武ニュースDiary


* このサイトはリンクフリーです。ご連絡はいりません。(下さっても結構です。^_^)
* 引用は、引用であるとわかる書き方なら、必ずしも引用元(ココ)を表示しなくても構いません。
* 携帯からのアドレスは、http://www.enpitu.ne.jp/m/v?id=23473 です。
* 下の検索窓(目次ページにもあり)からキーワードでDiaryの全記事が検索できます。
* バナーは世己さんから頂きました。
* Se inter ni estus samideanoj, kontaktu al mi. Mi elkore atendas vin, antauxdankon!


目次前の記事新しい日記


2006年05月31日(水) 麦茶のニュース一斉に

大麦香茶のCMの話が台湾香港の新聞にいっせいに出ました。
明日からの大陸での放映に合わせて、資料が出たのでしょうね。
どれも同じような内容ですが、3つ選んで――



城武が飲料のCM撮りのため、初めてタイのチェンマイを訪れた。
このCM撮影は多事多難だった。
主なスタッフには、金城武のCMに何度も参加している
巨匠クラスの写真家、繰上和美をはじめ、
金城武のCMでは常連のチームに依頼したが、
スケジュールを調整するだけで半年近くかかった。
さらに、麦畑は刈り入れ前の一番美しい色のときでなくてはならない。
見渡す限りの黄金色の麦畑を探して、中国からオーストラリア、
ニュージーランドまで、地球を半周してロケ地探しを行い、
最終的にタイのチェンマイで捜し当てることができた。

金城武はチェンマイで、ヒマがあればカメラを取り出し、シャッターを切っていた。
撮影は、仕事の早い監督の指揮のもと、予定より早く終了したので、
スタッフ達は、SPAに行ったりマッサージしたりしようと口々に言い、
金城武にどうかと聞くと、彼はちょっと考えてこう言った。
「ぼくは象が見たいな!」
これを聞いてスタッフはひっくり返りそうになり、
彼は本当に変わっていると思った。

この新CMは大陸のみで放映され、
台湾ではお目にかかれないが、主要芸能ニュースでは見ることができるだろう。
(民生報 2006.5.31)


城武は1000万元を超える報酬で、大陸の飲料CMに出演、
タイはチェンマイの見渡す限りの麦畑で豪快にお茶を飲み、
さらに鍛え抜かれた胸筋を披露、相当にセクシーである。

金城武は、今年、3000万元で両岸三地のスキンケア用品の
CMキャラクターを務めた他、
最近また、1000万元を超えるギャラで大陸の飲料CMに出演した。
彼はわざわざタイのチェンマイに飛んで撮影を行なった。
肌にぴったりした白いタンクトップに風になびく白いシャツをはおり、
胸の筋肉の線をあらわにして、黄金色の麦畑に身を横たえる。
ファンはそのかっこよさに感嘆せざるをえない。

CMは台湾では放映されないが、
金城武にはご無沙汰のファン達はすでにネットで活発に伝え合っている。
あるファンは、3年前の日本のミネラル・ウォーターのCMと非常に似ているが、
3年前のCMでは、金城武がミネラル・ウォーターを全身に浴びて、
もっとセクシー度は高かったと考える。
また、黄金色の麦畑の風景が、映画「LOVERS」の草原のシーンに
よく似ていると言う者もある。

金色の麦畑のシーンのため、金城武とは何度も仕事をしている監督の繰上和美は、
大陸、ニュージーランド、タイと地球を半周してロケ地探しを行なった。
その結果昨年の9月にニュージーランドで撮影を行なうことにしたが、
金城武のベネチア映画祭出席で延期となった。
ところが、ニュージーランドの麦畑は収穫が終わってしまい、
やむをえず今年4月、タイのチェンマイに変更して撮影を行なった。
動物が大好きな金城武はタイの象に興味津々で、
宿泊先のホテルでは象を飼っていたのだが、そのときは仕事に出ており、
彼を大いに残念がらせた。
(聯合報 2006.5.31)


象が見たいと言った後で、ホテルにいるとわかったため、
武は大喜びで、急いでホテルに車を飛ばして帰ってきたそうです。
しかし、残念ながら象は客を乗せてお仕事中。



茶のCMでは、すばらしい黄金色の麦畑の景色がよく登場する。
もし、そこに金城武が立っていたら、
その魅力的風景には誰も逆らえまい。
CM天王、金城武は、各種エレクトロニクス用品と
スキンケア用品のイメージキャラクターを務めた後、
最近、麦茶の広告に出演、また別のナチュラルな男の姿を見せている。

中華圏をあまねく覆う金城武の魅力に目をつけて、
中国の著名な飲料ブランドは巨額の報酬で、
傘下の麦茶飲料のイメージキャラクターを依頼した。
金城武のCMがこれまで見せてきたのと同じ高レベルの出来にするために、
クライアントは最高級の誠意を尽くし、
主要スタッフに金城武のCMでは常連のチームを迎えた。
ヘアメイク、スタイリング他、昨年のビオテルムとVAIOのCMを手がけた
日本の巨匠クラスの写真家、繰上和美が監督をした。
そのため、全てのスタッフのスケジュールを合わせるだけで、
半年近くもかかったという。

CMの台本にある見渡す限りの黄金色の麦畑のためには、
収穫前の、麦畑が一番美しい時期に合わせなければならない。
監督は中国、オーストラリアからニュージーランドまでロケハンを行い、
地球を半周。
最初に予定した麦畑は、撮影予定の頃には既に収穫が終わっており、
その次に見つけた麦畑はまだ麦が育ちきっておらず、
一番美しい黄金色になっていなかった。
制作会社は、最終的にタイのチェンマイで意にかなう麦畑を発見、
ところがタイの政治紛争などで一度は延期を考えた。
しかし、結局、万難を排し、スタッフがチェンマイに赴いたところ、
今度は毎日雨続きである。
金城武が到着したときになって、ようやく天気がよくなり始め、
みな、ほっと一安心した。

チェンマイは初めての金城武は、非常にリラックスして、
広々とした麦畑で2日連続で仕事を行ない、
折を見つけてはカメラを出して写真を撮っていた。
監督は人の背より高い巨大扇風機を3台手配して高所につるし、
風を送って、金色の麦畑の雄大な雰囲気を作り出した。
現場のスタッフはモニターで、
金城武が黄金色の麦畑をぶらぶらと歩く画面を目にすると、
思わず「ああ……」と賛嘆の声をもらした。
このCMは6月に中国で放映されるが、台湾のテレビでは見られず、
テレビニュースやネットでの放映を待つしかない。
(中国時報 2006.5.31)

写真もいくつか拝借。





BBS  ネタバレDiary   11:50


2006年05月30日(火) 四小天王・下

四小天王・誰が天王かについての私見・下

その頃の数年が、スー・ヨウポンの一番暗黒の日々だった。
小虎隊時代はかっこいいウーの陰に隠れ、
独立後も、もう1人の彼より容姿の優れたリンが飛ぶ鳥を落とす勢いで、
彼は芸能界からの引退さえ考えたほどだった。
98年に「環珠格格」に出演して、ようやく立ち直ったのである。

だから、今4人の内、3人がテレビドラマを
主要舞台としていることになる。
そしてこの3人ではスーが一番人気ということになろう。
多分、荒波にもまれ、成長したことで、脱皮が可能になったのだろう。
「倚天屠龍」でもまた演技力を証明し、
最近では韓国にまで名前が売れている。

そしてウーの路線はスーと近いが、
何本か出演した武侠ドラマはどれもあまり成功せず、
大した反響を呼べなかった。

見た目は十年一日の如きリンは、依然として昔の稼ぎで食べている。
かつては最も人気者だった彼は頑張りが必要だ。
30歳でまだ少年っぽくしている君は、
40になってもまだそれで行けるだろうか?

金城武がこの10年間、一貫して台湾で最も人気のある
男性スターであり続けていることに、疑問の余地はない。
台湾に残された、集客力もあり、香港のアンディ・ラウら
一線の男優に対抗できる唯一の人間でさえある。
台湾にはもう1人、チャン・チェンがいるが、
同一レベルにはまだ達していない。

浮いた噂もなく、1年に1本しか映画を撮らず、
テレビにほとんど出ないひっそりとした芸能人は、
この土地では歓迎されない。
本当は歓迎されないとは言えない、知名度が高くないと言うべきだろう。
だから金の内地での受けは、ドラマに出ている他の3人には及ばない。

だが、そのことで金が内地では彼らより人気が無い
と言うことはできないのだ。
少し前、金が男性スキンケア用品のビオテルムの
内地のイメージキャラクターを引き受けたギャラは
1000万元にも達したが、これに比較し得るのは
アンディ・ラウとジェイ・チョウだけである。

映画では、既に四大天王全員と共演している。
レオン・ライとは「天使の涙」、アーロン・クォックと「アンナ・マデリーナ」、
アンディ・ラウと「LOVERS」、ジャッキー・チュンとの「如果・愛」。
10年前の「天使の涙」がレオン・ライと彼の2人主役だったのを除けば、
残りの3人の天王が、その最盛期に、
30を出たばかりの彼の脇役に甘んじているのは、一種の奇跡かもしれない。

それゆえ金はほぼ頂点を極めた。
四小天王が四大天王を超えたいなら、他の3人の努力が必要だ。
さらに何年か自分の力に磨きをかけ、
ブラウン管から大スクリーンへと勇気をもって向かわねばならない。
ぼくは、彼らに爛船礇・ウェイ瓩ら爛船礇鵝Ε帖璽ぁ辞瓩
なってほしいとは思わないが、
しかし爛▲鵐妊・ラウ瓩砲呂覆辰討曚靴い叛擇頬召鵑任い襦
金なら、演技だけで歌わないトニー・レオンだ。
がんばってほしい。
四小天王がますます勢いを増し、四大天王を超えてほしいと思う。 (完)
(2005.6.16)


四大天王を超える日は来ないと思いますが、
こうして見守っている人も、今でもいるんですね。
日本では、他の3人の消息はほとんどといっていいほど入ってきませんが、
スー・ヨウポンはここにもある通り、テレビドラマでのヒット以降、
大陸では人気者と言っていいらしいです。



BBS  ネタバレDiary   22:45


2006年05月29日(月) ブルース・リードラマ、やはり

DerrickのBBSで自由時報の記事を打ち込んでくれていました。
28日に出たのか?
コピペでないということは、ネットには上がらなかった記事なのかな?


城武はブルース・リーを演じるのか?
「そういう話があるのか?」
むろん、ありもしない話だ。
又もや中国マスコミが打ち上げた一場の夢であった。

韓国のマスコミが中国の「華商報」を引用して伝えたところによると、
中国の中央テレビ局が、2008年の北京オリンピックを迎えるにあたり、
特別に2.5億台湾元を投じて、テレビドラマシリーズ
「李小龍(ブルース・リー)伝」を製作する、
主役のブルース・リーには金城武が扮するとのことだった。
昨日、金城武の所属事務所である福隆に確認したところ、
事務所は「その可能性は完全にゼロ」だと答えた。

事務所の話では、現在金城武は映画を中心に仕事をしており、
今来ている脚本の選択結果さえまだ決まっていないのに、
テレビドラマの「李小龍伝」が確定するはずがない。
それに事務所は製作元からの電話は一切受けていないという。
では、金城武個人は、ブルース・リーは好きなのだろうか?
彼がブルース・リーを好きかどうかは聞いたことがない、
というのが事務所の回答である。
(自由時報)


ま、そうでしょうね……
ひととき、楽しませていただきました。
脚本選びが終わってない……って、それはないと思いますけど。



BBS  ネタバレDiary   9:00


2006年05月28日(日) 四小天王・上●麦茶メイキング

大陸の百度の匿名掲示板に台湾四小天王の掲示板があり、
今でも、この4人についてけっこう熱く語られています。
他の3人についてはそれほど良く知らないので、
面白く読みました。2回に分けて。



四小天王・誰が天王かについての私見・上

4人のうちで誰が一番人気があるか、
大勢の人が言い争っていることには何の意味もないが、
もう話が始まってしまった以上は、
この掲示板がてんでに自分の話ばかりしてバラバラにならないよう、
それよりもまた、数少ないスレッドに、自分なりに貢献するために、
この10年間、彼ら4人にずっと注目してきたファンとして、
ぼくも思い切って語ってみたい。

1996年以前は、リンとウーの全盛期と言うべきだろう。
その頃、1人は無敵の美少年、1人は無敵のかっこよさで、
さらに2人とも誰もが口ずさむヒット曲を持っていた。
明るく朗らかで長身の金と、まだ幼さを抜けないスーは、
一歩遅れをとっていた。
だから、当時の人気は、リンがトップでウーがわずかに譲り、
スーが一番弱かったと言える。
というのも、スーはずっと小虎隊時代の蓄積で食っていたからだ。

金は自ら歌を書き、自分で歌った。
歌は師匠の陳昇(ボビー・チェン)の、あの平淡で写実的な作風を受け継いで、
評判は良かったがヒットはしなかった。
金は歌謡界ではリン、ウーほど影響力はなかったが、
映画の分野では一番良い演技をしていたのも、ちょうどこの時期のことだ。

金の魅力は日本へと及び始め、ドラマに出演するまでになった。
1997年から2000年の間、彼は香港台湾日本の芸能界を行ったり来たりして、
例えば「君のいた永遠」や「不夜城」のような佳作を相次いで世に問う。
また、この数年の間の試練を経て、あの明るい少年から、
彫刻のような美しく力強い面立ちの男へと成長、
控えめで神秘的なアジアの天王となったのだった。 (続く)
(2005.6.16)


大麦香茶

楽しそうな(本当は大変なんでしょうけど)撮影風景を、
ようやく大陸のテレビが伝えました。
今まで、ポスターがまず出て、マスコミが全く伝えないのを
不思議に思うファンが多かったのですが(大陸)、
本格的プロモーション開始に合わせて報道が始まるよう、
打ち合わせがあったのではないでしょうか。
AMUさんからの贈り物です。
CMと合わせてお楽しみ下さい。

麦田拍広告(27日)   麦穂美男(28日)(もっとたっぷり)


BBS  ネタバレDiary  23:55


2006年05月27日(土) ブルース・リー関係記事もう少し

何しろ、ブルース・リーだし、武もオファーにびっくりしているかもしれませんね。
それに40回もあると、まとめて撮っても、拘束期間は長いでしょう。
オファーをしたというのだから、OKが出れば本当に武で撮るのでしょうが、
デビュー当時は別として、日本以外のドラマには一切出ていない
俳優なのは承知のはずだから、
断られればそれはそれで話題づくりでいいということなのでしょうか?

真意はともあれ、想像たくましくするにはかっこうの素材なので、
もう1本、記事を追加。
変わり映えはしませんが、どういうドラマにしようというのかは、
もう少しわかります。
万が一、出演しても、日本じゃ見られません〜。
(あのトレードマークの怪鳥音は、アチョー! ではないのね)



央視版「李小龍伝奇」はコメディでもクンフー物でもない

「イー……ヤー!」
こう聞けばブルース・リーとすぐわかる、古典となった奇声の、
まもなく初めての中国内地版が誕生する。
著名なプロデューサー、兪勝利と、監督、呉子牛、
それに杭州の脚本家、銭林森が協働して製作する40回完結の連続テレビドラマ
「李小龍伝奇」の企画がこのほど発表された。
初めての内地版ブルース・リーとラマとして、央視はこのドラマを大変重視し、
5000万元を超える予算をかけ、2008年に放映の予定だ。

記者は昨日、脚本担当の、かつて「大宋提刑官」など
多くの人気ドラマを書いた公衆の脚本家、銭林森に話を聞いた。

銭林森は昨年の末、央視にある資料で、ブルース・リーについて研究を開始、
3月、企画が正式に決定されると、脚本の執筆にとりかかった。
完成は9月の予定。

央視の「李小龍伝奇」はシリアスドラマ

以前、香港で同じタイトルのテレビドラマ「李小龍伝奇」があった。
呉大維がブルース・リーを演じている。
ブルース・リーについての映画も多く、みな香港で製作されている。
央視が、このずっとアメリカと香港のみで過ごした
クンフーの大スターの話を撮るのに、困難はないだろうか?
銭林森は、テレビドラマは自然主義重視ではないと、こう語る。

「ブルース・リーに関する資料はほぼそろっている。
彼の映画や、記録映画など、非常に助けになるだろう。
それに、以前、香港で作られた映画やドラマは予算が比較的少なく、
みな喜劇で、当時の香港市民の生活態度が反映され、
なかには夫人が中国人になっているものさえある(事実はアメリカ人)。

今回央視が製作する「李小龍伝奇」はシリアスドラマであり、
リアリズムの作風を取る。
主なロケ地はアメリカで、外国人俳優も多く参加することになるから、
費用は最終的には5000万元を超えることになるだろう」

黄飛鴻と同様、多くの人々は、ブルース・リーを、
その武術とクンフー映画と、そして毎回登場するときの
誇張された叫び声によって記憶している。
銭林森は、「李小龍伝奇」は決してクンフー物ではないと言う。

「クンフーはあるが、中心ではない。
なぜなら彼の生涯はクンフーだけではないからだ。
ブルース・リーは、7大武術家の1人となることができた。
情人には想像もできない多くの困難を克服している。
私たちは彼の運命、成長、経験とブルース・リー精神を描き出す。
だから、これは立志伝なのだ」

ブルース・リー役は誰?

最近、3974人が参加したネットアンケートでは、
ドニー・イエンのブルース・リー役が呼び声最も高く、38.32%を占めた。
別の候補者、聶遠が28.59%、
ジェイ・チョウの支持率はわずか6.97%だった。
プロデューサーの兪勝利は、先日、
央視が現在最も良いと考えているブルース・リー役は
アイドルスターの金城武だと明かしてもいる。
金城武はかっこいいが、しかしブルース・リーとの連想はやや違和感がある。

銭林森は、聶遠は記者会見に出席してはいたが、
彼が演じるチャンスは少ないだろう、
ジェイ・チョウの名が上がっているのは、
彼が当初「ブルース・リーをやらせてくれるなら、ギャラはいらない」
と言ったことがあり、それにヌンチャクができるからだが、
今のところはネットだけの話だと語った。
央視は既に金城武の所属事務所と接触しているが、全ては未定である。

「ブルース・リー役の俳優は、演技力が一番大事で、
クンフーはその次でしかない」と銭林森は言う。
「今回のブルース・リーには独特なキャラクターとしての魅力があり、
俳優の演技力が試される。
クンフーについては、少しできればそれでいい。
クランクイン前に、截拳道(ジークンドー)会館のプロに俳優の訓練を頼むつもりだ」

ブルース・リーの容姿はきわめてたくましいが、
俳優もそのようでなければならないだろうか?
「ブルース・リーに似ているかどうかは、決して唯一の基準ではない。
容姿はできるだけ近づければよい。
ブルース・リー研究会の人間が、現在製作部と協力し、
グローバルに出演者を探しているところだ」
(杭州日報 2006.5.26)


BBS  ネタバレDiary  23:50


2006年05月25日(木) 「傷城」情報●麦茶動画CM●ブルース・リードラマ●10人の花瓶より

カンヌ(フランスとあるのはそうだろうと)に行っている北京青年報の記者が、
次のように書いてきています。


日、記者はフランスで保利博納電影発行有限公司の社長、
於冬(ユイ・トン)と遭遇し、アンドリュー・ラウの新作「傷城」は
6月末にクランクインすることがわかった。
主演男優はトニー・レオンと金城武に既に決定している。
「インファナル・アフェア」のスタッフを再び使い、
この警察映画大作を製作する。
フランスの権威ある雑誌「Screen」は、「傷城」の動向を伝えている。
それによれば……
(北京青年報 2006.5.25)

……以下は、これまでに報道された内容と全く同じです。
1つだけ、主演女優はサミー・チェンを考えたこともあったが、
目下は最終決定していない、とありました。

ま、こういう記事があったということで。
正式発表が出るまでは、全て未確認ですねえ。
保利博納は、大陸で「Perhaps Love」を配給した会社ですね。

ちなみに同じ記事によると、
ジャッキー・チェンとジェット・リーが来年製作の映画で
共演するという情報も、やはり当地で明らかにされたとのことです。




(以下23:30)

大麦香茶の動画CM

出ましたね。藍マミーさん、BBSで早々にお知らせありがとうございました。
こちら
あの麦畑、すごい。
で、まだ本格的プロモーション活動はこれからなのよね?
広州ではバス停にずっと貼ってあるそうです。
でも、大陸でも他はまだのようです。


ブルース・リー

何かありそうもない話で、かえって面白い。

近、央視はテレビドラマ「ブルース・リー(李小龍)伝奇」の企画を発表、
5000万元を投資し、2008年に放映の予定。
このニュースが出るや、ネット上ではいち早く3974人がネットアンケートに参加、
その内、ブルース・リー役にドニー・イエンを推すものが最も多く、38.32%を占めた。
他の候補者では聶遠(ニエ・ユエン)が28.59%で、
以前央視が候補にあげていたジェイ・チョウはわずか6.97%で、支持されていない。

昨日、この映画のプロデューサーである兪勝利は本紙記者に対し、
央視が現在、小龍役として一番よいと思っているのは、
アイドルスターの金城武であると明かした。
しかしネット上では金城武とブルース・リーを結びつけて考える人は非常に少ない。

昨日、兪勝利は電話で記者に、央視はすでに金城武の事務所に連絡を取り、
ブルース・リー役で出演するよう交渉中だと語った。
金城武に白羽の矢を立てた理由として、兪勝利は、
「候補の中では彼が一番ブルース・リーに似ているからだ」と言う。

記者が驚いて、金城武は非常に整った容貌で、
現代的なおしゃれな感じじゃないかと聞き返すと、兪勝利は、それは問題ではない、
「メイクでもっと荒削りにも、がっしりした感じにもできる」と答えた。

金城武にブルース・リーのようなクンフーの大スターを演じさせるのは、
アクション面に問題がないかについては、
金城武の「LOVERS」でのアクションは大変良かったし、
決定すればすぐにアクションの訓練に入る、
また、央視の「ブルース・リー伝奇」ではアクションの比率は比較的少なく50%ぐらい、
人間としての成長や、運命、キャラクターや文化を詳しく描くのだ、と述べている。

ネット上でドニー・イエンのブルース・リー役への呼び声が高いことについては
、ドニー・イエンの容貌はブルース・リーとはかけ離れている、
だが、もしネットでの声が非常に強いなら、その意見は適切に考慮するだろうと語った。

央視がブルース・リーをドラマ化することに対し、疑問を呈する香港の文化人もある。
北京の人間に、どうしてブルース・リー生前の生活環境や時代背景、
岒南人の性格がわかるだろうか、というのだ。
これに対しては、兪勝利は、
そういう理屈で言えば、現代人は時代劇を撮れないことにならないかと反問している。

兪勝利は、かつての香港台湾でのブルース・リードラマは粗製濫造で、
脚本から撮影に至るまで、あまりに商業的に走りすぎていると評価する。
央視版の「ブルース・リー伝奇」は、単なるアクション映画ではなく、立志伝でもあり、
必ず、香港台湾の「ブルース・リー」ドラマを全面的に超えるものになるという。
(南方都市報 2006.5.25)

ドラマには出ないなじゃんいでしょうか〜
おまけにブルース・リー!(まるきり縁がないわけじゃないですが^^)
もちろん、怖いもの見たさはあります!
このおじさんも、どこまで本気なんでしょう?



歌謡界10人の牴嵒哭畸

と言って、両岸三地の10人を槍玉にあげた、ピリリと評した記事です。
(21CN綜合 2006.5.25)
その中の1人に対する評に武の名が出てきたので、その分だけを。
(酷評なので、そのスターの名前は引用しないでおきます)
向こうでも、武はそう受け止められてるのね、ということで。


は、まさにただの装飾品だ。
わざとらしい演技、わざとらしい歌、
つまり一挙手一投足これ、すべて不自然な男なのだ、
だが、男というものは、自分の容貌をあまり気にしてはならないと思う。
たとえ、本当に美男だとしても、
金城武のように、自分の美しさをなんとも思ってないのでないとだめである。
女は自分の美貌を売り物にすることもできるが、
男はあまり気にかけないのが一番だ。


BBS  ネタバレDiary   7:45


2006年05月22日(月) トー監督の俳優評

数日前の香港のりんご日報に、
トー監督が俳優評を語った記事がありました。
面白いので、他の俳優の分も全部紹介します。



大監督が見た俳優達

ジョニー・トーは映画の魔術師と言ってよい。
いつもは目立たない俳優が、彼の手にかかると
変身してシーンをさらってしまう。
だから彼の映画に出たがる俳優は多い。
では、彼自身は一緒に仕事をしたことのある俳優達に対し、
どんな評価をしているのだろうか?

鄭秀文(サミー・チェン)はまず心の治療が必要

彼女の演技はリズム感があり、柔軟性が高い。
一緒に何作も仕事をしたが、どう演技するか教えたことはない。
彼女が自分を発揮できる空間をできるだけ作ってやっただけだ。
時間をかければ、コメディーでは蕭芳芳の後継者になれるチャンスがきっとある。
だが、まずは精神状態をよくすることが先決だ。
彼女の情緒が乱れてしまったときは、私はどうしてやることもできず、
ただじっと回復するのを待つしかない。

劉青雲(ラウ・チンワン)は熱意があり人柄も良い

彼は非常に使いよく、役に立つ、実力があるが華やかさはない俳優だ。
チョウ・ユンファの後では、近年ナンバーワンの優れた俳優である。
演技がうまいだけでなく、人柄も非の打ちどころがない。
映画に対し誠実で熱心で、演技に集中するだけでなく、
現場で相手役や監督の要求にも合わせられる。
自分のことだけ考えないのだ。
これは多くの俳優の及ばないところだ。

黄秋生(アンソニー・ウォン)は自信が強く自分中心

アンソニーは爆発力を持った俳優で、演技も強烈だ。
役柄によっては、チンワンより良い。
独創性のある俳優なので、平凡な役でも生き生きしたものにしてしまう。
だが、現場での様子はチンワンとは反対。
彼の演技はどちらかというと利己的で、他の俳優のことはほとんど考えないから、
監督から見れば、チンワンの方がいつでも上だ。

梅艶芳(アニタ・ムイ)は天性の芸能人

彼女の早世は芸能界最大の損失だった。
近年では唯一、歌も演技も共に出色の芸能人だった。
アニタは天性の芸人で、演技のときは役になりきっていた。
ただ1つ、欠点は、撮影が早い時間のときは、いつも寝坊して遅刻したことだ。
以前、早朝の撮影だと伝えるときは、彼女によくよく言ったものだが、
それでも遅れてきた。
だが、いったん仕事に集中すると周りを圧倒して、誰も何も言えなかった。

劉徳華(アンディ・ラウ)は勤勉でまじめで聴きわけがよい

アンディは非常にまじめな俳優だ。
一緒に仕事をする監督を信頼しているときは、
とてもよく言うことを聞いて任せている。
反対に信頼できない監督にあたったときは、たぶん自分の意見を言うのだろう。
「暗戦」の後、彼の演技は明らかに進歩した。
もし、アンディがあまりたくさんの仕事にかかりあうことがなければ、
きっと彼の演技は、もう一段レベルがアップすると思う。

任達華(サイモン・ヤム)は人づき合いがよくいい奴

彼は演技がトップレベルの俳優とは言えない。
以前はやり過ぎて、いささか大げさになったこともあったが、
最近は抑えることを知るようになった。
それにまじめで楽しんで働く俳優だ。
人柄はいいし、監督を信頼し、スター気取りの演技をしたことなど一度もない。
どんな役でも喜んでやるし、役の大きさや出演料にもこだわらない。
仕事があれば、喜んでやる俳優だから、一緒に仕事をするのはとても楽しい。

呉鎮宇(ン・ジャンユー)は映画界癸

彼は、アンソニーとチンワンに次いで、私が良い演技をすると思う3番目の俳優だ。
だが、撮影現場で不安定になることが多い。
たくさんアイデアを持ち、私はよく採用したが、
彼はいつも十分やれていないと感じている。
多分自信のないせいだろう。
だが、時々、素晴らしい演技を見せてくれるんだ。
ちょうど「鎗火(ザ・ミッション 非常の掟」での演技が
観客を驚喜させたようにね。

古天楽(ルイス・クー)は精神面にハードルが

私は、ルイスは良い俳優だと思っているし、仕事態度も良い。
持っている外的な条件から言えば、絶対にスタークラスの二枚目になれると思う。
だが、どうしてかわからないが、演技のとき、心理的に邪魔をするものがあるらしく、
演技に俳優の持つ潜在的な爆発力が欠け、十分力を発揮できていない。
彼がその障害になっているものを突き破る日が来れば、
彼の演技はもう一段高いレベルに上がれると思う。

林雪(ラム・シュー)は悲劇も喜劇もOK

演技できれば、彼はそれで嬉しい。
実は彼の演技の幅は大変広く、コメディーでも悲劇でも
同じように素晴らしい演技をする。
俳優の訓練は受けていないが、天分がすごくある。
もし、商業的なことをあまり考えなくていいなら、
映画によっては彼を主役にしてみたいとさえ思う。
ただ、時に自信を持ちすぎて小ざかしくなることがある。
こすくなってしまわないよう、時々、彼に注意しなくちゃならない。

金城武は親しむのに時間がかかり距離がある

私はよく、彼は現実世界に生きていないかのように感じることがある。
人に距離を感じさせる。
だから、どんな役でも合うというわけにはいかない。
彼とルイスはいくらか似たところがある。
人に対して臆病で、親しむのに時間がかかり、
演技も気持ちを高めていかなくちゃならない。
今までのところは、まだ演技の爆発力は足りないが、
しかし役を分析する力があり、
疑問があれば監督と話し合うし、自分の考えをしっかり持っている。
(りんご日報 2006.5.14)


BBS  ネタバレDiary   23:20


2006年05月21日(日) セント・キルダ島

――と言ったら、「世界の涯てに」。
ゆきんこさんが「世界の涯てに」の話題を続けていらっしゃるので、
思い出したことがありました。
(以前お知らせさせていただいた、ゆきんこさんのお部屋はこちら

この映画の後半の舞台になったスコットランドのセント・キルダ島は
実に印象的でしたね。
暖流と寒流の出会うとき、人々が断崖の上に集まってくる。
そのロケの行なわれた場所は、実はセント・キルダ島ではないんだそうです。

既にご存じの方もいると思いますが、私などはあまりに遠すぎて
実際に行ってみるとかいうことも全然念頭に浮かばなかったので、
ただそのまま、セント・キルダだと受け取っていたんですけど。

boudiccaという主にアイルランドのジュエリーなどを扱う
お店のオーナーの方が、商売とはまた別に運営している
アイルランドに少しでも関係する映画を集めた膨大なサイトに
「世界の涯てに」もリストアップされています。

そこで、ロケ地がセント・キルダではないらしいとの話を聞いた人の質問から、
みんなの協力で探索が進み、
ついに、ここだ、という場所が見つかった経緯が収められているのです。
紹介されるサイトをチェックしながら読んでいくと、
ミステリーを読んでいるようです。
世の中には、いろいろなことに興味を持って詳しい人がいるのですね。

ここがそのサイトで、あいうえお順で映画を検索します。
お店へは、一番下にあるバナーから行けます。

アイルランド、スコットランドの様々な奇岩のサイトが紹介されていますが、
別に、まさにここ!とわかる海外サイトがあったので、
ご参考までにそれも。→ The Old Man of Stoer
写真を見ているだけで、冷たい風が感じられ、ぞくぞくするような風景です。

         ←大きくなります。

↑映画にちなみ、プロモーションのときの写真を。



BBS  ネタバレDiary  15:30


2006年05月20日(土) ニセ者ブログ●中国の最も美しい50人

金城武のブログは偽物

BBSでも話題になりましたが、福隆が公式に否定したとの新聞記事が出ました。

城武の大陸新浪網のブログサイトは偽物だ!
昨日、彼の事務所は声明を発表し、
金城武はどんなブログサイトも持っていないことを明らかにした。
マネジャーの張漢菁は、
「金城武は中国語の入力はできません。
繁体字を読むのさえ苦労なのに、簡体字を書くなんてとんでもない」
と言う。
事務所は、書簡を送り、芸能人の権益を守り、サイトを削除するよう求める予定。
現在台湾に滞在中の金城武は、ニセのサイトについては一笑に付している。

(ニセ金城ブログの内容と、ファンがコメントを寄せていることについて書かれていますが、
本物じゃないから訳す気も起きず、中略)


金城武は現在台北で休暇を楽しんでおり、
事務所の友人のヤオ・イージュンと外食をした他は、
ずっと家でゲームをしているという。
張漢菁は、ネットで金城武に会いたければ、ゲームをするのが唯一の可能性だ、
今のところ、彼は日本語と英語の入力しかできない、
中国語入力は全くわからず、ネットで文章を発表する力はない、と強調した。
(台湾りんご日報 2006.5.20)


2006年中国の最も美しい50人

というのが、大陸の新京報で発表されているらしく、
ネットではまだ10数人しか上がっていませんが、
2005年というのも以前読んだ気がします。
その1人に選ばれている金城武の項の解説です。


ラダイス!」で殺し屋の女を演じたカルメン・リーは、ほぼ引退状態。
「世界の涯てに」と「ラベンダー」の乙女、ケリー・チャンは
30歳の爛▲鵐妊・ラウ女性版瓩砲覆辰討靴泙辰拭
「君のいた永遠」と「ターンレフト、ターンライト」で清純な役を力演したジジ・リョンは、
恋の破局に直面して、くたび疲れ切った様子である。
「如果・愛」のジョウ・シュンでさえ、デビュー時の、
あの芙蓉の花のような小太平ではとうにない。

もっと昔に時計の針を戻すなら、
かつて警官223号を取り巻いていた、あの大スター達は、
今や結婚する者は早々に結婚し、子どもをもうける者はもうけいてしまった。
ただ1人、彼だけが変わらない――かくも時を経ても、
金城武は、ほとんどあのころの、あの金城武のままなのだ。
このような、いつまでも色褪せることのない美しい肖像は、
彼だけに張られる独占ラベルなのである。

少女漫画の男性主人公のような完璧な美形の彼は、
控えめでクールで、物憂げで、この上なくミステリアス、。
身を隠していることさえニュースになる。
「LOVERS」の彼をネタに笑うことはできるかもしれない、
だが、ピーター・チャンが、
彼が主演男優賞にノミネートされなかったのを悔しがり、
「11部門のノミネートをもってしても、
金城武がノミネートされなかった失望は埋め合わせられない」
と嘆くのを止めることはできないのだ。
(新京報 2006.5.20)
 

BBS  ネタバレDiary   10:50


2006年05月19日(金) 上海の記者会見に行った(ブログより)

「如果・愛」の撮影が行なわれた上海の外灘18号で、
半年後、完成披露の記者会見が行なわれました。
今度は、それに出席した、大陸のある記者のブログから。
写真は既に表示できなくなっていました。
「戒指」というのがその人のHNです。
2日分の日記です。



金城武に会った!

本当に信じられない。
芸能記者からほとんど足を洗おうというときになって、
なんと金城武の取材が飛び込んできたのだから。

わらっていただいて結構です。
誰でも自分のアイドルがいるのです。
彼へのインタビュー、それこそ私が芸能記者になった動機だった。

今日、本物を見た。
感動して言葉も出ない。

これに比べたら、
レオン・カーファイ、2046、カレン・モクだって……
どうということはない。

めでたい、めでたい。
(心はまだ激しく波打っている……支離滅裂……)

後で写真を整理してアップします。
(透明的戒指 2005.11.29)


金城武よ金城武

外灘18号の前に行った。
まだ大分時間がある。
この前のレオン・カーファイのときと違い、
本物に会ってがっかりするのが怖い。
そして
そして
私はとても緊張している!!

とても信じられなかったから、
ずっとただの夢だと思ってきた。
なんと、本当に夢は美しい現実となった。
だから上海は不思議な都市なのだ。

(写真:発表会の当日の外灘18号の入口は警備員が両側にびっしりで、
こんなことは初めてだ)

心の中で長いこともだえていた。
やっと度胸を決めた。
考えてもごらん、
今後、近距離で接触できるチャンスはおそらく2度とないだろう。
行かなかったら、きっと後悔し悶々とし神経過敏、
悲しみ恨み、そして気が変になり、
愛すべき戒指は再び戻らないだろう。

このような倫理的悲劇の発生を避けるため、
しっかりと門の中に足を踏み入れた。
取材という公明正大な理由を持ち、
心はきわめて子どもっぽいファンの女の子状態で
不安におののきつつ、
金城武に会って追っかけ生涯の終点とすべく、歩いていった。

(写真:集団インタビューのときは、かの人にばかり思いが集中して、
記者たちの質問の内容さえまるきり耳に入らなかった……)

その後、順調に囲み取材になった。
聯合映画館チェーンは、映画関係の取材の手配はとても行き届いていて、
おかげでついに、戒指さんと金君との距離は2メートルとなった。

(写真:全身、アクセサリーのたぐいは全くなく、とてもすっきりした感じだ)

近くから重箱の隅をつつくように観察した。
肩幅がそんなに広くない以外は、その他一切、
言葉遣いや態度ふるまいまで、映画の中と同じで素晴らしかった。
神様はどうしてかくも完璧に美しい男の人を作り出すことができたのだろう。
声までも、あんなに低くて魅力的だ。
(詳細な描写は1万字でも書けるが、大成が焼きもちを焼くから、
ここでは省略してやろう)

会場のマスコミの反応がいい証拠だ。
彼が登場すると、ジョウ・シュン、ジャッキー・チュン、チ・ジニは、
みんなかすんでしまった。

(写真:本当とは思えないほどきれいだ……ああ……)

さそり座の突き進む性格のおかげで、戒指は現場でプロらしく働いたけれど、
実は内心は感動でいっぱいだった。

だから大成君に会ったときには、興奮してとうとうと語ってしまった。
なのにこいつは表情を変えもしない。
冷たい顔で私を馬鹿にして言った。
「相手はあんたのことなんか知りもしないだろうに」
私は抗弁した。
「会場では、がまんできずにキャアキャア声をあげてる人たちもいたんだから。
記者会見でこんなことって、今までなかったわよ」
彼は鼻でわらった。
「あんたたち、小娘はどうしようもないね」

私は口をつぐんだ。
こんな情緒を解さない若年寄の男なんかに、
話を通じさせようなんて無理。

(写真:こんなに魅力的なの……こんなに……)

だから、今夜、私は1人で、また「不夜城」を見直すことにする。
ハッハッハ
(透明的戒指 2005.11.30)


BBS  ネタバレDiary  22:50


2006年05月18日(木) 台湾に戻った金城武●「如果・愛」の撮影現場にて(下)

金城武、台北東区に現わる

金城武が一昨日、台北市東区に現われた。
台湾で数日休暇を取り、家族と過ごしたり、
時間をさいて大好きなしゃぶしゃぶ鍋を楽しんだりした。
彼は福隆事務所に所属しているが、
今回の金曲奨授賞式は東風衛視が製作放映を担当するため、
台湾帰国は金曲奨出席の相談と関係があると思われる。

以前から行動を明らかにしない金城武は、
映画「如果・愛」の台湾での「プロモーションの後、半年近く、
台湾でCM撮影があったものの、完全に非公開で、
たとえその間、結婚やら豪邸購入やらの噂が立っても、
すべてマネジャーがコメントするだけで、
自身がそれについて話をすることはなかった。

最近ひっそりと台湾に帰った彼は、一昨日、
マネジャーのヤオ・イージュンと一緒に、
台北市東区にある著名なしゃぶしゃぶ鍋の店で食事をとった。
金城武とマネジャー、それにアシスタントは、
店の地下にあるVIP用の部屋で食事し、約1時間後に店から出てきた。
金城武は夜であったが赤いサングラスに隠れ、
公の席での黒いスーツとはがらりと変わった、
緑色のアロハシャツ姿で、元気は良いようであった。

記者を見かけても、にっこり笑いながら、礼儀正しく挨拶し、
数日休暇をとり、家族と過ごすために戻っただけだと言った。
その後は問答を避けるため携帯で話を始め、会社の車を待っていた。
そこで他の質問にはすべてマネジャーが答えることになった。
ヤオ・イージュンは、
「金城武は休暇のために帰ってきただけで、純粋にプライベートです」
と語った。
(聯合報 2006.5.18)

写真はこちら



「如果・愛」の撮影現場にて(下)

昨日の続きです。


休みが入った。
現場で用意される仕出し弁当は嫌いなので、
マネジャーに頼んで、下にミネラルウォーターを買いに行ってもらった。
私と同じ会社の女の子が隣に座り、嬉しそうにこう言った。
「小薇、たった今、ジョウ・シュンが私に言ったの、
なんでそんなに痩せているのって。
私、あなたの方が痩せてるじゃないですかと言ったわ。
ジョウ・シュンはどうしてあんなに小さいのかしらね」
私はさえぎって聞いた。「彼女のファン?」
「いいえ」と彼女。
「私もよ」と私は言った。

サインをねだるファン役の子も話しかけてきた。
「張小薇、私の演技どうだった?」
「良かったわよ」と私は答えた。
彼女が心配そうに、「監督、あのシーン、カットしないかしら」と尋ねたので、
私は大笑いした。
「それに答えるのは難しいわ。
監督の胸三寸ですもの。
ひょっとして、今日撮影した分、全部カットされてしまうことだって
ないとは言えないわよ」

最後は、パーティーのホストが、客達に挨拶をして乾杯をするシーンだった。
私たちはみんなグラスを掲げる。
グラスに入っているのは泡が立ち、味が変わってしまったシャンパンだ。
誰も飲む勇気はなく、杯を上げる仕草だけ繰り返している。
このシーンは、何度も何度も繰り返され、何回撮ったのかわからないほどだった。
私は気分が悪くなったようだ。
吐き気がし、めまいがした。
突然目の前が真っ暗になったと思うと、私は倒れ、担架で運び出された。

何分たっただろう、やっと私は、自分が緊張のあまり
気分が悪くなっていたのに気がついた。
長すぎた。
深夜2時から午前11時半まで、9時間半もかかった上、
朝食もとらず、低血糖になって、持ちこたえられなくなったのだ。
顔面蒼白、全身脱力。
試験監督が砂糖水とビタミンCの錠剤を持ってきてくれ、
気分はどうだとたずねた。
それから耳元で、普段徹夜などしない人間には見えないが、
前の晩は、相当Highだったのかい、と言った。
チッ。

そのとき、突然雷鳴のような拍手と歓声が聞こえた。
撮影が終わったのだ。
ああ、この逃亡兵はもうちょっとのところだったのに、
最後まで頑張れなかった。
唯一の慰めは、私の神に――生きていて、話をして、笑っている、
10代の初めからずうっと好きな金城武に会えたことだ。
彼との距離は、一番近かったとき、約1メートル。
くるっと反ったまつげが見えた。
本当に素敵だった。本当に本当に素敵だった。本当に本当に本当に素敵だった。

世の中には不思議なことがたくさんあるという。
以前だったら、とうていありえなかったし、考えることさえできなかった。
そして今、上海で、私はお芝居の中ではあってもなくてもいい道具だけど、
それでも、頭のてっぺんから足の先まで、
私の神を十分観賞することができたのだ。
私は人生を1年短く縮めよう。
神様、あなたは私にとても良くしてくださったから、
1年早くあなたのおそばに行くことにします。

(中略)

3時間ほど寝て目が覚めてしまったら、もう眠れない。
輾転反側しながら、まだ私の神を思い出している。
出番が終わると、彼はすぐ姿を消した。
私たちは撮影を続け、動けなかった。
サインもなし、ましてやツーショットなど。
写真は撮影の間ずっと禁止だった。
ある女性が携帯で彼を撮ったら、彼を怒らせてしまい、
スタッフが飛んできて小言を言った。
でも、私は少しも残念には思わない。
とにかく、夢の恋人に出会えたのだから。(後略)  (完)
(銭上談情――棉被人的BLOG 2006.1.18)



BBS  ネタバレDiary   23:20


2006年05月17日(水) 「如果・愛」の撮影現場にて(上)

張小薇という、多分ある女優さんのブログに、
「如果・愛」の撮影に参加した記録がありました。
昨年の6月5日の上海でのできごとを、今年になって綴ったものです。
そのときの雰囲気がとてもよく感じられます。
長いので2回に分けます。
芝居の内容でネタバレになるところは黄色の文字で伏せます。
差し障りないと思われる部分と、完成版ではカットされた部分は
そのまま残しました。

(前略)
 9時、帰宅したところ。
ネットを開いて友達の書き込みに目を通すつもりだった。
ところが会社から電話があり、夜の撮影のテストに行けという。
時間がないので、車で零陵路まで急いだ。
10時半にカメラテストが終わったとき、
初めてそれが映画「如果・愛」のテストだと知った。
聞けば、今夜、私の夢の恋人、金城武が来るというではないか。
私は即、夢心地状態になってしまった。
行け、チャンスは逃してはならない、何事もかえりみず、行け。
たとえ一目しか彼を見られなくても、いや一目でも、私は満足だ。

外灘18号の3階。
臨時にしつらえられた化粧室は、テレビでいつも見るのに名前を知らない人たちや、
忙しそうなヘアメークの人たちで、入り乱れていた。
私とジャオジャオはパーティーの貴婦人に扮するのだ。
ジャオジャオはレトロなヘアスタイルに結い上げられて、
ずっとほどいてしまいたがっていた。
私は黒のイブニングドレスを着たが、めったにスカートははかないので、
とても慣れなかった。
右から見ても左から見てもしっくり来ない。

このとき、革のジャンパーを着て緑色のアディダスのサングラスをした
長髪の男が近づいてくるのが見えた。
ああ、そうか。
その人に会釈をして、知り合いのように声をかけた。
「チャン監督、こんにちは」
彼は広東語で「はい、こんにちは」と返事をした。

撮るシーンの内容は大変簡単なもので、ジョウ・シュンがパーティーの席で、
ある上流社会の紳士に、以前三里屯で歌を歌っていたことを気づかれる。
彼女が強く否定
したとき、金城武が激しい怒りを抱きつつ会場にやってくるのだ。
こんな簡単な芝居が、夜中の2時から、昨日の午前11時半まで、
何度も何度も繰り返された。

どうしようもない、
金城武が姿を現わすたび、女たちはほとんど例外なくその姿を目で追った。
私はジョウ・シュンの背後に立って、
老紳士と無理やり話題を見つけて話をしていた。
芝居には、金城武が入ってきたとき、ある女性ファンが進み出て、サインをねだるが、
彼は断り、ジョウ・シュンに向かってまっすぐ進んでくる、というシーンがあった。
だから、私は完全に真正面から、彼に向かい合うことができたのだ。

彼がかまちに寄りかかって、ものうげに腕を伸ばし、裁縫師が寸法を取る。
私の夢の恋人はぴかぴかの革靴を履き、
一歩歩くたびに、私の心を踏んでいくようだった。
あんな厚いじゅうたんなのに、彼が足を踏み出すと音が聞こえた。

縞のある黒いスーツに白いシャツ、長いもみあげ、
きれいなカーブを描くあご、はっきりした輪郭の顔、浅黒い肌、
まっすぐな形の良い鼻、濃い眉、深い瞳。
黙っていると、少しも笑わず完全なクールさだ。
彼がこちらを見ると、女たちはみな自分を見ていると思い込んでしまう。
その漆黒の深海のような目、見るからに冷ややかな沈黙、
しかし誰もが頑固に信じている。
冷たさの中には温かな心が入り混じっていると。

彼はまっすぐカメラに向かって歩いてくる。
毎回、瞬きをし、毎回、不意に笑い出して少し歯を見せる。
なぜだかわからないが、急に彼が1人笑いをしたのが目に入った。
これら一切をこの目でしっかりと見たのだ。
思いがけず涙が出そうになった。
あらゆる感覚が抑えがきかなくなって、自然にあふれ出してくるようだった。
本当に馬鹿ですよね。
自分だけで胸いっぱいになってしまって、幼稚だこと。
(ここまで読んだら、どうぞ私のミーハーぶりを笑ってください。
ミーハーに罪なし)

カットがかかると、カメラマンがすぐ物差しではかり、
1センチ違うとやり直すのだ。厳格で精密だ。

ワンショット撮り終わるたびに、みんな拍手をした。
本当に大変なことだ。
ショットごとに10数回から20回までも繰り返すのだから。

ジョウ・シュンは化粧をして、とてもきれいだった。
実物はとても痩せっぽちで、小柄である。
全身真っ白。
真っ白なベレー帽をかぶり、髪は一方向にそろえて梳いて、胸の前に垂らしている。
真っ白なベルト付きコートを着、
真っ白なふわふわのスカート、真っ白なハイヒールを履いていた。

ヒールは10センチはたっぷりあるだろう。
足の甲が弓なりになるくらい高い。
ときどきぐらついて、歩くときも体が揺れており、大変苦労をしていた。
さらに、カメラの位置を固定して撮るときは、彼女は木の板を敷いた上に乗った。
そう、背が低いのだ。
けれども全身から賢そうな生き生きした雰囲気があふれていた。
良く笑い、笑うとずるそうな様子になった。

顔には黒いふっくりしたほくろがあった。
とてもあか抜けてきれいだ。
スターぶったところは全くない。
芝居がうまく行かなくて、チャン監督が指導しているときには、
おどけた顔をしてみせた。
それから1、2分空いた間に、彼女は気持ちを整えながら、
片方の足で立ち、片方は平らに伸ばして、ハイヒールの辛さをやわらげていた。

窓の外には、外灘の全景が広がっている。
ちょうど日の出が見えた。
半分顔を出した太陽は、塩漬けの鴨の卵のようなオレンジ色で、嬉しかった。
まだ散歩する人の姿はなく、黄浦江は波が静かだ。
フェリーの汽笛がもう聞こえる。
これが上海の早朝なのだ。  (続く)
(銭上談情――棉被人的BLOG 2006.1.18)



BBS  ネタバレDiary 5月9日更新   23:50


2006年05月15日(月) 続・お茶のCM●追記

あまり突然だったためと、
造型が武の他のCMを強く連想させるものであるため、
海外のファンも、半信半疑だったようですが、
台湾のファンが福隆に直接尋ねてくれました。
(それが一番早いよね。拍手! DerrickのBBS参照)

やはりこのCMは本物で、
衣装はクライアントの要望によるものだとのことでした。
夏の雰囲気によく合うからだそうです。
大陸のみで6月1日から放映予定。
(テレビCMあるんですね)

福隆では、どうして知っているのか不思議そうだったとのこと。
ファンの情報網の広さと連携を知らないのかな。


追記  21:00

今、サイトを見に行きましたら、昨日ご紹介した文章↓の最後の部分が、
赤字のように変わっていました。
たった1日で。つまり、進化中のサイトですね。
動画の広告もここで見られるかもしれません。


BBS  ネタバレDiary 5月9日更新   17:45 




2006年05月14日(日) お茶のCM!●追記

DerricのBBSでファンが教えてくれています。
お茶のCMで、ちょっとVolvic風。
誰もそんな話を聞いてなくて、私もびっくりして
サイトに行ってみましたら、あら〜、本当だわあ〜!
ともあれ、こちらで。

実は2年ほど前(?)、ちょうどカードのCMじゃないかと言われていた頃
(結局I'm TVのだったと後になってわかったアレ)、
台湾でお茶のCM撮影に出くわしたファンがいて、
口止めされた、という書き込みを見たことがありました。
そのときは御茶園だと言われていて、本当かどうか、
しばらく通ってチェックしていたのですが、そんなこともなく
忘れていました。

でも、これはタイで撮影したと書いてあるから、
やっぱり違うものなんですね。
(あれ、Volvicもタイでしたね?)
さわやかな大きなポスターのヴィジュアルもダウンロードできるし、
うれしい。


追記

ざっと見たところでは、
康師傳は、台湾の実業家が大陸で起こした会社のようです。
その後、康師傳台湾と言うのもできたらしい。
間違っていましたら、教えて下さい。
大きな食品会社ですね。
大陸でのCMが続くのは、やっぱり彼の地での認知度と人気が高まっているからでしょう。

この平面広告は、大陸(広州)のバスでファンが見ているそうです。
大麦香茶のページでは、宣伝の展開についてはこれから、という
書き方なので、しばらくチェックした方がいいですね。
また、次のような一文があります。
それにしてもVolvicにイメージが似ているので(Biothermに似ていると言う人もいる)
ちょっととまどってしまいます。


り高い大麦茶は、韓国、台湾で愛されている飲料です。
大麦茶は脂肪を分解し、消化を助けるので、続けて飲めば胃を丈夫にします。
独特な風味の大麦茶は日本でも大変人気があり、
日本、韓国での流行が東南アジア、香港、台湾、中国大陸の各都市にも及んで、
少しずつブームを起こしています。

中国最大の茶飲料生産者である康師傳は、
消費者の需要を満足させることを目標として努力してきました。
このたびの大麦香茶の発売は、品質と味の精進に1年をかけ、
満を持して消費者にお薦めするものです。
大麦香茶は、食物繊維やビタミン、タンパク質など多くの栄養素を含んだ
上等の六稜大麦を採集し、弱火で焙煎して作ります。
濃い茶色のお茶には、天然麦のエッセンスが含まれ、濃厚な麦の香りは
いつでもどこでもあなたに健やかな太陽の心地よさをもたらします。
自然のやさしさは体に大変よいものです。

日の光いっぱいの大麦香茶について充分に伝えるため、
康師傳は、アジアの大スター金城武をイメージキャラクターに篤く迎えました。
中国・日本・台湾の精鋭の爍達由Ε疋蝓璽燹Ε繊璽爿瓩手を携え、
また日本のCM監督の巨匠――70歳の繰上和美氏が自ら撮影、
トップクラスの写真家であり、日本の照明の第一人者、
石井大和氏らから成る爍達優疋蝓璽爛繊璽爿瓩

はるばるタイに赴き撮影を行ないました。
広々とした大自然の麦畑の雰囲気を完璧に表現し、
大麦茶が与える自然の心地よさを正確に伝えています。


BBS  ネタバレDiary 5月9日更新   17:45


2006年05月11日(木) 武出演・確定は来週

今日の南方網では、次のように。
そんなことだと思いましたが、でも、もう動揺しません。
来週を待ちます。

(前略)
(ラウ)は同時に、新作「傷城」の主役の1人は
既にトニー・レオンに決定しており、もう1人の意中の主役、金城武は
1週間後に出演できるかどうか確定すると明かした。
(中略)
アンドリュー・ラウは同時に次のように明かした。
次回作「傷城」は、既にトニー・レオンの主演が確定している。
もう1人の主役、金城武については、1週間後に出演かどうか決定する。
が、どのような内容かについては説明を拒み、
ストーリーについてはまだ検討を重ねており、
脚本の完成は来月になるだろうとのみ語った。
サスペンス物であり、トニー・レオンは今作でも「インファナル・アフェア」と同様、
表向きは悪役だが、実際は違うというものであるという。(後略)


ところで、今週の日本語版「Newsweek」に「夜宴」に触れた記事がありましたが、
やはり最初はコン・リーにオファーしたが、
スケジュールがどうしても合わず、
年齢設定に手を加えて、ツーイーになったそうです。
武との話はどうだったのでしょうね。



BBS  ネタバレDiary 5月9日更新    14:30


2006年05月10日(水) ラウ監督、「傷城」に言及

アンドリュー・ラウ監督が広州で記者のインタビューに答えて、
上映中の新作やジェイ・チョウの話などをした際、
傷城」にも言及していました。


 現在あなたの爛沺璽吋奪鉢瓩蓮香港から日本、韓国、さらには北米と広がっています。
では、次の一歩はどこへ?
香港に回帰するのですか?

ラウ そうです。
次回作の「傷城」は、また中国映画になります。
この作品は、トニー・レオンと金城武の主演が決まっています。
ストーリーはまだ検討中ですが、脚本は多分来月には確定するでしょう。
(南方日より 2006.5.10)


もう1本は新快報の記事より。
こちらには金城武については監督の言及がないので、
↑を見るまではドキドキしました。

(前略)
の他、彼は記者に対し、6月中旬にクランク・インする映画「傷城」は
現在脚本が3稿目になっており、
また主演が確定しているとニー・レオンは
牋役でならぬ悪役瓩魃蕕犬襪海箸砲覆襪般世した。(中略)

少し前、アンドリュー・ラウがトニー・レオンと金城武という2人の強力な帥哥をそろえ、
全く新しい警察物映画を手がける、
なかでもトニー・レオンにはさらに新しい挑戦となるとのニュースが流れた。
悪役を演じるのである。

昨日、アンドリュー・ラウは、記者にこのようにな表現で事実を認めた。
「昨夜、トニー・レオンと食事をしながら、この話をした。
彼の役は比較的微妙な訳で、本当の大悪役ではない。
ただ、立場上そうならざるを得ないんだ」

これは「インファナル・アフェア」でレオンが演じた、
マフィアに潜入する警察官の役を連想させずにおかないが、
ラウは、次のように力説する。
トニー・レオンの役は「インファナル・アフェア」のそれとは全然違う。
今回は、麻薬集団と結託した警察幹部であり、両方に関わりを持つ役であると。

ヒロインについては、アンドリュー・ラウは明らかにしなかったが、
内地の俳優では誰と仕事をしたいかと質問した際、
女優では一番はチャン・ズーイーであり、
男優では胡軍、王志文が好きだとの返事していた。
しかし、また、
「デイジー」はこれまでの彼の作品中でも女優の比重が一番大きい映画だったが、
「傷城」は警察物なので、女優の出番はあまり多くないはずだ、と述べている。
(新快報 2006.5.10)


BBS  ネタバレDiary 5月9日更新    14:45


2006年05月07日(日) 1999年「不夜城」台湾での会見●シアトル映画祭

これも整理のときに出てきたコピーです。
「不夜城」が台湾でも公開されることになり、台湾に戻って、
共演の郎雄(ラン・シャン)と一緒に記者会見に出たときの画像は
ネットでもアップされていたし、
あちらのテレビニュースにもなりましたが、
多分これはそのときの会見の内容だと思います。
何新聞の記事かはわかりません。



金城武、「不夜城」について語る

去年の11月18日午後、
しとしとと雨の降る台北の国賓飯店(アンバサダー・ホテル)で、
大勢の若い女性が足を止め、列を成して待っていた。
この一群の若い男女は興奮を胸に、
映画「不夜城」の記者会見が開かれるこのチャンスに、
長らくご無沙汰のアイドル、金城武を一目その目で見たいと考えているのだ。

金城武は2作目の日本映画「不夜城」(Sleepless Town)のために、
日本から台湾に戻り、映画の紹介をする。
会場の外では大勢の若いファンがひしめきあい、
中ではマスコミがこぞって集まっていた。
会見では、彼の日本での生活の様子と、
ゴシップ誌が追いかけている彼の恋愛についてが注目の的となった。
以下はその日の記者会見での質問と回答の記録である。

以下は我々による記録である。

 「不夜城」で、あなたと山本未来はベッドシーンがありますが、
やり方は相談してからやったのですか?


 山本未来は脱いでますが、ぼくも脱ぎました。
映画の画面からは何も見えないけれど、現場はスタッフでいっぱいなので、
本当にはきまずかったです。
ベッドシーンでどういう姿勢をするかは、監督が要求する通りにしました。
ぼくたちは、これは監督の個人的な経験じゃないかといつも疑ってましたよ。
そのときは、何にも考えなかったですね、
ただただ早く終わらないかと思っていました。

 劇中での山本未来とのシンプルで危険な愛をどのようにとらえましたか?

 ぶっつけ本番、あれこれ考えませんでした(笑)。

 あなたは、かつて香港台湾の芸能界で活動して、
その後日本に進出しましたが、両者はどこが違いますか?
作品の役柄まですっかり変わったように見えますが。


 実際、初め台湾から香港に言ったときから、環境は同じではありませんでした。
同じ中国人ですけど、生活習慣も仕事に向かう態度も全然違いました。
ぼくは子どもの頃、日本人学校に通ったので、中日、両方の環境がどう違うか
知っていましたから、日本に行ってもいやなことはなかったです。
日本の環境の方が受け入れる幅が広く、音楽でも映画でもみんなそうなんです。
だから青春アイドルだけでなく、割に変わった役も選ぶことができます。

 日本のゴシップ誌に追いかけられるようになって、どんな気持ちですか?
日本の女性タレントと付き合いがあるというのは本当ですか、それとも嘘ですか?


 嘘ですよ! なんにもないですよ(笑いながら会場の記者たちを見回す)
そういう風に聞かれたら、もちろんぼくはなんにもなかったって言いますよ。
書くのはあの人たちですから、どう書こうとそれはあの人たちの話です。
恋愛については、日本だけでなく、台湾でも香港でも
いいなと思う女の人に会いますけれど、
忙しすぎて、相手をもっと知る時間がないんです。

 だから、この間休暇を取ったんですね?

 休暇は純粋に仕事で疲れ過ぎたからです。
あの頃の日本での仕事の状況は、ドラマを1週間に1回分撮って、
週末の撮影のない日には、香港に行ってCMを撮るという具合でした。
東京で一番寒い時期の仕事で、大雪も降るし。
だから誕生日を機会に、一度ゆっくり休みたかったんです。
沖縄で休暇を過ごすことにしたのは、4分の1世紀生きたことを祝うためと、
それとぼくが4分の1沖縄人だからです。
一緒に行ったのはみんな仕事関係の人です。

 本当に長いこと台湾ではご無沙汰ですが、この映画を
台湾の人にどのように見てもらいたいと思っていますか。


 映画では人物関係がとても複雑なので、映画を直接見たら、
もしかしたらわかりにくいかもしれないと思います。
だから先に小説を読んでから映画を見たほうがいいと思う。
ずっと台湾にはいなくて、この映画は去年日本で上映されたんですが、
それが台湾に来ることになって、とても喜んでいます。

 以前、「草地状元」で郎雄と父と子を演じましたね。
2回目の共演の気持ちはどうでしたか。


 とても緊張しました。
「草地状元」に出たのは、ぼくがまだCDを出す前で、
それまで演技をしたことがありませんでした。
当時、現場で監督の林福地に本当にメチャクチャに怒られて、
目は涙でうるうるして、帰りたかったです。
でも郎さんが演技中、ぼくを自然な形で芝居に入らせてくれました。
郎さんは最高の俳優で素晴らしい人なので、とても緊張しました。

 郎さんからはどんなことを学びましたか。

 郎さんのトップクラスの演技は本当に素晴らしかった。
ぼくは即興タイプなんです。
漫画を読んだりゲームをしたり、つまらないことをしていて、パッと演技に入る。
だから僕自身、一番いいのは最初の演技だとわかっている。
それは新鮮だからで、後に行くほど、だんだん良くなくなるんです。

郎さんは、本番に入る前から役に成りきっている。
前に香港で撮影したときのことを覚えているんですが、
アンソニー・ウォン(黄秋生)に会ったら、彼はある変態の殺人者役だったんですけど、
いつも化粧室にいるときから、ちょっと怖い感じがしました。
彼も本番前に役に成りきるタイプですね。

 中国語と日本語の両方で映画に出演していますが、
では、今回の撮影時には、頭の中で考えるとき、言葉はどんなふうだったんですか。


 中国語をしゃべるときは中国語で考えて、
日本語をしゃべるときは日本語で考えていました。
ほとんどのときは頭の中にあるのは絵でが、言葉は使っていません。

 深田恭子のことをちょっと話してくれますか。

 彼女はまだ16歳なのに、子どものいる母親の年齢まで演じることができました。
長いセリフを言うだけでも大変なことなのに。

 今、他の国際的な監督とコンタクトを取っていますか?

 李安(アン・リー)です。

 次の計画は?
映画ですか、CDですか。
あるいは、またドラマに出演するのですか。


 次の映画は張さん(張艾嘉、シルビア・チャン)の「心動(君のいた永遠)」です。
CDは、もっと成長してから。
日本のドラマは今話をしている最中で、来年にはもう少しわかると思います。
(記者・陳蓓蕾)


アン・リーさんの名前がパッと出てますね〜。
(で、会ってはいなかったのね?)
この頃は今より、情報をさらさら本人が話している気がしないでもない。
(今は話せる情報が少ないから……と言うか、そもそもどこにいるかわからないから聞きようもないわけで)



SIFF    20:30

と言っても、
この前行なわれたSan Francisco International Film Festivalではなく、
Seattle International Film Festival
5月25日〜6月18日の期間開催され、
「Perhaps Love」も上映されます。
詳しくはこちらに。


BBS  ネタバレDiary   0:50


2006年05月04日(木) 1991年の金城武

BBSでつぶやきましたように、部屋中引っくり返して掃除と整頓をしていましたら、
忘れていた古い新聞記事まで出てきました。
1991年と、デビュー前のあまりの古さに、つい読んでしまって、
案の定、片づけはストップ。
デビュー前といっても、「草地状元」出演中の話です。

1つ目は――当時、大物テレビ俳優の出演料がどんどん高くなり、
お金の面からも、また新鮮さを求める上からも
新人の発掘へと動き始めているという話題です。
新人は柔軟性があり、彼らにより多くの機会を与えることで、
芸能界の明日のスターになるかもしれないという期待がかけられました。
その記事の後半に、金城武の話も出てきます。


督の林福地は好んで新人を起用するプロデューサーでもある。
現在順調に芸能活動を続けている張庭も、
彼が監督した「養子不教誰之過」で発掘した人間だ。
現在華視で製作中の新ドラマ「草地状元」でも、
2人のなかなか良い新顔、金城武と陳怡真を使っている。

金城武は、現在アメリカン・スクールの11年生。
まだ18歳だが、179センチの長身と整った容姿で、
多くの広告業者に早くから目を付けられ、CMにいくつも出演している。
林福地は金城武を「草地状元」でちょっと反抗的な少年役に起用したが、
彼の演技については少しも心配していない。
というのも、彼の父親役を演ずるベテラン俳優のラン・シャン(郎雄)が
彼をドラマの世界に引き入れてくれるので、
少しずつ演技を磨かれていくことができるからだ。(後略)
(民生報 1991.6.17より)


次は、あの林葉婷の名が出てきます。
ちょっと微笑ましい、かつての武。


視「草地状元」の嘉義のロケ地現場に、
一組の仲睦まじい若い恋人が出現した。
劇中で郎雄の反抗的な息子を演ずる金城武と、
はるばる台北から彼に会いに来る林葉婷だ。
互いに手を腰に回しあい、ロケ地を散歩しては、
他の出演者達を大いに羨ましがらせている。

金城武は「草地状元」で発掘された新人、
彼のガールフレンドの林葉婷は、芸能界ではちょっとは名が知られている。
通常はCMのモデルをしている外にも、日本に留学した林葉婷は
業界では有名なスタイリストでもある。
甘さのある美人なので、飛碟レコードが目下彼女のアルバムを準備中だ。

金城武は現在アメリカン・スクールに在学中で、
中日ハーフの容貌には反抗的なかっこよさがあり、
監督の林福地は非常に気に入っている。
若いので、林葉婷への好意を少しも隠さず、
いつも彼女の汗を拭いてやったり、袖をちょこっと引っ張ったり、
2人の甘い交わりの様子に、他の出演者たちは目にして羨んでは、思うのだ、
「俺たちゃ、年取ったなあ!」
(民生報 1991.7.27)


もう1つ、同じ頃のエピソード


下「草地状元」に出演中の新人、金城武は、
中日ハーフで18歳という、優れた容姿と年齢の条件を兼ね備え、
レコード会社からは、将来は「演技も歌もいけるアイドル」の逸材と見られている。
最近、これまであまり新人とは共演しない伊能静にも犁い貌られ瓩董
いくつものコネを通して彼をMTVの相手役にオファーをしてきた。

伊能静のスタッフは、
「伊能静は、アニタ・ムイがグラス・ホッパーを抜擢したようなやり方で、
新人と共演する」のだと金城武に説明、
「十二少」中の役への出演を依頼した。
しかし先方の提示する狷┐垢戮らざる素晴らしいチャンス瓩紡个掘
金城武は「身に余る光栄の喜び」と同時に「とても応えられない」との思いが強く、
芸能の道においては一歩ずつ着実に進んでいきたいと希望する彼は、
「十二少」の役をするには自分は至っていないと自覚し、
今のところは好意を遠慮することにした。

CM出身の金城武は、福隆が力を入れている新人で、
同門の先輩、アーロン・クォックのように人気者になるのではと期待されている。
彼が出演中の「草地状元」も好成績が見込まれ、
また優れた容姿は多くのレコード会社が獲得をねらっている。
現在は陳昇がプロデューサーを引き受け、演技と歌の両方の路線に進ませる。

まだ狎擬阿豊瓮妊咼紂爾靴燭錣韻任發覆た型佑、各方面から注目を集め、
日本のマネジメント会社まで興味を示している。
金城武は普通の新人より確かに幸運である。
さらに、中日ハーフという背景から、英語日本語北京語台湾語に通じていることは、
将来への確かに明るい条件の1つだろう。
(民生報 1991.11.19)


BBS  ネタバレDiary   1:30


2006年05月03日(水) BIOTHERM in 香港 & 日本映画ベスト100

寝坊して起きれば、実に良い天気。
ぼうっとした気分のままですが、今日は憲法記念日ですね。
大事な日です。

レインボーママさんから、香港のビオテルムの大看板が姿を消したとの
お知らせがありましたが、同時に地下鉄の電飾広告に登場とか。
これを見れば、目も一気に覚めるというもの。


     ←大きくしてね!(photo by rainbowmama)
 

台湾の聯合報に、ちょっとした記事。
こんな雑誌があるんですね。



金城武、日本映画ベスト100に2作品

金城武主演の日本映画「RETURNER」と「スペース・トラベラーズ」が、
1980年以降の日本映画ベスト100に選ばれた。
なかでも「RETURNER」は、大ヒット映画「いま、会いにゆきます」を上回る好成績。

金城武は、ドラマ「神様、もう少しだけ」の大ヒットで
日本で大人気を獲得し、映画の有名作品にも何本も出演している。
日本の雑誌「New Words」は、興行成績、読者投票、レンタル率をもとに、
日本の1980年以降の映画ベスト100を選出したが、
その中で金城武の「RETURNER」とが39位、
「スペース・トラベラーズ」が58位としてベスト100に入った。

金城武は3作しか日本映画を撮っていないが、
その内2作品がベスト100に入ったことになる。
彼は現在、仕事の中心をアジアにおいているが、
日本映画界での活躍には大した影響は受けていない。

「RETURNER」で彼は変わり者の殺し屋に扮し、鈴木杏とともに
世界を救おうとして命がけの戦いをすることになる。
映画では独特のクールさを見せつけると同時にユーモラスな味わいもあり、
日本での興行成績も上々だった。
残念ながら台湾では未公開である。
また「スペース・トラベラーズ」では銀行強盗役。
映画は実写とアニメをドッキングさせ、キャストも強力で大いに好評を得た。

日本アカデミー賞を総なめにした「ALWAYS三丁目の夕日」が第1位、
北野武のバイオレンスの名作「バトル・ロワイヤル」第2位、
織田裕二主演「踊る大捜査線」第3位、
台湾でヒットした「電車男」と、「世界の中心で愛を叫ぶ」、「ラブレター」「NANA」が、
それぞれ7位、14位、22位となったが、
これらの上位に並ぶ作品は、いずれも日本の歴年のすぐれた代表作である。

金城武の「RETURNER」は、日本のドラマ女王、竹内結子出演の
「いま、会いにゆきます」の46位よりも上位で、
「スペース・トラベラーズ」も岩井俊二監督、63位の「スワロウテイル」、
81位のホラー映画「呪音」よりも大きな支持を受けた。
(聯合報 2006.5.3)


武の出演日本映画は実は4本(多分「Misty」を忘れてるな?)。
私としては「不夜城」は入っていいと思うんですが。
このベスト100はROBOTの成功を表しているのかもしれないです。



BBS  ネタバレDiary   11:40


2006年05月01日(月) 大陸雑誌への登場続く(ビオテルム)

大陸のニュースサイトのビオテルムの宣伝のような記事に
添えられた2枚の写真があり、
これは新しい撮影のメイキングかなと思っていたところ、
レインボーママさんからのお知らせで、
そうであることがはっきりしました。

また、大陸の「COSMOPOLITAN」と「瑞麗」「Esquire 時尚先生」誌5月号に
ビオテルムの広告が付録でついているそうです。
コスモには本誌にビオテルムの中国地区の総監である
鐘暁明氏のインタビューが2ページあり、
スキャンしてくださった画像から、金城武関連の部分だけ、
以下に訳出してみました。


  

osmo 去年、ビオテルム・オムのイメージ・キャラクターを決めるとき、
他にも優れた候補者が大勢いたと思うのですが、
なぜ、ひとり、金城武を選んだのですか?

 ビオテルム・ブランドが最終的に金城武を起用したのは、
彼本人のイメージと持ち味、それにその生活態度が
ビオテルム・オム・ブランドが追及するものと、
ぴったり一致したからに他なりません。
金城武は外見はお高くとまっているかのように見えますが、
実は非常に控えめな心の持ち主です。
規則に縛られるのが嫌いで、また男らしさも十分、
しっかりと自分というものを持っており、軽々しく妥協したりしません。
ビオテルムは、まさしくこういう男の本質、自然さ、自発性、
しっかりした自我を強調しています。
一番大事にしているのは、商品が男性に実際に役に立つことです。

Cosmo 金城武とビオテルム・オムとの共通点を
3つの言葉で表現してくださいますか?

 「剛毅」「卓越」「自然」、この3つの言葉こそ、ぴったりだと思います。
この3つの言葉は、同時に、今のビオテルム・オムが作り上げようと
努力している、現代の都会の選び抜かれた精神でもあるのです。
「剛毅」は、金城武の第一印象で、彼は非常に男らしい。
そしてビオテルム・オムも、気概ある狄燭涼豊瓩領篭い個性を強調しています。
流行やファッションがいかに変わろうと、男はいつでも本来の自分と
強くしなやかな個性をしっかりと保つのです。

「卓越」は金城武とビオテルム・ブランドが
このかん、獲得した成功を象徴するものです。
金城武はその優れたイメージと、深みのある持ち味と、
日増しに成長する演技、それに国際的なバックグラウンドにより、
ハリウッドが最も注目するアジア男優になったといってもいいでしょう。
そしてビオテルム・オムは、絶えず男性高品質高技術のスキン・ケアを追求し、
売り出されるとすぐファッション界の最大の注目を集めて、
中国男性スキンケア用品市場の第1ページを開くことに成功、
奢侈品市場の発展の全く新しい推進力となったのです。
ビオテルム・オムと金城武が共同で、中国エリート男性の
全く新しい精神のあり方を打ち立てるのは、こんなふさわしいことはありません。

「自然」はわざとらしくない、つまり金城武の一貫した生活態度です。
ビオテルム・オムの事業の原則でもあります。
私たちは、男性は生活を楽しみ、バランスのとれた自分自身を取り戻し、
自然で自信に溢れた笑顔を持って初めて、
大きな魅力を発揮することができると確信しています。

Cosmo 2005年にビオテルム・オムが上げためざましい業績を、
簡単に説明してください。

 大変簡単ないくつかの数字で説明できます。
去年1年間の化粧品業界は40パーセントの成長でしたが、
ビオテルム・オムの成長は202パーセントで、
ビオテルム・ブランド全体の成長を80パーセントにまで引き上げました。
こんな成績は他に例がありません。

昨年のビオテルムは、金城武と契約した他、
ブランドの知名度を高めることに力を注ぎ、
また男性消費者に対し、美容方面の啓蒙活動に力を入れました。
男性美容班を立ち上げ、出張実演をしたり、サンプルを送ったりということです。
こうした活動を通して、ビオテルムはイメージ確立と売上との両面において
真に誇るべき業績を打ち立てることになったのです。
2005年に金城武が初めてイメージ・キャラクターになったときは、
用意した雑誌のポスターがはがされてなくなってしまい、
雑誌編集部から残っていないかと問い合わせが来たほどです。
結局増刷せざるを得ませんでした。  (以下略)
(Cosmopolitan大陸版 2006年5月号)



BBS  ネタバレDiary  2:00


前の記事あさかぜ |MAIL

My追加