Shigehisa Hashimoto の偏見日記
塵も積もれば・・・かな?それまでこれから


2005年09月29日(木) 万博後始末

愛知万博が終了した。総入場者数は2205万人。これは当初の目標を大幅に上回るものらしい。私自身、4月に一度行ったきり、その後しばらく躊躇していたのだが、閉幕が近づくにくれて「自分が住んでいる地域で万博が開かれているなんて奇跡に近い」ということに気づきはじめ、よ「失われた時間」を取り戻すがごとく、足繁く通うようになったのである(全期間入場券を買っていたので入場料を気にしなくてもいいのだ)。

最初のころは企業館狙いで躍起になっていたが(事実、日立館や三菱未来館などは素晴らしかったが)”万国”博覧会なだけに、印象が強いのは外国館の出し物である。オランダ館やクロアチア館、韓国館などは映像美術としても素晴らしかったし、オーストラリア館のバンド演奏、ベルギー館のジャズ、フランス館のアテンダントが歌う「おお、シャンゼリゼ」、アジア諸国の民俗音楽などは耳を楽しませてくれた。ウインナーワルツやアルゼンチンタンゴ、アイリッシュダンス、シンガポールのダンスなど各国の舞踊も堪能できた。そして忘れてならないのが世界の料理で、特に感動したのはオーストリア館のザッハ・トルテとコーヒーのセットだ。何分、ホテル・ザッハが直々に出店しているものなので美味しくないわけがないのである(注:ただし一人で食べたのでちょっと恥ずかしかった)。

何遍も行ったので思い出も様々にあるが、最終日のそれはとりわけ感慨深い。
特に心に残るのは各パビリオンのスタッフ・アテンダントさん達だ。誰もが経験する中高生時代の文化祭のノリそのものの熱気で、心地よい昂奮と使命感と寂寥感で客を応対する彼らは、それぞれがキラキラと光っているように見えた。会場を出る時の、万博スタッフ総出でのお見送りなど、こちらまで胸が熱くなるような気がした。

こんなに楽しく、盛り沢山なイベントがこの先あるだろうか。いや、仮にあったとしても前述の通り、こんなに近くで開かれることはないだろう。全く夢のようなイベント、それが万博が終わった今の実感である。


2005年09月11日(日) 涙が出る三連発(改訂版)

その〆鯑の夜(土曜日)は見たい番組がなかったので、最近近所にオープンしたビデオショップの10円セールで借りてきた「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」を鑑賞した。本作品を見るのは実に8年ぶりなのだが、あまりの出来の良さに感動し、ラストシーンでは不覚にも涙を流してしまった。いつも思うのだが、いくら監督が違うとは言え同じ山田洋次がシナリオを書いているのに、どうして「男はつらいよ」は素晴らしくて、「釣りバカ日誌」はつまらないのだろう。やはり役者の差だろうか。西田敏行も良い役者だが、渥美清と比べるのは酷なのだろうか。

その△△醗貶癲△△醗貶發里箸海蹐泙悩綽世鯆匹さ佑瓩討いて、そこから大失速してしまった今年の中日ドラゴンズ。七日の試合ではあまりにも悔しい敗戦を喫し、私は無念の涙を禁じ得なかった。それにしても、未だに強気の姿勢を崩さない落合の根性には感服する。采配面で的確かどうかは判然としないが、指導者としてはかなり理想的だ。長く監督を務めてほしい人材だと思う。

その衆議院の開票速報を見ていたら思わず涙が込みあげてきた。もちろん理由は言わないが。


2005年09月03日(土) テレビのお笑い番組・バラエティ番組で文句なしに面白かった瞬間ベスト5(順不同)

ドリフの大爆笑の加藤茶と志村けんのCM撮影コント
電波少年の豪邸ウ○コシリーズ
96年のフジテレビの27時間テレビ
めちゃイケ・ジャニーズコンサートに岡村が乱入し、勝手に踊り始めた時
たけし・中居のDー1グランプリで志村が仕掛けられたドッキリ

これ以上に面白いものをテレビで見ることは多分、不可能だと思います。



橋本繁久

My追加