Shigehisa Hashimoto の偏見日記
塵も積もれば・・・かな?それまでこれから


2008年01月14日(月) 聞いてビックリ見てショック

.レヨンしんちゃんの劇場版が今春も例によって公開されるそうなのだが、その監督が第1作から4作までを手がけた本郷みつる氏であることを聞いてビックリ。4作目の「ヘンダーランドの大冒険」(これはかなり面白い作品である)は96年封切だから、実に12年ぶりの再登板ということになる。業界を問わず、こういう形のカムバックは珍しいのではないかと思う。本郷氏はもとひら了などと共に最初期のクレしんを支え、番組を軌道に乗せた功労者であり、色々と方向性が変質した今のクレしん映画をどのように料理するのか、さして番組のファンでもない私でも気にかかるところである。春先のちょっとした楽しみとして、心に留めておこう。

△舛腓ちょく行っていた近所の中華料理店が辞めてしまったと聞いてショック。いわゆる「大衆的な味」よりはもう少し格上の美味しさで、しかしランチは非常に安価で食べられる(普通の単品やディナー・コースは結構高い)お値打ちさが売りという、私の懐具合にピッタリ(とは言っても自分で払ったことはないけどね)の店だっただけに全く持って残念である。1300円程度で前菜3品にスープ、副菜、主菜2品、麻婆豆腐とご飯にデザート2品にコーヒーか紅茶がついてしかも美味しい店なんて普通ないもんなあ。返す返すも残念無念ナリ。

リメイク版「ヤッターマン」が本日より放送開始。取りあえず見てみたのだが、内容はともかくとして、主題歌(オリジナルのアレンジ)のレベルの低さにガッカリ。原曲の軽快さは失われ、重苦しく淀んだ曲調と歌声が空しく響く、狙いの外れた失敗作になってしまっている。ゴールデンタイムの子供向けアニメのオープニングであれほど苦しげに、にがにがしい歌い方をする必要は全くないはずである。今からでもいいから再アレンジするか、原曲に戻すべきだと思う。


橋本繁久

My追加