ちゃんちゃん☆のショート創作

ちゃんちゃん☆ HOME

My追加

ぴくしぶお知らせ
2016年12月12日(月)

シリーズ「木ノ葉 春夏秋冬」最後の章「種を継ぐ」完成しました。
ぴくしぶの方に上げてあるので、読みたい方はどーぞ。

今を去ること2014年の夏に、こちらに「夏の色」をUPし、翌年春にこちらにも掲載した「春の香は碧」を書いた時にシリーズ化を決めたんですが、まるまる3年かかったんですなー。プライベートでも色々あって、「種を継ぐ」の構想自体は出来てたのに、書ける状態じゃなかったもので。

何とか仕上がって、感慨深いです。

あいにくですが、あまりに長い作品なので、こちらには掲載予定はありません。ご了承ください。

m(__)m


業務? 連絡(ここ投稿のシリーズもの、別所へ)
2016年01月12日(火)

 去年の話なので、何ともはやなんですが、ここに書いた「夏の色」の続編と言うか、シリーズものの【秋】バージョンを、既にぴくしぶへ投稿済みです。
 今はあまりに時間がないので、こちらには投稿しません。別所でお楽しみくださいませ。

 で、そろそろ【冬】バージョンも仕上げないと。何とか元ネタが再放送されたみたいで、良かったよ・・・。



ショートショート3編【鳴門】
2015年06月30日(火)

風影宛て手紙悲喜こもごも

※いい加減、こちらの更新もしなくちゃ、ということで、本気でショートショート集です。しかもセリフだらけなので読みにくいとは思いますが、頑張って読んでくださったら嬉しいなっとv 例によって例のごとく、誰のセリフかなんて明記はしてませんので、ご覚悟を。

この話は、ちゃんちゃん☆ が同HNでぴぐしぶへ投稿した、「前略、風影・我愛羅殿へ」が前提の、後日談です。
 別にぴぐしぶへ投稿しても構わなかったのかもしれませんが、雰囲気が若干違うのと、さっき書いたように、こちらの更新もしておきたかったので、こちらへのみの投稿となりました。

・・・まあ、こちらに直接たどり着く人は皆無でしょうが、よしんばそういう方は出来ましたら予備知識として、ぴぐしぶの方も読んでいただけたら幸いです。(CM CMv)

 しかし、砂の三姉弟書くの初めてなんで(正確にはテマリだけはちょびっと書いたことあるケド)、やっぱり書きづらかったよな・・・★

------------------------------------

■ある日の砂隠れ・風影執務室にて■


「・・・ってところで、火影からの言伝はここまでです。風影様」
「ああ。ご苦労だったな、奈良シカマル」
「それと・・・これは別件、っていうか、個人的なものなんですが・・・」
「ん? 何だ?」
「その・・・ウチんとこの上忍 マイト・ガイから、手紙を預かってまして」
「・・・マイト・ガイから?」
「ええ。先日のお気遣いに感謝して、とのことです」



「おいシカマル。マイト・ガイが一体、何書いて寄越したじゃん?」
「イヤ、俺は預かっただけで、中身については何も」
「失礼なことを書いてないだろうな? 我愛羅は仮にも風影相手なんだぞ?」
「それはないと思うンすけど。いちおー火影の添削、入ってますから」
「ちょっと待て! 火影の添削だって!? あいつは、我愛羅の20歳の誕生祝いにかこつけて、いかがわしい小説本寄越したような奴だぞ! 信用できるもんか!」
「はあっ!? ひょ、、ひょっとして、イチャパラ寄越したんスか、あの人!?」

「・・・何でお前が、イチャパラとやらの内容知ってるんだ? シカマル」
「・・・テマリ、そこで扇子を取り出すなよ・・・。怖えから。
以前、ホントーに不本意ながら、あの人が音読させられた場面に、居合わせただけだって」
「音読!? 一体どういう理由で!?」
「その件に関しては、そのうち追々に。お前が木ノ葉の忍になってから、な?」
「まあまあテマリ。男同士のことだし、そのぐらいのことで目くじら立てるのも、どうかと思うじゃん。そっち方面に全然関心ないって方が、逆に変な勘ぐり持たれるだけだって」
「うっ・・・そ、それはそうかもしれないが・・・」


「しかし、随分じっくり読んでるな。そんなに長い手紙じゃないはずなんだが」
「どうでもいいけど、どうしてあたしら、こんな離れたところで控えてなきゃならないんだ?」
「仕方ないじゃん。ちょっとだけ席を外せ、って言われたんじゃ」
「・・・っと、読み終わったらしいっスね」
「「「あ」」」


 その場にいた3人は、見逃さなかった。
 手紙を読み終えた我愛羅の口元にわずかに浮かんだ、柔らかな微笑を。


「が、我愛羅。さっきの手紙に一体、何が書いてあったんだい?」
「ノーコメントだ」
「って、何大切そうに懐へしまいこんでるじゃん。にーちゃんにも読ませろ」
「別に大したことは書いていなかった。心配するな」
「大したことは書いてない、ってんなら、あたしたちも読んだっていいじゃないさ」
「・・・風影とは言え、ぷらいばしーがあってもいいはずだろう」
「「我愛羅〜」」


「・・・・・・・っ・・・・・・!」
「シカマル! あんた本当に、手紙の中身、知らないんだろうね? 何笑い堪(こら)えてるんだよ!」
「あー、その表情は、『大体想像はつくけど、具体的には知らない』ってトコじゃん」
「さ、察しが良くて、助かるぜ、カンクロウ。・・・っ、くくくっ!」
「出来たらその調子で、守秘義務も守ってもらえるとありがたいのだが。義兄上」
「「が・・・我愛羅が、照れてる・・・」」


「で? いつからシカマル君は、砂隠れとの往復郵便屋サンになったのかな〜?」
「茶化さないでください。大体、こう言う事態になったのも、半分はカカシさんのせいなんですから。むろん、残り半分はガイ先生ですが」
「・・・で、こっちは、カンクロウくんとテマリさんから、俺への手紙、と。どれどれ」
「どうせ、ガイ先生が何書いたか教えろ、って言ってるんでしょ? カカシさんが添削したこと、俺、彼らにバラしてますから」
「ご明察。ねえ、どう対処したらいい?」
「ご自分で考えて下さい。俺は一旦、止めたんですから」


「冷たいなあ、シカマル。ま、これは個人的な話だしねえ。どうせだから、ガイが里外から戻って来たら、相談してみようか」
「その方がいいでしょう。どっちみち、風影からの手紙も渡して欲しいし」
「ふふ。我愛羅くんからまたもや手紙が来た、って知ったら、さぞや喜ぶだろうねえ。ガイの奴」



※本編では書けなかったけど、ガイからの暑苦しくも情熱的な? 手紙を受け取ったら、我愛羅はきっと表には出さないまでも、それなりに喜ぶんじゃないか? と思ったので。あと、誰しもが突っ込んだ、「風影、イチャパラ所持事件」に、何となく触れたくて。




■拝啓 火影 はたけカカシ様■


「にしても、ガイ。お前にしては気が利いてるよね。我愛羅くんに手紙でお礼を、だなんて。どうやら思い切り好感度アップ! じゃない」
「イヤイヤ。俺は単に真似ただけだ」
「真似た?」
「うむ。いつの時代になろうが、どんな歳になろうが、さぞや嬉しいんだろうな、と、傍から見ても分かるからだ」
「へ???」
「それなりに好意的な相手から、手紙を貰うと言うのは。・・・なあ? カカシ」
「・・・っ! ゲホゴホゲホ★」
「おや火影様。いかがなされましたか。顔が赤いですぞ?」
「ガイ、お前・・・結構言うようになったよね」



※本編小説執筆中は、本気で「カカシ秘伝」のことは忘れてたんですが。思い出したら、ついこう言うツッコミしたくなったんです。きっと季節ごとの書簡ぐらい、交換してるだろうし。



■知られざるもう一つの物語■


「風影様。私をわざわざ、お呼びと伺いましたが・・・」
「来たか、シジマ」
「・・・じゃ、俺たちはこれで帰るじゃん」
「ごゆっくり。しばらくここは、誰も通さないからな」
「余計なお世話だ、テマリ」


「・・・? 熱でもおありになるんですか? 風影さま。お顔が赤いですよ?」
「イヤ、何でもない。それよりもシジマ、お前への用件なんだが・・・これだ」
「は? 『風影殿へ』? この手紙は一体・・・随分豪快な筆跡ですね」
「スマン。そっちじゃない。お前宛てはこちらだ」


「これ・・・は・・・っ!」
「テマリの婚約者に、最近新たな部下が2名ばかり増えたと言う話だ。姉が木ノ葉に嫁ぐ際、親身になれる者をということで、そのうちのくノ一の方が、正式に配属先が決まった。医療忍者だしな。うってつけだろう」
「あ・・・・・」
「どうせだからこの際、きちんと所帯を持った方が良いという、火影からの提案でな。ささやかながら結婚式を挙げたらしい。
・・・お前を呼べなくてすまなかった、と俺にも手紙を寄越してきた」
「いえ・・・いえっ・・・! 幸せなら良いんです。生きていれば、また必ず会うことも叶いましょうから」
「そうだな・・・出来れば、平和で穏やかな場面で会えればいいな。シジマ」



※ちゃんちゃん☆ は密かに、我愛羅×シジマ派です。
 実際のところ我愛羅が、結婚してないことに関して大名の攻撃の材料になってる、との件を読んで、なるほどなあ、と納得したんです。なのに、あのラストで結局結婚しませんでした! では、微妙に問題解決になってないでしょ? だったら、シジマと結ばれた方が双方のため、のような気がしまして・・・。まあ、そんな安直には決められないんでしょうけどね。仄かでも良いから、そう言う雰囲気を漂わせたくなりました。
 当然、テマリとカンクロウ、ついでにシカマルも何となく、ウチの我愛羅がシジマに惹かれてるってちゃんと、気づいてたり。

 ちなみに作中で、我愛羅がうっかりシジマに渡したのは勿論、ガイからの手紙ですv





春の香は碧 【鳴門】 後編
2015年04月17日(金)


 あれからいくつもの季節が過ぎて、カカシにもガイにも、いろいろなことがあった。ガイも上忍へ昇格し、お互い担当上忍となり、部下を持ち、自らの技を彼らに伝授して・・・。

 ガイの春の風物詩の方も、作ったり、作り損ねたりした。

 去年はフキノトウを口にした覚えがない、とシカマルは言ったが、カカシもそうだった。ガイはその頃、懸命なリバビリに取り組んでいて、季節を感じるどころではなかったから。

 ・・・それだけの心の余裕が、なかったから。

 幸い、木ノ葉の里は戦禍を逃れていたから、カカシは忙しい日々の合間にあの居酒屋を訪れ、店主に直接、ガイの負傷と無事を、知らせることが出来た。

 店長は手放しで喜んでいた。情報が錯綜していて、一時はガイが戦死した、と言う誤報すら流れていたため、心配していたのだと言う。
 ただ、彼が毎年フキノトウを収穫していたと言う秘密の場所とやらは、戦争のせいでかなり荒れたらしい。その年は何だかんだで、いいものは収穫できなかった、と嘆いていた。


『アタシもフキノトウも待ってるから、また作ってって伝えてくれない? ガイちゃんに』


 知り合いが大勢亡くなって辛いから、病院には行きたくないのだ、と、店長は苦く笑った。

------------------------------------

 そして今年。
 火影となったカカシは忙しい毎日の中、たまたま外に出る機会があった。その際、徐々に暖かくなりつつある風の中に、懐かしい春の香りを嗅ぎ分けたのだ

 不意に、あのほろ苦い味噌の味を口にしたくなって。

 けれど自分は火影邸に詰めている身だし、ガイはガイで車椅子ながらも上忍として任務をこなしている毎日。とてもあの居酒屋に、揃って出かけられる状況ではない。

 半分諦めかけていた矢先、本日のガイ班任務のドタキャンがもたらされたのである。


 ───このチャンスを逃したら、来年まで巡ってこないかも。


 そう思うといてもたってもいられず、急いで居酒屋の店主に連絡を取った。今年のフキノトウの出来はどうなんだ、と。・・・わざわざ手紙をしたためて暗部に託したため、何かの極秘暗号と勘違いされそうになったのは、余談である。

 すると、去年の分を取り戻すぐらいに豊作だ、と返事が来たのだ。





「ってわけで、話をつけた。ガイ班は店長と一緒に、フキノトウの収穫とその後のもろもろの処理をお願いねー。調理にはココの台所、貸すから。後片付けもお願いv」
「「「はあっ!?」」」


 一見、下忍が割り当てられそうなこの唐突な任務に、ガイ班は皆、豆鉄砲を食らった鳩、みたいな表情になる。


「カカシよ・・・何もそんな任務、俺たちに頼まずとも・・・」
「他の班には無理だからね、この任務。
まずは、火影邸に出入りできるぐらい信用の置ける立場じゃないと、ダメだし」
「信用・・・あたしたちはそれだけ信用されてる、ってことなんですねv」
「当然だよー。それに、フキノトウの取れる場所って一応、店長の秘密の場所らしいから、そっちとも馴染みがないと教えてもらえないだろうし。あ、もちろん、他言無用だからね」
「も、もちろんです! 男に二言はありません」


 口八丁に持ち上げれば、若手二人はあっさり陥落。


「それにあいにく、他の班は別の任務で全員、出払っちゃってるの。今日戻ってこられるかどうかも、怪しいし。おまけに、春の天気って変わりやすいでしょ? 今日は晴天に恵まれてるけど、明日から崩れてくるって話だし」
「むむ・・・仕方ないか」


 まるであつらえたような状況に、さしものガイもそれ以上口を挟まない。

 一方、まだまだ少年の域を脱していない2人の部下は、何やら楽しそうな素振りだ。


「それにしても、フキノトウかあ・・・ネジが結構、気に入ってたよね」
「そうでしたねえ。一度お弁当に焼き味噌を、手ずから作ってきたこともありましたし」
「「え?」」


 思いもよらない言葉に、カカシとガイは目をしばたかせる。


「そんなことあったの? ガイ」
「いや、俺も初耳だ。・・・本当なのか? テンテン」
「え、あれ? ガイ先生は知らなかったっけ? お弁当、ってことは、里内にいた時よね?」
「でも、確かにあの年の春は、ガイ先生は特別任務だからって、僕たちとは別に里外に出られてたことが、何度かありましたから」
「ああ・・・あの頃のことか・・・」


 心当たりがあったらしい。ガイは亡き弟子の隠れたエピソードに、少ししんみりとした表情となった。


「まさか覚えていたとはな・・・実は一度だけ、こいつらを連れてあの居酒屋で、夕飯を食ったことがあったんだよ。で、例のごとく頼まれて、焼き味噌を作ってやってたら、あいつだけが興味を持ったんだ」
「ネジ君だけ? リー君たちは?」
「あたしたちは一応は食べては見たけど、あんまり好きにはなれなかったんですよ。苦かったから」
「僕も。効き目が滋養強壮ぐらいだし、無理に食べなくてもいいんだぞ、って先生が言われたので、つい」


 ただ、その中でネジだけが、少しずつだけではあるものの、箸をつけていたのだという。あれだけダメ出しの傾向があったのに、今になって思えば確かにあまり文句が出ていなかったな、と、ガイは感慨深げだ。


「だが、特にネジに作り方は教えなかったんだがなあ・・・」
「じっと見てましたよ、あの時、先生の手元を。僕、覚えてます」
「ただし、何を食べさせれるのか心配だ、って雰囲気でしたけどねー」
「ガイ・・・教え子たちに日頃、一体何食べさせてたわけ?」
「失敬な。食えるものしか食わせとらんぞ、俺は」
「ええ、もちろんですとも!」
「主にカレーとか、カレーとか、カレーですけどね」
「・・・・・」
「言うね、テンテンちゃん」


 そして、リーたちの話によれば、翌年の春。里内で修行の日、ネジが件の焼き味噌をおにぎりと共に、持参したのだそうだ。そして、どうやらその様子から察するに、ガイに味見をしてもらいたかったらしい。
 もう少し自分好みにしたいから、コツを知りたい、と。

 だがその直前、肝心のガイは急遽特別任務とやらで、里を離れてしまっていたのだ。それも、長期にわたって。
 だから結局、ネジの手作りの焼き味噌が、ガイの口に入ることはなかった。リーたちも、何となく遠慮して、食べようとはしなかった。


『ガイがどんな気持ちで、これを作っていたのか。
ほんの少しだけではあるが、俺にも分かる気がしたよ・・・』


 ネジが焼き味噌を持ってきたのは、それっきり。
 だが、おにぎりと一緒にじっくりと味わいながら、彼はそう呟いていた───。


「その時僕、どういう意味ですか? って聞いたけど、ネジは教えてくれなかったんですよね。ガイ班にいれば、そのうちに分かるさ、って」
「そうそう。けど、あたしにも未だに分からないんですよ。ガイ先生、どういう意味なんですか?」
「・・・・・・」


 首をかしげるリーとテンテン。彼らの様子に、カカシはガイと顔を見合わせ、あいまいに笑うしかない。


 きっとネジも、若くして上忍にまで昇りつめた彼も、気づいたのだろう。
 天気の良い、春に、フキノトウを、収穫し、調理する───たったそれだけの一連の作業が、どれほどかけがえのない平和の象徴なのか、と言うことに。

 だから、こればかりは、言葉で説明しても意味はない。


「だからだ。それを今から、確認しに行くんだ。さあ、出かけるぞ。リー。テンテン」
「いってらっしゃい。お昼は店長が、お弁当用意してくれるってさ」
「ええー、つまり、午前中いっぱいは収穫に時間をかける、って意味ですかあ?」
「修行ですよ、テンテン! そう思えば、苦にはなりませんよ、きっと」
「リーの言う通りだ! 天気もいいし、たまにはこういうのも楽しいぞ!」


 門の前で待つ『依頼人・その弐』の元へ、部下を引き連れ赴こうとしたガイだったが、不意に振り向いたかと思うと、ぽつり、カカシに告げた。

 依頼人・その壱、の六代目火影に。


「カカシ。・・・スマンな。ありがとう」
「俺も食べたかったんだよ。気をつけて行っといで」


 木ノ葉随一の機動力は伊達ではなく、言うが早いか3人は姿を消す。
 彼らを見送り、火影邸へ引き上げようとしたカカシは、ふと、僚友の残した言葉に、苦笑するのだった。


「スマン、ってのはともかく、ありがとう、って・・・木ノ葉の平和をありがとう、って意味もあるのかね、ガイ?」


 ───それは、お互い様デショ・・・?





 そうして。

 春の香が立ち込める中、騒がしく執務室へとやってくる一同の気配。


「おーい! 今年はなかなか、いい出来のが出来たぞ、カカシ!」
「あれ、シカマルくんもいらっしゃったんですか」
「お邪魔するわよお。あらあら、本当に火影様やってるのねえ? 元・写輪眼サマは」
「平和な泥だらけ、って言うのも、たまにはいいもんですねー。あとで銭湯に直行だけど」

「ご苦労様、みんな。おっ、気がきくねえ、ガイ。ちゃんと白米も炊いてくれてたんだ」
「さすがに昼間から酒、というわけにはいかんからなあ」


 炊き立ての白米をおにぎりに、焼き味噌をつけていただく。
 これに勝る平和が、そうそうあるだろうか?


「・・・うん、随分久しぶりだけど、美味しいねv」
「ホントだ・・・アタシの味覚、変わったのかしら? あんなに苦いと思ってたのに」
「大人の味ですねえ。意外にいけます」
「お店ではお茶漬けにもするのよ? シメにサイコー! ってねv」
「それも美味しそうだなあ」
「・・・カカシさん、今は執務中ですから。ンな恨めしそうな顔、しないでくださいよ」
「そうだぞカカシ。何のために白米を炊いたと思ってるんだ」
「分かってるよー二人とも。言ってみただけだってば」





 ───あの日、危機的状況の中、うちはマダラの前で。


『木ノ葉の碧き猛獣は終わり 紅き猛獣となる時が来た』


 そう、ガイは覚悟を決めていたけれど。


「ガイー」
「何だ? カカシ」
「やっぱりお前には、紅き春より、碧き日々の方が似合うンじゃない?」


 カカシがこめた言葉の意味を正しく知るのは、カカシ自身とガイ、そうしてあの場に居合わせたリー、の3人だけ。

 でも。


「・・・そうだな。願わくばこの碧き春が、出来うる限り長く続くよう、励むだけだな」


 ガイがそう答えるのに、だがこの場にいる皆が、同意するのだった。



 フキノトウの花言葉は、待望、愛嬌、真実は一つ。

 そして───仲間。


■終わり■

---------------

 実は別所には、フキノトウの別の花言葉について、短く解説してあります。できたらあっちも、読んでくださいねーv
 CMでしたvv


春の香は碧 【鳴門】 中編
2015年04月16日(木)

「ガイちゃんなら来てないわよお?」


 任務完了の報告を滞りなく済ませ、開放されたカカシはとりもとりあえず、ガイの行きつけのあの居酒屋を訪れた。
 ちょうど夕刻に差し掛かる頃で、営業開始の暖簾を用意している店主と、実に1年ぶりに顔を合わせたところ、開口一番、そう言われてしまった。

 とりあえずお入りなさいな、と促され、店内に足を踏み入れたところ。


「・・・・・この香りって・・・!」
「断っておくけど、ガイちゃんには今年まだ、作ってもらえてないのよねえ。でも、お客さんからの注文があるし、今回のは仕方なくアタシのお手製、ってワケ」


 嗅ぎ覚えのあるフキノトウの香りに、思わずその場に立ち竦む。が、店主の告白にどこか力が抜けて、そのままカウンター席に陣取った。

 簡単な料理を注文したものの、何から聞けばいいのか躊躇しているカカシをどう思ったのか、店主はどこか痛ましい表情で話しかけて来た。


「ここのところあなた、ガイちゃんとずっとすれ違いばっかりだったんですって? 体が鈍る、とか言って、退屈そうだったわよん」
「・・・来てたの、あいつ」
「一応常連だしねえ。けど、それも1週間も前の話。詳しくは教えてくれなかったけど、特別任務を命じられたとかで、しばらくは戻れない、って言ってたわ。
折角の花見の時期なのに、帰って来る頃までには散ってるだろう、って残念がってたわねえ」
「・・・・・」


 カカシが里を出た頃は、桜はまだ蕾のままだった。そして戻って来た今は、ほろほろとほころび始めていた。満開はこれからだ。
 その桜が散るまでにガイが戻らない、と言うことは、相当長い期間任務に縛られることを意味する。


「・・・けど、野生のフキノトウは出始めているよね? ガイに例の焼き味噌、頼まなかったの?」


 つい咎めるような口調のカカシに、店長は難癖には慣れているのだろう、軽く肩をすくめて見せた。


「あなた、よほど木ノ葉から離れていたのね。道理で見かけなかったはずだわ。
あのね、里はここのところずっと雨が降ってて、収穫なんか出来なかったの。ガイちゃんも何かと、忙しかったし」
「・・・つまり、店長があいつに焼き味噌をせがむのは、天気が良くてフキノトウが取れて、ガイの体と時間が空いてる時期に限られてた、ってワケ?」
「チッチッチッ。甘いわね。写輪眼ともあろう男が、肝心な条件を忘れてるわ」


 もったいぶりながら言葉を切り、出来上がった料理をカカシに手渡してから、厳かに告げられる店主の言葉。


「最大不可欠な条件、それは、ガイちゃんが無事で、心身ともに健康であること」


 ───ああ、やっぱり。


 ここの店にとって、フキノトウの焼き味噌はつまり、ガイが無事であることの証、みたいなものだったのだ。


 忍をやめたと言う店長はともかくも、ガイがこれほど香りの高い食材を扱うとなると、さまざまな意味で慎重にならざるを得ない。

 調理を行なう手が無事なのは言うに及ばず、ガイに血生臭い任務が割り振られていないことが、最低条件。任務直前でも、任務直後でもダメだ。

 直前なら、不自然に強すぎる残り香が体につき、隠密を必要とする任務に支障をきたすかもしれない。あれほどカレーの好きなガイが、重要任務の前後には決してカレーを作らないし口にしないのと、同じ道理だ。

 そして直後だと、体にまとわりついた血の香りが、折角のフキノトウのいい香りを、台無しにしかねないから・・・。

 あの草むらで、フキノトウを摘むのをやめた時、カカシはそのことに気づいたのである。

 ガイのお手製のあの焼き味噌は、彼が束の間ながら、当面の平和を勝ち得た年のみ、振舞われるものなのだ、と。


「・・・アタシがまだ忍やってた時・・・あ、結局下忍止まりだったんだけどね、色んな任務してて。ちょうどやっぱり下忍だったガイちゃんと、知り合ったのよ」


 すすまないまでも料理に箸をつけたカカシの傍で、店主は昔語りをする。


「ひどい戦闘があってね。みんな全滅するかも、って覚悟したぐらいに、ひどいの。けど、ガイちゃんだけは前向きでねえ。

『絶対に生きて帰るんだ、だから皆も頑張れ!』

って叱咤激励されちゃった」
「はは、ガイらしいな・・・」
「でしょでしょ? おかげで全員、無事木ノ葉に帰り着くことが出来たんだけどね」


 見れば店長は、自分で作ったというフキノトウの焼き味噌を、手近な器に盛り付けている。


「その時のアタシ、結構ヤバい怪我してて。もし意識を失っちゃったら、そのままこの世とはサヨウナラ〜、って状況だったの。だから、ガイちゃんってばアタシに肩を貸しながら、何かと色々話しかけてくれててね、意識を途切れさせないようにしてくれてた」


 そうして、見栄えだけはガイの作ったものと遜色ないものを、カカシに差し出した。


「その時に話してくれたことの1つが、このフキノトウの焼き味噌の話。ガイちゃんのお父さんの好物だったんですって?」
「そう、聞いてるよ」
「任務で収穫の手伝いに行った時、そこの農家の人から作り方を教わったんですって。
あんたたちがこの辺を守ってくれてるから、今年もこの平和ないい香りと再会することが出来たんだ───って、そのお礼に」
「・・・それで?」
「何となく、察してるでしょ? その思い出話聞いてるうちに、これ以上ないってご馳走に思えてさ。食べてみたいな、ってアタシがつい言ったら、『生きて帰ったらいくらでも作ってやる』って、ガイちゃんが約束してくれたってワケ」
「それを律儀に、今でも守ってるわけだ、あいつは。・・・マメだねえ」


 ───自分以外の人間にも、相変わらず熱血で情熱的な態度をとってたんだ。


 それが微笑ましくて、それでいて少し悔しい気持ちもして。
 カカシは軽く両手を合わせてから、店長お手製とやらの焼き味噌を口にした。

 似た香りで、似た味、似た苦さ。
 それでもやはり、あの時食べたものとは何となく、違う味。


「これはこれで、結構美味しいんだけどなあ・・・」
「でしょ? でもどこか、味気ないのよねえ」


 アタシの熱血と根性と青春が足りないのかしら? と本気で首をかしげる店長に、カカシは思わず吹き出す。



 ───任務は無事遂行したものの。
 ガイが両手に大火傷を負い、木ノ葉の病院に担ぎ込まれた、とカカシが聞いたのは、それから10日後のことだった。







------------------------------------

「あの・・・カカシさん?」
「何? シカマル? その書類にはちゃんと、サイン入れたデショ?」
「いえ、そのことじゃなくて・・・」


 その日。
 六代目火影として、執務室でさまざまな雑務を進めていたカカシは、彼の側近となった奈良シカマルに、それは怪訝な目を向けられた。

 何かしくじりでもしただろうか? と首をかしげていると、「プライベートに口出ししたくはないんスけど」と前置きした上で、シカマルはぼそぼそ、と言葉をつなげる。


「その、さっきからこの辺一帯に漂いまくってる、青臭いっていうか、独特の匂いが気になって。・・・何なんスか?」
「え? ああ、これ? ゴメンゴメン、すっかり鼻が慣れちゃったから、意識してなかったよ。ひょっとしてシカマル、こう言う香りって苦手な方?」
「苦手、ってほどじゃねえけど。・・・漢方薬でも煎じてるとか?」
「漢方薬、ねえ。まあ、広い意味では、似たようなものかもしれないけど」


 ───ナルトたちと比べて随分大人びていると思ったんだけど、意外にそうでもないってことね。いい香り、って思えるには、もう数年必要ってトコロ?


 何だかんだ言って、シカマルもまだまだ青年の域なんだな、と、ちょっとだけ微笑ましくなるカカシである。


「どっちかと言うと、ご飯のお供というか、酒の肴、の類だよ。ガイに頼んで、厨房で作ってもらってるんだ」
「・・・ちょっと待ってください。ガイ班って、今日から短期の里外任務のはずじゃ」
「あーそれね。今日になってドタキャンされちゃって。いい迷惑だったよ」


 もちろんキャンセル料はたんまりせしめたけど、とカカシが浮かべた黒い笑顔に、シカマルもそれ以上は突っ込まない。


「・・・で、折角ガイの体が空いたから、どうせなら、って俺が依頼したんだよ。材料調達から後片付けまで一式、全部やってくれ、って。ガイ班総動員で」
「仮にも上忍に、腐っても火影が、何て気楽に依頼してるンすか」
「腐っても、って・・・何かトゲを感じない? その言い方。
けどその分だとシカマルの家じゃ、今の季節食卓に出さないってコト? ヨシノさんなら手ずから、作ってくれそうだけどなあ」
「は? 俺んちの食卓に、っスか? 何を?」
「ヒントは、この香り。それと、今の季節限定の食材。・・・さすがの木ノ葉一の頭脳派も、分からないかな?」
「変なことで挑発しないでください」


 半分からかわれているのを察したのだろう。目をつぶって春の香りを確かめながら、頭のデーターブックを総動員した後、おもむろにシカマルの口を突いて出た、言葉。


「フキノトウ・・・か?」
「ごうかーくv やっぱり君の知識の泉は広いねえ」
「それ、単にオッサンくさい、って言われてる気、するンすけど。
ちなみにうちでは、おふくろが天ぷらにします。揚げたてならそこそこいけるンすけど、冷めると結構苦いから、俺はあんまり食わねえな」


 もっとも、と、切ない思い出にかられたらしく、少しだけシカマルの顔がうつむき加減になる。


「親父は、好きだったみたいですね。そう言えばこの季節、親父が家で夕食をとる日は決まって、食卓に並んでいた気がします」
「・・・そっか」
「去年やおととしは・・・どうだったかな。あの頃は色々といっぱいいっぱいで、食欲とかあんまりなかったから、出てなかったかも」


 精をつける、と言う意味でも、息子が苦手なものを食卓に並べるような母親では、なかったろう。きっと、少しでも箸がすすむよう、好きなものばかり作ってやっていたに違いない。

 今になってその配慮に気づいたと見えて、一瞬惜しむような表情を浮かべて両眼を閉じ。
 再び開いた時には、シカマルにはいつものけだるそうな目が戻っていた。


「・・・それで、カカシさんのトコはどうだったんスか? 何か、味噌の匂いまでしてるけど、そう言う調理方法だったとか?」
「違ーうよ。俺の懐かしの味じゃなくて、あいつの親父さんの好物」
「は? ガイ先生の親父さんの味を、リクエストしたんスか? 何で?」
「んー。平和になったなあ、って思ってねえ」
「?????」


 さすがのシカマルにも、その辺の事情は推理できないだろう。情報が足りなさ過ぎて。





 ───あの年の晩春。
 何とか時間を見つけてカカシが見舞いに訪れると、ガイは病室で食事の真っ最中だった。

 指に巻かれた包帯と痛みに悪戦苦闘しながらも、戸口の友人の姿を見つけた途端、いつもの開けっ広げな笑顔を向ける。


『火遁使いがいたんだって?』
『おうよ。結構ヤバかったな。何せ火に邪魔されて、なかなか近寄れなかったんだ』
『・・・どうせお前のことだ。無理やり火の中に突っ込んで、突破口を開いたんだろう?』
『さすがだな、そこまで見抜いているとは。それでこそ、マイ・ライヴァルだ!』


 つい恒例のナイスガイ・ポーズをしかけて、指の痛みがぶり返したらしい。「痛くないぞおおおおっ!」と、無駄な気合を入れるのを、カカシはどこか安堵した気持ちで眺めていた。


 ───おそらくは、火遁使いが一番の難物だったのだろう。
 むろん敵が単独で行動するわけもないから、他の仲間たちは別の忍たちからの攻撃をしのぐのが、精一杯で。何とか迅速に動けるガイが、やや強引な方法で火遁使いを倒した、といったところか。
 両手指の大火傷は、その代償だ。

 分かっている。それしか方法がなかったのだ、ということは。
 けれど、もう少しやり方を考えろ、と思わずにはいられない。
 そうでなくても、もともと体術使いは直接的な攻撃な分、ダメージもまともに食らってしまうのだから。


『・・・今年はもう、例のものは作ってやれないなあ・・・』


 味気ない病院食に、記憶が刺激されたのか。ボソリ、と呟くガイ。


『命あってのものだね、だろ? 店長も分かってくれるんじゃないの』
『そうは言っても、この機会を逃したら、次は1年後だ。それも、作ってやれるかどうか、約束できるものでもないし』


 悔しそうに呻くガイの横顔を見ながら、カカシは改めて確信する。
 やはりガイにとっても、フキノトウの焼き味噌は、平和な春の訪れの証だったのだ、と言うことを。

 あれだけ渋々、と言う体を装いながら。
 まるで、分かる者には分かる、合言葉のように。

 だからこそ、店を訪れた多くの客が、店長の作ったものより、ガイのものを好んだのではないか。


『・・・あのさ。妙にこだわるよね。親父さんの好物だ、って言ってたけど、ダイさんはひょっとして毎年作ってたわけ?』
『言われて見れば・・・そうだったな。下忍止まりだったから、よほどのことがない限りめったな任務は回ってこなかったらしい。ほぼ毎年、食ってたっけ・・・』


 その思い出故に、毎年の春の風物詩として、ガイは覚えているのかもしれない。子供の頃の出来事は、1年1年が全て大切な宝物なのだから。


『・・・現状を嘆いても仕方がない。もっと俺が、強くなれば良いだけの話だなっ』


 退院したら早速修行せねば、と。
 ガイが出した結論は結局、呆れるくらいいつも通りのポジティブなものだった。


■続く■

※スミマセン・・・後編まであります・・・




BACK   
目次ページ