ゆりゆり日記
こうのとりの郷豊岡より
そこで出会うすべてのひとと
日々の想いの種が
なににつながりどこへ行くのか
未来へ続く今の日記

2018年03月31日(土) 頑張れジブン

なんかなー
三月はキツかったな

途中まで
このまま辞めても
イケるんじゃね
ってカンジだったが
それからもう
見事に動きが止まり

仕事の方では
やたらキレられる
ことの繰り返し
悪かったと自覚し
謝ってくれるまで
罵詈雑言の嵐

まだまだ
これを耐えないと
ダメってことかい
いやー
もういい加減
勘弁して欲しい

正直言って
僅かな給料と
引き換えに
何か大事なものを
失っている
ような気さえする

けれど
なかなか
縫えないので
せめて少しでも
進んでいる感が欲しくて
またまたラベルを注文

これで後は
リアル売り用の
下げタグがあれば完璧
だけど
そんな機会はまだ
相当先だろうので

我慢して
諦めずに
虎視眈々と
その時を狙うんだ
頑張れっ



2018年03月28日(水) 素敵なのに

ボタンが出来ました
って
連絡を受けて
駆けつけた

さぞかし
大変だったろう
お願いしたよりも
もっと小さなのも
沢山並んでいた

選んで三十個
よおし
イイ感じだ

がしかし
折角の連休も
その他の用事で
思ったより時間を取り
縫う方は進まず

いや
問題は
時間云々じゃなく
出来上がりが
近づくにつれ
どうもイマイチな感じで
迷いが出てきたこと

すごおく
素敵な生地なのに
なんだか
伝えきれていないような
かと言って
どうしたもんか

うーん



2018年03月24日(土) 見てみたい

鳥のさえずりが
爽やかな朝を伝える

まだ寒いけれど
桜のつぼみも
固く結んでいるけれど
ここから数日で
どんどん春らしく
なるらしい

三月はいつも
先の季節をおもって
なんだか
気持ちが広がって
好きな着物を
ついつい選んでしまう

小さな花唐草や
絞りの桐の花が
あまりにも愛しくて
それを見る眼が
自然と細まるのを感じる

嬉しいなあ

また
夏まで着られる
Aラインのチュニックや
長いはおりものや
ワンピースも見てみたい



2018年03月22日(木) 希望

うーんすごい
もう既に
今年の売り上げは
昨年を超えたぞ

もっとも
あの爆発から
ピタリと
動き止まってて
どうしてこんなに
偏るのか不思議

もっと
商品増やしたいが
やっぱ仕事がある日は
もうそれだけで精一杯で
気力で夕飯作り
倒れるように眠る

仕方ないなあ
もっと縫うには
毎日が
自由な時間でいっぱい
になってからじゃないと
無理なんだな

でもなんか今は
来るかもしれない
なんて
夢物語じゃなくて
きっと来る
って
その時を思える

それが
カウントダウンには
遠いとしても
以前よりもずっと
リアリティが
ある気がする

なので
未来に希望を持って
また
明日を頑張ろう



2018年03月21日(水) 添える

休日だった昨日は
朝からひたすら
タグ付けに勤しんだ

単純な作業なのだけど
それがプラスされると
絶対的に
雰囲気が変わるので
服ごとの表情を
ひとつずつ楽しんだ

改めてそうやって
全部を手にして
気になる部分は
再度手を入れて
ゆっくりと
濃密な時間が過ぎた

夕方から
ようやく
途中の服に掛かり
じりじりと
少しずつ進んで
袖付けの途中まで

そうして
夕飯の支度をしていると
何とか出来ました
とお願いしていた
ボタンの連絡が来た
ああ嬉しい

これでまたもっと
わたしが作る服に
大切さを添えて
伝えることが
出来るだろう



2018年03月20日(火) 凹みの後

ネームタグが
出来上がってきたよ

注文する時も
してからも
少々半信半疑だった
どんなものが来るのか
ガッカリするのが嫌で
期待値低めだった

それがそれが

良かった
気分アガった
壁に掛かっている
服の一部に
あてがってみて
おお
と消音の声上がる

こんなコトなら
もっと早く
頼んでみるんだったよ
とか思うけれど
あの凹みの後の
復活のキモチがなければ

今もまだ
だったろうから
本当に
ジブンってもんは
ややこしく
全てを糧にして

生きているんだなあ
とまた改めて思う

これからは
ただ縫うだけじゃなく
それを最後に
縫い付ける楽しみが
加わるのだ
ああ



2018年03月19日(月) 難題

色変わりや
小穴が一杯の生地に
ひたすら向き合う

補修をして
酷い部分は裁って
細切れのそれらを
どんな風に使えば
着られるものの
かたちになるのか

じりじりと
時間ばかりが経ち
ついつい
考えなくてもいい
他の生地に
移行したくなるが

あまりにも素敵な
その生地を
また先送りはいかん
と言い聞かせて
ようやく
肩線までを縫った

まだまだここから
襟はどうするのか
前打ち合わせの処理は
袖と裾の足りない丈は
と難題が山積している

恐らくこんなのが
リメイクの真骨頂
苦しみながらも
生まれるものがあれば
全てが報われる



2018年03月18日(日) スッキリ

月例の家飲みが
外でのサシ飲み
になった昨日

イントロはあの
ナゾの荷物の件からで
丁度ホワイトデーだったので
サプライズの贈り物かと
展開を期待してくれたが
そんなもんじゃなく

笑って飲んで
途中で
そうだ忘れてた
と新たなネタがあり
そこから少し
深い話しにもなり

もうこうして
何度時間を共有しているか
判らない程だけど
いつも話しは尽きなく
特に昨夜は
ぎゅっと凝縮していた

そして
記憶を無くさないように
きちんと
タイムリミットを決め
お迎えが来てくれるので
安心安全

あースッキリ
これでまた
一か月頑張ろう



2018年03月16日(金) 知らない名前

申告で
バタバタしている間
下のコが家を離れてから
二年が過ぎていた

そうだなあ
こんな時期だった
あの時の胸の
張り裂けそうな感じは
忘れられないが
もっと前の気がする

そのコが
新たに引っ越して
要らなくなった布団を
そのうち送り返す
とか言っていたが

受け取れなかった荷物に
まるで覚えがなく
目黒からだとなって
でも知らない女の名前で
まさかそれだとは
思わなかったのだ

なんだこれわ
誰だよお前

世の中の
嫁の愚痴を溢す
姑の気持ちが
少し解る気がしたな
絶対わたしは違う
と自信があったのにね

あ〜あ



2018年03月14日(水) 吉と祥

そうそう
屋号の変更だが

申告用紙に
線を引いて書き直して
口頭で伝えて
あっけなく
済んでしまった

別に
個人事業なので
変更しなくても
いくつも使い分けても
何の問題もない
みたいだけどね

とりあえずなんだか
どこの誰か
判らなかったひとから
自分自身に戻ったみたいに
ホッとした

父と母の名の
一文字ずつを並べたら
吉祥となることを
いつからか
意識するようになって

それを
意識できるようになって
何かが
変わったのかもしれない
あんなに
苦しかったことも

全ては
あるべきように
あっただけなのだと
受け容れられるように
なったのかもしれない



2018年03月13日(火) 安定のバランス

29年分の申告で
給与収入が
一昨年よりも
減っていたと判明

単純にそれは
宿直がなくなったせい
なんだろうけれど
精神的には
過去のどの年よりも
キツかっただけに

なんか
釈然としない

でも
そのキツさのお陰で
縋るように
次を求めて
吉祥堂を頑張れた
ワケなので

人生の
流れ的には
数字で計れない
大切な意味があるわね

さあ
モンダイはここからだ

モチベーションを
保ちつつ
安定のバランスを
少しずつ
シフトして行きたい

それには
日々の
時間の作り方だな
またこの
永遠のテーマだが



2018年03月12日(月) 手づくりボタン

税務署へ行って
申告を済ませて
さて

偶然その近所にある
表札が果たして
ネットでいくら探しても
情報が出て来なかった
手づくりボタンの
工房なのだろうか

半信半疑で
呼び鈴を押して
玄関を開けてくれた
奥さまが
わたしの問いに
はいどうぞ

入ると
玄関を上がってすぐに
沢山の抽斗があり
その中に
手づくりの
ボタンが一杯

がしかし
一番欲しかった
種類のは
もう材料がなく
作っていない
とのことだった

取り急ぎ
使えそうなのを選び
ひょっとしたら
作れるかもしれない
と言ってくれたのだけ
お願いして帰った

お会い出来たのは
今日でなければ
のタイミングだった
その
今はもう手に入らない
ボタンを使った
服をアップしてみたよ

++++++++++++++
吉祥堂のリメイク服は
右下のリンクからどうぞ
++++++++++++++



2018年03月10日(土) 爆発


なな
なんだ

三連休を取って
必死で申告の覚悟
ちょうど
領収書の整理が
終わったあたりで

ネットをチェック
ええ
昨日送った服が
そろそろ届いているか
気になったワケだが

その連絡かと思ったら
メッセージは
別の件だった
また
売れちゃったのねん
まじかー

ゆっくり
喜んでいる暇なく
とりあえず
帳簿を打ち込み
ひと息ついて
ようやく実感

なんだ
この爆発は
我が二室に
冥王星がやってきた
その効果なんだろうか
ホンモノなんだろうか

++++++++++++++
吉祥堂のリメイク服は
右下のリンクからどうぞ
++++++++++++++



2018年03月08日(木) 愛せる服

ああ
嬉しいなっ

縫い途中は
テンション下がったけど
帯地をあしらったら
吉祥堂らしい
愛せる服の感じになり
それをちゃあんと
認めてくれる人が居た

アップしてから
最速のお買い上げ
もう嬉し過ぎて
朝から
ドキドキが
止まらなかったよ

雑誌の取材を
逃したコトなんか
もう一気に吹き飛んだ

こうやって
縫い上げた一着を
たったひとりの人が
認めてくれる
それがあることが
何より大切だし
わたしをどんどん
元気にしてくれる

今のところ
今年の売り上げ目標は
ウソみたいだけど
むちゃくちゃ順調
でも調子に乗らずに
気を引き締めて行こう



2018年03月05日(月) 本音

今日の
オスカーは
いいコト言う

ゆっくりと
心地よい形で実現
そう
それが大事
コンフォートゾーンを
保ったまま行きたい
のが本音なんだ

もう本当に
無理は出来ないので
しんどくないやり方で
そうでないと
たぶん直ぐに涸れる

ここまで
引っ張って来たのに
何が悲しくて
自分を壊すような
やり方をしなきゃなのか
改めて確認する

偏屈だし
頑固だからこそ
今がある
だから後悔せずに
このまま行こうじゃない

ああ
そうだ
手作りボタンが
もっと欲しいんだった
連絡先を
探さなきゃあ



2018年03月04日(日) 初タグ

なんか
今回の件で
つくづく思った

なんだかんだ
偉そうに言っても
まだまだわたしは
ブランドごっこ
をしているに過ぎない

安全な域を出ずに
別のところへ
シフトするのを
望んでいる矛盾を
痛いほど感じた

どっちにしろ
まだ
なんだ

なので
これから一層
吉祥堂を大事に
大事に育てるべく
服に縫い付ける
ネームタグ
を導入しようかと

ええ
もう今や
ちょっとした
ハンドメイドしてる人なら
真っ先に持ってそうだけど
わたしには遠かったね

わをん
の時には
そこまで行かなかった
ので
今度こそだ



2018年03月03日(土) 振り出し

うーん
折角のお話しだけど
今回の取材は
ちょっと無理だった

一番のハードルは
作者がモデルで登場
ってトコで
しかも期日は
三月末から四月頭
ってコトで

申告があるので
半ばまでは忙しく
それが終わったとして
果たして
縫う時間があるか
と思ったら

今でさえ
本調子でない中
そのやり取りと
注文がダブっただけで
正直しんどくて
青息吐息

本当は
こんなのがきっかけに
仕事辞めても
食べて行けたらなあ
とか
すごく思ったけどね

そんなに
都合よく行かないのだ
ともかくは
もっと縫わなきゃなあ



2018年03月01日(木) どきどき

薬を飲みながらの
ここ数日
そんな中
エンピツの日記経由で
メールが届いた

友人から以外
滅多にないことなので
いったいナニゴトかと
開いてみたら
雑誌取材のお話しだった

うん??
事態を飲み込むのに
しばし時間が掛かり
続いて
胸が早鐘のように打ち
どきどきどきどき

果たしてどうなるのか
まだ未知数
過去の掲載ページを
送ってもらって
なんとなく
イメージは掴めたが

そんな中
またもやご注文をいただき
急ぎラッピング
嬉しいっ
なんだかんだここんとこ
毎月売り上げがあるよん

++++++++++++++
吉祥堂のリメイク服は
右下のリンクからどうぞ
++++++++++++++


 < 過去  目次  未来 >


ゆりすこ [MAIL] [吉祥堂]

My追加