りとるのひとりごと。
DiaryINDEXpastwill


2001年11月30日(金) 楽しい注射愉快な注射〜

見た目は明るい3キロオーバーの未亡人、りとるでございます。

ははは。mewmewさんみたいな書き出し。良いかも(笑)
(ふぁいとよ〜mewっち〜〜)

今日はインフルエンザの予防接種に行ってきた。

病院行くと患者てんこ盛り状態だった。
風邪流行っているみたい。気を付けなくちゃねー。

息子は先生を見ただけでワンワン大泣き。
私にしがみつくしがみつく。

小児科の先生ってある意味可哀想・・・。
子供を治そうとしてるのに、子供に怖がられ顔を見られて泣かれ・・。
小児科医はつらいよ。って感じ。
現に減ってるらしいし。ガンバレ小児科医!!!

私も一緒に注射してもらったが、あまりにアッという間で
少々つまらない。
せっかく注射楽しみにしていたのになあー。

断っておきますが私はマゾではありません。

でもなぜか注射で泣いたことない。子どもの頃から平気だった。
痛かったけど、それで泣くのはバカげていると思っていた。
可愛くない子供だったかも〜〜。

小児歯科にもずっと通っていて、処置室内は子供の泣き叫ぶ声が
響き渡っていたものだが、私はぜえええったい泣かなかった。
先生が「この子は泣かないからやりやすいなあー」って感心してたくらい。
あまりに痛いと自然に涙がにじんではいたがね。
泣くなんてみっともないと思っていた・・クールなガキ。

その分大人になって泣くことが多くなった。
それでも人前では泣かない。滅多に泣かない。
親の前でも泣かないくらい。グッと奥歯をかみしめ堪える。

ダンナが死んだと聞かされ、ダンナの会社の人が2人来たときも、
私は淡々としていて絶対涙を見せなかった。
「気丈な奥さん」と言われていたようだった。

あのときはね、現実だと思えなかったから。
夢に違いないと思っていたから。どうせすぐ醒める夢なのよ。
だから泣いたってしかたない。

それが一気に現実化して私を襲った。

ダンナの葬儀の日。

前日一日中ずっと棺桶の傍にいたのに、泣かなかった私。
葬儀場に入って最前列のイスに座った。
「ああ、写真いい感じやわ」と義母が言ったので、ふと顔を上げた。

ダンナが私を見下ろして微笑んでいた。
たくさんの花にかこまれて。

涙がぶわあああああって溢れてきた。

ダンナが死んだことが一気に現実となった。

とてもじゃないが堪えきれず、声を挙げてオイオイと泣いた。
お腹が大きいので体を九の字に曲げるのもしんどかったが・・。
私の泣き声はお腹の中の息子によく聞こえたことだろう。

あとはずーっと泣いてばかり。
この身体のどこからこんなに水分が出るんだろうと思うくらい。
出棺の時なんて、葬儀場の外で道路に這いつくばって泣いたもんね。
ははは・・もうどーにでもなれって感じ・・。

もうあんな風に大勢の前で泣くのはイヤだ。

・・・あれ?

今日はこんなネタ書くつもりじゃなかったんだけどなー・・。
どーしちゃったかなあ・・。

ま、たまには未亡人ならではのエピソードもいいよね・・。


2001年11月29日(木) 身体が重いし気も重い

今日もちょっと引きこもり。
「引っ越します」葉書を郵便局に出しに行ったけど。
年賀状早めに出す人もいるから、これは早くやっとかないとね。

しかし身体が重い。
ベスト体重プラス3キロといったところ。
たかが3キロされど3キロ・・・。

3キロといったら息子が生まれた時の体重だ。
3318グラムあったからなあ・・。
少し大きめ・・かな。
2500〜3500の間なら標準なんだけどねー。

てことは、腹周りに生まれたばかりの息子がくっついて
いるようなもの?!

やばいな。うむ。
と慌ててストレッチなんぞしてみる。

付け焼き刃。濡れ落ち葉(将来の義父の姿・・関係ないけど)。

またビール酵母ダイエットしようかしら。
あれすごく痩せられるのだ。私の場合。

身体も何だか重いが、気も重い。

引っ越しが決まったのは嬉しいが引っ越しするのが憂鬱。

分かるかなー。

引っ越し自体が大変なのだ。

今回私にとっては8度目の引っ越しだが、以前は手伝ってくれる人が
1人はいた。
しかし今回はなし。しかもチョロチョロ邪魔する息子がいる・・。

うわーん。どーなることやらああ〜〜。

しかしやるしかない。うん。
それにしても私結構引っ越ししてるのね・・驚いた・・。
5歳までの引っ越しはカウントしてないからねえ。

希望に満ちた引っ越し。
絶望のどん底での引っ越し。
やむを得ずの引っ越し。
人生いろいろ。引っ越しもいろいろ。

ぼやぼやしてたらもう12月になっちゃうじゃないのおー。

・・お。落ち着こう・・。
落ち着いて・・明日美味しい物でも食べよ・・。

またこんなオチかいっ>自分<デブッ!!




2001年11月28日(水) し・・・しんどい・・・ふ〜

息子の暴れん坊振りがすさまじい。

日本語理解できないししゃべれないから、まさに怪獣・・。

夕食時も大暴れで義母も辟易していた。

なーんでこんなにやんちゃになっちゃったんだろー・・。

疲れた・・・。

すっごく疲れた。

こうして日記を書いている今が一番くつろぎタイムだ。

トイレやお風呂も息子と一緒なのでゆっくりなんてとても無理。

だから便秘にもなろうってもんだ。

おまけに過食で身体が重いし運動不足なので息切れする。

もーやだあ。

って言ったって育児を放棄するわけにいかないしね。

も少し楽になりたいのだが。

いつのことだろう。

1歳8ヶ月の息子・・少しは日本語話して欲しいなあ・・。

生意気な事言ったっていいよもう。

他人からは「今が一番可愛い時よ。しゃべりだしたら生意気で・・」
なんて言われるが。

生まれてすぐも「今が一番可愛いね」
首がすわると「今が一番可愛いね」
お座り、ハイハイできると「今が一番可愛いね」
つかまり立ち、一人歩きできると・・・ああもうやめた。

とにかく他人は人ごとだから勝手なこといくらでも言えるのだ。

反論する気力もないので笑ってごまかす。

「はは、そーですね」・・こればっかし。

しかし育児がこれほどまで戦争だとは。

甘かった・・。

息子との闘い。

日々バトル。

先が見えない。

一人目だから余計に不安。

協力したり相談したりするはずのダンナはいない。

・・いかん、またダンナへの怒りがこみ上げてきた。

頭切り替えようっと。
クリスマスケーキ食べたいなあ。

早すぎだって・・しかも食べ物関係か・・うう(涙)

もういやん。


2001年11月27日(火) 寒いっっっっすねえ

朝起きたら久々に雨。
ブルブル・・うう、寒う〜。

なので今日は一日引きこもり。

引きこもりの良いところは、お金使わないで済むところね。
最近散財気味だったからなあ〜。
節約節約っと・・。

一日息子と二人きりだと、ずーっと怒ってばかり。
息子のいたずらは果てしなく続く・・・。

思うようにならないと床に突っ伏して泣く泣く・・。

暖房しているのに何度も戸を開けっ放しにするので、怒って閉めたら
ドア外れちゃった・・・はっはっは(汗)。

しかし夜には「閉めて」と言うと閉めてくれるようになった。わーい。

そうそう、朝起きて息子のオムツを替えたあと、息子が自分の
おしっこを吸ってパンパンになったオムツを持って行くので、
「どこ持ってくの?」と聞いた。

すると息子、部屋を出ていき廊下にあるオムツ入れバケツの蓋を開け、
オムツを放り込んでまた蓋を閉めた。

おお〜〜〜!!!(感動)

すごいぞ息子、頼んでもいないのに!教えてもいないのに!

試しに1階でも「このオムツそこのバケツに捨ててきて」と頼んでみた。
すると息子、ちゃんと蓋を開けてオムツを入れ、蓋を閉めたではないか。

蓋はちょーっとだけずれてたけど(笑)

いやあ、人間は日々成長しているんですなあ。

言葉は相変わらず出ないけど・・。

もう来月1歳9ヶ月なんだけどねえ。

1歳すぎからペラペラしゃべる子が信じられない。


相変わらず過食で。
身体が重い。
ヤバイ。
うう。

でも。
これ以上は。
太るわけにはいかず。
必死でストレッチなぞする。

・・ちょっと字数遊びしちゃいました。分かる?


2001年11月26日(月) 「孫を熱湯風呂に入れる鬼婆」(爆)

ううん、喉痛いよん。

へっくし。

・・くしゃみまで出ちゃった、これホント・・。
気を付けなくちゃ・・・。

息子の鼻の下は相変わらず鼻水でドロドロ状態だし。
いい男が台無しだわ。
そういえば熱出してから片目が二重になっちゃった。
生まれてすぐは二重だったけど、すぐ一重になったのよね。
それが片目だけ戻った。どーせなら両方にすりゃいいのにー・・。
二重になるとますますいい男。ぶちゅ。

親バカ炸裂。

しかしテレビで父親が子供と戯れているのを見ると辛いね。
容赦なく涙が出てくる。
ダンナのバーカって思う。
可愛い子供を一目も見ずに、抱きもせずに逝くなんてさ。
バカとしかいいようがないっ!
遺影をにらみつけた。

今夜は義母が息子と入浴。これで3度目。
最初は去年の大晦日。2度目は今年の春私がインフルエンザで倒れて。

いずれも息子は泣いた。

今回は・・。

泣いた。

めちゃめちゃ泣いた。

泣きわめいた。

泣きながら出てきて抱っこをせがむ息子の身体はアツアツになっていた。

ばあちゃんよ・・。

熱湯風呂に入れたんかい?!

義母は自称「熱好き」だからなあ・・心配はしてたけど。
どうやらいきなり熱い湯の中に息子を入れたらしい・・。

そりゃ熱いわ・・。

普段45度のお湯が「普通」と思う義母だから、「ぬるい」の温度も
違うのだろう。「ぬるいお湯にしたのに」と言っていたがどうだか・・。

義母は「もう懲りた。二度と入れない」って。

うん、きっともう二度とないよ。こんな機会。


2001年11月25日(日) 過食で腹痛で反省

良い天気続いておりまする。
空気が乾ききって喉痛いっす。
喉弱いんで、つらいっす。
しかも今日はタイトル通り。辛かった・・とほほ・・。

さて。
今日は朝一でモーニングへ。

義父がモーニング大好きなのだ。
9時の開店を待って入ったくらい。
「孫と行けるモーニングもこれが最後かも」と思っているのかも。
だって今までなら義父母二人だけで行っちゃってたもんね。
やっと誘われるようになった・・。遅いってか。

食後に近くの池の周りを散策。
義母は何とカメラ持参で「孫との記念写真」を撮っていた。
しかしじっと写真撮られてる息子じゃないんだよこれが・・。

義父母はその後またマンガ喫茶にモーニングしに行ってしまった・・。

午後息子と散歩。
楓の落ち葉が道に溢れている中をシャクシャク音を立てて歩くのが
好きみたい。わざと落ち葉の多い場所を選んで行く。
私も嫌いじゃないけど(笑)

帰宅後義母とガーデニング。
私の大切なアリッサムが根腐れしてしまいショック・・。
生き物だから最初から全部上手くいくわけないけどね。
でも悲しいよー・・。

ここを出ることを義父母に告げてから2日。
義父母の態度は優しくなった。
私も義父母に対しておおらかな気持ちで接することが出来る。
少々のことはお互い気にしない。
最初からこうだったら良かったんだけど。

あと3週間ほど。
ここでの生活を満喫することにしよう。

しかしやることがてんこ盛り・・。
息子の鼻水はまだ止まらない。
鼻の穴の周りが汚いー。あまり拭きすぎも良くないし。
しかし、植木鉢に残っている水を飲んだ息子。
手に着いた砂をベロベロなめる息子。
うーん。野生児というべきか。
それよりも・・美味しいの?!

ナゾだ・・。





2001年11月24日(土) ついについについに決定

大げさなタイトルですが。

決定しました。

ここを逃げ出す日。
・・って、イヤな表現だわ。引っ越しの日ね。

来月の半ばなんで、それまで忙しいぞー・・。
バタバタだ。
頑張っちゃう。

昨日義父母に打ち明けて、今日母が来て正式に話をした。

義父母は孫・・つまり息子に未練があるようだが、仕方ないと
いう感じだった。
息子はみんなの視線を一身に受けていた。

で、新居になる家の中を初めて見せてもらえた。
もう内装業者が数人打ち合わせに来た。
そうだよね、もうあと1ヶ月ないもんね。

築年数はかなりだが、6年前にリフォームしているので、
わりと綺麗だった。
ただ、家の前の道がめーっちゃくちゃ狭あああいのだ。
車1台すれすれ。
こりゃ車庫入れがキツイわあ。

で、家の裏が断崖絶壁。
山のふもとだしね・・慣れないうちは見ると怖い。
不用心らしいから、人感センサーをつけるんだって。
虫もたっくさんいそうだ・・ヘビもいるかもしんない・・キャー。

とにかく、動き出した。
もう後には戻れない。

ダンナ。

ちょっと遠くに行くけど、良いよね。
「オレが死んだら早くいい人見つけなよ」って言ってたしね。
そのとーりにさせていただきまっす(笑)
・・って、いい家は見つかってもいい人はなかなか・・ねえ。

昨日4時間かけてストレートパーマかけたし。
心機一転。

息子の鼻水もねばってきたし(水状からこうなると治る一歩手前)。

前に進むぞ。


2001年11月23日(金) 久々泣いた

物件の正式契約が済んだというメールが母から来たので、
「おめでとう」と返事を送った。

そして来た返事。
「おめでとうじゃないよ!私はここ(今居るアパート)で生涯いようと
思ったのに、あなたがそこを出たいと言い出したからこういう風に
事を持って行かざるを得なかったんだよ。この親不孝者」

今週は泣いてなかったんだけど・・久々に涙が出た。

母の鬱が再発したのは私のせいだ。

だが、母達は私が出たいなーと言い出す前から中古物件を
探していたのは確か。

なのに、どうしてこんなふうに言われなきゃならないんだろう・・。

息子と二人で暮らしたっていいって言ったし・・。

ダンナが死んだのも私のせい?
母を鬱にしたのも私のせい?
何もかも私のせいなの?

イヤになってきた。

悲しいというか・・辛くて涙がボロボロ出た。

そんなに私、厄介者なんだろうか・・。

ここでも。
母の所でも。

また生きているのがイヤになる。
自分の存在意義が分からなくなる。
息子のために生きている?
自分のため?

何が何だか分からない。

夜、ついに義父母にここを出る話を打ち明けた。
おおむね賛成してもらった。
義父母には負い目があるからそう強くも言えないだろうが・・。

部屋の空気がどーんと重くなった。

明日母が来て挨拶する予定。

でも私は気が重い。というか、重くなった。

頭の中で「厄介者」という言葉がグルグル回る。

つらい。

また泣けてきた。
もう今日は止め。


2001年11月22日(木) 息子がグッタリ・・・どうしよー!

息子1歳8ヶ月。

生まれて2度目の発熱。

昨夜一晩中せき込んでいたからやばいなーと思っていたが、
今日になり咳は止まったものの鼻水がナイアガラの滝状態。

おまけに午後から熱がグングン上がる。

わーん。病院みんな木曜休診じゃないのさ〜〜〜。

おまけに明日は祝日だああ。

・・どーしてこう最悪のタイミングで熱が出るのだろう。子供って。

あ、私もそうだっけ。はっはっは〜。


夕方39度以上になり、グッタリ寝たままテレビを見ていた息子だが、
夕ご飯を食べたら急に元気になり動き回る。
元気と言っても動くようになったということだけど・・。

今日はお風呂お休み。

さっさと義母から逃げて2階へ。
やはり調子が悪いと眠いのか、息子は早く寝付いた。

しかし夜中何度か起こされることだろう。
鼻づまりで息が苦しくなったりして・・。
高熱で眠れないようなら座薬を使おう。
突発の時これが非常に重宝したものだ。座薬入れならおまかせあれ。

今夜は早めに寝てスタンバイだ。

明日には元気になりますように・・・。
代わってやれるものならそうしたい。

最後に一つ。

新居、正式に契約完了。

いよいよ明日私が義母に告白。
明後日、母が義母に挨拶する予定。

どきどき・・・。


2001年11月21日(水) 息子の「痛〜い」記念日

記念日といってもね、1歳8ヶ月になった日ってことなんだけど。
親バカかな。ははは。お許しを・・。

でも、そんな記念の日なのに、息子にとってはまさに「受難の日」だった。

/翦售錣両気で軽い火傷・・一瞬目を離したスキだった。

帰宅した義母を迎えに玄関へ走っていったら、勢い余って
 玄関から転落。

3阿暴个浸笋鯆匹いけアンパンカーごとまたまた玄関から転落。
 (アンパンカー・・アンパンマンの車の乗り物)

,榔筺垢販水で冷やしたから少し赤くなっただけですぐ治った。
△呂燭屬麑欺。相当痛かったようだが・・。
はよく見るとオデコに3ヶ所擦り傷が。うっすら血も。

3回とも泣いた泣いた。すんごい泣いた。

「ウッッワアアアアアアアアアアア〜〜〜〜!!!!!!!」って感じ。

ううう・・・痛そうだ・・。

先日はお風呂の湯船の中で滑って沈んだが、このときは一緒に入って
いたので0コンマ何秒の世界で引き上げた。


・・やば・・夜泣きが始まった。ちと失礼・・・。

*****************************

ふ〜、今回はあまり酷くなかった。

で、話は戻ってと・・。
お風呂で沈んだんだったよね。

このときは泣かなかった。というか・・何が起こったのかあまり
分かっていなかったと思う・・。
ただお湯を飲んだようでゲホゲホしていた。

これからいろいろ痛いこともあるだろう・・。
男の子だしねえ・・無茶するしなあ。
耐えるんだぞ、息子。

ってな訳で今日はお開き〜。


2001年11月20日(火) 出ていってやる〜

今日もキレて掃除機ガンガン蹴っ飛ばしたり、ラップの箱を
ブン投げたりいたしました。はい。

子供の前でこんなことしちゃあいけません。

今日は午前中ガーデニング、午後母と3人散歩がてら買い物。

買い物は30分で帰ってこれるところを、2時間かかった。
息子を歩かせるとこうなのよねえー。
商品なんて見ちゃいられないっすよ、ホント。
ちょこまかちょこまか、他の人の邪魔になることしばしば。
かといってベビーカーやカートなんて乗らない。
抱っこも泣いて嫌がる。
えーい、他人にどう見られたって仕方ないんだーい!

帰ったら嫌がって泣くわ泣くわの大騒ぎ。
結局抱っこのまま泣き寝入り。
しかし布団に降ろしたとたんに泣く。
仕方なくずーっと抱っこ。

1時間以上。

起きては泣く。すさまじく泣く。
これって、夜泣きの時そっくり・・とほほ・・。
昼にも同じつらさを経験することになるとは。

で、義母が帰ってくると抱っこをせがみにいく。
「まあ〜、ちびりとるくんは婆ちゃんが大好きなんやねえ〜」と義母。

そうやって可愛がるのも最初のうちだけ。

夜には「さっさと2階に行ってくれない?私の自分の時間が
無くなるでさ」だって・・。
この言葉そのものを言ったんじゃないが、こういう内容だった。
自分の時間って・・・いつも遊びまくってるのに・・。あぜん。

そんなに孫といたくないなら、もう絶対会わせないぞっっっっ!

「これから寒くなると私寝坊するから、りとるさんが毎日風呂掃除やって」
と、先日言われ、毎朝せっせと風呂桶を磨いている。
この家は毎日風呂掃除をする家なのだ。
しかし私にやらせる理由が何とも・・。もちっと気の利いた言い訳が
考えられないんだろーかねー。

いいもん。

来月出ていってやるもん。

法事以外は来ないぞ。

思い知れ〜〜〜。

今日もグチで終わったなあ。
午前中は土いじりで楽しかったのに・・。
おまけに母が持病?の鬱が出てきて参ってしまう。
頼むからダンナの所に行かないでおくれい。


2001年11月19日(月) 厄除け行ってきたっす

歳がバレバレになっちゃうけど・・。

いよいよ前厄だ・・お払い行ってこなくちゃってずっと思ってた。
で、母を引っぱり出して神社に行って来たっす。

受付で見てみたら、私ってもう本厄になるのね・・。
知らなかった・・数えで考えるのかな?よく分からないなー。
ま、いっか。

しかしお払いって、異空間という感じがして、罰当たりなんだけど
笑ってしまう・・。
巫女さんが鈴持ってヒラヒラ踊る時なんて、笑いを堪えたほど。
しかし祈祷料高いなーもう・・。とほ〜。

七五三の家族もまだいて、着物姿の女の子を見るたびに母は、
「やっぱり女の子は可愛いねえー」
・・「男の子だって可愛いもん」
娘産むかもしれないしね〜いつの日か。
希望は捨てずに生きていこう。うむ。

午後から懲りずに花の苗などを買いに行った。
我ながら散財しすぎと内心焦ってはいるのだが・・止まらないよお(涙)
帰宅すると注文しておいた多肉植物まで届いてたし。

良い。

多肉植物。

好き。

めちゃめちゃ気に入ったぞ〜。
見ていて飽きないぞ〜。
というか、見ていると何もかも忘れられそう・・。

しかし。
植物はストレス解消になっているんだが、散財がストレスになってる。
うーん。


閑話休題。


物件の正式引き渡しが木曜日になった。
いよいよかあ・・。
どきどき。
・・って、私が買うんじゃないんだけど・・。
住む者としてはね。やっぱりね、落ち着かないわ・・。

厄払いもしたし。
良いことたくさんあるといいな。
素敵な人と出会えるといいな。

そんなことばっかり考えていたから、今朝夢見てしまった。
素敵な男の人・・なぜか及川光博・・ミッチーが出てきて、二人で
ひしと抱き合うの・・なんなんだろー。不思議だ・・。別にミッチーが
理想じゃないんだけど・・好きではあるけど・・むむむ。


2001年11月18日(日) キレたぞっっっ(って、いつものことか)

昨夜から今朝にかけて、いや〜しんどかったのなんのって・・。

夜泣きよ、夜泣き・・。

1時間に1回は泣いて起きて、もーそのうち私も泣かせっぱなしで
ほっといた。
寒くて眠れないのか、怖い夢を見たのか・・・。

でも、布団・・かけてもかけてもすぐそこから出ちゃうんだもーん!
どーせいっちゅーのよっっっ!
簀巻きにするわけにいかないでしょーが・・。

夢は仕方ない。
私だって夢見て目醒めて泣くことあるもん。
以前はダンナがちらっと出てきただけで起きてワンワン泣いたもんだ。
今は出てきても、ああそうかいってな感じ・・冷たい女。

・・なんで、今朝は眠くて眠くて、親子でウダウダ寝ていた。


キレたのは、そのことじゃないのだ。

例によって義母。

また午前中から友達と連れだって遊びに行ってしまった。
「ランチでも食べよか〜」だって・・。

別に、それ自体はかまわない。
行ってらっしゃい。

だーが、さっさと帰ってこんかい。

たまの休みくらい、孫の面倒みてくれたっていいのに。

義父母の洗濯物取り込んでついにキレた私。

「くっそばばあ!!!」と叫ぶ。
ダンナの仏壇のそばで。
義父母の洗濯物を思いっきり投げる。

息子はワンワン大泣き。

私ふて寝。

息子が泣きながらすり寄ってきて、添い寝。

それでも頑張ってビオラを寄せ植えしたぞ。
気に入らなかったから明日やりなおしたいけど・・。
もーこれだから初心者は(笑)


明日は前厄のお払いに行ってくる予定。
早く行かなくちゃだもんね。
でもってまたホームセンター行っちゃおうっと。
↑すっかりハマってる・・節約よどこへやら・・。

そうそう、義母の帰宅は結局日が暮れてからでした。チャンチャン。
その夜義弟一家3人が来たのでせっせと晩ご飯作りましたよ。
しかし義母・・巨大パスタ鍋で豚汁作るんだもの・・。
芋煮会か炊き出しかって感じ。とほほ。


2001年11月17日(土) 花の威力恐れ入りやした

朝っぱらからボジョレーを飲んだ。

グラスに2杯、決して多くない量なのに酔った。
朝起きて何も食べてないからか。はっはっは。

赤苦手だけどこれは割といけた。

午後からは天気が悪い中ムリヤリ外出。

まずは花屋さんで花束を作ってもらった。
母の再婚のお祝いに。
昨日は突然で何も用意できなかったから。

で、母の所へ行き、一緒に園芸屋めぐりをした。

いやあ、花って何でこんなに癒されるんだろう。
息子が歩き回るのでゆっくり見てもいられなかったのだが、
花を見て「あれ可愛い」「これ欲しい」なんて母と話していると、
嫌なことぜーんぶ忘れていられるのだ。
心がウキウキさえしてくる。

素焼きの鉢とチューリップの球根を買った。
来年の春が楽しみ。
チューリップ、好きなのよね〜〜。フッフッフ。
変わってるのじゃなくて、すごーく普通のやつね、アレが良い。

でも、もしかして、ここを出て心が平穏な生活になったとしたら、
急にガーデニングに興味が無くなるかもしれないと思った。
心がすさんでいる今だからこそ、身体が欲しているのかも・・。

植物って不思議だなー・・。

しかし今日は義母ネタも息子ネタもないわねえ。

我ながらつまらないので、ひとつ義母ネタ。

7時過ぎ頃、帰宅すると義父母は温泉旅行から帰ってきていた。
義弟も来ていて、夕食を食べていた。
帰ってきた私に、義母が一言。
「夕ご飯はどうするの? りとるさんの分無いけど。」
はあ・・。
食べてきたから良いけどさ・・。
相変わらず冷たいなーもうー。

・・あんまり面白くなかったなー。
うーん。
息子は毎日笑わせてくれるんだが、文章にするとたいして面白く
なくなったりするし。
連載持ってる漫画家みたいな心境だ(笑)

明日は苗買ってこよう〜っと。
(お金使いすぎ???)




2001年11月16日(金) 再婚&正式契約へ

りとるも未亡人に終止符か?!

なんて思われたかもしれないけど(思われないか、はは)

再婚したのは母。

今日、夫になる人と役所へ入籍届けを出した。

私と息子が立ち会った。

淡々として且つあっけなく終わる。
ま、その方が良いかも。
ワーワーはしゃぐと後でしっぺ返しが来るかもしれない。
50代同士の再婚同士だしね。
しかも母はイヤイヤだったしなあ・・。
一人の気楽さを謳歌していたから。

おめでとうを言うきっかけも失い、母の夫となった人は仕事へと
戻っていった。しかし、そうなると私の父になるの????
どう呼べばいいんだろう・・・うーむむ・・・。

で、物件の話は、ついに今度の日曜日に決着がつくらしい。
ダダをこねていた隣のばーさんも、ついに観念したようだ。
そりゃあね、口は出すが金は出さんなんて、いけんよそれは。
ちゃんとしたいなら、測量のお金少しは出さなきゃあ。
ま、やっと分かってくれたようなのでホッとした。

いよいよ正式に契約。一軒家が手に入る。
やっと、やっと現実味を帯びてきた感じ。
本当にここを出られるんだ・・・。


来年、3回忌を控えているというのもあるが、ちゃんとした黒服を
持っていなかった私は、母の友人のブティックで買ってしまった。
DVDプレーヤーより高かったんだなこれが・・(汗)
もう清水の舞台から飛んで飛んで飛んで飛んで・・(by円広志)。
これで法事の時に着る服は安心。
ったく、こんな買い物させるなよダンナあ。とほほ。

しかし今日はひっさびさに贅沢な物食べた。
母の友人、ブティックのママがホテルのディナーをご馳走してくれたのだ。
もう食べまくり。車で来なかったら飲めたんだけど(笑)
ちょうどボジョレーが出ていたし。

そうそう、生まれて初めてボジョレーヌーボー買ったのに、まだ
飲んでない。
解禁日に買った意味、なーいじゃーん・・。
今日ホテルでもらったティラミスと明日いただこう。

今日は義父母が温泉に1泊旅行で、静かったらありゃーしない。

はーっはっはっは。

明日の朝も静かだぞー。やったーい。イエーイ(by高嶋忠夫)。

・・・ちと壊れてますな。今日は。


2001年11月15日(木) 娘産みたい

40までに再婚のチャンスがあったら、また子供が欲しい。

そう思う今日この頃。

今度はぜえっっったい娘が欲しいよ〜。

ホントは一人目娘が良かったのだ。
でも無事生まれたし、可愛いし、男の子でも良かったんだけどね。

内田春菊の「私たちは繁殖している」ってマンガがあって。
1巻が出た頃から買って読んでいた。

最近、いつの間にか4巻まで出ていて、しかも3巻までは文庫にまで
なっていてビックリ。
早速持ってない3,4巻をネットで買いましたわよ。

しかしネット通販恐るべし。
注文して3日でこんなど田舎まで配達してくれるとは。
感動すら覚えたよ・・ホント。

でもって、読んでいるうちに、また子供が欲しくなったってワケ。

はっはっは、もう人に影響されやすいのなんのって。

自分ってものがないのかい、私ってば。

まあ内田春菊みたく凄くはいかないけど、もう一人くらいはね。

息子産んだとき・・つまり去年の春は、
「ぜえええええっっっっっったいもう子供なんて産まなーい!!」って
思ったもんよ。
それくらいお産はつらかった。

あの痛みをもう一度味わうとなると、さすがに躊躇するワケです。

「うあああああああ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!」って
叫びまくったもんね・・呼吸法なんてどこへやら・・・はは。

でも夜7時に陣痛が始まって、夜中2時半に産まれたんだから、
安産な方だと言われ、じゃあ難産ってどれほどのものかと恐怖を
抱いたよ・・。エイン切開はしたけどもね。

出産より、その後の陣痛(後陣痛と言う)の方が辛かったし、
エイン切開のところが痛くて痛くて涙出たなあ・・・。
一生ウンチできないかもって思うくらいさ。
固いウンチじゃなくて良かったホントに(汚い話でしゅびばしぇん)

しかーし。

女・・というか、母ってすごい。

それほどの苦しみを味わってなお、また産もうってんだから。

この私ですら、また産もうかななんて思っているんだもんねえ・・。

つわりも苦しいし、便秘や貧血、お腹の張りや動悸息切れ、
人によっては痔になったり、あと胸焼けとか、妊娠中にもつらいことが
たあ〜〜っくさんある。
体重管理もあるし、適度な運動も必要だし、でもって夜眠れないし。

で、陣痛で苦しんで、出産後も後陣痛で苦しんで・・。
(子宮が元の大きさに戻ろうと収縮する痛みなんだって)
2時間おきに授乳、おっぱいはカチカチに張って痛いのなんのって。
でもっておっぱいマッサージは涙が出るほど痛い。
出血はしばらく止まらないし(私は1ヶ月止まらなかった・・)。
切開のせいでまともに座れないしトイレの「大」の方がツライ。
赤ん坊は夜中ギャーギャー泣きっぱなしだったし・・。
(朝5時まで延々泣いていたこともあった・・)

もうダンナの事なんて考えるヒマなし。だった。

手の指は腱鞘炎になったし、髪の毛はどぱーっと抜けたし、
ホントに母親って大変。すごい。偉い。
母は強しと良く言うが、そりゃ強くならざるを得ないよ・・・。

そういったつらさは、子供の笑顔で吹き飛ぶから不思議。
そういう風に出来てるんだって思った。うまく出来てる。
でも子供を殺しちゃう親が後を絶たないのが悲しい。

今日は久々に出産の頃を思いだしたなあ。
まだ去年の話なのに・・なつかしー。

で、最初の話に戻って。

素敵な人の可愛い娘を産みたーい。

夢っす。


2001年11月14日(水) 命日まで2ヶ月

すっっっっっっっっかり忘れてた。

今日は月命日だったんだっけ。

昨日は覚えていたんだけど、今日になって飛んでいっちゃってた。

夜、義母が帰ってきて仏壇の掃除を始めて思いだした。

ははは、最低の嫁?!

ふん、だからどーだってのよ(開き直り)

命日まであと2ヶ月ってことか・・はやいなあ〜。

ダンナが死んでもうすぐ2年かあ。

もうお経読んでいたってなーんも感じない・・。

息子が動き回って、考えるどころじゃないんだけどね。

ダンナはとお〜くに行ったんだなって思える。

もう会えないんだなって。

もうダンナのことより、息子のこと考えた方が有意義だわ。

そうしよ。


14日は月命日・・どころか、スタバでクリスマスブレンド発売日
としか覚えていなかったよ。ホント。
んで、今日買いに行ったんよ、わざわざ市街まで。

しかし、市街の人混みの中、トレーナーにジーンズ、髪の毛ぼさぼさで
歩くのは恥ずかしかったあー。
私もまだちょっとは羞恥心があるってことね。
オバハンになりきってないんだわ。ちょっとホッとしたりして(笑)
しかしね、子持ちは高くて綺麗な服なんて着られないのよね。
鼻水やよだれゴシゴシこすりつけられるんだもん。


息子、ようやく「こうするとオマタから水が出る」という事を知る。

お風呂場で、全裸でおちんちんをじいいいーーーっと見つめる。

すると、じょじょーっと、または、ちょろっと、出る。

「おおっっっ!!」と感嘆する息子。

面白くて笑える。

4コママンガにしたいくらいだわ。

ちょこっと、出しては休み、またちょこっと出したりもする。

いつのまにそんなワザを・・・。

いよいよトイレトレーニングの時期なのかなあ。

冬はやりにくいって言うけどね。ま、来春でもいいしね。

気長に行こうっと。


2001年11月13日(火) ストレス性過食の日々

身体重ーい。

また太ったかな(アセアセ)

そりゃそうよね、食べて食べて動かないんだから。

動くけど、食べたカロリーを消費するまでには至ってないぞきっと。

お腹が空いて無くても、胃に押し込む。

押し込んで押し込んで落ち着く。

いや〜な傾向。

お腹の肉、プヨンプヨンだよおー・・。
握り心地は良いけどね・・。


今朝は冷え込んだなあ。

ついに、敷き布団のパットをパイルからアクリルへ替えた。
冬が来たぞ〜って感じがする。
タオルから毛布だからねえ。
加湿器も出さなくちゃ。


息子を昼寝へと導く方法を編み出した。

題して!

「チャイルドシートでポッカポカ」

なんだかなー。

と、とにかく、午後「寝て欲しいなー」という時間になったら、
車に乗せてタラタラと走るのだ。

車の中は結構暖かい。
で、チャイルドシートに乗せれば動けない。
さらに適度な揺れ。

こりゃもう寝るしかないっしょ。

寝たら家に帰り、しばらくしてから車から降ろす。
すぐ降ろしちゃダメなのよねえー。
しばらくそのまま寝かすのがよろしい。
しっかりと寝入ってから降ろして、家の布団に寝かせる。
布団に降ろしても起きなかったらバッチリ成功!!

抜き足差し足忍び足〜。

いやあ、毎日疲れるわ、ははは。

今日はスタンドへ洗車に行ったのだが、いきつけのスタンドは
ダンナの葬儀をした葬儀場の真向かいってことは以前にも書いた。

今日は霊柩車見なくてすんでホッとした。

霊柩車って、見たくない。

ダンナが死ぬ前だって、見るといい気持ちはしなかった。
ダンナが死んでからは見たくもないものになった。

霊柩車見ると親指いまだに隠してる私って、お子ちゃまかも(汗)

時折、自分が自死遺族ってことを忘れる。
それって良いことなのかも。

あ、明日はダンナの月命日だっけ・・。
義母が見栄張ってお供え物どっさり置くんだろうなあ。

なにやってるんだろうなあ、ダンナ。
もうどこかで生まれ変わってるのかなあ。

なんで死んだのか、理由が知りたい。
納得いく説明をしてくれたらスッキリするかも知れないけど、
永遠に無理・・。

ええい、もういいや。
ダンナよりずーっとずーっと素敵な人見つけるんだもんー!!

邪魔しないでよ、ダンナ。


2001年11月12日(月) 泣きの達人、ちびりとる

眠い。

うー、でもこれを書かないと安心して眠れない。
すっかり「日課」になってしまった。
食べたり寝たりするのと同じ。

なーぜ眠いかっていうと、昨夜も夜泣きが何度かあったのだ。
わーんと泣くときもあれば、シクシクと泣くときもある。

よって、寝不足。

よっしゃ、これは昼寝で解消だーと思ったが甘かった。

午前、掃除も終わって、さてちょっとだけ仮眠をとるかなと思い、
横になったとたん、息子がワンワン泣いて私をたたき起こす。

おいおい・・ちょっとだけ寝かせてよお。

それでなくても、今朝息子は起きたとたん泣きだし、その後もずっと
泣いてばかりで、こっちもヘトヘトだってのにい。

泣きながらすがってくるので、トイレも行けない。

「ちょっとだけ待ってて」って言ったって、日本語通じない。

イライラする。

鼻水と涙をこすりつけられ、私の服はまるでナメクジが這ったみたい。

良い服なんて、子持ちは着られないんだなーと実感・・。

夜も泣いてばかり。義父母の洗濯物を取り込みたくても阻止される。
しかし取り込まないとまた義母がブツブツ文句を言うに決まっている。
泣く息子を抱っこして必死で取り込んだ。
取り込んでる最中に義母が帰ってきた。

それくらいやって当然といった感じで、まったく手伝ってくれなかった。
あんたたちのパンツでしょーが・・。

入浴後、夜9時頃にやっと一人遊びしだした息子。

ふう、助かった・・。

一人遊びの最中は邪魔しちゃいけないのよね。
でないと、集中力の無い子になっちゃうらしい。

やっとくつろげると思い、息子を遊ばせつつカタログをめくっていた。

すると義母「子供はなるべく一緒に遊んでやらなあかん」

・・・。

ムカ。

一人遊びしている息子の邪魔をしまくる義母。
果ては息子を抱き上げる始末。
せっかくオモチャ並べて遊んでいたのに。
邪魔するなっ。

おまけにまるで私がいつも息子をほったらかしにしてるみたいに・・。

以前も義母は同じ事を言った。
一緒にって・・・朝から晩まで一緒にいて、やっと離れてくれたのに
こう言われるとただ腹が立つだけ。

あんただってたまの休みの日も孫ほったらかしじゃないか。

自分のことをいつも棚に上げる義母は、まるで子供。
見た目は50歳のおこちゃまだ。
ちなみに義父はさらにおこちゃま。
おこちゃま夫婦だな、うん。

私は中身も歳相応に成長していきたい。
義父母を見てつくづくそう思った。
少なくとも「中身」は義父母より大人でありたい。

うーん、眠い・・・。
さっさと寝れば良いのね。ははは。
どうかどうか夜泣きしませんように・・せめてすぐ泣きやんで
くれますように・・。

目覚ましの音で初めて目を覚ましますように(私がね)。


2001年11月11日(日) 損な人生???

私って、悪いことができない。

要領が悪いというか、ツキがないというか。

今日、スーパーへ行った。
駐車場がいくつか空いていて、なおかつ車が反対から来なかったので、
一方通行を5メートルばかり逆走してささっと駐車場に車を停めた。

息子に靴を履かせ、チャイルドシートから降ろし、ロックして、
さあ店に入ろうとしたら、いきなり見知らぬオバサンから怒鳴られた。

5メートルの逆走がこのオバサンの怒りを買ったようだ。

確かに悪いのは私だ。駐車場が空いていても、ぐるーーーーっと
大回りして車を停めれば良かったのだ。

元来、私はクソがつくほどの真面目人間で、法律に触れる事はもちろん、
一般的なマナーもかなり守っているつもりだ。

40キロ規制の道を60キロで走ることはあるけど(許して〜)

だが、たま〜〜〜に「魔が差して」しまうことがある。

今日の逆走のようなことだ。

運転歴約8年、初めて一方通行を5メートル逆走した。
そしたら、オバサンにすごい剣幕で怒鳴られる・・・。

なんでかなあ〜〜。

世の中これくらいのこと(と言ったら良くないんだろうけど)で
怒鳴られる人なんて何人いるだろう。

私の場合、たまーに悪いことをすると決まって痛い目にあう。

だから、自分が悪くても何やら釈然としないのだ。

気が小さい私は、オバサンに怒鳴られただけで泣きそうになった。
情けな〜〜い・・・。とほほ・・。

だったら悪いことしなきゃいいのにって?

そだよね・・。

魔が差しちゃあイカンのよね。

しかも、これくらいのことをブツブツとエンピツに書く私自身も
かなりイヤ。
性格根暗かもね・・いやあねえ。
同じエンピツ仲間のmewmewさんみたく、毅然と「自分」と
いうものを持ちたいよおー。

結局今日も泣き言なのさ。なはは。笑っちくれい。


2001年11月10日(土) うまいタイトル思いつかなーい

という、こんな日もあるわね。うん。

今朝は静かだったなー。

理由は一つ。

義母がいないから。

義父は休みでいつまでも寝ているし、朝からドタバタがなくて、
思わず寝坊しちゃったわさ。

義母がいないだけでこの静けさ。
いかに義母がうるさいかがよお〜〜〜く分かる(笑)

しかし義母の会社は無茶をする。
社員旅行、北海道へ1泊。
遠すぎるっちゅーねん(なぜか関西弁)。
移動だけで1日終わるっちゅーねん。

で、義母のいない間に、いろいろ頑張った。
息子が珍しく昼寝している間に、急いでバカ犬の散歩に行った。
バカ犬、2回もウンチした。枯れ葉に埋まって取れにくかったぞー!

しかし帰ってきたら息子が起きてしまい、泣く息子を片手で抱きつつ、
犬に水と食事をあげ、ウンチやスコップを片づけ、アレコレアレコレ。
しまいにゃ腕がブルブルしちゃったよ。
息子、11圓らいあるからなあ・・片手じゃ長くはもたない。

その後も息子、ぐずってワアワアと泣きっぱなし。
仕方なく今度は息子を散歩に連れだした。

最初はグズグズまだ泣いていた息子も、次第に元気を取り戻した。

犬の散歩10分。

息子の散歩1時間。

犬の散歩がいかに楽か・・息子にはリードつけられないし。


夕食はめっちゃくちゃ珍しく、義父母と外食。
ここぞとばかりに握り寿司食べたぞ。わはは〜。
息子もお子さまランチをバクバク食べたし。
たまには義母のおごりも良いもんだ。

明後日には1万円のズワイガニが届くらしい。
北海道での短い時間で買ったそうだ。

美味しい物食べれば、少しは許す気になるってもんよ(爆)

衣食住。なるほどね。

どれもが満ちてないと人間って不満を持つけど、それって贅沢なんだ。

全部満たされてる人もいるけどね・・。
そういう人は得てして愛に満たされてなかったりして〜。

愛かあ・・。

欲しいなあ。愛。

変なオチ。


2001年11月09日(金) プチ家出ふたたび

昨日は大変失礼いたしました。

午後になって母の所へプチ家出しようと思い立ち、急いで荷物をまとめて
出ていった次第です。

で、1泊して戻って参りました。

今日から義母は北海道へ1泊旅行。
つまりしばらく義母に会わずにすむというわけ。

昨日は体調最悪。
とくにメンタル面がかなりダメージを受け、そのせいで身体全体が
死んだようになってしまった。

今日もまだ良くない。
両肩にどっしり、何がが乗っかっている感じ。

ホントに何か乗っかっていたりして。こわ〜〜〜〜。

ダンナだろーか、だとしたら。

「さっさと降りんかい!!このどあほ!!!」


メンタル面でダメージを受けた、その原因は義母にある。
一昨日の晩、この日記を書き終えて、「さあ寝よう」とトイレに
行ったときだった。

居間の戸が少し開いていて、義父母の声が聞こえてきた。

義母がブツブツと文句を言っているようだった。
義父にグチってるという感じ・・。

「ヘラヘラして」という言葉が聞こえた。

ヘラヘラ生きているといえば、義弟のことだろうか。
パチンコやるためにサラ金からお金かりるようなバカ義弟・・。

「家にいるんだから」

家にいる・・・って、私の事じゃないか。

とっさに身を隠した。

義母はどうやら、自分たちの洗濯物を取り込んでくれなかったことを
怒っているようだった。

ああ、この前の土曜日のことだ。

義母は旅行、私はバタバタで義父母の洗濯物を取り込む余裕がなく、
そのままにしておいたんだった。

「家に居るんだからそれくらいのことしてもいいやないの」

義父は「直接言えばええやないか」と返事していた。

「フン」と義母。


ヘラヘラと家にいるくせに、家のことを満足に出来ない嫁。

そういう話だった。

ショックで、そのまま階段のところでぼーっと突っ立ってしまった。

義父母が寝てしまっても、まだ突っ立っていた。

長い時間を感じ、やっと動けるようになったが、布団に入ってからも
ショックで眠れなかった。

ヘラヘラしてるなんて、そんなつもりは全くなかったのに・・。
私って、そんなにヘラヘラしてるんだろうか・・。

ヘラヘラという言葉が頭の中をぐるんぐるん回って、おかしくなって
しまいそうだった。

翌朝、1年ぶりくらいに寝坊してしまった。
身体がだるくて、起きあがれなかった。
頭が重くて、グッタリという感じ・・。
息子の夜泣きのせいもあるかもしれないが。

それでも私は母親だ。息子の面倒を見なければならない。

しかし息子に昼食を食べさせたあと、母のところに逃げようと思った。

母には、結局この事は言えなかった。


私は、ヘラヘラ生きてなんかない。
必死で生きてる。
息子を一生懸命育ててる。
育児と家事を完璧にこなしてはいないけど・・。
完璧にこなさないと義母に文句を言われてばかり。

ダンナに死なれ、義父母に文句言われ・・。

なんなんだろ、私って。

しんどくて涙も出したくないよ、今日は・・。


2001年11月07日(水) 笑いあり涙あり

これからの季節、太陽のありがたみが身にしみる・・。
今日は良い天気だったので、日向で息子とくつろいでしまった。
日向って、いいなあ。

昨夜も夜泣き。
突然、ウワーンと大声で泣き出すので、こっちは心臓が止まるかと
思うほどビックリする。寿命、縮んでるかもしんない。

なだめているとしばらくして泣きやみ、何やらブツブツ言っていた。
独り言?それとも寝言???
うーん、暗かったしこっちに背を向けていたからナゾ。

毎晩続くのかなあ・・心臓に悪いんだけどなー・・。

しかし、今日は久々に午後3時頃昼寝した。

いやあ久々でビックリ。

って言っても、やっぱり車の中でなんだけど。
厳密に言うと、車の中では寝る1歩手前で、店で抱っこしていたら
寝てしまったんだけど。こんなの初めてだったんで驚いた。

家に連れて帰って布団に下ろしても起きなかった!!
いやあ、久々に玄関と庭の掃き掃除が出来たよ。
久々にのんびり洗濯物畳めたよ。
久々にのんびりコーヒーが飲めたよ。

昼寝って、なんて素晴らしいの!!
ビバ!!昼寝!!!


で、嬉しかった事のお次はトホホな義母ネタ。

今晩は、義母の帰りが遅かった。
義母が出来合のおかずを買ってくると言っていたので息子とお腹を
空かせて待っていた。

義母は牡蠣フライを買ってきた。
別にそんなこと構わないのだが。
義母はその牡蠣フライを食べて一言。
「この牡蠣フライ・・生臭いなあー」

で、その舌の根も乾かぬうちに一言。
「りとるさん、この牡蠣フライ食べや」
自分のお皿を私の方に押しやった。

おいおい・・。

さんざん生臭いって言っておいて人に押しつけるとは・・。

私がムッとして食べるのを躊躇していたら、何と息子がいきなり
義母の牡蠣フライにかぶりついた。

生まれて初めての牡蠣フライ。

偏食の息子なのに、手づかみでバクバク食べてしまった。

義母曰く「飲んべえになるわ」・・。

私は子どもの頃牡蠣フライ食べられなかったのに。

カキ好きな1歳児・・。渋い・・渋いなあ。ははっ。


2001年11月06日(火) 寒いのいや〜ん。

そういえば、2日前から日記をタイトル変えたんだった・・。
ぽっちんボタンもちょっといじってみた。
予告もなく突然で、大変失礼しました・・。

「未亡人」は、つけようかどーしようか考えて、つけることにした。

こーいう未亡人もいるのよって感じで。

未亡人にいやらしいイメージ抱いてる人いるかもしれないし(笑)
テレビドラマが悪いんだなありゃ。

自分が実際未亡人になるとは思ってもみなかったが。

ましてや自死遺族だなんて・・。

そういう言葉さえ知らなかった。

そんなものかも。

私の知らない事なんて、きっと恐ろしいくらいたくさんあるんだろうな。

で、死ぬまで知らない事だってあるんだろうな、当然・・。

ダンナは雑学好きだったっけ。

「生卵割ると黄身と白身の間に白いのがあるだろ、あれの名前、
何て言うか知ってる?」って、いきなり聞かれたなあー。

で、答えられないと、満足げな笑みを浮かべつつ、
「カラザだよカラザ!!」って言うんだよねー・・。ムカ。

それ以来覚えちゃったよカラザ・・。

知っててどーなるもんでもないけどねえ。


さて。

今日は寒い・・北風ピューピューだよー。
午後に息子と散歩に出たが、最初は寒くて寒くてついつい猫背に
なってしまったくらい。息子はなんのそのだったけど。

工事現場のおじちゃんに、「お姉ちゃん?」と聞かれた。

うーん、どういう意味だったんだろう・・。

息子が女の子に見えたのか、私たちが姉弟に見えたのか・・。

後者ってことはないだろーなあまさか(笑)

しかし息子はいつまで女の子に見られるんだろうなー。
男の子の格好してたって間違えられるんだものなあ。
間違えられなくても「男の子・・ですよね??」って語尾が上がったり。

ま、いいか。可愛いから(親バカ)。


2001年11月05日(月) 生活リズムがグッチャグチャ〜

今日は朝から凹んだ。

天気は悪いし寒いし凹むし、いや〜な予感がした。

朝、洗面所を使っていたら義父が来たので急いで譲った。
少し離れて待っていたら、義母が来て
「どいて! みんな忙しいんだから」と吐き捨てた。

「朝からキツイな〜」と思いつつトイレでちょっと涙出た。
泣き虫だなー私って・・なさけな〜。

そりゃ仕事に行く義父母と違って、私は時間に追われてないけど。
でも息子が寝ている間に急いでやることがいろいろある。

「どいて」だけでいいのに・・いつも一言余分でキツイんだよね。

で、「今日は良い日じゃないかもなあ」なんて思ってしまった。

午後、母の所に出かけたら雨が降り出した。
母の所に行って何をするという訳でもなく、コーヒーでも
飲みながら母と話すだけなんだが、気を遣わないだけでも
リラックスできる。
息子は車のオモチャに夢中だし。

で、夕方帰ったが、車中で息子は寝てしまった。
そのまま家でも寝続け、何と起きたのが夜の9時頃!!!

4時間は寝たぞ・・どーしよ・・と思いつつ、ご飯を要求されたので
夜10時半だというのに食事をあたえ、入浴は目がさえてしまうので
パスした。

私だったらこんなに寝たら夜中2時3時まで寝られないよー・・、
息子もそんな時間まで起きてたらどうしよー・・。

・・と思っていたが、12時前には寝てくれた。ホッ。

しかし生活のリズムがメチャクチャだよ・・とほほ。

まあ1日くらいこんな日もあるよねって感じかな。

それにしても。夜11時頃帰ってきた義父には参った。

孫がまだ起きていてお風呂に入っていないと知るやいなや、
「じいちゃんと風呂に入ろう!!」とのたまった。

・・何時だと思ってんの・・。

しかし義母が「一緒に入ってあげて」というので、仕方なく息子の
パジャマを脱がせたが、息子は嫌がってのけぞりつつ大泣き。

風呂場から何度も呼ぶ義父。

「嫌がるからもうやめ!」と義母が言い、再びパジャマを着せた。

数分後、出てきた義父が「せっかくじいちゃんと遊びたかったのに。
ねえ〜」と息子に話しかけた。義母が「んな訳ないでしょう。
脱がせたら嫌がって泣いたんだわ」と言うと、義父は一言

「そんなことない!」

「ホントに泣いたんだっての」と義母。

「そんなことあるか」・・義父。

「呆れるわこのじーさん」・・義母。

・・私は笑うしかなかった・・ハハハ・・・。

孫と風呂に入りたかったらもっと早く帰ってこいと義母は言っていたが
まさに正論。

もーすぐ一緒にお風呂なんて入れなくなるのも知らず・・。

孫といられるのもあとわずかだぞ〜〜〜。

私の心のつぶやき。


2001年11月04日(日) お次は夜泣きじゃあ〜(涙)

どうやら1歳7ヶ月の息子、夜泣きが始まったらしい・・。

らしいというのは、毎晩じゃないから確信が持てないのだ。

今日も寝付いて1時間足らずでワンワン泣きだした。

なので、今日の日記は息子を抱っこしながら書いているのだあ。

息子はPCの画面や付けっぱなしのテレビに見入っている。

よく見たら眉間に引っ掻き傷が・・うっすら血が出てる。
泣きながらかきむしったな・・。まったくもー。

寝ながら泣くときは、一度しっかり目を覚まさせた方が良いようだ。
しかし昨夜はそうしようとして失敗。ますます大泣きの目にあった。

難しい。子育てって。ホントに。

******************

いやあ、また寝てくれました。

また泣き出すんじゃないかとハラハラ・・。

今日は午前と午後に散歩しまくりで、スーパーでも歩き回って
なおかつ昼寝してないから、さぞかしぐっすり寝ると思いきや・・。

思い通りにはいかないもんです。何事も。

しかし息子は人一倍歩く気がするし、我が強い気がする・・。

今のうちに手が掛かっておけば、将来手が掛からないらしいが、
ホントなら将来はさぞ楽できることだろう・・。

大変だけど、面白いことも多い。

お風呂でおしっこしたら、「あっ」と自分のオマタをじーっと
不思議そうに見たり・・。可笑しくて笑ってしまう。
もうすっかり冷めたスープを、私の真似をしてフーフーしたり。
缶詰をたかーく積み上げて自分に拍手していたり。
車の下に逃げ込んだ猫を見つけようと、車の下を覗き込んだり。

総ての仕草が可愛くて仕方ない。

何度もぎゅーっと抱きしめてしまう。頭の匂いを嗅いでしまう。
ほっぺにチューしてしまう。
息子は自由にならないので嫌がるけど。

親になるってスゴイことだ。

世のおとーさん、おかーさん、共にぐわんばりましょ〜。
でもって、世のこれから親になる方々、楽しみにしていてねん。


2001年11月03日(土) 寒くて退屈な一日

ううう・・ブルブル。
寒いなーもう・・・。

タイトル通り、今日は一日家にいて、退屈な一日だった・・。
一日を無駄に使ってしまったような、もったいない感じ。

午前中から雨が降ってきて、寒い寒いとぶつくさ言ってばかり。
息子はついにトレーナーを着せられ、パワフルに遊びまくる。

家の中ばかりだったので、とーぜん昼寝は無し。

今日はこちらもそのつもりだったので焦らなかった。

おまけに義母は遊びに出かけ、義父も一日居なかったので、
一日3食二人だけ。

息子が寝てから義母が帰ってきた。

「お帰りなさい」と言っても無視。

どっと疲れる・・。


義母の話はやめにして、物件の話。

やっと逃げ場が見つかったと思ったのだが、思ったより話が前に
進まない。

例の境界線の話がこじれているらしい。

隣のばーさまが頑固者でもめているようだ。

今月末までこちらは待ちますということにしてあるので、今月は
ひたすら待つのみ。
で、それでもダメだった場合、この話はご破算になる。
その場合、仮契約の前金は倍になって戻ってくる。

はーあ。

前厄のお払いまだしてないからなあ・・。

年内に出られないかもしれない・・。

年越したらすぐにダンナの3回忌だ。

母は3回忌には出たくないと言ってる。

今年の盆に、母はお参りの時間に遅れたのだが、そのせいか義父母の態度が
やたら冷たかったらしい(私は気づかなかった)。
「もうあんな態度取られるなら行かない」とぼやいていた。

母としては「こっちは被害者なのに・・」という気持ちがあるようだし。

とりあえず3回忌が終われば当分無いから・・と言っておいたが・・。

ホントにダンナは、どれだけの人を苦しめれば気が済むのか。

自殺はあまりに多くの人を傷つける。

あの世でよーく反省しろ。バカ。


2001年11月02日(金) 涙ぐましい努力の結果は・・・

最近、天気良いなー。
それだけに朝が寒いよー。

今日は、何とか息子を昼寝させるぞーと思い・・・。

午前中にまず散歩。たっぷり1時間歩きまくる。坂登りまくる。
私が疲れて、嫌がる息子を抱きかかえ帰宅。

午後、車に乗せて市民公園へ。
公園でまた散歩。

しかし・・。

あまのじゃくな息子・・公園から出てどんどん歩いて行ってしまう。

あのなあ・・公園に来た意味ないじゃん・・。

で、1時間歩いて公園に何とか戻り、再び嫌がる息子を車に乗せて
しばらく車を走らせる。

チャイルドシートではよく寝ることが多いのだ。

予想通り、家に着く頃に息子は寝ていた。

やったー!!今日は夕方になる前に寝かしつけたぞー!!

こみ上げる嬉しさをこらえ、抱っこしていた息子を布団に下ろした。


すると!!!


息子、起きあがって大泣き・・・。


おいおい・・・。


いつもならそのまま寝てくれるじゃないのよ・・。

なだめても抱っこしても時すでに遅し。
息子の泣き叫びは酷くなるばかり。

私が泣きたいよお〜。


もう寝かしつけるのは諦めた。

息子はすっかり目が覚めて遊びだした。

もー知らない・・。


でも、今日は夕方になっても寝なかった。
急いで夕食を食べさせ、お風呂に入れた。

午後7時。よっしゃ、もういつ寝てもええで〜。

しかし入浴中に帰ってきた義母の機嫌は悪かった。

何と私が入浴中に黙って脱衣所にまで入ってきてビックリ。

やだなー。

お帰りなさいと声を掛けてもぼそぼそ返事をするだけ。
まあいつもは無視されるから今日はまだマシかな。

今日は義母の荷物を郵便局まで持って行って出してきたのに・・。
義母は明日遊びに行くことで頭いっぱいみたい。
来週は北海道、再来週は平湯温泉、勝手にいっといで。

今日はもう義母の顔も見たくないし声も聞きたくなかったので
息子とさっさと2階に上がった。
息子はすぐ寝るだろうと思いきや。

寝ない。

おいおい・・。

結局嫌がりつつ寝たのは午後9時過ぎだった・・。

まあ昨日よりは早いけど。昼寝してないにしては遅い気が・・。

これで夜泣きがあったら気が狂いそうだが、たま〜にしかないから
まだ助かる。

いろいろ努力して頑張っているが、義母は知らんぷり・・。
息子の出したオモチャを片づけてくれたこともない。
息子の世話はほぼ100%私一人。

同居ってこんなもの??

もういいけどね。義父母にはなーんにも期待しないから。
ダンナに期待して痛い目にあったから。学習したのよこれでも。

しかし近所の人は「いつもおじいちゃんと散歩してるねー」と
息子に声をかけることが多い。
「いつも」だあ?????
おいおい、義父と散歩なんて1ヶ月に1回あるかないかでしょーが。
それ以外毎日私が散歩させてるっちゅーの。ムカムカ。

ついでに、も一つムカムカ話。
息子と散歩していると、見知らぬ人に声を掛けられることが
よくあるのだが、どーしてみんな、
「まだ一人目?」
「二人目は??」
って聞くわけ???
「一人なんてダメダメ、はやく二人目作らないと!!」と
スーパーのオバサンにまで言われる始末。
「ダンナ死んだから作りたくったって無理だよっっ!!」と
言いたいのをグッとこらえたよ・・。

ホントに、言葉のナイフで刺さないで・・お願い(涙)。
それでなくても血がどんどん流れてて止まらないんだから・・。


2001年11月01日(木) 昼寝しておくれええええ

息子が昼寝してくれない。

やっと寝るのが、夕方から夜にかけてなので、当然のごとく就寝が
どんどん遅くなっている。

今日は23時10分に寝た。
んもー、日記書くのに日付越えちゃったじゃないのよお。

夜は貴重な自分だけの時間なんだけどな。

朝から昼まで、外で他の子達とガンガン遊びまくると、何とか
昼に寝てくれるということが分かった。分かったのだが・・。

そんなこと毎日出来るわけないっしょー!!

なので、二人で散歩したり庭で砂遊びしたりして、何とか息子を
疲れさせようとしているのだが・・。

寝ない。

変わりに私が力尽きて寝る。

1歳児だから疲れ知らずなのかもしれないが・・参ったなーもう。

寝てくれないとお風呂掃除も部屋の片づけも出来ないじゃないよ。

催眠術かけて寝てくれたら良いのになー。

「あなたはだんだん眠くなる〜〜〜〜」なんて。ははは。

息子が寝ないせいで、便秘になってしまったし。

だってトイレの中にまでついてくるから、ゆっくり座ってなんて
いられないのよ。いきむなんてもってのほか。

息子が寝ているときこそ、ゆっくりトイレに入れるのに・・。

息子よ・・。親孝行したいと思うなら寝てちょーだい。

んなこと思うわけないって>自分・・。


りとる |MAILHomePage

My追加