初日 最新 目次 MAIL HOME


しもさんの「気になる一言」
しもさん
MAIL
HOME

My追加

2017年11月23日(木)
信念を曲げたら僕は生きていけない。

映画「ハクソー・リッジ」(メル・ギブソン監督)から。
今までにも数多くの戦争映画を鑑賞してきたが、
本当に、戦争を体験してきた人たちの話と、
映画の戦争シーンのギャップを埋められなかった。
だからこそ、今回の沖縄戦のリアルさは、経験者の話と近く、
本当にこんな恐怖だったんだろうなぁ、と胸が締めつけられた。
さて作品中、「壁」(リッジ)という言葉が何箇所かで使われている。
冒頭、主人公が幼少時代、壁に駆け登って親に叱られるシーン。
「危ないぞ、崖(リッジ)から離れろ」
私の知識で、壁は「wall」、崖は「ciff」だと思っていたので、
字幕を見て慌ててメモをした。(笑)
次に「壁」が出てくるのは、志願兵でありながら、銃を持たず
軍法会議にかけられることになった時、
彼女が「何をされたの?」と心配げに訊ねたあとのシーン、
主人公の彼は「何でもない、壁と戦って負けただけ」と答えている。
そしてもちろん、戦地・沖縄の断崖絶壁「ハクソー・リッジ」。
主人公にとって「壁」は、乗り越えるもの、と思っていたかも知れない。
「壁」があるから、諦めるのではなく、途方も無い「壁」があっても、
信念を曲げず登り続ければ、いつかは超えられる、そう感じていた。
だからこそ、彼は「信念を曲げたら僕は生きていけない」と口にする。
もちろん戦争の映画であるが、監督が私たちに伝えたかったのは、
「主よ、もう1人助けさせて。もう1人・・」と神にお願いしながら
「お願いです、もう1人助けさせて」とうわ言のように呟かせた
彼の「信念」が、光輝いていたと言える。
最後に上官が言う。「お前は奇跡を成し遂げた。その奇跡が必要なんだ。
お前なしでは戦えない」、なるほど、そういうことか。(汗)



2017年11月22日(水)
なんでそんなこと訊くんですか? 

観光地に行くと、多くのシルバー世代の人たちが、
観光ガイド役をしながら、バスから降りてくるツアーの方々を
楽しそうに案内している姿が目に入る。
どうして、若い人たちがいないのだろう?と不思議だったのだが、
その理由が少しだけどわかった。
(若い人のガイド役は、今でも話題になるほど少ないから・・)
今では、観光地のあらゆる情報は、スマホで調べればわかる。
地形や歴史、仕組みなど、興味があるならガイドに案内されなくても
もっと詳しくわかるから・・が本音であるようだ。
だから「歴史とか訊かれても困らないように勉強しようよ」と言えば
「なんでそんなこと訊くんですか?。スマホで調べればいいのに」と
いうことになりかねない。
ここに観光案内のヒントが隠されている気がしてならない。
ネットに載っているようなことの説明は、少なくて構わない。
逆に、ネットには掲載されていない「今だけ、ここだけ、あなただけ」の
観光情報を、タイムリーにガイドできることが求められている。
それが話題になることで、あの人のガイドを聴きたい、となるのだろう。
これからは、ネットに掲載されていない情報で勝負だなぁ。



2017年11月21日(火)
日本独特の「片廊下」「昇降口」「下駄箱」(上履き)

平成29年度日大国際関係学部主催(下期市民公開講座)
統一テーマは「日本の社会・教育を考える」
講師「冨士原雅弘」氏(日大国際関係学部准教授)
演題「日本の学校空間の成り立ち」から。
まず、武士階層が学ぶ「藩校」。庶民層が学ぶ「寺子屋」
そう理解していたら「寺子屋」は、京・大坂中心。
江戸などでは「手習塾」と呼んでいたことは、へぇ〜だった。(汗)
さらに「片廊下」「昇降口」「下駄箱」(上履き)などを挙げ、
私が今まで何も疑問も持たず利用しいた、日本独特の学校空間について、
丁寧に説明を加えてくれた。
海外では「廊下」を挟んで教室が両側に配置されているが、
高温多湿な日本では、風通しのよくない中廊下は不適当で、
「片廊下」が好ましいとされたようだ。
寒暖の激しい地域では、廊下の方向も工夫されていることを知った。
一番驚いたのは「昇降口」で「上履き」に履き替えるという習慣。
これまた、教育の一環でそういうものだと思い込んでいたら、
これこそ和式建築から当然に生まれた生活習慣の採用(二足制)だった。
大学などは一足制だがら、教える側の生活習慣に合わせた、という説明に、
妙に納得してしまった。
「下駄」など履いていかないのに、なぜ「下駄箱」と言うのだろうか、
以前、そんな疑問は持ったことがあったが、なんとなく理解できた。
下履きが下駄の場合、騒音、土足による泥・ほこりの侵入、衛生保持できない
などの理由が、あとから付されたとも教えていただいた。
意外な日本の学校の建物空間、まだまだあるんだろうなぁ。



2017年11月20日(月)
子どもが読むのが子どもの本ではない

書籍「読書からはじまる」(長田弘著・NHK出版刊・201頁)から。
次に紹介するのは「こどもの本のちから」という項目。
まず最初に「本は、年齢で読むのではない」と言い切り、
「本を読むというのが、新しいものの見方、感じ方、考え方の
発見を誘われることでないなら、読書はただの情報にすぎなくなり、
それぞれの胸のなかに消されないものとしてのこる何かを
もたらすものとしての、読書の必要は失われます」と。
さらに「子どもが読むのが子どもの本ではない」
「年齢によって、本を考えることをやめたい」とまで。
「年齢によって、限定されない読書の楽しさ」を提案している。
「子どもの本というのは、子どものための本なのではありません。
大人になってゆくために必要な本のことだというのが、
わたしの考えです」というフレーズにぶつかり、感激した。
子どもの本になくなてはならない「物語の三原則」は、
「古くて歳をとったもの」「小さいもの、幼いもの」
「大切なもの」を示してあげることだと理解した。
どの図書館でも「子供と大人」でフロアを分けたりするから、
私たちが子供用の楽しそうな図鑑を見つけられないんだよなぁ。



2017年11月19日(日)
「インデペンデンス・デイ」を観直したくなる映画

映画「インデペンデンス・デイ2014」(W・D・ホーガン監督)から。
鑑賞後、あまりにチープな作りに言葉がなかった。
タイトルだけで選んだ自分が情けなかったが、
逆に、こんな作品に出会えるのは、珍しいかもしれない。
製作国・カナダの原題は「INDEPENDENCE DAYSASTER」
「INDEPENDENCE」は「独立・自立・自活」
「DAYSASTER」は「毎日・幾日も」
あっ、もしかしたら、私たちが勝手に、
「Independence Day」(独立記念日・米国は7月4日)と
勘違いしたのかもしれない。(意味が違う?)
原題をみれば、大作「インデペンデンス・デイ」とは別物、と
ハッキリわかったのになぁ。(笑)
「こいつは、すげえゃ」や「地球外生命の探査が仕事よ」
映像や場面設定で表現するはずが、台詞で説明するから、
安っぽい仕上がりになってしまう。
また、偶然が多すぎて、観ていて「興奮」するというより
「笑い」が込み上げてしまうほど・・・。
もう一度、映画「インデペンデンス・デイ」を
観直したくなる映画、というのが、この作品の感想かな。



2017年11月18日(土)
「稲本」出すなら「小野」を出せ

職場の後輩達に連れられ、清水エスパルス公式戦に出かけた。
場所は「アイスタ(IAI)」相手は「北海道コンサドーレ札幌」、
小雨の降る中、必死の応援むなしく、0-2で負けた。
あまり印象に残るシーンも無く、精彩を欠いたまま終わったが、
後半47分、相手チームから「稲本潤一選手」が出てきた時、
やっと知ってる名前が出てきた・・と喜んだ。(笑)
しかし、もう勝敗もほぼ決している時間帯なのだから、
どうせなら「沼津市出身の小野伸二選手」のプレーが見たかった。
(試合前の選手紹介でも、小野選手だけは、相手チームなのに
拍手で迎えられたほど、人気者だったから)
野球では、勝敗に影響がない大差の試合には、地元出身とか、
地元ゆかりの選手を出場させ、ファンサービスをしてくれるのに、
サッカーには、そういった感覚は無く、最後の最後まで、
ベストメンバーで臨むことが暗黙の了解らしい。
年に一度しか観戦しない、にわかサッカーファンは、
所属チームに関係なく、地元生まれ、地元出身選手を応援したくなる。
だから、今回の試合をワンフレーズでまとめると
「『稲本』出すなら『小野』を出せ」
(全国のサッカーファンのみなさん、ごめんなさい(汗))
でもこの一言で、10年先でもこの試合を思い出せるんだよなぁ。



2017年11月17日(金)
「働き方改革」ではなく「働きがい発見」

駿東三市三町幹部職員研修会
講師「岩崎清悟」氏(静岡ガス(株)前・代表取締役会長役社長)
演題「エネルギーから見た地方創生」より。
「1 原油の低価格はいつまで続くか?」
「2 エネルギーから見た地方創生」
「3 活き活き高齢者化社会に向けて」
3部構成の内容で「ガス」というエネルギーのもつ可能性を、
丁寧に説明されて、今後は「分散型のローカルシステム」が
エネルギーの課題を解決するだろう、と纏めてくれた。
しかし私が印象に残ったのは、(本題ではなく申し訳ないですが・・)
「せっかくチャンスをいただいたので、私見を申しあげたい」と
前置きをし、書籍「孤独のすすめ」(五木寛之著)から引用しながら、
「高齢者就労施策の展開を」と提案したことである。
「生涯現役促進地域連携事業タイプ」(厚生労働省)を示しながら、
特に「7 社会参加タイプ」を、地方公務員の私たちに提案してくれた。
「7 社会参加タイプ」とは「高齢者の雇用・就業だけでなく活躍の場として
ボランティアや就業体験を含めた社会参加を広く推進するパターン」として、
「ノルマを外して、じっくり話し聴くような仕事」を、高齢者に与えることで
高齢者は、自分の居場所として、経験から積み上げてきた能力を、
惜しみなく提供してくれるに違いない、そんなアドバイスにも聴こえた。
高齢者にとって今必要なのは、政府の示す「働き改革」ではなく、
自分が社会のために役に立っているという「生きがい・働きがい」。
ワンフレーズにすると「『働き方改革』ではなく『働きがい発見』」
定年退職を1年半後に控えた私には、その意味が理解できる。
高齢者にとって大切なのは「働きがい」なんだよなぁ。



2017年11月16日(木)
そのマフラーをどう結ぶかです。

書籍「読書からはじまる」(長田弘著・NHK出版刊・201頁)から。
読書の話なのに、マフラーの例えが出てきて思わず頷く。
「冬は、だれもがマフラーをします。
マフラーというのは結び方が肝心で、たとえみながみな
同じマフラーをもっていても、その結び方、身につけ方で、
印象がまったく違ってくるのがマフラーです。
マフラーは、さまざまな結び方をもっていて、
はやりの結び方があり、野暮な結び方があり、きれいな結び方があり、
見ていていいなと思える結び方があります。
結び方次第で、気分も違います。重要なのは、
どういうマフラーをもっているかではありません。
そのマフラーをどう結ぶかです」と。
本の読み方も、百人いれば百通りの読み方がある。
どれが正しい読み方で、どれが間違った読み方などない。
しかし、せっかく自分の大切な時間を使って読むのだから、
素敵な読み方をしたいな、といつも思う。
これから、マフラーが必要な季節になってくるから、
そのたびに、この例えを思い出そうっと。



2017年11月15日(水)
ROM人間が多くて、RAM人間が少ないよね

職場のベテラン組と飲みながら交わした意見交換会。
久しぶりに「最近の若い人たちは・・」というフレーズが飛び交い、
それはそれで、面白い話題満載だった。
私たちも若い頃、先輩の方々に言われたんだろうな、と想像できる。
今回のメモに残されていたフレーズは、
「ROM人間が多くて、RAM人間が少ないよね」だった。
「ROM」とは〔read-only memory〕の略。
読み出し専用の半導体記憶装置。RAMと異なり書き込みはできないが、
電源が切れても内容は失われない。
それに対して「RAM」とは〔random access memory〕の略。
ランダムアクセスが可能な記憶装置。特に,読み出しだけでなく
書き込み可能な半導体記憶装置をさす。
この定義を拡大解釈すると「ROM人間」とは、
インターネットのSNSなどで顕著に現れる
他人の発言を読むだけで自分から発言しない人のこと。
「RAM人間」とはその逆で、積極的に、投稿・コメントする人のこと。
その場では、なるほど・・と思ってメモしたが、翌日読み返すと、
これって「若者に限ったことではないな」と思ったし、
もしかしたら「私たち世代」の方が「ROM人間」が多いかもしれない。
しかし、もっと深く考えれば「ROM」でも「RAM」でも、
「好奇心旺盛」には違いないのだから、まだ捨てたもんじゃない。
一番の問題は、世の中の動きに無関心の人かな。



2017年11月14日(火)
(夕陽を見ながら)今日も無事に終わりました。

映画「追憶」(降旗康男監督)から。
元旦の朝陽(初日の出)に手を合わせる人は多いけれど、
大みそかの夕陽に手を合わせる人は少ない、
そんなことが書かれていた本を、数年前に読んでから、
私は年に一度、大晦日の夕陽に手を合わせている。
その年に亡くなった人を一人ずつ思い出しながら感謝し、
夕陽に向かって「今年も無事に終わろうとしています、
ありがどうございました」と手を合わせる。
それを毎日実践している人を映画の中ででみつけた。
それが、この作品であると言ってもいい。
作品中にメモした多くの台詞の中、
(夕陽を見ながら)「今日も無事に終わりました。
ありがどうございました」と手を合わせる女性が心に残った。
それはまさしく、この作品を支えている考え方だな、と思う。
一日一日、なにごともなく無事に終わることの有り難さは、
歳を重ねて来た私には、とてもよく伝わってきた。
私もこれからは、年に一度と決めないで、できる限り、
今まさに沈もうとしている夕陽に向かい手を合わせ、
「今日も無事に終わりました。ありがどうございました」と
実践してみたいと思う。
お天道様に、1日の報告と感謝するって、素敵なことだから。