Lookback...ふぉーる

 

 

感 電 - 2008年02月17日(日)

夏の暑い日・・・
交代30分前のことだった。
管外での建物火災を入電。
私の隊から救助工作車が1隊出動する。

「大きくならなければいいが・・・」

そんな気持ちが天に通じたのか、「ぼや」火災で済みそうだ。
交代までには帰署できそうだと、安堵したのもつかの間・・・
火災指令が庁舎内に響き渡る。
「ちくしょうー!」
と、隊員達が口ずさむ・・・私も当然同じであった。
いや!何事もなく交代を終えて帰宅させてあげたいと思う私にとっては、
「こんちくしょう!」と、叫んだかも知れない。
現場は、2階建て共同住宅、1階部分からの出火。
現着時には、火炎は2階にも延焼している。
現場直近の防火水槽に部署しホース延長。
夏場の火災はこれだけでも汗だくだくの状態だ。
防火服の中は長袖の活動服そして、Tシャツ・・・ましてや、建物火災では空気呼吸器を着装している。
先の火災で管外に出動している救助隊を、この現場に向かわせる。
しかし、待ってはいられない。取り残された者の確認をしなければ・・・・
アパートの住人を確認する。この時間では、既に会社に出かけてしまっていることだろう。
確認を急ぐ!

 「要救助者なし」

救助隊が現着後、直ぐに2階部分に三連梯子を架ていし、2階部分の防御に当たらせる。
その時、隣接して立っている電柱のトランスから火花が・・・
架てい完了した救助隊員から
「進入できず」の報告を受ける。
「なぜだ!」
「建物に電流が流れていて感電しました」

事実を確認すべく、自ら登ていを開始しようと横さんを握りしめた時、強烈な電流が手に伝わった。

「ひぇー!」

叫びにも似た声をあげ、一目さんに退去命令を出す。
電力会社の職員に直ぐさま電気の遮断を指示。
この時、既に隊員達は夏の暑さと火炎で脱水症状に陥っていた。




...

虚報出動 - 2008年02月16日(土)

深夜、通信指令室から内線電話が入った。

「火が見えたとの通報であるが、通報者の入電状況がおかしい。警戒出動を出す」
とのことである。
本来なら、火災出動であるが、通報者の様子がおかしいらしい・・・
1隊を現場に急行させる。
赤色灯を点灯、サイレンを吹鳴させ現場付近でサイレン停止。
通報現場付近に到着するが火炎等は見あたらない。
指令室にその旨を報告し、再度検索に入る。

「通報者に連絡が取れた。今から現場に向かわせる・・・・」

60歳ぐらいの男性が近づいてくる。

「あなたが通報者ですか?」
「はい」
「どの辺が燃えていましたか?」
「ここです」

場所を指をさして三度確認する。

「ここですか?」
「そう、ここです  ここで燃えていました」
(おいおい、指をさしたところには何もないじゃないか!)
「何がもえていましたか?」
「何が燃えていたかは知らないけど、燃えていた」
「それで、どうしましたか?」
「足で踏み消した」

もう一度、指をさして確認する。

「ここで、燃えていた物を踏み消したんですね」
「はい、消しました」
(おいおい、踏み消した痕跡などどこにもないぞ!お前には見えるのか?)

「わかりました ありがとうございます それでは、私たちはもう一度付近を確認して帰ります 名前と住所を教えて下さい?」

「○○○1から△△△△、通報者から事情を聴取、現場確認したがそれらしき痕跡は見あたらず、虚報とする 」

通報者には見えるらしい。小さな火が・・・





...

悔しい! - 2008年02月15日(金)

ぎっくり腰だなんて、消防人にとっては致命的!
自己管理の甘さからなってしまった・・・
倒れ込むほどに力が抜け、激痛が走る。
やっとの思いで仕事に就いても何もできない・・・
情けないったらありゃしない!
最悪な8月となってしまいました・・・・

一週間も過ぎ治りかけた頃、違和感があることに気づいた。
少しだるさと痛さが腰に残る。
「あと少しの辛抱・・・」と心に言い聞かせる。
朝、いつものように顔を洗っていると痛みが一瞬走った。
んっ、ちょっと腰に痛みが・・・

「我慢だよ。さあ、仕事に行かなくっちゃあ」

一日が終わろうとした深夜、私の隊に救急救助指令が入る。
私は残留隊として残る。
この身体じゃあ、何にもできないし・・・・
救助活動を終えるのをひたすら待ち、帰署報告を受ける。
仮眠から目が覚め、腰の痛さで動けない。
激痛が・・・
仮眠室のベッドでひたすら布団を握りしめ耐えた。
声を殺して我慢する自分・・・

「神よ!私は幾人かの人を助け、その引き替えとは言わないけれど、
せめて、この痛みを消して欲しい・・・」

何度となく祈った!
ここにこうしていても、私は出動できないから・・・




...

放火魔 - 2008年02月14日(木)

管内において放火による火災が頻繁に発生している。
このような放火による火災を未然に防ごうと、各自治会及び事業所に対して、放火に対する注意を促していた。
今夜はいつもより少し早めに夜間警戒のために出動しようと立ち上がった。

・・・・と、その時
「○○市火災入電中」と予告指令・・・・
やばい!

「火災指令 ○○市○○ 建物火災 第二出場」

なんとそこは倉庫・・・
現場に近づくにつれ白煙の上昇が確認され、その旨を指令室に認知報告をする。
後続隊に自隊の水利部署を報告する。
現場到着後、ホースカーによるホースの延長を指示、現場に急ぐ。
倉庫からのの白煙は認められるものの、炎は確認できない。
倉庫の正面まて行くと炎が見える!
なんとしても早期鎮圧を図らねば・・・・
自隊に一線二口の防御をとるように指示、中の様子がわからない。
特に倉庫は、何が保管されているのかを確認しないと、大きな二次災害の発生にもなりかねない。
「関係者は・・・・?」
「この倉庫には何が保管されているんですか?」
誰も知るものがいない。
鉄扉のドアは輻射熱で熱い。
一線をドア開放のために援護注水を要請、
「ジュワッ!」って水蒸気があがる。
援護を受けながら鉄扉を開ける。
倉庫内が確認できる。
火は倉庫全体には延焼してはいない。
しかし、煙が視界を遮る。
私にとっては苦痛だ!
咳き込みが・・・
なんとかここで食い止めなければ!
呼吸器の着装を指示、救助隊には排煙のための開口部の設定を指示する。
ちょっと、ごめん!
咳き込みが吐き気に変わる・・・
気管支拡張剤の吸引を・・・
1時間後、鎮火・・・

残火チェック及び鎮火後の注意事項を記載した説示書を発行して帰署する。
それにしても、放火が多い。
全国的にも火災原因のトップである。
世の中が不景気だとか云々とは別の問題である。
人間としてのモラルに欠けた人間がしている犯罪者である。
変な人間が蔓延る時代は終わったはずなのに・・・




...

出向中に・・・ - 2008年02月13日(水)

今日の業務は、ポンプ性能検査が午前中に控えていた。
ポンプの真空指度の検査及び放水試験がその内容である。
当然、最大限のポンプ性能を調べるために、放水に適した場所が必要となってくる。
私の隊のポンプ2台を持って庁舎より数キロ離れた住宅造成地に出かけた。
1台目のポンプが終了した頃、火災の予告指令が無線機に入る。

「管内だ!」

即座に撤収作業に入り、防火衣を着装し出動準備にとりかかる。
「火災指令 ○○市○○ ○○高等学校西側 建物第2出動」
「あちゃぁー!」
今いる場所の反対方向だ。

庁舎前を通り過ぎ、2台の消防車は現場に急行する。
現場には指揮車と救助工作車が先着し、火煙発見の認知報告がされた。
先着隊はもどかしいだろうな・・・
まだ庁舎前を通過したばかりだもんな。
現場に近づくにつれ、周囲は慌ただしく、それを現すかのように白煙が辺り一帯立ちこめてきた。
水利は
「現場直近の消火栓!」
空いていた!
ホースカーによりホース延長し、隣接する建物の延焼を阻止を図るために2線を部署させる。
逃げ遅れた者の確認は先着の救助隊の報告から
「おばあさんが行方不明、確認とれません」
との報告を受ける。
もう、建物全体に火が回り進入は不可能。
ただただ無事を祈るだけ・・・・

すると、近所の人に支えられ、外出から帰宅した老婆を確認・・・

「ほっ」と安堵するのもつかの間、早期鎮圧、鎮火に救助隊を2階ベランダより進入させ、筒先配備を命じる。
1棟全焼、2棟のぼやで鎮火・・・




...

火遊び - 2008年02月12日(火)

「○○市○○ 林野火災 第2出場」
新しいポンプ車が配属され、初めての火災・・・
以前の車両と比べ若干大きくなった分、隊員席にも余裕ができた。
しかし、田舎ではまだまだ狭い道がいっぱいあり、ポンプ車は小さい方が有効である。

林野火災・・・
この辺の山林は住宅化が進んでいるため、大きな山は抱えていない。
通報状況より、この辺なのに一向に火煙等は発見できず。
各隊は情報収集に入った。

「現場確認!」

現場には、子供の姿・・・
そして母親等がバケツを持ち立ちすくんでいる。
先着隊より状況を確認する。

「子供の火遊びです。火災はほぼ鎮火状態。」
「積載水にて完全鎮火!」

女子小学生3人と母親たちのすすり泣き・・・
その光景を目の当たりにする。
母親は子供に問いつめる。

「状況を確認しますけど、小さなお子さんですからあまり刺激しないように、そして痼りとして残らないようにしてあげて下さい」

私の精一杯の言葉・・・
いつも花火教室とか、ことあるごとに“火遊びはしない!”って注意してきたのに・・・
でも、大きな火災にならなくてよかった!安堵する。


追記
隊 員:「ぼくだって小さいとき火遊びして親に怒られ、食事抜きでした
よ」

わたし:「そんなお前がこうして消防職員か・・・う〜ん?」
    「火事の怖さを体験した人が消防職員になって指導するのもいい
のかも・・・」
     

そう言えば、私の小さいときも隠れて火遊びした記憶が鮮明に残っている・・・ 




...

なぜここに・・・ - 2008年02月11日(月)

某高等学校へ心肺蘇生法の指導に出向中、携帯無線機に火災の予告指令が入る。
学校へは「災害が発生したときには指導は中断いたします」と予め連絡してあるため指導には問題なく出動準備に入る。

『火災指令 ○○市○○建物火災 第二出動』
この地区は、住宅及び店舗が建ち並ぶ密集地域で旧東海道の宿場町である。
当然私の隊は出向中であるため、現着は他隊より若干の差はあると覚悟する。

車内では水利箇所を確認し、機関員にその旨を指示・・・
と、その時他隊より
「煙発見!」の認知情報が入る。
現場に近づくにつれ黒煙が目の前を覆う。
現場直近の消火栓に部署。
即座にホースカーによるホースの延長を指示し、建物の一階より内部進入し防御態勢に入る。
他隊は建物外部からの延焼防止を図りながら防御に入る。
救助隊は人命検索に入り、要救助者有無の確認後三階部分の注水態勢に入った。
建物は三階建て店舗兼住宅で二階より出火したものと思われ、三階部分に延焼中であった。
救助隊は三連はしごを二階部分に架ていし、さらに三階のベランダに架ていする。
窓からは黒煙が吹きだし、我々の進入を阻んでいる。
救助係長から空気呼吸器の面体着装を隊員に指示、空気呼吸器の残量を確認し屋内進入の命が下った。
内部進入の隊により二階部分は鎮圧され、さらに三階部分は救助隊により火勢鎮圧が図られた。
ほぼ鎮圧された頃、屋内に進入し各部屋を検索中のことであった。
布団が敷かれ、人間らしきものが寝ているように・・・・

「そんな馬鹿な!家族に逃げ遅れ者はいないとの情報はとったはずだ!」

しかし、目の前にあるのは・・・
近づく・・・・

「頭部だ・・・髪の毛もある・・・・」

額らしきところから布団に覆われている。
その旨を署長に報告。
救急隊の要請指示が入る。
布団を一枚剥がすが、この時点でもまだ顔は隠れている。
胴部分、足部分・・・・
輪郭が判明する。
この時点でも人間だと判断・・・
顔の確認に入る。
頭部を押さえる・・・・柔らかい・・・

「ん・・・・」
「なんだー?」

顔面確認・・・覆っている一枚を剥がす
「マネキンじゃないか!」
「救急隊の必要なし!」

なぜ、ここに布団に寝かされた人形がいるのか・・・・
この建物は現在泊まる者がいなくて、泥棒よけに人形を寝かせてあるとの情報を得る。

あぁ・・・なんたることだ!




...

放すもんか! - 2008年02月10日(日)

「火災指令 ○○市○○町 建物火災 第2出動」の指令が庁舎内に響く。

先ほどまで雨が降っているから、きっと“誤報”だろうと高を括っていたが、とんでもない!
指令書を確認し車両に飛び込む!
200mほど走らせたところ、右手前方に黒煙を発見!
その旨を指令室に認知報告する。

火災現場に近づくにつれ、火災建物が明らかになる。
水利は「公会堂の防火水槽」と指示してあったのに、燃えているものが公会堂そのものじゃあないか・・・・
それでも一番の直近水利・・・部署!
ホース延長!
火災は最盛期・・・二線二口で防御すべくホース延長。
うち1本の筒先を私が保持した。
「放水はじめ!」
ホースはまるで生き物のようにうねり始める。
機関員は一気に放水口のコックを開けた。
当然のように私の身体は振られ、しがみついているのがやっとだった。
それでも容赦しないホースは、荒れ狂ったように私を振り放そうとする。

「死んでも放すもんか!」

先輩からもそう指導されてきた。
ここで手を放したら大蛇のように荒れ狂って近くにいる者を襲ってくる。
私の身体は一回転した・・・・
周囲の者は唖然として私を見ている。
機関員は自分の操作に一瞬、唖然と立ちつくした様子・・・

「こら!しっかりせんか!」

帰署後・・・
どうも足首が痛い!
夜になったら激痛!
「どうしたんですか?」と何も知らない隊員。

「大きなウナギと格闘したんだよ・・・」

初心に返って、もう一度指導のし直しだ!




...

誤報出動 - 2008年02月09日(土)

「○○市○○ 建物火災、第1出動」
警備保障会社からの入電・・・

当署においては警備保障会社からの入電は、現場確認のため1隊での出動である。(出動途上及び現着時の状況において隊の増強を図る)

この建物は数年前まで市立病院として建てられていたが建物の老朽化及びベッド数の増加を図るために某所に新築された。
部外者の進入は防止されているものの、管理されていない建物への検索は怖いものがある。
以前にも数回誤発報がありその都度、発報箇所の検索に入ったものだ。
「幽霊」とか「お化け」の存在を肯定するわけではないが、この場所に限っては何故か嫌なものがある。

現着後、施錠されている錠をはずし屋内検索に入る。もちろん外部の状況を検索しその旨を通信指令室には報告済みである。
この建物の自火報の受信盤は地下に設置してある。
そう!
病院の地下と言えば、霊安室があるのは当然のこと・・・
機械室の受信盤に点灯されている箇所を確認・・・
「地下東側・・・」
ただ、これだけの表示・・・
これって「霊安室も含む」っていうこと?
直ぐさま確認に各部屋に入る。

「やだよ!霊安室は・・・離れないでよ!おいていかないでよ!」
って心の中でつぶやいて・・・
不安と恐怖が交錯したなかで、指揮をとる。

「あっ、あった!発報箇所発見!」
「周囲確認!」
「異常なし!」
「よかった、よかった!霊安室一歩手前で・・・」
心の中で何度もつぶやく。
これでこの場所から解放される安堵感・・・
照明もなくカビ臭くてて陰湿な地下は嫌ですよ。

「退去!」

度々起きる誤発報・・・
霊たちが寂しがって私たちを呼んでいるんだろうか・・・
いや、そんなはずは・・・・



...

ダクト火災 - 2008年02月08日(金)

交代が終了し勤務に就いた。
この交代の要領は各所属によって違うが、勤務人員の確認、各車両の点検及び引継ぎが主となる。
こうして長い一日が始まった。
隊員達は各々の車両の手入れを始めた。
この中には2日前に消防学校を卒業した新人もいる。
当然、何をどうしてよいのか、戸惑っているだろう・・・。
“よしよし、後から私が消防学校の続きでもしましょう”
体の中の何かが騒ぐ!
心の中でそう呟きながら、勤務日誌を付ける。

その時・・・・
「○○市火災入電中」、予告指令が庁内に響く。
防火衣、無線機を着装し本指令を待つ。
全ての隊員が緊張する一瞬だ!
「火災指令 火災指令 ○○市○○ その他火災 第2出場」
「水利の確認!」
「枯草火災だろう・・・」と呟きながら乗車。

通報場所近くに差し掛かると、周囲に靄がかかったように煙が立ち込める。
指令室より付加情報が追加される。
「現場は、○○株式会社内 建物火災」
同時に救助隊の増強指令。
各隊は直ぐに正門より進入、工場内の水利に部署する。
関係者から現場の状況を聴取する。
「この工場内のダクトです。炉があるため禁水です」
「なにー、炉!」
直ぐさま各隊に“禁水”を指示、後続の消防団にもその旨を伝えるように指示する。

現場に至ると、従業員が工場内の消火器をかき集め消火作業をしている。
「ダクトの中、おまけに禁水ときたか・・・・」
そう呟きながら、ダクトの燃え状況を確認しながら屋上に上った。思ったより足場が悪く消火に困難をきたしそうだ。
先端のガラリを破壊し、そこから消火器を噴射・・・
少しは収まったかのようにみえたが、そうは甘くはない。
救助隊にエアカッターでダクトを切断し、可燃物の除去を図るように指示する。
切断が開始されダクト内が確認された。
「なんだ、この堆積物は・・・」
「点検は2年前に実施したということです」
点検はしたかもしれないが、清掃はしていないということだ・・・・・
熾きのように燃えたスラッジを除去し、屋外で消火し鎮火せしめた。

そういえば
若き隊員はいずこ・・・・・




...

生に執着  - 2008年02月07日(木)

あれから・・・・咳が止まらない日々が続く。

ちょっとした運動、煙・・・・消防職員として、なんたること!
救助現場だなんて尚更のこと・・・・
咳込みはつらい!呼吸困難に陥ることしばしば・・・・
その度に気管支拡張剤で処置・・・・
いままで、夕方になれば走ったりして区の運動会やら駅伝やらに駆り出されていたのに・・・・
アレルギー性鼻炎になったり、身体に変化がきたしてきた・・・
鼻炎の薬の副作用なのか・・・
味覚障害に陥ってしまった。

脳の断層検査等には異常なし・・・・
やはり副作用
6ヶ月間、食べる物すべてに味がない!
とても、辛い6ヶ月間だった。

味覚が戻ったとき、今までのことがまるで嘘のようで、
この時ほど健康な身体について考えさせられたことはなかった。
やはり健康な身体に健康な精神が宿るものです。

現場最前線では、もう身体が付いていかないことを悟った。
情けない!
昇任試験を受けて、別の道を捜そうと・・・・




...

生に執着  - 2008年02月06日(水)

この頃、下半身がだるい。
煙草を止めたせい?
煙草を止めれば楽になるはずなのに・・・
近くの医院で診察・・・・

「様子みましょう・・・・」

1週間・・・・
勤務日の朝、いつもよりだるさが増し、右脇腹の背面が少し痛い。
消防署に近づくにつれ痛く・・・・
我慢も限界!
ハンドルにしがみつきながら、やっとの思いで駐車場に着いた。
「痛い!痛い!誰か・・・」
近くを通った職員に
「課長を呼んで・・・」
そのまま、救急車で病院に・・・・
「たぶん、尿管結石ですね」
痛み止めの注射を2本も打たれ・・・それでも痛みが治まらず、ずっと喚いていた。
診察台に乗せられた私は、まな板の鯉のごとく医者のなすがまま・・・
下着を脱がされ、ち○こをにぎって・・・
膿なんか出ないって・・・・ばかやろう!

そんなわけで、薬で結石を散らした。
時々襲う痛みは半端な痛みじゃない!
転げ回る痛みって、このことを言うんだって解った。
思えば・・・汗を流しても、あまり水分補給しなかったから尿として不廃物出さなかったからなのか・・・・
それにしても、これでは満足に仕事ができない。
健康な身体でないと、人に迷惑かけちゃうな・・・・




...

生に執着 - 2008年02月05日(火)

消防学校教官時代、若い人たちの教育にかなり身体を無理させた。
背中が痛いとき針を打ってごまかしたり・・・
所属に帰って勤務に就いたときにはボロボロだった。
そのことは3ヶ月ででた。

咳がでるようになったし、背中が痛い・・・
早々、近くの内科医で診察した。2〜3日様子を見ていたが、一向に症状が快方に向かわないため、再度診察。
「自然気胸」・・・・
紹介状をもって病院へ・・・・

「今から入院して下さい。午後手術しますから・・・・
それと、煙草は止めた方がいいですよ!
人間止めたくなかったら・・・・肋骨間が開き気味です。
肺気腫になっちゃいますから・・・」

何がなんだかわからなかった・・・
「ちょっと、待って下さい。午後一番で入院ってことで・・・・」

帰る道・・・・不安ばかりが頭の中で交差して・・・・
とりあえず、煙草はやめること!自動販売機で早速1箱を買う。
最後の一服はどうしても新しいもので・・・・
ちょっとセンチに・・・・
所属長と奥さんに入院する旨を伝え、午後病院へ・・・
入院早々、若い女医により左胸にメスを入れられビニールチューブを無理矢理挿される。
局部麻酔は嫌なものだ・・・
目の前での会話も仕草もすべてが見えてしまう。
恐怖感と不安が襲ってきた・・・・
ビニールチューブは入れられたまま・・・
歩くにも水の入った桶を持って・・・
一週間・・・萎んだ肺もも膨らんだ。退院だ!
「今度、入院はいつ頃に?」「???」
「何ですか?入院って?」
「あなたの肺はとりあえず、膨らみましたけど、穴が空いた所は弱いから、手術して取る必要があります。以前も反対側の肺も同じように空いた可能性がありますので・・・両方とも・・・」
「そんな・・・・」
たしかに、教官時代に背中が痛くて、針でごまかしていた・・・・
せっかく、膨らんだんだよ!
「先生、今度穴が空いたら手術するから・・・煙草もやめるから・・・・」
約束してしまった・・・
所属に勤務しようとしたところ、「完治証明書を出して下さい」
「職場復帰証明書ではだめなんですか?」
「だめ・・・・」
仕方なく、主治医に連絡
「あなたは一時的の処置として穴を塞いだわけで、完治は手術しないと完治ではありません・・・だから出せないのです」
「そんな・・・・」
とりあえず、担当者レベルで話し合って職場復帰・・・・

それから、3ヶ月・・・・




...

早朝の火災 - 2008年02月04日(月)

起床して、一日の業務を綴っていた6時30分ごろ、急に鳴り出す火災予告指令!
この音は25年以上も聞いたはずなのに、今もって馴染めない!
緊張が一気にピークに達する!
身体に悪いはずだ!
(急に老けだしたのは、このせいだ・・・なんてつぶやく)

本指令が庁舎内に響く。
即座に指令書に目を通し、機関員には現場の確認と
車長には水利部署の確認を指示する。

出場途上、立ち上がる黒煙を視認する。
火災現場は、お寺・・・隣接する住居はないはずだ。
火災現場を横目で見、通り過ぎる。
現場から150m先の消火栓に部署。ホースカーでホースの延長!
仕事は今からだ!
「放水はじめ!」
庫裡の屋根はすでに燃え抜け、火柱が立ち上げている。
本堂はまだ大丈夫だ!
ここで絶対阻止してやる!
「一線は本堂に進入延焼阻止!」
筒先を構えている隊員に目をやる・・・・なんと、隊員の横後方にあるソテツの木が輻射熱で燃えているではないか!

「おいおい、お前大丈夫か?」
「熱くないか?」

あえて声掛けるのはやめた!
自分で判断できるだろうから・・・・
本堂の屋根に目をやる。
瓦と瓦の隙間から煙が・・・・火が入っている。
本堂に進入している隊員に、天井を破壊を命じる。
棟木を確認・・・・
「棟木に注水!」
出場から1時間30分・・・鎮火!
鎮火した喜びより、老婆のちょっとした油断により起きた火災に、後味の悪い思いが心に重く突き刺さる。
(家の両親と同じぐらいの歳なんだよな・・・・)
ここでも我が家族とだぶってしまう!




...

テレビ番組を見て - 2008年02月03日(日)

先日、NHKテレビ番組・プロジェクトX「炎上・男たちは飛び込んだ」と題しての放映がされました。
1982年2月8日未明、東京・赤坂にあるホテルニュージャパンで起きた火災は、大惨事となり東京消防庁始まって以来の第4出場がかけられた。
この火災で30名以上の方がその犠牲となったわけですが、その反面60名余の方が救出された。
その中で、指揮者としての隊長の判断、隊員としての体力、知識、技術、そして隊員間の信頼等によって安全、確実そして迅速に任務が遂行できたことが紹介されていた。
この番組の中で同じ消防士として感じたことは、“現場で要救助者を発見したとき、救出に1%の可能性があれば、全力を注ぎたい!断念した場合、そのことは後悔として、いつまでも自分に残ってしまう!”と・・・
このことは私たち消防士でなくても、ごく一般的に通用する言葉として感じ取っていただけたかと思う。
私たち消防士は、決して勇敢ではありません。
現場では、親が泣き叫び半狂乱となり、修羅場と化していれば、当然判断力は鈍るし、自分の子供とだぶったり・・・・
それでも、私たちは隊員を危険な現場に突入させ、また自らが進入し活動する根底にあるものは、やはり豊富な知識と体力、技術のもと“安全”という二文字に支えられているからです。




...

どんな状況下でも基本を守れ! - 2008年02月02日(土)

以前、救助隊長だったころ、一夜に7件の連続放火があった。
最初から放火と断定して出動するわけではないのだが、度重なる出動指令に放火を疑わずにはいられなかった。

ましてや、今回の出動に関しては・・・・
それは、夜10時過ぎ建物火災の第一報から始まった。
駅前に近い建物の密集地から発生した火災は、約1時間以上を費やし鎮火せしめた。
救助隊は現着と同時に建物周囲を確認、付近住民より逃げ遅れ者の把握等に着手する。
消火作業の疲労感と安堵感が入り混じるなか撤収作業が始まる。と、その時、無線機に出場指令が入る。
ホース等の撤収を中断し、火災現場に向かう。
現場は長屋の二階部分から発生、即座に三連はしごを架ていし、てい上より注水を開始する。
この時点では、まだ余裕ホースを若干積載してあったので放水までには通常の火災として対応が可能であった。
ほぼ鎮火せしめたとき

「北側が燃えてるぞ!」との叫び声!
「そんな馬鹿な!鎮圧しているはず・・・・」 

ふと、北の方角に目をやると飛び込んできたのは、真っ赤に燃え出す民家。
救助隊は、空気呼吸器のみを着装したまま現場に走る!
当然、消防隊は間に合わない。多分この時点でホースの残数はゼロに等しかったであろう。

現着後、逃げ遅れた者の聴取に入る。
そこに、一人の男性が他の者に制止させられている場面に出くわした。
男性は、この家の主人で

「妻と子供の姿が見えない!この中に・・・」 

と叫びにも似た声で燃えさかる家の中に飛び込もうとしていた。
「待ってください!私たちが確認しますので、ご主人はもう一度、心当たりを確認してください!」
と促し、周囲建物の確認に入る。
すでに家屋は進入には不可能な状態であり、ましてや消防隊の援護は当てにはならない!
注水援護が欲しい!
「どこにもいません!」
隊員に空気呼吸器の面体着装を指示、かろうじて残る一部屋の検索に着手しようと屋内に進入する。
室内は熱気と煙で視界不良、前方には今にもこの部屋を飲み込もうと待ち受ける炎・・・・

「これ以上は、注水援護なしでは無理だ!」
「脱出!」

と隊員に肩に合図!
部屋を脱出し、ふとその部屋に目をやると、そこは火の海・・・・・
隊員の命を預かる隊長として、身震いがした。
怖さをも感じた。
現場は、修羅場じゃないか!
冷静な判断無くしては、安全は守れない!
自分に叱咤した! 基本を守れ!部下を殺すな!冷静になれ!

「もう一度、心当たりに連絡を取ってください!」と主人に促した。
「居ました!実家のほうに・・・・」
「あゝ・・・・」  力が抜けた・・・・

無線機に・・・・「○○町○○、建物火災発生」
隊員を集合させ、確認をとる。
『どんな状況下であっても基本に戻れ!』と自分自身に渇を入れ、救助工作車に飛び乗る。

この夜、7件の連続放火に出場・・・・・




...

救急隊と消防隊のペア出動 - 2008年02月01日(金)

重篤傷病者を救命するためには、救急隊員の知識・技能の向上と併せて傷病者を安全かつ迅速に病院に搬送する体制づくりが必要であることはいうまでもありません。
しかし、災害現場で早期除細動等の特定行為を行うには、多くの資器材を短時間に搬送し、かつ、効果的に活用しなければならず、救急救命士を含めて救急隊員3人では、非常に厳しいものがあります。
また、特定行為を救急車内で実施するにしても、傷病者に的確な心肺蘇生法を実施しながら救急車内に収容するには、自動式心マッサージ器を使用する必要性が生じてきます。
特に、エレベーターのないマンションからの搬出や、狭隘地区で救急車が直近まで行くことができない場合は、その必要性が非常に高くなります。
現場の救急隊から傷病者搬送支援や資器材搬送等のために消防隊を要請したのでは、時間的な遅れをカバーすることはできません。
このような事情から、ペア出動制度(救急隊出動と同時にポンプ車を出動させるシステムをペア出動)を検討され実施している消防本部もあります。




...




My追加

 

 

 

 

INDEX
past  will

Mail