りとるのひとりごと。
DiaryINDEXpastwill


2002年05月31日(金) 農学部附属家畜病院

世はサッカーで盛り上がってるようですな。

一応、何処が勝ったかとか、一般常識は仕入れるとして・・。
なるべくサッカーの方は見たくないと思っているりとるっす。

理由は簡単。

会社でサッカーやってたダンナを思い出すから。

サッカーウエアを着たダンナに抱きついたあの日を思い出すから。

つらいんです、はい。

サッカーファンの皆様、ごめんなさいごめんなさい。


○○新聞社に抗議メールを送ってはや一週間。

ウンともスンとも音沙汰無し。

「読んだ」とも「こんなの送るな」とも言ってこない。

ひょっとして着いてない??なんて思ったりして。

「メール来ました」だけでもいいからリアクションおくれえええ。

○○の名が泣くぞー。もう信用してやらないぞー。

プンプン。


で、今日の本題っす。
昨日に引き続き今日も行ってきた。

国立大学農学部附属家畜病院。

大学の敷地内をぐる〜〜〜っと車で走ったところにある。

隣ではでっかい牛が草を食べている。
白い馬がパカパカすぐそばを歩いていたりする(おじさんに牽かれて)
遠くでワンワン犬が吠えている。

まさに「動物のお医者さん」(by佐々木倫子)の世界。

診察室もそう。

診察台の周りを初々しい学生がぞろーっと取り囲む。

わがムスメスコティッシュのココはいくつもの視線を受け止めて
「何なのこの状況は〜〜」って顔をしていた。

いかにも一年生です!って感じの女の子が体温を測るため
ココのお尻に体温計を差し込もうとするのだが、ココは怒りまくり。

昨夜私がやったほうが上手くできたぞー(笑)

どうしよう・・と困っていると先生登場。

難なくプスッと差し込んで、ココもじっとおとなしい。

おお〜〜〜(感嘆の叫び)

先生が学生に「ここにいてどう?楽しい?」と聞いていた。
「はい、楽しいですー」と学生。
「毎日でも来ていいよ〜」と先生。

いいなあ。いいなあ〜〜。

私も戻れるなら高校生からやりなおして、理数をもっと勉強して
ここの農学部に入りたいよ〜。

今になって、文学部より農学部に魅力を感じる私。

生き物を扱うんだから大変だと思うが充実している気がするのだ。

やっぱり甘いかな、私。


話を戻して・・・今日も熱が40度あるので、点滴。

先輩学生が一年生に点滴しながら説明した。

「人間は直接静脈に入れるけど、動物は皮下脂肪が厚いから
ここに液を入れて徐々に吸収させるんだよ」

へええ〜〜〜。
勉強になります。

昨日より元気が出たココはその後薬を飲まされておしまい。

その間、ずっと台の周りに学生が取り囲んでいた。

君たち、頑張って勉強してくれたまへ〜。


結局ココははっきりした原因は分からずということだったが、
こうして徐々に免疫を付けて強くなっていくようだ。

心臓も大丈夫みたいだし、良かった良かった。

それにしても、あの診察室の雰囲気、いいなあ。

もっと居たいと思ったくらい。仲間に入れて〜って感じ(笑)

ハムテルやチョビがひょっこり出てくるかと思った。わはは。
(「動物のお医者さん」参照)


2002年05月30日(木) スコ経過報告

久々に翌日更新になってしまいました。とほほ。

大学の病院へスコのココを連れていった。

キャリーに入っている間ずーっとニャアニャア泣きっぱなしで
気が散って運転しずらかったなあ・・。

気が焦って信号無視一つしました。ごめんなさいごめんなさい。

で、動かない最大の原因は高熱だった。

41度の高熱で脱水症状を起こしていたのだ。

やっぱり・・もう一匹より身体が熱いような気がしていたけど・・。

その前の近所の獣医、熱も測らないなんてプリプリ!

おまけに「心音に雑音が入ると言われたんです」と言うと、
先生は聴診器をしばらく当ててポツリと一言。

「・・雑音なんか聞こえないけどなあ・・」

おいおい、近所の獣医!!

ダンナ似の獣医さんよー!!

金返せー(爆)


血液検査、両脇から大量に点滴、抗生物質の注射、座薬を入れ
様子見ということで終了。

いやあ、聴診器当てただけのダンナ似の獣医とは大違いだ・・。

はっきり原因は分からないが、何かの感染症とのこと。

「スコティッシュは基本的にいろいろあるからね・・」と
先生に言われた。

確かに他の種類に比べて少々リスクがあることは承知していた。

それを承知で飼ったつもりだった。

でもその一方で、うちの子はきっと大丈夫という思いがあったのも事実。

甘い飼い主だなーと反省・・。

息子が起きちゃったので続きは今日の日記で。

今日は31日なのだ。たはは。


2002年05月29日(水) スコティッシュの容体

もう心配で心配で心配で心配で。

先日から元気のない生後3ヶ月のスコティッシュ。

ガンガン走り回っていたのが、急にご隠居さんみたいに
一日ゴロゴロ横になるかうずくまってるんだもの。

目はずーっと半開き状態。毛つやも無くなった感じ。

母が「一刻を争うかもしれないから早く!!」と急かすので、
慌てて病院へ連れていった。
息子が泣いて追いかけてきたので仕方なく連れていったが、
案の定落ち着き無く私の手を引っ張り言うことを聞かない。

でもこの場は息子よりネコ。

若くて死んだダンナによく似た先生だった。
(ダンナ似の人世の中にいすぎだぞー!!)

心音を聞いた先生は、「右側で雑音が聞こえます」

え、ええっ。

心臓ドキッとした。

もしかして先天性の心臓病かもしれないとのこと。

ええええっ。

どうしようどうしようどうしよう。

可哀想で泣きたくなってきた。

とりあえず投薬で様子を見ることになり、帰ってから飲ませたが、
急に元気になるはずもなく・・・。

一応食欲はあるみたいでそれだけが救い。

明日大学の診療所へ行ってこよう。

場所も時間もチェックしたし。

息子は母が気を引かせてくれる。

さすがに明日は連れていけないからなあ・・。


元気のないスコティッシュの横でエキゾチックがそっと寄り添っている。

また前みたいに2匹で追いかけっこしたりじゃれあったりしたいよね。

どうかどうか神様。

またこの世に生を受けて3ヶ月の愛らしい仔猫をこれ以上苦しめないで。

ダンナー!!なんとかしろー!!
・・って無理か。とほほ。


2002年05月28日(火) さらば愛しくない毛根

デパートのおねーさんもノースリーブばっか、もう夏よねえって感じ。
夏は車移動が大変だからツライ。車内灼熱地獄なんだもん〜。
バスや電車みたいに乗ると「は〜涼しい〜」じゃないもんね。
「うぎゃー、あぢー」ってエアコン全開にして熱気を逃がす。
息子も数秒たりとも車内に置いていけないしね。
いやはや、短かったなー。春。


さて、今日は脱毛1回目に行ってきた。

女性はワキに毛が生えているのを好まない。

当然、男性も女性にはワキツルツルでいてほしいと思うことだろう。

脇の下に毛が生えているのはちゃんとした理由があるんだけど、
人間はそんなことお構いなし。まさに「毛嫌い」する。

もともと肌が弱い私は、自己処理で何度も肌トラブルを起こしており、
もーこんなつらい思いを毎年するんなら、お金かけて楽になろうと。

幸い、現在では費用がかなりお安くなっている。

おまけに1回に処理する範囲が広いので痛みが最小限で終わる。

そう、痛いのだ。やっぱり。

特に最初は、太い毛根がどっしり構えているので痛むらしい。

1本1本針処理したときは全身汗びっしょりになったものだが、
今回は我慢の限度を超えずにすんだ。ホッ。

それでも剣山でサクサク刺されている感じ。痛かったあ。

今度は2ヶ月後。最低3回はやらないとダメらしい。

ホント、女はいろいろ大変だわ。


ついでに母がW杯記念硬貨が欲しい〜と行っていたので銀行へ。

「昨日で完売しました」

へえ。

郵便局へ。

「販売終了しました」

ほお。

そんなに人気あったのね。

ニュースで見たけど。

ちなみに私は関心度ゼロ。

にわかファンにもなりたくないので・・ほほ。

トルシエ、中田、ゴン、くらいしか知らないのであった。わはは。

ルールは多分知ってる・・多分(汗)


2002年05月27日(月) ネコのワクチン早く行かなくちゃ

2匹いる我が家のにゃんこのうち、スコティッシュの元気がない。

食欲もあまりなく、隅っこでじっとうずくまってる。

対してもう1匹のエキゾチックはビョンビョン飛び回るはね回る。

めっちゃ対照的なのだ。

うーん、心配、心配だあああ。

今朝ちょっと踏んづけかけたせいだろーか。

だって足元にいるとは思いもせず。

息子に虐待されたんだろーか。それともストレス?

いよいよもってホームシック???

ううん、分からない・・言葉が通じないしなあ・・。

とーても心配なりとるっす。


昨夜はすさまじい雷雨で、息子が起きるぞとヒヤヒヤしたが、
何とか起きずにすんだ。ホッ。

でも雷と関係なく目を覚まし起きあがった息子。

「あれ?あれ?あれ〜??」

と、ブツブツつぶやいてまたコテンと寝てしまった。

な何だ?

寝ぼけてたのか起きてたんだか謎。

何が「あれ?」だったんだろうなあ。


そろそろ棚卸しの続きもしなくちゃねえ・・。

AD辞めてからもいろいろあったんだなこれが・・。

あれから10年たってるんだもん、当然か。

10年かあ・・。

・・・。

今、しみじみした。かなり(爆)


2002年05月26日(日) ウンチポタポタ事件(食事中要注意)

いやはや昨日は我ながら過激発言だったかしらと
ちょっとビクついている小心者りとるっす。

BBSかメールで「余計なお世話じゃ!このボケ!!」とか
来たら泣いちゃうなーと心配していたけど、その類は全くなく、
分かったことが一つ。

私の日記を読んでくれている方は、皆さん寛大な心を持っていらっしゃる。
他人の意見は意見として受け止める技量を持っていらっしゃる。

つまり、みなさん「大人」なのだ。

余計な心配だったかな。

まあ、悪意に満ち満ちたメールが来ても、対処の仕方があるからいいけど。
目に見えない傷をつけられるのはやっぱりイヤなので。


ということで。

ダンナ男3兄弟、弟二人はできちゃった婚という事実もあり。

うち一人は破局、一人は継続中。

破局ったって、夫婦子供揃って暮らしたことが一日たりとも
ないんだからなあ・・。

離婚したって言われても、あ、そですか。って感じ。

あの嫁は思い出すだけで腹が立つので話題変えよっと。


昨夜の「ウンチポタポタ事件」はすごかった。

(お食事中の方、もしいたら以下は食べてから読んでください。)

夕方に、野菜ジュースをたっぷり飲んだ息子。

もうダメだって言ってもぜっったい聞かない超超頑固者。

折れてあげてしまったのが間違いだった・・。

あれってお通じにいいのよね。食物繊維たっぷりだし。

夕食後、息子が棚につかまってお尻を突き出していた。

あ、してるな。

排便中のおきまりのポーズである。

そしていつものように、ぷ〜んとかぐわしい匂いが・・。

だが、息子がブツブツ何か言っている。

床を見て何やら訴えているようだ。

行って見てみると、フローリングの床と同じ色の液体が
そこここにポタポタ落ちている。

おまけに立ちつくす息子の足をつたって茶色い線が数本・・。

白い靴下が茶色い・・。

「わー!!」

思わず声を挙げる私・・。

息子は立ちつくすのをやめ、あちこちに歩き出した。

「わーわー、動いちゃダメー!」母が叫ぶ。

歩く息子のあとには茶色い液体が点々と・・。

抵抗する息子を無理矢理風呂場に入れ、服を脱がせた。

で、もうそのまま私も一緒にお風呂タイム。

外したオムツは受容範囲を超えていてタプタプ状態だった。
「もうこれ以上吸えない〜勘弁してえええ」
オムツの叫びが聞こえるようだった・・。

お腹痛がって泣いたりはしなかったけど、痛かったかどうか?!

泣きわめいてジュースをもらった手前、泣くに泣けなかったのかも(笑)

下痢はその1回のみ。その後も今日も元気そのもの。

私も野菜ジュースたくさん飲もうかな〜。
息子に邪魔されてトイレゆっくり入れないから便秘気味なのだ、実は(汗)



2002年05月25日(土) たまぷん

息子と今だけのペアルックを楽しんでる親バカ、りとるっす。

扇風機、買ったのだ。わーい。

地元メーカーが作ってる「マイナスイオン」が出るという代物。

組み立てて、いざスイッチオン。

う〜ん。

涼しいけど、マイナスイオンって目に見えないし匂いもないしなあ。

ホントに出てるんだかどうだか分からないところがミソね。

でも何だかリラックスできるような気分になれるから、まいっか。

自己暗示だとしても良しとしよう。


今日は前から書こうかなーと思っていたことを一つ・・。

お堅いオバハンのざわめきと思っていただいても結構。

脳味噌旧石器時代並と言われても、まあさよですかって感じ。

最近、20代前半の10人に1人は「できちゃった結婚」をするらしい。

これが10代になると40%くらいに跳ね上がるらしいが。

20代後半〜30代だとガタッと数値は下がる。

つまり若い人に「できちゃった婚」をする人が増えていると、
統計上言えるわけだ。

できちゃった婚、つまり「妊娠しちゃったから、まあここらで
籍入れてけじめつけよか」ってことなんだよね、きっと。

しかしね、私はこの「できちゃった婚」には納得いかないのだ。

特に最近芸能人でこの手のパターンが多くて食傷気味。

「あんたらいい歳して避妊してるのか〜!!」って言いたいぞ・・。

避妊せずやっちゃってるならさっさと籍いれんかい。

縛られない自由の身を謳歌して、性欲だけ満たしてるって言われても
反論できる???

かつて梅宮アンナが言っていた。
「妊娠したら結婚しようと思っていた」

・・おいおい。

子供を、「命」をそんなに軽くみないでくれる?

結婚するかしないかくらい、自分で決めなさい。

妊娠にかこつけるようなことするな。


子供を、大人の勝手な「けじめ」の道具にしないで欲しい。

それで家族末永く幸せに暮らせるかどうかは別問題として・・。

出産を、育児を、人間を一人この世に送り出し作り上げることを、
軽々しく考えないで欲しい。

そんな甘いものではない。

子供は、本当に心から欲しいと思って、経済的にも精神的にも
「よし、今なら子供を育てられるぞ」って思ったら作って欲しい。

ただ妊娠したから産んで、育児が思ったより大変でストレスたまって、
子供ほったらかしで遊び呆けることはしないでほしい。

(上の義弟と別れた義妹、あんたのことだぞ!!!)


何が一番言いたいのかと言いますと。

一生を決める「結婚」という決心をする上で、「子供ができたから」と
簡単に言わないで欲しいということで・・。

えーと、つまり、子供を作るのは簡単だけど、

育てていくのは本当に大変だよと。

自信ないならちゃんと避妊しようよと。
男も「ちゃんと外で出すから」とかバカ言わないこと。
女も「安全日だからいっか」と油断しないこと。
中絶はもっと悲しいことだから。
それに世の中欲しくても授からない人もたくさんいるんだもん。
そりゃ計算通りにいかないのが世の常だけどね・・。
大人ならね・・・もう少し理性をね・・持ってほしいのね・・。

結婚することでこれからの人生に責任を持つのなら、
子供抜きでまず責任を持とう。
子供をダシに使わないで欲しい。
夫婦での生活を満喫してから子供作ったって遅くないよ。きっと。
もっと二人きりの時間を充分味わってもいいんじゃないのかなあ・・。
「もう満喫しまくったわよ」っていうんなら入籍してから生えっちすればいい。

・・と、どう言えばいいのか分からないままつらつら書いては
みたものの・・。

反感買うかもしれないなあ(汗)

いやね、ホントに育児は大変だと思う今日この頃なので。

子供ができるのは幸せなことだけど。

ニタニタ笑っていられるのも今のうちだぞと(笑)

覚悟しろよと(爆)



気分を変えて。最後にちびりとる通信。

タイトルにもあるが、謎の言葉「たまぷん」(爆)

実は「たまご」のことなのだ。

NHK「おかあさんといっしょ」の4月の歌「たまごまごまご」が
いたくお気に入りの息子は、寝る前に布団の中で必ず、振りつきで
「た〜ま〜ぷん〜たまぷん〜〜」と歌うのである。

「たーまーご、だよ」と言っても、

「たーまーぷん」

・・何でだろ、不思議だ・・。


2002年05月24日(金) 美しき母親オホホ

腰が痛い熟女未亡人、りとるっす。

「こ〜し〜があああ〜〜〜い〜〜た〜〜い〜〜」と午前中ソファで
寝転がって唸っていたら、なぜか息子にウケて大笑いされてしまった。

ったく、人の苦しみも知らないでさ〜。プンプン。

いいよねキミは。腰痛なんて縁が無いだもん。

でもって私の膝にデカデカとできていた青あざ(昨日風呂場のドアに
激しくぶつけたのだ。おバカ・・・)を見て、「うおあああ〜!」と
大げさに驚く息子。そ、そんなにすごい?!てへへ(←なぜ照れる)

ところで、私は今年9月に花の33歳になるのだが。

貧乏だからって、育児に追われてるからって、おしゃれを捨てちゃ
ダメよね。と自分に言い聞かせている今日この頃。

なので、独身時代せっせせっせと貯めた貯金を使ってやる!と思っている。

独身時代、昼食も100円のパン一つですませ、栄養失調になってまで
貯めたお金・・・(やっぱりバカ)。

でもって約5年ぶりにデパートで「自分の」服を買った。

今まで息子の服にお金をかけていた自分が、自分にお金をかける!!

おお、なんという勇気。

ブラウスとパンツとカーディガンで何と3万以上買ったのだあ。

おお、なんという無謀。

ユニクロの安売りシャツばかりの日々に終止符を打つのだあ。

おお、なんという努力。

でも今日買った服は夏の法事用でもあるのよねん。

おお、なんという打算。

何とでも言ってよもう一人の自分〜。私はもう、いつ街中で
「ピーコのファッションチェック」されても大丈夫になるのよ〜。

・・・というのは言い過ぎた。
(って、こんなど田舎にそもそもTBSは来ないぞ〜)

でも、「ちびりとるくんのママっていつも綺麗にしてるね」って
言われたら、息子も嬉しいんじゃないかなって思うのだ。

子供って、結構母親の外見を気にするものだと思う。

だらしなくて不潔で疲れ切った顔の母親が良い子供なんて、きっといない。

貧乏でも貧乏なりにね、きちんとできる、そう思う。

で、私は、そうしようと思う。

女盛りだし。わはは。


2002年05月23日(木) 吉と出るか凶と出るか

ちと年寄りくさいタイトルだったかな?!

1960年代生まれのりとるっす(笑)

いやあ、暑い暑い。

扇風機、明日買いに行こうかな。

ダンナのがついに去年壊れちゃって。
(羽根のカバーがいきなりバーン!と音を立てて割れた・・怖かった)


さてさて。
今日はちょっと勇気を振り絞ってみた。

新聞社の抗議のメールをしたのだ。

なにが勇気?!と思われる方もいるだろうが、私としては
慣れないことでドキドキ緊張した。

何に抗議したかってとね。

去年は電話で抗議したことなんだけどね。

読者の投稿(悩み事相談)なんだけど。
「夫に転勤があると承知で結婚しました。子供も生まれて
生活が安定している今、もし転勤になったらどうしようと
不安でいっぱいです。
転勤先には知り合いもいないし、夫は仕事が忙しいので
母子家庭みたいな生活になってしまうと思うんです。
転勤になったらどうすればいいんでしょうか???」

・・・・。

・・・・。

おいおい。

悩みの内容も内容だが、載せる方も載せる方だと思ったのは私だけ?

球団持ってる大きな新聞社なのになあ。失望したぞ。

もうあまりのくだらなさに溜息が出たが、私が何よりも重視したのは
「母子家庭みたいな生活」という表現だ。

去年も同じ表現に抗議して電話した。
(日記書いてると思うけど、ええといつだっけ・・。
去年の秋頃のような・・・すみません、探しておきます・・・)

「今の安定した幸せな生活が、転勤すると母子家庭みたいに
なってしまうのがイヤなんです〜」ってことよね。

母子家庭の私にとってはあまりに痛い表現。

幸いメールアドレスが載っていたので抗議文書を先ほど送付した。

読んでもらえるかなあ・・。

無視されちゃうかなあ・・。

返事くるかなあ・・。

私の言いたいこと伝わるかなあ・・。


来週、このアホな悩みに対する皆さんの暖かい返事が載ると思う。
はてさてどんなアドバイスが載るのかなあ・・。
きっと優しい返事しか載せないんだろうなあ。

「なにあまっちょろいこと言ってんだこのボケ〜!!」なんて
リアクションは無いのだろうな。絶対。

凶器にもなりうる「言葉」を扱う新聞社は、ささいな表現一つでも
慎重にならなければならないと思う。

この新聞社、最終面接まで行ったんだけど、落ちて良かったのかな?!
(ちょっと言い過ぎ。すびばしぇん)


2002年05月22日(水) そろそろ寝ようよー・・・(汗)

いやあ、なんちゅう暑さでせうか。

28度越えたそうで、その上湿度も高かった。


今日は珍しく、息子はまだ起きている。

階下で母達と一緒に、すっかりコーフン状態。

昼寝もしてないんだけど・・。

午後に公園で1時間たっぷり遊んだし、帰ってからも踊りまくり。

何やら歌っているのだが何の歌だか分からない(笑)

「あーばーだーうれーこおおーちゃーなーのーれいーばあーどうー
おーれーぎーうーのーあーかーいーだあーえいーうーどーがー・・」

うんぬんかんぬん。

メロディーらしきものもないのでさっぱり???だ。

振りつきなのだが、これもどこで覚えたんだという(笑)

阿波踊りの変形バージョンって感じかな。

見ていておもろいことは間違い無しだ。うん。

しかしいつまで起きてるんだああああもうっっっっ。



3ヶ月ぶりに眼科へ検診。

なにも変化なし。よかよか。

しかし待ち時間がなが〜〜〜〜いぞ〜〜〜。

待ち45分、検査15分だった・・とほほ。


今日はこれから新聞社にメールを送るのだ。えっへん。

抗議メールなのだ。

以前わざわざ電話で抗議したにもかかわらず、また「母子家庭みたいな
生活」なんて読者の文章をそのまま載せてる。

朝から頭来たぞ。

「父親がいつも不在の生活」とか表現はいくらでもあるだろうに。

自分も痛い目にあわないと分からないのかもしれない。

でもそういうこと多いだろうな、世の中。

想像は出来ても、本当の気持ちまでは分からない・・。


2002年05月21日(火) ヤツは今車に轢かれてペッタンコ

ダンナが死んで間もない頃は、母にいろいろ言われたものだ。

「(式挙げてから)1年くらい籍入れなければ良かったのに」とか。

「どうして子供なんか作ったの」とか。

私だって父親のいない子供を産むつもりなかったさ。
二人で一緒に育ててくつもりだったんだもん。

地元から遠く離れた勤務地でも、ダンナとならやっていけると思った。

なのに一瞬でその思い裏切られちゃったんだなー。

昨日は何だか取り憑かれたように吐き出したけど、

「いまさら何だよ」って思う人もいるだろうなあ。

私もそう思うもん。

いまさら、ダンナが自殺か他殺か・・分かるはずないし。

分かりたくない。

分かるのが怖い。

でもダンナの気持ちは聞きたいから、あの世に行ったら探し出す(笑)

パンチをお見舞いして(笑)、それから聞き出す。

おう、それまで待っとれや〜(凄腕刑事風)


しかし昨日あんな日記書いて寝てから夢にダンナが出てきたぞ。

夢のダンナは暖かかった。

ダンナとの最後の別れに顔触ったけど、氷みたいだったのに。

ちゃんと体温があってホッとした。

目が覚めて、あーやっぱり夢かって思った。



うーん、しかし寝違えて首が痛いっす(涙)
息子が寝ながらどんどん迫ってくるので、私も変な体勢で寝てしまうのだ。
右向けない〜。

今日は午前中ダウン。

というのも、巨大ムカデがネコルーム(縁側)のカーテンに出没。

母は見つけても自分ではぜっっっっっったい退治しない。

「(半狂乱の声で)りとるうううううううう、早くきてええええええ」

スプレーをこれでもかと噴霧して火箸で挟んで道路へ捨てた。

書いてしまうと1行だけど(笑)、これで気力体力時間を使い果たした。

巨大ムカデは火箸から何度もボトボトと落ち、その度に表になったり
裏になったりして「ぐあっ」と思わず声が出た。

胴体幅1.5センチ、体長15センチはあった。

ああもう疲れた・・。

しかしその間、息子がPCの電源ボタンをメチャクチャ押しまくり。

私、プッツリきれて怒鳴りまくり。

PCはウンともスンとも言わなくなるし、冷や汗かいたよお。

何とかこうして今日の日記を書いていられて良かった良かった。


ああ首痛いわ(涙)



2002年05月20日(月) 殺されたかもという不安

腰が痛いりとるっす。
なのに毎日のように重い鉢をあっちこっち移動させてるのよね。
ここ、午後2時には陰っちゃうから悲しい・・。


最近、夜布団に入ってから、すぐそばで息子の寝息を聞きながら
いろんなことを考えて眠れなくなる。

涙が出てきてしまうことも。

でも朝になればどうってことないのだな、はは。

夜の後には必ず朝がやってくる。
人生も、真っ暗な夜が永遠に続くなんてことはないのだ。
必ず、朝がやってくる。
そう信じてる。


ダンナは、死ぬ3日前にスキー用具を一式買い揃えた。

ウエアから何から、しめて7万くらい払っていたかなー。

スキー場が近い職場に転勤になったダンナは、冬にスキーをするのを
楽しみにしていた。

妊娠していた私に「行っても良い?」って聞いたほどだ。

職場の仲間で、スキーツアーに行くことになり、ダンナはとても
楽しみにしていた。顔がにやけていたもの。

一人倉庫にこもって、せっせと板にワックス?を塗っていた。

自殺する3日前のことだ。

その後、自分のと、新たに買った車(今私が乗っている)を綺麗にして、
チャイルドシートも取り付けた。

車を洗うダンナへ、飲み物を持っていった。

「ありがとう!」

ダンナは嬉しそうに飲み、私がその場にとどまっていると、
「寒いから、りとるは部屋に入ってな」と言い、空のグラスをよこした。

そして自分の車にスキーキャリアを取り付けた。


そこまでして楽しみにしていたスキー。

3日後、ピカピカにしてキャリアをつけた愛車の中で、
ダンナは息絶えていた。


いきなり「覚悟の自殺のようです」なんて言われたって、
信じられるはずないじゃない。

警察はちゃんと調べたんだろうか。

車の周りには彼の足跡しかなかったって言ってたけど。

自殺するよう脅されていたかもしれない。

ダンナは会社の苦情窓口もやっていたのだ。

死ぬ数日前に、
「おれ、殺されるかも知れない・・」
不安な表情で、ダンナがそう言ったのを覚えている。

なにやら危ない人に名前を聞かれて答えてしまったという。

「何かされるかもしれない。」

ダンナは少しおびえていたように見えた。

それがダンナの死と無関係だといいのだが・・。


もしも。

ダンナが

自殺ではなく

他殺だったら

日々

ダンナに

恨み辛みを

言っている

私は

何なんだろう

ダンナの

無念を

知るすべはない

もどかしい

くやしい

悲しい

苦しい

つらい



どうして

ダンナは

死ななければ

ならなかったのだろう


2002年05月19日(日) かなり焦った・・・

みぞおちあたりが痛いりとるっす。

しかし今日は心臓が痛くなる出来事が。

夕方、息子と遊んでいて、たまには父親っぽい遊びも
しようと、息子の手を取りグルグルと、メリーゴーランドの
ように回してみた。

喜ぶ息子。

が、止まったら息子が急に痛がりだした。

右腕を押さえて「痛い痛い」と泣き出す。

おわっ。

まさか肩か肘の骨が外れた?!

それとも脱臼?!

捻挫??

涙をポロポロ流しながら痛がる息子に、母はオロオロ。

抱っこしているうちに、息子は寝てしまった。

そーっとベッドへ乗せようとするが、その度「痛い〜」と
泣いて目を覚ましてしまった。

それでも何とか一人で寝かせるのに成功。


小一時間後、息子がワンワン泣きながら起きた。

あまりの泣き叫びように、気が動転した私は電話帳を引っぱり出し、
休日診療所へ電話した。

「子供が腕をひねったみたいで・・・」

「じゃあここでは診られませんね。整形外科でないと・・」

「どこがやっているか分からないんですけど」

消防署の電話番号を聞き、何度もかけるが繋がらない。

息子は泣きやまない。

電話を諦めて息子を抱っこした。

すると、泣きやんだ。

痛がらない?!

全身の力が抜けた。


新米ママはこうだから情けないわ〜。とほほ。

息子の親は私一人、しっかりしないと・・・。

でももう荒っぽい遊びはちょっと怖い。


息子の涙とよだれと鼻水で全身ベタベタになったりとるっした。


2002年05月18日(土) ぷりんぷりん

ああやっと。

洗濯物が外に干せるわん。

と喜んだのもつかの間。

朝、起きた息子はパジャマもかいまきもぐっしょり。

当然、オムツはパンパンのパン。
これ以上膨らめないってくらい膨らんでいた。

ううむ、昨夜寝る前にお茶をガンガン飲んでたからなあ・・。

寝る数分前まで飲んでいた結果がこれか・・。

心なしか敷きパッドも湿ってる感じ・・。

わーん、洗い替えないやん。


ということで。
買いに行きました。
ついでに息子のランニングシャツも買いました。
ミニストップで久々にソフトクリーム買いました。
ベビー用品店でかいまきの洗い替えも買いました。
網戸ストッパー、冷蔵庫ストッパー、その他多目的ストッパー買いました。
今日は息子のための出費が多いっちゅうねん。

当人はケロッとしてソフトクリーム「おいちい」って食べてたけど。

私はついプリンを買ってしまった。

先日、かの大食い元祖を唱う番組を見たのだが、その時は
「プリン通選手権」で、そのまま見てしまった私はすっかり

「プリン食べたい」人間になってしまったのだった。

ははは。単純明快。

人の影響受けやすいへなちょこ人間なの、私って。

同じアホなら踊らにゃソンソン。

息子と二人でプリン食べまくる今日この頃。

しかし私は甘い物はちょっと苦手で。

ケーキも和菓子も、一つ食べれば「もう充分」なので、
もちろん好みは甘み極力控えめのあっさり味。

今流行のこってりとろとろ系プリンは、一つ食べるともう胸焼け。

やっぱり食べた後口の中がどろ〜っとするプリンはもういらないかな。

でもきっとあれば食べるだろう(爆)


夜、風呂場で息子の髪を切った。

何度もやっているのでかなり慣れた。
「なんじゃこりゃ」って髪型にはならないのが素晴らしい。
何せ息子専属のカリスマ美容師だからね、私。

息子も「もろ女の子〜」から「男の子みたいな女の子」へ変身(笑)

でも中身はまるっきり男の子なんだなこれが。


2002年05月17日(金) 成長したな、息子よ(涙)

寒くて久々に石油ヒーターつけてるりとるっす。

毎日洗濯している身としてはここのとこ雨続きで困っちゃう。

りとる困っちゃう〜(リンダ風)。


バカはさておき。

食べる物がなくなってきたので雨の中買い物へ。

スーパー。

かつてはカートなんて嫌がって絶対乗らなかった息子。

しかし今や。

おとなしく乗るではないか!!!!!


感動のあまり涙が出るくらいだぞー。

カートに乗る息子。

以前は想像できなかった光景。

この日が来るとは。

ああ嬉し。


さらに「アンパンマンビスケット」を持たせたら、お利口さんに
輪をかけておとなしくなった。

ひしっと胸にアンパンマンビスケットの箱を抱きかかえる。

アンパンマンでないとこうはいかなかったかも。

キャラクターで唯一ちゃんと発音できるのが、この
「アンパンマン」
なのだ。

アンパンマンおそるべし。

あとはせいぜい「くまのプーさん」だが、これは何度教えても
「プーアン」になる。まいっか。


買い物を終えてカートからチャイルドシートに移っても、
アンパンマンビスケットを抱きしめ続ける息子。

さらに走っている間、食べたくて箱の角をかじりはじめた。

「アンパンマン、アンパンマン」と、うるさいうるさい。

見ると、箱の角に穴が。

キミはネズミか。

あけてあげると嬉しそうにアンパンマンの顔をしたビスケットを
ほうばる息子。

数枚食べて、袋を持ったまま寝る息子。


おかげで夕ご飯食べてくれなかった(涙)

食べたのはプレーンヨーグルト250グラム。
(500グラム入り半分一気に食べた。それも砂糖なし)
以上。

なにはともあれ、これでちょっとは連れて出やすくなったかな。と。


2002年05月16日(木) まさか海外永住?!

今日は体のだるさが少し解消で嬉しいりとるっす。
でも梅雨の走りみたいねえ・・いやあん。

息子のちびりとるも、外に出て遊べないのが不満らしい。

日に数回は玄関でウロウロしてる。

サンダルを左右逆に履いて、「んーく(靴)」なんて言ってる。

肌寒かったので、オムツ替えを嫌がった。

ズボンを脱がせると、「だめえ、だめええ〜」と言って抵抗する。

ズボンを穿くときは「ブアン(ズボン)、ブアンね〜」と言う。

「カラッポ」は「かーぽ」
「プリン」は「んーきーん」

さらに「ビール」とか「コーヒー」なんて言葉ばかり覚えてる(汗)
発音は「ビーウ」と「コーチー」になってるけど。

おやじかい、キミは。

しかもどちらの味も平気。飲ませないようにするのが一苦労。

最近、ふたたび「バイバイ」をするようになった。

しかし、相手がとっくにいなくなってから一生懸命手を振って
「バイバーイ」って言っている。遅いよ、キミ・・・。

トミカのビデオを何度も見る息子。
トーマスのプラレールが出てくるとかぶりつきで見ている。
わたしゃトミカの歌まで覚えてしまったぞ・・。


と、前置き(ちびりとる通信)が長くなってしまったが(汗)、本題。

今同居している、母の再婚相手。

あと2年で定年退職なのだが。

友達から「上海で事業を立ち上げないか」と誘われたらしい。

今辞めても2年後辞めても退職金は同じらしい。

事業も、今やっている仕事と同じ畑の内容だという。

前向きに考えているらしく、早ければ夏にも上海にいくらしい。

当然、上海で住むわけだ。


これは母から聞いたことなので、まだ詳しくは分からないが、
母はどうするんだろう。
この家はどうするんだろう。
私と息子は???
みんな揃って上海へ???


ええっ?!

まさかね・・。

それはないよね・・。

と思う。

母は去年中国に行って以来中国かぶれになって「また行きたい」を
連発していたが、私は・・中国語苦手だし。

って、そんな問題じゃないか。

さて、どうなることやら・・。

ますます先が見えなくなってきたぞ・・。


2002年05月15日(水) 遅まきながらハリポタ

本日は、つらつら日記のりとるっす。

一日引きこもりだったから、事件も特になかったし、怪獣は
いつも通りだし(笑)
仔猫も家中猛スピードで走りまくる。ドドドドドドドと音がすごい。

空がどんよりして、気持ちが憂鬱になると、アルコールで
ふんわり良い気持ち〜になりたくなる。

んが、最近肝臓がからっきしダメ。

飲むとしんどいしんどい。あとが大変。

それでも飲みたい。どーすりゃいいんだあ。

ちなみに母は飲むと背中が痛くなるが飲まずにいられないらしい・・。


で、最近は肝臓を休めている30代。熟しつつあるりとるっす(爆)

今日は予約していたDVDが届いた。

巷で話題の「ハリー・ポッター」だ。

ホントは映画館に行きたかったが息子がいたので諦めた。
(母に預けようとしたら「映画くらい育児中は我慢しなさい!」って
言われちゃったんだもの・・)

原作を読んでいたので先が読めたとはいえ、想像の世界が
具体的に映像化したのを観るのもなかなか面白いと思った。

昔じゃあこんな映画作れなかったものなあ・・。

息子も時々画面に釘付けになっていた。
(特に機関車が走る場面。「きやー(汽車)」と喜んでいた。)

しかし息子がDVDデッキを触りたがって困った。

トレイが出てくると力ずくで引っ張ってもぎ取ろうとする。
うわああやめてえええ買ったばかりのデッキなんだからあああ。

それにしても、この作品の原作を読んだのはまた息子が
ベビーベッドの中でスヤスヤ寝ていた頃だなあ・・。


と、今日は何のオチもないので、ちびりとる語録を一つ。

今朝、息子を着替えさせたら、しきりに「んーきーた、んーきーたない?」と
私に聞いた。

んーきーた???

きーきーやは収集車だし・・????

すると息子、両足を差し出した。

ああ、靴下かあ。

「靴下は?」って聞いたのだな。

ううむ。難問が続々と出てくるなあ。

テレビに昆虫の「アリ」が出てきたので「アリ」と教えると、
「アッチ」と息子。

「アーリ!」

「アーッチ!」

「・・・」

アンパンを食べていると「固い?固い?」と聞いてくるし・・。
ううむ。訳分からないぞ息子。

いつものことだけど(爆)


2002年05月14日(火) 子育てを甘く見るなよん

本日車検デー。

ああ出費がかさむ(涙)


ということで。
今日はちょっと愚痴りたいりとるっす。
おつきあい願いますです。

昨夜、真夜中に横向きで寝ていたら、いきなり背中を
ドスドスドスドスッ!!!
と蹴られて寝るどころではなくなった。

暴れん坊2歳児、ちびりとるの寝相はすさまじい。

私は布団から追い出され、朝は畳の上で寝ていることもしばしば。

体当たりや蹴りが来るともう腹が立って、その後眠れなくなる。

毎晩、並んだ2組の布団の中でバトルなのだ。


なので、今朝は午前中ぐったり。
車をディーラーのお兄ちゃんに渡した後は、床に突っ伏して
しばし仮眠。

しばらくして、息子がうつぶせの私の身体に乗ってきた。

しかも、乗用玩具「アンパンカー」にまたがって。

「いたああああああああああああい!!!!」

あまりの痛みに仮眠終了・・。


午後、懲りない私はまたまた土いじり。

母はせっせとムカデ用薬を家のまわりに撒いている。

すると、隣の人が出てきて一言。

「今日、あんたんとこから大きなヘビが出てきてあっちへ行ったよ」

ひええええええええええええええええええ。

ムカデだけでなくヘビまで?!
ヘビの方がいやじゃあああ。

母がそうですかと驚きながら鉢をどかすと、そこには巨大ムカデが。

「キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」

母の叫び声に私も思わず

「キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」

隣の人はどうしたどうしたと慌てる。

息子はポカンと見ている。

私はさっとスプレーでムカデ退治。
ははは、慣れたもんだ。
しかしヘビと出くわしたら・・・おおおおおお恐ろしい・・・(汗)
そしたらもう引っ越す(爆)


そして息子、またやってくれた。

植え付けたばかりの花の苗に倒れ込んだり手をついたり。

せっかくの苗がボキボキ。横倒し。

近所に聞こえようと構わず、大声で叱った。

ああ、たくさんの蕾がパア・・・しくしくしく・・・。

お花さん、ごめんねえええええ。


さらに息子、トイレできばっている猫の首根っこを掴んで持ち上げたりした。

哀れ仔猫は宙ぶらりんのままウンチをポトポト落としていた・・。

猫ちゃん、ごめんねえええええ。


息子の力、特に引っ張る力はすごい。

子供の力をバカにしてはいけない。

持ち上げる力はまだ私が勝っているが、引っ張るとなると負ける。

2歳児でもプライドは一人前。

母がぽつりと一言、「子育ては大変だ・・・」

私も弟も育てやすかったようで、孫をみて初めてそう思ったそうだ。

そりゃ私たち姉弟は1日でオムツ取れておねしょ経験もナシだからなあ・・。


夜、いつまでたっても寝ない息子。

困り果てて、エーンと泣き真似してみた。

息子は戸惑いながら「ナデナデ」と言いながら私の頭をなでた。


もーキミにゃあ負けるよ、ホント・・・。

そこで一句。

*子育てを
  なめて出産
   その後後悔
     世の母親よ
       あなたは偉大だ*
             *りとる*


2002年05月13日(月) 巨大蚊の襲撃

ホラー映画みたいなタイトルだなあ(笑)
もしくは特撮かな。

まだ5月だっちゅーに、もうわらわらと出てきたチビドラキュラ。

買い物から帰ってから、せっせとまた寄せ植えを作っていたのだが、
庭にしゃがみ込む私の周りは無数の蚊、蚊、蚊・・・。

だが最初、蚊だと分からなかったのだ。

なぜかというと・・。



でっかいからなのだあああああ。

ひえええええええええええええ。

今まで見たことない大きさ!!

ビッグモスキーノ!!!

だから止まったときに叩き殺すのは割とたやすい。

デカ&デブだから動きも鈍いし。



山のふもと恐るべし。

靴下の上から刺されてもみるみるうちに膨れ上がる。

ふくれる大きさがデカイ。これまたデカイ。

だから塗り薬たくさん要る(涙)

人間って、身体のどこかがかゆいとイライラするものだ。

ぐずる息子を叱りとばしてしまった。



今日、虫除けスプレーとジェル買ってきておいて正解だったわ。

今、すでに寝室で液体電子蚊取り器が活躍中。

寝ているときに、あの「プ〜ン」という羽音が耳元でした日にゃあ、
イライラして寝られたものじゃないので・・・。

で、手の指とか足の甲に刺されて一晩中掻きながら寝るとかね。

もうあまり経験したくないっす。


ああ、ムカデに次いで憂鬱なヤツが出てきたわ・・。



**ちびりとる通信**

予防接種(三種混合4回目)に行ってきた。

気持ち悪いくらいお利口さんしていた。

待合室のおもちゃも、「行くよ」と言ったらさっと片づけたし。

診察室には、すすんで入っていった。

泣いたのは針が刺さっている間だけ。

「イテェ〜」だって。わはは。

で、終わればケロッ。

ああ楽だった・・・。

いつもこうだとありがたいのに・・。



2002年05月12日(日) 嫁は今日は大変なのだ

朝起きると胃のあたりがずっし〜んと重いりとるっす。
これから梅雨にかけて体調悪い日が続くかも。
今日はとにかく腰が痛かった(涙)

んが、今日は母の日。

ダンナの家に義母への花を持って行った。

花屋さんは押すな押すなの大騒ぎ。
レジで行列になったの初めて見た・・・。
全国の花屋さん、お疲れさまっす。

ついでに、ダンナにも仏花を買っていった。
ついでよ、ついで(爆)
ダンナにもたまには何か持っていかないとすねるしね。

息子は、ダンナの遺骨がまだある仏壇に行き、
「おまーり、おまーり(お参り)」と言いながらお鈴をチリーンと鳴らし、
両手を合わせてお辞儀していた。

自分の父親の遺骨に手を合わせる息子。

見ていて胸が痛くなった。

いつ、あの桐箱が自分の父親だと理解するのだろう。

まあその頃はお墓の中に入っているだろうけど・・。

パパと呼べる人がいない息子。

ダンナは息子に謝っているだろうか。

私により、息子に謝るんだぞ。ったく。



先日の遊園地の写真が出来たと見せてもらって愕然。

私が意外にたくさん写っていたのだが・・・。

太ってる・・。

明らかに太ってるううううう!!!!

数字にしてみれば2圓らいしか増えてないんだけど。

見た目は明らかにデブデブ。

うわああああああん。

特にお腹まわり腰まわり、悲惨だ。

難しくとも、この肉は取らねばなるまい。


やーせーるーぞーーーー!!!!(と山に向かって叫んだつもり)


2002年05月11日(土) 無職の五月病?!

無職なのに五月病っぽい未亡人、りとるっす・・・。

身体がだるい・・やる気が起こらない・・眠い〜。
食欲無し・・胃が重い・・身体も重い〜。

朝も起きられないので、先に目覚めた息子に身体を鷲掴みにされ、
布団をひっぺがされて起きている。とほほ。

または「めめ〜、めめ〜、まゆげ〜、まゆげ〜」と言いながら
息子が私の目や眉毛を指でプスプス刺してくる。痛いっちゅうねん。

「鼻」と「口」はまだ言えないのよね、わはは。


しかし、だるい身体も趣味となれば何とか動かせる。

昨日買ってきた花苗を移植。

ついでにアボガドの種を植えてみた。芽出てくるかなあ・・。
(食べそびれたアボガドを慌てて切ってみたら、もう種から
根が出ていたのだ〜)

しかし、アボガドって、アボカド?! どっち???


さらにプチトマトの芽を間引き。
貧乏性の私は間引いた芽を別のプランターに植えてみた。
さてどうなることやら?!


明日は義父母の家・・つまりダンナの実家へお出かけ。
母の日だしね、こどもの日のお礼もかねて。


**ちびりとる通信**

さっき、隣の部屋で寝ていた息子が寝言を言っていた。

寝言とは、ダンナに似たな。

言っていた言葉が笑えた。

「あ〜ん、ダメ〜、ダメェ〜・・」

・・・。

どんな夢見てるの????


2002年05月10日(金) あの世でダンナが泣いている?!

梅雨???

っていうくらい雨、雨、雨・・・いや〜ん、もう。

ナメクジ様が大量にご誕生になってしまうでないの。


雨の中、せっかく洗車した車を出したくなかったが、
息子を母に託して外出。

実家に行って「グリーンマイル」原作本を取り、
ホームセンターで花の苗を買った。

トレニアと、メランポジュームと、ケイトウ。むふふ。

で、最後にメインの場所へ。

そう、自分へのご褒美に永久脱毛することにしたのだあ。

今後のことを考えると出費もやむを得ないと思い・・。

というのも、私は肌がヒジョーに弱い・・・。
情けないほどに弱い・・・。
弟などはアトピーが酷くて両足なんてケロイド状態なのだ。
私はそこまでではないにしろ、お肌ボロボロ。ひえ〜ん。

むだ毛処理なんてしちゃうと、赤くなるわ痒くなるわ腫れ物が出来るわ。
もう泣けてくるほどなのである。

幸い手足はやらねば!というほど産毛が濃くないのでありがたいが、
これからのシーズンはどうしても脇の下がね〜。

今日は簡単なカウンセリングと無料体験のみで終了。
予約がぎっしりだそうで、第1回目は今月末までおあずけ。

昔針脱毛したことあるけど、あれは痛くて汗びっしょりになったっけ。
それに比べたら最近はすごいのね。技術の進歩がめざましいわ。

ダンナに会う前にやっておけば良かったかなーなんて。
私が処理していると興味津々で見ていたっけ。やだったぞ。
今朝はダンナが死ぬ夢見たし。って、死んでるけど。
「そんなことやるなよ」って泣いてるかな?!
し〜らないっと。

女っていろいろ大変だわしかし(横山やすし風)。


**ちびりとる通信**

野菜ジュースの飲み過ぎで下痢。
なのにキムチを平気で食べる。おいおい・・(汗)
手足の指にささくれが出来ると気になって仕方ないらしい。
無言でささくれを取ろうと奮闘していた。
ささくれって、イヤよねー。


2002年05月09日(木) えらい・・・(偉いじゃなくて)

身体しんどいりとるっす(涙)

うーん、昼の食べ合わせが悪かったみたい。

お腹壊したのはもちろん、身体がだるいやら重いやら。

私日本蕎麦合わないんだろーか。んなの悲しい・・。

ちなみに義弟は蕎麦アレルギー。
サービスエリアの「うどん」食べても死にます。
(おなじ釜でゆでてるから)

同じもの食べたのに息子はいたって元気。

うう、丈夫ね・・・。

丈夫が一番だ。


にゃんこも元気だ。よかよか。
缶詰1日に1個食べきるくらい。ドライも多めにしてるのに。
毎日息子から逃げてヘトヘトなのかも(笑)

息子は一緒に遊びたいんだろうが、ドスドス足音をたてたり
大声だしたりしっぽ掴んだり叩いたりするので、当然ながら
にゃんこたちは一目散に逃げていく。

息子は逃げられて歯がゆいみたい。

おまけにちょっかいだすと私や母に怒られるし。はは。

はー、えらい・・(しんどい)


今日はムカデ1匹、イモムシ1匹退治。

すでに蚊も活躍し始めて、息子の顔も刺されまくり。

ああ、蚊という大敵もいたか・・。

ここの蚊の量は半端じゃない。

憂鬱。んも〜めっちゃ憂鬱。

今年はどれだけ血を吸われるのやら。


花苗買いに行きたいが、天気が悪い今日この頃。
ガーデニングもそろそろやりにくい季節だわ・・とほほ。
母は毎日「もう限界、別れたい」だし。
入籍してまだ5ヶ月なんだけど・・。

さて、年内引っ越しになるかどうか?!



2002年05月08日(水) 私のプロフィール?!

ビール飲んで息子をお風呂に入れ、自らの心臓をこき使うりとるっす。
皆さんアルコール飲んですぐの入浴はやめまひょ〜。

今日は市役所に行って国民年金半額免除の申請をした。

ダンナが死んで2年、全額免除していたので、今年からは少しずつでも
払いたいなと。半額免除もスタートしたことだし。

対応した職員の人にいろいろ説明したら、
「旦那様若くして亡くなられたんですね・・」と言われた。

「ええ・・はあ、まあ・・」

とっさのことにモゴモゴしてしまう私。アヤシイヤツ。ははは。

やっぱりね、「自殺しました」って言えないのね。

口ごもっちゃうんだなー・・いつも。



私はちゃんとしたHPを立ち上げてないので、途中からエンピツの
この日記を読まれた人は、私のことがよく分からないと思う。

公開している以上、度々自己紹介しなくちゃね。

もう充分ご存じの方も多いと思いますが・・。


私は未亡人になって約2年4ヶ月たちます。

3年前の今日、結婚式をあげました。そ、今日は結婚記念日なのだ。

妊娠、切迫流産、ダンナの転勤による引っ越しなどありまして・・。

結婚して8ヶ月たった2000年1月、

人里離れた河川敷で、ダンナは車にホースを引っ張り込み、

アルコールと酔い止め薬を飲み、

排ガスを吸いながら、

自分の首をカッターナイフで引き裂いて、

血まみれになって、

死にました。


翌朝付近の住民の通報で警察がダンナの遺体を発見しました。

私は妊娠8ヶ月でした。

社宅の部屋でひとりぼっち、私は彼の帰りを待っていました。

でもやっと会えたダンナは棺桶に横たわり冷たくなっていました。

ダンナが死んで2ヶ月後、

私は男の子を出産しました。


子育てに無我夢中になりながら、私は涙を流し続けました。

自分の不幸を呪いました。

自暴自棄になりました。

でもどうあがいても、ダンナは帰ってこない。

今年の1月、3回忌をすませ、私は改めて生きる決心をしました。

ダンナの所に行くのはもう少し後にしよう。

命より大切な息子と共に生きよう。と思っております。


えーと、歳は今年9月に33歳になります。本厄?!
O型の乙女座です。むふふ。

息子は今年2歳になりワンパク盛りです。

ダンナは永遠に27歳のままです。

自死遺族(自殺により遺された家族)として、苦しみつつも
幸せを求めて日々過ごしております。

今現在は、母と母の再婚相手、息子、仔猫2匹と暮らしています。

趣味は園芸、読書、通販、コスメ、ネット・・かなあ。
好きな食べ物、大きなイチゴ、嫌いな食べ物、レーズン&ピクルス。

他にもし聞いてみたいことがあればBBSにどうぞ・・(笑)

つらつら書いたので、これでプロフィールになっているかどうか
甚だ疑問ではありますが、このくらいで・・。


あー、アルコールは身体だるくなるからいやあねえ〜。


2002年05月07日(火) 映画で泣けない

天気悪いなー。
でもとりあえず洗濯機が直った。ホッ。
おにーちゃんが修理に来たが、「短期間で二度も壊れたんですけど」と
チクリと言うと謝りつつすごすご帰っていった。
まあおにーちゃんのせいじゃないけど・・プリプリ。

しかしなんですな。
レンタルビデオ返しに行くと、ついまた借りてしまいますな。
見逃した大作がたんまり残っているんで。
「マトリックス」も「アルマゲドン」もまだ観てないぞー。
わはは。

今回は「グリーンマイル」と「シックスセンス」を借りた。
これまたすでに公開から日が経っているものばかり。

シックスセンスは、公開当時ダンナに観たいよーと訴えたが、
「怖そうだから嫌だ」
と却下されてしまった。
でもって
「ゴジラ観ようよ」だって。
「いやだあ〜」と拒否すると、一人で行っちゃった。
ちぇっ。寂しいなーもう。

なので今回観るときはちょっと感慨深かった。

ブルースウィリスを見るといつも思うことがあるのだが、
メディアも含め、どーして「ウィリス」を「ウィルス」とみんな言うの?

極端に言えば「ういりす」なのに「ういする」なんだもん。

彼はインフルエンザウィルスかーって感じ。

だからたまにちゃんと発音しているのを見ると「よしよし」って思う。
ははは、小さなこだわり。


グリーンマイルは、本を買って結局まだ読んでいない作品。
映画見て原作を読むパターンもありかなーと思い観てみることに。
キングの作品ならそういう行為をしても裏切られないし。

しかし、こういう「泣ける」とお墨付きの映画を観ても、
じーんと来ても泣けなくなった。

以前なら・・つまりダンナが死ぬ前はドラマでも映画でも
ドキュメンタリーでもアニメでも泣けたけど。

ダンナが死んだときの衝撃、その後流した涙を思うと、もう作り物では
泣けなくなってしまったのかなと思い、何だか悲しくなった。

もうちょっとやそっとでは泣いていられないってのもあるけど・・。


先日観た「ダンサーインザダーク」に出ていた人を
「グリーンマイル」で発見。クレジットで名前を確認。
デビット・ノースっていう俳優さん、妙に覚えてしまったぞー。
しかしトムハンクスはさすがに上手いなあ・・。
そう思わせる作品だった。

さーて、今度は何借りようかなあ。


2002年05月06日(月) 洗濯物がああああ

明日から雨という予報なので、今日はたくさん洗濯して
干しまくるぞーと思った今朝。

洗濯機が壊れた。

しかも私の洗濯物入ったまま。ドア開かず。

サービスセンターに聞いたら今日まで休みだって・・。

わあああああん。

洗濯が終わり、乾燥に入って間もなくなので、色移りする可能性あり。

ったくもー!!!今年に入ってこれで2度目だぞっっ!!!

もうT社製の家電は買わないっっっ!!!プンプン。


怒りにまかせて種まき&剪定、花の手入れ、ついでに洗車。
車内も掃除機かけて徹底的に掃除した。

クタクタになって息子を見ると、食べ物で服が汚れまくり。

んもー、洗濯機壊れたってーのにい。

着替えさせて、手洗いする。

昨日に負けず劣らず疲労困憊。
            ↑ 
(おお、手書きならこんな漢字書けないぞ・・)

グッタリ横になると息子が「ダメ!」と起こす。とほほ。


さらに夜、息子が大泣き。
久々に今日はぬるいから大丈夫と息子を湯船に入れたのだ。

火がついたように泣き叫ぶ息子。

出てからもずーーーーーーーーっと泣き叫ぶ。

うぎゃああああああああああああああああああああああああああああ

パジャマを着せようとしてものたうち回る。

こっちまで気が狂いそうになった。


ああ、疲れた・・。

何だか疲れてばっかり。たはは・・・。


2002年05月05日(日) クタクタっす

歳っす。

いろいろな意味で歳を感じてしまった今日一日(涙)

今年ゾロ目の未亡人、りとるっす。


朝6時に起きて大の字で寝ている息子をそのまま車に乗っけてGO。

ダンナの家に着くとまだみんな支度出来てない。おいおい。

いやあ、しかし疲れた・・。

私の車に義両親と私、息子。運転は義父。
もう一台に義弟夫婦と娘。

片道2時間のつもりが渋滞もあり2時間半かかった。
帰りは3時間以上・・渋滞ってのは体力消耗するのね・・。

朝は曇っていて程良い気温だったのが、昼は晴れて灼熱地獄。
なんじゃこりゃ、真夏が来たぞってな感じ・・。

息子の服を慌てて着替えさせたくらい。
キャミソール1枚の人もいたくらいだし。
子供らは池で素っ裸で泳いでいたし。

暑さもあったが、それ以上に人の多さでグッタリ。

まあGWなんだから混んでいて当たり前田のクラッカーなんだけど。
(私もリアルタイムで知っているネタじゃないから!!念のため!)

ファミリー向けの乗り物はすべて1時間以上待ち。

それでも意地で乗ったら息子は「怖い怖い」と泣き出す始末。
そりゃね、息子を膝に乗せている義母が大声で「ぎゃあ、怖いー!」
なんて叫ぶから息子が怖がるのは当たり前。
それもお子ちゃまが乗るのんびりゆったり乗り物なのにさ。
ちょっと揺れただけでワアワア言う義母・・つられて怖がる息子・・。
必死で「怖くないよ!」って言ったが無駄だった・・。

最後に義弟が来たからには絶叫マシーンに乗らねば!と言うので
子供達は義父母にみてもらって、義弟夫婦と私でジェットコースターに
乗ることにした。

10代、20代では平気だった、むしろ好きだった絶叫マシーン。

30代になって初めて乗ったら・・反省した。

もう若くないなって思った。とほほ。

もう降りた瞬間から気持ち悪いのなんのって。
胃がひっくり返ってのたうち回ってるって感じ。
私はひたすら無言になった・・ははは(汗)

もうあの手のものには乗れないわね。さらば青春の日々(笑)



最後に。

入園してからしばらく歩いた頃、ダンナと瓜二つの人がいて、
またまた全身の毛が逆立った。

服装から背格好から顔から何からそっっっっっっくり。

腰に手を当てて立っている姿も、まさにそのもの。

唯一、ダンナよりちょっぴりスリムだった。

私はみんなと歩きながらその人から目が離せなかった。
その人の身体に穴が開くかと思うほど見つめてしまった。
多分気がついたのは私一人だったと思う。

世の中には自分とそっくりな人間が3人はいるというが・・。

ダンナの場合、世の中に数百人、いや何万人かそっくりさんが
いるのではないだろうか。

そう思うほど、似た感じの人をよく見かける。

私のレーダーに引っかかりやすいんだろうけど、見た瞬間
ギョッとしてしまうことも。
ダンナって、世の中によくある顔なのねえ、とつくづく思った。
外国にもかなり居そうだわ。ちょっと日本人離れの顔していたし。

今日、ダンナの家に行ったとき仏壇にお参りしなかったから
怒っているのかな。

ゴメン、でも3日後結婚記念日なんだけど?

会いに来てくれるんでしょーねっっっ。

息子にのりうつるのはやめてね、怖いから(笑)



はあ・・・疲れたびー。


2002年05月04日(土) 明日に備えて

珍しく昼間っから更新の未亡人、りとるっす。

息子は幸い階下。今のうちじゃ〜〜〜ってな訳で。

なぜこんなスリルを味わっているかというと・・・。


朝、電話が鳴った。
義母からだった。

「明日こどもの日だけど何か予定ある?」

みんなで遊びに行かないかという誘いだった。

車で高速使って2時間かかる遊園地まで。
ついでに義父の実家(めちゃめちゃ山奥)へ。

息子の風邪も一段落ついたし、大丈夫ですと答えると、

「朝早いけど、ここを8時に出るから」

なななななぬう???

ってことはここを7時半には出なくちゃなんないの?

混んでるだろうから早めに行きたいそうな・・。

で、10時に向こう着いて、2時には出て、義父の実家によって
帰るという予定。

最近は私も息子も7時半はまだ寝てる(汗)

「分かりました」

うわーん、墓穴掘るなよおおお(涙)


というわけなので。
今晩は薬飲んででも早く寝るのだああああ。
明朝、息子はパジャマのまま車に乗せるかな。
すまないねえ、息子。
続きの睡眠はチャイルドシートでね。

じゃ、私は6時起きかあ・・。
久々の早起き・・頑張らねば・・。

さてさてどうなるかは明日の日記で詳しく!!んじゃ!!!



2002年05月03日(金) デパートへ行けども

久々に晴れて洗濯しまくりのりとるっす。
いやあ、シーツを洗うと気持ち良いなあ〜、うん。

しかし朝起きたら突然同居している新・父が
友達が2人来るからと言うのでアセアセ。

しかも午前中からやってきた。

人見知りしまくる私としては緊張でなかなか挨拶にも行けず。
なのに息子はさっさと馴染んで接客にいそしんでいた。負けた・・。

母も知らない人が家にいるのは苦手なので、息子と3人で出かけた。

久々のデパート〜〜〜。

さすがGW、いつもより人が多かった。

屋上で子供広場をやっているということでまず行ってみた。
そこで息子を母にみていてもらって、買い物しようという魂胆だ。

しかし、私の野望は見事に崩れ去った・・・。

屋上にあったのはどれもこれも、小学生以上向きのものばかり。
遊んでいる子供もみんな大きい。小さくても3歳以上って感じ。

母としばし呆然と立ちつくし、すごすごと階下へ・・。

結局休憩スペースのベンチで母が息子にお菓子を食べさせている間、
デパート内を走って回った。とほほ。

疲れてのどが渇いたので、お茶することに。

私はアイスコーヒー、息子にはバナナジュース。

しかし息子はバナナジュースを一口飲むや、不満タラタラの顔。

そして私のアイスコーヒーを力づくで奪い取り、美味しそうに飲んだ。

おいおい、子供はコーヒーなんぞ美味しそうに飲んではいかーん!!

そんなにジュース不味いのかと飲んでみたら美味しかった・・。

どうも息子の味覚は子供らしくないぞ。

でもカフェインとアルコールは飲まないでよ〜!!


靴が欲しくて靴屋さんに立ち寄った。
母は仕事ですでに別れている。
息子はいそいそと自分の靴を脱ぎ、棚にある靴を片っ端から試着(?)
もちろん大人の靴しかない。デカすぎ〜。
一応履いた後棚に戻すんだけど、グチャグチャ・・(汗)
それでも何とか自分の靴を買った私って偉いかも(爆)

しかし、店に来ていた知らないカップルの女!!
息子が店の靴を履いていたら、「おい、おまえが履くなよ」だって。

くおら!!!

見ず知らずのあんた!!!

息子を「おまえ」って言うな!!!

あんたに「おい」とか「おまえ」って言われる筋合いはないぞっ!!!

なんちゅう口の悪さと、驚いてしまったぞ。
男も知らんぷりすなっ!!!揃いも揃ってバカップル!!!


ってことで。
ちょっとムカッときた母りとるっした。


2002年05月02日(木) 2年半振りのレンタル

運動不足で身体のあちこちが痛いりとるっす(涙)

それは置いといて、いい加減天気良くなっておくれえええ。
部屋の中干した洗濯物だらけだよお。
みーんな生乾き・・お天道様が恋しいわ・・。


さて。
私はここ2年半ほど、ビデオレンタルというものから遠ざかっていた。
借りても観られない状況が続いたからなあ・・。

最近、息子がやっと落ち着いてテレビを見ることがあって、それが
「ちびまるこちゃん」や「くれよんしんちゃん」といったアニメが
多いので、ビデオでも借りてみるべか?!と思っていた。

それに、今まで観たくても見逃した映画もあるしなー。

で、久々に入会したっす。
で、最初に借りたビデオ4本。

「それいけ!アンパンマン2001版 第1巻」
「きかんしゃトーマス 第1巻」
「ダンサーインザダーク」
「ハンニバル」

ううむ。我ながらバラエティーに富んでるわね(笑)

当然、後の2本は映画館で見逃した私向けのもの。

「ダンサー・・」をまず観た。

これは公開当時、テレビCMを観て「観たいなー」と思ったという
私としては珍しい作品。

テレビCMが強烈な印象だったのだ。

見終わって、これは今観て正解だと思った。

子供・・息子がいてこそ分かる主人公の心情。

ネタバレになるので詳しくは書かないが、タモリ同様ミュージカル嫌いの
私でも楽しめた。主演ビョークがいい。
女優は美人だけだとつまらない。

さて、今日は小説読んで映画館行きそびれた「ハンニバル」観ようかな。



**本日のおまけ・・ちびりとる語録**

「混ぜ混ぜ」→「まにぇまにぇ」(MONEY MONEYにも聞こえる・・)
「飛行機」→「いこうー」(って、どこに行くんだ?!と最初思った)
「美味しそう」→「おーそー」(と言いつつ一口しか食べないのはなぜだ!)
「可愛い」→「かーいー」(どこがかいーの?by間寛平)
「綺麗」→「きえーっ」(ってあんたは祈祷師かいな)


2002年05月01日(水) ダンナ憑依?!

一日遅れの更新、久々で焦りまくりのりとるっす。

どうも一昨日から調子悪くて。

私ではなく、息子・・・。

一昨日の夜、普段通り夜9時に就寝した息子だったが、夜中の
1時頃、私がようやくうとうとし始めた頃。

ガバッと起きあがり、「○△×※□・・・」

・・・訳分からない言葉を言いだした。

で、私の背後を指さして「あ!!あ!!」と驚いたのだ。

私はまたムカデかゴキブリでも出たかと驚いて振り向いた。

しかし何もない。

息子はさらに何か言う。が分からない。

息子はまた横になり、私の顔をじいいいいっっっと見つめ続けた。

??????????????????????????

で、また何かブツブツつぶやくのだ。

いつまでたっても再び寝ない上、私も眠気が吹っ飛んでしまった。

ダンナがいるような気がして涙まで出てきた。

息子がぎゅうっっと手を握ってきた。


熱い。


熱がある?!
慌てて体温を測った。微熱程度だが、熱が出ていた。

息子はぼーっと天井を見つめていた。

怖くなった。

このまま熱がどんどん上がって、死んでしまったらどうしよう。

ダンナが息子を連れに来たのかもしれない。

お願いだから連れていかないで。

この子だけは・・この子だけは・・絶対に失いたくない。

心臓がギュッと縮み、鼓動が高まった。


バカな母親かもしれない。
でも本当に怖くなったのだ。
ダンナが息子を連れていきそうな気がしたのだ。

夜がしらじらと明け始めてようやく私も息子も眠りに入った。
起きたのは昼前だった。
息子の熱はまだあったが、微熱程度で本人も元気だった。

で、昨日は一日様子見。
今日は熱も下がったようでほっと一息。でも下痢気味。
調子は戻ってないようだ。

ダンナが逝ってしまった今、
息子まで亡くしたら私は果たして正気で生きて行けるだろうか。

絶対、息子はダンナの元には行かせない。行かせるわけにはいかない。

ダンナ、しばらく寂しいかもしれないけどゴメン。
キツイ言い方だけど、自業自得なんだからね。
息子より先に私がそっち行くから。それまで待つよーに。


りとる |MAILHomePage

My追加