某突起名の人生つぶやき日記

某突起名の独り言。
あくまで独り言ですので・・・まぁ、お気になさらず。

2005年10月26日(水) 待ち時間長し。











あんまりよく眠れていないところへ待ち時間が長かったので

もう、只今、意識朦朧としてますが、とりあえず今日も

ルーズリーフ片手に精神科へ。





カウンセリングでは、前回のカウンセリングをきっかけに抑うつ状態に

陥った話を詳しくしてから、とりあえず家を応急措置的に気の休まる空間に

するにはどうしたらいいかとか、お風呂で簡単にできるリラクゼーションの

話をして、全体的に休むべき時に身も心も休養できる生活を目指して話し合い。

カウンセラー氏の言うことには、とりあえずすぐ片付けられないものには

お気に入りの柄の布でも掛けて目につかないようにしておけとか。一理ある。





診察では胃カメラの結果とS先生の指示を報告。

S先生が問題にしていた相反する作用の薬の片方の処方を消してもらう。

労働は一日の疲れを一夜の睡眠で解消できる程度に留めるように

注意をもらって、診察終了。





なんだか今日は全体的に待ち時間の長い日で、診察までの待ちも長ければ

帰り道の信号の待ちも長く、前を行く車はトロトロ走る迷惑運転ばかり。

唯一早かったのが帰りに寄った某コーヒーショップでのオーダーくらいで。

なんだかチャキチャキした自分のペースが崩れてしまったようで

異常に眠気に襲われているのでちょっと仮眠する事にします。





2005年10月25日(火) 甥っ子。











姉1が茨城で男の子を産んだ。

昨日。





そう、某突起名の誕生日に。





2005年10月24日(月) 胃カメラ本番。











今日は7時半過ぎから胃カメラだということで、胃に何も

入れてはいけないのでなんとか抗うつ剤なしで時間どおりに起きて、

自分で車を走らせて予約したS先生のクリニックまで。

メンヘル生活が長いと世間ズレの逆で浮世離れするのか

該当時間帯が通勤ラッシュだという事を思いきり忘れていて

予約の時間に5分遅れて滑り込み。





もう胃カメラは6、7回目になるので慣れたけれど、胃カメラの

準備で飲まされる薬剤類の不味い事不味い事。

あれってなんとか美味しい味をつけられないのかなーといつも思う。

胃の動きを止めるための筋肉注射はベテランの方がやってくださったので

何の痛みも無くクリア。

それからしばらくは薬剤を胃の中にまんべんなく行き渡らせるために

ベッドの上で90度ずつゴロゴロと身体の向きを変えて回転して、

いい加減回転したところで内視鏡の部屋に案内されて、先生と

朝の挨拶を交わして胃カメラスタート。





今回も胃カメラ飲むのが上手だと言われました。

モニタでリアルタイムで胃の中を見ながら、先生が胃カメラを

操作するのを見ていると退屈しなくて良いです。

今回は吐き戻しも無かったし。





結果は、炎症部はところどころにあるものの、潰瘍とかポリープとか

いったものは見られず、至って胃はキレイな方なので、痛みや吐き気は

機能的な問題でしょう、という事で、前消化器科の医師が処方した

薬の中で相反する作用を持った薬が同時に出されているので

片方をやめて様子を見ましょうという事に。

貰う薬もない分、会計も早く、30分くらい横になって休ませてもらって

会計に声を掛けたらすぐに終了してしまった。





あとはもう、家に帰って少し休んで、モノが嚥下できるようになったら

誕生日ケーキ代わりに姉2が買ってきておいてくれたレアチーズケーキを

1ホール丸々食して、キシロカイン(麻酔)が腸内吸収されるのに

まかせてトロトロと眠って誕生日の日中というものを過ごしました。

胃が少しでも楽になる事を願いつつ。





2005年10月21日(金) お茶会。











仕事帰りに海雪さんと近所のショッピングセンター内の

某コーヒーショップで待ち合わせて、お茶。

お互い色々と愚痴り合ったり駄弁りあったりしていたら

もう21時近かったので、仕事疲れしている某突起名は失礼させてもらったが

海雪さんはこれからショッピングセンターをまわるそうで。

すごいスタミナだ。





途中、母親から意味不明の逆ギレメールが届いたりして

少々凹んだけれど、それを除けば今日はいい日でした。

海雪さんオツカレー☆





2005年10月20日(木) 胃カメラの予約。











現主治医から、胃の調子が悪化しているので一度消化器科に行って

胃カメラを飲んでくるように再三口を酸っぱくして言われていたので、

旧主治医であるS先生のところへ行って胃カメラの予約をしてきた。





建屋も移築して大きくなって、スタッフも増えてなんだか

馴染みのない場所になってしまった感もあるが、先生はお変わりがなく

ひと安心。先生にお変わりがない代わりにスタッフにやや粗暴な人が

増えた気がするがこの際だから気にしない。





胃カメラの予約は来週の月曜(24日)の朝。

最近、胃が気持ち悪くて気持ち悪くてたまらず毎朝、明け方頃に

寝ぼけ眼でパンを一気にひと袋も胃袋に詰め込んでしまう習慣がついている

某突起名にとっては検査前の絶食が辛いところだ。

抗うつ剤なしで検査に行けるかどうかも心配。





2005年10月12日(水) 抑うつ。











いつものようにルーズリーフを持って通院に。





まず、カウンセリングで、ある事を境に外出時に化粧をしたり、

住環境を整備したりする行為が辛く億劫に思えてきた事と、

自宅にあまり帰りたくなくて近隣のコーヒーショップなどで

時間を潰したりする習慣がつきつつある事と、時間と金銭と

体力の遣り繰りで頭がいっぱいな事、現在使っている借り物の

ノートPCが壊れつつあるので急いで開梱するためのスペースを空けて

セットアップの準備をしなければいけない事などを話すと、

「抑うつ状態なのでまず体力の回復を」という答え。

あとは金銭面や住環境の改善をどうしていくかで時間いっぱい

頭を悩ませるがいい策が出ず、結局PC関係の作業を急いでやる以外は

休息を第一に考える事、という一時的な結論に。





いつものカウンセリング、いつものやり取りなのに気分が沈んで、

ああ、自分は抑うつ状態なのだな、とつくづく実感。

診察の方は、今回は淡白に状態と処方の確認のみで。





金銭の無駄遣いだと知りつつ、今日も自宅に直帰したくなくて

コーヒーショップに寄る。ひとりでお茶を飲むのももう慣れた感じで。






 < 過去  INDEX  未来 >



My追加。
ご感想をば。


某突起名 [MAIL] [HOMEPAGE] [BBS]