なか杉こうの日記
DiaryINDEXpastwill


2006年04月30日(日) なんとしてもいい、「チャングムの誓い」

またDVDでチャングムの誓いを見ている。きのうは第50回のあたり。まことに面白い。見事である。

チャングムは生意気で嫌い、という視聴者もいるらしい。うん、それはわかる。悪役のチェサングンの演技は見事である。

それにしても脇役のキャスティングはすばらしい。昨日はなんと、あのおっちょこちょいで「細ーく、長ーく」宮中で過ごすことをモットーにしていたミン・サングンが最高サングンになった! そのあたりの様子がコミカルで実に楽しい。

王様がまだ食事をうまいともだめだとも言っていないのに、「申し訳ありません、まだ未熟者で・・・」と謝る。そして王様が「うまい」と言ったら「ハイ、謙虚さには自信があります」なんて・・・。

このドラマには演劇のベーシックなものがそろっている、と私は思う。コミカルな俳優達。薬房でいつも薬をすりこぎで砕いている、青い帽子をかぶった男と、医務官の中でもさっぱりうだつの上がらない男とのやりとりは、たとえばシェークスピアの道化を思い起こさせる。

ストーリーの「調子よさ」も全く気にならない。写実的でないのである。楽しい活劇でも見ている感じのテンポの良さ。なにより良いのが、その台詞である。教訓的とは言わないけれど、少し道徳的、倫理的なのかな。

それにしてもだんだん見ていて感じるのは、親子間、とくに母子間の「情の深さ」である。それがひとつ、このドラマをまっすぐに貫いている。

チャングムがチェ一族に「復讐」を果たしたところでは、「ちょっとこの子嫌だな」と思いかけたが、すぐに彼女は王宮を離れ、貧しい人たちが病む場所に行くと言い張る。ここでまたチャングムに対するイメージが良くなる。

ともかく、ヒーロー、ヒロイン以外のキャスティングがぴったりとしていて、最高である。

先週は一日を除いて、すべてチャングムのDVDを夜見たから、日中はひどい寝不足であった。チャングムの台詞を韓国語で理解したいなと思う。それにしてもわたしは「冬のソナタ」など韓国ドラマには全く関心がなかったのである。いまでもそちら方面には関心はないが、それにしてもこの「大長吟」、とりつかれるとやめらめない、という感じである。


2006年04月28日(金) 空白の思い出

夜、駅のそばを歩いていてふっと夏の香りがした。祭りのにおい。期待・・・。
なつかしいにおいだ。

季節の変わり目には、ふっと風と共になつかしい香りが漂う。あの時の、あの時の・・・と学生時代の頃の苦々しい思い出、期待と裏ぎられ、あきらめ、悔しさが蘇りそうになるのだろう。しかしながら何もないのだ。あの時の感触のみ帰ってくる。実体は何も残っていない。というより、苦々しい想い出はあえて思い出そうとしないので記憶からどんどんずり落ちていくのだ。

いい想い出は、幾回も幾回も反すうするらしいので、いつまでも覚えている。それは繰り返されたストーリーのごとく、結晶のようになって頭に蓄積している。

このことに関して、自分はかなりずうずうしい人間である。昔のことがなかなか頭から離れない、こだわるという人もいるが、わたしはこだわりそうでいて、けっこう調子がいいらしい。自分にとって嫌だったこと、都合の悪かった時期の想い出は見事になくなっている。空白である。


2006年04月27日(木) 仕事のはなし・その2

きのうは通訳、今日は明日までの外国雑誌投稿原稿の英訳、と我ながら信じられないような仕事をコナシテいる。そんな上手いわけではないんですよ、ぜったい。

原稿も外国に送るのだもの、向こうで手を入れるでしょ、なんて開き直っている。しかしこのわたしが通訳の仕事を仮にでもやっているのだから驚きである。最も不向きな仕事を、である。うまくない、ミスはある、必ず大ミスがある・・・のである、毎回。しかし先日は講演の通訳をやったし、今回は割と重要な人物であったし。

英訳をするときは、文の流れに沿ってザアッと訳す。細かい不明点は気にせず、想像に任せて書く。そのあと、不明点を調べたり、何度も何度も読み返しより正確にする、というやり方がよいようだ。

きっと天の神様が、この人は最も苦手な対人的な仕事をやらせない限りは、人とぜったい話したりしないだろうから、と思って、最も不向きな仕事をやらせたに違いない、などと思っている。うまくないんですよ、うまくない。語学力がそんなになくとも私よりうまく通訳ができる人を何人も知っている・・・。


2006年04月23日(日) とげとげ

自分自身にならぬと
どうも困る
自分自身にならぬと
神経が拡散し
とげとげして
自分の芯というものが
まったくない具合
ねじれた針金をこんがらからせ
あらぬ方向に
はねて
わたしがいる
というより
わたしがいない。
ぴんぴんと曇りの空を指す針金
中身はない
血も肉もない
針金ばかり
自分自身にならぬ時は
こうなる
こんぐらがった鉄線の束
こうして机の前に座ると
どうにかお腹かがあったかく
血が通い
肉がついているのを感ずる
とげとげ とげとげ
人にはこう映るのだろう


2006年04月22日(土) 今読んでいる本のこと

今は文庫本の「中原中也との愛 ゆきてかえらぬ」という、中原中也と小林秀雄との愛人というか恋人というか同居人であった女優(と思う)長谷川泰子さんが、著者に語った記録を読んでいる。

このひとがこのように文学者たちとの世界に浸っていたというのは、そこが彼女にとってふるさとのように思えたからだという。しかし、当時の文学者、つまり日本の文学史に出てくるような著名な文学者、哲学者、詩人、劇作家、評論家たちがきらぼしのごとく現れてきて驚く。

河上徹太郎、三好達治、武者小路実篤、大岡昇平などなど、彼女はそういった人たちから、詩心または文学心の源泉みたいに思われていたのではないかな。そういった人々とすぐに親しくなるらしい。そんな人たちにずいぶんとめんどうを見てもらっている。全くお金がないのに。新宿の中村屋によくいって、あそこにはいつも誰が来ていたから、いくと必ずお昼をおごってくれた、いないときには水を飲んでいた、と書かれている。

はー、たいしたものだ。

とまあ、この本を読んだのも、恥ずかしながら数年前、単なる無謀な想像のみで鎌倉を舞台に、中原氏と小林氏とその彼女をモデルにしたつもりのストーリーを書いたからである。あはは、全然その関係がいかなる物か知らずに書いたのである。実際なんというか、中原氏と長谷川さんとはなんとなく同棲し始めたのであり、小林
引かれてすうっと長谷川さんは同居するようになり、そしてまたある日小林氏は彼女から去っていく。

小林氏との生活のなかで彼女は潔癖症という、神経症に陥っているが、それに献身的に小林氏はつきあっている。すごいものだ。


2006年04月20日(木) おそるおそる・新幹線「のぞみ」

わたしはいつも
おそるおそる
書いている
水面に
ひょっと足の指をつけるごとく
そっとつけては
ひゃっと離す。
おそるおそる

まともに向き合えばよいのだ

*****

新幹線「のぞみ」はあれはヒトの乗る列車ではないのではないか。
あれほどに速い地上の乗り物に
ヒトは乗ってはいけないのではないか
あれほどに
風景が過ぎ去ることは
体験してはいけないことのように思われる
がたがたがた
極端に揺れる車体
あんなにビュレットのごとく
過ぎ去る風景に
なんの意味があるか
あれくらい
急ぐならば
空を飛ぶのならばわかる
地上をゆく
風景がまるで意味のないもののように
過ぎ去る
シュールの絵の
灰色の
無機的な世界である
のぞみ、はこわい
じぶんの構造が
破壊されるような気がする


2006年04月19日(水) 草の影

このエンピツ日記というのはどういうわけか、けっこうgoogleとかの検索サイトで
出てくるらしい。はてはて。それでは書くときによっぽど気をつけなければ。少数の人に読んでいただくつもりで書いているので・・・。

今日は帰り用事でタクシーに乗ったらちょうど信号待ちのところで、ブロック塀に雑草がライトにてらされ、くっきりと影が映っていた。緑色もくっきり。目をそむけようとしてもどうしてもひきつけられてしまう。

世の中にはこうしたことにまったくひきつけられない人もいるのだと思う。じぶんはこうした、時としてunworldlyなものを見ると心が次々に幻想を呼んでどうにも離れられなくなる。

政治のこと経済のこと日々の生活のこと・・・にいつも関心が向いている人はしあわせかもしれない。じぶんはどうも生活上は役にも立たないことに頭がひきつけられることが多いようだ。


2006年04月17日(月) グランマ・モーゼズ・引きこもり

グランマ・モーゼズの絵のカレンダーを、終ると切り取って本のカバーに使っている。テーブルの上に小さい本と大きい本と、グランマの農場風景が広がっている。

こうして本のカバーにするとよけいわかるのだが、モーゼズおばあちゃんの世界は写実より写実だ。その中から風が吹いてくる。今にも人たちが動き出しそうだ。

農家の小屋の板の陰影。遠くの山のうすくけぶる紫。まさに空気と風が流れている。そしてそれはわたしを誘う。子どもの笑い声や、木の葉を渡る風の音がする。まことに、そうである。

***

日々のあたりまえのことがわたしをおびやかす、というのがつくづくわかるようになった。やりたいことがあっても、昨日書いたような実にあたりまえのこと、人と話すことなど、ちょっとしたことで頭の中が暗雲渦巻くごとく、それで頭がいっぱいになってしまう。すると最低限のことしかできなくなる。

季節の服を買わねばならないこと。人と話し合うこと。雑談すること・・・こうしたあたりまえのことができなくて、それが自分を脅かすことがやっとわかった。

最近はやりのひきこもりとたいして変わらないのである。透明な引きこもり。見えないガラスのなかに入って、わたしは仕事をし、暮らしている。


2006年04月16日(日) 「現代おとな考」by鷲田清一氏の記事

4月12日付けの読売新聞に鷲田清一さんという大阪大学の副学長が「現代おとな考」という題できわめてstimulativeなことを書いていた。

それは自分でもつらつら感じていたことに通じる。つまり、あの永田議員でしたっけ、虚偽の追求をしてそれが根拠のないこととわかり謝罪するとき、あの大きな眼を節目がちにして大変すまなかったというような格好をしていたが、そのインタビューの中で、言葉の言い間違いをして、それはとても些細なことだと思うのだが、その時に「あ、いけねえ」とでも言う如く、自分の頬を手のひらでぱし、と打ったのである。

それはいかにも軽軽しく、そうして謝罪している様子が嘘っぽく見えた。それはテレビでタレントが言い間違えをして、自分の頬をぴしゃとたたく、その様子であった。

これは自分が気づいたことであるが、さらにあの東急インの社長、指摘された問題について「ちょっとミスっちゃって・・・」とでも言うような言い訳をしたあと、ものすごく悪びれた様子を見せて謝罪する・・・あの下手な演技。

鷲田さんは、この二人について直接どうこう言っているわけではないが、記事に添えられた写真とともに、こちらには「そうだ、あの人たちのことだ」と思わせる。

つまり、鷲田氏の言葉のなかで私にとって重要に思えたのは、未熟な中にもたとえば繊細さとか敏感さとか才能とか貴重なものがあるけれども、それは世の中の基本的なこと、たとえば「働くこと、調理をすること、修繕をすること、そのための道具を磨いておくこと、育てること、教えること、話し合いとりきめること、看病すること、介護すること、看取ること」などなどができてあるいはそれをしながら、でこそ、護ることができる・・・と言っているように聞こえた。

その最後のところを引用したい。これは自分のためである。

「これ以上向こうに行くと危ないという感覚、あるいはものごとの軽重の判別、これらをわきまえてはじめて「一人前」である。ひとはもっと「おとな」に憧れるべきである。そのなかでしか、もう一つの大事なもの、「未熟」は、護れない。
われを忘れてなにかに夢中になる、かちっとした意味の枠組みにとらわれていないぶん世界の繊細な変化に深く感応できる、一つのことに集中できないぶん社会が中枢神経としているのとは異なる時間に浸ることができる、世界が脱臼しているぶん「この世界」とは別のありようにふれることができる、そんな、芸術をはじめとする文化のさまざまな可能性を開いてきた「未熟」な感受性を、護ることはできないのである。」

ここで思い出すのは茨木のり子さんの「感受性なんて」という、たしかそんな題の詩である。自分の感受性ぐらい自分でまもれなくてどうするか、というような詩である。

そうなのだ、「芸術をはじめとする文化のさまざまな可能性を開いてきた「未熟」な感受性」という指摘は重要である。しかしそれを護ることができない人がいかに多いことか。

この鷲田清一氏は哲学・倫理学の教授でもあるようだ。著名な人なのだろうか。


2006年04月15日(土) 風と百寮萓

風が吹くと
百寮萓犬里海箸鮖廚そ个
ぱふぱふ
ぱふぱふ
今日は砂ぼこりも
舞う日である
眼を細める
砂の粒ひとつひとつに
ぎんいろの光が当たっている
砂のつぶは
わたしの魂にもあたり
魂までもが
まぶしい、まぶしいと
言っている
このような日には
百寮萓犬里瓦箸に
ステッキでも突いて歩くしかないだろう
ぱふぱふ
ぱふぱふ
なにかこころが
思い出しそうな日だ


2006年04月13日(木) 打ちのめされる

ときどき、生きるに値しない人生
なんてむなしいことを考えて
風に吹かれている
それはなにかに
打ちのめされたときで
その理由はたいしたものではないだろう、
ふつうの人には
生きるに値しない人生とはなんであるか
夜道を歩きながら考える
あたしみたいな暮らしをしていたら
誰でもそう考えるかもしれないなどと
思ったりもする
どっちみち
どっちみち・・・
なんなのだろう
ひとを打ちのめした気分にさせる人というのが
いるのだ
その人はたとえ
そんな気持ちではいなくとも。


2006年04月10日(月) チャングムDVD第28話

きのう見た「チャングムの誓い」DVD第28話は景色が美しかった!
ハンサングンとチャングムが無実の罪で済州島(チェジュ島)に送られる途中、海の見えるススキの原でハンサングンは息絶える。そのときのススキのうつくしさ。

チェジュ島でチャンクムは幾度も脱走を試みる。さいごに馬をすべて逃がして騒ぎを起こし、脱走する。その時は夕暮れ。オレンジ色の光線が、馬の背中や小屋の屋根や兵士の顔を照らす。馬が駆ける草原。

そして助けに来たミォンホに言われ、黙って島に残ることを決めるチャングム。彼女はじっと海を見つめている。波のしぶき。

蒲団に入っても海の青さ、夕暮れの長い光が目に残っていた。

テレビでは土曜の十一時過ぎから第26話ぐらいをやっているのではないかな。


2006年04月08日(土) わたしの一部のかたまり

フッとことばとか想念が生まれ
書いとかなきゃ、と思うのだが
パソコンがまだ
ウイルスのチェック中で
のろかったりすると
ほかのことをしたほうがいいかな、と思う
しかしその間に
想念やら感覚やらは
どこかに逃げてしまうのである
さきほども
床屋のはなしを書こうと思ったのだが
風呂にははいらにゃならんし
はいらないと
一日は明けないし
ああ、逃げただろうか
逃げたふわふわの固まりは
白く
わたくしの頭の上
右横あたりで
漂っている
フワフワ、フワフワ
消えてもいかれないし
固まってもいないし
わらいかけたそのようすで
わたしの一部の固まりが
浮かんでいる


2006年04月06日(木) 英文法のはなし・その2

やりたいことがやれているのかそうでないのか、よくわからない。
きょうはいいこと、あったかなあ、と思う。
テレビのインタビューで「子どものとき、何になりたかったですか」と聞かれ、傘を差したけっこう若い男性が「ふつうの会社員になって結婚してと思っていた」「それは実現しましたか?」「ええ、まあ。今幸せです」と答えていた。

こうゆう人もいるのだ。

なまじ子どもに知恵を授けないほうが良い。授けるのならば「叡智」である。知識はあんまり役に立たない。

週刊誌ではあいもかわらず、トーダイに何人入ったかというランク付けを出している。だから、どうだっていうのだ。しかしもし自分に子どもがいたら、そして教育熱心な親だったら、とても気になるのだろうか。この少子化の時代に。

そうだ、また英語の話になるけれども、わたしがアメリカに一年半いて帰ってきて、家庭教師をいくつかしていた。そのなかで県で「エリート教育」っぽいことをしている男子校の生徒が近所に住んでいて、その子を教えたことがある。

そのテキストはふつうの公立中学で使うのと違って、版が大学ノートぐらいに大きい。グレーとブルーの混じり合った色で、なんでも神戸の灘中でもこれを使っているらしいとか。

ここで言うと自慢っぽく聞こえるかもしれないけど、そのテキストは当時のわたしにとって驚嘆だった・・・。というのも、つまり単語の多さはともかく、文法がすべてパターン・プラクティスというのか、いくつもいくつもいくつもいくつも、何回も肯定文を否定文にし、疑問文にし、Whで始まる疑問文を作らせ、という、細かな段階を踏んだプラクティス、練習問題がどっさり。

その中に新しい単語がどしどし出てくるのだが、それがまた幾度も幾度も出てくるので自然と覚えてしまう。そしてその新しい構文を使って、それなりの「長文」を読ませる・・・。すごいテキストだった。

なぜ自慢といったかというと、わたしが中学のとき、使用していた教科書は公立中学と同じものだったけど、わたしはいろいろ文を作るのが好きだったので、習った文をかたっぱしから否定にしたり疑問にしたりそれに習った単語をいれて文を作ったり、まあ、ちょっと神経症的だったかもしれないが、その練習を自らずいぶんしていたのである。

その遣り方が、自分でやらなくとも、そのグレーとブルーの教科書にはレディ・メイドで出ていた。もし自分が中学のときであっていたら、まさに欲しい教科書だったろう。

その教科書で中三までいくと、構文のパターンは中学の学習要領で定められているものではあるけれど、その多様さ、長文を読みこなす力、単語数がとんでもなく身つくのである。たぶん高校三年でふつう覚える単語もかなり混じっていたのではないかな。

つまり、実用的だ、と思った。今思い出しても、そう思う。難しい構文は不要なのである。必要なのは単語と長文を読む力。慣れである。

こんな教科書で学びたかったと当時思ったことは思ったが、それは英語のみであって、そのエリート校ではすべての科目がこの調子らしかったから、とてももともと頭がよく要領も良い子どもでないと、高校三年までまともにいけないだろう、と思った。

それでは今日はこの辺で。お読みいただきありがとうございます。


2006年04月05日(水) 英文法

いまはもう、どうでもいいことだが
昔わたしは英文法がわりと好きであった。高校生の頃である。
薄いグラマーの教科書の、別に文法自体が面白いわけではなく、
その例文が好きであった。例文というのは、ことわざとか、あるいは
文法の例外の例としてなにか文章が載っていたり、固有名詞が載っていたりする。
その一文、一単語を「味わう」のが面白かった。そしてそれを暗記するのが。

The Thames, とか、Encyclopaedia Britannicaとか、the Eiffel Towerとか
あるいは、There is nothing new under the sun.とか、The Elizabeth the secondとか(あれ、定冠詞ついたっけ)、そんな単語が好き(?)だったのである。

だから、試験の前には教科書の例文はほとんどすべて暗記した。好きだったからそんなに苦でもなかった。それと同様に古文の和歌とかも味わいつつ暗記するのが好きだった。

人はグラマーが大嫌いでみなほとんどそうだったけれど、わたしは例文がまるで大げさに言うと宝石が散らばっているみたいで、とても好きだったのである。考えてみるにじぶんは長い小説を味わったりないようにずっぽり入るよりも、こうした表現自体の妙に惹かれることが多いようだ。

中学のときも、知っている英語の単語を組み合わせ組み合わせ簡単な文章やストーリーを書くのが好きだった。別に誰に見せるためでもなく。

それにしても化学や物理や生物をまったくやらなかったのはよくない、と今思う。それ関係の文を英訳しようとするとき、ベーシックの知識があったらいいなあと思うのである。



2006年04月04日(火) 哲学的(?)なこと。

地下道を歩いていてかう考えた。(アレ、どこかで聞いたような・・・)

わたしはなぜわたしなのだろうか。わたしはなぜ、前をあるく人ではなく、わたしなのか。

そもそも、なぜ犬とかねこに生まれず、ありがたいことに人間に生まれたのか。しかも、原始時代とか中世とか、死んでしまう確立の高い時代でなく、現代に。しかもアフリカとかイラクとか戦争の地域でなく、一応平和な日本、しかも一応元気でいるのだろうか・・・。

これはきわめてきわめてラッキーなことである。宝くじに当たるよりももっとラッキーなことである。奇跡的にラッキーなことである。さあればたまたま触れ合った人とは類いまれなる縁があるのか・・・。

そう思いながら前を行く人々の背中を追いながら地下道を歩いていたのだった。

たまたま、こうなっただけで偶然だ、わたしがわたしでなく生まれてくるのもきわめて当たり前のこと、というならば、こう考えているわたしは何なのだろう。わたしはなぜわたし以外の人の頭の中がわからないのだろう、わたしはなぜいつもわたしで、他の人になれないのだろう。

わたしがずうっとわたしにしかなれないということは、わたしの世界がすべてであって、こうして「なぜわたしは人間でこの現代のわたしに生まれたか」と考えることも実に価値がある、と思った。

と、めっずらしく哲学的なことに思いを馳せていた・・・。


2006年04月03日(月) 男女の子育て

きのうNHKの討論番組を見ていて男女の子育てと社会参画についてを話していた。しかしつくづく不思議に思うのは、参加者の中で二、三人、もっと周囲の熟年世代を子育てに参加させたらどうか、という意見があったけれども、「おじいちゃん、おばあちゃんに孫を預かってもらおう」なんて意見が全くでなかったことである。

つまり、自分の父母は討論の外のようである。あくまで若い夫婦がいかに分担して家事・子育てを行うか、職場が女性の出産にシステム的に理解があるか、政府が保育園などの整備をもっとするべきか、などなどについて話し合われていたわけだが、きわめてシンプルな、「元気なおばあちゃん、おじいちゃんがいたら、孫のめんどうを母親が働く間、見てもらったら・・・」という意見が全くないのである。

まあ、この理由は、今どちらかの両親と同居又は近所に住んでいる若夫婦とは少ないのかな。あるいは、近所にいても頼りたくないのかな、あるいは両親が孫の世話なんてしたくない、もっと自分磨きに時間をかけたい、と思っているのかな。

よくわからないけど、実に簡単なことで、こんなに60以上の世代が増えているのだから、猫の手も借りたければ、親の手を借りるのがいちばん、ではないだろうか。しぜんそうなっていくといいのだがな。

詩人で先日なくなった石垣りんさんは十五歳ぐらいの見習の頃からずうっと銀行に勤めて、なんの仕事か知らないけれど組合に入ったり、あんなすごい詩を書いた。
私の知っている「勤め上げた」女性というのも、それなりに大変なところをずうっとくぐりぬけてきたようだ。

それは管理職になったりする女性はもちろん、目立たない仕事で何十年と勤めた女性も、なんというのかな、「ある資源を最大級に使って自己を伸ばしてきた。」という感じがする。社会に阻まれて仕事をやめたり変えたりした人もあっただろうが、それはそれでまた別の道が開けてきたような気もするのだが。

保育園に入らせてくれなければ別の仕事を探せば・・・というのは冷たい言い方だろうか・・・。


2006年04月02日(日) じぶんを助けるために

人を助けるから
この仕事はいい、
そう言える人はラッキーである
利潤追求ではないから。
実はあたしもそう思っていた
けれど
私は人を助けるためには
まずじぶんを助けなくてはならない
じぶんが助かっているか
まいにち
ひいひいして
なんのための仕事か
面白くないことだって
やることは、できる
だけれども
何のための仕事か
それを考えなくてはならない。


2006年04月01日(土) あいさつ

人事異動時期というのがとても苦手だ。あいさつがうまくできないのである。なにも自分がスピーチするわけでない、ただの人とのあいさつ。ゼツボウ的だ・・・、いつも。

こんなふうにとしをとって
ひとは若い頃をなつかしむが
わたしは
若い頃がずうっとずうっと続いて今になったという
いはばひさんなくらしだ、ある意味で
テレビで紹介される
青春の歌はいまだに連続して
わたしの中に流れているものである
そしてそれはある意味で
非常にヒサンだ、と思う
こないだは
「きいちのぬりえ」なんかを
紹介していたけれども
べつに好きでもなかった
見るたびに頭の痛くなった
「きいちのぬりえ」ですら
わたしにとっては
つい、最近のことだ

こんなひと、だれもいないだろう
十年、二十年ずっと流れて
心のなかにある だから
かわらない
だから
ひとともあいさつもできないのである。


なか杉こう |MAIL

My追加