月に舞う桜

前日目次翌日


2016年05月28日(土) パスタとケーキとYOSHIKIとGACKT

午前中は、登録している支援機関で面談があった。
面談後そのまま帰るのはもったいないので、お気に入りのパスタ屋でランチ。
ここのトマトクリームソースは、トマトとクリームのバランスが私好み。
クリームが多いソースはちょっと苦手なのだけど、このお店はクリームの割合がちょうど良くて、トマトの酸味をかき消すことなく、ほど良くやわらげている。
他に、和風パスタやトマトリゾットも美味しい。

が、残念なことに、6月にメニューを刷新するらしい。
スープと言うかソースはパスタ風で、麺をうどんにするそうな。
そういう変わり種はあまり好みじゃないんだよなぁ。残念だなぁ。

ケーキも美味しいのだけど、パスタとサラダを食べたらお腹いっぱいになってしまったので、ケーキはお持ち帰りすることに。
あれもいいな、これもいいな、でも一人じゃ食べきれないよー、と迷って、家族の分も買うことにした。
3種類を一つずつ。




この3種類をそれぞれ3等分して、全種類を食べた。




まず、モンブランみたいな感じの。ちょっとお酒の香りかな……でもラム酒ではない何かの香りがする。




続いてミルクレープ。




最後にチョコレートケーキ。チョコクリームがなめらかで、口当たりがとても良い。

全種類、堪能した!
量にすると一個分なのに、結構お腹いっぱいになった。


そして夕方は、5/23にニコ生であったYOSHIKIとGACKTの対談をタイムシフトで観た。

GACKTは私の想像をはるかに超えて、YOSHIKIのことを本当に本当に理解していた。
SKINの活動が本格化しそうな時に、XJAPANの再結成話が持ち上がってしまい、YOSHIKIはどうするか悩んだそうだ。YOSHIKIいわく、「実はそんなに器用じゃないから、あれもこれもいっぺんにはできない」と。
ましてやXJAPANの再結成だもの、片手間にやるわけにはいかないよね。でも、SKINの活動を中断することは、GACKTをはじめとするSKINメンバーに申し訳ない。
ずいぶん悩んだと思う。

そんなとき、GACKTが「YOSHIKIのやりたいようにやりなよ」と背中を押したらしい。YOSHIKIがXそのものなんだから、って。
YOSHIKIにとってXJAPANとSKINとどっちが大事なのか、なんて、そんなの比べるまでもない、って、GACKTは言った。「俺に言わせれば、比べることすらちゃんちゃらおかしい」って。
GACKTだって、SKINをやりたかったと思うよ。でも、何の迷いもなく、そう言ってYOSHIKIの背中を押してくれた。

YOSHIKIがリハに全然来なかったりして、本当に腹を立てたこともあったんだって。
でも、一緒にステージに立ったら、好きとか嫌いとか越えちゃう、って。
ヴォーカリストとして、あんなに安心して背中を預けられるメンバーはいない、ってYOSHIKIのことを評していた。
テクニックとかじゃない、って。

なんか、泣かされた。
GACKTは、YOSHIKIのことを支離滅裂で自由奔放だと言う。でも、YOSHIKIのやりたいようにやればいいんだよ、と言う。
それは諦めなんかじゃなくて、本当にYOSHIKIを理解し、魅了され、愛しているからだと思う。

真の理解者がいることは、とても幸せなことだ。
そして、真の理解者がいるというのは、YOSHIKI自身の人徳と言うか、人柄と才能と魅力ゆえだ。
だから、私はYOSHIKIを誇りに思う。
GACKTだけじゃない、とってもたくさんの人を魅了し、何だかんだで「YOSHIKIのやりたいようにやっていいよ」と言わせてしまうYOSHIKIを、そんなYOSHIKIを愛したことを、誇りに思う。

YOSHIKI、一人じゃないんだよ。
ともすると、いろんなことを全部一人で背負おうとするけどさ、貴方は一人じゃない。
こんなに愛され、理解され、支えられているんだよ。
それを、忘れないでほしいな。
いや、YOSHIKIのことだから、忘れるわけないだろうけどさ。

本当に多くの人に支えられて、いまのXJAPANがあるんだな。
だから、しっかりやり遂げなきゃいけないね。
XJAPANの5人よ、貴方たちにはその責務があるよ。

何だか、私自身のことも考えた。
私も、たくさんの人に支えられて生きている。
それは分かってる。分かってるけど、ときどき、「結局はひとりなんだよな。ひとりで生きなくちゃ」と思ってしまうこともある。
そのたびに、思い出せたらいいかな。YOSHIKIのこと、GACKTのこと、それから、私を理解し、背中を押してくれる人たちのことを。

GACKT、ありがとうね。
これからも、YOSHIKIのことをよろしくね。


2016年05月02日(月) タイムマシンはないから

4月のある日、ふと思ったんだ。
あぁ、あの頃の貴方は、いまの私より年下なんだなあ、って。
いまの私より若かったのに、こんなにも大きなものを遺して、みんなに愛されて、貴方はなんてすごい人なんだろう。

貴方と共に歩んだヴォーカリストが4/29と4/30にライブをやってね、2日間ともすごく風が強かったんだよ。
貴方が来てるからだなあって思った。

ヴォーカリストが言ったの。
自分で道を選択することには責任が伴うから、大変なこともある。でも、自分の足で、自分で選んで一歩一歩進んだ先には、幸せがある。
って、そう言ったんだ。

いつだったかなあ、職場で「もしタイムマシンがあったら」って話になったんだ。
タイムマシンがあったなら、私は絶対に18年前に今日に戻って、貴方の元へ飛んでいく。そして、全力で貴方を止める。
貴方は酔っ払っていて私の言うことなんてちっとも聞いてくれないかもしれないけれど、それでも、貴方を引っぱたいて、冷水を浴びせて、貴方の酔いが醒めるのを待つ。
貴方が正気に戻る瞬間、貴方に見つかる前に、私はタイムマシンに乗って現代へ戻ってくるよ。「変な女に引っぱたかれる夢を見た」と貴方が思ってくれるように。

でもね、タイムマシンはないんだ。

だから、貴方を助けに行けないよ。
私たちは、いまと未来を生きることしかできない。

私はまだまだ人生に迷うことも絶望することもあるけれど、ヴォーカリストの言葉を道しるべに、自分の意志で一つ一つを選び取って、歩いて行くよ。

ねえ、私たちには、いまと未来があるの。
悔しいでしょう?
悔しいと思ってくれる?


貴方の盟友ギタリストが、病に倒れて、私たちはみんなとても心配して、だけど彼は危ないところを脱したよ。
彼を守ってくれて、ありがとうね。
彼が完全復活するように、これからもどうか彼を守ってね。

彼のことも、彼を愛している人たちのことも、どうか守ってください。


桜井弓月 |HomeMail


My追加
エンピツユニオン

Copyright(C)2005-2017 Sakurai Yuzuki all rights reserved.