りとるのひとりごと。
DiaryINDEXpastwill


2002年01月31日(木) 何なのよッこの匂いはッ

ピーコ風のタイトルにしてみました(笑)

だってホントにそういう心境。

私がこの世で一番苦手な匂いは「タバコ」
二番目に苦手なのは「灯油」

そう、今回は灯油の匂いで悩まされているのだ〜。

冬にはどうしてもお世話になる灯油。
あの独特の匂いって、わざと付けられているんだそーな。

灯油だと分かるために匂いつけてるんだったらさ。

もっといい匂いにしてくれたっていいじゃないの。

強烈ないい匂い。(ってどんなんだ)

何もあんな匂いにしなくったってさあああ(涙)

今日、居間のヒーターの灯油が切れたから補充したんだけど、
いつものようにやっていたら過って灯油があちこちに飛び散ったのだ。

ひえ〜〜〜っと飛び上がっても時すでに遅し。

フリースの上着やらスカートやら靴下やらに灯油がかかってしまった。

特にたくさんかかったのが、買ったばかりのスカート。

わああああん。

慌てて洗ったけど灯油が落ちるどころが強烈な匂いは増すばかり。

日が暮れたので室内に干したら、部屋中むせ返るほどの灯油の匂い。

おえええええ。

あ、でも「伊藤家の食卓」とか、灯油が取れる裏技があるかも!

そう思った私はさっそくネットで検索。

だが、手についた灯油の匂いを消す方法はあっても(知っていた)、
服についた灯油を取る方法は見つからなかった。

ええええええん。

どうにかしたいけどどうすりゃいーのよ状態。

気に入っていてヘビーローテーションだったスカートなのにいい。

ほとほと困っているりとるなのであった。終わり。


2002年01月30日(水) 昨日あれから

エンピツを更新したあと、なにげにADHD関連のHPをあちこち
覗いてみた。

ADHDの子供の症状や、ADHDの子を持つ母親の日記など、
検索すると思ったよりたくさんHITした。

最近徐々に知られるようになった言葉なのに、すごいなあ・・。

で、症状を我が子に当てはめてみようと思い読んだら・・・。

・・・今の年齢じゃ全然判定できないことを改めて知った。

当たり前なんだけどね。

学習においてとか、日常の会話においてとか、もっと大きくならなきゃ
分からないことばかり。

言葉が遅めとか、集中力がないとかなんて、症状の中ではほんの
氷山の一角に過ぎなかったのだ。

ホッとすると同時に、ちょっと焦った自分がばからしく思えた。

さらにエンピツを読んで下さってる方々にご心配までかけてしまった
ようで、もー恐縮しちゃって・・たはは・・。

わたしゃ親バカならぬバカ親ですんで、もーしわけないです、はい。

きっとダンナに相談したら「心配しすぎだ」って怒られたかも。
あ、そーでもないわ。だってダンナは人一倍心配性だったから。
きっと私以上にオロオロして仕事も手に着かなかっただろう。わはは。

ということで、心配するのはやーめたと(笑)

息子も徐々に言葉を言い始めてるし。ホントに徐々にだけど。

一日中、あちこち指さして名前を知りたがる。

「電気」「時計」「換気扇」「エアコン」「足」「頭」・・・。
その都度答えるこちらが大変なんだけど。繰り返し繰り返しだから。
でも根気が必要なのよね。うん。
ヘレンケラーも何度も「water」を教えてもらって覚えたんだもん。

食後の「ごちそうさまでした」も、両手を合わせるというより組んで、
「う〜〜〜〜〜あ!」
本人は「ごちそうさまでした!」って言ってるつもりなのが可笑しい。

今日は洗濯物をたたんでいたらその中から私のブラジャーを取って、
何と自分の胸に当てていた。私爆笑。

怒ってばかりだが笑わせてくれることも少なくない。

これが育児なんだろな。

あ、そういえば息子の手相はすごーく良いらしいが、1歳児の手相なんて
当てになるんだろうか・・・。手相は変わるって言うしなあ・・・。
でもいい手相なんて羨まし〜。



2002年01月29日(火) 多動性障害

今日のネタは一部バレバレになっておりますが(笑)


先日、ある新聞記事に目を奪われた。
「3歳の子供が「多動性障害」と診断された。言葉が遅く集中力が
ないのは個性だと思っていたのにショック」という投書。

私もショック。

あと2ヶ月ほどで2歳になる息子の言葉が遅く、落ち着きがないからだ。

もしやうちの子も・・・?!

うまくできないとすぐかんしゃくを起こすし、グルグル歩き回って
ばかりいたりするし。

しかしまだ息子の年齢では診断は下せない。

この先ずっと不安な日々が続くのだろうかと思ったり。

どうしようどうしようおろおろおろおろ。

母が「(私の妊娠)8ヶ月の時にあんな事(ダンナの自殺)があったから
その影響は何かあるんだろうか」と言っていたこともある。

あのときは・・・うーん、正直ショックで早産して赤ちゃん死ぬと思った。

とっさに後を追うなんてバカはしなかったけど。

今日も一日息子を怒鳴りまくり。怒りまくり。あーイライラ。

イライラしてセカセカしてて息子の手をドアで挟んじゃった。

ワーンと大泣きの息子。知らん顔の私。

うわー鬼母。

あとで思い切り息子を抱きしめて手をさする。

こんなママでごめんね。

パパ何してるんだろね。

もうなるようにしかならないさ。


2002年01月28日(月) クリスマスローズが咲くまで

驚いた・・。

久々に「Who is my」を見てみたら、57人もの方が
マイエンピツに登録して下さっていた。

おおお。これはいかん。ぐずぐずしちゃいられない。

って訳で、昨日エンピツを更新したあと、皆さんの日記を
読ませていただきました。

で、マイエンピツに登録させていただきました。

あ、もちろんぽっちん、投票ボタンも押して(笑)

しかし皆さんの日記はすごいなあ。いろいろ工夫してあって。
綺麗だし、ぽっちんぼたんおもろいし。画像もあったりして。
ほおおと感心しつつ日記巡りさせていただきました。はい。

私のはいたってシンプルで、ボタン押しても文章変わらなくて
申し訳ないです・・・。
これが私の持ち味って事で勘弁して下さい・・。


でもって。今日の出来事。(by.NNN)

午後に友人が遊びに来た。引っ越しして初めての来客。

息子ハイテンション。

手足熱くて、どーみても眠いだろって状態でも、フラフラになりながら
友人にまとわりついていた。

友人はお祝いにと、クリスマスローズの鉢を持ってきてくれた。

いやあ、今一番欲しかったものだっただけに、嬉しさひとしお。

その後友人とガーデニング談義に花が咲いた。

花の話に花が咲いた。

しつこい???

わはは。

でも今年は花は期待できず、来年まで待たなくてはならないらしい。
ううん残念。

でも楽しみ。

花色は赤紫か白かどちらからしい・・おおおどっちだどっちだ???

それも楽しみ。

クリスマスローズが咲くまでは死ねない、死なないことにした。

ひき逃げされても強盗に刺されても死なないのだ。わはは。

花っていいな。


2002年01月27日(日) 運転しながら力の限り叫んだこと

北風ピープー・・おお寒い。
春はまだかな〜〜〜。

午後、車内でしか昼寝しない息子のため買い物にでかけた。
車に乗るのを嫌がる息子。車より歩きたいらしい。

いざ乗るとまったくもっておとなしい息子。

気づくと寝てる・・ってことがしょっちゅうなのだが、今日は
全然眠る気配なし。

1件目の買い物をすませ、2件目。

ここでとんでもないことをバラすが、私は息子を車内に
置き去りにして買い物する。

世間の非難を一斉に浴びそうな一文だわ・・。

息子と二人の時に限るのだが、そうしないと買い物は成立しない。

もう一人、息子を見ていてくれる人がいれば降ろしてもまあよし。
その人は散々息子に振り回されヘトヘトになるのだが。

0コンマ1秒たりとも目を離せない息子を連れて買い物なんて、
どう考えても不可能。

息子はカートには絶対乗らない。
ギャーギャー泣きわめく。周りの冷たい視線。
当然ベビーカーなんぞにおとなしく乗っているわけがない。

で、降ろして歩かせるとまったく正反対の方向に突進していく。
駐車場の場合、動いている車に突進していく。

店内では商品を手当たり次第掴んであちこちに持っていく。
パック詰めの食材は指で穴をあけようとする。

その都度その都度、追いかけて捕まえて手の中の物を取り上げて叱る。

かんしゃくをおこす息子。周りの冷たい視線。

ならば抱っこしていけばと言う人がいるかもしれないが、ムリヤリ
抱き上げたとしても、全身で抵抗され泣かれとても抱いていられない。

「歩きたいんだよねえ?」なんてムカつくことを言うばーさんもいる。

私は本当に疲れ果てているのに、みんな呆れてるか笑っているか。

泣きわめく息子を見て「虐待してるんじゃ?」と眉をひそめる人も。

こっちが泣きたいよホントに・・。

息子の力はそうとう強く、力ずくで連れていけないから厄介だ。

犬猫みたいにリードで繋いでいけたら良いのに。
子供用にあるけどね、迷子紐・・紐短すぎるって・・。
それにそんなのつけたら余計に大泣きってか・・。

言うことを聞かない息子を追いかけ回す母親。中には「親のしつけが
なってない」って思う人もいるだろう。

世間は意外に冷たいものだ。

特に育児に悩む母親には。

母親ばかり責める。母親は追いつめられる。誰にも相談できない。
悩めば悩むほど自分の殻に閉じこもる。かたくなになる。

育児のグチを母に言うと、母は
「グチなんて言ってもしかたないでしょ」と言ったので、
「グチを言わずに我慢してるのは良くないんだよ」と言い返した。

母「私なんて誰にも言えず一人で我慢したよ」

・・母は育児ノイローゼで精神科に通ったことがある・・。

私はメールなどで愚痴る機会はたくさんある。

だが、「息子をつい怒鳴ってしまう」「車に置いて買い物する」と
言うと決まって「そんなのぜえええええええったい駄目!!」と
怒られる。

じゃあどうしろって言うんだよ!!!!

私だって心配だよ!!!気になって買い物もさっさとすませるよ!!
怒鳴りたくて怒鳴ってるんじゃない!!!!

で。2件目で車を離れた間に息子が大泣き、運転中も泣きやまず、ますます
激しく泣くばかり。思わず

「運転中は何もしてやれないって言ってるでしょうがあああ!!」と
自分でもすさまじいばかりの大声で叫んでしまった。

叫んでも、すっきりするどころが、暗澹たる気持ちになっただけ。

最低の母親だな。


2002年01月26日(土) 訴えてやる!と言えど・・・

母は鬱というより躁鬱気味かも知れない。
毎日の浮き沈みが激しい激しい・・ついていけない・・。

昨日は話しかけても返事しないほどだったが、今日は機嫌が良いようで
向こうから話しかけてきた。

しかし内容はヘビーだった。

父・・つまり母にとってはかつての夫相手に訴訟を起こすという。

ここ半年ほど父が母へ慰謝料を全然振り込まないので、母がしびれを
切らして電話してみたそうだ。

すると、父は市役所で調べたら私の遺族年金がそこそこの額だから、
金をやらんでもやっていけるはずだと言ったらしい。

あのなー。

相変わらずトホホな父である。

私の遺族年金も、ダンナが加入していた期間が短いからたいした額には
ならないし、数年でストップしてしまう。
せっせと息子のために貯金する毎日だ。

なのに父は母にそれをあてにしろと言う。

母は「あの家(実家)で首吊ってやろうか」とすら言っていた。

父は息子が1歳の時に現金を送ってきた以外は、自分の孫にいっさい
小遣いも何も与えてない。あめ玉一つすら。(まだ食べられないけど)

父の愛人二人を訴えることもできたのだろうが、きっと逆訴訟起こされる
のがオチだ。母と私と弟はこの女達に散々苦しめられたが、女達は
父に人生を狂わされてしまったのだ。

大学で実家を離れた私は難を逃れたが、残された母と弟は一時期
精神に異常をきたしてしまったくらい、バカ女の行為は酷かった。

父もバカ女に何百万円払ったことだろう。バカ父。

私の異母兄弟が何人かいるとか、そういう話も耳に入ってきた。

勘弁してもう・・。

母が父相手に訴訟を起こせば、実家は差し押さえになる。
その前に荷物出さなくちゃなー・・と呑気な私・・。

しかし何より私がむかついたのは、父が市役所に手を回して、
私のプライバシーをことごとく調べ上げたことだ。

もう役所の人間なんて信じない。

父は興信所や探偵をやとってでも、母や私のことをすべて知り尽くさないと
気が済まない。女のように執念深く粘っこい性格なのだ。

ううう、役所の人間なんて嫌いだー!(しつこい)


2002年01月25日(金) ついに「エンピツ」夢に登場!

私の生活ったらエンピツネタ探し中心なのかしら・・わはは。
タイトルの通り、今朝夢に「エンピツ」出てきたわ・・とほほ。

ここからは夢の内容。よってフィクション。夢を見たのはノンフィクション。
ノンフィクションのフィクション・・うおお、ややこし〜〜。

死んだはずのダンナが実は生きていて、まだ転勤先にいたりする。

私はなぜかここに住んでいる。つまり別居状態。

で、実はダンナが「エンピツ」で日記を書いていたことが判明。

ダンナの名前で検索してみる。

あった。ダンナの日記。

しかし内容は信じられないものだった。

「K・Mさんはとても魅力的な女性だ。あれ以上来られたら
駄目かも知れない、彼女に夢中になりそうだ・・。」

おいおい。

浮気の告白かいっ。

しかもKMさんって具体的な・・一体だれ????

その日記を読んだ私は不安で不安でいたたまれなくなる。

一日もはやく一緒に住みたいと思うのにできない。

ダンナに会おうと思えば会えるのに会えない。


目が覚めてどんより。
ホントに浮気心起こしていたかもと泣いてみたり、朝からヤな感じ。

死んだはずのダンナが生きていたって夢はもう何度見たことだろう。

なのに今回はエンピツでダンナの浮気心発覚とは。

夢だけどイヤな気分で一日過ごした。
いまだにイヤな気分。
しばらく忘れられないくらい強烈な夢だった。

エンピツももっといい形で登場できたらねえ・・。


今日も息子は昼寝の寝起きが異常に悪く、「ぐええええ〜」と
土ガエルが潰されたような異様な声を上げて泣き続けて参った。

おまけに母はまた鬱の波がやってきたようで、機嫌最悪。
声を掛けても絶対返事は返ってこない。

さらに夕方泣きながら金の無心をしてきた。

父からの慰謝料振り込みが半年くらい滞っているらしく、心身共に
相当参っているようだ。
「裁判所に訴えに行く気力もない・・」と言っていた。

父はバブル期にバカみたいに金を使い放題していたせいで、今は
借金まみれ。大学があと1年残っている息子への送金で頭いっぱい。

弟も弟だよ・・2浪1留もすなってーの!!

母は「死にたい」ばかり言うようになった。
ダンナに自殺され、このうえ母親まで自死したらもう立ち直れない。

しかし母は私にきついことばかり言う。
「あんたなんか誰も好きになんかなってくれんわ」とか。
泣けてくるよホント・・。勘弁して・・。

神様っている?もしいたら・・お願いだから・・これ以上私たちを
苦しめないでください・・どうかお願いします・・。


2002年01月24日(木) 鍵はスペアを作りましょ〜

今日は午後から幼なじみの友人が遊びに来る予定だった。

さてお茶菓子にケーキでも買いに行こうと思い、息子を
チャイルドシートにくくりつけて、いざ行かん!というときに、

ケータイが鳴った。

出るとその友人。

友人「げ、元気・・・?」

私「?・・・元気だよ。どしたの?風邪引いた?」

友人「ううん、至って元気なんだけど・・」

私「??」

友人「カギが・・・」

私「カギ???」

友人「カギがな〜〜〜〜〜い!!!!」

どうやら、家のカギ、車のキー、あらゆる鍵がひとまとめになっている
ものを、ダンナさんの車のダッシュボードの中に入れっぱなしにして
忘れてしまい、ダンナさんはそのまま会社に行ってしまったらしい。

私「スペアは?」

友人「ないんだよおおお」

家の鍵がないことにはどうしようもない・・。

ダンナさんの会社は遠いし・・。

で、今日の予定はキャンセルになった。

「ごめんねええええ」と平謝りする友人に一言、

「スペア作っておこうね」と言った私は冷たいヤツ?!


で、予定変更で市役所へ行った。

先日、健康保険料の支払い請求書が来たのだが、あまりにも金額が
バカ高いので抗議?!に行ったのだ。

以前住んでいた市の10倍くらいする。

金額は下げられるが、それでも以前居た市ほどは安くできませんとのこと。

確かに以前の市は福祉関係は充実していたところだったからなあ・・。
その分住民税は高いようだけど・・。

春にまた行かなくちゃならないしなあ・・もう面倒だわーん。
息子がもう少し言うこと聞いてついてきてくれると助かるんだけどもね。


2002年01月23日(水) 日々増えゆく自死遺族

自死遺族。

家族を自殺で亡くした人々。

老若男女問わず毎日毎日増加の一途をたどっているらしい。

同居している母の再婚相手が、昨日お通夜、今日葬儀に出席した。
職場に隣接するビルに住んでいた若奥さんが自殺されたという。

その方は母親で、3人の子供を残しこの世を去った。

中学生、小学生、そして幼稚園児。

この子達は母親の冷たい躯を見てしまったのだろうか・・。
何を思い通夜や葬儀に出ただろうか・・。
この先どう生きていくだろうか・・。

同じ自死遺族として考えずにはいられなかった。

自殺の原因は「ノイローゼ」だそうだ。

よく知られているのによく分からない言葉だ。

きっと奥が深く原因も様々なのだろうが、一言「ノイローゼ」で
かたづけられることが多いように思う。

自らの命を断つとき、この人は何を思っただろうか。
子供達の顔が頭に浮かんだだろうか・・。

余計なことまで考えてしまう。

つい死んだダンナと重ね合わせてしまうのだ。

通夜に出席した父は「かなりつらかった」と言っていた。

これ以上自死遺族は増えて欲しくないが、現実は厳しい。

この話を聞いて心がどんより重たくなった。

会ったこともない母親と3人の子供のことがずっと心に引っかかった。


閑話休題。


今日は息子を母に押しつけて美容院に行って来た。

息子は泣きながら家中私を捜し回ったらしいが・・。

カラーリングしたかったんだもーん。

オレンジブラウンをベースにほんのりピンクにしてもらった。

室内じゃわかりにくいが、外に出ると「おおピンクじゃ」って分かるの。

むふふのふ〜。

ちょっとリフレッシュなのだ。

しかし子供を茶髪にしている親はいかがなものか・・。

ジャンボ尾崎ヘアの子供も嫌いだあああ。


2002年01月22日(火) 10000劼寮茲妨たものは

園芸屋さんで花を見たいと思い、ふらっと出かけた。

ドライブがてら足を伸ばしてみる。

走っていてふと目の前のメーターを見てみた。

「おおっ」

走行距離9999キロだあー。

ダンナが亡くなる数ヶ月前に購入した車。

ダンナが亡くなったとき、ローンの支払いはほとんど残っていたが
死亡による退職金で残り全部支払った車。

ダンナはもう一台の、独身の頃からの愛車の中で死んだので、
この車が私に残された。

ダンナが死ぬ3日前にチャイルドシートを取り付けた車。

あのときせっせと一人で車の手入れしてたなあ。

私が行くと「寒いから中に入ってな」って言われて。
私妊娠8ヶ月だったしね、1月で寒かったしね。
おとなしく言うこときいたけど、そばにいればよかった。

死ぬ前の身辺整理の一つだったんだろうか。

まーそんなことはいいとして。

いよいよメーターは10000キロ。

おおー(感動)

試乗車で中古車だったから買った時は走行距離数百メートルだったのよね。

10000という数字をチラチラ見つつニタニタする私。

そして気づいた。ここは・・・。

ダンナと夫婦生活を始めたアパートが見えた。

ここから始まったんだった・・。

なんで偶然こんなとこ走ってるんだろ・・。

いきなり涙出た。

アパートから視線をそらした。

駄目駄目、運転中は泣くと視界がぼけて危ないっちゅーに・・。

ダンナ、10000キロ走ったぞ。見た?
この車、ずっとずっと乗り続けるから。


2002年01月21日(月) 夜毎のバイオレンス

私は毎晩息子の暴力におびえている。

息子の寝顔を見ながら布団に入りつつ「あー今日もやられる・・」と
ため息が出るのだ。

1歳10ヶ月の息子とは畳の上に布団を並べて一緒に寝ている。

んが、息子が最初に寝付いた場所で朝を迎えるなんてことは絶対なし。

起きている間はずーーーっと動いているが、寝ている間も動きっぱなし。

あっちへゴロゴロ、こっちへゴロゴロ。

そして容赦なく私の体中至る所へ彼の蹴りが入るのだ。

なぜか顔面に来ることがとても多い・・。

ムカッときて手で払いのけても容赦なく蹴ってくる。

喉をいきなり蹴られ「オエッ」となったことも。
みぞおちを蹴られ「うぐっ」となったことも。
胸を蹴られ「うがっ」となったことも。

毎晩毎晩、息子の家庭内暴力は続く。

いつまで顔面蹴られ続けるの私って・・。

えーん。

おまけにいきなり泣き出したりするしさー。

こっちが泣きたいっつーのよっ。

身体の上に乗っかってきたりして、重いのよっ。

10坩幣紊△詈涜泙寝ていていきなり身体の上に乗ってきたと
想像してみれば私の苦労も分かってくれるのではないでしょーか。

どんな子になるんだろー・・期待と不安がごちゃまぜだ。


2002年01月20日(日) 表札できあがり〜

引っ越しして3つの名字が同居することになった。

私、母の再婚相手、母の旧姓。

母は入籍したものの、まだ仕事場でも旧姓で、その他諸々旧姓のまま
通したりしているのでややこしい。

家の表札は母の再婚相手、つまり新しい父の名前になっていた。

が、まず混乱したのが郵便屋さん。

そして宅配業者さん。

地図では家の前の持ち主の名前が乗っている物もあるらしく、
電話で問い合わせがよくある。

いやあ、すんませんなあ・・。

特に私の名字が表札に出ていないのが問題のようで、先日表札を注文、
今日取りに行った。

みなさんいろいろご迷惑をおかけしました・・。

とまあ、今日のネタは我ながらつまんないわーなはは・・。


2002年01月19日(土) 腹痛起こすまで食べるなよ自分・・。

少し今の生活に馴染んできたりとるっす。
部屋は相変わらず息子が散らかし放題なんだけれどもね・・。
引き出しや開き戸はガード用品で何とかしたけど、出費が絶えないわ。

よく考えたら息子はもう1歳10ヶ月・・。

ようやく二つの言葉を言えるようになった。

「ワンワン」と「ママ」

ワンワンはもちろん犬。吠えているのを聞いただけで「ワンワン!」と
うるさいくらい。
「ワンワン」が「バンバン」「ワワー」になったりもする。

「ママ」は、母親つまり私だけかと思いきや。
同居している実母にも新しい父にも「ママ」なのだった・・。

車はなぜか「バクン」・・これは今も変わらず。

もう2歳になろうというのに、たった2語・・。

不安で仕方ないさー(ちゅらさん風)。

それでなくても早生まれだから、小学校まではハンデを背負って
いるわけで。
(小学校に入ると差がほぼなくなるらしい・・)

たった一人の親としては温かく見守るしかないけどね。


話は変わって、今日母たちは1泊旅行へ出かけた。
置いてけぼりの息子はギャーギャー大泣き。
私はお土産の甘エビとイクラが楽しみだけどね〜(北陸に行ったのだ)

でも、ちょっと私、ヘンかも。

お腹がキリキリ痛み出すまで食べるのを止められない。

胃が悲鳴をあげているのに、さらにイジメ尽くす。

20代の時胃カメラ飲んで「あなた胃壁は50代だから大切にして」と
言われたというエピソードの持ち主だってのに。

20代で50代だから今は60代ってか。

いやん。

自分で自分を痛めつけてどーするんだろね。

異常だー。

ダンナのバーカ(なにげに言ってみた)


2002年01月18日(金) 変な歌「一週間」

最近は暖かいっすね。
冷え性にはありがたいっす。

今日は朝一番で特売の紙オムツ買いにダッシュ。
いやあ、生活臭プンプンだわね。

さて。

突然だが息子は「一週間」という歌が好きだ。

ロシアの民謡らしいが、広く世間に知れ渡っている曲だと思う。

♪月曜日に市場へ出かけ〜糸と〜麻を〜買ってきた〜
テュラテュラテュラテュラテュラテュララ〜テュラテュラテュラテュ〜ラ〜ラ〜

火曜日はお風呂を焚いて〜水曜日にお風呂に入る〜
テュラテュラテュラテュラテュラテュララ〜テュラテュラテュラテュ〜ラ〜ラ〜

木曜日は友達が来て〜金曜日に送って帰る〜
テュラテュラテュラテュラテュラテュララ〜テュラテュラテュラテュ〜ラ〜ラ〜

土曜日は糸巻きもせず〜日曜日はおしゃべりばかり〜
テュラテュラテュラテュラテュラテュララ〜テュラテュラテュラテュ〜ラ〜ラ〜

ともだ〜ちよこれが私の〜一週間の〜仕事です〜
テュラテュラテュラテュラテュラテュララ〜テュラテュラテュラテュ〜ラ〜ラ〜♪


という歌。
いやあ、入力も疲れる(笑)

一体何が息子を喜ばせるのかと思ったが、どうやら「テュラテュラ」の
部分が面白いらしい・・。

オペラ風に歌ったりするとさらにウケる。

しかし変な詞だ・・。

一週間の仕事って・・仕事らしい仕事してないじゃん・・。
糸と麻買ってきて全然糸巻きしてないじゃないかあ〜〜。
お風呂焚いたらすぐに入れよ〜〜。

これがNHK「おかあさんといっしょ」でたまに歌われるのだが、
なかなか面白い。「おしゃべりばかり〜」では携帯でしゃべってたり。
息子は勿論画面に釘付けだ。

ちょっと哀愁を帯びたメロディーも引きつけられるのかもしれない。

ああピロシキ食べたくなった(爆)


2002年01月17日(木) ビバ!ADSL!よくやった私!

夜中2時間ほどかけて、まずLANカードの取付、設定。
んでもってモデムの接続、設定。

いやあ、一人でよく頑張ったよ。うん。

ダンナがいたら「おおすごいなりとる!全部一人でやったのか!」って
驚くだろーなー。ふふ。

それくらい以前は機械に疎かったからなあ・・。
全部ダンナまかせにしてさ。
すっかり寄りかかってた。

ダンナはきっと重かったんだ。
私が全体重をかけて寄りかかっていたから。

重くて息苦しくて耐えられなくなったんだ。

また自分を責めてどーすんだろね・・。

自死遺族の性なのかしら・・。

空しいだけなのに。

自己否定につながっちゃうのに。

分かってるのにねえ。バカだねー・・。

身内に自殺されるというのは、本当に総てが狂ってしまう。

自分自身の生活はもちろん、生き方も、内面も・・。
考え方、価値観、人生観・・。

そしてぱっくり口を開けている心の傷。

そこからは絶えず大量の血がドクドクと流れ出ている。

血の量は時の流れと共に減って行くが、決して傷が癒えることはない。

今日、宇多田ヒカルの曲を聴いていたら、
「癒えない傷なんてない」って言ってた。

はっはっは。甘いねヒカル君。

あるんだよねそれが。

あるんだよ。


2002年01月16日(水) 虫の居所が悪いっす

気分悪い一日だった。

体調が悪いというわけではない。不愉快だったのだ。

そうでなくても引っ越しから母とは喧嘩が絶えない。

何かと意見が対立する。お互い譲らない。

最後は私が親孝行のつもりで譲るのだが・・・ムカムカは治まらず。

おまけに母は約束をよく破る。

でかけることになり用意して待っていたが、2時間待たされたあげく
「もう行かない」と言われて頭に来たことも。

今日も一緒にでかけるということで準備して待っていたのだが、母は
黙って一人で出かけてしまった。

息子は外に出られるつもりがそうじゃなくなって大泣き。

何とかなだめて膝の上で寝かしつけたので、途中電話が鳴っても
出られなかった。

数時間後帰ってきた母は開口一番、「電話ぐらい出なさいよ」

もーキレましたよあたしゃ。

どうして黙って出ていくのかと怒ったら今度は逆ギレされてしまった。

「雨が降ってるから行かないと思ったんじゃないの!」

あのねえ・・勝手に一人で思いこむ悪い癖何とかしなよ・・。

その後もずっと、今でも気分悪い。

さっきも息子が母の物を壊して私が怒られた。

毎日が楽しくない。

めちゃめちゃ楽しくない。

こんなの駄目だ。

義両親から逃げてこの有様。笑っちゃうよもう。

泣き笑い。


2002年01月15日(火) いちまんさんぜんえんんん〜〜〜〜??

引っ越しにからみお金が湯水のごとく消えていく。

もー身体の力がガックシ抜けていくようだ。

遺族年金と遺児育英金が唯一の収入源の私にはかなりきつい。

引っ越し代、ピアノの引っ越しとリフォーム代、でかなりつらいと
いうのに、NTTからの請求書はそれにとどめを刺した。

工事費1万3千円也。

工事っていっても、2階でPC使えるように電話線を引っ張って
もらっただけ。

母はもうカンカンに怒っている。

母は以前住んでいたアパートから数十万請求されてただでさえ
カリカリきているというのに・・・。

なので「NTT払ってよ!!」と言われた。

はああ・・。

つらいなあもうつらいよおつらいってばつらいっすううううう。

しばらくは自重せねば・・。

服もダンナが死んでからユニクロの値下げしたのしか買っていない。
息子の服はちょっと奮発しちゃうけどね・・せめてもの・・。

ストレスたまるんで、食べる食べるわはははは。

腹に肉が付く着く憑くなはははは。

壊れてるなーもう。

二度と恋愛なんてできそうにないぞこりゃ。


2002年01月14日(月) 一生一緒にいるはずの人が死んだ日

2年。

ダンナがいなくなってもうそんなに月日がたつなんて。

きっと10年20年なんてアッという間なんだろうな。

一番信頼していた人に裏切られた衝撃。

今日はいつもよりダンナのことをたくさん思いだした。

一緒に行ったところ。
一緒に食べた物。
笑ったこと。
怒ったこと。
・・・。

今頃どこでどうしているのやら。

私もいつかそっちに行くんだよね・・。

どんなところなのかなー。

息子を先に呼ぶのだけは勘弁してよ。

まずはおばあちゃんが行くと思うけど。


世間では成人式がどうのこうの言っている。

ダンナは成人して10年もたたないうちに死んじゃった。

人の寿命って分からないものだ。

私はたまたま寿命の短い人と一緒になっちゃったんだな。

私のは短いのか長いのか・・。

この先何が私の身に降りかかるんだろう。

息子はどんな人間になっていくんだろう。

うおー、いろいろ考え出したら止まらなくなっちゃうぞ・・。

とりあえずは息子の夜泣きがなくなってくれると嬉しいんだけどなあ。

あとPCでネットやメールが毎日出来るといいんだけどなあ。

うーむ。


2002年01月13日(日) ダンナ3回忌

暖かい一日。

3回忌。

つつがなく終了。

何も考えないようにした。

淡々としていた。

息子がバタバタ動き回っているから気が紛れたのかも。

その後、寿司屋での食事会では息子がおもらし。

オムツをしていたが横漏れしたようだ。

帰宅後みんな寝てしまったので帰ることにした。

「またいつでも来てね」と義母。

いつになることやら。

喪服姿のまま、帰りに本屋や電器屋、ベビー用品店などに立ち寄った。

店内でかなり浮く。

視線を感じつつ気づかないふりをした。

ベビー用品店では、夫婦揃っての買い物が目立った。

赤ちゃんを抱く夫、夫と相談しつつ品物を手にする妻。

目をそらしたくても、何処を向いてもそんな光景ばかり。

うつむいてばかりもイヤなので胸を張った。

家に帰ってさっさと喪服を脱ぎ、横たわる。

眠くて眠くて疲れた。

ゆうべ息子の夜泣きがことのほか激しかったから、正直言って
読経の間も眠かったのだ。

ダンナ、おりてきたかなー。

手を合わせつつ心の中で「バカ」と3回唱えた。


2002年01月12日(土) 明日に備えて

今日もなんだかんだで一日家にこもりきり。

外に出たのは、大切に育てている多肉植物を日に当てるため
外に出したついでに、ビオラやパンジー、チューリップのプランターに
水をあげたときくらい。

チューリップ、20球植えて10球芽を出し始めた。

春が楽しみ。

春になったらもっとガーデニングするぞー。

ただ、息子の脱走さえなければねえ・・。

家の前の道路は、車一台通るのがやっとの細い道なのだが、
結構車が走っていく。

息子は動いている車の怖さなんて分からない。

車に向かって突進していく。

おまけに息子の身長じゃ運転手からは見えにくい。

ったく、駄目だって言うのに飛び出していくんだものー。

命知らずな男よのう。


あれこれと部屋のレイアウトを変えたり、息子の服を整理したり
掃除したり・・で、やっと引っ越しの際のダンボールすべて消えた。

まだまだやることあるけどね・・ちょっとは、さまになってきた。

明日はダンナの3回忌だから早起きしてでかけなくちゃ。

下着から何からぜえええんぶ黒にしてやるぞ。

でも息子は黒を1枚も持っていないので普段着。

若い頃は黒をよく着たものだが。

今は黒を着るとダンナの葬儀を連想して気が滅入ってしまう。

少しでも明るく生きたいからね。

まずは着る物から明るくならなくちゃね。

てことで。

今日は早く寝ようっと。


2002年01月11日(金) あれから2年

ダンナの命日が目の前だ。

寒いさなか、しかも推定死亡時刻午前2時。

愛車の中、ひとりぼっちで息を引き取った。

私の知らない、人気のない場所で。

翌朝、近くの住民の通報で発見された。

とっくに手遅れだった。

どうしてもっと早く見つけてくれなかったのよなんて思ったものだ。

でも実際は、排ガス吸ったら10分であの世行きなんだって。

その上頸動脈まで切って、体中血まみれになっちゃって。

バカじゃないの。

警察が行ったときもまだエンジンはかかっていたそうだ。

ちゃんと事前にガソリン満タンにしていた。

あとになって明細が来たから分かったけど、死ぬ前にスタンドで
たった7リットル入れていた。

7リットルでもいいから、とにかく満タンにしておきたかったんだな。

そういうところは気が小さいというか、周到というか。

冷たくなったダンナは、涙を流していたそうだ。

何を思って泣いたんだろう。

あと2ヶ月で会える自分の子供のこと、少しでも考えたかな。

だが。

ダンナが流した涙の数十倍、私は涙を流してるぞ。

病気や事故とは違う、自殺という死に方。

今の世は自殺者が後を絶たないが、まさか自分の夫がという感じだ。

リストラされた中年男性というイメージがあるし。

まさか20代で、妊娠してる私を一人置いていくとは、夢にも
思わなかった。

今でも夢かもと思うくらいだ。

ダンナと最後の別れをして2年。

ひょっこり帰ってくるような気もしたりして。

でも永遠に会えない。

私が死んだって会えるかどうだか分からない。

会ったら是非是非殴りたいんだけどなあ。

パーでじゃないよ、グーでだよ。

グーで、相手が吹き飛ぶくらい殴りたいね。

あー、こういう話は命日にするものかしらね。

良いんだけどね。別に。

まだお墓もないしなー。

ダンナは親不孝。

私も親不孝。

どっちもどっちか。たははは。


2002年01月10日(木) ADSLよ早く・・

相変わらずサーバーに拒否されつづけております。

「タイムアウト」「拒否」「失敗」「応答無し」

↑こんな文字ばっかり画面に出るんだもーん、やんなっちゃうよー。

エンピツも、昨日は結局接続不可だった。とほ〜。

で、せっせと2日分書いている私、けなげじゃ(爆)


息子はあと10日ほどもすれば、1歳10ヶ月になる。

あとちょっとで2歳なわけだ。

しかーし。

相変わらず日本語しゃべらなーい。日本語ワッカリマセーン。

内心不安な母、つまり私。

私の母なんて「何度言ったら分かるの、アホじゃないの」とまで
言うんだから、相当なものなのだ。

何万回、何億回言っても聞かないことがしょっちゅう。

こんなもんかな、1歳児って。

一人目の子は何かと分からないことだらけだあね。

はああ。

しかし息子は元気だ。一日中動きっぱなし。

寝ている時ですら、私は何度も顔面を蹴られている。

元気なら、それでいっか。

パソコンももっと元気になってくれい。

ADSLになるのが待ち遠しいよお〜〜〜〜〜。


2002年01月09日(水) 毎日とほほだな〜もう

ブクブクと太りつつある未亡人りとるっす。

不幸のカケラも感じさせないという・・狙ってる訳じゃないんだけどなー。

ストレスの過食が再び襲ってきたと言う感じでね。
満腹感がなかなか得られないわけよ。
ご飯はもういらないけど、パンやお菓子は入っていくのよ。
アルコールも別腹なのよ。

何でじゃあ〜〜〜〜。

母は仕事が夕方から夜中にかけてだし、新しい父も去年からずっと
忙しくて夜中の帰宅が多い。

息子を早々に寝かしつけたあとは、何だかひとりぼっちなのよ。

だから余計なこと考えちゃうんだよね・・イカンねえ。

息子のいたずらに毎日イライラさせられて・・母とも幾度も
口げんかになるし。
義母相手と違って、言いたい放題言っちゃうからなあ・・。
終いに引っ込みがつかなくなっちゃって、自分でも何言ってるんだか
訳分からなくなったりしてね。

自分の部屋は何とか片づいた。

ふー。

でもまだ実家に荷物が結構あったりして・・ひええ。

年内に何とか落ち着きたいもんだ、うん。


2002年01月07日(月) 蘇るピアノ

今日一番の出来事と言えば、ピアノが復活したことかな。

26〜7年前に購入したアップライト、毎日弾いていたものだ。

実家に放置され数年、今回の引っ越しで母が置きたいと言い、
久々に専門家に見てもらった。

普通のピアノならとっくに使い物にならない、ただの粗大ゴミに
なりはてているところだった、らしい。

調律は16年もやっていなかった。

今回、ピアノの移動に1万5千円。

中身のリフォームに何と15万円。

調律は1回サービス、半年後から一年ごとに1万2千円。

ピアノ内に入れる乾燥剤が5千円。

維持費がかかるなーもう・・・。

こつこつ貯めた貯金が飛んでいっちゃうよう。

中身はわざわざ浜松まで運んで直したらしい。

ま、それだけかける価値のあるものらしいが・・。

私も弾かなくなって数年、もう手が固まっちゃったから弾けないし。

でもまた少しずつ弾こうかな。せっかくだし。

とてもいい音が出るピアノらしいし。

しかしピアノの中身って一見の価値アリだ。

すごい。

高い訳だ。

私のはドイツの製品を使っているらしいからなおのことスゴイらしい。

へえ。よく分からないけど。

高く売れそうだな。なんてね。ははは。

息子をピアニストにするって手もあるなあー。


2002年01月06日(日) 調子悪いなーもう

日本語入力がなかなかオンにならなかったりして。

毎日パソコンにはイライラさせられております。

家族で風邪ローテーションしております。

バカみたいに食べて太っております。

息子のいたずらに手を焼いております。

やってもやっても部屋が片づかないので困り果てております。

お金がどんどん消えていきます。

年賀状まだ書いてません。

なんだか寂しい。

もの悲しい。

ダンナの命日が近づいているせいではないだろうけど。

人恋しい。

女捨ててる。

かといってヨロヨロとよろけたくない。

何もかもダンナのせいにしたいけどしたくない。

自分一人で生きていけない。

誰かの前で泣いてみたい。

弱い自分は見せたくない。

泣きたい。

泣きたくない。

頼りたい。

頼りたくない。

消えたい。

死にたくない。

幸せを感じたい。

ダンナに会いたい。

ダンナを殴りたい。

ダンナを許したい。

許せない。


2002年01月05日(土) もう書き直せない

せっせと書いたんだけど。

どうしてもタイトルが日本語入力にならなくて。

あれこれやっていたらせっかく書いた日記が消えてしまった。

ううううう。これで2度目だ・・。

とほほ。

もーいや。


2002年01月04日(金) 靴下脱ぎ魔

寒い寒い、鼻水ズルズル。

これじゃあ風邪もなかなか治らないってもんだす。

息子の顔も鼻水とよだれと涙で汚いのなんの。

拭いても拭いても出てくる鼻水、そのうちほったらかし。

鼻呼吸できないからよだれが出て、服も前がベタベタ・・。

よだれで服が濡れるなんて久々だなー。よだれかけ出そうかしら。

この家はフローリングがほとんどなので、靴下で歩いても冷たい。

なのに息子はすぐ靴下を脱いでしまう。

裸足で冷たい廊下を歩き回る。

足は冷え切って、氷のように冷たく、赤くなってしまっている。

が、当人は平気。

あかぎれになるぞーって。

しもやけになるぞーって。

たくもう。

今日はまた頑張って部屋を片づけた。

明日も頑張るか。


2002年01月03日(木) デブ正月

誰しも経験があるのではなかろーか。

正月の、たった3日でデブになるのを。

油断大敵だーよ。

引っ越しですっかり気が緩んだから余計だね。

今日も夜10時過ぎまで食べていた・・まずい。

ひじょーにまずいぞー。

30過ぎるとね、一度ついた贅肉はなかなか取れないのよ。

ユーウツになるから話題変えようっと。


今日は以前住んでいた、つまりダンナの実家へ挨拶に行った。

たった半月振りではあるが、すごく久々な気がした。

息子もモジモジしておとなしかった。
しばらくしたら慣れて走り回ってたけどね。

お年玉もらってお昼ご馳走になって帰ってきた。

しかし今日一番辛かったのは、頭痛。

ダンナの家に居るときからズキズキしていたが、帰宅したら
ますます酷くなり、耐えられず鎮痛剤を飲んだが割れんばかりの激痛。

1時間は動けなかったね。いやー参った。なんなんだろー。
ダンナの祟りかなー。なーんて、ははは。

関東の大学に行っている弟も来て、にぎやかになった。
息子は夕食の時に薬をもっと飲む!と大泣きして、そのまま
泣き寝入りしてしまった。

お風呂にも入らず、パジャマにも着替えず明日の朝を迎える
ことだろう。そういう日もあるさ。

しかししばれるねー。風邪なかなか治らないわ。ふう。




2002年01月01日(火) 福袋

年明けに年越しそばを食べ、寝て、起きて昼に雑煮を食べた。

昨年に引き続き、今年も未亡人のりとるっす。

未亡人ですっていうと、どうも不幸を売り物にしている肩書きのようで
何だか恐縮するというか、申し訳ないというか。
もちろん私はそんなつもりはないんだけど。

好きで未亡人になったんじゃないしなー。

まさか自分がなるとは思わなかったしなー。

しかも自死遺族の未亡人だもんなあ。

つらいなあ。

「おめでとうー」なんて言う気にもなれない。

めでたくないんだもん・・。年が明けたくらいでさ。

だから何なのって感じで。

2002年になったからって、特に何も変わらない。


ま、そんなことはどうでもいいとして。
家にいてもなんなので初売りに行って来た。

いやあ、ド田舎でも人ってこんなにたくさんいるものなのね。

おしあいへしあいキャー助けてー状態よ。

しっかり息子の服の福袋ゲットしたわよ。

福袋、結局2つ買ったんだけど、2つとも「今」着られる物がない。

つまり、夏物ばっかりってこと。

おいおいおい・・。しまったなあ・・。

明日ダンナの実家・・つまり半月前まで住んでいた所へ挨拶に
行くっていうのに。
どーせなら息子だけでもおめかしさせたいじゃない。

ま、仕方ないか。

今日は息子をお風呂に入れた。
息子のほっぺが荒れてガサガサで可哀想。
お風呂に入れついでに髪の毛を切った。
昭和初期の子供みたいになって笑えた。
どんな髪型でも息子は息子、可愛いものよ。ほほ。


りとる |MAILHomePage

My追加