**Secret**..miho
*10/25 外科病棟
2009年10月25日(日)
今日は貴重な貴重な日曜日。。

一応、昨夜も早寝したものの、
4時頃に早期覚醒しちゃって、
二度寝したけどネムネムです

そして、せっかくの休日なのに、
今日も病院のために早起き(ゝ_ξ)

今日は日曜日で外来ではなく
外科病棟での処置なので、
ちょっぴり遅めの10時の予約

それでも8時半には起きて、
しばらくぼぉ〜っとして、
ネムネム準備をして出発

今日もパパが居たから楽チンでした☆

今日も今にも雨が降りそうな
曇り空でブルブルの寒さ((>_<))
でも、まだ意地を張って、
上着を着ずに寒さを痩せ我慢。。

10時前に着いちゃって、
あんまり早く行くのも
ダメかなぁと思いながら、
ゆっくり9階外科病棟へ…

エレベーターに乗りながら、
今日も例の女性と一緒だと思い出し、
待合室で気まずくならないかなぁと、
不安な気持ちにもなったり…

そして、いざ外科病棟に到着すると、
ちょっぴり懐かしい気分に(*^_^*)

最後に来たのは先月の27日。
もうこれで最後だろうなぁと思い、
記念撮影もしたよね(*'ー'*)♪

また来る事になるとは(-.-;)
どういう腐れ縁なんだろう…
これで何回目だろうね???

でも、本当に不思議な気分。。
ここに入院していたわけじゃないのに、
何だかホームグラウンドのように、
居心地よく感じるよ(*^-^*)一応、
階は違うけど呼吸器外科病棟には、
2週間入院していたけどね

通路沿いの病室のドアが開いていて、
中におじさん患者さんの姿が見えて、
ここは広い個室だなぁと見ていたら、

向こうから歩いて来た人と擦れ違った時、
いきなり私に両手を振って合図してきて、
ハッと気づいたら例の女性でした(゜o゜*)

この病棟に来られる事は知っていたけど、
その女性の方から声を掛けてくれるなんて、
しかもまだ10時前なのに帰って来ていて、
ビックリしてパニックになり感激の挨拶

今日は珍しくマスクを掛けられていたよ。
病棟だから感染しないように予防かなぁ??
立派だなぁ〜私は相変わらずノーマスク(^_^;)ゞ

でも、後で気づいたけど、エレベーターに、
「面会ご遠慮」についての張り紙があって、
インフルエンザ予防で菌を持ち込まないようにって…
やむを得ない時はマスクを着用するように
書かれていたよ('◇';)私、堂々としてなかった

ごめんなさい(>〜<*)

そうかぁ…病棟へ行く時には、
自分が感染しないようにじゃなくて、
外部から菌を持ち込まないように
マスクをしなくちゃダメなんだね!!
反省です。。。

それで、最初は、あまり馴れ馴れしく
色々話したらいけないかなぁと思って、
「お疲れ様でした♪」と笑顔で
挨拶をしただけだけど、その女性から、
「今行ったらすぐ診て貰えたよ。」と
優しく教えて下さって嬉しかったです

それで「そうなんですかぁー
まだ10時前なのに」と私が驚いたら、
「はい。」と笑顔で返してくれて、
それだけでもドキドキ嬉しくなりました

それじゃあ、私も急いで行こうと思って、
最後にもう一度「お疲れ様でした♪」と
お互いにペコリと挨拶をして別れました。
「お疲れ様」ってお仕事っぽかったかな…

本当に嬉しくて一気に
心が軽くなりました

でも、それは詰所までの
ほんの数メートルだけで、
詰所に近づくと再び緊張…

いつもの事なんだけど、
何となく声を掛け辛くて…
きっと覚えられてそうで、
それも照れ臭かったり(^_^;)ゞ

すると、詰所の前の病室に
お医者さんが入って行きました。

おっ!!この人は…
ブラック入りした彼じゃないか
顔が濃いからよく覚えています。。

そして、更に、そのお隣の
病室からお医者さんが出てきて…
思わずドキッとしちゃいました。。

この人は…
何度もお世話になった事のある
お兄ちゃん似のお医者さんだぁ

先月のシルバーウィークにも
外科病棟で診て貰って、その時に、
「思い遣りの心」を学んだ人…

まるで学校の廊下で片想い男の子と
擦れ違った時のようなドキドキ(>~<*)
でも、また会えて元気が出ました☆ミ

そのままつい見入ってしまい、
その医員さんも詰所に戻ってからも
じっと私の方を見ていました。
ハッとして目を逸らしちゃいました

「また悪くなったんだなぁ…」
と思われちゃったかも(>_<)
先月の病棟での処置で、
「絶対に治るからね。」
と言って下さったのに…
何だか裏切ってしまった気分

さすがに、この3・4ヶ月くらいの間で、
15人位の外科医さんに診て貰っていると、
ほとんど顔見知りになっちゃっているよ
残りの外科医さんの方が少ないんだもん。。

そうそう、外科のトップのお医者さんは、
私の病院の院長さんなんだよ(*´ー`*)
いつも外科の1診で診察されているのだ。
主に癌の治療に携わっているみたいです

ちょっぴり身近に感じられて嬉しいです
やっぱり色々ある科の中でも外科医さんって、
お医者さんとして偉大な技術者なんだなぁ…
人間の生死にも関わり本当に尊敬します☆

そして、しばらく詰所の入り口の
隅っこに隠れて、向こうから現われた
看護師さんに予約の紙を渡したら、
名前を聞かれて「お待ち下さいね。」って…

その後、待合室の方に移動していたら、
詰所の方で「前も来た子だよね?」と
話し声が聞こえて恥ずかしかったです

ぎゃー
やっぱり覚えられているよ
すっかり常連になってるよ

しばらく待っていると、
看護師さんが現われて、
「今、担当の先生が救急の対応をしているので、
もう少しだけ待っていて下さいね。」って。。

例の女性は予約の10時前に行って、
すぐに診て貰えたのに(・−・;)
私はトロいから遅れを取っちゃった

あっ、「例の女性」という呼び方は、
何だか問題のある女性みたいなので、
ちゃんと別の呼び方を決めなきゃね

これからは名字のイニシャル、
Sさんと呼ぶ事にします(ゝω・)v

それで、けっこう待たされました。。
20分くらい??でも居心地いいので、
ちっとも苦になりませんでした(^^)
ずっと呼ばれずに居たかったくらい…

今日もお天気が良くなかったけど、
手術後らしきお年寄りの患者さんが
2名ほど座って外を眺めていました。

そこへ今日退院したばかりの
家族が待合室に現われました。
どうやらパパが手術を受けたのかな??
まだ息子さんが小学生くらいで、
30代くらいの仲良し夫婦でした。

ふりかけとか海苔とか鮭フレークとか、
病食用の食べ物もチラッと見えました
無事に退院、おめでとうございます(^^)

看護師さんが退院の書類を持って来て、
「今日は10月25日ですね。」と言われて、
ハッとしました。私の手術日だぁ(・∀・)

もう9年も前になるけど、
まだ鮮明に覚えています。
まだ今よりおこちゃまで、
保護者である両親が完全に
主導権を握っていた感じ…
まだ両親も若かったしね。。

6階の呼吸器外科病棟に入院していて、
9階の外科病棟もフロアの構成は同じなので、
懐かしくキョロキョロ見回しちゃった

手術前、断食した時に
詰め所前の体重計に乗ったら、
たったの36kgだったなぁ…

いつもママが心配して、
一緒に付いて回ってた。

手術後、パパが病室に泊まった時、
パパがぼぉ〜っと窓の景色を眺めていた
隙に私が脱力してコケて後頭部を打って、
大騒ぎになったのを覚えているよ(^▽^;)ゞ

心配して大慌てで駆け付けた主治医が、
「もう心配だから外科に置いとけん!!
早く神経内科に返して貰わんと!!」
と怒って、パパがショゲていました

その後にパパは美観地区へ行き、
フクロウの壁掛けを買って来たの。
「不苦労」という意味を込めて…

呼吸器外科病棟に入院中は、
本当に痛くて死にそうで、
あっという間だったけど、
色褪せない貴重な思い出です

いっぱいフラッシュバックに
浸っているとようやくお呼びが
迎えに来て下さった看護師さん、
先月もお世話になった人だぁ(^o^)

いつもの外来の看護師さんとは違い、
まだ若くて天使のように優しくて、
私と同じ丸顔でピンク好きの方です
看護師さんも覚えて下さっていたよ♪♪

しばらく見入って止まっていたら、
「…?では行きましょう。」って(^_^*)ゞ
一緒に歩いて処置室へ行きながら、
ちょこっとお喋りもしちゃったよ☆

「毎週通ってるの??」と聞かれて、
「いえ、良くなったんですけど、
また悪くなっちゃって…」と言うと、
「そうかぁ…」と少し重たい空気に

病棟スタッフと外来スタッフは、
やっぱり別だから不思議な感じ…
でも、こうして普通にお喋りできるのは、
何だか温かくていいなぁ(p^_^q)(p^_^q)

病棟の処置室は現場って感じで、
やっぱり外来とは臨場感が違うなぁ…
私がキョロキョロ見回していたら、
看護師さんが「汚くてゴメンネ」って。。
いやいや本当に散らかっていたけど、
そこが現場らしい雰囲気だよねぇ(^_-)

それに、わざわざ病棟まで
お邪魔させて頂いているのに、
文句は言えないよね(+ー+*)ゞ

いつもの端っこのベッドに着くと、
既に担当の医員さんが待っていて…

その医員さんを見た瞬間、
ギョッとしちゃいました(・д・;)

よりによって、また例の
ブラック入りした人だよぉ
相変わらず関西弁のノリで、
軽い感じの対応でした(-ω-;)

どうせなら、お兄ちゃん似の
医員さんが良かったなぁ(_ _。)
お医者さんは選べないけれど

ベッドの枕が反対側にありました。
私の前に処置を受けたSさんは、
私とは逆で左胸が患部なんだなぁ…
続けて処置をしたら、鬼主治医も
左右ヘンテコな気分にならないかなぁ

それで、看護師さんに
「右と左どっちだったかなぁ?」と
聞かれて「こっちです。」と、
枕を反対側に移動して貰いました。

例の医員さんがまだかまだかと待っていて、
大急ぎでベッドの上でお洋服を脱いで準備。。

脱ぎ終えたらすぐ看護師さんがタオルを
全身に掛けて身体を隠して下さりました。
本当に優しい方だなぁ(*T_T*)前なんて、
酷い時はそのまんまで処置を受けたのに

そして、いざ、
ブラック入り医員さんの
処置が始まりました

ガーゼを剥がして患部を見た瞬間、
「見た目は綺麗なんだけどなぁー」って…

このセリフ、鬼主治医にも
よく言われるんだよねぇ。。
もう聞き飽きたよぉ( ̄〜 ̄;)

まるで「見た目は可愛いんだけど、
性格に問題のある女の子。」みたいな…
見た目が全てじゃないって事かな。。

そして、穴をチェックして、
「○○ゲージの針!!」って、
一番細い針を探し始めました。

散らかっているから探すの大変そう(笑)

これもいつもの事だけど、外科には
太めの針しか常備していないのかなぁ
それとも私の穴が特別小さすぎるの??

外来ではいつもスムーズに処置が始まるのに…
ちゃんと準備して下さっているからなのかな☆

ようやく小さい針が見つかって、
いよいよ洗浄のスタートです!!

針を刺されるのをビクビクしていたら…

あれ…??あんまり痛くないぞ
昨日が異常に痛すぎたからかな??
洗浄中も冷たさを感じなかったし…

ひょっとして、針が細すぎたんじゃないの
ちゃんと洗浄できているか心配になりました

医員さん、見た目が綺麗だったからって、
手を抜いて処置をしたんじゃないのかなぁ

「あぁ…こっちにどうこうがあるんやなー」
って針を刺しながら感心していたし(゚-゚;)

「どうこう」というのは、
先月、例のお兄ちゃん似の
医員さんも言っていたけど、
中の空洞の事みたいです。
なぜか上手く変換できないけど…
専門の医学用語なのかなぁ??

鬼主治医は絶対に専門用語を使いません。
きっと、外来担当だから、患者さんたちに
解りやすい言葉を使っているんだろうなぁ…
病棟の医員さんたちは現場に居るからか、
ふと専門用語を口にするので面白いです♬

鬼主治医は私に子供扱いっぽいけどねぇ(^_^;)ゞ
「化膿」とか「膿」とかは「汚いの」と言うし、
中の空洞の事は「狭い」「広い」で表現するし…

そう言えば、未だに私の病気の詳細について、
ちゃんとした説明を受けた事がないよ(・−・;)
Sさんは、どんな説明を受けられたのかなぁ…

それにしても、そうかぁ…
表面は綺麗でも、まだ、
中にどうこうがあるのか…
昨日のお医者さんの言う通り、
まだ化膿しているんだね(・・、)

処置中、患部に針が入り込んで、
痛みをじぃっと我慢していたら、
看護師さんが「頑張って、頑張って、」と
ずっと手をさすってくれました(;_;)
本当に天使のように優しい方だなぁ

外来のいつもの看護師さんも、
オバチャンなりに厳しく親切だけど、
やっぱり癒し系の優しさは違うねぇ
私も色々な意味で見習おうっと☆ミ

あっという間にアッサリ処置が終わって、
「明日は○○先生の外来かなぁ」と聞かれて、
「はい。」と頷いたら「じゃあ診て貰ってな。
これで終わりですー」と言って去って行きました
最後まで相変わらず軽いノリの人でした(-.-;)

それにしても私が鬼主治医の患者さんって、
知っていて貰えて何だか嬉しいです(*^_^*)
医員さんたちにとっては、部長先生である
鬼主治医は恐れ多き存在なんだろうなぁ…

処置が終わってすぐ起き上がったら、
まだベッドを下げられていなかったよ
それでベッドの上で着替えていたら、
「家にガーゼ持ってる?」と聞かれて、
「はい。」と答えたら「一応持って帰る?」
って、新品のガーゼをくれました(*^。^*)

しかも、1セット袋に入れてくれて…

これ全部だじょ(o^∇^o)
外科病棟の貴重なお土産だぁ



ガーゼ1袋(2枚セット)と
ガーゼ用テープを50cmくらいと
使用途中の紙テープをお裾分け♬

前に外来でいつもの看護師さんに
「売店でガーゼを売ってるけん、
自分で買って交換してなー」って
言われて1袋140円で買ったのに…

病棟は太っ腹だなぁ(*´∀`*)
おうちにマイガーゼがいっぱい
溜まっているけど、これは宝物
大事に取っておこうと思います。

着替え終えた後、靴まで揃えてくれて、
本当に何から何まで優しい看護師さん
特別にこの女性が優しいだけなのかなぁ??
色々な看護師さんがいらっしゃるもんね。。

最後、2回も「ありがとうございました。」と
ペコリとお礼を言ってから病棟を後にしました。
本当に心地よい処置でした☆(処置自体は…)

その後は、パパとブラブラお買い物
実は、昨日目を付けていた物があり…

最近、急に寒くなってきて、
でも、ちょうど良い上着がなくて、
オーバーコートは真冬だし、
今ちょうど良い物が欲しかったの。

ジャケットとかハーフコートって、
カジュアルっぽいからあまり好きじゃなくて
私のお洋服にも合わないから(;・・)ゞ

でも、偶然にも一目惚をした
ニットコートに出会いました

それが、今日のトップのお写真だよ

本当に私好みです(p^_^q)(p^_^q)
オンワードの組曲で買ったよ♪♪

ふわふわもこもこの
羊毛&モヘアの素材、
大好きなアイボリー、
ガーリーでキュートな
ポンチョ風のデザイン

あまりゴテゴテしていない
シンプルなデザインも好き。
柔らかい雰囲気に見えるよね(^^♪
ポッケも2つ付いているよ。

けっこう重たいんだけど、
一度着たら脱げないくらい
ぬくぬくあったかいの♪♪

ボリュームがあるから、
細っぴの私にピッタリ☆
羊になった気分だよ(^m^*)

触り心地も気持ちが良くて、
触りすぎて汚れちゃいそう

さっきの外科病棟のお土産、
このニットコートの上に乗せて
お写真を写したんだよ(゚∇^*)
アップだと本当にモコモコでしょ
着るのがとっても楽しみです

そして、今日まで天満屋で
180周年記念の大抽選会が行われていて、
1万円分で1回抽選できるので、
今回、ちょうど2回分できたよ
180周年って、スゴイよねぇ!!

商品が超豪華なのだヾ(≧∇≦)〃
天満屋全店で総額5,000,000円分だって
私は、パパとママの要望を聞いて、
1等のハイビジョン液晶テレビと
2等のブルーレイDVDレコーダーにしたよ。
それぞれ5名と7名で超難関だけど

応募者数がかなり多くてビックリ!!
田舎のデパートで、そんなにいっぱい
お買い物する物があるのかなぁ(^_^;)ゞ
今は北海道の物産展も行われていたし、
久々に大繁盛している様子を見ました。

イオンにも行ったけど、
ガラ空きだったし(^_^;)ゞ
この不景気、大丈夫かなぁ…

この大抽選会、
Wチャンスもあるので、
当選したらいいなぁ
密かにドキドキです☆

おうちに帰ってからは、
ネムネムバタンキュー

お昼寝する前に患部を見たら、
ガーゼに液が少なくて、
やっぱり手抜きされたんじゃないかと
疑ってしまったくらい…

その後ジンジン痛みが気になって、
お風呂に入って患部を見てみたら…

ひゃあーΣ(・д・;)
膿っぽい液が出てきてる
ここ3日ほど鬼主治医に
処置されてからはずっと
表面が乾燥していたのに…

また先週みたいに化膿してきたよ
昨日、あれだけ厳重に処置されて、
今日の処置では大した事なかったのに…

明日の鬼主治医の処置で、
また汚くなりましたねって
言われちゃうよぅ(*>_<*)

本当に良くなったり悪くなったり
まだまだ先は長そうです…

今夜も早めに寝よう…(・・、)
ぐっすり眠れますように
m a i l



My追加
* HP *  * mail *  * new *  * old *  >>   * menu *  <<