ステテコ日和
地球に優しい、目にも優しい
Yes,I love ego☆
No,I love ero

2008年11月30日(日) 門違い




油性マジックで思いついたことをメモする。

書きたい時に適当な平らな場所がない。

そんなわけで机のパソコンの上で書いてしまいました。

案の定、パソコンには油性マジックの赤い斑点が。

ただそれだけ。


くだらないことを喋れる人になりたい。

くだらないけど、深みや奥行きのある話を。


写真:『やっちゃった』(北海道小樽市富岡2丁目にて)



2008年11月29日(土) 自戒




受け入れる

ということは良いこと。

違う価値観であったり、他人の意見であったり。


でも、何でも受け入れる人に限って

「言わへんかったけど、そうじゃなかったんとちゃう?」

とか

「ほんまは〜と思っててんけどな」

とか


それは受け入れてるんとは違う。

自分の受け入れる受け入れないのフィルターを外してとりあえず。

とりあえず。

とりあえず全部受け入れる。

それで受け入れた気になって、自分の広さに自惚れて。


受け入れるということは大切やけど、
それが出来れば良いというわけじゃない。

一度自分のフィルターを通す。

そして自分の考えをも伝える。


写真:『とんぼ』(新潟県南魚沼郡湯沢町大字三国にて)



2008年11月28日(金) 終わりにしよう




「言いたくないけど」っていうなら言うな

「言いたい」んやったら言え

言葉の裏側を汲み取るのがみんなうますぎる。


写真:『no word』(北海道夕張市末広町2丁目にて)



2008年11月27日(木) じぶん




あなたのために苦しむということ。

それはあなたと同じ位置で、同じ目線にいるということ。

上から見るのではなく、しっかりと向かい合うからこそ。


だから今、辛い思いをしている。

と、声を大にして伝えたい。

けど、伝えてはいけない。


ところで僕は誰かを傷つけてきたのかな。


写真:『椿』(石川県金沢市広岡1丁目にて)



2008年11月26日(水) 絶対条件




責任転嫁しているだけなのか。

自分の不遇を、過去の過ちになすりつけて。

たしかにきっかけはそうだったのかもしれない。

でも、そうじゃないはず。

変われなかったのは自分の責任。


ただ、これまでの不遇を知って欲しいだけ。

同情が聞きたいだけ。

僕の空気からそれが聞こえたら、僕は生まれ変われる。


それまでは生まれ変われない。

死んでるように生きている。

楽しみもなにもない無味乾燥な時間潰し。


写真:『その先』(兵庫県西宮市塩瀬町名塩にて)



2008年11月25日(火) アクリル板をご用意下さい




縦横8ずつのマス目を作り、それぞれに質問事項を書く。

その質問に対してYESかNOで答えていく。

YESの場合は色が塗られる。

NOの場合は色は塗られない。

男性には青色を、女性には赤色を。

そして最後に擦り合わせた時に紫色になればマッチ。

この紫色の数が多ければ、二人の共通項は当然多い。


恋愛感情なんか抜きにして。

こんな機械的な手法で恋人をくっつける。

いや、くっつけて。

感情は追いかけてやってくる。


写真:『struck!!』(東京都港区青山5丁目にて)



2008年11月24日(月) 月の夜に




作品にはその作者にいくつかの権利が保障されている。

形があってもなくても。

それがcopyrightとかnamerightと言われるもの。


では俳句の世界はどうなんだろう。

言葉の一つ一つが芸術の世界。

一つの言葉に著作権が一つ。

そんなんにしたらどうなるのか。

誰も何も喋れなくなる。

人間の言葉を越える言葉が生まれ出てくるのだろう。

すなわち

人に非ず。


写真:『覗き窓』(三重県志摩市磯部町坂崎にて)



2008年11月23日(日) under groud japan tour 〜長野鶴賀遊郭〜




現在の権藤周辺で、ピンサロが30軒ほど営業

東鶴賀町に遊郭の名残を一部留める

連れ出しスナック→権藤通りから中に入った場所で台湾料理屋の看板


歴史
善光寺の門前町として栄える
長野市の権堂水茶屋を1878年に鶴賀遊郭として移転
公許の妓楼が40軒以上あった
昭和31年の売春防止法以後はピンサロへと変遷


音楽:『Live forever』(Oasis)

写真:『鶴賀遊郭』(長野市東鶴賀町にて)



2008年11月22日(土) グツグツ考えごと




寒い季節になってきました。

9月中旬頃から10月中旬頃が一番過ごしやすいかな。


先日とある用事で住之江区に。

帰るのも面倒だったので住之江公園で寝ました。

で、朝起きるとジィさまとバァさまがワラワラ。

何かの集会でもあるのかぐらい集まってはります。

そして7時ちょうどにどこからか音楽が。

ラジオ体操の音楽です。

みんな太陽の方を向いてラジオ体操。


やってない方がおかしいような雰囲気で、僕もやりました。

ジィさまバァさまのコミュニティに急接近☆


そういえば中国でも朝は太極拳から始まりますね。

中国では朝の太極拳が終わったら仲間同士で喫茶店で朝食。

そん時に食べるのが刺飯(飯団)だそうです。


カフェを開くとしたら、朝の体操とmorning setをどうくっつけるか。

むしろカフェで音楽流して体操してもらうとか。

お客さんが持ってきたCDを流して、それで踊ってもらうとか。


音楽:『ピアニシモ』(広瀬香美)

写真:『疲れたぁ』(香川県高松市庵治町浜にて)



2008年11月21日(金) 土を踏みしめる感触の椅子が作りたいんです




椅子を作ろうと思う。

木を山から切ってきて。

トンカチ、金槌、ノコギリ、ネジ。

リングスツールのような可愛らしいものが良い。

座る部分が穴開いたドーナツ状のん。

脚は3本。

4本よりも作るのは難しそうやけど。

そして座れそうで座れない。

椅子として使うか、それ以外で使うかわからへんようなもの。

自分で作りたいように作れるからこそ、めちゃくちゃにしたい。

形はシンプルやけど。


基本からやった方がいいんかな。

基本ができひんのに、すぐに応用をしようとしてしまう。

応用を頑張れば知らずに基本が身につくものとも思うけど。

でも実際のところ、基本をする忍耐力と実力がないから応用をする。

応用で失敗しても「しゃーない」で済む。

基本であたふたしてたら格好悪い。

これまでそんなん。


もう25歳。

折り返し地点。


音楽:『時代』(中島みゆき)

写真:『骨組み』(大阪府高槻市城北町にて)






2008年11月20日(木) 身の上と中の話




「俺大卒ニートだけど 本当に社会は相手にしてくれないし欠陥品だよ。」

「普通に全国のニートに向かって名誉毀損だろ。 」

「有無を言わさず正論だろ・・・ 常識的に考えて……」

「なんとかなったけど、どうなんだこの大学は奴隷になれと?」

「じゃあ、フリーター、ニートになれと??」

「新卒逃すとそうそうチャンスは来ない。ってか暗闇。後で苦労するし」

「働くのがえらい?バカも休み休み言って欲しいですね。」

「 金が無いから働く。これだろ。」


ご存知の方もいるかもしれません。

近畿大学HPの

「就職活動は君一人の《孤独な》戦いです。
勝利を得るまで、人知れず何度も何度も立ち上がって挑戦です。
幼稚園-小学校-中学-高校-大学…何度も苦しいことがありました。
そして、いよいよ仕上げです。
最後です。
人生の方向を決めるのです。
『新卒』のやり直しはできません。
浪人はありません。
2度とチャンスはありません。
フリータやニートになっては、人生台無しです。
復帰できません。」

という記載に対する2ちゃんでのスレッドです。


20年前ならどういった反応があったのか気になるところ。


音楽:『Dark Horse.m』(Amanda Marshall)

写真:『中身なし』(東京都豊島区北大塚2丁目にて)



2008年11月19日(水) シャングリラ




ジェームス・ヒルトン『失われた地平線』に出てくる理想卿。

中国では香各里拉という表記。

チャットモンチーの曲も有名ですね。

PVがめちゃかわいい。

元気になれます。


音楽:『Time of the season』(Ben Taylor Band)

写真:『ここにいるよ』(長野県松本市大字入山にて)



2008年11月18日(火) 隠居




パソコンを整理していたら出てきた。

いつ保存しておいたかもわからない誰かの執筆。

今後のために貼り付けて読み返そう。


以下転載


高齢者は75歳を境に前期と後期に分断する。
いかにも機械的な発想である。
お役所流のご都合主義としかいいようがない。

現実にこの年代を生きている人たちの実感とは、かならずしも一致しない。いうまでもなく、それぞれの人生の生き方は別の問題である。

美術家の横尾忠則は、古稀を迎えてひとつの決断をした。
それは新著のタイトル通り『隠居宣言』(平凡社新書)であった。

「自由を獲得するための自己革命である」

わざわざ宣言しなくても、だれでも老人になる。
隠居は違う。
覚悟をきめて嫌なことはせず、好きなことだけをする。

そのためには、自分の限界を知らねばならない。
いわゆる「生涯現役」よりはるかに前向きで、
勇気のいる生き方なのである。

隠居と聞いて私は、落語の登場人物を思い浮かべる。
横丁の長屋あたりに住んで、悠々と暮らしている。
熊さんや八っつぁんの話相手にもなる。

隠居はヒマとは限らない。
江戸の広重や北斎は会心作を描いた。
伊能忠敬は隠居後に全国を歩いて正確な日本地図を完成させた。

こうした日本人の伝統的な価値観を評価したのは小林秀雄である。
還暦の60歳を迎えたとき、名著『考えるヒント2』で語った。

「還暦といえば、昔はもう隠居である」

隠居は隠遁ではない。世間を捨てて田舎に引きこもることではない。
古人の言葉の通り「大隠は市に隠れる」のである。

小林の自覚は、横尾より10歳早かった。
この差こそ昭和と平成という二つの時代のギャップを映し出している。

現代では隠居になりたくても、なかなか念願をかなえられない。
加藤秀俊は大学の公務から解放されたとき、75歳になっていた。

「やっと夢に見た自由な立場になった」

解放感からまず執筆した著書が『隠居学』(講談社)である。
隠居についての学問ではない。
隠居による自由な学問のはじまりであった。

「某月某日。知り合いから〈韃靼そば茶〉というお茶をいただいた」

お茶をすすりながら、知的な好奇心が湧いてくる。
司馬遼太郎の小説を思い出し、そこに登場する武人について調べ、
内藤湖南の歴史書をひもとく。

このように、つぎからつぎへと連想をひろげていくのは楽しい。
その気になれば、森羅万象、世の中は面白いことだらけである。

実は隠居学には極意がある。
著書のあとがきで、加藤は手の内を明かした。

「誰か目の前にいる人に、お喋りをしているような気分で筆をすすめた」

そういえば、横尾の宣言本はインタビューに応じた対話集である。
小林の場合も、あのエッセイと同じ内容を講演で語っていた。

ご隠居さんには、やはり聞き役が欠かせないらしい。
おかげで、私たちは愉快に熊さんや八っつぁんになれる。


音楽:『The Reason』(Hoobastank)

写真:『佇まい』(京都市南区吉祥院石原堂ノ後町にて)



2008年11月17日(月) 芸術とは




川俣正という人の講演会みたいなんを聴きに行きました。

色々メモ取ったんやけどずっとそのままで。

だから備忘録として書いておきます。


芸術を学問しない
これは講演会前に同志社大学のセンター長か誰かが、
「芸術の歴史はうんぬんかんぬん」言ってたので、
始めからこんなんかよって思って書いた僕の心の嘆きです

「足すことも引くこともできない」
ある方が日本の伝統文化についてこう言ってはりました。
たしかにそうやし、そうでもない。
それよりの進歩はもうないってこと?

「場所から成立するART」
リボンの似合う風景→方法論

「西洋はシンメトリック、日本はさにあらず」
襖一つで芸術→目の動線を考えて閉める部分と開ける部分

「問題提起だけなら小学生」
自分なりの答えや考えをもつという権利と義務

京都=日本 日本=京都
個人的にはそういったステレオタイプな考えを風刺したい
京都人の京都らしくないところ
京都人が京都人ぶってるところ

「もっと長く見て欲しいから座布団を置いた」
「立って見える景色と、座って見える景色の違い」
「特別な場所や時間を作り出す」
「観客はそれをどうみるんだろう?」を考える
すごいシンプルなアイデア
でも斬新やし本質を捉えてると思う。

「ブリューゲルは200年忘れられ、時代がその時彼を求めた」
作品とはその人ではなく何を作って残したのか
→人間として見た場合はそれと全く逆だと僕は思う。

自分の言葉に責任を持つことと固執することは違う
ある方の発言がすごく耳に残った。
それは嫌悪感に結びつくものだったけど。

「言葉を解体する」
同じように音楽も分解することができる。


音楽:『There will be love there』(The Brilliant Green)

写真:『なぜならば』(東京都中央区銀座6丁目にて)



2008年11月16日(日) 二人の会話考




「今日はやめとく?」

っていう言葉にどんな裏側があるのか。

自分の意思がないために相手に決断を委ねるのか?

自分が乗り気でないので相手の賛同を導く問いかけなのか?

自分の意思は別にして、相手の状況を心配しての言葉なのか?


自分から嫌われものになれる人はすごいと思う。

でもそれを自分で気付いていてやるのも違うと思う。

知らんフリしてんのもずれてる。


音楽:『cancer for the cure』(The Eels)

写真:『今日はやめとく?』(北海道札幌市中央区南四条西4丁目にて)



2008年11月15日(土) 鉛筆振りながら残り時間を削る




システマティックにおもしろいことを考える。


Aという事象に対して

Bをひっつけてみて

Cとの共通項を

Dという観点からまとめる


そんな方程式を考えています。


俳句も同じ。

まずは5を分解する。

1・1・1・1・1

1・1・1・2

1・1・3

1・4

2・1・1・1

2・1・2

2・2・1

2・3

3・1・1

3・2

4・1




一番上の1・1・1・1・1なんかは

「手と手と手」とか「陽を芽と枝」など。


そんな90度の積み木みたいな試みです。


出てきた素敵な答えや建物が同じような顔にならないように。

それが一番大事な部分だと思います。


音楽:『You're beautiful』(James Blunt)

写真:『そのまま通過』(東京都港区新橋2丁目にて)



2008年11月14日(金) 左回転




コ←п←C


音楽:『Monochrime』(Lush)

写真:『回れ』(香川県香川郡直島町積浦にて)



2008年11月13日(木) やっとやってきた




今まで老いを感じたことがなかった。

いつかやってくるものだろうと思っていた。

それは年を重ねるにつれゆっくりと。

ぼんやりと30歳くらいから近づいてくるものだと。

いや、近づいていくものだと考えていた。


それが突然やってきた。

ある日突然。

その日は、年老いた気分を感じる目覚めだった。


小学校4年生くらいに一度同じような経験をした。

それはたしか日曜日の朝で。

昨日の夜から10時間くらい寝た次の朝だった。

天井が昨晩に比べてうんと近くなっていた。

その一回だけ。

おそらく身長も変わってなかったと思う。

ただ、そんな思いを抱いたのはたしか。


何かきっかけがあったわけでない。

心の問題だと思う。

危険信号とも取れるし、実際にそうだと思う。


とりあえず書き留めておきたかった。


音楽:『Time to pretend』(MGMT)

写真:『黒い猫』(福井県あわら市温泉4丁目にて)



2008年11月12日(水) 夜は深くて長い




絵描きにとっての白色と黒色。

白に向かうたくさんのチューブは空っぽになって。

黒に向かうほんの少しのチューブはまだまだ使える。


僕は黒い絵の具しかもっていないから、夜の絵ばかりを描いてる。

それしかできない。

明るい絵を描いてみたい。


音楽:『The magic position』(Patrick wolf)

写真:『黎明』(大阪府高槻市大手町にて)



2008年11月11日(火) 粋な小話




11月11日ということでポッキーの日。

今年は買いませんでした。

それどころか和菓子について書きます。

京銘菓とは季節感を和菓子で表現したもの。

以前サークルK限定で販促物もありました。

鳴海餅の三色団子

出町ふたばの名代豆餅

鍵善良房のくずきり

中村軒の麦代餅

甘春堂の茶壽器

麩嘉饅頭


すいません。用を足してきます。

また今度。


で、これがほんとの御用達。

ちゃんちゃん。


音楽:『Wave goodbye』(Steadman)

写真:『粋』(北海道札幌市中央区北一条西1丁目にて)



2008年11月10日(月) 森のチャイ屋さん




茶葉はスパイスティーなどを。

30弔鮨紕横毅ccで一分間煮出します。

次に牛乳1000ccとグラニュー糖40弔魏辰┐泙后

じっくりことこと5分煮込んで完成。

これで5杯分。

原価計算してみると1杯45円でした。

225円で売っても原価率20%かぁ〜。


音楽:『I like birds』(The Eels)

写真:『クママ店長とリスの店員』(大阪府高槻市城北町にて)




2008年11月09日(日) 水琴窟




05:14の始発電車に揺られて京都に写真散歩。

賀茂川沿い歩いたり、東大路歩いたり、川端通りに戻ったり。

そんなこんなで北白川まで。

先日両親が訪れた圓光寺を訪ねました。

ここの庭には水琴窟というものがあり、紅葉も綺麗。

江戸時代に庭師が音を愛でる感性から作ったもの。

底に穴があいた甕を地中に埋め、共鳴音が奏でられるとか。

別名「洞水門」

心が綺麗になります。


京都には他に大原の宝泉院や妙心寺退蔵院、相国寺、正法寺にも。

また俵屋吉冨烏丸店と祇園鍵善良房本店にもあるみたいです。


音楽:『breathe in』(Frou Frou)

写真:『飛沫』(京都市右京区京北細野町瀧又の滝にて)



2008年11月08日(土) someone to love ? too love !




おにぎりは海外ではrice ballとかdoragon ballとか。

あのおにぎり、おむすびは日本の独自のもの。

では海外ではそれに代わるおにぎり的な食べ物はないのか?

調べてみると「刺飯」や「飯団」といったものが。

形はホットドッグ。

ソーセージの代わりに味噌などが乗ってるそう。

あと油条という食べ物も広く愛されているとか。


音楽:『who we are』(Hope patlow)

写真:『熱烈歓迎』(三重県志摩市浜島町浜島にて)



2008年11月07日(金) ナンバ近辺で泊まる場合に見るべし




難波に行くと泊まって次の日に備えることがたまにある。

というわけで安宿をリストアップ。

ジャンボカラオケ広場なんば店
 金額:1080円(平日・学割)
 時間:23時〜06時

ジャンボカラオケ広場南海通なんば店
 金額:1080円(平日・学割)
 時間:23時〜06時

ジャンボカラオケ広場千日前2号店
 金額:1080円(平日・学割)
 時間:23時〜06時

ジャンボカラオケ広場心斎橋店
 金額:1080円(平日・学割)
 時間:23時〜06時

ジャンボカラオケ広場西心斎橋店
 金額:1080円(平日・学割)
 時間:23時〜06時

ジャンボカラオケ広場宗右衛門町本店
 金額:1080円(平日・学割)
 時間:23時〜06時

ジャンボカラオケ広場花園駅前店
 金額:1080円(平日・学割)
 時間:23時〜05時

把握してるジャンカラの最安7店舗です。


音楽:『Things can only get better』(Howard Jones)

写真:『FRIDAY NIGHT』(大阪市浪速区難波中2丁目にて)



2008年11月06日(木) under groud japan tour 〜北海道木賊原遊郭〜




住所→北海道帯広市西六条北三丁目

・遊郭跡は残っておらず
・現在は駅前、大通りの市街地が歓楽街に
・唯一のソープ「帯広コルト」は営業


歴史
・1899年(明治32年)に営業許可
・木賊原遊郭はトクサが一帯に自生していたことに由来
・1920年頃からは大通りの街娼や私娼に移る
・1946年(昭和21年)の公娼制度廃止により姿を消す


音楽:『the middle』(jimmy eat world)

写真:『帯広の歓楽街』(北海道帯広市東一条南十一丁目にて)



2008年11月05日(水) under groud japan tour 〜愛媛松ケ枝遊郭〜




住所→愛媛県松山市道後湯月町

相場→30分10K〜

時間→20時頃〜


・現在の松山ネオン坂歓楽街
・宝巌寺の門前に残る遊郭跡
・時計台あたりに立ちんぼが数人


歴史
・道後温泉本館の裏手
・湯之町は花街の町芸者(湯女との記述)
・成立は1877年
・1958年の売春防止法以後は赤線街に


音楽:『I'd rather dance with you』(Kings of convenience)

写真:『松ヶ枝遊郭』(愛媛県松山市道後湯月町にて)



2008年11月04日(火) under groud japan tour 〜香川八重垣遊郭〜




住所→香川県高松市城東町2丁目

相場→30分12K〜(30分10Kまで交渉可能)

時間→12時頃〜27時


・現在の高松城東ソープ街
・遊郭跡は見られず
・10件ほどが営業


歴史
東浜港は1650年に高松藩の商港として埋め立ての地
八重の石垣を積み重ねた新地から八重垣遊郭の名に
成立は明治の始め頃
昭和初期の全盛期には40軒もの遊郭
昭和31年の売春防止法以後はトルコ風呂→ソープへと変遷


音楽:『Goddess on a hiway』(Mercury Rev)

写真:『八重垣遊郭』(香川県高松市城東町2丁目にて)



2008年11月03日(月) under groud japan tour 〜群馬水上温泉〜




住所→群馬県利根郡みなかみ町湯原

・ストリップみなかみ
・外国人ストリッパーがスナックに
・連れ出しスナックも有り
・若山牧水「みなかみ紀行」


音楽:『Today's the day』(Almee mann)

写真:『水上温泉』(群馬県利根郡みなかみ町湯原にて)



2008年11月02日(日) under groud japan tour 〜石川にし茶屋街〜




住所→石川県金沢市増泉1丁目

相場→30分20K(18Kまで交渉可能)、60分30K

時間→20時〜27時


・遊郭の跡地とその西側一帯の裏風俗
・顔見世
・にし茶屋街の西側にあるスナック街→連れ出し置屋
・第三飲食街
・石坂遊楽園
・綾乃家、ペンギン、春風


歴史
・1820年に加賀藩主の公許を得て成立
・現在も料亭や芸子置屋が残る
・金沢三大茶屋街→ひがし茶屋街、にし茶屋街、主計町茶屋街の一つ
・島田清次郎「地上」の舞台
・紅殻格子(ひがし茶屋はキムスコ)


音楽:『Let it rain』(Amanda Marshall)

写真:『にし茶屋街』(石川県金沢市増泉1丁目にて)



2008年11月01日(土) under groud japan tour 〜兵庫かんなみ新地〜




住所→兵庫県尼崎市神田南通3丁目

相場→30分10K

時間→17時〜26時頃


・顔見世
・30軒ほど
・パーク飲食組合
・R2を以北に昭和通、昭和南通、神田北通、神田中通、神田南通
・三和通りなどの南北の通りとの区画整備された地域
・有料駐車場有


音楽:『With my friends』(Aloe blace & king most)

写真:『かんなみ新地』(兵庫県尼崎市神田南通3丁目にて)


 < 過去  INDEX  未来 >


きむそん

My追加