*ハナビヨリ*住宅ローン返済日記
もくじきのうあした


2003年08月31日(日) お引っ越しと歌とお笑い☆

本日は大安ナリ。
とゆーことで、お日柄もよろしく引越でした。

疲れた…。
ほんと疲れた。
体力が加齢と共に衰えてるのを実感します。
でも雨が降らなくて良かった。
やっぱり人は、日頃から運動をするべきです。

夕方からは彼の町のイベント(祭り)へ。
前座は大阪で活動中のアカペラグループの歌。
これ、よかった。
オリジナル曲も含め、よかったねぇ。

はなは音痴で歌うことに自信が全くない。
人前では歌わないもの。
だから、思い切り歌が歌えるってことが羨ましい。
彼女たちが眩しく映りました。
輝いていたから。
好きなことをしている喜びに溢れていたから。
やっぱり人は、やりたいことをやるのがいい。

その後は人気者・原口あきまささんの物まねショー。
意外とゴツイ体つき。
単純に面白かったですよ。
それにサービス精神旺盛な方でした。
いいひと。
やっぱり人は、人に親切でなければなりません。

どんなことからも学ぶことが出来ると
再確認した一日でした。





↑これからも色々頑張りまっせ!

My追加



2003年08月30日(土) 愛しい☆モーニングコール。

二次試験、終えてきました。
んが!!
やっぱり朝4時起きはしんどいですよ〜。
でもまぁ、神経高ぶってるし、
起きられる自信はモリモリあったのですが、
昨夜、電話で彼に言ってみました。

「明日、朝4時に起こしてちょ。なーんて、冗談」

なんも期待してなかったのですが、
かかってきましたよ、モーニングコール!!
「はなは、寝ぼすけだから心配だったし」って。

朝4時ですよ?
自分の用事ではないんですよ?
人を起こすために、わざわざ自分が起きるんですよ?
しかも繰り返すようですが、朝4時ですよ!?

…コレが、愛?

前カレの時は、逆でしたからね。
「オレ、釣りに行くのに仮眠するから3時に起こして」
とか平気で言うヒトだったんで。
いや、そう簡単に言われても…起きる自信ないんですけど。
「だったら起きててよ」
当時は好きだったからさ、健気にもそうしてましたよ。

だからこそ、わかります。
彼のはなに対する気持ちの絶対量がすごく大きいらしいこと。
本当にあなたしかありえません。
結婚準備で一方的に怒ってばかりで悪かったよ。
心から反省したよ。

んで、話は二次試験に戻るんですが。
これまで生きてきて「試験が楽しかった」のって初めて。
私、おかしいんですかね?
結論として残ってる感情は「すごく楽しかった」なんです。

確かにね、1回目の個人面接は1番最初でね。
面接用シートを埋めるだけで時間いっぱいいっぱいで、
自分の考えをもう一度おさらいする時間もなくて、
そのかわり緊張する間もなく終わっちゃったんでね。
これだけは失敗したなって思う。

個人面接の2回目は、いくぶん落ち着いて出来たように思う。
でもこれもあっという間に終わっちゃって、
「もっと私の考えを突っ込んで聞いて欲しかった〜」
「もっと話すこといっぱいあったのに〜」って感じかな。

イチバン心配してた割に、模擬授業がイチバン面白かった。
なにしろ課題が当日の「くじ」で決まるという、
その博打的な課題の与え方に感服。面白いじゃんね。
5人一組でひとり10分模擬授業、その後30分の集団討論。
この集団討論が楽しかったんですね。

周囲はライバルといえども同じ目的のために集まった仲間。
不思議と連帯感が生まれていました。
同じ志を持った人と語り合うってなんて素晴らしいの。
よりよい教育や教師の仕事について
しっかりした考えを持ってる人たちと出会えて、
嘘偽りなくとても幸せでした。
「もし試験に落ちても、またここに戻ってくるぞ」なんて
思ってしまいました。





↑微妙な時期に結果がわかるんだな、コレが

My追加はここから


2003年08月26日(火) 忙殺☆必殺仕事人

仕事、やけに忙しいです。
日記を書くヒマもありゃしない。
上司もやたら事務所に常駐してるし。
あんた、一体なんなのさ。
いくら自分専用のパソコンが来たからって
「おぉ!この地図(ソフトのひとつ)面白いなぁ」
とかゆって、何気に遊んでるでしょ?
とっとと営業に行けよ!
殺伐としています、心の中…。

そうでした、そうでした。
なんでこんなに忙しいのかとゆーと、
決算なんです。
立て続けに7月と8月が。
9月挙式、ほんと無謀だったかも…





↑ま、当然だけどね

My追加だったかもね


2003年08月23日(土) 引出物、その他諸々☆決定

いや、タイトル通りなんですけどね。

披露宴でお世話になる式場で
「トータルブライダルフェア」が催されまして。
引出物から装花から料理からケーキから
披露宴に関わりのある全てが展示されていました。
実際に見ながら選べるのですね。
担当者もこのフェアに合わせて打ち合わせを組んでた模様。
やるなぁ、うちの担当さん。

残念ながら彼はお仕事だったので
彼ママとうちのおかんと3人で行って来ました。
担当者曰く「決定権を持っている方とご来場下さい」
笑えましたが、実際その通り。
「どーしよー、うちに帰って聞いてからー」
なんて言ってたら、なーんにも決まんない。
私たちの場合、彼側は彼に決定権があるのですが、
はな側はおかんなので。
いえ、はな自身に決定権があるんですが
必ず、ええ必ず、
おかんチェックが入り、100%決定が却下されるんで
最初っから連れて行った方が手っ取り早いわけです。

穏和な彼ママとちゃきちゃきのうちのおかん。
タイプの全く違う2人のお母さんの間でね、
ええ、そりゃ大変でしたとも!
とても楽しかったけどね、大変でした。

なにしろ趣味や考え方が、全然違う。
「いつでもどこでも、控えめが好みなんです」の彼ママと
「せっかくの結婚式だし、派手にいかなね!」のおかん。
どうやって妥協点を見つけろと?
見つかるわけが、ない。

そうなると仕方ありませんよね、
どうやってもちゃきちゃきおかんの意見が通っていきます。
誤解のないように言っておくと、
おかんが自分の意見をごり押ししてる訳ではないんですよ。
彼ママに意見を求めても、何しろポリシーが
「いつでもどこでも、控えめに」
ですからね、意見をおっしゃらない。
「それでいいです」ばっかりな訳です。
内心「ホントに考えてんのか?」と疑惑を抱きつつも、
何度、いろんな聞き方で確認しても「それでいいです」
そうなると仕方ありませんよね。

それにしても「あー、よかった」と思ったのは
常日頃から煩がられようが喧嘩しようが、
しっかりと彼と打ち合わせをして
彼が希望していることを把握しておいた点。
このように彼が同席出来ないときに何かを決めるのって
互いの意志疎通が出来ていないと結構、難しいですよ。
女「コレに決めたよ」
男「うっそ、やばいって。キャンセル」
女「ええっ!!ムリ、ありえない」
男「ばっか、ありえないのお前じゃん」(以下省略)
なんてことにならないように、これから結婚する皆さま
いちゃいちゃするコミュニケーションだけでなく
話し合いも大切に(笑)

ほとんど嫁側の思い通りにコトが運び、
無事にハード面の全てのことが決まりました。
あとはソフト面です。
実際の進行の仕方とか使う音楽とか席順とかですね。
これが大変なんですけど、
全ては試験が終わってから考えます。





↑やることいっぱいだからねぇ

My追加だからねぇ


2003年08月20日(水) 伯母の死を悼みながら…☆

小康状態を保っていた伯母が亡くなりました。
母の姉である伯母は、
車で1時間ほどの距離に住んでいたこともあって
親戚の中でも、とても身近な存在でした。

結婚が決まっている者は、
お葬式に参列するのは良くないらしいのですが、
そんなこと言われても、行きます。
最後にお顔を見ることは許されないそうですが、
それでも、行きます。
当たり前じゃないですか。

私なりに深く悲しんでいるのですが、
些細な一言で母を傷つけてしまったようです。
母の捉えたような意味で言ったのではないのですが、
今回ばかりは言い訳はしません。

肉親を失って悲しんでいる人に何と言えばいいのか、
どういえばその悲しみを和らげることが出来るのか、
どういう言葉を期待していたのか、
何をすれば良かったのか、わからないからです。

もともと気の利いたことが言えるタイプではないので、
こういう状況下では、ひどく自分自身が無力に思えます。
内面の混乱を表に出さないようにしたら誤解され、
感情を吐露するべきでないと判断したら誤解され、
ますます混乱し、固まってしまいます。

そして思うことはいつも同じ。

私が思っていることが相手に届かなければ
思っていないのと同じこと

自己満足ではいけないのです。
この場合、こんなに伯母の死を悼んでるんだということを
内面に蓄えているだけではいけないのです。
「最期はどんなだった?」
「誰がお別れを言えたの?」
「お疲れさまでした」
こうやって、今起きていることに興味関心を持ち、
心を開いてますよということを表現しなければならない。

これはどんな場合でも同じこと。

誰かを深く愛していてもそれを相手に伝えなければ、
横からさらわれてしまうだけ。
誰かを助けたいと思っていてもそれを相手に伝えなければ、
冷たい人だと思われるだけ。
もちろん行動で示すという手段もあるけれど、
好きだからと一方的に後をつけ回したらストーカーですから。

伯母の死はとてもとても悲しいけれど、
もっと悲しいのはその気持ちを母と共有しきれなかったこと。
私は出なくていいときに前に出て、
出なきゃいけないときに後込みをする弱さがある。
克服しないといけません。





↑まだまだです、情けないことに…

My追加


2003年08月19日(火) 考える日々☆

叔母は小康状態。
意識もあるし、自分の息子が見舞いにきたら
「香水の匂いがするから」と、分かるらしいし。
最悪の事態も想定していただけに、ちょっと安心。

おばあちゃんなんて、もっと安心。
従姉のお姉さんがおばあちゃんの様子を見に行ったら、
まさに、今その瞬間!
大口開けて饅頭にかぶりつこうとしていたとか(笑)
ちょっと太って帰るくらいで、ちょうどいいのかも。

********************

さてさて、結婚準備。
昨日は静かに静かに、彼を怒っておきました。
決して声を荒げずに、諭すように話しておきました。
内心はとっても荒れ狂っていたんだけれども!

たぶんねー、悪気はないんだよね。
きっと今まではこうゆーやり方で何とかなってきたんだわよ。

「直前ギリギリに、仕上げる」

帳尻は合うんだから、まっ、いっか!とは、
どうしても思えなくて。

「余裕のあるうちに少しでも出来ることから片付けたい」

この考え方、間違ってますかね?
正しいと思うんですけどねぇ。
彼も口では「分かった。悪かった。ちゃんとする」って
言うんだけど、行動が伴わない。
正直言って、軽く不安になってきたりしてます。
物事に取り組むスタイルに、ずいぶん差があることに。
これまで声を荒げて怒ったり、
機嫌取っておだててみたり、色々してみたけど、
やっぱり人間の本質って変わらない。
男と女の違いかもしれないし、
変えようとしないのか変えられないのかわからないし、
私の方がもっとのんびり構えればいいのかもしれないけど。





↑ある意味、現実逃避ではナイデスカ?

My追加ではナイデスカ




2003年08月18日(月) 盆休み終了☆

盆休み、いかがお過ごしでしたか?
こんにちは。
食べ過ぎて、すっかり体重が戻ってしまったはなです。
(あかんがな…)

引越準備に20%
結婚準備に20%
二次試験対策に20%
遊びに30%
諸事に10%

はなの盆休みはこんな感じでした。
とりあえず、地元の花火大会はキレイでした。
彼の強い希望で、毎年浴衣で行くんだけども、
今年は雨上がりだとゆーこともあり、
勘弁してもらいました。
ああ、歩きやすかった!
来年は新しい浴衣を買ってもらったら、着よう。

友達とご飯食べました。
10年間、同じ人と付き合ってるNちゃんは、
6月に破局を迎えていました…。
「長い春」って実らない。
これ、ホントかも。なにかの法則なのかも。
でも、別れてよかったのだと思いながら過ごすのと
別れたことを後悔しながら過ごすのとは、大違い。
前向きにいきましょうよ。

叔母の調子がすこぶる、悪い。
末期ガンなのです。
肺に転移してるから呼吸がつらそう。
お見舞いに行っても会話がしんどそうで見守るだけ。
「頑張って」と声を掛けられない。
だってもう、ほんとにたくさん頑張ってきたんだもの。
居なくならないで。
でも、頑張らないでもいいよ。
矛盾してるんだけど。

おばあちゃんも心臓の発作で入院中。
こちらは食欲も旺盛で、比較的安心できるかな。
82歳という高齢だから油断は禁物だけど。

今日から仕事!
一日一日を大切にいきましょうよ。





↑当たり年?

My追加でやんす


2003年08月12日(火) くよくよ病☆発症

インターネットってホントに便利。
一次試験通過者が何人いるか、
見なきゃ良いのに、わざわざ見たんですよ。

はなの受験した方は
採用人数:20名(以内) に対して
一次試験通過者:32名  でしたよ。
微妙すぎる。

思いっきり、自信なくなってきました。
いや、もともとないんでした。
そういや通過の時点で、びびってたんでした。

だってね、自分の受験番号前後の人をね、
よーく覚えてるんですよ。
一緒に集団面接を受けた仲間ですから。
そのときに「この人、受かりそう」って思った人が
確実に受かってました。
同じグループから、はなを含めて4人も。
はな以外は全部男の人でした。
めちゃくちゃしっかりしてそうな、
頼りがいのありそうな人たちでした。

同じ科目からは、どう考えても2人しか受からないハズ。
とすれば、確率は二分の一ですねぇ。

なんとか、やるべきことが見えてきたので、
くよくよせずに、心、立て直し。





↑こうやって言っておかないと、負けちゃいそうだ。

くよくよしないでMy追加


2003年08月10日(日) 打ち合わせだらけ☆

朝から二次会幹事さんの顔合わせ。
御招待人数が多いため、幹事さんは計5名。
式場担当者とも出会ってもらい、細かく打ち合わせ。
「どんな二次会にしたい?」と問われ、
はなと彼は困ってしまった。

そっかぁ、イメージは持ってないといけないのね。
もう、ココロが完璧におまかせ状態だったから、
すっかり面食らっちゃった。
とにかく楽しく、面白く、
集まってくれた人、一人ひとりとお話しできたらいいな。

大急ぎで案内状の作成に入る模様。
なのに、あまりに人数が多すぎたため再考させていた
彼側のリストが出来上がっていなかった…。
もーぅ、世話が焼けるなぁ!
こうゆー、ちょっと抜けてるとこが、
なんだかほっとけなくて、ついつい構っちゃうんだけど。

式場担当者に話を聞いたら、もうお昼。
昼食を兼ねて打ち合わせてもらうことにしました。
ご飯代はもちろん、こちら持ち。
はなたちは途中で失礼して新居に移動し、
彼側のリスト作成を。
これまた、微妙に漢字が分からない人とか居て…。
もーぅ、世話が焼けるなぁ!

********************

幹事さんたちが式場で打ち合わせ中は、
はなと彼はヘアメイクの打ち合わせを同時進行で。
地毛で可愛くしてもらおうと思ってたら、
「無理です。地毛はお団子にして固めちゃう。」
「ヴィックでバリエーションを広げます」
えーー!?いやん、そうなの?
ちょっと、ショックを受けました…しょぼん。
でもまぁ、そうかも。
いちいちドレスに合わせてヘアチェンジするのは
大変だものねぇ…。納得。

とにかく前撮りをするので、
その時に具体的に決めていくとのこと。
はぁ、そうですか?どうぞよろしく。

それから、ネイル!
希望すれば、爪の幅を計ってオーダー品を作るんだって。
いっこ、欲しいな…と思っていたので、
ちょっとお値段が高い気がしたけど、お願いしました。
やっぱり爪の先までビューテホーな花嫁になりたいじゃん。

打ち合わせだらけで疲れました…。
新居でリスト作成後、
まったりしてたらうっかりお昼寝、計2時間。
二人とも、疲れてたんだね。
でも、頑張ろうね。





↑よっ!ショートスリーパー!

じゃんじゃんMy追加


2003年08月09日(土) 結果発表☆なんでだろ?

結論から先にいますと…

一次試験、合格。

信じられない気分ですよ。
まじっすか?
ちょうど結果通知書が届いたとき
友達のSちゃんが家に遊びに来てて、
「う、受かってる!!」
「良かったやーん!!」
タイムリーで合格の喜びを分かち合ってもらうことが出来て
幸せでした。

でもね、まだ二次試験があるんですよ。
今月末に…。
その前日は前撮りで、その翌日は引っ越しなんですけど、
うまいこと、空いてるその日にドン!

ええ、頑張りますとも。
試験まで3週間でしょ?短期決戦は得意とするところです。
(一次試験も準備時間は、正味1ヶ月半)
ええ、頑張りますとも。





↑まず、試験要項みつけますとも。

My追加ですとも。


2003年08月08日(金) 台風だぜ☆びゅうぅー

ダブル末広がりの(8がふたつだから、ね)
めでたいお日柄にも関わらず、
台風10号が日本列島縦断だそうですね。
はなの住む地方は、今夕から大嵐になる模様。

台風…すき。
だって、なんだかワクワクするんだも。
家の中から草木がびょうびょうと

********************

…まで書いたら、台風のせいで社員さんたちが
わらわらと戻ってきちゃったい。

もとい、続きを。

家の中から草木がびょうびょうと
風に吹かれてるのを見るのなんて、大好き。
雲があり得ないスピードでぐんぐんと
進んでいくのを見るのも、大好き。

もちろん、台風のせいで被害を被るのは困るけど。

こんな気持ちになるのも、
つい最近、夏期講習で枕草子を勉強したせいかな?

今日で夏期講習も終わり。
まさに嵐を呼び寄せるような授業をするぜ!!





↑野外授業?

嵐を呼ぶかもしんない、My追加


2003年08月06日(水) まったりモードで癒されて☆

ども、です。
いつものソフトバレーが
人数が揃わないということで突然、お休みになりました。
ちょっと、残念。
だってせっかく痩せモードに入ってるのに。

と、ゆーことで(強引)
その時間、彼のお家…ってちゃうやろ!
新居に行ってました。
ほんとは夏期講習の予習はてんこもりに残ってるし、
友達からは就職の電話相談があるはずだったんですが。

いいんです、たまにはまったりする時間も必要です。
彼がよくわかってました。
「こうやって、ゆっくりする時間が欲しかったんやろ」って。
さすが、はなのダーリンです。
こうゆうところが、あなたでなきゃと思わせる所以。

冷蔵庫を覗くとハムと卵しかなかったので、
ハムエッグを作りました。
出来損ないだったのにおいしそうに食べてくれてありがとう。
精進します。

二次会のことやメルヘンの写真のことや、
大切なことも打ち合わせることが出来てよかった。
もうすぐだね、いい式にしようね。





↑会場の広さ、無視ですか?再考させねば。

間違って、My追加


2003年08月04日(月) 写真整理に☆ふと

余興のひとつとして「メルヘン」(スライド)を
流すことにしました。
いや…でも「メルヘン」って…ネーミングセンス、ナッスィング?
まぁ、いいや。

んで昨日の夜、その「メルヘン」に使用する写真を、
母の隣でごそごそ探しておりました。
ふたりで赤ちゃんの頃の写真を見ては大声で笑い、
当時の話を聞いたり、
感想を言い合ったりして過ごしました。

きっとこうやって巣立っていくのだと思ったから。
少しずつ少しずつ、現実味を帯びてくる結婚に
少しずつ少しずつ、ココロを慣らしていかなければなりません。

それはとても切ない作業だけど、
振り返ることによって親のありがたみを実感したり、
温々とした親が守ってくれる環境から飛び出すだけの価値を
彼の中に再確認したり、
それはとても大切な作業だったりする。





↑ひどいよ、とーちゃん

My追加よろピクルス


2003年08月02日(土) 土曜出勤中に☆戯言を

昨日はくたびれて、くたびれすぎて
ココロが召されておりました。
やはり週末は、ぐぐっと疲れがビッグウェイブとなって
襲ってきますね…。

しかもただいま塾では夏期講習、真っ最中。
普段は小学6年生と中学1年・2年の受け持ちですが、
夏期講習の対象は受験を控えた、中学3年生。
普段受け持っていない生徒との攻防は、
かなり神経をつかうものです。

今日は朝9時から12時まで夏期講習でした。
朝イチから大声を張り上げていたせいか、
現在、ナチュラル・ハイ状態。
12時30分から本職の職場で勤務中なのですが、
結婚前にもかかわらず、このハードスケジュール。
お肌の張りもなくなってきましたよ…。
こうやって息抜きに日記でも書かないとやってらんない。

そして勤務明けには、花火大会へと繰り出すのです。
どうだろう、体力持つかな?
あまり飲まないようにしなくちゃ。
元々弱いのに、疲れてるからすぐに酔いがまわりそう。

ああ、明日のエステが楽しみで仕方ない。
最近は食欲もいい具合に落ちてきて、
体重も1垳困辰討襪掘∨めて貰えるはずだわよ。
ってゆーか、褒めてくれ。
ストレスからか、おなかもゆるい。
コレは“やつれてる”というのかも知れません。

結婚準備の方は、ココロを入れ替えたら
スムーズに進み始めました…たぶん。
やりたいことはやるし、親の希望も取り入れるし、
バランス良く。
叔父さんに歌もお願い済み。
だいぶ嫌味を言われ、オッケー取るまで引っ張られましたが、
「やーん、ごめんなさーい」とブリッコしておく。
…ふっ、大人になったね、アタシ。

もうすぐ、ヘアとメイクの打ち合わせ。
どんなのにしようかな?
同じ日に二次会幹事さんの顔合わせも入ってるし、
「いよいよだー」と気分も盛り上がって…くるはずです、
夏期講習が終わったら。





↑腰にくるんですわ

My追加だじょー



はな |MAILHomePage

My追加