ゆりゆり日記
こうのとりの郷豊岡より
そこで出会うすべてのひとと
日々の想いの種が
なににつながりどこへ行くのか
未来へ続く今の日記

2016年12月31日(土) ゆっくり

ほっかほかに
温まって帰ったのに
なんだかやたら
家が寒い気がしてきて

とっとと横になったら
どうやら
熱出た模様
背中にカイロ貼って
ひたすら寝た

結局
熱だけだったみたい
だけど
もう何もする意欲なく
ダラダラと
この大晦日を過ごす

ふらふらしつつも
荷物は頑張って送ったし
固くならないうちにと
母から届いたお餅は
全部かき餅用に
切って干した

熱のお陰で
それ位で済んで
他いろいろは
諦めることにした
貧乏暇なしでも
少しはゆっくりとだ



2016年12月29日(木) 潮の香り

また
みぞれ酒飲んじゃった

温泉で温まり過ぎ
夕飯のあと
少し気を失ったら
もう暑くて
眠れなくなった

もちろん
部屋の暖房は切って
時折
海に向かった窓を
全開にして

朝湯の時間を待って
体重計ったら
きっちり増えてた
なのに
夜中のうちに空腹になり
朝ごはんもいただいた

帰るまでの時間
海を望む
遊歩道を歩いた
潮の香りに
訳もなく心が弾んだ

良かった

お土産に塩をもらった
子ども達が小さい頃
駅から延々歩いて
泳ぎに行った
海の塩だ



2016年12月28日(水) 控えめ

今年の忘年会は
あまりにも
ノープラン過ぎ

前日に
どーする
と聞いてから
バタバタと買い物
誰に聞いても
何でもいい的な答えで
とりあえずの鍋企画

そして
オードブルと
ひとりが寿司と言い出し
ならばと便乗して
鯖寿司も注文してもらい
個人的にはそれで十分

というか
昼間の利用者の部で
唐揚げを食べ過ぎたか
夜の部になっても
なんだか
お腹が空かなくて

ビール一本と
施設長差し入れの
日本酒を少しだけ
わたしには珍しく
かなり控えめに

外は
つめたいみぞれ混じり
今日は雪予報だけど
もうひとつの
忘年会に向かって



2016年12月26日(月) 活路

結局
京都行きからこっち
なんにも
縫えていなかったが

あの
台湾の男の子が
買ってくれた
羽織モノと同じ形を
縫っておくんだった
と反省した

そうだ
夏に考えていた
一着分丸ごと使っての
アンサンブル的なやつも
縫っておく必要がある

ド定番と言える形が
いつもきちんと
並べられたら
それを見つつ
オーダーの提案も出来る

かつてはいろいろ
実力以上の注文も
調子に乗って受けて
それをきっかけに
製作意欲を失い
長いスランプに陥ったが

同じ轍は踏まないよう
気をつけつつ
それでも少しでも
稼げる道を
開いておかないとだ



2016年12月25日(日) 聖なる日

まさか今日が
こんな日になろうとは
全く予想していなかった

誰にも宣伝しないまま
明日はやっぱり晴れる
と思って
改めて出店をお願いしようと
昨夜お店に行くと
既に閉店後で

朝になって電話して
了解を得て
ぶんちゃんのお店の
入り口の両側に
ハンガーラックと
トルソーと
折り畳みテーブルを広げ

かつての販売時は
随分人出があったのに
あまりにも淋しい
パラパラの中
興味を持ってくれた
ご婦人に声を掛けて

あれこれ話すうち
どこかで見たような
あれれ
お名前も忘れていて
本当に失礼だったのだけど
昔のお客さんだ

驚き
思わず握手
そして狂喜
ストールを買ってもらい
注文も貰っちゃった
まじか

その他にも
九州からのお客さん
これまで自分の着物を
何着もリメイクに出してるけど
あなたのは素敵
オリジナルのデザインなの?

って
ああ
嬉しい
リメイク冥利に尽きる

その他にもまだまだ
素敵な出会いがあって
聖なる日は
その名に相応しく
この世ならぬ
ミラクルに溢れていたよ



2016年12月24日(土) リメイク通信

最近考えること

唯一の着物地で
作った唯一のものを
もっと
別のかたちで
残しておきたい

既に
手元を離れた服に
使われた生地の記憶
その断片でもいいから
ずうっと取って置ける
レリーフのように

心の中の鋳型の
どこかを切り取って
小さな冊子でもいい
或いは
リメイク通信のような

不定期で重ねて
フライヤーの代わりになり
読み物としても成立する
わたしの好きを
沢山詰め込んだ二次元

その昔は
鉄筆でガリガリやって
一枚一枚刷った
学級通信の表紙や
漫画同好会の
最後の記念本

たぶん
そんなのが
わたしの中に染み付いている
生地を立体にする
服作りよりもずうっと
苦もなく出来て
楽しめる分野だ

何より大切なのは
ネットの中のように
不確かではないってこと
手に取って眺められる
その素晴らしさよ

うーんでも
まずは何か
使えるソフトが必要だなあ



2016年12月20日(火) てっちゃん

昨日は
てっちゃんが来た

そういう名前
ではないのだが
初めて会った時に
どうも誰かに似ている
気がして
脳みそがムズムズ

うーん
何かのキャラクター
だったような
でもそのヒントだけでは
誰も何も感じてくれず
数日後スーパーで閃いた

そうだ
カネテツだ
てっちゃんだ
ちょいと斜め右を向いて
へへっとニヒルに笑う
ほっぺのラインなんか
そのまんまだ

スッキリしてその後
会う度に
彼のてっちゃん振りは
ますます素晴らしく
ただのカワイイを超えて
もうたまんない

しゃかしゃかと
奇妙な動きながらも
ハイハイが出来るようになり
お座りをはさみつつ
こちらを振り返りのニヤリ

イマドキのコには
珍しい位に
限りなく三頭身に近い
その体型から繰り出す
つかまり立ちも
披露してくれた

ああ



2016年12月19日(月) 準備着々

クリスマスの飾りを
少し買ってきた

この時期だけの
PP袋は
既に買ってあるし
折り畳みテーブルもだし
準備怠りない

そして
年末の荷物に向けて
冷凍も着々
昨日は
ロールキャベツと
おでん風の煮物を
汁気たっぷりにして

電子レンジがないので
鍋で温めることを想定
水分が多いと
80サイズで5キロなんて
あっという間だ

なので
ちょいと奢って
今度は100サイズで
お正月用のお餅も入れて
ちびちび量らず
ガンガン詰めてあげよう



2016年12月16日(金) 見放題

アマゾンが
便利過ぎる
とは聞いていて

もうDVDを
わざわざレンタル
しに行くことなく
見放題だ
って
下のコから始まり

上のコも
さいきんどうやら
そんな感じになって
レンタルでさえ
自分で行かないわたしは
どうしたらいいんだろ

パソコンの画面で
見るのは嫌だなあ
いつも観ている
テレビの画面で見られたら
いいなあ
と言っていたら

なんか
上のコが
見られるように
してくれたのね
もうどういう仕組みなのか
全く解らないんだけど

解らないから
教えられた操作に従って
おっかなびっくり
ホント
時代に取り残された
デジタル難民だわ



2016年12月15日(木) 価値ある経験

深夜にメールが来て
その流れで
下のコと電話

まだまだ
生活はキツいようで
土鍋でご飯をまとめ炊き
具なしカレーを
大量に作って
凌いでいるとか

電子レンジがないので
職場でチンしてる
ってやるなあ
ヤツがそんなに
逞しいとは思わなかった

バンドや職場と
横のつながりは
どんどん広がって
未知なる経験を
沢山しているらしい

今年は
地盤を調えるだけで
かなりエネルギーを使ったが
悲喜こもごも
その価値は
十分過ぎる位だな

さて
年内最後の故郷便は
少し大きな荷物にして
美味しいもので
満たしてあげようか



2016年12月13日(火) 睡眠学習

毎晩
睡眠学習している

布団に入るときに
CD流して
でも直ぐに寝るので
なんにも記憶には
残っていないのだが

ひょっとしたら
どこかの深層に
蓄積されてたりしないか
とか
淡い期待を抱いているが
今の所その気配はない

ごく簡単なフレーズ
〇○を下さい
でさえ
なかなか入って来ない
ひょっとしたらわたしは
あまり耳が良くないのかも


本を見て
テレビの同じフレーズが
出て来る箇所を何度か見て
ようやく馴染んでくるので
こりゃあ時間掛かるわ

これを
視覚優位と言ったら
その筋のひとに
叱られるかもしれないが
後はやっぱり
書いて覚える
だろうかな



2016年12月12日(月) 黒の服

いい加減
何か縫わなきゃあ
と思ったんだけど
布を広げても
イメージが湧かず

未だムスコに
送っていない羽織モノの
片袖が攣れているので
袖口を解いて縫い直し
まだ攣れていて
もう一度縫い直し

ああ
何かもっと
生産的なことをしたい

冬に相応しい
厚物なんて
到底根気が出ないから
黒のレースを
黒い絹地に合わせて
何か縫おうか

パーティ
なんて
どこぞかで
開かれるか判らんが
そんな場所で
着られるようなものを

華やかな席での
黒はいつも
間違いがないから



2016年12月11日(日) 料理日和

外はずうっと
つめたい雨だが
今日の
作り置きお惣菜は
何にしよう

とりあえず
切り干し大根を煮て
それと
大量にピーマンを刻んで
無限ピーマンでも
作っておこうか

思うに
人参しりしりと
無限ピーマンの
合わせ技みたいのも
色が綺麗だし
美味しいかもしれない

後は
蒟蒻があるので
里芋と揚げと一緒に
煮物を作っておこうかな
そう言えば
頂いた白菜もあったんだ

豚ひき肉と重ね煮
ぽいやつを
餡かけにしてみようか
塩昆布を使っての
浅漬けも作っておこう

夕飯は
汁気の少ない
キーマカレー風を
ご飯ではなくて
低糖質のパンで食べたい

ああ
今日もまた
シアワセな休日である



2016年12月10日(土) 強み

ああ
楽しかったな研修

と言う名の
オアソビではなくて
今日は久々
きちんとしたやあつ
午前中は意識が遠のいたが
午後は頭をフル活用

ストレングスと
エンパワーメントの違い
いまいち
よく判っていなかったが
そのあたりをたっぷり
グループに分かれて

その中で
ストレングスのカードを
自分に当てはまる五枚引く
ってのがあって
それぞれのキャラが
色濃く出ていて笑えた

カードを見たら
血液型が判る
ってのが途中で囁かれ
こっそり当てっこしたら
尽くビンゴだったのが
面白くて

そういうわたしも
当てられたんだが
×がふたつのひとが
次を諦めていない
って楽観ぷりに至っては
如何にもだよなあって

そんなオプションもあって
すんごく入り込めて
もろもろ
スッキリ解消も出来て
これまでで
ピカ一だったかもしれないな



2016年12月09日(金) 締めのお泊り

なあんか
今年の年末も
どっかへ行きたい
ような気がする

昨年は
牡蠣食べに行ったので
そちら方面を調べて
海の見えるホテルを
余程予約しようかと
思ったのだが

ちょいと
京都での散財が過ぎ
それが頭をよぎり
交通費を入れると
結構な金額になるので
びびって考え直して

改めて近くを調べたら
牡蠣ではないが
日本海の幸と
お肉も食べられるプランが
思いがけず安かった

ポイント使えば
さらにお安いし
しかもちゃあんと
オーシャンビューで
温泉もあるぞ

よおし
今年も
独り忘年会に向かって
あと少し頑張っぺ



2016年12月07日(水)

底の方に
ブルーベリーを散らした
チーズケーキを
全部食べ終えてしばし

久々にパウンドか
と思い
保存していた
黒豆煮の瓶を開け
抹茶の生地で
細長い型を使って

秘密の材料を
入れたせいか気のせいか
数日経っても
いつまでもしっとりで
メインの甘味は
てん菜糖で優しい

細長いので
ひと切れはほんの小さく
そこに
黒豆の断面が丸く
点々と見えていて
いくつ食べても飽きない

なんだろうか
お米を制限してのお酒と
ロカボパンを焼く一方で
このスイーツと
プラマイゼロどころか
たぶん



2016年12月05日(月) コトバを学ぶ

また
せっかくの連休を
縫うことなく
過ごしてしまったわ

でも
着物三本分洗濯して
アイロン掛けて
図書館へ行き
スペイン語の参考書を
一冊選んできた

楽天ブックスで
カートに入れて
ポチる前に
見て来ようと思ったら
ちゃんとCD付きのが
借りられたのね

それを
しつこく流してたら
少しは
入るんではないかと
ええ
何の為にか
もはやボケ防止かもな

っていうか
あと10年後には
完成するらしいじゃないの
サグラダファミリア
その頃には
もうペラペラだ

まあ
続いていれば
の話しだが



2016年12月04日(日) パンの香り

今日は
さらなる進化を求めて
ふすま粉を使った
ロカボパンを仕込み中

ロカボなのに
キャラメルの粒ジャムを
混ぜたのはご愛敬として
他には
ソーセージ&マヨ
玉ねぎ&牡蠣オイル漬け

前回の
ソーセージ入りと
オイルサーディン乗せを
下のコの荷物に入れたら
うまい
とメールが来たので
気を良くして

牡蠣のオイル漬けは
地元で冷凍牡蠣を買い
広島産だからどうなの
と思って作ったら案の定
いまいち美味しくなくて
がっかりの品

なので惜しげもなく
パンに使うという
荒業が出来る
舟形にした
パン生地に乗せた
オープンサンド風

休日のシアワセは
今のところ
パンの香りにありかな



2016年12月03日(土) 憧れの旅

相変わらず
四か国語分の番組を
見続けているんだけど

内容そのものの
違いはよく覚えているが
言葉はなんだか
ごちゃごちゃになって
よく似た言語は尚更で

でもそのお陰で
隣合わせた二か国人が
なんとなく通じてしまう
ってのもあるだろうな
と思えるのは羨ましい

時々
きちんと勉強したい
とか魔が差すんだけど
絶対続かないだろうので
何か参考本を一冊
とりあえず選んでみたい

何気ないお店の一角の
ディスプレイや
たまたま映り込んだ
お皿の上の料理なんかを
実際に見られたら
どんなに楽しいだろう

この人生のなかで
そんな独り旅が
実現する隙間
なさそうだけどね
可能性はゼロじゃない


 < 過去  目次  未来 >


ゆりすこ [MAIL] [吉祥堂]

My追加