ホトトギスの鳴く頃
DiaryINDEXpastwill


2020年01月31日(金) 飯P

フォロワさんが飯Pもお好きで熱く語っておられて頷いて読んでいた.....私も長年の熱をいつかどこかに書かねばならん....今ここにするか!!

ツイッター遡る余裕はないので、パソコンの付箋メモに書いてあった謎の語りを載せとく。また書く。

ナメックは口から卵を産む。
ピッコロさんの親のピッコロ大魔王は口から卵産んでピッコロさんを誕生させた。
ピッコロさんは戦闘タイプだけど神タイプ(メス)でもある系譜なので、もし悟飯とおセッセしたら、悟飯に似た子供を(口から)産むのではないかと思って幾星霜...
ナメックだろうけどきっと黒い目の子が生まれる....サイヤ人のあの目の........


2020年01月30日(木) 夏服のイヴ


リンかけという漫画にハマってから、80年代初期に再び興味が出た。
私も生きていた時代だけど、思春期ではなく、ほんとうに子供だったので....(思春期は多分80年代後期以降だ)
一番わかりやすいのは松田聖子さんの曲とかで、聞くとその頃見てた風景も思い出すくらいのパワーがある。大流行してたもんね...特にファンでもなかったのに歌覚えてるし...

順々に聞いていってると、好きだな〜と思う曲の作詞家が松本隆さんだと気がついた。
一個の曲の中で、主人公のキャラがわかりやすく、纏まったストーリーが浮かぶのが好きらしい。ストーリー漫画で成立するような。あとは語彙のセンス。
変にゴテゴテしてなくて、あざとくないのが好き。ティーンの女の子がちゃんと使える美しい言葉えらび。漫画の好みと一緒だな....

赤いスイートピー、夏服のイヴ、野ばらのエチュード、風立ちぬ、あたりが好きです。

松田聖子さん、当時15歳ですでに歌が死ぬほど上手い。声の透明感が心地よいです。あと曲を演じきってるのがすごいな。


2020年01月29日(水) 依頼された表紙を描いた


今日は一日まるまる時間をとって、渡さんの次の新刊の表紙を描いてました。氷河紫龍〜!
(中途経過の絵↓)



こういう体勢で、という注文を聞いて描くのは初めてだったので、またいっこ良い経験ができた。
背景やタイトルもいれたので、あとは細かい修正で終わり。
次の新刊で氷河紫龍の小説読めるのが本当に楽しみ.......♥

ご本人とモクリでイプしながら。文字書きさんなので、ほぼ無言作業イプでした(でも休憩にはめっちゃ喋った)。楽しかった!

絶対作業イプで作業捗る。確信した。


2020年01月28日(火) 作業イプ


昼過ぎからヱビスさんと作業イプしました。
私は氷河紫龍の原稿。
ヱビスさんは竜童殉本の作業の他に(私のために)竜童殉エロ漫画(11p)までも仕上げていた....なんと濃密な時間活用。
オチも絵も最高なのに、喋りながらサササッと描いてたのすごい。私は見た。見ていた。作業しながらギンギンの横目で....
作業するとあくびがでる昼下がりに一発で眠さが吹き飛んだのですごい。ありがとうございました!
すばらしい時間の使い方だ.....人、これを神という。
自分もいいペースでいけたので、これは週一くらいで開催してもらうと助かるなー!!

作業中は主に鬼滅の話で盛り上がったんだけど、ヱビスさんが私の「錆×義からの炭×義」の語りを見て「わかりを得てしまった」と言ってくれてたの、さすが竜殉パイセンだな....
親切にpixivで炭義と逆カプの数の差まで調べてくれた。
うん、ありがとうヱビスさん...........私pixiv見てないけどカンで分かってましたよ...............未だ私の時代に非ずということを..........


2020年01月27日(月) 殉ちゃんと嵐のこと

殉ちゃんは嵐に対して終始厳しかったし、その後も嵐をほおって地獄谷にこもったことも特に言い訳もしないと思っている。
影道総帥としての役目を全うするのに多分地獄谷の荒行(10年)は必須だったのだろうと思うし、産んで捨てられて拾われた場所で生きるそれ以外の人生は無かったのだろうから...
自分が父母を知らないという部分もかなり大きいだろうから、影道で自分がやってきたことを基準にするしかないんだろうとは思う(その結果パワハラ)
2では嵐が破門される前・破門された後、影道を離れてかなり自由に武者修行する人生を送っていて、これはまた影道に新しい息吹を吹き込んでくれたんだろうなと思う。
いずれ影道総帥になる人生を歩む息子だからこそ何も言わない........
車田漫画の余白は楽しいな....


2020年01月26日(日) 風魔の小次郎再履修

究極最終版が出ると聞いて買うと決めていた。
巻頭カラーそのまま復元していたり読み応えがあるし、なにより当時の車田先生の絵柄が最高に好きだから。リンかけ終盤からの絵が特に筆が乗ってる気がして...リンかけの絵柄は最初から最後まで好みだけど........
30年前に履修したきりなので、今の自分がどう感じるのかもうよくわかりません。
出来ることならカプ落ちするほどハマって本作るまでにはなりたくない....。もうリンかけと星矢だけで手一杯。
気になるのは、リンかけのように省かれたエピソードがあるのかどうか....ほんと昔JC全10巻もってたけど....思い出せるだろうか


一巻は夜叉編です。
序の巻、これ描き下ろしなのか....最近の御大の絵でも、風魔だと違和感がない気がする。
風魔、ポカポカ家族だったんだな....読み終えてから思うけど、総帥の事描いてくれててほんと嬉しいな。(車田の総帥が大好きっ子)




2020年01月25日(土) 小説の書き方


読んですごくためになった。

限界腐女子による小説の書き方講座



私は小説を書きたいな......と思っても、書きたいシーンを絵にしてしまいたい衝動に負けるのできっと小説は書けない。
そんな人間にも良いヒントを沢山くれたので自分的にメモしておきたい。


・悲しい表情を描いても悲しいと言葉で説明してはいけない
「悲しいかどうかは、読者が決めるのだ。読者に想像させるのだ。」

・書きたいクライマックスとは相反する描写を冒頭に仕込め
「青空の下でハイタッチするラストシーンなら、冒頭では曇天の空を書け。咲き始めた桜を冒頭で書いたのなら、ラストシーンでは満開の桜吹雪を書け。」

・タイトル回収をしろ
「これはついででいい。なんなら、終盤付近で出てきたそれらしい単語をタイトルとして据えればいい。」

・転調をしろ(読者に負荷を与え、その後に開放感を与える)
「見開き大ゴマの直前、タメの部分ではあえて読者に負荷を与えろ。適度な負荷は、その後の見せ場をより輝かせる。」


などなど。

特に共感したところは、

「文章に込めるべきは作者の気持ちではない、書き手の意図なのだ」
「腐女子はカプで繋がり性癖で残る生き物だ」

ですかね.....


2020年01月23日(木) 氷河誕生日


この日は大寒でわたしの住む南の地域でも雪がいつもちらつく日だった。
最近はぱったりみられなくなった。

氷河紫龍の氷河のこと。
昔のツイートと今の気持ちをまとめておこうと思って....

氷河は再会して最初、紫龍のあの生き方に正直反発してたのでは?と思ってる。
「自分が死んでも皆が生きていればいい」みたいな考え方が、氷河を生かして自分は死んだマーマという人を亡くした氷河の気持ちを引っ掻いていそうだな....というかんじで。
(紫龍本人は、別に自己犠牲に酔ってるわけではなく、聖闘士として冷静にその時すべきことをしただけだと思っている気がする)
目を潰すのも、血を流すのも、先に逝くのも.........
肉親や大事な人にそうやって残されていく辛さを再現されてえぐってくるのが紫龍だったと思ってます。
紫龍はある意味ほんとに戦闘マシーンです。
氷河がいつしかその危ういところを察して黙って側にいるようになったのがポセイドン編以降だと思ってます。
氷河紫龍はポセイドン編以降からNDに花開き、遅咲きの花ですね。


2020年01月18日(土) 男の大和撫子を探して2020 ピッコロさん編


こないだブロリーを見たのでまた飯P熱が高まってしまった。(※悟飯出てないし、ピッコロさんもほぼ一瞬しかでていない)
ピッコロさんを流石に男の大和撫子というには.....いや.....?

男の大和撫子の条件について、前回の日記を参照する(忘れたから)

「バブみもあるんだけど、いわゆる「置かれた場所で咲きなさい」の花で、不遇でも凛とした感じの...」→望まぬ復讐心を植え付けられて育った(該当)
「あと仕草的に慎み深いとか手紙書くとかハンカチを持ってるとか美徳を感じる男を総称して、呼んでる」→ぱっとそういう仕草が思い当たらないので該当なし
「主役の補助的な立場で、主役級グループの中に居ない」→居ない(該当)
「清潔感があり、敏く、人望はある」→かなりある(該当)
「道義、仁義を重んじ礼節、品格、教養を兼ね備えた武人」→神と融合して以降、備わっている(該当)
「控えめで前に出ないタイプですよね」→今回も、自分から進んでは戦闘に出なかった(該当)
「正座させたら似合うタイプですよね」→正座より座禅(紫龍)タイプ 該当しない


7割ぐらい該当してるんで、アリ寄りのアリでは?


2020年01月14日(火) ギフテッド(アナ雪2と聖闘士たち)


アナ雪2でエルサの力を「精霊の国と人間の国の架け橋として祝福の贈り物されたんだよ」とアナは言った。(うろ覚え)


星矢たちは自身は望まないままに無理やり聖闘士になる修行地に送り出されて聖闘士になった。
だけど、そもそも星座の導きが合ってこそその星座の聖闘士になれるのだから、星矢たちの誕生は運命づけられたものであり、その「聖闘士になれる」才能はギフテッド。
「お祖父様も運命に殉じた人だった」と沙織さんがみんなに語ったのはそのことなのかな...と思った。
理由はどうあれ、光政の子作りそのものが、星の導きに殉じたことだったのだ(光政の独白)、ということならそれを知って初めて氷河は、一輝は、光政を許せたんじゃないだろうか。自分が星座に導かれて聖闘士になったように抗えないものがあるのだと、わかってから。
感じたことをうまく言葉にできてないけれど、そう思ったので書き留めておく。
だからこそその力を沙織さんに捧げることに迷いはなくなったんだろうか....と、エルサが晴れ晴れと水の馬を駆ける姿を見て思った。

人や世界を傷つけるその力がギフテッドになる苦悩、それは変わらず持ち続けてゆくエルサの未来に幸あれ...
星々のギフテッドの力を授かって生まれてきた沙織さんや聖闘士たちの未来に幸あれ...


2020年01月13日(月) アナ雪2と氷河と紫龍

遅ればせながらアナ雪2を見てきた。
アナ雪無印のときは、当時娘がまだ2歳で映画館という娯楽は断念していたので、今回は一緒に映画館で見れたのがとても嬉しかった。
以下箇条書きで感想。

・アナとエルサが国を背負うということをとても自然にやっているのがやはりこの姉妹は可愛くても大物だ...好き....という気持ちです。
・オラフが終始可愛かったな〜あんだけ喋ってたけど声に違和感ないのすごい。
・松たかこさんと沙也加さんの声の透明感と伸びが相変わらず美しくて、前作から7年も経ってて「相変わらず」なのがすごいなと思いました。大好き。
・クリストフのコンサート長かった。ツイッターでみんな同じ気持ちだったというリプくれた。真剣な求愛を空気読めない感じでやる人みたいにされちゃったのかな...?クリストフの朴訥だけど地頭良さそうなとこ好きだったのでちょっと残念な気持ち。
・エルサが、精霊のフィールドで思う存分魔法を解き放っているのがほんとうに美しくて、ほとばしってる画面にちょっと涙が出た。幸せそうに見える。アナや普通の人たちとの普通の暮らしは、エルサにとってはアウェイで、ここがホームなのか...力を押さえて生きつづけるのは、やはり辛かったのか...という気持ちで感極まりました。エルサの自分探しがここで終わるんだな....


ここまで思い出しながら書いて、ヲタクなのでつい推しに思いを馳せてしまうんだけど、エルサがどんなに大事な家族が居ても自分の力がしっくりくる世界にいってしまうところ、紫龍みたいだな..........って思いました。


「愛する人たちはここに居るの 危険を冒すこと二度としないわ」(イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに /松たか子)
「こんな私が何故生まれてきたのか みんなと違うこと悩んできたわ」(みせて、あなたを /松たか子)

(クリックすると公式の紹介してる曲に飛びます↑)(音量注意)

戦いに身を任せているエルサが、聖闘士なみのアスリートだったという理由もある。
おなじ氷を操る氷河にはぜひ、こういう華麗な戦い方をしてもらいたい。
そういえばエルサが見つけた「魔法の川」は「氷河」=「氷の川」だったと言っていたね....(自分を探す紫龍が最後に見つけたのは氷河だった....という隠喩(私だけの)...滾りました)

・今回はアナもほんとうに辛い試練があって、全部失った!でも1人で立とう...っていうところが好きでした(クリストフをあてにしていない...)

娘は始終だまって画面を見ていて、エンドロールまで見て、そのあとオラフが喋るとこまで見終わって、
「感動した。涙でた」
という感想だった。何に感動したのか?と聞くと「エルサもオラフも生きてたところ」だそうです。話はちょっと複雑だったろうけどほんとにこの映画良かったね。

友人が「アナとエルサのご両親、ハピエンの人魚姫ストーリーだったんだろうね」っていう感想を語ってくれて、私もほんとにそうだな〜って思った。観衆の想像に委ねる控えめな演出が良かった。


2020年01月12日(日) 今一番描くのが難しくなっているキャラ

推しなのに描くのが苦手...というキャラ、絵描きなら絶対居るはずだ........とここは一発主語を大きくしたいんですけど、
みんな居ますよね........?
私にとっては不動の1位だったのが紫龍なんですけど、いま氷河になりつつあります。
比較的描きやすいと言ってたのに....

理由の一つは、まず変遷する髪型です。
原作派としては、原作で一番ナウな氷河を描きたいじゃないですか。
最初紫龍や瞬と同様、重力に逆らっていない髪型だったはずなのに、いまNDでは星矢や一輝と甲乙つけがたいくらい上向きの髪になってるじゃないですか。
見るたびツイッターで言うけど、ひまわりを思い出します。
御大、もう氷河の髪型忘れちゃった.........?それとも、NDで成長しまくった証で強そう(?)な髪型にイメチェンさせた...........??
これは「いつか御大に質問できるとしたら何を質問する?」の質問候補の一つなんですけど(きっと聞けない)

私は手癖でとうもろこしのひげみたいな、トップからぶわってなってる頭にしてしまうんですけど、いつも「これでいいんだろうか....」って悩む癖がついちゃって、
迷いなく描けなくなってしまいました。
やっぱり御大の描かれるナウな髪型の氷河もかっこいいし、二次創作でこの髪型で紫龍としゃべらせてみたい。
でも自分の絵だともはや違和感...........

それで手が止まる。

もちろん理由はそれだけではなくて、年ゆく毎にあの顔面の良さに圧倒され、画力が追いつかないと自覚する、という理由の方が大きいんですけど....


2020年01月11日(土) 摘み取らずそっと野に置く....そういう花も見てきたよ

一口に推しというが、知り合いの8割くらいは、大抵自分にとって受けになるタイプを推しといっているようだ...と最近気がついた。
私の場合は攻め単体を推しということもある。受けを推しということもある。カプで愛してしまうと最早どっちが推しと言い切れない場合も多いな...
腐の場合は単体の推しというよりも、「推しカプを推す」タイプになっている。
私の好きになる男の大和撫子大体受けタイプなんだけど、全員番(つがい)が私の中でいます。

どうみても受タイプだが、つがわせる相手がない場合摘み取らずそっと野に置く....そういう花も沢山見てきたよ(熟練の受オークションオーナーの顔)




2020年01月10日(金) 竜童殉は桜のイメージ

竜童殉は桜のイメージ.......早春の固い蕾から散り際まで。


2020年01月09日(木) 年が明けてから

年明けから親戚関係のいろいろが忙しなくて、絵を描く時間がまとまってとれない。
2月に星矢オンリーに出る予定だけど新刊なくても出るぞ....置くものはありがたいことにあるから......
今日ついにこの日記をツイッタの自分の垢にお披露目したので、記念に今日の日記もつけておく。

偏狭な視野の人間がブツブツ言ってるだけのところなので、流し見してやってください...

見に来てくださる=興味を持ってくださってありがとう!



追記 進撃の巨人125話解禁で地元のヲタ友LINEが沸きに沸いている。
最近ハマったやつが一番熱い。楽しい。


2020年01月08日(水) ワンブックスで本を作る時に読み返す


アドバイスをもらったものを覚え書。紙の種類、すぐ忘れるから...


・イラスト集に合う紙

本文「ソリストN75kg」
表紙紙は「OKミューズキララ白170kg」(金箔を散りばめたような特殊紙で印刷越しでもほんのりキラキラ)


2020年01月07日(火) クリスタ覚書


覚書です。

・クリスタで写真を背景に変えるとき

  フィルター>
  線画修正>
  ゴミ取りレイヤープロパティでライン抽出したら、レイヤーのLT変換を実行せずそのままラスタライズ
  (どうしてもベタの多い背景が出来上がるので、トーンを10%1種だけで仕上げるとキレイに仕上がる)


2020年01月06日(月) 昔通ったサイトのアドレス


無くなってほしくないサイト

http://yueieri.nobody.jp/te/tx/past/past_index.html  渡さん


じんこ

My追加