城之崎にて

城崎温泉では旅館にあるお風呂もゆったりといい温泉が
多いのですが、外湯めぐりも楽しみの一つです。

今回は今年7月にリニューアルしたばかりの「御所の湯」
が抜群によかったです。
特にお客様の少ない時間を狙っていったのですが
2度行ったのですが、ほぼ独占状態でした。
露天風呂では目の前に岩滝が作られていて、丸太が置かれていて
そこに頭を乗せると腰のあたりにジェットバスがあたるように
なっていたり、
深っけぇ湯という深いところがあったりしています。

でも、もちろんのことですが、モモはつれて入れないので
いつも外で待ちます。
写真は「御所の湯」の入り口で待つモモ。


泊まった旅館はワンちゃんOKのところでしたので
お部屋でも自由に過ごすことができます。
お食事のときにはモモちゃんもお座布団に座っていました。
お利口でした。


でも段々疲れてきてしまって、二日目からは
もうバッグの中に入ってしまいました


そしてお布団の中でぐっすり。



でも一緒に泊まれる旅館は本当に有難いです。
モモちゃんは賢くて、おトイレも完璧でした。
ちゃーんと決められたトイレシートにきちんとトイレを
していました。偉いな。ありがとうモモちゃん。

城崎温泉では温泉卵を作ることができます。


旅行会社のクーポンに1人3個ずつ卵が付いています。
その卵を、アミに入れて、お湯のなかに9分から10分つけると
温泉卵ができあがり!


待ち時間にモモちゃんと遊んでいたら、10分30秒つけてしまって
とろりんとした黄身にならなくて、ちょっと固まってしまった。
残念〜
次回またチャレンジしてみます!
2005年10月31日(月)

コウノトリって漢字で書くと「鸛」

豊岡市では育てていたコウノトリを野生に返すことをはじめました。
このニュースを見てから、私はコウノトリが豊岡市の上空を飛んでいる
のかと思っていたので、円山川の上空や、岸辺を必死でコウノトリを
探したりしていたのです。

旅館の仲居さんに聞いてみたら、その辺にいますよ・・・コウノトリと
いっても鶴の変化したものでしょう?と地元の人は普通にいいます。
興味津々。コウノトリに会いたいなぁ。

ということで行った兵庫県立コウノトリの郷公園

絶滅の危機のイメージのあるコウノトリですが、ここには100羽以上の
コウノトリが生息しているとか。
大切に大切に育てられているそうです。
その中から5羽が先日、野生に放鳥されたのですが、まだその公園の外には
出ていないとか。
それでもそのうちに、円山川の岸辺を飛んでいるコウノトリを見ることが
できるかもしれないですね。

豊岡市にはコウノトリがたくさん!
市のお仕事の車にはコウノトリの絵。



郵便ポストには幸せを運ぶコウノトリ



コウノトリ公園はすぐ傍で見ることができます。

2005年10月30日(日)

風邪ひきました〜


城崎温泉から帰ると、必ず風邪をひきます。
温泉に温まりすぎるのかなぁ。

たぶん、今日耳鼻科に行って、移された気がします。
病院ってウィルスの住家のようなので、待合室にいるだけで
風邪をひきそう。
耳のほうは大分よくなりました。あとは鼻だけ。
「この鼻だったら、まだちょっと心配だなぁ、風邪だけはひかないよう
にね」と言われているのですが、耳鼻科で風邪をうつされたら
元も子もない。
でもいいお医者さんなんですよ。

もう少しで熱がでそうな予感がするので、背中に今年初のホカロン
貼りました。あとは風邪薬を飲んでおいた。
皆さんも急に冷え込んできたので、ご注意を!
2005年10月29日(土)

ただいま〜



慰労会から帰ってきました。
疲れた・・・

温泉はいっぱい入ってきました。
とっても気持ちがよかった。平日独占温泉。
露天風呂にもいい季節。

写真は道端にある足湯にモモの足をちょっとだけ入湯。
こそっとね。
2005年10月28日(金)

慰労会

よく頑張ったねということで慰労会に行ってきます。

急に決めたので、仕事が変わってもらえず(言い出すのも面倒なので)
仕事を終えてから、その足で車で日本海へ。
温泉三昧するよてい。でも前回の温泉では湯あたりを起こして、
発熱したんだったよ。今度は解熱剤と冷えピタ持参します。
車には読みたかった本を3冊積みました。どれだけ読めるかなぁ。

本当は反則行為なんですが
普段お風呂の中で漫画を読んでいる私にとっては
温泉でも漫画を読みたい。
漫画だと印刷インクでお湯が汚れると申し訳ないので
小説ならばいいかなと、こっそりと持ち込むこともあります。
結構女湯は本を読んでいる人とか多いですよね。
(平日の空いているとき、それも自分ひとりのときに限る)

露天風呂で漫画読みながら、ゆったりなんて夢のよう。
(日本酒がOKならば漫画もよさそうなんだけど)

ちょうどharbotのメンテナンスと重なってしまい、めちゃくちゃ
不安なんですが・・・家出していたらどうしよう。
そのときはそのとき。駆けずり回って探します。

ではまた週末に!!


PS
そうそう、時間ができて1番最初にしたことは
3週分の仮面ライダー響鬼を見たことでした!!ステキでした。
2005年10月25日(火)

まねっこ。

にゃぎさんのところでお見かけして、心を射止められてしまいました。
早速、私のところにも水槽置いてみました。
本当はネオンテトラが好きなのですが(実家でも飼っていた)
今回はリアルに飼うのが難しいプラチナエンゼルにしてみました。

熱帯魚大好き〜
今日もちょうど魚の図鑑を仕事先で読んでいたので
嬉しいです。
私が子どもの頃、父親の仕事の関係で「タツノオトシゴ」が
たくさん家にいました。
ぷかぷか浮いていて本当にかわいかったです。
でも母はグッピーを煮たことがあるそうです(温度設定を間違えたらしい)
まかせられないと父はつぶやいていました。

今度の旅行で水族館に行けそうで、嬉しい。
久しぶり〜写真撮ってきますね。


最近日本シリーズというものがやっているみたいですが
このチケットをとりたくて、格闘した時期がありました。
今回は一般発売の前にプレオーダーという抽選のエントリーがありまして
そのエントリーがPCまたは携帯でのネット受付だったのです。
これが全然つながらなかった。いくつか入った分はもちろん落選。

そうしたら、関西ローカル番組でその話をしていました。
やはり同じように落選している人が多いとか。その仕組みはどうなってい
るのかと調べてみたそうです。
これは1メールアドレスで一回の応募ができるのです。
(一応クレジットカード引き落としなので、カードナンバーも入力しなけ
ればならない)大概は1人持っていても数アドレスですよね。
メアドはドメインごとに作成できるらしいのですが、ドメインを取得する
のにかかる費用は5000円程度だそうです。取得すると10万アドレス作れる
のですって。それで10万アドレスを持っている業者の人たちが、応募して
当選した分をネットオークションに出している(のではないか?)という
仕組みになっているそうです。

あぁーーーーーーー
最近ネットオークションで異常に値上がりしているチケットなどがある
のですが、こういうことも要因なのでしょうね。

耳鼻科でも普通のおじさんが日本シリーズのチケットをとろうと思って
電話をかけているのにつながらない。10枚ぐらいとって儲けようと思った
のにと普通に話していました。
チケットは儲ける手段であると一般にも認識されていることが間違ってい
るような・・・間違っているよね。
本当に行きたい人に行きたいものをというのがこれから年末にかけての
私の小さな願いです。

2005年10月24日(月)

明日から・・・

遊ぶぞーーー!!!


ここ数ヶ月の懸案の代物だったブツが
終わりました。
あぁーーーダメだったよ。
結構色々我慢して「私なりに」やったのになぁ。
数少ない脳細胞を多面体にしてあっちこっちに注ぎ込んだつもり
だったのに、細胞数不足だったか。

ということで、ずっと楽しみにしていた色んなこと。


「こけもも」とも遊んであげたい。めざせ!1日2回
読みたい本も山積み。
前から話していたパッチワークの続きも縫いたい。
VHSからDVD−Rにコピーもしたい。
それよりもHDDに入ったものを消化したい。
漫画も読みたい。
部屋の掃除もしたい。
資源ごみも整理して出したい。
衣替えもしていないぞ!
あ、洗濯もしたい(昨日と今日できなかった)
クリーニングにも出しに行きたい。
美容院にも行きたい。
割と全部普通の望みだな。

えっとえっと
ゆっくりだらだら暮らしたい。

でも明日は仕事だ。そして耳鼻科と某所に行かなくちゃ。
あさっては銀行と旅行会社と・・・
しあさってはどこかふらりと・・旅にでよう。

あらら・・こけももちゃーーーん!!!
また留守かも。ごめんよぉーーーー。

蟹か海老かどっちだ!!
2005年10月23日(日)

モモちゃんお休み中〜

ちょっと時間がないので、モモちゃんのかわいい寝顔写真特集★☆★




最近のお気に入りは買ったばかりのバスロープの上で寝ること。


涼しくなってきたので、羽毛布団の中に入るようになりました。

2005年10月22日(土)

水曜日のこと。

仕事が終わって、帰宅。
秋晴れのよいお天気でした。




「逃避行?」




「ちょっと南国っぽい」




「せっかくドッグラン(←犬専用の囲いのある広場)に
行ったのに、どのワンコとも遊ばずに端のほうにたたずむモモ」
最後には仔犬に追いかけられ、まとわれていました。





話しかけても拗ねているときの顔。




そして夕焼けの海。
たたずんだモモでした。



2005年10月21日(金)

今日は京野ことみちゃんのお誕生日でした。


隆 慶一郎原作の「吉原御免状」の舞台を見てきました。

なんか凄かった。
梅田コマ(現梅田芸術劇場)だったのですが
ど真ん中の前から11列目の良席。実は前日まですっかり
行くことを忘れていて、友人からのメールで気づくという
有様。それも極度の寝不足で、眠気覚ましにクールミントを常備。

でも眠くなりませんでした。休憩挟んで3時間の舞台。
さすが、「劇団★新感線」

でもさすが、堤真一!というべきなのかなぁ。私は市川染五郎よりも
やっぱり堤さんのほうが好き。
そして今回の客演の女優人が、松雪さんと京野ことみちゃん。
松雪さんは勿論のこと、ことみちゃんがかわいい!!
めちゃくちゃかわいかった。花魁の太夫さんだったのですが
しゃんなりと歩くふりとか綺麗な衣装とかこの上ない。
さらにぱさっと襦袢を脱ぐ(!)姿とか。あれは本物ですか?
肌綺麗でした〜

話題満載の舞台ですが、賛否両論はあるとのこと。
私は東京でのどちらかというと、悪評のほうを眼にしていたので
逆によかったです。
原作も数年前に読んでいたのですが、ん?同じ話?と言うような記憶。
もう一度読んでみよう。

でもちょっと残酷なシーンもあったのは、きつめでした。
コマ劇場ならではの、もしかしたらおひょいさん目当てのご老人の
お客様も多かったのですが、あんな感じは受け入れられるのかなぁ。
不思議な客層でした。
演劇を見に行くと、幅広さを感じますよ。

で最後のカーテンコールで
京野ことみちゃんのお誕生日のケーキが出てきて
簡単なお祝いをしました。
サプライズだったみたいで、びっくりしていて
とってもかわいかったです。
2005年10月20日(木)

寝耳に水。


先日から耳鼻科に通っているのですが
全然よくならなくて、落ち込んでいました。
やっぱり鼓膜から注射しようかと決断をしそびていて(勇気がない)

注射いやなんですよね。
映画とかドラマとか、ピストルでバンバン撃ち合うのは好きなのですが
注射とかナイフでさされるとか、苦手。
「踊る大捜査線」で後ろからナイフで織田さんが刺されるシーンとか
最悪。腰が痛くなります。

でも耳鼻科にいって治療するとよくなるのですが、一日たつとダメで
片耳にフタが締まったような状態になる。
ネットで調べてみたら、子どものよくなる病気らしく
治るのには時間がかかる場合もあるとのこと。いつか治るので根気よく
個人にあった治療方法で・・・と書かれていました。

で、頭を振ってみたり、片足跳びをしてみたり、耳栓してみたり
色んなことをしていたのです。(自己流民間療法)
昨日の夜中に、鼻をかんでみたら!!←片鼻ずつね。基本は片鼻ずつです。
耳がぱこーんと音がして、黄色の液体が鼻から出てきた!!
わーーい!!
治った??????

と喜んで嬉しくて、

月曜日の今日、病院に行ったら、治っていませんでした。
がぁーーーーん。落ち込んだ。

でも耳抜きが出来たということはちょっと良くなっていると
慰められました。

早く良くなりたいです。

せっかく競馬当たったのになぁ・・・・・
2005年10月17日(月)

秋は行楽シーズン

関西はずっと雨が続いていたので
久しぶりのよいお天気の日曜日。

夕方のお散歩に出かけてみたら、どこに行っても大混雑。
駐車場にとめるまでにも時間がかかり、公園に入っても
あちらこちらに人の波。
こんなにいいお天気なんだから、どこかに遠出でもすればいいのに
手近な公園でなくてさ。

でもここって
駐車場も広くて、トイレも綺麗で、バーベキューもできて
目の前は海と砂浜だし、芝生も広い。
なんといっても「無料」

来ますよね。人が!
魚も釣れるみたいだし。
魚釣りの人もいれば、ビーチバレーしている人もいれば
海を見ている人もいれば、サッカーしていたり、野球していたり
お弁当を食べていたり、焼肉していたり
キャンプみたいにテントをはっている人もいた。
自転車乗っていたり、走っていたり
もちろん犬の散歩の人もいる。

でもでも人が多すぎる。
人の少ない砂浜を選んで歩きます。
砂浜を歩いていたら痩せるかな。
歩くのに結構体力要ります。走ると疲れます。






海辺の階段で人が減るまで待ってみた。
日が暮れて寒くなったら
急激に人が減り、犬のお散歩の人ばかりになった。

真っ暗になった公園で
モモはようやく楽しそうに芝生を走り回っていました。
やっぱり、滑り台を見ると自分でのぼりはじめて、上までついたら
自分で、すぃーーーーーーーーっと滑ってくる。

滑り台好きらしい。
きっと「ジェットコースター好き」だろうね。
2005年10月16日(日)

モモちゃん★

「たからもも」はモモの日記なのに
モモネタが少なかった。モモは元気です。
ちょっとウンチがゆるいです。

そうそう、昔にウンチの話ばかり書いていたら
けろさんにウンチ日記みたいだと指摘されました。
ペットとウンチは切り離せません。

モモが我が家に来たばかりのときは、本当にウンチとの
格闘の毎日でした。
しょっちゅう、ウンチの洗濯していたよ。手洗いで(笑)
洗濯機に入れるわけにもいかないし。
昔は留守番のときとか、サークルの中に入れていたので
帰宅すると、サークルがウンチまみれで、その洗濯と
モモを洗うことからはじまっていました。
(留守番に腹を立てて、ウンチをして、その中でうろうろと
動き回るので、モモもサークルの中もウンチでいっぱい)
いまは、もうそんなことないですよ〜

昨日のモモはワクチン注射の日でした。
またもや体重計に乗ってみる。
「5.1繊
減ってない。

先生に注射をしてもらうとき(背中)
「随分肉付きがいいね」と言われました。

もうダイエット!ダイエット!
飼い主も一緒にダイエット!!
目指せ!

3羨私
0.5羨モモ

この間のロンブーの青木さん、凄かったね。
どんどん痩せてく。締まってく。さすがと思った>ケビン!
ケビンのHPを見ちゃった。やっぱり痩せるにはジム?と食事?

秋は食欲の秋だからなぁ。難しいよね。味覚の秋。

獣医さんで出会った方が8歳のパグちゃんの飼い主さん。
糖尿病なんだそうだ。インシュリンの注射を30日分取りに来ていました。
わんこは糖尿病になると食事療法は効き目がないらしくて、インシュリン
なんですって。もともとの体質からなることも多いそうです。
でも、糖尿病になった飼い主さんと同じ食事をしていて
糖尿病になったわんこもいるらしいので、要注意です。
2005年10月15日(土)

マツケンサンバーー♪オレェーー♪

別にマツケンさんが再婚したからのエントリーではないです。

もうすぐ勤め先の運動会なのですが
今日、お庭でダンスの練習をしていました。

今年の曲はこれ!マツケンサンバ!
はじめに聞いたときにはびっくりしましたよ。
本当に?と耳を疑いました。

でもねぇやっぱり子どもの反応がいいのです。
私に「マツケンサンバの練習、今日あるかなぁ」と
尋ねてきたりするのです。
そして本日の全体練習。
まずはマイケルの歌を踊って
「さぁ次はマツケンサンバです」と先生が言うと
「わぁーーい」と大歓声ですよ。
びっくりしました。
こんなに子どもの心を掴むなんて、さすが「マツケンサンバ」

売れるものはなにかあるのですね。
(これできっとCDもまた売り上げ貢献してますよ)

でもやっぱりちょっと耳につく。
運動場に響き渡るマツケンサンバ♪オレ!
2005年10月12日(水)

つれづれ

先週遊びに行ったハナちゃん。

ハナちゃんとはモモが2歳の頃からのお友達です。
以前は同じマンションでした。その頃からモモはハナちゃんに
LOVEでいっつも後ろをついて回っていたのですが
ハナちゃんに振り向きざまに「うぅーーワン(怒)」と叱られていました。
ようやく、私にもモモにもハナちゃんが懐いてくれた頃引越し。

今でもモモが外で預かっていただいたのはハナちゃんのおうちだけです。

最近のハナちゃんは、ぺとって傍に来てくれて甘えてくれます。
かわいい〜★(でもおやつで釣りました・餌付け)

連休後半には西の国からけろさんが遊びに来てくれました。
けろさんのリクエスト(?)でネットカフェに行きました。
けろさん、漫画喫茶もネットカフェも初体験。
うろうろ・・漫画を探していました。
手にしていたのは「ハチクロ」
私はけろさんに「のだめ」をお勧めしてみました。

私は最近購読をやめていた「コーラス」「YOUNG YOU」を3ヶ月分
読み、男性ファッション誌とかを読み、3時間で雑誌7冊。
そこで大衝撃ーーーー!!!

YOUNGYOU休刊のお知らせ

なに???なんで???
それで「コーラス」と「YOU」になるそうです。

YOUNGYOUの創刊からずっと読んでいた私はとっても寂しい。
コーラスが残ってYOUNGYOUがなくなるなんて。
ハチクロはコーラスに行くらしい。
それぞれの漫画が2つの雑誌に散らばるみたいです。
えぇーーーとこっそり嘆いていたら
けろさんに「ほら、カオルさんみたいに最近買わなくなった人が
いるからじゃない?」と指摘されました。

一時期は
「YOUNGYOU」「YOU」「コーラス」「フィールヤング」
ついでに我が家にあった「ビッグコミックスピリッツ」
「ビッグコミックオリジナル」「ヤングジャンプ」「ヤングマガジン」
を読んでいました。

今はほとんど読まないなぁ。なんでだろう?
でもテレビドラマの原作は漫画が多いですよねぇ。それだけ
需要があるのになのでしょうか?

あぁ時間きれ。また後で。


続き☆

さてその日のテーマは「潔い、男っぽい」でした。
どうやら、私が「イサギヨイ」らしいのですよ。うーん。
いつから「イサギヨク」なったのでしょうか?
確か中学生のときとか、高校生のときとか砂糖菓子のような女の子で
あったはず・・・・いや、いや、絶対にそれはない。
砂糖菓子のような女の子になりたかったはず。
ぴらぴらのレースのついたフリルイッパイのお洋服を着こなすような
プリティーなモミジのような手のひらの女の子になりたかったという
希望は覚えています。
でも、どこかで、がらりと変わったらしい。
昔の友達に会ったら、今の私をみたらびっくりするよと言われました。
うーん。転換期はどこだろう?
大学時代の人たちからは、OLをしてから、喋るのが早くなったと
言われました。この辺りですか>けろさん。

それでどこが「イサギヨイ」のかというと
車の運転だそうです。ぐぃーーん、ぴた。ぐぃーーーん。ぴた。だそうだ。
あと、ネットカフェに入ったら、ばたん。とことこ、どさどさ。もくもく。
要するに、動きが粗雑?あんまり悩まない?余計なものがない?

男っぽいはね。男脳、女脳の診断をしたら、めっきり男脳だったからです。
さて、気になる方はこちらをどうぞ。
男脳・女脳度テスト
http://a-8.hp.infoseek.co.jp/brain.html

私はカーナビは北が上です。女性の多くは進行方向が上らしい。
そんなことを話していたら、今日無意識にも「イサギヨイ」エピソードが。
仕事帰りに車に乗った営業マンから道を聞かれました。
地図のコピーをぐるぐる廻しながら、いまどこにいるのかわからなく
なったらしいです。それで○●に行きたいと・・
私はその地図を見て、地図の向きをぐるっと正しい方向に直して、
いまいる場所を示して道を説明してしまいました。
なんか、ちょっと自分の男脳を実感して、凹んだ。

もうちょっと砂糖菓子になるように頑張ろう。


ちなみに・・・上記テスト70点でした。はぁ↓↓↓

2005年10月11日(火)

スタンプ押しました。




最近どんよりのお天気が続きますね。
今日も雨がしとしと降っていました。
夕方の雨の止み間を狙って出かけた海辺の公園。

涼しくなった気候がモモはお気に入り。
雨交じりの公園は、人が少なくて、絶好調。

今日のモモは走り回って、自ら滑り台にのぼり
子ども用の遊具に足をかけ、坂道を登って
遊びまわっていました。
楽しそうだったわ。

そして、ベンチに座って、私のジーンズに足跡をべたり。

足型、わかりますか?
2005年10月08日(土)

京都と檸檬

「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」

NIKKEI NETでの記事「世界最古のイタリアの薬局、京都市に来月出店
ということでこのお店に行ってきました。
四条烏丸にある町屋をいい雰囲気に使っていました。
最近石鹸に興味があるので、これは楽しみと自分の分、
そして今週末に会うお友達にお土産でいくつか買うつもりだったのです。

これがどれも高価でした。びっくりしました。
店内は石鹸、バスソルト、化粧水、乳液、パウダーなどハーブ茶も
ありました。石鹸が携帯電話のサイズで2500円平均かな。
バスソルトはザクロソルトがあって
(なにやら稲垣氏が愛用だとか)5400円。
ハーブ茶は2500円ぐらい見当。
シャンプー・リンスも平均5000円。
かわいいベビーシャンプーとかベビー石鹸とかありましたよ。
でも高くて買えませんでした。残念。

それよりも京都案内雑誌で見つけた、
俵屋の石鹸6こ入り1350円に惹かれた。今度買いに行こう。

そしてレストランでディナーをいただきました。
夕方に電話をしたら、もう満席だとか。カウンターでよければと
いうことだったので、そこでお願いしました。
お客様も地元の年配の方がいたり、外国人の方が来ていたり、
落ち着いた静かな雰囲気の中、美味しいお料理をいただきました。
前菜やパスタが美味しかった。
前菜は、淡路のさざえ、トロのあぶり焼き、ゴルゴンゾーラのカナッペ
黄色のヒレの鯛のキャビア添え、イタリアのブロッコリー2種が
ワンプレートに。
次のお皿牛のカルパッチョ、パルメザンチーズスライス添。
パスタが丹波栗とマツタケのクリームカルボナーラ風。
メインは鯛とホタテのバルサミコソースだったのでちょっといまいち。
でも楽しかったです。
山田宏巳氏がレストランは監修しているとか?(Hanako情報)

京都に来たからには、、10月で閉店してしまう丸善に行きたかった。
丸善で梶井基次郎の「檸檬」文庫本を買いたかったです。
私は梶井の「檸檬」は御茶ノ水の丸善だと思っていたのですが、
京都の丸善であると新聞で読みました。
今回の閉店を惜しむ読者の方々で「檸檬」がまた売れて、
さらに梶井のように「檸檬」をお店においていく人がいるそうです。
御茶ノ水にも丸善があったのですが、
中学生の頃、さだまさしが「檸檬」という歌を歌っていて、
それが御茶ノ水の聖橋から檸檬を放るという歌詞で、
その檸檬が梶井基次郎の「檸檬」から来ているということで、
当時からなじみがあります。
そして御茶ノ水に「檸檬」という画材やさんがあって
私たちは油絵のキャンバスをそのお店の「LEMON」という大きな袋に
いれて学校に通うのがかっこいいと思っていました。
幼いな。でもお茶の水はそんな思い出の町です。
そこに「檸檬」がつながっています。
2005年10月06日(木)

「ヤーノ」ちゃんだそうだ。

調べごとで
女優の「麻生久美子さん」の公式HPに行ってみたら
「Harbot」のヤーノちゃんがいた!
ちなみに、ヤーノちゃんに「ぼくの調子」を聞いてみると?
「ん〜、まぁまぁ」←どこもそんなもの?

私が普段見て回るところにはHarbotが置いていないので
ちょっと嬉しかった。カウンターは55万を超えていましたよ。
もう一桁増えたらどうなるんだろう?
「真夜中の弥次さん喜多さん」に出演されていたそうです。どの子かわからない。

今頃ですが「弥次喜多」がアメリカで上映されるんですって?
どうなのでしょうか?あの内容がわかるのかな。
不思議な国日本というイメージは確約できそう。
閻魔さまとかアメリカでは理解できるもの?

今週の「仮面ライダー響鬼」を見ました。
30話からの変貌ぶりは少しずつなれてきたつもりだったのですが
今回の余りにも唐突過ぎる変化にはびっくりした。
何を目指しているんだろう?

主題歌までが、布施明。映像も全然違って、CGもせこい。
前半に予算を使いすぎた、グッズが売れない等の理由からの
変貌らしいのですが・・・←あくまでも噂だ。
ただただ細川茂樹さんがステキでした。
あとあきらちゃんもかわいい。

あ、そだ。先週の響鬼の新しい変身はやはり子どもの心を射止めたらしく、幼稚園児は喜んでいましたよ。かっこよかったね。と語り合いました。
2005年10月05日(水)

報われない。

報われない思いの人がいました。



モモはお風呂大好きなのですが、お風呂好きといってもお風呂に入るのではなくて、お風呂のふたに乗っているのが好きなのです。なんだろう?下からの湯気でおなかが温まるのでしょうか?遠赤外線効果?

さっき私が自室で用事をしていて、夫はテレビを見ていました。
どこからか「うぅーーーうぅーーーー」というかすかな声を聞こえていたけど、姿も見えないしいつものことなので無視していたら

なんと、誰もいないバスルームの扉に向かって
唸っていたらしい。
どうやら、照明が付いていたので私がモモに内緒で
こっそりと抜け駆けして入浴していると思ったらしい。
それで、閉められたドアの前で
「あけて!あけて!入れて!入れて!」と唸っていたそうだ。

なんとも報われない、かわいらしい奴だ。

というわけで、私は即座に入浴。そしてモモはそのお風呂のふたの
上に座って、ご機嫌。
しかし、すぐに暑くなるようで、はぁはぁと舌をだして苦しそうなのだ。
一体全体何がいいんだか。
2005年10月04日(火)

harbot

今日は仕事先に、
先日届いたharbotのTシャツを着ていきました。
基本的には違和感のない仕事場なので、大丈夫。


紺地なので、目立つこともなく無難に過ごせたつもりでしたが
最後の最後、通園バスの送りのバス停で、子どもたちに
「これ、なーに?」
「なにしてんの?」
「かわいい〜」
と指さされ、おもしろがられてしまった。

「ん?寝てるのよ〜」と適当に答えておきました。
まだまだ、キャラクターとしては、認知度はない?

キャラクター物のTシャツを着るのはほぼはじめて。
ちょっと新鮮な気分です☆
2005年10月03日(月)

優勝戦線は続く。



阪神電車のホームでの応援ありがとう垂れ幕。
ユニフォームの形でかわいいですね。

えっと

私は阪神ファンではないです。←言い訳コメント。

今日、阪神梅田店に行きました。
優勝セールの真っ只中。
更に「タイガースショップ」でTシャツが欲しいという要望を叶えるために
ゴトゴトと電車に乗り、なぜか一人で行ってまいりました。
事前にネットで入り口を確認。
地上一階に「タイガースショップ」直通の専用入り口があるのね。
と地下から地上に出てみると

恐ろしいほどながーーーい列。
もう第四ビルの宝くじ売り場が最後尾でした。
入場まで2時間お並びいただきますと警備の人が話していました。
2時間か。
まぁそういうからには1時間半ぐらいだろうなと
MDを聞きつつ本を読みながら並んでみる。

並びながらもどんどん増えていく人の波。すごい人でした。
それもこの列って本当にタイガースショップに入るためだけのものなの
ですよ。阪神のキャラクターグッズを買うために並んでる。
(一応セリーグ優勝のロゴ入りなのですけどね)
本当に阪神ファンってたくさんいて、熱意があるのだなぁと実感。
みんな文句一つ言わずにもくもくときちんと整列しているのです。

阪神側のお手並みもすごかった。なれたものなのでしょうか?
いたるところに警備の人がいて、歩行者、横断者に一切迷惑をかけない
ように、そして途中の横入りとか並び順とかも
きちんと目を配っていました。見事だなと。

入り口では阪神百貨店の方が、一人ずつにステッカーシールを配って、
来店へのご挨拶も完璧。

ところが・・
肝心のTシャツやグッズが売り切れ放題。
お目当てのものは買えずでした。
入荷の見込みも?
やっぱり朝いちで来なくてはダメなのでしょうか?

その後に他の階でもお買い物をしていたのですが、どこもかしこも
大セールで、こちらは大混雑。お会計にも大行列。
ここにも警備の人が必要だったのでは?

最後には人ごみに負けて、退散してしまった私でした。
もう少し会計がすいていたら、買いたいもの
たくさんあったのだけどね。

次は日本シリーズだ!!
2005年10月02日(日)

たからもも / 薫

My追加