鷁里辰突戮譴觴臧悗淵轡Д嫺記鵝前藥録〜...カロリィ

 

 

ドラマの話。 - 2013年05月31日(金)

今シーズン、毎週(録画で)見ているドラマは

『トカゲ』と『TAKE FIVE』と『家族ゲーム』のみ。

トカゲは、ストーリーは分かりやすい感じだけどミムラと松田翔太が好き
なので見てます。遠憲さんも好きです。

テイクファイヴは、今さらですが松坂とうりがいいなと思って見続けてます。
ゴローちゃんが脇役なのも好きです。松雪もキレイ。
私の松雪のイメージは、『ごっつええ感じ』のコントでYOUとかと
一緒に出てて、ものすごい罰ゲームとかやらされてた頃のまんまなんですけど
いつの間にやら大女優みたいなことになってますよね。
なので『マツユキ〜〜〜!!』って呼ばれてたイメージしか無いんで、
私の中で大女優・松雪泰子はあくまで『マツユキ』です。

家族ゲームは、展開が読めないところが面白くて見始めました。
最初は『雲の階段』を見てたんですけどね。
医療系ドラマかと思いきや、何かオッサンとおばはんのドロドロ恋愛みたいな
のがメインっぽくなってきたんで、脱落しました。
鈴木先生(長谷川博己)の顔がめちゃくちゃ好みのタイプです。

『ラストシンデレラ』は、私は第1回で脱落。
しかし、回を追うごとに視聴率がアップしているらしいという話を聞いて
何話か飛ばして再度チャレンジしてみましたが、やっぱり私の琴線には
触れませんでした。

私多分ね、年下の男が甘えてくる感じが好きじゃないんだと思うんですよね。
イラッとくる(笑)
実際、下に弟と妹がいるのでどうしても姉御肌的に思われがちで、過去に
好意を持ってくれた人も皆年下だったのですが、年下男子とは一度も
お付き合いしたことありませんでした。6つとか9つとか年上の人を
追っかける恋愛ばっかりでしたね。

結局結婚相手は4つ年下だったんですけどね。
不思議ですね。

こないだ1回見てみて(ラストシンデレラを)藤木直人が
「次に出会う人とは、一生添い遂げられる人がいい」と言ってましたが、
おめーそれ10年おせーよって思いました。
何か、色々と設定がシラケるドラマです。
最近のドラマは、登場人物の精神年齢が低い気がする。
オッサンとおばはんの恋愛は見苦しい、って思う人間のようです。

主人公が、仲良しのお友達のことを「○○姉」って呼んでるあたりとか。
40前になって若い子気質・末っ子気質を公言して(?)憚らない人は
気持ち悪い。

『ガリレオ』もラストシンデレラ同様、最初の1〜2話見て脱落して、
でも視聴率いいらしいって聞いて、もっかいチャレンジしてみたけど
やっぱり脱落、っていうパターンでした。

人気はあるらしいけど言ってしまおう。
『ガリレオ』、ぜんっぜんおもろないぞ☆

そもそも福山雅治って人の魅力がイマイチ分からん人間なので。
「福山雅治を好きじゃない」って言うと、まるで人でなしを見るような目で
見られることがあるので、あんまり公言しないことにしてます(苦笑)

てことで今シーズンは、視聴率ランキング的には下位のほうのを気に入って
見ているようで、ドラマ仲間(誰よ)とも話が合わないことになって
しまいました。
他の方は皆、ガリレオもラストシンデレラも見ているようです。
私的には、今季は「不作も不作、超不作!!」なシーズンでした。
昨季のが断然よかったよな〜〜〜。


...

モチベーション回復。 - 2013年05月28日(火)

ダメダメ上司のことを内心ちょっとだけ許してやり、一念発起してまた
デザートを作るヤル気がちょっぴりだけ出始めたカロリィですどうも。

許してやれる気になれたのは、愚痴だの無駄な雑談だのを真剣に聞いて
答えてくれた2番手社員さんと、新しく入ってきた桜沢さんこの2人の
おかげさまさまに他ならないと思っておりますです。

このお二方は、私の取りとめもない持って行き場の無い思いを真正面から
受け止め、同意をしたりアドバイスをくれたり時には意見をしてくれました。
そうでなければ私はとっくに尻尾巻いて逃げ出してたか、鬱々とした思いを
ずっと抱えたままだったでしょう。(←私に限ってそんなことはなさそうだがw

もちろん、帰宅してから私の一番の理解者でもある旦那にも話を聞いてもらったり
しました。

そしてあるとき
「仕事で疲れて帰って来て、私の仕事の愚痴聞くの、嫌にならない?
イライラしないの?」

と聞くと、

「んーーー。大丈夫。カロリィちゃんの愚痴は、ちゃんと建設的だから。
負のスパイラルにハマッて、同じことを堂々巡りで言い続ける愚痴は
聞いてて疲れるけど、そうじゃないから。ちゃんと解決してるからね。」

と言われて以降、変な自信をつけて旦那に愚痴りまくりました。

その甲斐あってか私のメンタルはすっかり回復。
ダメダメ料理長のことなど、全く気にならなくなりました。
それどころかデザート作りにちょっと意欲が出てきて、新しいメニューの
提案までやり始めました。
このところちょっと距離を置いてたんですけどね、その作業。

下準備してたチョコ勝手に食われるし、出来上がったものは味見と称して
1日10個のペースで食べられるし。
それで仕事へのモチベーションだだ下がりでヤル気もやりがいも見出せずに
いたのですが、復活しました。

私たちのヤル気のなさと不穏な空気を感じ取って料理長が取った策は
“時給アップ”でしたが、ソコ全然関係ないからね(笑)
認められ、期待されてお給料に反映するならそんな嬉しい事はないですが、
辞められる防止策が見え見えでの昇給は、呆れただけでした。
取られる税金の元取れるのかなって考えただけだったよ(苦笑)

あとそれから私、桜沢さんにこれでもかっていうくらい褒められたんだー。

仕事がキレイで速いって言われたってのは前にも書いたけど、他にも

「ポジディブでいいですよねー。いつも笑顔な人はポジティブなんだと
思いますよ。男ばっかりでむさ苦しく働いてると息が詰まってくるから、
カロリィさんみたいな人いてくれて助かる部分いっぱいあると思うんですよねー。」

とか。
でも確かにねー。
女の敵は女っていう言葉あるけど、男は男に厳しいんだよね。
料理人の世界なんて男社会の最たるモンだと思うけど、男同士も意外と陰険
な部分あったりするよ。
人間は基本、異性にはちょっと優しいと思う。
職場に異性がいると、風穴っていうか空気穴みたいな感じになるんだと思う。

そんなこんなで桜沢さんに褒めちぎられ、素直に受け取ってみたり
買いかぶりすぎですよぅと照れたりしながらモチベーションが戻って行くのを
感じていました。

でも3連勤すると明らかに疲れが出てくるのでオバチャンやなーと思います。







...

自分で書いたものを翻訳する。 - 2013年05月24日(金)

今日、職場の若い女の子に「ガトーショコラのレシピ教えてください♪」と
言われました。
先日勝手に私のレシピノートを覗き見したらしいのですが、私自身にしか
分からない書き方をしていたので「読めない」と思い、私とシフトが重なる
のを心待ちにしてくれていたのだとか。

うれしーじゃないか!
でも、レシピを書き写しながら思いました。

「人に分かるようにレシピ書くのって、何て難しいんだろうか!!」と。

私のレシピノートは、フランス語と日本語と、それらを私が勝手に略語に
したもので構成(?)されています。

お菓子作りでよく使うものといえば薄力粉や砂糖や卵、生クリームなどが
ありますよね。
でもそれらをいちいち全て漢字で表記していたら、時間かかるしめんどくさい
わけです。なので私は自分にだけ分かればいいやっていう略し方をしてます。

たとえば、スポンジケーキ(通称ジェノワ)のレシピだと

全 8ヶ
suc 240

f 240

バタ 60
miel 20

170℃ 15mn〜

としか書いてないわけですね(笑)
上から、全卵8個、グラニュー糖240g、薄力粉240g、バター60g、ハチミツ20g、
170℃で15分以上焼成するってことです。

多分、パティシエやったことがあればコレ見てああジェノワかと。
略語も多分理解してくれると思うんですが、そうでなければ全く読解不能な
暗号ですよね。
しかも、いちいち卵は湯せんに当てろとか、粉をふるうとか、バターと
ハチミツは一緒に湯せんで溶かしておくだとか、途中の説明はな〜んも
かいとらんわけです。

ガトーショコラのレシピも同じことで、しかもジェノワより材料の種類も
手数も煩雑で、混ぜ方ひとつとっても失敗しやすい部分がそこかしこに。

Jは卵黄のことで、Bは卵白のこと。
BPはベーキングパウダーで、eauは水。
メレンゲや生クリームなど、9分立てとかツノが立つくらい…なんて書いて
なくて『ガチメレ』とか『ガチ生』って書いてある始末。

しかも、それをもう何年もやってきてるので、正しい表記ができない人に
なってしまっているのです。
どういうふうに書けば、お菓子作り初心者に分かってもらえるのか、もう
私には分かりません(苦笑)

なので、自分のレシピを人様に差し上げるために翻訳するのに、めっちゃ
苦労しました。
sucって書いてから、「アッ、アカン砂糖って書かんと!」って何度も
なりました。

だって絶対速いじゃないですか!
砂糖って書くより筆記体でsuc書くほうが!!(必死)






...

梨花プロデュースのアパレルブランド、シンプルデザインに鞍替え。 - 2013年05月21日(火)

タイトルのニュース、ご覧になった方はいらっしゃいますでしょうか。
そもそも私、梨花プロデュースのブランドを知らないんですが、要約すると
『大人可愛い』デザインなんだそうです。
フリフリとかヒラヒラがいっぱいなんだけど、30〜40代でも大丈夫っていう。

で、このたびプロデューサーである梨花がデザインの変更を打ち出したと。
子育て中でも動きやすく、無地やボーダーなどいたってシンプルなデザインに
大きく方針転換することになったんだと。

これに対してこのブランドのファンだった人たちは悲鳴を上げているらしい。
「梨花の提案する大人可愛いデザインが大好きだったのにー」
「私たち何を着ればいいのー?」
といった類の悲鳴。

私はこのニュース見て、すげー気の毒だなって思いました(苦笑)
だって、ずっと好きだったブランドのデザインが、全く違う方向性の
デザインになっちゃうんですよ!?
私だったら泣くわー。

しかも、子育て中のママに合わせて動きやすくてシンプルな、とか。
梨花さん40前ですよねえ。
このブランドが好きだった40前後の女性たちは、梨花と違って、多分
多分ですけど、もう子育てを一段落させた年代の方々だったんじゃないん
でしょうか。
40歳女性ならたいがい、もう子供は小学生くらいなんじゃないかなあ。

子供がちょっと手を離れてお洒落できるようになって、せっかく見つけた
大人可愛いデザイン。

それが子育て世代に合わされてしまうなんて!!
という心境の方々が多かったんじゃなかろうか…と勝手に想像しましたです。

夏用の洋服買いに、アウトレット行きたいな〜〜〜♪


...

もう密かではない、嬉しかったこと2。 - 2013年05月20日(月)

先日桜沢さんと、生年月日やら干支やら星座の話になり、何とは無しに

「桜沢さんって、もしかしてB型ですか?」

と聞いたところ無言でニヤリという返事が返ってきました。
ああやっぱりなーと思いました。
A型とB型は、血液型占い的なことで言うと思いっきり相性の悪い組み合わせ
らしいのですが、私(A型)はどうもB型男子と相性が良いようなのです。

国民の皆様に知っていただきたいのは、我が家の3兄弟、あ違った
夫と息子2人は全員B型であるということ!(ナイツ塙ふうに)

それから昨夏辺りに登場してきた25歳のイケメンアルバイトくんもB型
であったということ。

一緒にいて落ち着けるというか、妙な気を使わずいられるというか、そういう
相手が皆こぞってB型男子であると。

桜沢さんも、なーんとなく同じ雰囲気を持ってる気がして、何の気無しに
血液型を聞いてみたところ、ビンゴだったのです。

AとBは相性悪いって言われるわりに、私の周囲にはB型多いっすよ。
逆に、相性が良いと言われているO型とは、あんまりしっくり来ません(笑)
いや、人間が4タイプに分類できるやなんて思うてませんよ??
思うてませんけどもやな。
な〜んとなくのニオイっていうか風味っていうか。
同じものを感じるなと思った次第です。

しかもその桜沢さんにべた褒めされる始末。
あまりに面と向かって褒められすぎて、何と返答して良いやら迷ってしまいます。

「店的には、カロリィさんみたいな人を大事にしなきゃいけないよね。
仕事はできるし、いつも笑顔でポジティブだし、何よりヤル気がある。
最近そんな人なかなかいないよ。せっかくヤル気のある人の芽を摘むなんて、
何てもったいないことするんだろうここの料理長は」

という、これ以上無いというくらい嬉しいお褒めの言葉をいただきました。
桜沢さんは、直近は料理長として働いており、今後ももちろん料理長の
ポジションで仕事を探している人です。
人を雇ったり使う立場から色んな話を聞かせてくれるので、勉強になるな〜
と思いながら耳を傾けています。

仕事がデキる、っていうのは、私が一番心がけていることでもあります。
如何に速く、キレイに、正確に作業をこなすか。
しかし真剣になり過ぎるあまり(←良く言えば、ね)何が何でも自我を通そう
としたり越権行為をすることが多々あったので(若い頃はw)バイトの分際
になった今、そういうことがないように重々気をつけておりますです。

今の上司は、影で私たちのことを「バイトのくせに」とか「バイトなのに」
とかいう言い方をしているらしいので(そんなことは筒抜けなんだぜっ)
売り言葉に買い言葉、ではありませんが、言われた以上のことにはあんまり
手出ししなくなりました。

以前は、ヒマを見つけてはデザートの試作やレシピの考案などをして
いましたが、それを他の社員に「遊んでばっかり」的な発言をされたり
上司には何度提案してもダメ出しされるばかりでちっともOKもらえず、
最終的に出来上がったとしても最初に私が提案したものとはかけ離れた
仕上がりになることが多々あったので、もーやんぺっとなってしまいました。

私は、仕事中にボケッとすることが嫌いです。
お客さんが少なくてやることないな〜って時は、目を皿のようにして小さな
雑用も手がけていました。
しかしデザートの試作といい雑用といい、言ってしまえばやらなくても済むこと。

やったところで褒めてもらえず認めてももらえず否定されるだけ。
別にサボッたところで怒られるわけでなし、クビになるわけでなし。

そんなこんなで、アルバイト連中に不穏な空気を感じ取ったんでしょうね
料理長なりに。
そこで彼が取った方法とは。

時給、上がりました。

入って1年経つか経たないかで時給50円アップって、結構な率じゃありませんか。
シェフノミクスだねと言って、バイト連中で笑ってます。
ええ言いだしっぺはわたしですけども。

昇給なんて、だーれも求めてない。
そこじゃないのに。
それが解らない、我が料理長。

*****

あるとき、料理長が私とパートのおばちゃんに聞いてきました。

シェ「昔よく一緒につるんでた人が亡くなった、っていうメールが真夜中に
来たんだけど、寝ぼけて忘れちゃっててさ。気付いたのが翌日の夕方で、
もう葬儀は終っちゃってたんだよね。そーいうとき、一般常識的には
どーすんのかなぁ?」

私「終った事はしょうがないと思うんで、遠方なら書留で香典送ればいいんじゃ
ないですか?場所はどこなんですか?」

って聞いたら

シェ「八王子」

私「え、じゃあ行けるじゃないですか。(実家八王子なんだし)
香典持って、お線香あげに行ったらどうですか?」

シェ「だけど八王子ってことは分かってるんだけど、こまかい住所が
わかんなくてさー」

私「じゃあメールくれた人に聞けば分かるんじゃないですか?」

シェ「そーなんだけどさ、一般的にはどうするもんなのかと思ってさ」

私「だから一般的には、遠ければ書留で香典送るし、気持ちがあるなら足を
運ぶんじゃないですかね。昔お世話になったんですよね?」

シェ「いや、世話にはなってないんだけど、俺より10歳ぐらい年上の人で
昔よく一緒に飲みに行ったりしてたんだよね」

私「あー…。(てかそういうのをお世話になった、と大人は表現するんですよ)」

シェ「しかも10年ぐらい連絡とってないっていう関係性なんだよね」

私「そーなんですか」

シェ「で、一般的にはどーなんだろうと思って」

私「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。どーなんでしょうね。私なら直接行きますけど。
一般的にとかは、分かりません」

以上、会話オワリ。

*****

めんどくさくないっすか、めんどくさくないっすか!?
この男!!!

よーするにだな、行くのも面倒だし、香典も出したくないだけだろっ!?

「過ぎたことならしょうがないんじゃないですか」

って言ってほしかっただけだろっ!?
一般常識の答えを求めてたんじゃないだろっ!?
自分を正当化するための材料が欲しかっただけだろっ!?


そんなことで仕事中に話しかけてくるなあああああぁぁぁぁぁ!!
失せろ。

あーどっか飛ばされてくんないかなー。


...

密かに嬉しかったこと。 - 2013年05月15日(水)

職場に新しい人が入ってきた。
入ってきた、と言っても次の就職が決まるまでの繋ぎのアルバイトなんだそーだ。
アラフォー男性、桜沢さん。以前はどこかの料理長だったらしい。

その桜沢さんに
「カロリィさんって、調理師だったんすね」
と言われました。イマイチ意図が解らず
「調理師ですよ、今でも」
と答えると
「いや俺カロリィさんのこと普通のパートの主婦だと思ってて」
と言うので、半笑いで
「普通のパートの主婦ですけど」
って言うと
「普通の主婦にしては、仕事がキレイだし速いなあって。こんな主婦が
いるんだーって思ってた。この人何モンなんだろーって。」
と、言われました。

んふ。
仕事がキレイで速いですってよ奥さん。
自分が心がけてることを褒められることほど嬉しい事はないってもんです。

我が料理長は、絶対にそんな褒め方してくれる人じゃないんで、全然
ヤル気が出ません(笑)
よその料理長に褒めてもらって、自信も持てたしヤル気も出ました。

あーよかった。
下克上、無いかなあ。
誰か料理長の座を奪えばいいのに(笑)







...

育児録、続き。 - 2013年05月04日(土)

先日5歳のお誕生日を迎えた長男に、もうちょっと頑張ってくれよと
物申したい部分、または「エエ加減せぇよ」と思っている部分などを記します。

・しつこい。とにかくしつこい長男の性格。こちらがやって欲しいと思って
 いることはなかなかやらない。(例えば帰宅したら制服を脱ぐ、手を洗う、
 など生活の基本的なこと。良い部分にも書いたように、すこぉ〜しずつ
 できるようになってはきているが、8割方、いや9割方はできてない)

 それでいて、乱暴な遊びや弟にちょっかいを出したり、危ないことなど
 「止めてね」と言った事は、しつこくしつこくやり続ける。
 もうそれはそれはウンザリするほどしつこい。べジータ風に言うと、
 「お前のしつこさには反吐が出るぜ、ペッ」というほど。私がもし
 まかんこうさっぽうの使い手なら、間違いなく喰らわしてるな(キリッ
 だって髪の毛引っ張ったりぶつかってきたり、「痛いから止めて」って
 言ってるのにホントにしつこんだもの。男ってバカだなと思う事象の1つ。

・まだ夜のおねしょが続いている。
 でもほとんどは成功している、んだと思う。最近はあんまり確認してないから
 ハッキリした確率は分からんのだけど、日数で言うと週に1回〜10日に1回
程度か。
 かなりの成功率ではあるけれど、何の装備もせずに就寝するにはちょっと
 心許ない数字なので、女性用のナプキンのような形をしたおねしょパッド
 を当てて寝ている。オムツよりはだいぶ経済的だけど、できればこれも
 買わずに済めばな〜と、親は勝手に思ってます(笑)

・食事中に喋り過ぎ。
 とにっかくよくしゃべる男である。お前は女子か!と突っ込みたくなるが、
 女子は食べながらしゃべるのに対し、息子はしゃべることに集中して食事
 が全く進まない。しゃべり過ぎの刑で、途中でご飯を片付けられてしまった
ことは数知れず。
 まあこれも「しつこい」のうちの1つですかね。おしゃべりしてないで
 食べようねと再三忠告するも、ちょっと食べちゃまたおしゃべり。
 ひとくち毎、ふたくち毎に口うるさく言わざるを得ない。
 言わないでおくと、途中で片付けられるハメに。
 どっちがいいんだか。



でも漫然と日々を過ごしてると、もう嫌なところダメなところばっかりが
目に付いてきて、そこばっかり口うるさくダメ出ししちゃうんですよね。
もっと進歩したこと、優しいところ、上達したところ、努力している
ところを意識して口に出していかなきゃとは思ってるんですけど。

考えてみればウチの子供たちは、ちゃんと気持ちを言葉にして伝えてくれてる
なと思います。
私がガミガミうるさいわりに、特に萎縮せずに立派に反抗してくるし、
嫌な事は嫌だと言い返してくるので子供たちの言葉にハッと気付かされること
も多いです。

私が子供の頃は、神経質なまでに過干渉で口うるさく怒ってばかりの母親に
対し、言葉で言い返す事はありませんでした。態度にはアリアリと出ていた
でしょうけど。口で何言っても無駄だと諦めていましたから。母は、自分だけ
が正しいと思っており、正論で人をねじ伏せるのが得意な人だったんで。
まあそれを受け継いで、私自身もそんなところが多々ありますけどね。
年を取るにつれ、それを反面教師として矯正できてきているとは思います。

自分がものすごく窮屈で鬱屈した子供時代を送ったので、子育ては
できるだけ大らかに寛容に、を目指してはいますがなかなか…。
「私は子育てが上手だった、成功した」と公言する母を、結構な白い目で
見ている私です。

いいえ、自分で矯正したんですよと。
声を大にして言いたい。
あなた以外の人から色々学び、ご指導ご鞭撻いただいたおかげですよと。

しまった。また自分の愚痴になった。

今回は上の子のことばっかり書いたんで、次は下の子を中心に書きます。


...

あ、育児録育児録と。 - 2013年05月03日(金)

そー言えば育児録でしたよねこの日記。
ムカつく上司のWARUGUCHIを感情のままに(いやけっこー冷静に書いたけど)
書きなぐっていい場所じゃなかったでしたっけね。

*****

ハイ、そんなわけでウチの愚息1号もやっとのことで5歳のお誕生日を
迎えました。

〜〜〜良いところ〜〜〜

*他人を気遣う、ということができるようになった。(例えば弟が熱を出した
 ときに「優しくする」ことができる、とか)

*平仮名や数字に興味を持ち始めた。(生協のカタログを一緒に見ながら
 「980円って書いてあるね」とか「いちご、って書いてある。いちご買って♪」)

*だんだんと、ホントに少しずつだんだんとではあるけれど、自分のことを
 言われなくてもできるようになってきた。(ほとんどは、やらないんだけど)

*ゴメンねを言いにくい場面でも、時間をかければ折り合いをつけてちゃんと
 相手に謝ることができるようになってきた。

*汁物などもこぼさず運べる(保育園で給食当番をやってるらしい)

*体調が悪いとき、機嫌が悪いときなど、ただただグズグズするのではなくて
 「ココが痛いから泣いてるんだよ」とか「コッチが痒い」「あっちが痛い」
 など、きちんと言葉で伝えられるようになってきた。
 その上で、「搔くと後で余計に痛くなるよ」と言うと、我慢ができる。

*洗濯物がきれいに畳めるようになった。(手直し不要)

*電話に出られる。(「ハイ、もしもし」「どちゃらさまですか?」「ちょっと
 待ってください」と言って、私に受話器を持って来てくれる。普段、
 スピーカーフォンにして話してばかりいるため、元の声は小さいということ
 が理解できていないっぽい。「小さい。聞こえない」を連発。笑)

*ウンテイがいつの間にかできるようになってた。(「お父さんに教えて
 もらったんだよ」と言っていたが、旦那に聞くと「別に教えてない」と。
 勝手にできるようになったらしい。笑)

*どうやらキノコが嫌いらしいが、説得すると頑張ってひとくちふたくちは
 食べる。(食わず嫌いはダメ。ひとくちも食べないのはダメ。必ず1つは
 食べること。食べないのなら、デザートも無し。好きなものだけ食べて
 嫌いなものは食べない、というのは許しまへんでという方針。デザートを
 諦める勇気があるのなら、嫌いなものも罷免されるというシステムだが
 実際そうなることは、まずない。ニヤリ)

*これは、良いことかどうかは分からんが、テレビのリモコンやパソコンの
 マウスをちょっとずつ扱えるようになってきた。色々と制限はあるが、
 録画した子供番組やYouTubeで見たい動画を勝手に選んで見ている。



おおお。
頑張って書き出したなあ。『良いところ』シリーズ。
長くなりそうだから、『改善してほしい点』は次回にするか。






...




My追加

 

 

 

 

INDEX
past  will

Mail