SHOP入口 ↓
「オーダーメイドぬいぐるみ」
「オーダーメイド犬猫あみぐるみ」
「ウェディングドッグ・キャット」
「リングピロー」
HEAVENLY FATHER FEEDS THEM
HEAVENLY FATHER FEEDS THEM
ミサリ



 ありがたい

今日は病院のカンファレンスで

私も行くはずでしたが

後遺症がまだあるので

母だけに行ってもらいました。


無事一人で行って帰って来れました。

(詩編121篇)


病院はプロなので

リハビリの評価は厳しかったそうです。

が、

私たちの目から見たら

色々できていることや

しっかりしているところや

前より良くなったこともあり

恵みを数えることを忘れてはならない

と思います。


車椅子に座るのも

何か月かかるかと思っていましたが

すでに座っているし

段々長く座れてお散歩もできている。


それに

どんどん話しかけてくる

お向かいのベッドの素敵なSさん。



2018年04月27日(金)



 ふわふわ

熱中症以来

3日間くらいは

車酔いみたいな感じで

ふわふわ揺れていました。

そして体温を調節する機能がおかしくなりました。

睡眠が不足しているのも危ないね。


今日は大分元気になりました。



水は持っていたけれど

お見舞い中は飲むのを忘れちゃうし

水よりもポカリスエット類の方がいいね。



2018年04月26日(木)



 明るいな〜

昨日姉と父のところへ行きました。

その日は眠かったらしく

ほぼ寝ていました。


でも姉の描いた似顔絵に

ぷっと笑って(笑うのは久しぶりのこと)

「ばかなことを」

と言いました。


お向かいの○○さんが

(父と仲良くしてくれている)

私たちを見て

「明るいな〜」

と言っていたそうです。


そして帰り道に

熱中症なのか自律神経の限界なのか

何度か気が遠のきそうになりました。


家に帰ってからもおかしくて

起き上がると気を失いそうで

でもここで倒れても困るので

踏ん張りました。

ももよがそばに来てはべってくれました。


急に15度も暑くなったわけですし

そういえば一昨年も今頃の暑い時

同じようなことになって

やはり無理は禁物なお年頃です。

先週はがんばりすぎたな。


父も馴染んできたので

もう少しペースを緩めさせてもらおうか。



2018年04月22日(日)



 破れ提灯

見てくださいよー!





この前買った帽子。

昨日病院へ行くバスで気付きました。

被るの2回目にしてですよ。


破れ提灯ですよー。

安くてもこれはひどいんじゃないですかね。

糸が弱すぎ。








帽子屋の意地で直しました。


と言っても

私は飾り専門なので

土台は職人さんが作るものですが

まぁ、縫えばいいかな?ってね。


破れたところだけだと

また別が破けるでしょうから

全部縫ってやりました。

どうだ。

マイッタカ。

3000円の帽子。


頭のところは無理かと思ったけど

ここも全部縫ってやりました。









そして裏を見たら

やっちゃってました。


自分のだから

このまま被るよ。



2018年04月20日(金)



 ハイデルベルク信仰問答



満開の石楠花。



眠そうに父が目をつぶっているので

「目を開けて」

「ほら顔を見て。私老けちゃった?」

と聞くと

「老けちゃった。」

だって。

生意気ねー!

誰のせいで老けたと思っているんでしょうね。


途中で理学療法士の人が来ました。

例のごとく「嫌!やらない!」と言っています。

これはどうの嫌ですか?と聞かれて

これは大丈夫の方の嫌です。と通訳。


それで運動というのではなく

車椅子に座って散歩に行くことにしました。

血圧も合間合間に計ってくれて

すべて上が110台で安定していました。


玄関を出て風を受けたとたんに

「寒いよ〜。」

と言いましたが、日向に出てみれば結構暑いのでした。

太陽がまぶしそうで私の帽子を被せました。

(おリボンの)


父が生物の先生だったことを話し

色々な木や花や夏みかんなどを見に行きました。


戻る時に

「いいねー。散歩気持ちいいねー。」

「私、お父さんと歩かなくなって

散歩する人がいなくなっちゃったから

今日は良かったよ。」

とお礼を言うと

「そうかい?」

とまんざらでもなさそうでした。



部屋に帰るとベッドの上で

マッサージをしてもらいました。

パーキンソンで体が固まってくるので

あちこちストレッチしてもらって

曲がっていた膝も伸びてきました。


今日はメガネを持っていったので

かけてもらうとよく見えるようでした。

もう一度

「メガネでもう一回よく見て。

私老けちゃった?」と聞くと

機嫌が良くなったのか

「老けてないよ。」

だって!









分かっているか分かっていないか分からないけど

父と読んでいる

「ハイデルベルク信仰問答」


第一問から泣ける。



2018年04月19日(木)



 

話は違うけど

昨日のバスでのこと。


一時間に一本しかないバスに

地元のお年寄りが乗り込んでいらっしゃる。


次々知り合いが乗ってくるようで

「あら、こんにちは!」

と言って話に花が咲いている。


それで聞こえてきたけど

昨日か一昨日か

熊が山の方から逃げてきたらしい。


病院の周りもかなりのどかなんですが

なんてところだろうか

と思いました。








朝食用に昨日買ったぶどうパン。



2018年04月17日(火)



 忘れる

母と二人でまた父のところへ行きました。


ちょうど作業療法士の方が

リハビリをしましょうと促しているところで

父が「やらない。」と言うのを

苦労して説得しているところに着きました。


昨日教会の人(作業療法士)が

「すごく嫌がるのには

絶対ご本人の中に理由がある。」

と言っていて

その午後病院に電話をしたのでした。


もしかしたら血圧の変動が激しいことを

この前言いそびれていたので

そういうことかもしれないと思ったのです。


電話では血圧のことは分かっているようでした。

でも一度20分座っていて血圧が上が80になって

部屋に戻されたことが一度はあったようでした。


昨日の電話がスタッフの中で行きわたっているようで

今日会った作業療法士の方も

説明をちゃんとしてくださったので良かったと思いました。


その方も父の「嫌だ。」が

本当は「いい」の意味のときと

本当に「嫌」の意味のときとを見分けて、

やれそうなときはやり

本当に拒否のときはやめてくださっているようでした。


ただここはリハビリの病院なので

あまり嫌と言っていると

何も進まないのも困っているようでした。


そしてお見舞いに来たら

ベッドを少しずつ上げてはお話しし、

時間が経ったらまた少し上げお話しすること。

(仰向けで寝たままで毎日いると血圧が安定しない。

安定しないと飲み込みのリハビリも運動も始まらない。)


身体の向きも色々変えながらお話しし、

それだけでもリハビリになるから

と教えてもらいました。


それで色々お話しし

この前来た時に

身震いしてリハビリを嫌がっていたのは

何がそんなに恐ろしいかったの?

と聞きました。

すると

「覚えていない。」

だって!


忘れるのはいいことかもしれない。

新しいところに移って

混乱していたのかもしれない。


今日の父は落ち着いてはいて

母に「よく来てくれた。」

と言っていました。

(私は?)



2018年04月16日(月)



 プロ

今日の教会では

作業療法士のAさんが

父の様子を聞いて

そばに駆け寄って来てくれました。


色々プロがそばにいて

具体的な話を聞けることは

感謝なことです。



今日の礼拝、ルカの聖書箇所では

食べたり飲んだり買ったり売ったり・・・

生活することは大事なことだけれど

それだけで心をいっぱいにして

神様を見上げることを忘れてはならない。

というところでした。



2018年04月15日(日)



 必要がどんどん変化する

父のパジャマを買いに行った。

今の病院ではなくその先のための。

まだ入れるかも分からないけれど

準備は進めておくのです。


そのうち夏物しか売っていなくなるし

通年着られるものとか

伸びるものとか

マジックテープじゃないの

とか色々条件があるのです。


マジックテープの介護用のパジャマは

家で寝たきりになったときに

一日に何回もパジャマが濡れてしまい

大至急必要で

二人の姉にお願いしたのです。

そのときは使ったのですが

入院で使えなくてごめんなさい。


介護用のマジックテープのは

洗濯するとパズルみたいになって

どことどこが合っていたのか分からなくなり

父の肌にガサガサが当たって

イタイイタイイタイ!

になりました。


「これせっかく買ってもらったけど

使いづらかったね。

悪くて言えないね。」

と言うと、父が

「(姉妹なんだから)使いにくいって

実直に言えば分かってもらえるよ。」

と言っていたことを思い出します。


すまない。

ありがとう。



2018年04月14日(土)



 身震い

母と一緒に父のところへ行ってきました。

初めなので道を覚えてもらうため。


父はお目覚めでボンヤリしていたのか

転院していることが分かっていませんでした。

「家の中身が変わっちゃった。」

と言いました。


話していくうちに思い出した様子。


リハビリの病院に移ったため

この前のところのような短時間の訓練ではないし

みっちりやられているようで

本当にリハビリを嫌がっていて可哀そうでした。


リハビリの話をすると

身の毛がよだつと言った感じで

本当に身震いしていて

看護師の話でも

朝からずっと嫌がっていると聞きました。



今は国の方針か知りませんが

何がなんでも家で看るように仕組みがなっていて

家に帰すと点数が上がって補助金が出るとかどうとか。


こんなにびしびしリハビリ漬けにすることが

本人のためなのかどうか

私は疑問です。








子どもの頃から見かけていたけれど

入ることはなかった昭和レトロな喫茶店。

母とお昼ご飯を食べました。


母はホットケーキで

私はナポリタンを食べましたが

ケチャップそのものの味で

どこまでも本当に昭和!




2018年04月13日(金)



 お出かけ

転院が無事済んで

ようやく少し息つく間ができたので

外へ出かけてきました。


髪を切りに行きました。

いつもとは違う1000円カット!

(いや女性は2000円だけど)

上手だった。


ついでに日よけの帽子を買いました。

今は長期休職していますが

私も帽子屋のお針子なので

ちょっと縫製が甘いのが気になったけどね。


お昼はパン屋のイートインで。

途中で気付いたけれど

お隣が親子で

家の父くらいと、付き添いの娘さん。


やはり娘さんが

こぼしているよ!とかって言ったりして

お父様は笑いながら「う〜ん。ふふふ。」

って。

ちょっと前の自分たちを見ているみたいで

パンを食べながらジーン。。。


そういえばこの駅はずっと一緒に病院通いをし

東京の病院に行ってからも、帰りはこの駅で降りていたし

お昼に大きなお揚げのうどんを食べたり

おやつの買い物をしたり

駅前のイルミネーションで写真を撮ったりしたのを

思い出します。


パーキンソンの先生が父に言った言葉

「引き算じゃなくて足し算で考えましょう。」


出来なくなったことは多いけれど

まだたくさん出来ることがあって

そちらを見失わないようにしないとね。











2018年04月12日(木)



 晩御飯



筍ご飯とピーマンの肉詰め


二人とも食べているつもりが

痩せて来ているので(私にはちょうどいいけど)

しっかり食べないとね。



2018年04月11日(水)



 第2ステージへ

無事転院できました。


今朝までお世話になった急性期病院の皆さん。

転院を待って病室にいるときに

お医者さんを始め

色々な方が引き継ぎのコメントを伝えに来て

改めてたくさんたくさんの方々の手を借りて

父を支えていただいていたことを思い感謝しました。


また私自身が一番話した人は

ソーシャルワーカーの方で

色々な思いをぶちまけてきたので

別れがたかったです。

おかげ様で無事行けるところが見つかりました。


寝台の介護タクシーで出るとき

お見送りに来てくれて

父は初めて会ったのでお世話になったことを伝えると

父もお礼を言いました。


私もお礼を言って

最後に「○○さんもお身体を大切に!」

と言ったらお互いにうるっと来てしまいました。


ここまで進んで来れて

神様ありがとうございます。



2018年04月10日(火)



 報告

教会で今までの報告をしました。

色々回復していることを

皆さん喜んでくださいました。


皆さんの祈りの応援が心強いのです。


90歳のおばあちゃんは

あのあとさらに大変なことがあり

本当に心配で

今日礼拝の途中で後ろを見たら

座っていたんで

顔見ただけで泣けてきました。


礼拝後も色々話をし

一人で介護や手続きや交渉や家事をしている

このおばあちゃんのために

もっと祈らなければと思いました。


でも2軒とも神様のお守りの中で

ひとつひとつ進んでいるのが分かりました。








今日はももよの誕生日です。

14歳です。

これはお祝いのささみフリーズドライを

羨望の眼差しで見上げているところ。


ももちゃんありがとう!



2018年04月08日(日)



 見学



昨日

母と見学に行ってきた。


色々色々話して来たけれど

簡単にはいかない。


神様が最善を成すことを

信じていかないと。

アロンとフル。

続けて頼むよー!


帰り道で買った遅お昼。

見学できた嬉しさで

二人で明るく美味しく食べたけど

夕方から急にどっと疲れが出て立っていられなかった。


母も守れますように。



2018年04月06日(金)



 絨毯



花びら絨毯


ももよはずっと足の裏を痛めていて

散歩が数メートルしか進まなかったのですが

やわらかい桜の絨毯のおかげで

散歩が進みました。





2018年04月02日(月)



 イースター

「驚いてはいけません。

あなたがたは十字架につけられた

ナザレ人イエスを捜しているのでしょう。

あの方はよみがえられました。

ここにはおられません。(以下略)」

マルコ16:6


イエス様はお墓にはいない。

復活されて

今も私たちと共にいてくださること。


そして

私たちもイエス様の身代わりの十字架によって

義とされたのだから

死んでも生きること。




何日か前、母と

「あ〜Aちゃん(同じ教会でヒバの教え子)に会いたい。」

「今度の日曜あたり来るんじゃないかな?」

と言っていたらホントに今日来た!


父のことを報告。

Aちゃんは看護師なので全部話が通じて

これから私たちが行こうとしている道も

父がどうなっていくかとか

よく理解してくれました。

今日はプロの顔であり友の顔でした。



2018年04月01日(日)
初日 最新 目次 MAIL SHOP


My追加

「iichi」
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

ねこねこのらねこ: ーHEAVENLY FATHER FEEDS THEM(マタイ6:26)─



日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場


あなたのホームページ・メールマガジンに広告を載せてみません
か? 成功報酬型で広告費を支払うエーハチネットがおすすめ。