ゆりゆり日記
こうのとりの郷豊岡より
そこで出会うすべてのひとと
日々の想いの種が
なににつながりどこへ行くのか
未来へ続く今の日記

2004年11月29日(月) 小さな器

ちょっと難ありな部分を避けて
30センチ以内ぐらいの
はぎれパックを作りながら
細く残った端布が
袋のなかにどんどんたまっていく
なんだかんだ言いながら
結局捨てるところを出しているようで
罪悪感がぬぐえない

それで
例えば着物の衿の
幅狭く長い部分を利用して
ラッピングのときなどに使えるように
リボンを作っておくことにした
もっと細かいものは
プレゼントタグにもできるし
以前友人が作ってくれたみたいに
シンプルな紙袋に切手大の布を貼って
オリジナルのショップバッグもできる

一着の着物を
どんな瑕疵があっても
可能な限り使い切る
まさにそれはわをんの
大切なコンセプトのひとつであって
セイブザ着物プロジェクトを
体現する重要な柱なのだった

そして
扱う商品はリメイクに限らず
ネットショップと同じように
陶器やフェルトや和布以外の素材を使ったもの
レンタルボックスには
何が入るか解らない
けれどいずれにしても
どこかにいるまだ出会っていない誰かの
自己表現によるものたち

こんなにものが溢れている時代に
ひとは何故ものを作るのか
食べて眠り生きることだけでなく
生活のためではなく
なくても困らないものを何故

それはあなたが生きている証
あなたにしかできないものを
その手で作り上げることができたとき
いつか消えてしまうあなたの後も
そのものは朽ちずに残って行く

ひとつのものは
わたしのこころを揺り動かす
作り手のあなたと受け手のわたし
全ての表現がそうであるように
あなたが作ったたったひとつのものが
時にはひとかけらの食物よりも
わたし達を生かしてくれることがある

だからわをんは
その器となろう
こころを満たす自己表現の
手作りの品を盛るための
小さな器としてのわをんを
わたしは作ろう



2004年11月28日(日) 実店舗へ向けて

せっかく
これをやったらいいのにと
ハタから思うものに掛からず
既に他に玄人がいるようなことに
新たに眼をつけ
本道をわざと避けて
周囲をぐるぐる廻っている
そんな漫画があるよと
少し前友人に言われた

なるほど
でもその気持ちとてもよく解る
がっぷり四つに組んで
逃げ場なくなるのが嫌なんだ
それはその人にとって
あたり前のことだから
わざわざ試す必要がないのかも
でもその一方で
やらずに解る道なんて
何もないのも知っている

結婚という形がとても嫌だった
できればしたくなかった
何かひとつ決めてしまったら
もうそこから
逃げたくなるような気がしていた
けれど決め手となったのは子ども
その子が生きて行くうえで
不便のないようになんて思ったのに
結局壊したのはわたしだ

ネットショップだけとは言え
もともと開業届けを出したのは
実店舗を思ってのことだった
だから今更逃げても始まらない
何の試算もできずに
大きなリスクを犯すことはできない
小さなスペースから
きちんと利潤を上げて行けるようにならなければ
なんの説得力も持たない

いつか壊したくなるかもしれない
けれどその時はきっと
もっとよりよい所へ向かえる
仕事を探す一方で
具体的な準備を始めよう
狭くてもレンタルボックスは
安定収入のために必須だ

手作り好きの人たちが
ちょっと楽しくなるような
手芸材料をパッキングして
包装紙にはわをんの判子を
やることは沢山ある



2004年11月26日(金) 射手座的世界

なんでしょか
太陽が射手座に入室してから
見事に世界が変わったようで
抱え込んで離さない
さそり座時期は
わたしの水星金星と真っ向対抗で
どんどん新しいトコへ行きたいのに
ムカシのオトコの亡霊に呪われるみたいな
まあしんどいことでした

それでそんな時には
もう何度も失敗して効力のない
古い解決法でまたなんとかならないか
などと
ずるずるとるつぼにはまり
どんどん自分らしさを失って
失っていくのは解っても
どうすることもできず

わたしが望む場所へは
自分が動かなきゃ辿り着けないのに
動けないまま一足飛びに
どこか別の場所へ移りたくなる
こういうときに多くの独身女性は
結婚なんてコトバを口にして
それが全ての解決策のように
思ったりするのかもしれない

最もあかるいわたしの未来のイメージは
ひとりで生きて行くための
自分の場所を持っていること
誰に使われるのでなく
どんなに歳を取っても
身体に従いながら
自分のペースでできる自活の道

それがどんなものかはまだ見えないけど
もっといろんなことにチャレンジして
沢山の経験をしながら
淘汰されて行くんだろう
何かひとつのことに
これでいいと満足したとき
ぬるま湯の中に気付かず居続けたとき
それが終末かもしれないな



2004年11月25日(木) ボタンをつけるオトコ

月曜日から学校を休んで
まだ咳が抜けない下のコ
こちらはコウノピアの売り場なので
自分のお弁当をつくり
ヤツの食べるお昼は
ご飯とおかずと味噌汁を
それぞれ温めるように指示していると
縫い物を教えてくれと始まった

もう時間がないので
夕べ教えたボタンつけを
もう少しやっているように言い置いて出かけた
4年生はまだ裁縫箱も持っていないので
どうして縫い物がしたいなんて
思いついたのかは解らないけど
夕べは妙に喜んでいたっけ

それで帰ってみると
とりあえず与えたフリースのひざ掛けに
昨日つけた金の大きな飾りボタンだけじゃなく
赤いウッドビーズやら
シャツ用の貝ボタンやら
以前わたしが手作りした
桜の木のボタンまで
色とりどり並べて縫いつけてある

しかも
4つ穴のボタンは
糸の出し方を工夫して
十字と四角バージョンをそれぞれ
夕べわたしが見本でつけたボタンは
糸がきちんと引いてなかったらしく
だらしなくビローン状態なのに
ヤツのボタンはどれもきっちり

夕飯の後は
名前をひらがなで縫い取って
その出来栄えにいたく満足し
次にチューリップを縫いたいと言うので
刺繍糸と刺繍針を与えた
まあ一時のこととは思うけれど
これはいったい

いや
そもそも
ボタンつけぐらい自分でできなきゃと
上のコの制服のボタンが取れたとき
確か言った記憶がある
あーそれだそのせいだ
でもなんだか喜ぶより
一気に妄想は飛び
編物を手にCMに出ていた誰かが
ついつい頭に浮かんでフクザツな気分に

ジェンダーフリー結構
橋本治も大好きだ
けど



2004年11月23日(火) 白いページ

職探しの一方で
サイトの方も忘れてはならず
そろそろクリスマスまで一ヶ月
有り体の専用ページを作るのは
どうなのかと気が乗らないまま
ずるずると日ばかりが経ち

ちょっと今作りたいのは
白いページ
既にアップしてあるものも
ないものも含めて
白いアイテムばかりを集めた
雑誌みたいな1ページを

押し迫る年の瀬に
ミもココロも真っ白に戻して
なにかよき新しいものが
迎えたことのない素敵な日が
きっと訪れますようにと
そのページに加えるべく
白い天使ばかりを作りながら
祈りを込めて

それは誰のためでもなく
わたし自身が
明日も勇気を持って
進んで行けるように
いつも同じような繰り返しを
少しでも変えて行けるように
もっともっと我侭になれるように



2004年11月22日(月) 職安にて

無意識から行動まで
すっきり一本の線で繋がって
はりきって職安へ出かけた
先週見つけたところへ
面接の連絡をしてもらうも
とうに職安を介さず
コンタクトをとった人がいるらしく
既に決まってしまっていた

紹介をしてもらうためには
登録が必要で
その書類には
最近就いた職歴3つと
今の職を書く欄があった
それを書いていて
どれもちゃんとした職とは言えない
ところばかりなのが
今更ながら恥ずかしかった

しかもわをんは自営で
届けは去年だったから
もう開業2年めに入る
さすがにその年収なんて
もっと恥ずかしくて空欄
ほんとにお遊びママゴトみたいで
まったく何やってきたんだろ

気を取り直して
改めて全ての求人を見てみた
夜数時間週3日
とりあえず今のところでは
これがベストの働き方だと思う
でももう仕事でお酒を飲むのは嫌だな
だいいちヘタすればママより年増で
妙に偉そうなホステスなんて
誰が使うかだ

紹介してもらうには
もう時間が遅く
あせっていると
マナーモードの携帯にメッセージ
氏名からきちんと名乗って
風邪で休んでいる下のコからだった
お母さん何時に帰ってくるの
今日のおかずはなに

はー
また明後日
その前に履歴書準備しとこう



2004年11月21日(日) いのちの水

今ある安全は
幻想だって解っていながら
暗闇を覗かないようにしていたけど
やっぱり
たまーにこんなときが来る
それでまた
砂上の城みたいなものを
せめて少しでも強固にしたくて

少し前
気になる夢見があった
自分の赤ちゃんが
からからに干からびて
ミイラみたいになっているのを
どうしてここまで放置してたのかと
慌てて病院に連れていき
点滴を打ってもらう

もうひとつは最近
Sと一緒に菊丸を連れていて
ふと見ると
まるまる太っていたはずのキクが
ネバーエンディングストーリーに出てくる
空飛ぶ犬のように長細く
骨と皮だけになっているのに驚き
急いで水を飲ませる夢

なにかが乾いている
けれどそれがなにかは
今もよく解らない
水は多すぎても
海が城を全部さらってゆくように
なにもかも崩してゼロにしてしまう
その加減
ぺたぺたと城を固めるに足りるだけの水

いのちを生かし
乾いたものにちょうどいいだけの
潤いを与える水

そうか
わたしたち家族が
生き長らえるだけの糧
きっとそう
それが必要だってことだ



2004年11月20日(土) 同じ道

Hさんの代わりの売り場
今日は合間にいろんなことを考えていた
今週のはじめ職安に行って
ここにいながら
ネットショップもやりながら
最低限の生活費を
どこかで稼げないかと探してみたけれど

職種を限定せず
全ての求人を見るも
平日の昼間数日だけという
都合のいい条件にはまるところはなく
そこにこだわろうと思えば
必然的に夜となるのだった

時給の点では
もうどこだって売り場の倍か
売れない月のことを考えると
3倍はいただけるので選ぶ必要はない
けれど
その事実をあらためて認識すると
ここにいることで得られるものは
なんだろうとついつらつら

いろんなマイナス要素を切り離しても
現実に売り場にいることでの経験は
積み重なっていく
けれどそれはもう
新しいなにかを獲得するのではなく
延々に続く同じ道のような気がしてくる

それでもここにいる限りは
エネルギーを注ぎ続けるだろうし
まだ何かできないかと
あれこれ工夫もするだろう
それがいつまでなのか
たぶん
どこかでキリをつける時がくる



2004年11月15日(月) 斬られるとき

売り場に出るのが
きぶん転換になるときもあれば
先週のように
エネルギー使い切って
そのあと
サイトモードに戻るまで
ちょっと時間掛かるときも

でも夕べ
夜中にアップするまでに仕上げて
今朝確認しなおしてよかった
ページリンクが間違っていて
営業用に作ったアクセサリーページが
出てしまっていたのだった

サイトに出してる商品だけじゃなく
預かっているものの販路をと考えて
表面下で
そんなこともイロイロやってんですが
なかなか一発必中とは行くわけもなく
委託ゆえに卸価格もそんなに低くはできず
迷うことも多し

今日はまたアップしたあと
ひと通り検索サイトを廻ったけど
実は一ヶ所だけ更新の仕方がよく解らず
登録したままのとこがある
なんかそこは約束ごとがめっちゃ多くて
いつも新作アップするたびに
今度こそはと思うんだけど
説明読んでいるうちに斬られて萎える

その時ばかりは
自分もトシかなーと思ったりして
いや
さいきん白髪がめっきり増えたとか
おばさん体型に磨きかかったとか
ひとの名前や曲のタイトルが出ないとか
そんなことは日常だけど
コレがなんか特に堪えるのは何故だろう

んで
そのあとすっごく疲れて
ホットカーペットの上で転がった
はー
友がみんな偉く見えじゃないけれど
そゆとこにも
サクサクアップできる人達ってすごいなー
やっぱ無理だったなー残念



2004年11月12日(金) 千客万来

いよいよ
カニシーズン到来のせいなのか
観光バスの入りもよく
やっと売上げを戻してきたコウノピアの売り場
去年は過去最高の11月だったので
鳥インフルエンザと台風の後遺症を
少しでもリカバーしたいところ

中学校で大阪にでかける上のコの
お弁当つくりのため5時に起床
送り出してから寝直すわけにも行かず
下のコが小学校へ出たあとも
時間をもて余し
少し早めの出勤を

在庫の補充をたっぷりして
袋もたくさん出して準備万端
一気に4台のバスから始まって
ひと通り大混雑の売り場となり
潮が引くように静まっては
またまとまった数のお客様
この繰り返しが何度か

最後は5時ぎりぎりの分を
今日の締めに入れていると遅くなるので
明日のHさんに申し送りをして帰宅
既に真っ暗で
せつない冬の気配の帰り道を
びゅんびゅん自転車飛ばしながら
本当に充実したきぶんで一杯

どうせ出るならやっぱり
こんないちにちがいい
今夜は早く寝ようっと



2004年11月10日(水) 商品本位

はー
かつてこんなに
撮影が楽しかったことあったかな
今度は携帯ケースより
もっと小さいアクセサリーなので
またいろいろ背景変えて
たくさん撮りました

パソコンに取り込んだ
写真眺めていると飽きないです
ひとつひとつ違うものが
それぞれ持っているキャラに
相応しい場所を用意してあげる
商品写真を撮るって
そういうことなのだなと
やっと納得が行きました

商品はただそれひとつだけで
充分立てる魅力があるけれど
その魅力に染まった空間を
一緒に写すことで
もっと伝わりやすくなる
それはセオリーどおりの
商品写真のハウツー本なんかには
絶対書いてない


そういう眼で見てみると
チープなものを
高級そうに見せようとか
ありきたりのものを
何とか希少価値を出そうとか
商品と空間がミスマッチの写真は
化けの皮が剥がれるみたいに
その商品の本当の顔が分かっちゃう

説明できない感覚では
以前からそんな気がしていましたが
なんか今日とつぜん
その訳がクリアになって気持ちいい
撮影者があれこれ演出するんじゃなく
商品本位ってそゆこと
壁ひとつ乗り越えました



2004年11月09日(火) 撮影リズム

鉄は熱いうちにとばかりに
新作の携帯ケースアップしました
とうから取り掛かって
まだアップしてないものあるのに
昨日の午後から撮影を始め
今日のお昼過ぎにアップという
これまでで最速記録です

撮った写真が70枚
使った写真が21枚
4点アップにこの数字は
わたし的に最高レベルの効率のよさ
しかも同じシチュエーションで
微妙な違いという写真はほとんどなく
すぱすぱとディスプレイも変えたりして

広くなった土間のサッシ際
いちばん明るいところに
手作り木製机をうんしょと持ち込んで
いつもは下駄箱の上に飾っている
お気に入りの小物なんかを集めたら
いい感じのスペースが出来上がりました

トップページの木の額は
フリマをやっていたときに使っていた看板
下が三脚になっていて
コルクボードみたいなのがついています
急遽フレームに釘を4つ打って
携帯ケースを並べて下げたら
なんだかもうそのまんま
実店舗売りしちゃいたい感じ

夕べはコーフンして
あれこれイメージ湧いて
くるくる眠れなくなってしまいました
はー
このリズム大切に
明日へ繋げようっと



2004年11月07日(日) 大らかな視線

商品をお届けしたお客様から
ネットで見るより素敵だったとのオコトバ
やっぱり
実物は画像を越えるんですね
ちょっとフクザツな気もするけれど
作者の方々は
素敵に撮ってもらってと言ってくれて
なんだか二重にいいとこ取り
してるみたいです

直接商品を手にとってもらえない
それで悩むこと沢山
もともとイージィに考えていたので
歩いてみて初めて
大変さが解ったっていうか
それでどんどん神経質になり
いつの間にかせっかくの商品を
分析的に見ている自分

でもたぶん
ご購入を決めてくださる方の視線は
もっと大らかで
画像では伝えきれない商品の
手作りの持つプラスアルファの部分をも
受け取ってくれてるような気がして
嬉しいお言葉に
ほろほろと緊張が解けて行きます

もう少し
引き算画像でいいのかな
細部にこだわると
商品はばらばらに分解されて
いちばん伝えたい
ひと目惚れの
あ カワイイ
がどっかへ行っちゃう

今日新作が届きました
もうホントにホントに素敵で
最初に見たときの感動を
ずっと大切にしながら
アップまで繋げたいと思います
途中になっていたものもいろいろ
また一気になちゃうのかな



2004年11月06日(土) 自由な空間

浸水したままの
棚とタイルの台と箪笥を
友人宅で洗ってくれることになり
すっきり広くなった土間
それに勢いを得て和室に畳を戻し
剥がし途中の壁の続きをしばし

最初は着物部屋にと思っていたけれど
常時何かを並べるのではなく
講座なんかもできるような
多目的なスペースもいい
6畳で天井が低いから
少人数でほっこりって感じで

または貸しスペースとして
期間限定での作品展とか
小さなお店屋さんとか
きちんとお店を始める前に
まずここに
いろんな人が足を運んでくれるような
仕掛けいろいろ

どっちにしろ
コウノピアがあるし
毎日お店を開けるのは無理だから
そんなスタートもいいかもしれない
まだやっと壁は半分
剥がしながらゆっくり練ろう



2004年11月02日(火) 失われた着物

郷公園に向かうバスに乗っていたら
なあんか聞いたことのある声
思わず振り向くと
以前お宝着物を
ざっくり頂戴した
Fさんの奥さん

今回の台風で
浸水はなかったものの
まだまだあった着物が
トタン屋根がめくれて
行李ごとだめになってしまったそう
お嫁入りの貴重な留袖も
全部捨てたと聞いて
なんとも複雑な気分だった

恐らくこの被災で
豊岡の貴重な財産は
かなりが失われてしまったと思う
道路脇に山積みに捨てられた
古い和箪笥や柳行李だけでなく
その中には
きっと相当数の着物もあったはず

うちだって
水が急激に上がったら
全部を救出することは無理だったろう
真っ先に移動させたのは
ネットで売りに出している商品と
預かっている商品
作りかけのうさぎ玉のもとぐらい

いのちがあることを出発点として
食べること眠ること
基本的な生きる営みが次に来るとしたら
わたしが大切にしようとしていた
モノって一体なんなんだろうか
そこを突き詰めると
もう動けなくなりそうで怖い



2004年11月01日(月) たったひとつのおくりもの

カウンタレンタル元
サイトへも行けなくなってしまい
何がどーしてどーなったのか
なんの手掛かりもありません
もう以前に3日程
動かなくなったのもあって
正確な数が判らないままなのも悲しく

台風被害の家みたいに
なんか安定性が壊される要素
まったく排除することは不可能ですが
見通しのないまま放置するのもヤなので
はずしてしまいました
確か4千に近い数字だったはずです
んー
ちょっと喪失感が

それを補うべく
アクセス解析のみつけさせてもらってます
ちょうど手作り屋さん.comで
11月のプレゼントが始まったところで
そのページからのご訪問が多いことが解り
急いでトップに別画像追加
リバーシブルの赤い方を表にして
下のコがモデルデビュー顔出しはなし

特に変わったデザインではありませんが
緑の紬風のウールと
朱に近い赤の絣柄ウールの組み合わせ
ウエスト紐は起毛したような
チロリアンテープで可愛いです
材料はまだありますが
同じものは作りませんので
この機会にぜひ


 < 過去  目次  未来 >


ゆりすこ [MAIL] [吉祥堂]

My追加