since 2003

みけねこ庵

INDEXpastwill
2006年12月29日(金)  2006年を振り返ってみました。

 ネタバレが平気な私は、iDコンのMCだけじゃなくセットリストもばっちり見てしまったので、旅のお供にMDにいそいそと編集作業をしました。
 その中に「mirror」と「Coward」もぶち込んで、もう何でもありーですよ。今年のKinKiさんを収集した一枚になりました。

 ソロ活動が活発だった二人について行った結果かどうかわかりませんが、私自身もとても活発だった一年でした。
 この引き籠り大好きな私が。
 客観的に見ればニートだったろうこの私が。
 どうにかこうにかお金のやりくりをして、たくさんお出かけしましたですよ。

 ちょっとリストアップしてみますと。

 1月、2月は大人しくしてました。SHOCKのDVDとCDに費やしましたけど。
 3月、米倉利紀ライブ、SHOCK観劇、エンドリライブ。
 4月、エンドリライブ。
 5月、あずみ観劇、エンドリライブ(2回)。
 8月、エンドリライブ。
 10月、ミラコン、米倉利紀ライブ。
 12月〜'07/1/1、KinKi Kids -iD-コン。

 今まで行っても年3〜4回(ライブより舞台が多かった)だったのに今年は11回ですか……。
 やはりエンドリさんのせいですね。何度も横浜くんだりまでよく行ったものです。
 でもおかげで一人で行動するのが平気になりましたし、人見知りなのにお友達ができましたし、散財もしましたが実りもたくさんあった一年でした。

 そして来年2月には、マリーアントワネット観劇と米倉ライブが待ってるし、春にはエンドリ地方ライブがある(んだよね? 西にも来るよね? 仙台は無理よー。伊達政宗ファンでもあるから行きたいのは山々だけど)。

 キンキさんと同様に外せなくなった米倉氏のライブ。
 どうも春と秋のツアーを毎年やることが定番になりつつあって、来年の春ツアーがあまりに早い決定でビックリしましたよ。
 エンドリさんと被らないかヒヤヒヤものでしたが(実際被りました;)、場所が場所なんで(エンドリさんの)すっぱり諦めて、ネット上ではきっとエンドリさんで盛り上がってる中、独り米倉氏にテンション上げてると思います。
 日記の内容がズレてても温かい眼で見てください(笑)。

 さて、今年を締めくくるキンキのライブへと明日向かうわけですが、年末だというのに年始に向けての準備がなーんにもできてません!
 つまり大掃除やら年賀状書きやらを未だやれてないわけで。
 いくら仕事関係ですったもんだやってたからって、こんなことでいいのかしら?
 何だか生活面で押さえとかなきゃいけないことをほったらかして出掛けてるって、ちょっとまずいよなぁなんて気になってきました。
 来年はもう少し計画立てて、節制しながら行動しなければと思います。まあきっとお金が続かないから必然的に我慢しなきゃいけないでしょうけど(すでにSHOCKを諦めてる;)。
 ただ10周年イベントは、あれば参加したい。じゃないと悔やみきれないと思いますし。
 エンドリさんも西に来るならできる限り出向きたいしね。

 ……来年もすったもんだしそうですわ。


 日記の更新は今年はこれが最後になると思います。
 携帯からも書けるので、もしかしたら31日に更新できるかもしれませんが、きっとバタバタしてるのでわかりませんけども。
 今年もマメに書くことができなくて、せっかく読みにきていただいても肩透かしを食らった方がいらっしゃると思います。
 サイトのほうも後半は更新が中々できませんでしたし、不甲斐ない限りでした。
 申し訳ないなぁと思うんですけど、結局はマイペースに自分が楽しんで続けることが一番だとも思いますから、こんな私の書く日記やお話でもよければ来年もまたお付き合いいただけると嬉しいです。

 それではみなさま、良いお年をお迎えくださいませv



2006年12月26日(火)  た、楽しそうだなぁ(泣)。

 iDコンが始まりましたね。
 昨夜も今も、PC前に落ち着くまでコンのことを忘れるくらい疲れる日々でしたんで、あんまりそわそわすることはなかったんですが、ネットをしだすと「初日じゃん! 大阪じゃん!」と思い出してしまいます。
 そーなるとレポ探しの旅に出ないわけにいかない。

 うわーんっ、めっちゃ楽しそう!

 セットリストは詳しく見てない、というか、それよりMCにばっかり集中して漁ってたんですが、何だかまあえらい仲良しさんだったようで、二人に飢えていた人たちは感無量のご様子。
 私も幸せになりたかったです。
 うん、年末までの辛抱だ。

 そんな中、今週の『どヤ』が二人とは露知らず、一応タイマーをかけてるので逃すことはないはずなんですが、つい最近の太一くんゲストの週と同じく、寝こけてしまい、OPトークを逃すはめになりました。
 気がついたら光一さんがしゃべってて、「ああ今週は光一さんなのね」と夢うつつに思いきや、剛さんの声も聴こえてきたもんだから一気に眼が覚めましたよ。
 二人なら二人と事前に言うてくれ(調べなさい)。

 あーそれにしても眠い。
 今夜は逃さず聴けるかしら……。



2006年12月24日(日)  去年の今頃は……。

 そっかあ、キンキコンに行ってたんですね〜。
 24、25と。んで26が追加になって悔しい思いをしたと(笑)。
 グッズを買うのに時間ギリギリになって走りまくったという、いつまで経っても学習しない慌しい会場入りをしたんでした。
 毎年大阪は法定休日だったと思うんですけどね。今まで一応行けてましたから。
 なのに今年は行くことが叶わずお留守番組です。
 でもおかげでなのかどうか、久々に年末に上京する決意をしましたし。
 結果オーライになることを祈りたいです。


 それにしても今年はクリスマスだ、大晦日だとかって、いつのまにか迫ってきちゃって、しかもそんな気分にならないのが変な感じです。
 頭では当然わかってるんですけどね。「ああ、クリスマスだ」って。今日もケーキ買いましたし。M-1グランプリ見ながら食べましたし(面白かったわ〜)。
 なのに実感がわかない(どういう感覚してんだろね)。
 たぶん大掃除してる暇もないんだろうなぁ。
 あっというまにお正月が過ぎて、いつもの日常になってるんだと思います。

 そんな来年も早々にキンキさんたちには振り回されてるんだろうなぁと思うと、楽しいんだろうけど、しんどいなぁ(←仕方ない本音)。


 兄弟が始まったんですが……。
 気のせいか剛さんの等身が長く見える。衣装のせいか、隣の「ザ・たっち」の双子のせいか。
 なーんかカッコよく見えるぞ〜(失礼な/笑)。
 珍しく光一さんが上着をはだけてる……いいですね。



2006年12月22日(金)  Mステ スーパーライブ2006

 4時間10分で43組ですか。
 長い! 多い!
 そんな中、キンキさんはほぼ等間隔の時間でお出になりましたね。
 何となく順番は『ベストアーティスト』と同じがいいかな、なんて勝手に想像していて、できれば三組とも中盤以降だと落ち着いて見られる、とも思ってました。
 何故か早く出てこられるのに抵抗があったりして。ほんと何となくですが。
 なので今回の登場順はちょっと意外でした。何かあるのかなぁと勘ぐりたくなったり。


◆ENDLICHERI☆ENDLICHERI

 ぴんくぴんく! しょっきんぐらめぴんく!
 奇妙奇天烈摩訶不思議、上等!ってなもんで、えらくカッコよく見えました。完璧に毒されてる自分がいるなと再確認。
 髪型も久々に刈り上げてるのを見て「可愛い可愛いv」なんて思っちゃうし、どっかネジ外れてるのかなぁ、私ってば。
 さらに歌に入った途端テンション上がる上がる!
 曲がれいんぼすたーだわっ、やったーv
 しかもインストから始まったー!
 メンバーが揃ってる〜(スティーブ氏がいなかったけど)。
 コーラスにりんこさんとCHAKAさんがいるじゃないのっ。
 上ケンさん、角いつ生えたの?(笑った)。
 もうほんとにこの曲大好きです。
 気持ち良くってたまりません。
 剛さんの喉が復活してて張りのある声がパシパシ弾けてましたね。
 これでライブ(KinKiコン)で歌いまくれば深みも出て、伸び伸びした歌声が聴けるだろうなぁとワクワクしてきました。
 いや〜、ちょっとも一回リピート、したいけど次に行きましょう。


◆KinKi Kids

 中盤で出てきてくれました。いい頃合い。
 二人とも衣装がシックになってます。剛さんなどシンプルにコンパクトに、でも頭にでっかいボンボンのボンだけ(つまり一個)みたいなのがついてます。
 その帽子を光一さんが楽しそうにさわってますね〜。お気に入りになりましたか。剛さんも気持ちいい帽子と言ってるぐらいですから。
 十周年企画にタモリさん誘って何するんでしょうね〜?
 Harmony〜のバックバンドは豪勢ですね。
 セットに映し出される照明(LEDってやつですか?)が綺麗で色合いが可愛かったです。
 ラストにツリーや「Merry Christmas」って出るのが雰囲気出てていい感じ。
 コンサートではどんな演出になるのかなぁ。


◆堂本光一

 Deep〜の衣装が今見ると寒い;
 でも今回はすごく二の腕に迫力あるように見えて眼が釘付けになりました。胸板もね! カッコイイな〜肉体美v
 トークはちょっとおバカさんなところが(笑)。
 何ヶ所回ったのかもう忘れたんですかい。ほんとに過ぎ去ったことはちゃっちゃと仕舞い込んで次の記憶を入れてるんですね。そんなたくさん行ってませんよ、タモリさん。
 「わからない」、「知らない」、「言わない」の三パターン。言い回しが可愛いです。
 GLAYの後だったので、どこで歌うのかしら? 中央のステージはちっちゃすぎるし、ということはバクステ?
 なんて考えてたら当然のようにバクステだったわけですけど、ちょっと狭いですよねー。というか、あんな間近で見られるお客さんがマジ羨ましいぞ!
 あの狭さなのでカメラアングルが面白くて「おお〜っ、近い近い!」と楽しませていただきました。かなりおいしかったと思います。


 最後の出演者集合の中にお二人いましたかね〜?
 映らなかっただけかな? 見なかった気がしますが。

 これで今年は終わりですね〜。
 なんて気分になってしまった;
 こちらでは来週『しんどい』のSPがあるのかな?
 何だかとっても面白かったようなので楽しみ楽しみv



 エンドリさんの3rdが来年2月に出ると決まったとか。
 今回は2枚買い決定かな。曲違いが面白そうです。
 地方巡業はいつからだろう……どこまで来てくれるんだろう……期待と不安がごっちゃごちゃです。



2006年12月21日(木)  歌ってるよ、踊ってるよ、脳内で。

 夜に見るお食事の番組は涎が出そうになります(←Vシュラン視聴中)。
 ますますストレスが溜まるよ。
 じゃあ見なきゃいいのにと思うでしょ? でも見たいのです。生唾飲み込んでも眼が離せないの〜っっ。悲しい性……。


 さて、先日お知らせしていたチケットのお譲り先は無事に決まりました。よかったです。ありがとうございました。

 近頃はIアルを聴いていると、脳内コンサートが繰り広げられてまして、1曲1曲に自分的イメージが固まってきました。
 あんまりイメージを固定させるのも、実際と比べて良し悪しを思ってしまってはよろしくないので、程々にしないとなと思ってるんですが、そんな……止まるわけない。

 パンセは基本、白いお衣装で差し色はブルーで、裾をふわふわっとさせてアイドル王道のダンスでくるくる回ってくれないかしらん、とか。
 藍色はベタにアラビア風にいくか、意外やカッチリスーツでしっとり踊ってみるとか。
 iDはシンメトリーなフォーメーションで、歌詞に沿わせた振り付けで、お衣装は黒がベースのエナメルライダースーツっぽいのでアクセとかはシルバー系、照明とセットは赤系統で、赤い布をドレープいっぱいに垂らしてみるとか(アルバムジャケが赤と黒ですから)。
 剛さんソロは照明に凝っていただいて、衣装はシンプルに紺のベルベットスーツで。アクセで派手色を持ってきたりとか。
 光一さんソロは何故か白いイメージがあって、照明は基本普通に白でレーザーをふんだんに使うとか、衣装は上半身はファーで。何故か獣なイメージが;(Deepとはまた違ったワイルドさを感じます)。
 あとBlack Jokeは……って、あんまり書きすぎるのはよくないかも。
 読まれた方に変にイメージが付いちゃってもいけませんものね(ここまで書いといて)。

 でも楽しいですねー。こうやって始まる前に色々と想像をめぐらすのって。
 光一さんソロは屋良くんが振り付けするそうで、これはものすごく楽しみですよ。『SNAKE』の振り好きでしたし。
 大阪は三日後に迫ってるんですよね〜。
 私が見られる日まではあと十日です。
 早い早い早い!
 ドキドキするなぁ。


 そういえば、しんどいSPって、こちらでは来週なのですね。
 いつもSPは関東と同じ日に放送してくれていたので、番組欄を見て、「何でないのーーっ」と叫んでしまいましたよ(心の中で)。
 で、やっぱり朝までってヤツは放送してくれないのね……。



2006年12月19日(火)  今年は最後まで波乱づくしの予感。

 あー泣けてくるわー(役者魂)。
 ベタベタな寂しさが沁みてきます。情緒不安定な証拠だ……。

 なーんて堕ちてる場合じゃなーーーい!(←気合い)。


 今日はTV誌とかアイドル誌とかを見てきました。
 Songsを見に行ったのに案の定なかった……。
 購入したのはstationのみ。
 こちらは毎年恒例なので、お写真がそうツボじゃなくても、毎回同じ構図の引きとアップの二点ものは、中々のコレクションになりそうだし、なんて思ってるのです。
 しっかし、(毎年だったかな?)フォーマルなスーツ姿なんですけど、今年の二人って「イタリアンマフィア!?」と思えるような風体してますね〜。貫禄さえ漂ってる。組織のツートップですな(←妄想爆走中)。
 ほほほ。よくこれでツボじゃないって。
 いやまあ“萌え”とはちょっと違うんですよ。
 ほんとは明星とかポポロのほうが可愛いし美人さんだしね。みょーじょーは迷ったなぁ。固く節制を誓ってなかったら即購入だったのに。

 stationのテキストに、来年の10周年について光一さんは「剛に期待してます」とおっしゃり、剛さんは「僕は夏! 夏に楽しいことをしたいかな……」とおっしゃってまして、そうですか、夏ですか。春まですでに物入りなんですが、夏も続きますか。いやはや来年もまた充実しそうですなー。出費が☆
 笑えなーーい;
 マジで堕ちてる場合じゃないわ。
 がんばりましょう。



2006年12月18日(月)  新堂本兄弟・・・テゴマス。

 つよっさん真っ赤。サンタですか?
 でも黒のハットにお髭も薄っすらで、フラメンコのギタリストっぽい(←感覚的想像;)。
 光一さんは白いニットですねー。ああ今ちょうど斜め後ろからの角度です(OPトーク)。背中と肩のラインが無駄なく綺麗。まふりゃーもお似合い(思わず訛りたくなった;)。
 なのに、せっかく美人さんなのにさー。「さやさやさやさや……」って(笑)。ここのところ最初から飛ばしてますよね。ぶっ飛びまくりですよね。何がそうさせてるんだろ……。剛さんの呆れたツッコミを待ってるのでしょうか?
 でもその剛さんもちょいと変ですね。「出してミルク?」って;

 手越くんは男前になりましたね〜。しかも長瀬くんみたいに大口開けて豪快に笑っとります。「マイボス」の番宣とか見てた時も思ったけど、全然臆しない子ですよね。ハキハキしゃべるしカメラ目線バッチリで眼力すごいし。だけど地味(笑)。
 めざましTVか何かでこのスウェーデンでの映像が流れた時に、衣装が白いシャツにベージュのジャケットだったんですよね、確か。
 爽やか好青年に見えはするけどアイドルなのにあまりにも地味すぎないか? と勿体無い気分になったのですよ。
 今回はマシかな? 黒で統一されてるけどブーツインだし。
 でもってそれを上回るというか次元が違うというか、増田くん……君がアニメキャラっぽいよ。その衣装。ピンクかぁ。ピンクでも全然よいのですが、ちょっと剛さんにコーディネイトしなおしてもらってはいかがでしょ?

 話をキンキさんに戻して。
 お年玉の話題で、剛さんに「いらない?」って聞かれ、「いや、そんな、あの〜」と戸惑ってる光一さんが可愛すぎます。うわぁ、ほんま可愛いv
 そんな可愛い時もあれば、しゃべりが被ってキレてる姿はチンピラです。股開きすぎです。でも面白いです。
 「テゴシです!」は「マイボス」の番宣で見ました。まだやってるんだ〜と、ちょっと感動したのを覚えてます。
 でも一回30万の使用料が必要なのですね。光一さん、突っ込むんじゃなくて同意してるし。「取っていこ」。

 しっかし光一さんはほんとオカシイ(笑)。
 「信じらんな〜い」って、どっから声出してんの;
 剛さんには「沈殿してる」と言われて、「毛穴から放出してます」って。TOMさんどついて正解。そしたら反省したみたいですね。「考え直そ」。
 ところが手越くんがえらい話題を持ち出してくれた!
 光一さんの眼が光った! すご〜いっ、キランッと星の効果がっ。
 そんな舌なめずりして乗り出さなくてもいいのに……。嬉しそうだなあ。
 あまりの勢いに増田くんが気圧されたのか、質問を忘れちゃったじゃない。しかも自分が原因なのに「何でミハエルが恥ずかしいんだ!」って、光一さん、ほんまオッサンです;

 女の子や恋のお話になるとキンキとテゴマスの違いが年齢ではなく性格の違いだとよくわかりますね。ほんとに早くから老成してましたなぁ。
 セーラームーンはあんまし見てなかったんじゃない? 剛さん。たぶんもうお仕事してたでしょうし。
 さらにコンビ愛の加減も大違い。というか種類が違うかな(種類って;)。
 カラオケの写真が出てきて、自分たちの歌の歌詞が映っているのを見て乗り出しております。
 剛さんはタイトル当てたのはいいけど、そのパートは自分やないの。
 たかみー、いいツッコミした。「あの歌詞も写真用なんだ」。
 手越くんの剛さんの真似、上手かったですね。特徴がよくわかる(笑)。

 歌は、この曲をまともに聴くのは初めてでした。
 た、武田くん、二の腕すご!(そこに食いついたか……)。
 テゴマス、じょうずですけど、そんなに眼を合わして歌うの? まるでケミストリー。
 同じデュオでも色々ですね。
 いつも個性ある歌声を聴いてるから、ちょっと物足りない感じがしますが、彼らは第2弾、第3弾と出してゆくのかな?
 それならまた違った曲調を聴きたいですね。

 光一さん、来年も頑張ってください。



2006年12月17日(日)  色気より食い気。

 キンキさんではなく自分のことです。
 いつまでも子供感覚な自分に呆れた今日という日。
 といいましてもそんな大袈裟な話ではなく。
 金曜日にオリスタを買いに行った時、Songsがなかったので、「うちは田舎だった……」と発売日が一日遅れることを再認識したんですが、今日美容院に行った帰りに寄ってこようと思っていたのに、帰宅して手にしていたのはシュークリームでした;
 美容院に行くと、その近所にあるケーキ屋さんについつい寄っちゃうのです。そういうときじゃないと行く機会がない町なんで。
 明日行ってもあるでしょうかね〜。あんまり部数置いてなさそうだから心配。買わなくても見ておきたいですからね。アルバムのライナーノーツとかありそうだし。


 オリスタ。キンキさん表紙v
 つよっさんがめちゃ可愛いです! 可愛いったら可愛いv
 心持ち上目遣いのくりくりした瞳にヤラレました。小動物だ。ぐりぐり撫で回したい。
 最近コンパクトなジャケ&コートが多いですね。パツパツに見えて思わず笑っちゃいそうになりますけど、意外や色気も出しているのですよ。腰のラインがね(おなかじゃないですよ/笑)。アルバムのジャケ写もそう。
 巻物がこれどうなってるんだろう?
 黒のフリンジのとカラフルな華模様のとは一対なのか、別なのを合わせたのか。色のポイントの置き方が似合ってますね。髪の赤い一房を含めてトータルに素敵です。
 対する光一さん。首元が寒そう!
 ファー付きコートなのに前を止めてないし、インナーも一枚だけだし、歩いてるショットが髪がなびいてるので風を感じるし、「わぁ冬やぁ」って思える(笑)。
 ダメージジーンズ。よく履いてますな。ワイルド感が出て好きですけども。
 髪がちょうど少しばかりカットした頃なのですね。このくらいがちょうどいいです。
 二人がベッドの上に寝っ転がってるのを見て、思わず「靴のまんま上がるのって抵抗あったんじゃなかろうか」と思ってしまった。ていうか、それは私のほうか。脱いでじゃダメなのかね〜? くつろいでる感じしないもの。

 テキストは曲に関してというより制作段階でのスケジュールやモチベーションの持っていき方とか取り組み方とか、二人のこだわりが窺える感じでしたね。
 それによって世間との対比が垣間見えた気もしました。
 まあ結論として、彼らに時間をあげて! ってことでしょうか(笑)。
 「できる限り」って言葉が出てくるってことは「物足りない」んでしょうからね。まだ突き詰めたいことはたくさんあるっていうことで、いつか「存分にやれましたよ」とニッコリ笑えるコメントが聞きたいですわ。
 ここまでタイトな時間の使い方をしているのに、彼らの忙しさと世間の認知度ってちゃんと比例してるのかしらねぇと、ちょっと考えてしまう。
 ただ私は自分さえ楽しめればいいという我儘人間なので、世間の評判がどうであろうと一向に構わないと思ってしまうんですが、でもその辺が彼らの仕事に直結する部分ですから、どうでもいいと言ってしまっちゃダメだしねぇ。
 むー。応援するって大変ですなぁ。
 とまあ、テキスト読んでてそんなことを思ってしまったのでした。

 質問のページでは二人とも簡潔すぎるなぁ(笑)。相変わらずですね。
 でも淡々としているけど面白かったです。
 全体を通して、何だかとても二人の中で充実感を感じる内容でした。しかもまだまだ先に何かがあるとも思わせてくれたし。
 この先も一緒に見させていただきたいです。彼らのビジョンを。



2006年12月15日(金)  i album -iD-

 やっとこさ馴染んできました(遅いなー;)。
 通勤時しか聴けなかったせいですけどね。
 でも昨夜、カウコンの電話合戦にまたまた敗北しまして(今回はけっこう早く繋がったのですけど既に遅し。いったい予約枚数はどれくらい用意してたんでしょう?)、やさぐれた私は眠くて遠退く意識の中、延々と聴いてました(バカですね)。
 おかげで? メロディが沁み込んで来ていい感じになってきました。
 今回の楽曲たちは私にとって一聴して「キターーッ!!」な直球ストライク曲はなかったのですが、じわ〜っと徐々にハマってくる感覚が気持ちよいなと思えてきました。
 やっぱりツボを心得てらっしゃる。
 それに一番印象的というか驚きだったのが二人の歌唱。特に光一さん。
 二人ともソロを経るたびに上手くなるし味が出るし濃くなるし? 何て言えばいいか、発声がしっかりしてきて表現力が増していくんですよね。
 うん。歌声に惹かれちゃったなぁ。益々。
 そもそも彼らにハマったきっかけは歌ですから聴き惚れないわけがなくて、こうして進化していくさまを追いかけて行けて幸せですわ。
 ではちょこっとずつ感想を書いてみます(シングルは省いて)。

01. 真冬のパンセ
 ラジオで聴いた時に「インパクトがない」とか色々書きましたけど、歌謡曲で育った身としては馴染み深いし好き系だったりします。当時のしかも女性アイドルが歌いそうな爽やかで可愛らしいメロディに、ドラマのように情景が映る歌詞と、キラキラしたアレンジが癖になります。アレンジはほんと懐かしすぎる。

02. 藍色の夜風
 メロディとアレンジがアラビアンナイト! なのに歌詞が東京! このギャップが素敵です。何処へ行くかわからなかったメロディについて行けるようになりました(笑)。
 光一さんに「〜さ」と歌われるとむず痒くなります。光一さんがよく言う、それこそ“青い感覚(青春)”を感じてしまいます。

04. iD -the World of Gimmicks-
 最初は“珍しいな”と思ってしまったのですが、しばらくこの手のサウンドはなかった気がして。光一さんのほうが得意そう。声にものすごくインパクトがありますもの。サビのハモリ具合が何とも言えず絶妙。
 コンサートではぜひヘッドマイクで踊ってください。サイバティックに情熱的に。

05. Love is the mirage ...
 こーれーはー、もう、剛さんの声にヤラレました。
 何でしょうね? この色気は。艶は。1フレーズで瞬殺されましたよ。恐ろしいわ〜。
 メロディは一歩間違えるとムード歌謡になってしまいますが、アレンジが幻想的に仕上がっていてカッコよい音が散りばめられてますね。

06. futari
 イントロ、間奏、アウトロなどオケが素敵。イントロはちょっと何かが出てきそうですけどね(笑)。
 繰り返すメロディは剛さんらしい。音が全体的に優しいですね。
 光一さんの詞はストレートでピュア。あんまり別れの曲には聴こえないんですけどね。記憶の彼方をさまよっている感じ。
 二人が作るとどちらのパターンでも上手く溶け合うものですね。ボーカル然り。

07. Get it on
 予想を裏切らない方です。テクノサウンドが華々しく展開されていて、変則的なメロディで気持ち悪さも出し(笑)、コーラスの美しさで飾りつくして、これに踊りまくる光一さんが見られればもうパーフェクトですね。

08. Black Joke
 最初イントロを聴いて「BoAちゃん!?」と本気で勘違い&驚愕しました。
 リズムアレンジがダンスミュージックなんですね。でもメロディはやっぱりマイナー調かな? キンキさんが歌うからそうなるのか、飛び跳ねた感覚はなくて切なさまじりのR&B。
 歌詞が可愛くてドキドキしますね。私は二人に当てはめることなく普通に受け止めてしまいました(オタなのに!)。

10. Parental Advisory Explicit Content
 久々のバリバリロックですね〜。全体通してカッコイイ。サビは特に。二人のユニゾンがよく揃ってるなぁと感心しきりです。
 歌詞はそんなに危ない?(←鈍いのかも;)。もっとエロくても(コラ)。

11. Night + Flight
 これも懐かし系。Bアルの曲たちと雰囲気が似てます。
 歌詞もメロディも二人の声もやわらかくて優しくて心地いいです。特にハモリとラストの半音上がるところ。


 飛びぬけた曲はないですけど、どれを省くことなく通して聴ける曲ばかりですね。ただシングルは『夏模様』だけ浮きますね。持っていきどころに悩んだだろうと思うのですけど、個人的には光一さんソロの後に入れて、『Black Joke』を『P.A.E.C』の後にしてもよかったかなと。
 まあそれだといかにも区切った感じですけど。
 でも『夏模様』は剛さんのボーカルが一番綺麗だと思います。
 そして通常盤の『Love is ...』は聴けてません。
 ……こういう時に限って評判よかったりするんだから;




2006年12月13日(水)  無事にゲット。

 もしかしたらタイトルが違ってるかもしれませんが。
 というのも、帰宅早々「Iアルが届いてないー!?」と愕然となっておりまして、もしや去年のHアル騒動が再び起きたのかと戦々恐々としていたのです。
 で、日記に文句タラタラ書いていたのですが、アップした後に「ピンポーン」とやってきましたのです。Iアルちゃんが。
 もう少し早く届けてくださいよ。すっかりしょげちゃってたじゃないですか(笑)。
 なので一度アップしていた日記は削除しました。

 ともかく届いてよかったです。
 安心したせいか真っ赤にコーティングされたアルバムを手にして、ちまちまぎっしり並んだキンキさんジャケを見てもほっこりした気分になりましたよ。
 ブックレットともども可愛らしかったです。
 ピンの写真が多いのが何とも残念ですが、AからHまでを表してるのが面白かったり、アングルがよかったりと素敵なショットがありました。
 剛さんの場合は花柄シャツで腰を捻った角度のアレです(笑)。
 しんどい写真集を見ていても思ったのですけど、剛さんはお洋服を着てるほうが身体のラインが艶かしいです。裸よりもエロい(てことはいつもじゃないか。裸のほうが普通滅多に見られないのに)。
 いやまあ服によりけりですけどね。
 光一さんの場合はやっぱりマフラーしてぬくぬく眠ってるアレでしょう。
 可愛い。覆い被さって眺めたい(いやんv)。

 でもほんと、できればツーショが欲しかったなぁ。
 これきっと別撮りでしょうね。表紙とかの赤スーツはもしかしたら一緒、かな? いやーどうだろ。

 DVD見ました。とりあえず一通り。
 確かにファンタジックストーリー的なPVで雰囲気は良いのですが、キンキさんの役割というか存在がよくわからない。
 ほんとに精霊なの?
 夢か現実か、あいまいな感じらしいですが、いまいちキンキさんの役が掴みきれませんでした。
 まあこの辺は妄想をフル回転すればええんやってことで(笑)。
 メイキングはやけに淡々とした撮影風景ばかりで、二人が絡まないというか会話がないのが寂しかったですけども、ラストのインタビューはそれぞれに面白かったです。光一さんテレテレですな。なして猪木顔?
 Hコンすのすの。
 ああコンサートだなぁって感じ。いいですね。やっぱりあの空間は。
 この時、剛さんは風邪引いてたんじゃなかったっけ?
 なのにすんごく声が出てますねー。ビブラートがこれでもかってほど震えてて。
 いやもう、その後のナイリバが見たい。アラベスクが見たい。雪白が見たい。以下続く。
 つーか全部DVDで出そうよ〜(結論)。

 CDも一聴しました。
 ん〜感想はまだ出てこない。もちょっと聴いてから書く気になったら書きます(こんなスタンスで申し訳ない;)。



2006年12月12日(火)  フライングゲッツ!

 とはいかず。
 初回だけにしてしまったので、あまぞんさんにご注文。割引に惹かれないわけがありませんから(溜息)。
 ありがたいことに既に発送メールが届いているので、明日には聴けるかなぁ。見れるかなぁ。メイキングとHコンSNOW!×3がはよ見たいよ〜。

 で、この間から『うたばん』の過去映像が見たくって、でもテープを漁ってる時間ものんびり見る時間もなくって、どうにかこうにか我慢していたのですが、思い出すたび「うがーっ」ってなるので、今から見ます(お〜い;)。
 そんなの見る前に、まだ見てない『しんどい』とか、書かにゃならん創作の数々とか、読めてない積読本とか、やることすることいっぱいあるでしょーーっ!
 見だしたら止まんないのに……。


 …………

 …………

 わぁv
 ルーキーのまこっちゃんだぁv


 『うたばん』過去映像、見たいのその1。
 「情熱」で出演した時の三本勝負のやつを探してたら『ルーキー』の番宣をやってる光一さんが出てきました。
 めざましにいいともに、おおっ、メントレだ!
 しばし見るv


 …………

 …………


 あ、違った。
 「手つなぎ」(←目的)はここじゃなかった。「僕羽根」か!
 遡りましょう(もう寝なさいよ;)。


 本日の『どヤ』は聴けました。
 「藍色の夜風」。メロディがどこへ行くのかわかりません;



2006年12月11日(月)  新堂本兄弟・・・伊藤由奈嬢。

 むー、昨夜も惨敗でございました。カウコンチケ。
 『ぴあ』なんか掛かったと思ったら別の予約が始まってるんだもん(泣)。
 厳しい世界だ。
 次は『Vシュラン』後ね。負けないわ!

 そんなこんなで本来なら兄弟の本編をちゃんと見てから電話してるはずが、『ラストサムライ』を見ていたもので、兄弟はついさっき見ました。
 ……こんなファンで申し訳ない;(だから繋がらなかったのか!?)。

 最近、兄弟の感想を書いてませんが、ちゃんと見ております。
 光一さんの壊れっぷりが回を追うごとに凄まじくなっているのが、面白いやら憐れやら(笑)楽しゅうございました。
 ついていけないと言いつつ笑顔いっぱいの剛さんがたくさん見れましたし。
 「好きな人がいたら好きな人しか見ないっすよ〜」発言は誰もが納得したでしょうね。まさに体現してらっしゃるもの、光一さん。
 ゲストを通り越して注いでいる視線を見てればね。二人だけになると横に向きっぱなしなのを見せ付けられればね。好きな人には一途なんだってことがよくわかります。
 「泣いちゃう?」とか「あげないよ!」とか、お子ちゃまな発言が可愛いのに、ビジュアルがまた絶好調に美麗でね。
 デスノのキラ、というか月はぜひとも光一さんで見てみたい。今ならまだ大丈夫(年齢的に)。映画にアニメってやったんだからドラマもやればいいのに。連続が無理なら2時間を前後編とか。どうでしょう?


 わっ、いかーん!
 『どヤ』を忘れてました。二人なのに。恒例の太一くんゲストなのに。
 気づいたときにはもう歌でした。
 明日は逃さないように……。



2006年12月09日(土)  かなしい むなしい せつない。

 「うれしい! たのしい! だいすき!」(by.ドリカム)といきたいところですが、そうはいかないカウコン電話合戦。
 第一回目は見事に散りました。
 今回5年ぶりの“年末東京行き”なので、カウコンも5年ぶり3回目になるのですが、当時も電話で取っていて一勝一敗の結果でした。
 '99年末は取れなくって現地で探したんですよね〜。とにかく入れたらいいからと必死だったのを思い出します。
 '01年末は前回の二の舞はイヤだとばかりに気合いを入れて参戦したらば友人ともども取れてしまい、今度は余ったチケを譲るのに苦労したという……(ネット環境になかったので現地で探した)。
 どちらも寒空の下で凍えながら頑張りました。
 そんな厳しい思い出のカウコン。
 今年は余裕の心持ちで楽しみたいと思っているのに中々そうはいきませんね。
 昨夜はとにかく繋がんないと納得できないとばかりに、しつこくかけて「終了しました」を聞いてから寝ました(笑)。
 ああ、かなしい、むなしい、せつない。
 やっぱり厳しいですね。たぶん30分以内に繋がらないと無理でしょうな。
 こちらでは今日の先行番組が放送されないので、すっぱり諦め。
 明日の兄弟後をまた頑張りますよ。
 それにしても一般電話と携帯のどちらが繋がりやすいとかあるんでしょうかね〜?
 昨夜は両方でかけまくったのですが、一般電話をこたつまで引っ張ってこれないのがつらい; さーむーいー。
 明日は携帯だけにしよっかなぁと思ってしまうのでした。


 「Harmony〜」のPVをちらりと拝見。
 地元のランキング番組で流してくれたのを見たのですが、さすがにフルとはいかず大サビ前で切られちゃいました。
 でも雰囲気は掴めたし、二人ともあんまり動かないですけどファンタジックな世界観がかなり好みです。色んなサイドストーリーが想像できますよ。楽しいなぁv
 ところがですね、さらに楽しかったのが関ジャニ∞「関風ファイティング」と今更ながら嵐「WISH」のPV。
 たまたま同じ番組で流れたのですけど、テンション上がりましたわ〜。

 関ジャニのは曲を耳にするたび頭にこびりついちゃって好き系かもしれないとニマニマ。おまけにPVはシックな衣装でセットで踊ってるだけという、これまたシンプルで楽しかったです。
 またTV披露しないかなぁと思ったのですけど、もう歌番組は特番だけでレギュラーがないですもんね。あんまりプロモーションしないのが悲しい。
 ただ関西ではちょこちょこ情報番組に顔を出してましたから、全部はチェックしきれなかったですけど、「ぷいぷい」とか「なるトモ!」を見て笑いました(笑うって;)。ヨコの不憫さが愛しいです。

 嵐の「WISH」は去年の曲ですけど、PVを見たのは今回が初めてで、とっても可愛かったのですよ。
 嵐メンたちは屋根の上で歌ってるだけで、下界の様子を見守ってる感じなのですが、その下界で過ごす人々が人形で表現されているのです。
 この人形たちが可愛いし、テーマはやはり恋物語でしかも告白。
 定番のストーリーですけど人形の仕草やあったかい雰囲気や嵐のみんなが様子を窺っているさまなど、ほんわかしてて和みましたね〜。
 最後はどうなるんだろうなぁ。やっぱりラストまで流してくれなかったのでガックリきたのですが、まあ想像がつくので「よかったね」と思っておこう(笑)。


 さてさて、アルバム発売までもうすぐそこですね。
 今回はあっというまでした。去年は待って待ってした気がしますが。たぶんアルバムの宣伝をほとんどしてないからでしょうね。あとはシングルとの間が短いせいかな。プロモーションに必死になってるうちに「あ、もう発売?」っていう感じ。
 初回、通常の両方を買うつもりが、とりあえず初回のみにしておこうと節約モードになってしまいました;
 それもこれも前払いが多いせいよ!(来年の分を今払うハメになるんだもん)。
 にしても2月!! どれもこれも2月に集中してます(行きたい舞台とかライヴとか)。困った!
 エンドリさんはいつだろう? ものすごく嫌な予感がするんですが……。



2006年12月07日(木)  2006 FNS歌謡祭。

 意外や一時間も経たないうちに登場したキンキさんズ。
 しかもキグルミのお嬢さんたちとご一緒です。
 何故にこの組み合わせ……と、ちょっとガックリきたもんですが、キャラものと絡むと、周囲を放置してしまう自由なキンキさんが見られるという定説に則り(そんなのあったかどうかのツッコミをどうぞ)、なかなかに面白いトークと、いちゃつきキッズを楽しめました。
 緊張しないお年頃の彼女たちには極々普通のお兄さんに見えるようですね。むー強敵(←?)。
 たらこキューピーに興味津々の黒ベレーの方は人の話を聞かずにずっと撫でまくり。感触が気持ちいいのかな? 何だかとっても嬉しそうですよ。たらこキューピーもウットリしてそうに見える……。
 そしてちょいワイルド系なお衣装に身を包んだ王子は、真面目に黒木さんの質問に答えてるのに相方がちゃんと聞いてくれないものだからオネエ言葉で訴えてます。
「あなた何やってんの?」
「ちょっとあなた聞いてる?」
 こ、こーいちさん不憫。でも楽しいv 腕かけてる、腕。
 剛さんが草くんを「剛くん」ゆってるのが珍しいなと思った。
 で、「こんばんは」は誰にゆったの?
 お知り合いが客席にいたのかしらね。

 歌です〜。
 チェン・ミンさんがいらっしゃるわ。兄弟の時もそうですけど、川井郁子さんに続き、よく出てらしたなぁ。
 チェン・ミンさんによって二胡という楽器を知ったので、個人的に思い入れのある方なのです。
 兄弟で披露したのと同様にCDとは違って二胡がかなりフューチャリングされてますね。間奏でもラストでも二胡の音色が加わってます。
 全体的にちょっとテンポが遅めかなと思いましたけど、このアレンジはよかったです。
 剛さんはまだ声が出にくそうでしたね〜。声を出すためか、やたらと動きが激しかったですけど、そのせいか真横に固定されることがなくって、怪我の功名ならぬ風邪の功名って感じ?
 サビのラストを光一さんに任せてましたが裏声のほうが出にくいんですかね?
 その光一さんもちょーっと声が収縮ぎみな気がしましたし、おまけに歌詞間違えちゃってる……。
 本人気づいてるのかなぁ? 案外言われて「そうだっけ?」とか言ってそう(笑)。
 そして今回の衣装は黒バージョンですよ。
 しかも剛さんはポンチョシリーズじゃない。
 特番はジャケットなのかしらね?(ベストアーティストは白でした)。

 まだ全部通して見れてないんですが、今回は小窓とか提供バックとかにキンキさんは映ったんですかね?
 去年みたいにジャニーズが出張ることはなかったのかしら?
 ちまちま映ってるのも楽しかったものですけど、別になかったらなかったでいいかとも思う……(←編集がめんどいから)。
 そういえば恒例(だったと思う)の『どヤ』の収録はあったんでしょうか?
 またWink upで写真が載るといいな。



 雑誌はTV LIFEを見てきました。アイドル誌はおあずけで。
 光一さんの「ホワイトボードにiDって書いて、以上! みたいな」のタイトルに関する経緯に惚れました。男前やなぁ。それでスタッフを黙らせちゃったのね。というと大袈裟ですが。
 剛さんへの「お大事にね」が可愛い。ほんとにこんなふうに言ったのかな(笑)。
 アルバム曲についてのコメントも興味深かったです。
 パンセがシングル候補だったのか〜。確かにキャッチーだけどインパクトあるかといえば首を捻りたくなるので、アルバム曲で充分な気がしますね。
 今日の『どヤ』でも流れましたが、この曲ほんとにアレンジが懐かしすぎる。このあいだは「'80年代歌謡曲」と書きましたが「'80年代アニソン」な気になってきました。
 他の曲も早く聴きたいですわ〜。
 やっぱり二人のソロ曲もあるようで。自作曲とは違って他人さまの作った世界観をどんなふうに表現しているのか、これはこれでまた楽しみv



2006年12月03日(日)  音楽戦士 + 雑誌諸々。

【音楽戦士・・・Harmony of December】

 明るいニュースは今回もないそうです(笑)。
 このコーナーけっこう好きですね〜。
 一度はキンキさんでメイントークに出てほしいですけど、この『二人だけを立たせてしゃべらせる』というシチュエーションがオタ的に一番楽しいので、これは毎回やっていただきたいです。
 今回もあいかわらず光一さんが右横を向きっぱなしで「構って〜」と言うてるようにしか見えない図でございました。
 「なんじゃねぇの!?」と投げやりになってるのが面白かったです。
 でもってやたらと身長差を感じたんですが、また光一さんの靴は踵が高い?(またって)。
 歌ってる時、靴を見てみたんですがよくわかんなかった……。
 あんまり感じない時もあるのにね〜。
 その身長差を活かして? 剛さんの帽子にちょっかいを出す光一さん。
 「コミュニケーションのとり方が変なんです」と軽くあしらう剛さん。
 KinKi Kidsやね〜と和む自分。
 楽しいv

 そして剛さんのポンチョコレクション。
 今回はざっくり編みのニットでインドラグっぽい柄(どないな例えやねん)でございます。
 今までと違って胸元を一点で止めてあるだけで鎖骨辺りが見えてます。黒のインナーが見えてる感じがラフで色っぽい。
 このパターンも好きですね〜。今まで「可愛かった」のがカッコよくなりましたよ。
 光一さんお気に入り?のニットのキャスケットが合ってるし、見えてる袖の柄柄模様も奇抜く見えずトータルバランスが良いですね。さすが。
 対する光一さんはトレンチコートに千鳥格子の細くて長いマフラーでインが白。
 カジュアル過ぎないところが品よく見せてますね。
 で、いつも思うんですけど、ジーンズの股上浅いなぁって(笑)。
 今回はまだマシかなぁ? ポッケに指を引っ掛けて歌ってるのを見てると何か気になっちゃって(←何を意識してるんだか)。
 いやはやこの度もハズレがないお衣装でございました。
 こんなに衣装について毎回感想を書いてるプロモーションってあったろうかと思いますよ。

 ……ああ、うたばんもっかい見たい(アホみたいにリピートしては幸せに浸れる)。


 雑誌はガイドと女性自身とStyleを立ち読みしてきました。
 はい、どれも買いませんでした。
 ガイドはいっぱい写真があってWピンナップまでありましたけども、どーもツボにこず、今回は見送りました。
 いや久々スーツでカッコ可愛かったですけどね。
 それよりは、やっぱり女性自身の二人の美麗さに「どうしてくれよう!」とワナワナ震えそうになりましたよ。
 でもねー、これせめてファッション誌だったらなぁと。媒体がよろしくない。表紙のツーショも素敵なのに週刊誌だから周りが邪魔だし、中の写真も紙がぺらぺらだし。なぜかそんなことにこだわって購入せず。
 もう光一さんのキリリとした美しさとか、剛さんのきゅるるんとした可愛さとか悶えずにいられようかってほどでしたけど、ええ、記憶に焼き付けました。脳内保管はバッチリだ。
 Styleの剛さんはうたばんの剛さんに似てる……。時期が同じ頃なんでしょうね。なのでやっぱり買おうかなぁと思い始めてたりします(笑)。



2006年12月01日(金)  Mステ・・・Harmony of December

 つよっさん……とうとう咽喉にきましたか;
 水曜日のベストアーティストでは鼻声すら気にならなかった歌声でしたのに。
 突然痛み出すこともありますからね〜。
 できることならしっかり養生していただきたいものですが、「ぼちぼち何とかするわ」的なテンションでいきそうですな。
 来週、FNS歌謡祭がありますしね、少しでもよくなってるといいですね。

 咽喉があれだけガサガサだと、もしや熱もあったのではないかと思えそうな剛さんは、OPから固まってます。表情がまったく動きません。
 あゆの衣装を品評している間、どこ見てんの?って感じで視線が一点集中してますよ(たぶんモニターでしょうけど。それかどこも見てない/笑)。
 その前にいる光一さんまで、あゆのドレスを見てんだか見てないんだか、ぽけっと突っ立ってるし。
 あの固まりっぷりはすごいわ。妙に感心してしまった。
 紹介されてやっと笑顔が見れました。剛さんはドリカムさんのほう見て笑ってるのね。
 そのドリカムさん歌前のコメントを聞いて「あら〜声がえらいことに;」と発覚されたわけですが、「ノリにのってますから」というボケが出て、ふにゃっと笑ったのにほっこりしましたよ。
 そして光一さんは……。
 トークの時、やたらとロングカーデの裾が気になるようで、何してんのかなと思ったら、剛さんがお尻に敷いてたみたいね。引っ張ってますよ(笑)。
 お話は省エネ光一さんはご飯に興味がなくて舞台上では京本政樹になるらしいってことと、紫スパッツの剛さんは志茂田景樹と比較されるのを承知しながら履き続けているという、そういうことでいいのかな?
 ボケボケなしゃべりのまま歌へ突入です。
 またしても短縮されてます。3日連続ですな。二度出演してるんだししょうがないか。
 剛さん、つらそうですねー。でもちゃんと声が出てる。
 何となく苦笑いしてるっぽく見えなくもないですが、何思って歌ってたのかな?
 短縮形にすると剛さんがまたAメロを歌うはめになるので、ちょっとハラハラしますね。
 でもラストのハモリで毎回カメラアングルが光一さんナメ剛さんのツーショになりますけど、この時になると剛さんが正面を向くので横顔がしっかり映るじゃないですか。するとね、また何となくですけど光一さんが剛さんをちら見してる気がして、思わず一時停止したらええ感じのところで止まったのですよ。
 光一さんって剛さんが調子悪いとちょいちょい様子見てるんですよね。ええ錯覚かもしれませんが、私にはそう見えるんです(笑)。
 何気にいい雰囲気だった気がします。

 さて衣装ですが、剛さんのポンチョシリーズ。えっとPV入れて5着目ですかね。
 うたばんに続いて白ですよ。ざっくりニットで裾にフリンジがたっぷりとついてます。これもまた可愛いですねー。
 でも白ってやっぱり膨張色かな。前回の黒ポンチョの時より、ほっぺが福々しく見えます。髪形がコンパクトになったせいもあるかなぁ。
 中のシャツは色合いはシックな感じみたいですけどごちゃ混ぜっぽい。ちら見せが正解ですね。パンツが黒だし、大人しめな印象。
 光一さんはMステになると可愛くなりますね〜。
 カーデがいつも大きめ(笑)。袖が長いからマイクを袖と一緒に持ってるし指がちまっと出てて「うきゃーv」ってなります。
 ラストの横顔綺麗やわ〜。

 うたばんのおかげで最新キンキさんであるのに物足りなさを感じなくもないですが、でも逆に私の眼や脳のフィルターが甘々になってるから、とっても和ませていただきました。
 ほんと並んでるのを見るだけでほっこりするわ〜。
 可愛い可愛いv←こればっか;



ことぶき |HOME

↑エンピツ投票ボタン
My追加