since 2003

みけねこ庵

INDEXpastwill
2005年06月30日(木)  ま〜た失敗した;

 何度やりゃ学習するんだろうね?
 水曜の【どヤ!】を録り損ねました(泣)。
 帰りが夜中になるから、ちゃんと録音セットしてたんですよ。
 で、帰宅してお風呂入ってからスキンケアしつつ聴こうかと、コンポで操作してたら「あれ? トラックナンバーが増えてない?」と気づき、案の定、火曜日のが最後になってる。

 なんでや!? ちゃんとセットしたのに!
 ……うちのコンポ、融通きかへんのかなぁ(@現生息地弁)。

 何故って、いつもは始まる時間がくると電源が入るようにタイマーセットしてあるんですが、それと同時にレックタイマーは働かないらしい。

 ひどかね〜、そげな融通きかんっちゃ、オーディオ業界ば乗り切れんっとっちゃないと?(@出身地弁)

 日付が変わって早々にショックな出来事でした。
 剛さんのお魚談議だったそうなのに。光一さんがやたら可愛い語彙を披露したそうなのに。
 まあ文化放送じゃないから、元々切られまくってる内容ですけどね。やっぱり二人のしゃべりを聴ける機会が少ない現状では、貴重だもんラジオは。
 しっかしなんだろな。
 日記を書き始めてから半ば強制的にラジオを聴きだしたわけだけど(もちろんネタ拾いのため。それ以前は気が向いたら聴く程度)、今じゃ当たり前になってるもんなぁ。何がそうさせたのやら、怖い怖い。


 ラジオ逃したーなショックから、すぐさま立ち直って観賞したのが、先週放送された【少年倶楽部】。
 この間からここに書いている友人がまたもやプレゼントしてくれました。
 しかもこの人、私からかかってくる携帯の着メロを『ビロードの闇』に変えてた……。めっちゃ恥ずいやんか;(以前は『Natural Thang』でした)。

 キンキさんがちびっこたちにインタビューされてるだけのやつなんですが、この回ってば、関ジャニとカツンが出てて、キンキの曲も披露されていたと方々の日記で読んでいたので、ちょっと楽しみにしてました。
 いやはやビックリだ;
 ABCが『No control』を歌ったのには、「へぇ〜上手いなぁ」と普通に見れたんですが、亮ちゃんと仁くんの『愛かた』には参った;
 何でこの二人でこの選曲だったんだろ?
 二人のツーショはいいさ、可愛いさ。
 でも声のバランスの悪さと言ったら……(ファンの方すまーん;)。
 それぞれ下手ではないんだけど、仁くんなんかハモリが綺麗だし、上手いよね。
 ただもう、すごい違和感と照れくささとが相まって、ある種悶えた;
 つくづく思いました。あの曲の雰囲気、空気感を表現できるのは彼らしかいないんだね(自作曲と言えど)。
 この間借りたタキつばコンでも、二人が『硝少』歌ってたんだけど、あの不似合いさはタキつばが既に大人になってたからなのかしらん?
 というか、よくキンキさんズの声はマイナー調だって本人たちも言ってるけども、他のジャニたちはメジャーな声をしてるんだろうか。
 元気で弾ける曲調は似合っても、ミディアムテンポだったりバラードになると歌唱がよくても声質にピンとくるものがないのね。
 その点で言うと、カツンは上手いというか声がいい。
 R&Bもバラードも聴かせてくれる。早くCDデビューしてほしいよね〜。ほんとにガッツリ聴いてみたいと思ったもん。
 カツンの中で踊りは田口くんが良いなと。私好みなダンスをしてくれるのですわ。へへ。

 って、他事ばかり語ってしまいましたが、キンキさんのインタ。
 ほんとに藪くんと八乙女くんデカくなりましたなぁ。
 Fコンから二年でしょ? 背だけじゃなくてガタイそのものがガッシリと大きくなってるじゃないですか。
 剛さん、抱き締められたらすっぽり納まるぞ。
 二人とも顔はまだ幼いのにね……いずれ亮ちゃんみたいに伸びるのかな?
 そんな藪くんたちを見てショックを隠し切れないキンキさんズ。
 でもペースは一切崩さない、マイウェイ一直線な先輩たちを前に、ガタイは大きくとも声もしゃべりもまだまだ子供な二人は、完璧に困ってます;
 何とか質問の回答を得ようとするんですけどね、先輩たちは人見知りが高じて後輩くんたちに視線を送ることはほとんどなく、覇気のない言葉をつらつら並べているだけですよ。
 気の毒ったらないわ〜;
 しかもキンキさんズの間でもおかしな光景が。
 剛さんが後輩のお隣に座ってるものだから、光一さんのほうばっか見てしゃべってるし、光一さんは普段剛さんを凝視してるくせに、お疲れだったのか下を向くことが多くて、いやしかしあれは剛さんがあまりにも自分を見るからまともに顔を上げれなかったんじゃないかと勘ぐりたくなるほどで、とにかく「落ち着かんぞーっ」ってのがひしひしと伝わってくるインタでした。
 KinKi Kids、よくそんなで十数年もやってこれたものだ……。
 ていうか、何でそんな“変わらない”んでしょうね?
 すごいな、KinKi Kids。好きだな、KinKi Kids。(アイタタタ;)



2005年06月28日(火)  予約できたものの。

 不安で仕方ありませんよ、amazonさん。
 アニバコンDVDが発売になると知った日から、予約開始はいつやいつやと毎日サイトをチェックしておりました。
 で今朝、「出た!」の勢いでとにかく初回限定盤の申し込みをしました。
 通常はまあ後々懐具合を考えつつ店頭で買ってもいいんだしと思ったので初回のみです。
 しかしこれで安心とは言い切れない苦い思い出が蘇りましてね……。
 去年の光一さんワンハーフDVDの初回盤を手に入れられなかったという屈辱がっっ!!
 予約ができたにもかかわらず、すでに在庫切れだったとかでキャンセルされてしまったんですね。
 キャンセルのメールが来たときは、そりゃあもうショックエンドレスもええとこ。呪いたくなりましたからね。
 だったら近所のショップで予約!ったって、時既に遅しですよ。
 こんなド田舎のお店に限定版が大量に回ってくるわけないんですから。
 そんなことがあったので、今回無事に手に出来ることを祈りたいです。


 今週の【どヤ!】も楽しいね〜。
 剛さんが元気にしゃべってるなぁと思ったら、光一さんがダルダルですわ; お疲れなんかな?
 でも剛さんが魚について語り出すとあっさり斬っちゃうところはさすが。抜かりないですね。
 キャバクラに関しては剛さんが光一さんの言いたいことを代弁してるっぽくて、「俺もこうやけど、おまえもやんな」的な口調なんだけど、光一さんものすごく面倒くさそう……(笑)。
 「そんなんどうでもええやん。俺にはわかれへん」って言ってる感じ。
 でもこの日のショートポエムで「そゆこと?」を連発していた光一さん、めっちゃ可愛い口調だったなぁ。
 いいですね〜、アンニュイな光一さんも。

 火曜日は剛さんのお母さんもいらしてたな。
 一緒にスーパーに行くらしい剛さん。買い物をしている時の会話を再現してるんですけど、何気なく声色が変わってるものだから、ほんと剛さんのお母さんはそんな感じなんだろうなぁと想像できちゃう。
 面白いなぁ。
 「熱帯魚屋さん、スーパー、熱帯魚屋さん、スーパー」のみの剛さんも、一般民からすれば出不精な人かもしれませんが、さらに輪をかけた光一さんは、注目されるがゆえにいらぬ想像をされるのが嫌いだ(めんどくさいというよりこういうことよね?)ってことで外で買い物なんかしたくないらしい。
 だよなぁ。有名人でなくても、接客をしてると(例えばレジ打ちの仕事でも)たくさんのお客さんと接してるからいちいち気にして見てないようで、やっぱり見ちゃうからね。
 本屋とかレンタル屋とかなんて、「あ、こんな人がこういうの読むんだ」とかを一瞬は考えちゃうはずだし。
 ……だからアイドル誌買うの恥ずかしいのよ;
 剛さんと光一さんの人見知り具合は光一さんのほうがわかりやすい。
 確かに大勢の前でっていうのは足がすくみそうなくらい怖いかもしれないけど、ある意味自分のテンションを上げていないプライベートな部分を知らない人に見られたり話かけられたりするのは、何か気になっちゃう。
 自意識過剰かもしれないいけど、ほっといてくれって思うな。
 その点が剛さん的には「どうでもええ」ところなんでしょね。一斉に注目される私たちの視線に曝されるほうが、しんどいってことで。
 好対照なお二人ざます。

 さらに光一さん、ロウソクのみでお風呂に入ったらブルーになったと。めっちゃ落ちたと。
 光一さんって何だかんだ言いつつ、独りが苦手なんじゃ……。
 猫を飼ったらいいのにね。世話は確かに大変だけど寂しくないよ?(いやもう親バカになった光一さんの話を聴きたいのよ。剛さんに延々語ってそうv)

 『春雷』がかかりましたね〜。【どヤ!】では初めてじゃないかしら?
 カップリングは歌われることがあまりないから残念だなぁ。
 今度のコンで……無理か;
 早く彼らのオリジナル曲(自作に限らず)が聴きたいです。
 Hアルバムはいつ出るんでしょ? やっぱり冬ですか? ですよね(今出られても困る;)。
 ちょくちょく予想をしてしまうんだけど、今年は6月にシングル一枚目ときたら、二枚目は早くて10月。でアルバムが11月か、冬コンギリギリの12月とかね。
 ……こうやって考えてると早いなぁ。今年もあっというまに冬が来ますな。



2005年06月27日(月)  早くも猛暑ですね。

 キンキさん露出期間が終わってしまったので、当たり前のように日記を書かなくなっているという正直者な私です。
 まあ近頃ネットが繋がりにくくなってるのもあるんですけどね。何でだろ?
 それにしても今月は頑張って書きましたね〜。8の付く日以外ほとんど書いてます。何で八日と十八日は書かなかったのか自分でもわからないんですけど。
 先週末から書かなくなったのは、またしても求職活動を始めたからで、オフに余裕がなくなるとこちらの空想世界に入れないという、猪突猛進な性格所以でしょうか、あちこちに視線が向かないんですね〜。
 今月初めからの三週間はオフそっちのけでキンキさんに集中してましたからね(アホや〜。誰にも言えん、こんなこと;)、ぽちぽち創作も進んでいたんですが、まとめられないままオフに集中しちゃったもんで、サイトにはな〜んもupしておりません(サイトから来られている方はすみませぬ。近いうちに何とかしますです)。

 そんなこんなで汗だくになってあちこち走っておりますが、冷房が効きすぎるのも困りもので、汗を掻くのに足が冷えるという、よろしくない状態であります。
 梅雨のジメジメしたのもイヤですけど、こうも天気が良すぎると水不足も深刻ですし、去年からのこの異常気象は不気味です。
 何か地震のでっかいのが来そうで怖いんですよね〜(やだやだ、お楽しみはこれからいっぱいあるのに)。


 ああああキンキさんネタ、キンキさんネタは……ない;
 先日PVを録ってくれた友達が、なぜかSMAPとタキつばのライブVを貸してくれました。少々古いのですが(SMAPは'99の、タキつばはデビュー魂)私はキンキさん以外あんまり見てないので、楽しく見させていただきました。
 やっぱりジャニはどのグループも面白いな。
 でもって、他所を見てるとご贔屓も見たくなるのよー。
 てなわけで、夜中になっても'97'98のキンキコンを見てしまいました……。
 光一さんのロン毛ー好きだー。今より大人に見える;
 剛さんの『愛してる愛してない(by米倉氏)』をフルでちゃんと聴きたい。もちろん踊り付きで!




2005年06月24日(金)  叫んどかないと!

 アニバコンDVDが出るですってーっっ!?
 しかもはちがみっつの日に!
 何でティポの前に発表してくんないのよーっ!
 てっきり出ないんだろうと諦めてた矢先に、連続出費ですとーーっ!?
 また初回と通常と特典違いだし。
 何としてでも買うわよ!
 生活苦しくとも、この分のお金だけは取っとくわ!

 だーーっっ、早く見たーーい!!


 ……今日は打ちひしがれるほど凹んだことがあったので、この一報を知ったときは、あっちゅーまに気持ちが浮上しました。
 落ち込んでる場合じゃありません。
 頑張ろ。

 タイガー&ドラゴン最終回。
 泣けた。
 よかったね、小虎。



2005年06月22日(水)  星のファンタジー。

 剛さんがフジテレビでドラマやるって知ったときは、やっとフジに出るか!と、ドキドキしたんですが、それが何とディズニーと共同制作なんて話になってる。
 『星に願いを』というタイトルから、ピノキオ!? ディズニーアニメを実写でやんのか!?
 とまあ、アホなことを瞬時に思ってしまったわけですが、ドラマ自体は実在の人物のお話をフィクションを交えて映像化するってことで、それにディズニーが曲を提供していくらしいと。
 ディズニーがこういうことをするのは世界初とかで、けっこうな騒ぎになってますが、疎い私にはその辺の価値観がなくて、「そんなどえらいことなんかぁ」といまいちピンときません。
 なのでそれはさておき、剛さんが演じる役というのが、夢を一途に追いかけ実現させた方で、その夢が自分のプラネタリウムを作ること、という星が、夜空がバックグラウンドの壮大なファンタジー。
 あれ? なんか脚色しちゃってるな;
 まあこうやって想像してると、『ラスプレ』に近いものを感じますが、脚本が映画『電車男』の方だというし、ベタなストーリーであっても上手く見せてくれればなと思います。
 『電車男』面白かったしね。この役、剛さんでもハマるなぁと思いながら見てましたから。でも山田くんほど素朴さは出ないかな。剛さん洗練されちゃってるから、ぐっちゃぐちゃに泣いてぶさいくに見えても“普通”とどこかかけ離れてる気がする。
 ところでプラネタリウムってことは、天文に関する事柄が色々出てくるんでしょうね。
 ってことは、光一さんも楽しめるドラマになるかも。
 星座よりもプラネタリウムの構造とかのほうが好きそうだし、剛さんが、
「こういうのがあって、これがこうでって、さっぱりわからんねんけど」
 とか、セリフでゆっててもわからんねん〜って、ぶちぶち言ってるのを光一さんが、
「へぇ〜、それってあーでこーでとかじゃない? 面白いよね〜」
 なんて、ラジオとかで話題になると楽しいだろうな(妄想爆裂;)。




2005年06月21日(火)  茶化すなり何なり。

 すればいいのにねー。>月曜の“つっこみキンキ”より思ったこと。

 今週の【どヤ!】は二人揃ってなので楽しみにしてるんですが、しょっぱな「今週は二人で〜す」言ってるのが悲しいな……。
 KinKi Kidsの番組ですのに、二人で〜すって言わなイカンところが、どれだけ一人でやってるかってことですわな。

 つっこみキンキでのお便りで、剛さんが【しんどい】のグルメ企画で高価なものを食べるたんびに「こういち〜」と言うのは何故ですかと。
 「意味はない」だの「流れですよ」だの「現場の空気で」だの、……なんか言い訳じみて聞こえるぞ(笑)。
 別にふっつーに、見せびらかせたいとか、ええやろーって自慢してみたかったとか、このほうが一般男児いや男性の反応ではないかと思うんですけどね。
 ……いや、何の意図もないことはよくわかっとりますが。
 この二人の間に流れる微妙な空気は、ファンタジー妄想を繰り広げるお嬢さん方にとって、ものすごく好物だったりするのでね、「なんもないで」的な発言は逆に煽ってるで? 君ら。
 ……すみません、また余計なことを書いてしまった;

 「トロトロトロ、トロッ」言うてる光一さんが面白かったですね〜。
 ちょこちょこ番組を見てるんだって情報も嬉しい限り。

 続いて火曜日は、『私はKinKi Kidsを見た!』。
 車のナンバーを“51-24”にしようとして剛さんに止められたというのは本当ですか?
 という質問に対して、「ファンタジーやな! 作りまくってるな!」と、心底驚愕している模様。最後には“ファンタジー”という言葉がお気に入りのように聞こえましたけどね。
 この時、私は思った。

 腐女子をなめたらアカンで?
 妄想はファンタジーどころかSFどころか、もっと広大で宇宙よりも広し! なんですのよ?

 こういう二人の会話を聞いてると、ほんと申し訳なく思うわ。
 君らの想像を遥かに越えた妄想癖、いや想像力を持ち合わせていて、ほんと申し訳ないと。

 でもね、想像の自由というのは人間の可能性というもの広げる素晴らしき能力でね、←反省する気ナシ。



2005年06月20日(月)  若い、可愛い、あっはっはっ!

 なぜに(笑)なんだか;
 すまんのう、光一さん、あんまりにも可愛くて笑っちゃったよ。
 ただいま【ルーキー】視聴中。
 こちらの地域で再放送していたのは知ってたんですけど、一応全話見てるしいいかと思ってたのに、なぜか見てしまってます。
 このドラマはもう四年前になるんですかね?
 OPで『情熱』がかかって、ものすごく懐かしく感じてしまいました。
 最近まで聴いてたんですけどね〜、シングルセレクション兇髻
 ドラマでかかるのとでは印象が違って聴こえちゃうな。

 このドラマは役者陣がけっこう多彩で個性的で面白いですね。
 ストーリー自体はこれといって凝ったところもなく、展開もありがちだったりしますけど、なんにも考えずに見れるっていう娯楽作品としてはアリですな(←もんのすごくエラソー。何様じゃい;)。
 いやはやまあ、光一さんが少年っぽくてこういう活動的な役は、あんまりないですからね〜、見てて楽しいですわv


 さてさて昨日書き忘れていた【音楽戦士】。
 歌披露だけだろうし、たいして期待してなかった番組だったんですが、どうしてどうして楽しいじゃないか〜vv
 コメントがちょろんとありましたが、何だか久々の“ウソつきボケ”で作り笑いやってるキンキさんズが可愛いったらね〜v
 最近じゃ“ウソっこキンキ”は、あんまり見られない気がしてたから(そういや試写会のインタでウソっこ合戦してたんだっけ……見れなかったけども/怒)、たまに見ると和みます。
 歌披露がまたこれ、バージョン違いでよかったわ〜。
 今回の歌はみんな衣装をどこかしら変えてきてるので、どれもそれぞれで見所があってお得感があります。
 だってね〜、光一さんまでが髪型さえ微妙にですがアレンジに変化をつけてますし、衣装も今回はパンツに巻きスカートがついてますわよ?
 あれねー、もうちょっと位置を変えてというか、腿の付け根辺りから広げて後ろをアシンメでカットした感じにするとよかった気がするなー。
 それか黒じゃなく、剛さんのターバンと同じタイプの柄の更紗を巻くとかさ。
 どこかしらにお揃いか色違いの小物をお互いが身につけてると、見てるこちらとしては楽しいのにね(本人たちにとっては迷惑極まりないかしら?)。
 でもって剛さんのターパンもどき。
 あれってやっぱり大判の布を巻きつけてるんだねー。
 踊り始めたらすぐ「あれれ、緩んでる?」となり、「おわっ、取れてきた!」と心配するも「や〜ん、なんか良いぞvv」と色っぽく感じてくるから、ファン心理って怖いな……。
 なーんであんなエキゾチックな雰囲気が似合うんでしょうね〜。また癖のついた髪がサイドから見えてるから、尚のこと中性的に見えるし。
 こういう仮装しまくった写真集出してみませんかね? キンキさん、及び事務所様。
 とことん着飾ってくれー。君らはコンや舞台以外ナチュラルでいようとするから、TVでしかビジュアルを楽しめない地方人としては、ナチュラルなのももちろん好きだけど、思いっきり遊んでるのも見てみたいぞ(だから『カナブル』衣装は楽しかったv)。



 >追記(22:53)。
 何日か前に思い出したことが。
 今月のアイドル誌(duet)で二人が言ってた剛さんの歌詞間違い、というか光一さんのパートを歌っちゃったというやつ。
 あれ、去年のFNS歌謡祭での【ね、がんばるよ】じゃないかと。
 光一さんが歌ってる途中から剛さんが歌いはじめちゃって、ユニゾン部分まで何気なーく自然に入っちゃってる感じで。
 でも光一さんがちらちら剛さんを見てるのよね。
 生放送見てたときに、あれ?って思ったのは確かなんだけど、気にせずスルーしちゃったなぁ。
 きっとファンじゃないとわからない間違いだったよね。
 ……剛さんはちゃんと自覚してるんだ。何か顔がにやけてくる(←スケベやなぁ;)。



2005年06月19日(日)  新堂本兄弟・・・小池栄子嬢。

 本日は朝から出かけてましたもので、とりあえず兄弟に間に合うように帰宅できて、ほっとしながら観賞していたのですが、“重大発表”ってところで、また何の番宣だ?と、気のない態度で見ていたらば。

 びっくりした(@_@;)

 DBBのライブが決定したとな!?

 正直なところDBBのメンバーでライブって言っても、番組見てる限りはキンキファン大満足なんて内容にはならないだろうなって思うのは事実でして。
 でも、どんな内容になろうともライブはライブ。
 生だよ、野外だよ、内容はどうあれ(←しつこい)、剛さんがはしゃぐのは間違いないんだよ!!

 そんなこんなを告知を見た瞬間で一気に頭に溢れまして、速攻公式サイトに飛んじゃいました。
 後のことなんて当たった時に考えればいいとばかりに、こちらで応募しました。
 ということは半分以上諦めてるっていうか、単にファンが躍起になりそうなことに参加したかっただけというか、ネットしてると周囲の盛り上がりに感化されちゃうんですよね。
 自分のオフの周囲ではジャニ話なんて皆無に近いんですが。
 だからもしもの事態になったら……(考えたって無駄かもしれないのに考えちゃう〜;)。


 まま、それは置いといて、本編を。
 栄子ちゃんは好感度高い人でしょうね。見ていて不快感を感じません。
 それに剛さんにパシパシつっこんでくれるのは小気味良くて面白いですし。
 のっけから剛さんしゃべりで始まるのが珍しい。
 栄子ちゃんと並んでると同い年の兄弟っぽく見える。どっちが上でも下でもなくて家族みたいな気安さを感じますねー。和やか和やか。
 で、ここに割り込んだ光一さんは、酔うたオッサンですか……。哀しい。
 気になるお髭につっこんでみたらこの返しで、照れくさそうな光一さんも見てて楽しいけど、つっこまれた剛さんの困惑した顔が面白い。
 呆れてそうで楽しそう。イジリ返しするのが(笑)。
 あらやだ〜、一時停止した光一さんの照れ顔が美人だー(酔ってる!?って字が出てるトコ)。
 しっかし、「オレのっちゃうよ?」って言った光一さんに「のらんでええよ」ってボソッと言った剛さん怖っ……。

 久々に楽しいOPトークで始まったせいか、いきなりロケが敢行されたりで『一問一答』が短かったのは、全体が間延びしないでよかったかなと。
 それにしても番組中に買い物に行かすって……。
 ほんまバラエティだなぁ。どんな番組や;
 観覧に来てたたかみーファン、最初はマジでむかついてたかもよ?
 でもね、剛さんの「食べたいv」発言にメロメロになっちまいました。
 なんつー甘えた声を出すんだ。しかもえなりくんに向かって!(羨ましいぞ……)。
 しかもジャンプまで……。ほんま剛さんの舎(斬)。

 本日のビジュアル萌え(そろそろこの表現やめようよ、自分;)。
 剛さんの足元。サンダル履き可愛いっす。
 光一さんの白ジャケ。似合うなぁ。黒インナーがまた大胸筋を強調してくれて(ほんま変態文章になってきて……最近自分で書いてて恥ずかしくなってきてる;)。

 最後に。
 剛さんの理想の結婚相手話で、「今、魚がいっぱいいるんですけど、それを飼育しろとは……」

「それをさばける人がいい!!」

 このつっこみは面白かったなぁ。
 直後、二人してぽかーんと見つめ合ってるのもねv



2005年06月17日(金)  Mステ・・・ビロードの闇。

 長ちゃんカッコイイなー。>タイガー&ドラゴン。
 長ちゃん可愛いなー。>メントレG。
 ゆずって年いくつなんだろう?>僕音2。

 ずーっとTVをつけっぱなしにしておりました。
 先週の影響が残ってるんですかね。個人的に珍しい状況です。
 それにしても、ゆずって何であんなに爽やかなんでしょうねぇ。同じデュオだとは思えない。
 歌収録も同じ場所だろうに、雰囲気がまるで違うし、光射してるわ夜景がキレイだわ(ゆずの場合)で、実に清々しい。
 楽曲からしていわゆるメジャーコードってやつですか?
 ものすごい前向きで力強い。
 あんまり詳しくないから、ゆずの音楽について語れないんだけども、キンキさんとは毛色が違うなーとしみじみ思いながら見てました。
 対談相手の広末さん、兄弟にも出るらしいですけど、こんな対照的なグループ二組とお仕事できて羨ましい。
 どんなふうに感じたろうか(比べるわけないだろうけど、それぞれに対する印象がどんな感じかなと思って)。


 おおっと、話がずれてますわ。
 最後の生出演、Mステでございます。
 さすがに今週は大人しかろうと思ってたら、確かに爆発的なツボはありませんでしたな。
 二人とも緊張してるようで。
 光一さんは落ち着かないし、逆に剛さんは硬い表情で口調が開き直ってるし、おかげでこちらにまで緊張が伝わってきましたよ。
 ビジュアルはバッチシでした。
 でも光一さん、インナーにシャツを加えてる! ゴメン、いらない。色気が半減される。勿体無い!
 剛さんは意外にシンプルにしてきましたが、パンツが前回より細めになってて刺繍が施されてるのかな? 綺麗でした。
 それにしても前回の放送を見ていた方たちがいらっしゃったようで、OPから話題に取り上げられて恐縮してる姿は楽しい。

 罰ゲームと言っていたのが、検証Vを披露っていう、本人たちにとっては改めて醜態を曝すのかと恥ずかしい気分だったでしょうが(そうとも限んない?)、個人的にはその程度で済ますのかと、ちょっと残念。
 いやS心を刺激されていたわけではないですけど、魚と車話のときにあれだけ準備しておきながら、今回は何も趣向を凝らさなかったのだなぁと、ちょっとね、落胆はありましたけども、まあバラエティ番組じゃないんだし仕方ないですね。
 でも検証Vを見てるときの二人の会話は面白かったです。
 「わろてる、わろてる」発言も可愛いですが、剛さんが「十年もやってるとわかる」とか「こいつ」呼ばわりしてるのが、とっても男前で素敵だったなあ。
 空気でわかっちゃうもんなんだな。ファンにとっては嬉し楽し発言でした。

 歌は緊張感がひしひしと伝わってきたな;
 カメラさん、端から端までぐるんと移動してくれるのはいいけど、Mステってこれやると振動で画面が揺れるんですよね。
 せめて半々にして、あとはスイッチャーにしてくれ。ブレるのはよくないっすよ。おまけに見切れてるし。
 でもってダンスですが。
 光一さんの踊りが激しくなってる; 大振りになってるっていうか。
 剛さんもしっかり踊ってるので見応えはありました。
 二人ともターンが綺麗だったし。
 屋良くんかな? 帽子落としたのは。焦ったろうなぁ。でも拾うのが素早かった。アクション激しいから仕方ないよね。

 小話としては、クリスタル・ケイちゃんに心のシャッターを下ろされたと、またしても人見知りを強調された剛さん。
 前回一緒だったのってソロの時かしら?(確かめる気はないけど)。
 お髭で強面ながら(ファンから見ればそうは見えないけど、一般的に見れば剛さんの無表情って近寄りがたそうだ)、暴露されたときの笑顔がおステキ。
 タモさんに「ベテランでも間違うからね」と言われ、キンキさんズの苦笑も微笑ましい。
 あの中では彼らが一番芸歴長いんだもんね〜。最近そういうこと多いね。
 音楽業界は入れ替わりが激しいから。
 人気、業績を保つのってほんとスゴイことなんだね。


 さあて、彼らの露出も終盤ですな。
 【音楽戦士】はこちらでは明日なんですね。チェックし損ねるとこだった(危ね)。



2005年06月16日(木)  うたばん・・・ビロードの闇。

 先日PVを録ってくれた友人と話してて(彼女はMステも僕音もHEY!も見てた)、特にキンキファンでもないんですけど、久々に誰かに語れて楽しいひとときを過ごしました(熱くなり過ぎないよう気持ちを押さえながら語りましたが/笑)。
 その彼女に「今週は【うたばん】と、また【Mステ】も出るからね〜」と、しっかりPRしたらば、「けど【うたばん】って最近扱い悪くない?」とおっしゃる。
 「なんか短いよね〜」
 一般ピープルでもわかるのかっ!?
 つーか何気にチェックしてくださってるのね。
 友よ、私は嬉しいっっ!!(感涙)

 確かに以前は『本日の目玉』ってんで、キンキさんは出るたんびメインで扱ってくださっていたものだけど、どんどんバラエティ化していく番組の趣向から、トークは目減りし、ゲームやったりクイズやったり、訳わからん人たちを出してきたりと、彼らがぽや〜んと立ってることが多くなってますよね。
 それでもたま〜にオイシイ場面を作ってくださるし、トークのみだと時間が短くとも楽しかったりする。
 そして今日、TV誌とか見てるから、またもや部外者な方々が出てくるのだなと、あんまり期待しておりませんでした。
 とりあえず、あっちゅーまに終わらないことを祈りつつ。

 ……一応メインな扱いだったのかなぁ?
 コーナーの時間としては長いほうだと思うけど……キンキさんしゃべってるの正味何分だったんだろうね。
 ただまあ、餅つきをするキンキキッズは楽しかった。
 ほんともう何やらしてもヘタレになる二人が愛しくなってきますよ。
 個人的ツボは。
 光一さんが“ピコーン”を壊しちゃって、あたふたしてるトコ。それを愉快そうに見てる剛さんの眼の動き。
 餅つきの後で、手に付いた餅をパクつく剛さん。座ってからも手をすりすりやってるので、「はよ拭くもんやったって!」と思ってたらVTRになって、ちゃんとおしぼりもらってたので安心した。
 ビリヤード。弱い剛さんと強い光ちゃん。慎重派と強攻派ね。

 そんでもって歌ー。
 また短い。
 何だかセットが『雨のMelody』思い出したなぁ。
 剛さんの衣装、インナーが真っ赤で頭が何もなしだったのが新鮮。ちょっと二人がお揃いっぽく見えました。剛さん、靴がスニーカーじゃなかったし、そのほうが良いなと。
 にしても、二人だけだったのにダンスがえらいズレてましたな。
 昔から半拍ズレることが多かったけども、Mステ初回が比較的合ってたので、あの時は初披露ってこともあって、けっこう気合入ってたのかなあと。
 アングルはもうちょっと引きがほしかったけど、クリアに見れたという印象があります。
 せっかくのダンス披露。
 まだ物足りないな。もっときっちりはっきり見せてくれる構成はできないものかしらね。

 明日のMステ……期待満載なんだけども、先週ほどの盛り上がりは、ナイと思うので気負わずに見たいと思います(絶対ムリだ。ははは;)。


 今週のTV誌、キンキさん最後の露出だから買いたい気はあるのだけど、母とスーパーに行ったときに雑誌コーナーを横切ってしまったんですね、不幸なことに。
 なぜ不幸かって、うちの母、長髪・髭が大嫌い;
 剛さんのそういう姿に遭遇しようものなら、「きちゃない、ぶさいく」を連発されるんですねー。
 案の定、言われた……。まあ人それぞれ、好き好きですから仕方ない。
 でまあ、ちょろっと立ち読みしてみたんですが、ガイドのピンナップをちら見して慌てて隠しちゃうし(アホ;)、ジョンのツーショ見てボボッと身体が火照っちゃうし(おバカ;)、まともに見れーーん! と逃げるように去りました。
 後日、改めて眺めに行きたいと思います。
 こりゃ、買っちまうな、きっと。



2005年06月15日(水)  睫効果なのかな。

 角度で言えば斜め横顔。
 伏せ眼がちにふわっと微笑んでいれば、なお最高。
 私にとっての剛さんのベストショットなのですけど、まさか光一さんにまで当てはまっちゃうとは思わなんだ……。
 私が好きな光一さんのベスト表情は、何てったって「あひゃひゃ」笑いしてる時の全開の笑顔。
 クールビューティな光一さんは普通に「綺麗ね〜」としか思ってなかったんですが、今回PVを見てラストにやられた。
 お友達の協力でPVを全編見られたのだけど、ネットで色んな日記を拝見してて妄想がほぼ固まっていたりしたので、比較的冷静に、なるほどなるほどと想像の範疇だなと思いつつ見ていたのです。
 ところがどっこい。
 最後も最後、剛さんに指パッチンされて現れた女性に寄り添われ、ゆっくり瞳を閉じていく光一さんの斜め横顔に、めっちゃ釘付けになった……。
 どちらかといえばクールビューティ。
 ええ、とってもお美しく麗しいお顔でしたわ。
 でもね、でもね、さらにですよ、何かあの表情にすごく切なさを感じたんですの。
 “そう、きみなんだ。やっと逢えたね……”とか、
 “今だけでいい……このまま……”とか、
 何だか桃色吐息が聴こえてきそうじゃあーりませんか。
 こんなに見惚れちゃったのって初めてかもしれない。
 ものすごい色気を醸し出してますなー、光一さん。
 キラッキラ腰振りつよっさんがスコーンと抜けちゃったよ。
 おかげでPV全体の印象がすべて飛んじゃって、自分なりに妄想ストーリーを作ってみようと思ってたのに、訳わかんなくなってしまった;
 それでも無理矢理ひねり出したのが、
『アラジン(光一さん)と魔法のランプの精・ジーニー(剛さん)』かな?(笑)。
 物語は二パターンあって、悪魔的(いじわる)なランプの精が、うら若い王子をいたぶるか、天使のようなランプの精が、旅人の恋のキューピット(でも悲恋)になるってやつ。
 どっちにしてもキンキさんズの間では、なーんも起こらんのだけども(腐女子にあるまじきだな)。
 ともかくも。
 もっとリピートせねば。



 追記。
 もう夜中なんで、MDプレーヤーにイヤホンで新曲CDをばかデカイ音で聴いてるんですが、これがもうよくって。
 このプレーヤー、コンポよりも音がいいもんで、3Dサウンドを調節して【ビロードの闇】のBacking Vocalを強調させたら、すんごい楽しくてしょーがない。
 二人のコーラスが綺麗ですよ〜。ファルセットになってくところが儚くてね。メインよりこっちに聴き惚れます。
 ビロードのBacking Trackも楽しい。
 アコーディオンもいいスパイスだと思うけど、疾走感を出してるのはやっぱりギターとバイオリン、あとクラップかな。
 とっても綺麗にまとまっていて、ちょっと優等生っぽく感じなくもない。それもまたキンキらしさかしら。
 でもってこれ以上に重低音も効かせると【春雷】がズンッと下腹に響いて心臓が痛い(どういう意味や;)。
 あとアニバのLiveバージョンが泣けてくる〜〜。
 このOP好きだったんだよね。東京ドームには行けてないけど、だから“これ”を聴いたわけじゃないのだけど、当時の興奮が蘇ってくるからたまらないんだよね。
 DVD出してくれないのかなぁ。もう半年になるから出るとしたら今頃だろうに、ティポのほうが先にリリース確定されちゃったし……待っても願っても無駄なのかしら?(悔し切ない)



2005年06月14日(火)  ローカルって、ローカルって……。

 地方在住って、芸能文化に触れるのに、ものっすごいつらく悲しい気分にさせられてしまいます。
 昨日のプロモーション、やはりキンキさんズご登場だったそうですね。
 情報が錯綜しててPV披露のみなんて最初は言っていて、でもどうやら会見はするのではという話も出てましたが、私ってば“念のため”なんて考えもしないし、“網を張っとこう”なんて思いもしない。
 おかげさまで、彼らの会見はほとんど見れないまま。
 『めざまし』は毎朝録ってますんで、まあこれだけでもと自分に納得させて巻き戻して見たらば。
 トークがまったくない。
 水のスクリーンに投影したという仕掛けばかりがクローズアップされて、キンキさんなんてほんのちらりとしか映らない。しゃべりなんて以ての外。
 朝っぱらからそんなショックに見舞われたので、昼からのWSを張るかと頑張ってみたんですが……関西ローカル局は、ほんと地元密着型というか、主婦向け。芸能ニュースはさわりだけですわ。
 まあ地域関係なく、芸能関係そのものがキンキさんを押しのけるくらいの話題が入ってましたからね。
 せっかくのプロモーションが、あまり一般の方にお目見えできませんでしたね。
 タイアップがないんだから、あれくらいお金かけたプロモーションはありだと思いますよ。ギネス記録なんてものがくっついてるし。
 個人的には初登場1位などより、年間売り上げ枚数のほうが気になりますけどね(笑)。
 上半期のセールスで3位だったの、素直に嬉しかったですもん。
 ビロードも下半期で上位に食い込めたらいいね〜。

 さてさて、その【ビロードの闇】、初回・通常ともゲットしてきました。
 ちょこっと感想を書きますので、まだ聴いてない方はここでバックしてくださいね。
























 【10years】を初めて聴いたんですが、優しい曲調でホッとしますね。詞に関しては何やら意味ありげに聴こえてしまいますけど、二人になぞらえなくても温かくて前向きな感じがいいですね。
 【ビロードの闇・Backing Track】は密かに楽しみにしてたんですよ(笑)。
 Backing Vocalが聴けるかなと。
 キンキさんのハモリは綺麗ですからね。でもまあハモリが入った例がない、かな? いやなんかあったような……。
 【愛のかたまり】は光一さんのコーラス(あれもハモリよねぇ)が入ってて、何度もリピートしたものですよ。
 キンキさんの曲はインストで聴いても楽しいのでね、個人的には必ず入れてほしいなと思ってる次第です。
 そして、通常に入ってる【Anniversary Live at Tokyo Dome】。
 これってオリコンで配信されたのと同じなんですかね? 聴いてないので知らないんだけども。
 いやもうめちゃくちゃライブを思い出すんですよ。だってその後の硝少に続くイントロがちょろっと入っちゃってるんですよ!? 聴きたい〜っっ!!って叫ばずにいられるものか!
 DVD出して! お願いだから出して〜〜〜(泣)。



2005年06月13日(月)  HEY!×3 ボーリング対決

 大いに笑わせて頂きましたよ。とっても楽しかったです。
 でも昨日は書く気が起こらなかった……。
 というのも、敬愛する芸人さんの前では、めっちゃ可愛くなるあの子を見てるとですね、ごめんね、読んでるみなさん、不快になるかもしれませんが正直に言う、つか書く。
 腹立ったのよ……。
 可愛いんだよ。あの笑顔を見てるだけで和むし、こちとらの顔が緩みっぱなしになるのは本当なのよ。イタファンだから、あの笑みに腰砕けにならないほうがおかしい。
 でも、でも、ああ〜めっちゃジレンマ;
 何でかって言うとね、まあダウンタウンに首ったけになってるのは仕方ないとして、光一さんをほったらかしになるのは仕方ないとして、なしてボーリングの投げ方、フォームがあんな“女の子”になってるの?
 計算マコちゃん(@スマスマ)か、あんたは。
 【しんどい】で、岡田くんとやってた等身大の男の子は、菅ちゃんとやってた男前な投げっぷりはどこいったの? どっちも結果はグタグタやったけども。
 個人的に、つよっさんてボーリング下手かもしれないけど、フォームは綺麗だなって思ってたの。カッコよく投げてるなぁって思ってたのに。
 それが今回は、てくてくほてほて歩いて、ころん、ですと。
 ラブラドールの小犬が、ころんころん遊んでる感じでしたよ。ぽてんと尻餅ついたときなんて……ああもう可愛い……(←悶えてる)。
 だーもう、すんません。結局つよっさんだから何やってもよかったりすんのよ。
 でも見てて疲れた;
 光一さん見てるほうが爽やかなんですもの。
 あんなにピラが入った投げっぷりに暴言があっても、男前すぎて賞賛を送ってましたもの。
 終始、光一さんを応援してましたのに、ああ何と哀れな。一人だけ賞金ゲットできず;
 罰ゲームのくしゃみはさすがですな。ちゃんと堪えた最小限のくしゃみで(笑)。
 ラジオじゃもっと豪快なのしてるのにね。

 最後に歌披露ですが。
 こりゃ全然プロモーションになってませんね。
 カメラワークも悪けりゃ、観客の皆さんも歌に入ったら大人しくしてほしかったな。
 あまりにも耳障り。
 しかも大サビ抜かしてるしなぁ。
 ただ剛さんの衣装がMステ初回に近い、というか一緒?な感じだったので見目麗しかったかなと。
 光一さんも靴がお揃っぽくてね(だから歌に関してはMステは初回が好きなの)。
 観客の皆さんと言えば、この歌収録に行かれた方の日記を読ませて頂いたのだけど、「手拍子はしないで」と言われたそうで。
 これは昔からMステ見てても思ってたんですが、手拍子ってあまりにも不似合いなんですよ。曲によりけりでしょうけど、今のJ-POPに手拍子が似合う曲ってそもそもないと思う。
 曲にのるときの表現として、盛り上げるための手段として手拍子しちゃうんだろうけど、ライブ会場ならともかく、TVではこれマヌケに聴こえてしまうし、視聴者からすると邪魔で仕方ない。
 ようやくそんな要望をしたのだなと安堵しました。



2005年06月12日(日)  もしや声フェチ?

 『ラストプレゼント』、ちゃんと見ましたですよ。
 シーンによっては素直に「ええな〜」って、微笑ましくなりましたし、泣けてきそうにもなりました。
 でもなぁ、どうしてもストーリーの綻びがちらちら見えるのが気になってね、感想を書こうにも「う〜ん、どうすべ;」って考え込んでしまって、ついつい他所様の日記を巡ってしまったのですよ。
 したらば、みなさん剛さんビジュアルや演技には、もちろん不満などあろーはずもなくてね、菅ちゃんにもすごく好意的な意見を書かれてるんですよねー。
 私もね、ファン目線で見ればホレボレしてるところですけどね。
 ……ここ数年の剛さんのドラマは、個人的にピンときませんわ。
 なんかこう物足りない。

 今日ね、映画『電車男』を観に行ってきたんですよ。
 時間的に二時間くらいですよ。二時間ドラマとそう変わりない。
 でも何故にこう満足感が違うのでしょうね。
 映画は確かに時間をかけて作り込んでいるものですが(でも電車男は短期間で撮影されたとか。まあドラマはもっと過密スケでしょうが)、冒頭の入り方から起承転結がしっかりしてて、ラストに余韻を残させることが、(モノによりけりでしょうが)出来てると思うんですよ。
 要は脚本と演出次第ってことでしょうかね。
 ラスプレ、韓国版見てみようかしら?

 このまんまじゃ、この日記つまらないので、イタファン目線で剛さんを語ろう。
 ドラマ冒頭のお墓参りのシーンからして、剛さんの声にやられてました;
 ぼそぼそっと低い声で不満をこぼしてる声がね、すごく男前に聴こえちゃってドキドキしたなぁ(プロポーズのシーンも)。
 その後だんだん子供っぽくなったのが残念だったんだけど;
 それから漫才のシーン。
 やっぱり剛さん上手いね。普通に笑ったもん。
 ちゃんと脚本を書いてもらって念入りにリハしただけに、本物の芸人さんに引けを取らない内容だったと思う。
 もっと見たかったなぁ。
 間の取り方や空間の使い方がよかったし、標準語で苦労したっていうしゃべりも違和感なくて、正直ぎこちない感じがあるんじゃないかって、あんまり期待してなかったんですけどね(ひど;)、ほんとに面白いなぁって思いました。
 やっぱりね〜、スーツ姿(インナーはTシャツでしたが)がカッコイイ。立ち姿がキレイ。
 トレーナーやパーカーも可愛くていいんだけど(あー着ぐるみは抱き締めてしまいたいくらい可愛い!)、ビシッとジャケッツを着られると見惚れてしまうなぁ。
 『僕音2』のスーツ三パターンは永久保存です(インナーは何でもいいの。剛さんテイスト満載で。ジャケットとパンツっていう組み合わせだけでオッケー)。
 つーわけで今夜もリピート(いつまで見るのやら;)。



2005年06月11日(土)  僕らの音楽2。

 ちゃっちゃと書いておかないと次々控えてるものだから、一日でも書かなかったら書く気が失せちゃうかも! と、天候のせいで頭痛に悩まされてるんですが、PCを開いてみました(そんな気分で書くなよ;)

 のっけからすんませーん;
 では気を引き締めて。

 昨夜の【僕らの音楽2】は大満足でした。
 プロデューサーを絶賛したくなりました。
 演奏のクオリティーの高さと、アレンジの素敵なことと、キンキさんズの歌唱もよかったし、何より画的に美しかった。
 一番よかったのは『ボク羽根』かな。
 歌うパートを大きくわけたのも効果的だったんだけども、あの空間の雰囲気がものすごく温かみと優しさが詰まっているというか、音や歌に聴き入っちゃってグッとくるものがありました。
 私はあんまり詞の世界に入り込まない人なんだけど、あんなに優しく感じたの初めてかもしれない(松本さん、今までの数々の暴言、ご無礼致しました; ←『薄荷』の時、ちょろっと行き過ぎた発言を書いたことがあってね)。
 そして、『ビロードの闇』にcobaさんが参加していたのにはビックリした。アコーディオン奏者の第一人者ではあるけど、まさか一緒に演奏してくれるとは。
 そのcobaさんも楽しそうに演奏されてたし、剛さんが元気そうに、今にも踊りそうな感じでのってたし、この曲がカッコよく聴けました。
 この曲はやっぱりスルメナンバーだわ。
 今回、少しテンポアップしてたと思うのだけど、そうするとサビが迫ってくるようなスピード感が出て、いい感じだなあと思った。
 二人の歌唱って、切羽詰ったような追い詰められた感がある曲調がものすごく合うと、勝手に思ってる私です。
 もう歌の部分はね、ヘッドフォンしてボリューム上げまくって聴くのをオススメしますわ。
 私が持ってるボロボロのヘッドフォンでも、あの効果(どの効果?)。
 堕ちます。とことんまで。

 さてトークはというと。
 内容はファンにとっては周知のお話ばかりでしたが、これまたあの雰囲気は何だと苦笑しつつも悶えずにはいられませんな。
 改まって話すのって、そりゃ恥ずかしかろうけども、どこかぎこちなくて、でも当たり前に二人の関係性がそこにあるんだってことを見せ付けてくださいました。
 光一さん、以前ラジオで剛さんのことを「そんな見てないよ」とか言ってましたけど、ありゃ無意識なんですね。ガン見してるやん。
 その辺、剛さんのほうが恥らっちゃうから、物言いもちょっとぶっきらぼうになって。
 いつまで経っても可愛らしくて、ファンは何があっても付いてくよ。
 10年後がどんな形になっていようと、ずっと二人のことは見ていくよ。
 ああもう、イタファン気質炸裂だわ;



2005年06月10日(金)  Mステ・・・ビロードの闇◆


あっはっはっ!!(爆笑)

 トークも歌も踊りもぐっだぐだ。
 哀愁もへったくれもありまへんがな。

 ファンはみんな沈んだだろーなあ。
 突っ伏して悶絶したことでしょう。
 光ちゃん間違えて歌詞作ってるし、つよっさんまで間違えた上に笑っちゃって歌えなくなるし、つよっさん踊りがこじんまりしちゃって二人ともバッラバラ;
 光ちゃんはずーっと笑ってたね〜。
 せっかくMAがついてくれて、バンドマンも入ってバックが華やかになってたのにね〜。

 でもイタファンにとってはハプニングによる二人のとろけた表情に、身も心も溶けちゃうわけですよ。
 だって歌い終わった後の二人が抜かれましたでしょ?
 光一さんが剛さんの肩に腕を置き、剛さんが「もう! おまえっ」てな感じで笑いながら振り払ってる、なんて場面、中々見られませんわよ?

 だいたいトークのしょっぱなで、剛さんが光一さんのマイクを取ったときから、彼らの空気はおかしくなってたんだね。
 剛さんなんて、すっかり緊張が解けちゃってたもんね。

 あー、面白かった。
(歌と踊りは前回で堪能するしかないな。たぶんあれ以上の出来はないかもしれない……)



2005年06月09日(木)  剛クンすごい。

 つよっさんではなくV6の森田剛クンでございます。
 キンキさん露出しまくりのTV誌の中で、TVガイドとTV stationを購入したのですが、その中でびっくりしたのが、TV stationの剛クンのコメント。
 昨夜のサッカー北朝鮮戦の結果を予想していたのですが、“前半0-0、後半2-0で日本の勝ち”と言っていて、そのとおりじゃん!と普通に驚いちゃいましたよ。
 “しかーし、ただじゃ転ばないのが北朝鮮。ホントどっちが勝つかわからないよ”と一応フォローを入れてましたけどね。
 私なんかは素人予想で1点でも入れて勝てればいいんじゃない?って思ってたので、ドンピシャで当てちゃったのはさすがだなと感心してしまいましたよ。
 昨夜の試合は私もがっつりTV前に陣取って見てまして、W杯出場を決定づけたのはよかったなーと喜びました。
 まあただ内容見てると本選でどこまで行けるやらと、失礼な心配をしてしまったりね、個人的に冷めた目線を持ってしまいましたが、すぐ先にあるコンフェデ杯も気合いの抜けてない試合をぜひとも期待したいなと思っております。
 ……なんだか「おまえ誰やねん」的な文章ですな。
 いかんいかん、あんまり素人意見を述べるものではないです。

 さあキンキさん話題。
 TV stationにはですね、剛さんがピンで巻頭を飾っていたわけですけど、テキストは『ラスプレ』についてちょこっと語ってるだけで、何のお得感もないんですが、写真がね、好きな斜め顔で見た瞬間やられちまったから仕方ない。
 ニコリともしてないんですけどね。肩や腕がむっちりしてるんですけどね。衣装もどないやねんっていう組み合わせですけどね(言いたい放題;)。
 他のTV誌が菅ちゃんとツーショばかりなので新鮮に映ったのかもしれません。
 でもガイドも購入。今まで見た中で剛さんが男前だったから。
 どうしてもこの人って女優さんとのツーショットは“自然体に映らない”なあと思っていて、どこかにぎこちなさがあるものだから、「えーいっ、思いっきり抱き締めあうくらいのことしてみんかい!」と常々思っておりました。
 したら今回、それに適っているかというとそうでもないんですけど(なんじゃそら;)、まあ何とか姉弟から脱してるかな?的なショットだったので良いかな〜と。
 それにその後のページのKinKiツーショットが男前だったし。
 しかし次号に渡るというあの質問……。
 よくあるパターンやね。アイドル誌で何度こういう会話というか、質問を送りあったやら。
 アイドル誌をあまり買わなくなったのって、記事の内容が似たり寄ったりだからなんですよね。……編集側も大変やろね、毎月企画してスターたちを多面的に取り上げようと頑張ってるんだろうし。
 今年に入っては今月が初めてかな。
 逆にきっちりチェックするようになったのが音楽雑誌。
 ライブや舞台、音楽について語ってる記事は、キンキファンになったきっかけが音楽からなので、新曲を出すたびに彼らがどれくらい試行錯誤して作ってきているのか、その辺は知りたいなと思っているのでね。
 だから今回もTV誌で新曲について語ってたりするのは一応目を通してますね〜。これまた似たり寄ったりだったりしますけど;
 でもって来週もジョンとガイドはキンキさん特集なのね〜。
 もう買うのは無理かしら……。


 PVの評判はいいのやらどうやら(←濁すな;)。
 私は見れる環境ではないので、フルで見られるのは一体いつだろう……(寂しいな)。
 しかもDAKARAのCMもまだ;
 ローカルのWSで、たまたまメイキングを見たんですけどね〜。録画するまでに至らなかった。残念。
 光一さんダンス、なんて言われてますが、あれは踊ったうちに入るのかしらね?
 でもスティックウォークマンは魅力的。



2005年06月07日(火)  ビジュアル系ロックで攻めて。

 『春雷』を聴いたのですけど。
 ……ええやないですか〜。
 こちらのほうがインパクトがある。
 ものすごいベースの音が効いてるのですよ。
 あ、上ケンさんベースか(←アホか、私;)。

 いやいや仕切り直し。
 前宣伝でロック調だと聞いてたんですが(確かに重低音がドンドコ響くし、ギターは甲高いし。←ちょっと表現オカシイ?)、メロディは切な系で違和感なくキンキに合ってます。
 二人のハモリがものすごく綺麗で(剛さん、ほんま鼻声;)、エフェクトがぐわんぐわん使われてて、ほんまええ感じです〜。
 これはビロードよりもリピート率高いかも。早くCDの音源で聴きたいです。
 ぜひともTV披露してほしいな。
 バンドを従えて、二人ともハードな衣装で決めてもらってスタンドマイクで、がっつりねっとり歌って頂くというのはどうでしょう?(←絶対オカシイって表現が;)。



2005年06月06日(月)  聴いてて心地よい曲。

 だそうです、『ビロードの闇』は。
 久々にアイドル三誌を立ち読みしてきたんですが、三誌ともキンキさんツーショットだったので、これは買わねばと、じっくり吟味してきました。
 ほんとは三誌とも欲しかったですけどね、大人買いは無理でした;
 で、購入したのはduat。
 テキストが他の二誌では新曲+αな感じで、特に目新しい話がなかったんですよね。
 その新曲についてはどれも同じような語りだった中で、duetはお互いにそれぞれのソロや失敗談を対談形式で載せていたので中々面白かったです。

 新曲の選択はこれまた二人が一致して、他の意見も持っていた周囲を説得していった形だったとか(これは他の二誌のどれかに書いてあった)。
 剛さん曰く、“新たなるキンキっぽさ、その中に昔のキンキ路線もありつつ”ということで、やっぱりそうなんだと納得。
 でももう一歩、何かインパクトが欲しかった気もするんですけどね、個人的には。
 Mステであんなに興奮して悶えてたんですけどね(笑)。
 今日になって、やっとこさフルで聴けたんですけど、憶えやすいしサビは盛り上がるし、いい感じとは思っても、物足りない感覚は拭えなし踊りがプラスされてグッとくるなぁと思わなくもないんですよね〜。
 でも光一さんには音域が合ってるように思うし、聴いてて気持ちいいのは確か。
 二人の歌声が好きな私としては何だかんだ言いつつも満足なんですな。わはは。

 duetのテキストで楽しかった話題は。

“二人で歌ってるときに困ったことは?”
 剛さんが言うには、光一さんがよく踊りを間違えると。
 でもそれは熱中しすぎて、自分の世界に入り込んじゃうから仕方ないそうで、剛さんってば“あ、間違えてる”って思ったら自分もやめてフリーダンスにして、次から仕切りなおせばええやんって考えてるそう。
 「やっさすぃ〜(笑)」って照れて笑ってる光一さんが想像できるな。
 逆に光一さんが語る剛さんの間違いは、歌うパートを間違えるらしいんだけど、“オレが歌うとこやん”て時があってでも何の曲だったか憶えてないらしい。
 けど剛さんは憶えてるみたいなのに「言わへん」やって。
 ええ〜? いつ何の曲や?
 パッと浮かんだのは、PJでの『シンクリ』。
 でもあれは自分のパートのAメロBメロを逆に歌ってしまった、って失敗だったはずだもんね〜。
 普通に歌詞間違いはあるけど、ん〜何の曲だったんだろう。知りたい。

“お互いのソロ曲を聴いて、耳にとまった曲は?”
 剛さんは『Peaceful World』。
 世界観とかメロディーとか気持ちいいなぁって思った曲のひとつだそう。
 ひとつってことは他にもお気に入りがあるのかしらん。
 光一さんは『溺愛ロジック』。
 ソロコンでも歌わせてもらったけど、剛の世界観が強く表れてる一曲だよね。
 確かに光一さんは、この曲歌ってる時って楽しそう。

 最後にグラビアに関して一言感想を。
 ……光一さんの流れる前髪、外ハネなサイドや後髪。
 妙〜な色気がありすぎてイヤです;
 もうちょっと切って〜、じゃなきゃパックリ分けて!
 剛さん、ブルーのくるくるが可愛いv



2005年06月05日(日)  新堂本兄弟・・・工藤静香嬢。

 一段と長かったなぁ、一問一答。
 けど工藤静香さんは好きな歌手だったし、この方のあけすけない物言いも小気味良くて好きなので、見てて楽しかったです。
 しっかし、剛さんの靴どーなってるの〜? という疑問から始まり、剛さんの眼力にクラクラして、光一さんのとんでもない行動に開いた口が塞がらない状態になったりで、……面白かったです(その間はなに?)。

 いやぁ剛さんの眼はほんとキラキラしてるな〜。
 お髭あっても可愛いったらない。
 その上、足もほっそいね〜。

 ……触れずにはいられませんよね。キンキファン的にも。
 女の子に股間蹴りされたっていう話をしている時の剛さんの動作に、ほんと面白くて笑いながら聞いてたら、光一さんが立ち上がったので、?になった瞬間、何やってんですか、この人は;
 「再現しようと思って」って、当ててどうすんですか。
 それも三回;
 眼が点になっちゃったじゃないですか。
 二回連続でされた時の剛さんの表情がまたおかしいし。
(うわ、またぶっとんだことしてくれたわ〜。おもろいけど、本番中に……収拾つかへんで。っておい! 今のはマジ入ったで! おまえ……はしゃぎすぎ;)
 何だか剛さんの心の声が聴こえてきそうでしたわ。
 でもこの話をしてる時、剛さんって光一さんに語ってたもんね。だから光一さん的にはあの瞬間二人の世界になってたんだろね。
 周囲に人がいるなんて頭になかったんだよ、きっと。
 「みんなのために」なんて後付けさ。うん。←何ひとりで納得してるんだ私;
 この一場面をリピートしたらマジ楽しかったです。
 ええ、どっぷりイタファンですから仕方ないってことで。
 もういっか、このネタだけで(笑)。



2005年06月04日(土)  昔を思い出す。

 久々かな〜、こんなにリピートしまくってるのは。
 昨夜のMステ、ずっと見てますよ。
 たぶん過去のシングルTV披露でリピートが止まらなかったのは『雨メロ』以来かと思います。
 当時もMステが初披露だったと思うんだけど、その日は仕事してても落ち着かなくて緊張してたのを憶えてます。
 あれは何でなんでしょうね?
「今日はMステにキンキが出る。Mステにキンキが出る。キンキが出る……」
 ずっと頭の中を繰り返してましたね〜。
 まさに同じパターンを昨日久々に味わいました。
 どこか共通点があるのかなぁと考えてみたんですけど、特にない(爆)。
 いやまあ、曲の雰囲気は似てなくはないし、ダンスにしてもステップの複雑さは共通してるかなと思いますけど。
 ただ個人的に、1999年の彼らってビジュアルがすごく良くて、好きで好きでしょうがなかったので、ものすごく熱心に見てたんですよ。
 その頃の【Love2】なんて何度リピートしたことか。
 いちゃつきトークが多かったですしね。それに剛さんの身体が締まってましたし(笑)。

 そんなふうに色々思いながら見てて、今回のダンス。
 正直、曲とマッチしてるとは思わないんですけど、そもそもキンキのシングルで踊るのって難しいものばかりなんじゃないかなあ。
 私が好きな踊る曲って『愛・愛』と『雨メロ』なんですけど、哀愁系でミディアムテンポなのに振りがけっこう細かかったりするんですよね。
 ステップが複雑で手の動きも早くて、でも要所要所で色っぽいところがあって。
 『ビロードの闇』も同じ匂いがします。
 それに剛さんがね、昔みたいに前見て踊ってるっていうか、眼を伏せたり俯いてたりっていうのがないのね。
 KinKi Kidsを楽しんでるなぁって感じがする。
 踊ってるときの表情がいいなあと思って、繰り返し見てるうちに懐かしくもなっちゃったんですね。
 だからかなぁ、二人とも踊りの形というかスタイルがまったく違うはずなんだけど、すごくしっくりきてたなぁと。
 足の動きだけ見てるとね、ほとんどズレてないの。まあ普通、振り付けられたステップが同じなんだから同時に動いてて当たり前なんですけど、過去はどうしたってズレまくってましたよね?(聞いてみました;)。
 それがねー、今回は地を滑るような流れる動きが多いと思ったんですけど、よく揃ってるなあと、ホレボレしちゃった。
 光一さんのダンスが大分滑らかになったからかも。変わらずパキパキな感じもあるけど、上半身の動きはほんと色っぽくなっちゃって……ドキッとしてしまいましたよ。
 なんせ女性めいて見えるんですもん。風効果もあっただろうね(笑)。
 そうそう剛さんは、ちょっと頭が重かったんでは? とも思いました(笑)。
 昔からあまり頭が動かない、重心のずれない踊りをする人ですが、見ているうちに重そうに思えてきちゃって。
 今度は光一さん同様、髪をなびかせて踊ってる姿を見てみたいですね。

 そんなこんなで、まだまだリピートは止まりませんよ。



2005年06月03日(金)  Mステ・・・ビロードの闇 

 ああ楽しかった。
 ずっとリピートしてます。今も流してます(笑)。
 何度も見ているうちに曲披露に関しては、いっぱい感想があれやこれやと出てきましたけど、一応初見の感想を書き残しておこうかなと。
 登場シーンで衣装を見た瞬間は、「あら地味」って思っちゃったんですが、剛さんの頭に想像以上だと、さすが普通で済まさない人だと思いましたね。
 衣装がシンプルゆえでしょうか。逆に光一さんは髪型をナチュラルにセットしていて、つやつやのさらさらで綺麗でした。
 前髪があんなに伸びてたんですねー。ソリチュードの時があんな感じだったかも。

 トークは“魚”と“車”争いをゲスト出演でまで持ち込んでしまいましたね。マニアだということを一般視聴者にまで知られてしまうんでしょうか……来週はどっちの話題に決まるのか。ほんとに視聴者投票みたいなことするの?
 SMAPのバックでの振りを二人そろってやっていたのは楽しかった。ほんとよく憶えてますね〜。身体が憶えてるってやつですか。

 さあ曲だ。歌だ。踊りだ!
 スタンバってるところからして「風が吹いてる!? ついに風を持ってきたか!!」と、一気に気分はヒートアップ!
 ……うわぁ、踊りまくってる。
 しかもバックダンサーがいない。
 衣装と同じくステージもシンプル。
 声もそこそこ出てる。
 フルでまだ聴いてなかったので、気になっていた間奏後の大サビというか転調部分(Dメロになるのかなぁ?)が、どんなだろうと固唾を呑んで聴いてたんですが、音数を減らしただけでサビと同じメロなんですね。
 ちょっと残念。ユニゾンのままだし。
 最後まできっちり踊っていて、ラストのターンで剛さんにとどめを刺されました(剛さんのターンはめちゃめちゃ好きなんです……)。

 何度か見てて、今回のダンスって、【愛・愛】と【やめピュア】をミックスさせてて、足の動きが激しいところは【雨メロ】っぽいなと思いました。

 粗探しなんかしたら、そりゃ出てくるでしょうけど、充分満足しました。これだけリピートしてるんですもん(笑)。
 来週の剛さんが頭をどうアレンジしてくるか、トークが魚と車、どっちになるのか、楽しみです〜v


 【僕らの音楽2】の予告を見ました。
 曲が【全抱き】ではなく【ボク羽根】のようですね。アレンジがゆったりとしたフォークロア調でサビをハモってるみたいです。
 二人の対談が畳のお部屋で、何だか新鮮。
 先週、「ナレーション草くんだよね……後輩を紹介するってどんなふうになるんだろ?」と思ってたんですが、今回予告を聴いて、“光一さん”、“剛さん”って言ってるのが、すごい違和感がありましたね。
 いや悪い意味は全然ないんですが。面白いなと。



2005年06月02日(木)  Matthew's Best Hit TV+

 小犬がいるよ?
 嬉しそうにぶんぶん尻尾振ってたり、きょとんと眼を丸くして首傾げてたり、おどおどしながら上目遣いで「怖い〜」って訴えてたり、肩を落として落ち込んでいたり……。

何てかわいいのっっ!!

撫でたいーーーっ、頬擦りしたーーーいっっ!!

抱き締めたーーーいっっ!!

 すみません、すみません、見逃してください……。
 アホ発言なのは重々承知です。
 だって久々にグダクダのヘタレっぷりを見たもので、半端なくTV前でとろけるかと思いました。
 もうほんとに飼い主を(KDさん)呼んでーっと、傍で慰めたってと切に思いましたもん。
 まあでも幸い、ご一緒していた方々が大変な犬好きで、かいぐりかいぐりしてくれましたからね。
 本人の中ではものすごい楽しんでいただろうと思います。

 ……アカン、これ以上語るんやめとこ。壊れてるわ、私;


 話し変わって。
 いよいよ明日ですねー。新曲初披露は。
 そういえばマシューで剛さん、エクステしてましたが、衣装によりけりでしょうけど、頭も色々いじってきますかね〜。
 でもって三週連続出演なのかな?
 ってことは、もしや初回の明日は一番手?
 僕羽根の時はそうだったけど、カナブルはどうだっけか?
 う〜ん、やっぱり後で確かめとくか(←あんまり意味ないと思う;)。
 ともかく楽しみだーv

 楽しみといえば、ティポのDVDが出るのは真実本当のようで。
 しかも初回盤は、特典が盛りだくさんで、お値段も盛り上がっちゃってエライことになってますね。
 空笑いしたくなりますけど、しっかり買う気でいる自分が正直ステキv



2005年06月01日(水)  正直しんどい・・・三本まとめて。

 昨夜、しんどいの菊川さんの回が見たくて(剛さんがダンスレッスンしてたやつ)、引っ張り出したはいいんだけど、テープに何の覚書もしてないので、どこに入ってるやらさっぱりわからん。
 こうなったらと、三本くらい一気に流し見チェックをしたわけです。
 ……疲れた;
 私がテープに残し始めたのって剛さんがぶくぶくになりだした頃で、そのうち100回記念の総集編とかを見ていると、「だーーっ、2003年前半を残しておかなかったのは失敗だったわーー;」と悔いてしまいました。
 いや、見てはいるんですけどね、記憶にはあるんだけど映像を残してな〜い。
 何より、光一さんの“正直ステキ”が!!
 あれを残してないなんて!
 いや私のことだからどこかに残してる、気がする……。

 ところで100回目以降からなのかな?
 芸人さん出まくりの、ゲストが数組になったのは。
 ……名前書ききれないじゃないか。


【ユースケ・サンタマリア氏、安めぐみ嬢】

 「鬱陶しい、鬱陶しい」と言いながら、「でも面白い回にはなってますv」とわりにご機嫌な剛さん。
 安めぐみちゃんは見た目どおり、やわらかい印象でいやみないしゃべりをする方ですね。
 剛さんとツーショット似合ってました。
 か、しかし。
 ユースケさん、ほんまうるさい;
 ええ見ましたよ、【交渉人 真下正義】。面白かったですよ。
 でも何でバラエティだとあのテンションなんでしょ?
 ていうか、昨夜も【ぷっすま】を見てましたが(こちらでは【しんどい】と連続放送なの)、こっちの場合逆に低いよ?
 めっちゃ疲れてたよ(笑)。
 きっとこっちが素だな。

・ボーリング、卓球対決
 【しんどい】でボーリングやると、誰がゲストでもグダクダですね。
 何でこうも“できない”人たちばっかなんでしょうか。
 剛さん、フォームは綺麗なのにね〜。だからその姿を見られるだけで満足だったりはしますけど。
 卓球は……中々上達しませんね;
「何て低レベルな戦いなんだろう!(byユースケ)」
 その通りだよ。

・ドライブ
 ユースケさんはペーパーらしいっすね。
 そら剛さん運転しなきゃ。
 んで、このインカムは番宣の一環ですな。
 光一さんはこういうサイバチック(?)なのが似合いますけど、剛さんもイケてますね。カッコイイなv
 剛さんも映画でCGいっぱいのかっちょいいのやってみようよ。

・プロポーズ対決
 剛さん的にはユースケさんのための配慮みたいですが、あのセリフは歌詞そのものですな。
 まともに聞けん;(赤面ものでしょー、絶対)。


 いや〜んっ、私ってばいくら映画が面白かったからって、特番を録り残しておくことないじゃないっ!
【交渉人 真下正義 ユースケ欠席座談会】
 ……ちゃんと巻き戻しておかなかったのだね。くぅっ。←悔し泣き。


【井上和香嬢】

 女性単独ゲストになるとグルメ番組になってるんですが、何故でしょう?
 普通にデートしてもしんどくないから?
 剛さん飽きたのか? 食い気に走ったのか?
 そりゃまあ見ているこちらとしては、剛さんの食いっぷりとビジュを堪能できるからいいっちゃいいんですけど、いいんですけどー、何か物足りない。
 でも今回は剛さんの殺陣の片鱗が見れましたので、それだけでも顔が緩みます。
 しかも思いっきり鼻声(甘えた感倍増)。
 しかもしょっぱなからKD話。
 ちょっと楽しいv
 つよっさ〜ん、殺陣やろうよ〜。時代劇じゃなくても殺陣できるじゃん。やっぱ映画だ。また映画やりましょ(今度は全国版で)。
 【KIIL BILL】でしたか。斬る役と斬られる役両方で、ゆっくりとした動きでしたけど、形が様になってるからカッコよかったですね〜。リピートが止まりません。止めたくない(ぇ;)。


【菅野美穂嬢】

 菅ちゃんは和みますね〜。
 剛さんと並んでこれほど自然に映る人はいないんじゃないかしら?
 なのにドラマは初共演って……縁が無いはずじゃなかろうに、何で今までなかったんでしょうね?
 ……つよっさん、やっぱちょびっと○くなったな。ほっぺの辺りがむっちりしてる。
 な〜の〜に、

【正直食いすぎっ!!】

 ちゅーねんよ。
 ああ食べたい。特に味噌カツが。
 私はうなぎが苦手なんで、ひつまぶしを食べられないのが悔しいんですけど(見ててとっても食欲をそそるのに、食べると胃痛を起こすの; 梅干好きだからかなぁ)、あの味噌カツはおいしそうでした。
 エビフライドッグもうまそう。
 名古屋行きたいな。けっこう薦められるんですよね。行ってみろと。
 あるものあれば行きたいけどね……。

 さすがに菅ちゃんはあれだけ連続で食べてるとテンション落ちてきてましたが、剛さんはテンションも変わらなければ食いっぷりも変わらない……;

 ひつまぶし披露のところで、しゃもじが映りこんで拗ねてる子供がいる〜。
 でもこういうこと相手が菅ちゃんだから拗ねてみたのかもね。他の女性ゲストだったらこんな可愛いことしなかったかも。

 スタジオの剛さんはロケ後のホテルなんでしょうかね?
 ということはロケで散々食したあと、手羽先食べて、あんかけスパを食べたのね。あれほんと待ち受けにするの?

 観覧車は乗らないよなーと思ったら、見るだけでしたね。
 菅ちゃん乗りたそうだったのに。

 だんだん前髪が上がってきて剛さん、ちょっとワイルドですよ。
 鉄板味噌カツ、あれはおいしいだろ〜。
 
 グルメ番組になってもこのユルユル感は好きです。
 やっぱり剛さんの人格のなせる技だね(いや、あんたがイタファンだからだよ;)。

 んで文章もぐだぐだですみません……。



ことぶき |HOME

↑エンピツ投票ボタン
My追加