初日 最新 目次 MAIL HOME


しもさんの「気になる一言」
しもさん
MAIL
HOME

My追加

2017年09月21日(木)
ばくちは勝つためにうつ。

書籍「関ヶ原(上)」(司馬遼太郎著・新潮文庫刊・539頁)から。
大きな事業をしようとする時、必ず「ばくち」の匂いがする。
伸るか反るか、成功するか失敗するか、大きな賭けだからだ。
その「大切な賭け」(ばくち)に関して、こんな会話を見つけた。
危険だと感じた井伊直政に、家康は一蹴する。
「ばくちを打たずに天下を奪いえた者があるか」と。
また「そのようにうまくいくものでございましょうか」と、
心配するお勝に向かって「ばくちは勝つためにうつ。」と言い切る。
「勝つためには、智恵のかぎりをつくして、いかさまを考えることだ。
あらゆる細工をほどこし、最後に賽をなげるときには、
わが思う目がかならず出る、というところまで行ってから、
はじめてなげる。それがわしのばくちだ」と言う。
「それではばくちにならぬではありませぬか」と言うお勝に、
「いや、真のばくちだ。まことのばくちというものは、
運などはたよっておらぬ。わが智恵にたよっている」とまで。
さらに「ばくちは一人ではできぬ。相手が要る」と。
今は、このフレーズがとても気にかかるが、
まずは、映画「関ヶ原」(原田眞人監督)を観る前に、
「ばくちは勝つためにうつ」を記憶に残しておこうと思う。
単純だけど、インパクトのあるフレーズだったから。



2017年09月20日(水)
「悪いけど、後片付けはお願いね」「そのつもりだけど・・」

映画「永い言い訳」(西川美和監督)から。
妻が、親友と出かけたバス旅行の事故で突然、他界するところから、
この物語がスタートするが、私のメモ帳に残ったメモは、
なんと、そのバス旅行に出る前の「夫婦」の会話だった。
「悪いけど、後片付けはお願いね」「そのつもりだけど・・」
本当に何気ない台詞で、気にすることもないのだろうけれど、
事故で亡くなる前の妻の台詞だから、気になった。
自分の旅行中に、夫が不倫相手とエッチするだろうなぁ、と
考えていたかもしれない、そんな想像が膨らんだ。(汗)
だから「悪いけど、後片付けはお願いね」と声を掛け、
不倫がバレていることを知った夫は「そのつもりだけど・・」と
口ごもったのではないか、とまたまた想像が膨らんだ。
作品の中に隠されている「何気ない会話」「例え話」が、
作品後半になって、意味を持ってくると、なぜか嬉しいから、
こんな会話が「気になる一言」になってしまう。(笑)
あっ、この作品、原作があったんだよなぁ。
全然、関係なかったら、ちょっと恥ずかしいけれど、
今度、本屋で確かめてみようっと。



2017年09月19日(火)
選挙は、本人よりも支えている人で判断したい

わが町は先週末に、県議会議員の補欠選挙があった。
隣町では、町長選挙、町議会議員選挙も加わり、トリプル選挙。
そしてまた今後、衆議院議員の解散、選挙の噂が飛び交い、
秋に開催予定のイベントが、この突然の選挙のために、
順延や中止に追い込まれるケースも少なくない。
これからは、投・開票日に当たる日曜日ではなくて、
前日の土曜日開催イベントをお勧めしたい。(汗)
さて今回は、いつもはあまり書かない、選挙の話を少し。
歳を重ねてくると、立候補する方々とは多少なりの付き合いがあり、
立候補者が複数だと、投票の判断に迷うことがある。
そんな時は、立候補者本人ではなく、
それを支える後援会の顔ぶれなども含め、どんな人が関わっているのか、
言い換えれば、立候補者のヒューマンネットワークで判断したいと思う。
自分が大名だったら、関ヶ原の戦いで、徳川家康か石田三成、
どちらにつくか判断するのではなく、どんな大名が彼らを支えているのか、
その人間関係を、自分の意思を決める判断基準としたい、ということ。
苦しい戦いに勝利した後に待っているのは、論功行賞であるからこそ、
「選挙は、本人よりも支えている人で判断したい」のフレーズを
気になる一言に残そうと思う。きっと、その人のブレーンなのだから。



2017年09月18日(月)
新しいイベントの形、なんとなく。

久しぶりに、私のつぶやき。
昨年GW開催の「柿田川公園ブックフェス」に続いて、
想いが同じ人たちが企画したイベントの面白さを体感した。
今回のイベントは「ゆうすいくんファン感謝デー」。
わが町のイメージキャラクター「ゆうすいくん」をテーマに、
どれだけ「ゆうすいくん」にこだわれるか、が企画の始まり。
わが町はイベント下手で、意外と民間の人に任せきれない。
基本的に行政が主催し、事務局から企画まで、ほぼ行政が仕切る。
そんな体制を、退職までの数年間で、なんとかしたくて、
いくつかのイベントで試行錯誤を繰り返してきたが、
「新しいイベントの形、なんとなく」みえてきた。
突然のイベント企画だから、当然、予算はゼロ。
チラシ印刷はせず、チラシの原稿(PDF・JPEG)をSNSで拡散。
スタッフ弁当も出さず、会場内出店のお店で購入してもらう。
運営は、同じ想いを持った人たちで、カバーし合う。
あまり細かいことを決めずに、刻々と変わる現場の状況に応じて、
大まかな指示を出す。
(指示を出されたスタッフは、困惑していたみいですが・・)
それを持ち場の担当者が自分で考え、自分の判断で動く。
行政にありがちなイベント運営のマニュアルもなく、
不平不満だらけの訳のわからない企画だったかもしれないが、
数日前に、こんな感じのイベント・・と夢を語っただけで、
きっちり、イベトンの形に仕立ててくれたスタッフに感謝したい。
参加してくれた人が「楽しかった」と言ってくれれば、
仕掛けた側は、大満足である。
イベントは、行政に任せちゃダメだなぁ。(私の台詞ではありませんが)



2017年09月17日(日)
ごめん・・誤解して・・

映画「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 
ディアルガVSパルキアVSダークライ」(湯山邦彦監督)から。
悪役?イメージの「幻のポケモン・ダークライ」が、
「ディアルガVSパルキア」のバトルから、
必死に街を守ろうとしていたことに気付くまで、
街を破壊しようとしている張本人のように、
誰もが、ダークライを敵対視していたけれど、
私がメモしたのは、しっかりと自分の誤りを認めたこと。
「街を守ろうとしてくれたのね、気がつかなくてごめんなさい」
「ごめん・・誤解して・・」
「ダークライ、ごめん。もっと早くお前のことをわかってやれなくて」
それぞれが、それぞれの言葉で、謝っていた。
これは、簡単なようで意外と難しいこと。
それまで敵だと思っていたのに、味方だと分かった時点で、
先ほどまでの対応、態度を変えることはあっても、
一度、しっかり謝ってから行動を共にするシーンは爽やかだった。
人気アニメの、何気ないワンシーンだけど、
こういった考え方が人気の秘密なのかもしれない。
だって、一作品一作品、感心することが多いもの・・。



2017年09月16日(土)
一緒に生きるためには、ルールが必要なんだ

映画「星になった少年」shining Boy&Little Randy(河毛俊作監督)から。
実話を基に描かれた、日本人初の象使いとなった少年の生涯。
象って、こんなに賢かったの?と驚くことばかりであった。
タイで象使いの修行を終え帰国した彼が、日本に残していた
象のランディに再びしつけをしているシーン。
「お前の気持ちを僕に伝えるだけじゃダメなんだ。
一緒に生きるためには、ルールが必要なんだ。
それを覚えなきゃダメだよ」
優しい中にも厳しさを加え、彼が逞しく感じられた。
メモを整理しながら、この台詞、現代の子どもたち、いや大人たちにも
教えたいな、と思った。
そう言えば、物語とあまり関係ないが、こんな知識もあった。
「タイでは、仏様の前世が白象だと言われているんだ。
だから私たちは、象を大切にし、象を国中で祀っている」
思い出したのは、静岡県立美術館で所蔵している、
伊藤若冲の「樹花鳥獣図屏風」、右隻「獣尽くし」中央には、白い象。
もしかしたら、仏様のつもりで描いたのかなぁ。



2017年09月15日(金)
こんな街で死ぬとは・・

映画「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」
(ピーター・ランデズマン監督)から。
ジャーナリストとして長年活動してきた監督だったからか、
「綿密な取材に基づき描いた」感じがして、物語性は不明。(汗)
ドキュメンタリー映画に分類したほうが、分かりやすい。
だからこそ、1つひとつの台詞にも、本当にこんなことを言ったかも
・・と思わせるリアル感が伝わってきた。
特に、タイトルとなっている「パークランド病院」内の手術の様子は、
「脈はない、心拍はあるぞ」の台詞で、即死じゃなかったんだと知り、
「それは?」「コルセット?」「何のために?」「どうでもいい、外せ」
など、短い台詞が当時の緊張感を表現していた。
印象的だったのは「許可なく、テキサス州から(遺体を)動かすな」と
テキサス州の法律に従うよう関係者が主張して、国と地方が小競り合う、
そんな時、連邦警察(FBI)かシークレットサービスの誰かが、
「こんな街で死ぬとは・・」と呟いた台詞。
ワシントン(首都)だったら、こんな面倒くさいことはないのに・・
そう言いたげな態度が、面白かった。

P.S.
大統領暗殺犯とされる、リー・H・オズワルドが兄に語った台詞。
「『証拠』とやらを信じちゃいけない」
やっぱりこのフレーズが、一番意味深だったなぁ。



2017年09月14日(木)
水だしコーヒーとして、2滴/3秒のスピードで落とす

NHK番組「美の壷」<File421>「心潤す 湧き水」から。
いつだったか、柿田川外来種駆除作業の時、
取材をしていたことが、番組の一部として放送された。
柿田川を始めとした「湧き水」の魅力満載の内容で、
あらためて「湧き水」に惹かれてしまう自分がいた。
中でも「湧き水はコーヒーに最適な水」として紹介され、
「焙煎前に5分間、湧き水に浸し、なおかつ
水だしコーヒーとして、2滴/3秒のスピードで落とす」
そんなテクニックを披露してくれた珈琲屋さんが印象的だった。
いつもは柿田川の水を取水している美味しい水道水を沸かして、
ドリップ方式で入れた珈琲を飲んでいるからこそ、
その違いがわかるのかな、と私の好奇心はくすぐられた。
今度、時間がある時に、試してみたい淹れ方である。
そう言えば、番組の途中で案内役の草刈正雄さんが、
「湧き水だけを集めたDVD」を鑑賞するシーンがある。
これって、いつでも制作できそうな気がして嬉しかったな。



2017年09月13日(水)
消えちゃえば?、消えて生きるの。

映画「アズミ・ハルコは行方不明」(松居大悟監督)から。
若者はこんな感じで、街の壁に下手な落書きするのか、という
怒りにも似た違和感でスタートした作品であった。
地方の閉塞感が節々に表現されていて、地方に住む私には、
いくらなんでもこんなに酷くないだろう、が次の違和感。
テーマは、男への復讐?なのか、提案された方法は2つ。
1つは「やられたらやり返さなきゃ、という男性を狙った暴行」
もう1つは「やられたらやり返さなきゃ。
そんなのバカな男が言う言葉だよ。
女の子に必要なのは、もっと別の言葉」「例えば?」
「う〜ん、優雅な生活が最高の復讐である」「なにそれ?」
「スペインの諺さ。あなたが幸せな暮らしをすることが、
ユキオにとって最高の復讐であるってこと」の会話でわかるように、
「フった男、裏切った男」にとって、その女性が、
自分と付き合っていた時より、幸せに、
そして優雅な生活を送っている様子を目にすることが、
何よりも悔しいし、そんな女性を手放した自分を後悔する。
それこそが、男への最高の復讐、と呟いたのも頷けるが、
そこまで女性が開き直れるか、ちょっと疑問だなぁ。
(と言いつつ・・蒼井優さんの最後の台詞が一番気にかかる)
「消えちゃえば?、消えて生きるの。
行方不明になった女の子たちは、ヘラヘラ笑いながら、
どこかで元気に生きてる。そう思わない? 
だって、そうでなきゃ、割に合わないでしょ」
う〜ん、タイトルも「行方不明」だしなぁ。



2017年09月12日(火)
この街では、何十年も前から朝ブームです。

信州安曇野の、観光情報誌だったかな。
表紙のキャッチコピーが、このフレーズだった。
「この街では、何十年も前から朝ブームです。」
その下には「朝が好きになる街 信州安曇野」の文字。
私にとっての通勤時の「柿田川散策」は、
まさしく「朝ブーム」に等しいから、メモをした。
この夏、毎朝、柿田川には「毛嵐」(けあらし)と呼ばれる
川霧が頻繁に発生した。
川の水温と空気の温度に、著しく差が生じると、
この現象が起こるらしい。
辞書によると「毛嵐」とは「海面から立ち上る水蒸気が、
陸上からの冷たい空気に触れて発生する霧。
川や湖の場合にも言う。厳冬期の北日本に多い」とある。
これは寒い冬に起こる現象だとわかった。
柿田川の場合、冬だけでなく、夏も見ることができる。
気温と水温の温度差が15℃以上、風は穏やか、
暑い日の朝なら、ほぼ毎日のように発生した気がいる。
さらにネットで調べると、
「海水温が冷たい時に湿った暑い空気が流れ込んで発生する霧を
海霧」と呼ぶらしい。
では「柿田川の場合」は「川霧」と言えばいいのかな?
この幻想的な「川霧」を、街のど真ん中で見ることができるなんて、
私は、贅沢な徒歩通勤をしているんだなぁ。