**Secret**..miho
*初体験!!
2009年05月28日(木)
今日は貴重な貴重な中休み
明日と明後日はお仕事だから、
本当は体力温存の日だけど、
ある大事な用事が入ってしまい…

ドキドキ初体験してきました(*>_<*)

そう、それは…

今月の9日にもお話しましたが、
初めて「乳腺外科外来」という
未知なる世界に行って来ました

昨夜は緊張して眠れなかったよぅ
ピークの時と比べたら、だいぶ、
痛みも和らいできたので、もう
行かなくても大丈夫かなぁと思ったけど、
せっかく紹介状も書いて貰ったし、
貴重な機会だから勇気を出して!!

そう言えば、何時からだったっけ
予約表を探しても見当たらず、確か、
朝一番で早かった印象があったので、
いつもの通勤時間と同じ時間に出発
本当は休日なのにヘンテコな気分。。。
ポシェットだから荷物が軽くて楽チン
お仕事用のバッグは重たいからねぇ(^〜^;)ゞ

今日は雨が降りそうだったので、
ボロい日傘を差して行きました。

ちょうど外来が始まる9時前に到着して、
予定表が出る機械に診察券を通したけど、
初診の画面が表示されておかしいなぁ(゚-゚;)
とりあえず受付窓口に直行してみると…

「予約受付されてません。」って

そんなはずはないよぉ〜(T△T||)
9日に神経内科の診察を終えた後、
「28日に」って予約を取ったのに…
それで紹介状と問診票を見せたら、
「ちょっと調べます…」と言われ、
とりあえず当日予約となりました

後から看護師さんに聞いたら、
「こちらの手違いでした。」って…
せっかく早起きして来たのに
一応、優先して貰えて、予定より、
1時間ほど遅れて診察でした(-.-;)

緊張のあまりか、お腹が緩々になり、
何度もトイレへ行っちゃったよ(≧_≦)
いつもは神経内科で内科専門だから、
外科の外来病棟には慣れずソワソワ

乳腺だけあって、若い女性が
多いのかなぁと思っていたら、
お年寄りやおじさんおばさんが多く、
神経内科と大して変わらないじゃん
若者は変に目立って恥ずかしいよぅ

乳腺外科は外科の一部なので、
周りには脳神経外科とか他にも
色々な専門の科がありました。
懐かしの呼吸器外科もあったよ☆

なぜか、9日に診察して貰った
神経内科のハンサムなお医者様も
担当に入っていてビックリ
呼吸器外科と神経内科の関係って、
私の病気以外にもあるのかなぁ?!

それと、よく目に付いたのが、
「がん」という言葉…
外科では癌は身近な存在なんだね

設置された雑誌やパンフレット等を見ると、
癌との上手な付き合い方関連のものが多く、
本人である自分自身は言うまでもなく、
家族やパートナーや子供との関係とか、
抗癌治療とか…あと、乳癌の患者さん用で、
人工の胸パッドとか下着とかウィッグとか…

見ていたら何だか涙が出てきました。。
普通に日常生活を送っている人には、
到底知り得ない世界だなぁと思って…

初めて心療内科(精神科)へ行った時も、
とても強い衝撃を受けてしまったけど、
今回も同様に強く心を打たれました(・・、)

世の中には、このような過酷な闘病生活に
直接関わりを持つ事のない人たちも大勢いて、
その方が安穏に生きられるかもしれないけど、
私は、自分自身が難病患者だからというのも
あるけど、そんなお気楽な人生は送れずに、
そんな自分の境遇を恨んだ事も多々あるけど、
苦悩や痛みを何にも知らずに生きるよりは、
はるかに人間的に高度な人生なんだと思うの。

今では苦悩や痛みに敏感になりすぎて、
心まで病んでしまっているけどね(^_^;)ゞ

その雑誌類の中には、やはり、
癌を患った事による鬱病などの
精神系のものも含まれていて、
それを読み入ってしまいました。

私は4年間ほど心療内科(精神科)に
通っていたけど、やっぱり、今でも、
程度はどうであれ鬱病なんだと思う。

その雑誌によると、鬱病の中でも、
典型的な鬱病を「大うつ病」と呼び、
几帳面で真面目な完璧主義の人に
なりやすいそうで私の性格そのもの

鬱病って「気分障害」とも言われるみたいだけど、
この呼び方だと何だか気紛れなワガママ病みたい

それで、近年の新しい型で難治性の鬱病のうち、
「気分変調症」という部類があって、何となく、
私はこれに属するんじゃないかなぁと思いました。

自分に自信が持てず、とても繊細で、
ちょっとした失敗でも気にしやすく、
人付き合いが下手で恐怖心を感じやすい…

まさに私にピッタリでしょ(+ー+*)ゞ
比較的軽い症状みたいだけど、
けっこう長引くみたいだよ。。

なんて、乳腺外科に来たのに、
鬱病のお話をしてどうするっ

それでは、お話を元に戻して…

ようやく10時半頃に呼ばれました。

女医さんを願っていましたが、
不運に男性のお医者様でした
しかも、お兄ちゃんにソックリな、
まだ若々しい同世代くらいの男性。

雰囲気は…『おくりびと』の
主役を演じた本木さんみたいな
ビシッとした真面目そうな人。。

最初に名前と生年月日を聞かれました。

診察は、ほぼ問診票の内容通りで、
9日に神経内科のお医者様が
入力してくれた電子カルテの内容を
しっかり読んで下さいました。

私の病気や手術の事も尋ねられて、
当時のカルテのスキャンも見たり、
2000年って、かなり昔の事だなぁと、
改めてしみじみ懐かしく思ったり。。

そして、診察の後は、恐怖の触診

上半身裸でベッドに横になり、
左右の胸をそれぞれ揉まれたぁ
ずっと目を閉じていました(>〜<*)

『おくりびと』のような手つき(?)で、
なんかマッサージされるみたいな感じ…

うーん…どう表現してみても
いやらしく聞こえちゃうよねぇ。。
やっぱり女医さんが良かった(T_T)

「痛いですか?」と聞かれて、
やっぱり、まだ痛みがあるみたい…
あんまり自分で触った事とか
ないから、痛くない状態がどうなのか、
それすらよく解らないけどね。。

一通り終えた後、私が
お洋服を着ている間に、
お医者様はパソコンで
何やら入力していました。

そして、再び席に戻ると、
「エコー(超音波)をしてみましょう。」って。
マンモグラフィじゃなくてホッ(*^。^*)
あれはかなり痛い事で有名だし、
乳癌検診の代表的な検査だもんねぇ

という事は、乳癌ではなく、
乳腺に問題があるのかなぁ…

診て下さったお医者様に
お礼の挨拶をして退室した時、
まじまじと顔を見られてしまった…
なんか気まずかったなぁ(-ω-;)

検査まで1時間あったけど、
大人しく待合室で待つ事に。

生理機能検査と言えば、
反復神経刺激検査ぶり
腹部の超音波なら初期の頃、
検査入院で受けたっけ。

乳腺の超音波の様子が
お写真で掲示されていたけど、
さすがに女性じゃなくて、
男性の患者さんでした
女性だったらセクハラだよねー
男性でも受ける検査なんだね。

検査技師さんは全員女性なので、
それは一安心でした(*´ー`*)

待合室では雑誌をパラパラ…
診察室の待合室とは違って、
『CUTiE』とかファッション雑誌も
置いてあって夢中で見てたよ
それは10代向けだったけど
でも、可愛かったなぁ(*^_^*)

そして、名前を呼ばれました。
これまた若い検査技師さんで、
名札の写真が初々しかったよ。
まだ研修生さんなのか、2人で
担当させて下さいって(・−・;)

最初は若い検査技師さん。
またまた上半身裸になり、
薄暗いお部屋のベッドで
横になってゼリーを塗られて、
超音波の機械をグリグリ

そのお部屋、けっこう広くて、
ちょっぴり寒かったです(>_<)
温かいゼリーも冷めてきたし。。

途中で今度はご年配の検査技師さんに
代わったんだけど、お部屋も移動して欲しいと
言われたので、再びお洋服を着て移動
そして、今度は手慣れた腕前で検査し、
近くで最初の女性が観察していました。。

超音波だから痛くないかと思いきや、
やっぱり患部らしき部分は痛かった
疑わしい部分だから集中攻撃されるし
それと、ずっとわきを上げっ放しに
していたから怠くなって疲れたよぅ

そして、最後に再び、また、
お部屋を移動して欲しいと
言われて渋々移動して検査。。
かなり振り回されてグッタリ

無事に終わったものの、
検査結果を聞く時間まで、
2時間くらいありました
もう1日がかりだなぁ(;--)=3

まずは病院の地下でゆっくりランチ。
亡くなった静岡のおじいちゃんおばあちゃんと
似たような雰囲気のお年寄り夫婦と
相席になって何となく和みました(^^)

それからブラブラ売店に寄って、
ちょっぴり立ち読みとかしたり。

そう言えば、いつもの癖で、
当たり前のようにマスクをしていなかったよ
売店のマスクも簡易用しかなく、
長時間病院に滞在していたけど大丈夫かなぁ
さすがに少し不安になりました

病院に売店で密かに楽しみなのが、
変わったお菓子を発見する事(^_-)-☆
気になっていた北海道シリーズ

トップのお写真参照♪♪

前回は牛乳キャラメル&ジンギスカンキャラメルを
買ったけど、ジンギスカンキャラメルはダメでした
一口食べて気持ち悪くなって吐き出しました(T△T||)

牛乳キャラメルは美味しかったので、
今回もリピートして、それプラス、
バターキャラメル&練乳キャラメルも
やっぱりキャラメルはミルク系がgood
カロリーが高そうだけどねぇヾ(;´▽`A``

それから、ドトールの
コーヒービーンズチョコも発見
カフェラテと一緒にプチおやつ
いつもは温室でぼぉ〜っとしているけど、
今日は、セントラルパーラーにしました。

入院中、よく眠れない夜に、
今は亡き病棟仲間のおじちゃんと
一緒にお散歩していたなぁ…
まったり落ち着けました(*^_^*)

ドトールチョコの感想は…
ホワイトチョコ&普通のチョコの
甘いチョコの中に苦いコーヒー豆が
そのまんま入っていたよ!!
外側は甘っとろく中身は苦い大人の味
その調和にハマりそうでした(o^∇^o)
なかなか見かけないお菓子だよ〜

そして、14時になったので、
ボチボチ診察室の方へ移動。
やっぱりご年配の人ばかり。
だんだん疲れて飽きてきて、
大人しく座って待ちました

そして、14時半頃に、
今度はおじいさんのお医者様に
検査結果のお話を聞きました。
部長先生かなぁ…威厳がありました。

初めて自分の胸の超音波画像を見たよ

昨日、たまひよの新商品説明会で、
たまちゃんの可愛いメジャーつきの
超音波アルバムを見て、あまりの
可愛さに絶叫したばかりだったけど。。
自分の赤ちゃんの超音波画像なら、
さぞかし嬉しくて感動するだろうなぁ…

私の胸の超音波画像は、
最初は何が何やらサッパリ
何となく胸の形は判ったよ。

そして、レントゲンでも何でも、
白い影は危険だと知っていて、
今日の画像にも白い影があったけど、
それは薄い脂肪の層みたいで、
特に癌化する心配はないみたい。

ただ、痛みの原因でもある、
黒い大きなボツボツがクッキリ…
小さな点々ではなく、明らかに、
不自然な丸くて大きな黒い物体!!
痛みのあった右側だけじゃなく、
左側にもいくつかありました。。

その正体は…

水疱みたいです(゚-゚;)
えっ、お水?!
私の胸の中にお水が溜まってるの

脂肪じゃなくてお水だから、
画像には黒く映るんだって。
脂肪は癌化しやすいけど、
お水だから大丈夫らしい…

普通は、生理の副作用とか、
妊娠した時に胸が張って痛くなるのが、
この水疱によるものだけど、
それ以外で現われるのは変みたい。。

なんでだろう…?!

やっぱりホルモン異常が原因なんだ。。
お薬か病気のせい?体質のせい?
女性ホルモンが活発なのかなぁ
閉経した女性にはないみたいで、
この先もなくなる可能性はあるけど、
存在している間は痛む事もあるって

有害ではないとは言え、
そんなヘンテコな物が
胸の中にあるのは不快だよぉ

「また痛みが気になったら、
超音波を受けに来て下さい。」
サラリと言われただけで、
診察が終わったんだけど…

原因が判明してホッとした反面、
不安要素が増えちゃったよぅ(;_;)
何だか怖くて胸を触れないし、
変にかばっちゃいそうで違和感
痛い時は熱も帯びるから怠いし…

あんまり気にしないのがベストだよね

気になる医療費ですが、
たったの1260円でした
初診で検査まで受けたのに、
こんなにも安いんだぁ!!
神経内科から行ったからかなぁ

おうちに帰ったのは16時前…
グッタリ疲れ果てちゃったので、
夕食までお昼寝をして休養

明日と明後日はお仕事なので、
また気合いを入れて頑張らねば
ちょっぴりモヤモヤだけど(_ _。)

今日も長くなっちゃいましたが、
今日の外来レポートでした(^_-)-☆

ふぅ〜ばたん。。。
*予約外外来
2009年05月09日(土)
今日はシャレにならないくらい暑くて、
何だか熱中症になっちゃったみたい(>_<)
倉敷で最高気温28℃とか、もう夏だよ
そろそろクーラーを付けようかなぁ(-.-;)

昨日の日記にも書いたように、
今日は病院へ行って来ました。

とても久し振りな予約外外来

土曜日は当日受付時間が
10:30までなので早起き

昨夜もなかなか眠れなくて、
睡眠時間はたったの4時間
それだけでも体調を崩すよ…

パパが病院まで送ってくれました
最初、ママが一緒に診察に付いて来ると
言うもんだから呆れちゃったよ(゚-゚;)

心配してくれているのは嬉しかったけど、
「大丈夫?ちゃんと一人で説明できる?」
…思いっきり子供扱いなんだから(>〜<*)

病院へ行くのは慣れっこで好きだけど、
久し振りの予約外外来でドキドキ緊張

今まで予約外外来へ行ったのは、
大学時代、反抗して免疫抑制剤を
飲まずにいたら、ママにバレて、
主治医に密告されて「今すぐ来なさい!」
って言われて怒られた思い出が

「そんなに私の言う事が聞けないなら、
他の病院に紹介状を書こうか?」とまで
言われて哀しくなったのを覚えてるよ

私は病院では厄介な問題児だったのだ(^_^;)ゞ

ただでさえ難しいお薬なので、
お薬を勝手に辞めると命に関わります。
良い子はマネしちゃダメだよ

あの頃は、むしろ死にたかったから、
死ぬ事が怖くなかったのです。(異常)
他にも様々な悪事を…(ーー;) (秘密)
でも、今はそんな事はしていないよ☆

あと、動悸が苦しくて、
主治医に診て貰ったら、
循環器外科に回されそうになり、
恐ろしくなってそのまま帰った。

それ以来、息苦しくなったりするのは、
病気の症状だから仕方がないと悟った。

病院へ行っても無駄骨を折るだけだと…

私の病気は治らないんだと思い知った。

当日予約を取るのは簡単でした。

私の病院では紹介状のない初診は、
別途保険外併用療養費として、
4150円の負担が義務づけられています。
ちょこっと近所の町医者へ行くような
軽い感じで誰もが受診しに来たら、
本当に重症な患者さんが困るから…

ただでさえ大きな中核総合病院なので、
予約していても待ち時間が3時間とか…
急性期医療病院として当然の事だけど、
それにしても高くなったなぁ( ̄〜 ̄;)
確か、数年前は、まだ2000円くらいで、
それでも高いなぁとか思っていたのに

私は神経内科のベテラン患者なので、
余裕で受診できたけどね(*ゝω・)v
今日の診察料はたったの210円でした

ただ、外来に掛かっているとは言え、
今日は当日予約で初診扱いだったので、
問診票を記入させられました(+ー+*)ゞ

問診票を書くのも久々で新鮮でした。

「大きな病気に掛かった事はありますか?」

はい。

「その病名は何ですか?」

重症筋無力症。

バリバリ神経難病じゃーん

その中でも最後の設問に目を引かれました。

「万が一『神経難病』や『癌』だった場合、
あなたは告知される事を希望されますか?」

うっ…なんて重たい設問なんだぁ
初めて受ける人にはキツすぎるよ。。

癌の場合はよくある質問だけど、
今では神経難病でも聞かれるんだねぇ。。
私なんてそんなの尋ねられた事もなく、
何の躊躇いもなく告知されたよ(゚-゚;)

検査入院して検査結果が出る頃、
私が病室でお昼寝をしていたら、
目を覚ますと目の前に主治医が居て、
ずっと私の寝顔を見てたみたい。

それで、大きな溜め息を付いて言ったのだ。
「難しい病気だったよ。これから大変だぁ〜」

それから、付け加えるようにオマケで、
「お顔も今以上に丸くなるよー」って
ステロイドの副作用のムーンフェイスの事…
今以上にって…どうせ丸顔だもん(*>_<*)

具体的に病名を知らされたのは、
後から両親の口からだったけど…
当時、私はまだお子様だったから、
両親が保護者として威張ってたよ

そんな事を懐かしく
思い出しながら待合室へ。
やっぱり前より空いてる〜
ほとんど他病院から
紹介されて来た人ばかり

土曜日の神経内科は、
お医者さん2人だけ。
今日は主治医の担当ではなく、
違う先生だから不安…

でも、その2人のうち、
1人は主治医と同様に、
入院当初からいらっしゃる
貴重な先生で、幸いに、
その人に当たったから良かったぁ

本当は女医さんが良かったけどね…

その先生は、入院時代は、
まだ20代だったんじゃないかな…
神経内科病棟の中で最も若くて、
そして、ハンサムでした(^^♪

(※私はイケメンよりハンサム派)

詰め所や回診で見かけるくらいで、
直接、関わった事はなかったけど、
私も病棟内で最年少かつ難病患者で、
1年も入院したから有名だったよ

最初、インターンの研修医かなぁと
思っていたけど、ずっとこの病院で
勤務されていたんだなぁ(*´ー`*)
主治医は当初から部長先生だけどね☆

というわけで久々の対面でした(゚∇^*)
照れ臭くてお顔を見れなかったけど、
立派な医師になられていました(^o^)
左手の薬指にはゴールドの指輪がキラリ
相変わらずハンサムなオーラたっぷり♪♪

それで、余計にドキドキ緊張
先生は、お年寄りか子供に話すみたいな
喋り方で何だか滑稽でした(;´▽`A)
私も相変わらずおこちゃまって事?!

肝心の問診ですが…

久々に再会した若くてカッコイイお医者さんに、
胸がどうとか説明するのは死ぬほど恥ずかしい

一言「胸が痛い」と言ったら、
色々いっぱい尋ねられてきて…

「胸って、肺の事かな?
それとも、胸腺の手術をした
跡が痛くなったって事?」

いや、そうじゃなくて…(>_<)

ううぅ…どう言ったら、
いやらしく聞こえないんだろう
デリケートな女の子に
こんな事を説明させるなんて(ToT)

しばらくもじもじ悩んだ後で、
「あの…胸そのものが痛くて…」
よしっ、これなら大丈夫でしょ

すると、「ああ!」と叫び、
「それなら違う科ですね。」と
突き離されたかと思いきや…

お年頃の女性だからとか、
生理前後になりやすいとか、
しこりだとか乳腺だとか、

いやぁ〜そんな生々しいお話はしたくないよぉ

とかパニックでオロオロしちゃった一方で、
お医者さんって大変だなぁと客観視したり

それでも、ちゃんと、
私が神経内科を受診した事にも
親身に言及してくれました。

「病気が悪化したんじゃないかって、
ずっと不安だった…」と言ったら、
「大丈夫だよ。MGとは関係ないよ。
きっとホルモンの影響じゃないかな?」と
優しく励ましてくれて涙が出ました

お医者さんの前で泣いたのも久々だぁ(・・、)
本当にいい先生で甘えたくなりました。。
つい張り詰めていた心が緩んじゃって…

やっぱり包容力のある大人な男性は素敵です☆

それで、また後日、
その胸の痛みを診て貰うために、
「乳腺外科」外来へ行く事に…
紹介状を書いて下さったから、
初診料4150円は払わないでOK

そんな科があるなんてビックリ
名前からして生々しくて嫌だぁ
まだ婦人科の方がいいよぅ(>_<)
しかも外科って…恐ろしいよぉ

そこの外来は曜日と時間が決まっていて、
お仕事の都合もあるので予約は3週間後…
そんな先で大丈夫なのかなぁ(。>o<。)

この期に及んで、
「じゃあ、来週の月曜日で」とか言えない
私って、バカとしか思えないよ…
早い方が良いに決まっているのに、
どうしてもお仕事を休めなくて

もうよく解らない

何となく家に帰りたくなかったので、
しばらく院内のベンチに座って、ぼぉ〜
すると、心配症のママからメールが…

「今から買い物に行くついでに病院に行くから。」

結局、来るのかよっ
まったくもう〜〜〜
放っておけないのかしら??

とか言いつつ、一人で淋しかったから、
迎えに来てくれるのは嬉しかったり(^^)
ちょうど会計していたら後ろにママが

その後、せっかくだから、
ランチを外食しようって♪♪
私を元気づけようとしたのかな

パパがパスタを食べたいと言うから、
私のお気に入りのカフェへ行く事に

そこはカップルor女の子同士で
行くようなオシャレなお店だけど、
たまには家族連れでもいっかぁ

私とママはともかく、
オジサンのパパは、
場違いな気がしたけど
食べるのも馬だしなぁ

キョロキョロと観察ばかりしていました

オーダーにマゴついていたので、
私が代表で注文しました(*^。^*)

私のランチメニューは…



旬の春野菜ぺぺロンチーノ
ハム&トマト&卵パニーニ
和風サラダ(トマト&大根&水菜等々…)
具だくさんのコーンスープ

ここのランチはホントに盛り沢山で、
これだけで850円とはお買い得(o^∇^o)
見た目もワンプレートで可愛いよねぇ

パスタの中にタケノコが入っていて、
珍しくて美味しかったよ(*'ー'*)♪
お野菜がゴロゴロで手作りっぽいよ〜
栄養面にうるさいママもご満悦です☆

私とママは同じメニューだけど、
パパはトマトソースのパスタで、
パニーニじゃなくホットドック☆
ペロリとたいらげちゃった(^▽^;)ゞ

そして、デザートは…



パッションフルーツケーキ
アイスコーヒー
コーンフレーク入りソフトクリーム

これも見た目がカワイイじょ
お皿のジャムのトッピングも☆
ケーキ、大きすぎて半分でも良いくらい
何種類もあって選ぶのに悩んだよ〜

全部は食べ切れなくて、
ちょこっとずつパパに
お裾分けしました(^m^*)

ちょっとしたバイキングみたいに、
色々な物を食べられて楽しかったぁ♫
オシャレなカフェって居るだけで
雰囲気も味わえるから最高だよね(^^♪

今日は両親と来るのは初体験だったけど、
パパもママも満足してくれて良かったぁ

アンケートにも答えたんだけど、
パパが意見欄に、
「テーブルがやや小さい」と
書いていて納得
テーブルの上がお皿で溢れ返っていて、
ちょっぴり窮屈だったからね(・・。)ゞ

でも、全ての項目で、
「大変良い」に丸をしていて、
私まで嬉しくなっちゃったよ
また行こうねって話しました☆

その後は生協でお買い物をして、
おうちに帰ってグッタリお昼寝
おうちの中なのに暑いよぅ(×o×)

今日はヘトヘトに疲れちゃったけど、
病院へ行って少しは落ち着きました。

明日はゆっくり休養しなくちゃー!!


P.S.<今日のトップのお写真>
病院の売店で見つけた面白キャラメル
なんと、ジンギスカン味だって('◇';)
北海道オリジナル札幌グルメシリーズらしい。。
何だか食べるのがビクビクだよヾ(;´▽`A``
甘いの?辛いの?こってりなの?!
m a i l



My追加
* HP *  * mail *  * new *  * old *  >>   * menu *  <<