某突起名の人生つぶやき日記

某突起名の独り言。
あくまで独り言ですので・・・まぁ、お気になさらず。

2003年02月19日(水) 毎度おなじみの。









・・・生理痛(泣





仕事が混んでいる時に限って来なくてもいいのに。

・・・とか思いつつ、

来ないのは来ないので困るので

良いのですが、あと3日くらい遅く来て欲しかったなぁ。





しかし急ぎの仕事があるのに強烈に眠たいのは勘弁。










ちなみにそろそろ今月の生活費引き落としと

借金の返済ラッシュが来ますが真っ当な収入はゼロ。

生き延びられるかどうかは今月が山になりそうな気配。










>S先生

お気持ちとお言葉はとても嬉しいのですが

仕事が混んでいてそちらにお伺いするコトができません(TT。

来月頭までには一度診ていただきたいとは思っているのですが・・・。

胃カメラ代貯めなきゃと思っていたらこんな時期に(汗










そんなこんなでセカセカと。

某突起名は生きております。


2003年02月14日(金) 赤貧バレンタイン。














よってチョコが買えませんでした、と。





埋め合わせはお給料が入ってからするとして

何を買おうか迷います。

勝手にプレゼントするより

相手に好きなモノ選ばせて買ってあげる方が喜ばれそうなので

全然チョイスもしておりません。





何かこう・・・この年になると

バレンタインデーというのも特別な趣がなくなってきますねぇ。

(オマエだけだ。)


2003年02月12日(水) ヒキコモリ。












・・・と、化しております。





たどたどしくもアレコレ仕事をちょろりとやっては

チョロッとネットサーフィンなどして

あとはキリキリと痛む胃を抱えて

布団に寝転がってボサッとしているのが日課。





傍から見たら極めて「何やってんねん」なこの状況。

恐らくやる気満々、人生充実なアグレッシブな生活をしている人には

「もっと頑張って」と焚き付けられるのでしょうが、

なんだか某突起名には今がとても必要な期間に思えるのです。





あと少しで何かつかめそうな気がして。

何をつかみたいのかも分からないのだけれど。


2003年02月07日(金) 憎んでもいいよ。
















「アンタは奴隷が欲しいだけよ。










 自分の機嫌を取ってくれて、

 自分を中心に回ってくれる。

 自分の思い通りになって、

 自分の欲しいモノを与えてくれる





 笑って欲しい時に笑ってくれて

 泣けと言えば泣いてくれて

 謝れと怒鳴られれば期待通りに謙る。

 許してくれと泣いて縋れば

 それがどんな深い業のなせる咎でもなかった事にしてくれる。





 下がれと命じれば姿を消して

 名前を呼べば現れる。





 自分の何もかもを優しく受け止めてくれて

 自分の何もかもを言葉を紡がないで理解してくれる。

 自分の辛かった思い出なんて体温で溶かしてくれて

 涙を流すだけで自分の苦悩をすべて吸い取ってくれる。





 アンタはそんな魔法のお人形さんが欲しいだけよ。





 アンタに家族なんて必要無い。

 アンタに友達なんて必要無い。

 アンタに恋人なんて必要無い。

 居なくたって生きていける。





 そう。

 必要無い。

 むしろ作る権利が無い。





 アンタは脆い。

 アンタは儚い。

 だってアンタは何処にも居ないから。





 アンタは『人間』と付き合ってたって絶対ダメになる。

 アンタはいつも相手に『奴隷』になるコトを望んでるもんね。

 そんでイヤになったら『飽きた』って言って捨てちゃうんでしょう?





 人の個性の風に吹かれて

 ありもしない自分の灯火が消されちゃうのが怖いんだ。

 本当に問題なのは人の息吹じゃなくて

 くだらない明かりにいつまでも頼ってる自分なのに。





 アンタだって本当は分かってるクセに。

 アンタはいつまで経っても人の所為にするクセが直らない。

 本当は相手が怖いクセに、

 またアンタは『飽きた』って嘯いて

 その人の吐息を遮って終わらせるつもりなんでしょ?





 そのままの自分で居たいなら

 そこから一歩も動きたくないなら

 誰の人生とも交わらないで一生独りで生きなさい。





 それが今のアンタにとって一番『シアワセ』だ。





 アンタが相手に奴隷になることを望んでる限り

 アンタの望む『シアワセ』なんて手に入らないんだから。





 どれだけの人の愛情を食っても

 どれだけの人の心を傷つけても

 どれもこれもアンタには手に入りゃしないモノなんだから。」










昔、私が私自身に言われた言葉。

今ならそっくり貴方にあげよう。



私は貴方のお人形さんにはなりきれないから

貴方への愛情をこの言葉に変えて。















無能な私を

憎んでもいいよ。



 < 過去  INDEX  未来 >



My追加。
ご感想をば。


某突起名 [MAIL] [HOMEPAGE] [BBS]