なのか。そこから始めましょう。
意外と、この「s」を「is」だと勘違いしている人が多いのですが、
これは、間違えです。理由は先ほど述べたのと同じですね。
動詞は2つ並べることができないのです。「Let」は動詞ですからね。
「え?Letが動詞?」と思った方。これは、紛れも無く動詞です。
いわゆる、「Let's」は「Let」という動詞を使った命令文ですね。

では、「Let's」の「s」は何なのか?
答えは、「us」です。

「Let」という動詞は一般的に「使役動詞」と言われます。
「使役」とは何かと言いますと、人に何かをやらせる、許すということです。
例えば、「Let me do it」ですと命令形ですので、
「俺にそれをやらせろ」とか「やらせてくれよ〜」「やらせてみな〜」ってなりますね。

「Let's」というのも同じ考えで、
例えば「Let's do it!」→「Let us do it!」では、
「俺らにそれをやらせろよ〜」→「それやろ〜ぜ〜」となります。
ちなみに、この文の場合、誰に許可を求めている(隠れ主語)かと言うと、
おそらく、「神」になると僕は思います。
それは、「Let's」=「Shall we」ということで、
そのshallのもっている特徴を考えるとその理由にたどり着きます。
まぁ、ここでは長くなるので割愛。

で、話を戻して、アポストロフィーのsは「usの省略形」
と考えることができると分かりました。
それをふまえて「GET's」を考えますと、「Get us」という可能性になります。
これは、おそらく文法上100%間違えということは言えないでしょう。
ただ、見たことはありませんけどね。

しかしながら、では、この意味は何なのかと言われるとまた困るのです。
「Get us」このまま、見ますと命令形ですよね。
でも、いまいち意味がとりずらい。
また、「(I) get us」と主語の省略と考えても「。。。」ですな。

ただ、ギャグが滑ってシラケたときに使うのが正しい使い方ということを考慮に入れると
むりやり、意味をつけることもできるかなと思います。
お客さんがシラけ、そのお客さんと自分が作り出す、いわゆる雰囲気を「us」と考え、
その雰囲気を「いただき〜」とすると、まぁ、ありですかな?


と、、、まぁ、つまんないことを考えた英語教師の卵でした。







↑エンピツ投票ボタン。


「My Enpituに追加」


2003年08月01日(金) ヨーロッパ・バックパック旅行記(3)

今日は、イギリス大学時代の先輩方に会ってまいりました。
ご馳走様でした。みなさま。
こんにちは、たけです。ジーパン買いました。
ちょっと予算オーバーでございます。

と、いうことで続き。


(4日目)

起きるとそこは地中海だった。みたいな。
昨日の夜は、まず、スペインとフランスの国境の駅まで鈍行で行き、
その後、寝台車に乗ったのでした。
で、向かうは小国だけどお金持ちの国、モナコ。


朝、7時10分。僕を乗せた電車は南仏コートダジュールはカンヌに到着。
そこで、フッと次の停車駅ニースに降りることにする。
ここが、ぶら〜り途中下車のたび。のいい所ですな。


まず、ニースでは馬鹿でかいバックパックを預け、うろうろすることに。
やっぱ、南仏なんだから、地中海でしょう。ということで、海の方へ。
で、終了。なんてことは無い。海ですな。海。すっごくきれいで感動はするけど、
いかんせん、今回は時間が無かったからちょっと眺めておしまい。
今度行くのなら、ちょっと長居して十分に海水浴を楽しみたいですな。


で、海を離れシャガール美術館へ。
ここで、事件発生。迷いに迷って、小高い丘にあるシャガール美術館に着いたのは
いいんだけど、、手持ちのお金が50ユーロ札しかなく、
それがさぁ、使えないって言うの。しかも、その対応の仕方がむかつく。
あぁ、ムカつく。ムカつく。ムカつく。
あまりにムカついたから、そのまま入らないで駅に行き、荷物を引きとって
モナコ行きの電車に飛び乗ったのでした。
ということで、GOOD BYEニース。もう当分来ないよ。


12時8分の電車でニースを離れモナコへ。
20分もたたずに到着。なんとも近いね〜。駅もすごく近代的で綺麗だったよ〜。
ただ、一つ問題が。荷物を預けるところが無いでやんの。
なもんだから、15舛阿蕕い離丱奪パックを担いだまま市内探検。


モナコといえば、やっぱF1ですかな。
ちょうどモナコグランプリを1ヵ月後に控えて
準備に大忙しなモナコの町をくそ重たい荷物を背中にして歩いたのです。
しかも、雨とか降りやがってもう大変だった。まじで。。
モナコの王様が住んでいる宮殿なんか丘の上だからつらかったし。


実は、モナコの次の目的地がイタリアでした。
イタリアのどこかはまだ決めてなかったのだけど・・・。
で、モナコの駅に戻り話しをしてみると、夜行でローマ行きがあるということ。
しかも、出発駅はニースというなんともラッキーな情報を掴んだのです。
ということで、超強行日程決定。一泊もしないでローマに向かうっていうね。
つまり、バルセロナ→ニース・モナコ(夜行)→ローマ(夜行)みたいな。


で、ここでたけ少年悩んだのです。
ローマ行きの夜行はニース発ということ。
と、、いうことは、ニースに戻った方が利口なのではと。
だって、始発だから好きなところに座れるでしょ?
でも、あれだけムカついてGOOD BYEニースしたのに戻るなんて男が。男がぁ〜〜。
と、悩むこと30秒(早っ!)。ニースとんぼ返り決定。
そして8時25分のローマ行きの夜行に乗ったのでした。







↑エンピツ投票ボタン。


「My Enpituに追加」


T |MAIL

My追加