てくてくミーハー道場

もくじ前回てくてく


2017年07月08日(土) 『ふるあめりかに袖はぬらさじ』(明治座)

なぜか悲報を通勤途中の電車内で知ることが多いぼく。

昨日も、ふと向かいの席でスポーツ新聞を広げているおじさんがいて、「舞台から落下の俳優事故死」という見出しが目に飛び込んできて、「ふぇっ?!誰なんだろう?」と思っていたら、中嶋しゅうさんだった。

好きな俳優さんだっただけに、なんということだ。そんなに打ちどころが悪かったのか?(わずか75センチの高さで・・・?でも頭を打ったらそうかも・・・)とショックを受けて嘆いていたら、今日になって、「急性大動脈解離」を発症したせいで転落したのだったとニュースで知った。

だからといってしゅうさんの死がいたましいことに変わりはないのだが。

そんな痛みを胸の片隅に抱いたままで、この話題の喜劇を鑑賞。

鷲尾真知子さんを平常心で見て笑えるだろうか・・・と心配は募る。



そんなしろうとの心配をよそに、出演者の皆さんは全力投球。

俳優という職業の因果さを実感するとともに、演劇というものはなんと不思議な文化なのだろうと思い至る。

いやいやそういった偶発的な要素は抜きにして作品そのものを語りましょう。それを送り手の皆さんも望んでいると思うので。





一言で言って、

「なんでここで外部公演を見せられたん?」(毒)

と思った。

潤色・演出の原田諒!(呼び捨て)企画書が歌劇団に通らなかったのか?だから明治座に持っていったのか?

大地真央さんが主役演じます歌います踊ります三味線も弾きます小唄うたいますたくさん衣裳着替えます()の徹頭徹尾トップスターだった点は完全想定内だったので何一つ文句はないのですが、攘夷党の志士たちが男役三番手から七番手のチーム編成でカーテン前ナンバーを歌うとは思いもしなかった。←

歌劇団でやるならどの組がいいかなあ?やっぱ“日本物”の雪組?いや、やはり真央さんということで月組かしら?などと現役生を思い浮かべながら聴いてしまったではないか!(なぜ責める?)

新機軸、というよりも、まんま「タカラヅカでやろうとすると、こうなるんですが」の典型のような作劇。

このお話はどう考えても主人公は女のお園だからどんなに面白くてもタカラヅカでは上演できない。だからか?(←)

男役二番手()のブンちゃんこと浜中文一くんは、たかみー(高見沢俊彦)系のバタくさい顔が全然ちょんまげに似合わないという弱点はあったが、彼の舞台はこれまで何回か観てきて悪くないものを持っている(ほめてるのか・・・?)と思っているので安心して観ることができた。

それより、歌が思ったより上手なのが印象的だった。

歩くジャニーズ図鑑()と呼ばれたぼくも今は昔、すっかり最近のジャニっ子たちのことを知らないので、ブンちゃんはジャニーズWESTのメンバーなのかと思い込んでいたら、まだJr.なんだってぇ?

いくつだよ?(←いじわる)

ま、明らかに演技に活路を見出していくのでしょう。ドラマや映画ではお目にかからないかもしれないが、舞台に出られるならきっと今後もちょくちょく拝見するでしょう。がんばってください。

その相手役の娘1()ポジションに中島亜梨沙という聞いたことのない女優。←

まるっきり娘役芝居 (−−;)いつものようにズケズケ

誰なんだコイツ?(そろそろその辺で・・・)

と思ってググったら、なんだ、元・羽桜しずくちゃんだったんだ。

亀遊は病気でやつれた姿が出演シーンの99%を占めるので、メイクも顔色悪く「貧相な娘だな」と思って見ていたのだが(おいおい)、この世にいなくなった二幕に“幻”として登場。

ここがもうタカラヅカ。

堂々たる娘1。

マヤさん(三沙のえる)や真央さんと、時空を超えて月組先輩後輩共演が叶い(観てるこっちが)感激。

だが、改めて聴いたら歌はヘタな子だった(こら、最後に余計なことを)





それにしてもこの話、本当によくできてる。名作だ。今さらぼくが言う必要もないが。

・・・なんで歌必要だと思った?原田せんせい。(まだ言うか)

だって、このお話は、ラストのお園さんの「よく降る雨だねえ」のセリフで終わるからいいんじゃないか。

歌はどう考えても蛇足だったなあ。

これを本当に歌劇団がやったのなら、

「うん、タカラヅカだからね」

で許してた。

でもなあ。(しつこいぞ!/怒)



そして話はまた作品の本質とは関係ないことになるのですが、このラストシーンを万感の思いで見つめながら、

「九州の雨よ、いい加減に止んでくれ!少しなら東京が引き受けるから!」

と勝手に東京代表を気取るぼくであった。

九州の皆さんの安全を祈る気持ちがもちろん第一なのですが、とにかく暑いんだもん東京。

昼過ぎに某駅周辺を歩いてて、「砂漠で遭難する幻覚」に襲われそうになったくらい。

都会の街が異常に暑いのは、地面が石油系物質で草木がなく、建物内のきつい冷房の分の熱が外に放出されているからだ。

この悪循環を頭のいい人が断ち切ってくれないもんだろうか。と他力本願して本日はおいとまします。


もくじ前回てくてく
ておどる 【昔書いていた日記はこちら】Kin-SMA放言