ウィングのつぶやき
DiaryINDEXpastwill


2005年08月30日(火) ソリッドなんだけど、マイルドなVロッドアイアン

飛ぶドライバーを求めて試行錯誤してる人って多いと思うんですけど、「これだ!」というアイアンに出会えず、どこか不完全燃焼の人もけっこう多いと思うんですよ。

だって、最近のアイアンは平均化してしまって、「凄い!」っていうのがないですもんね。

ウィングは仕事でいろいろなクラブを試打しまくっているわけですが、「こいつは一味違うぜ」っていうものは、なかなかないんですよ。

簡単なものはめっぽう簡単で、難しいものはただ難しい。そんな感じですね。意外性がないんです。

最近で印象に残っているものといえば、ピンの「S59」と、ちょっと古いモデルですけど、「ハイブリッドデジタルオートフォーカス」になりますか。S59はつかまるように打つのに、適度に抜けた強い弾道になるところが良かったし、デジタルオートフォーカスはめちゃくちゃ簡単で、しかも打感がちゃちくないところが、オートマのスポーツカーみたいで気に入りました。

でも、S59はフェースの薄さが手に伝わってくるために、多少頼りなさを感じるし、デジタルオートフォーカスのようなクラブは、命を懸けた決戦(そんなのないけど)にはどうなのかな、なんて思ったりして、どっちも完璧ではありません。

で、肝心のVロッドアイアンなんですが、これは打った瞬間に「おっ!」と思ったんです。なぜかというと、



いままでに体験したことのない打感がしたから、です。

カチッというマッスルバックのような手ごたえがあって、次の瞬間にはキャビティならではのボールを包み込むような安定感を感じて、と思ったらその後にソールが滑って、フェース面がスクエアを保ったままシュッと抜けていく、とでも言えばいいのでしょうか。

要するに、ソリッドなんだけど、マイルド、なんです。それでいて弾道は強く、そして高い。

これは武器になると思いましたね。

試打したのは新しく開発したアイアン用のカーボンで、先を少し重くしてあります。そのせいか、スチール派のウィングでも、違和感なく使えます。

というわけで、早速Vロッドアイアンに変えようと思っている今日この頃です。



2005年08月29日(月) これがVロッドアイアンだ!

もうすぐVロッドアイアンが発売になります。
マッスルバックの打感とキャビティのやさしさを兼ね備えたアイアンに仕上がりました。弾道は強いですよ〜。

というわけで、その勇姿を見てやってください。
↓こんな感じです。

なかなかいい顔してると思いませんか?

アイアン用のメモライズも新たに開発しました。


このキャビティ形状が強い高弾道を生み出します。
価格はカーボンの6本セットで17万100円(税込)です。

すぐに詳細をレポートする予定ですので、お楽しみに。

「待ちきれない!」という方は予約も受け付けております。
03(3543)3303 松本までどうぞ。


2005年08月28日(日) ユーザーからのメール

先日、ホームコースの宮崎C.Cを回ってびっくりしました。

飛距離が格段にのびました。2番ホールをバックティーから582ヤードと一番長いロングなのですが、いつもは4オンがやっとのホールだったのが、V-ROD、スプーンとつないで第3打がなんと8番!

こんなことは人生初です。3番ホールも420ヤードでしかも海に向かって打つホールで、大体今の季節はアゲンスト。なかなか2オンしないホールなんですが、今回2オンに成功!

球筋も最高点からグッと一伸びある感じで、本当に自分の球かというほど。

今まで飛ばなかったのはボールにも原因があるのかなと思います(ボールとの相性)。BSのスーパーニューイング、V1やミズノのクロスエイトなど、飛ぶと評判のボールも使用しましたが、そんなに飛距離は前と変わりませんでした。今回は初めてキャロウェイERCをラウンドで使用したら、バッチリ20ヤードから30ヤードは伸びている感じで、これなら500ヤード以内のロングは「2オンを狙ってみようか」という気になります。

結局、私の場合はV-RODとERCのボールの組み合わせが一番飛ぶようです。ショートゲーム(特にバンカー)がヘタなので遠のいていたシングルの道ですが、V-RODの球筋を見てもう一辺、真剣にチャレンジしてみようかと夢がふくらんでいます。

最後に、マスダゴルフ関係者の皆さまのご活躍をお祈り申し上げます。
V-RODは本物ダァー!!
(宮崎県 T.Rさん  ヘッドスピード43m/s 9.5 R)



2005年08月27日(土) ユーザーからのメール

V-RODの感想ですが、「すばらしい!!」のひと言です。ラウンド前日に届いたこともあり、ぶっつけ本番だったのですが、とにかく真っ直ぐに飛んで行くV-RODの弾道に「本番でこんなの初めて!!」と感動しました。

ショートホールを除く、14ホールで使用した結果、フェアウェイを外したのはスタートホールと上がり2ホールの3ホールのみ(上がりの2ホールは疲れたのか、100切りを意識したためかOB)。
結果100は切れませんでしたが、こんなにパーオンの多いラウンドは初めてで「何かゴルフらしくなってたよねー」って感じでした。

パワーのある同伴競技者のゼクシオ氏をアウトドライブしたのは1回だけでしたが、まだまだ振り込めば飛距離は変わると思います。クラブの良さは言うまでもありませんが、余分な力を入れなくていいというか、必要な力を呼び起こしてくれるというか、そんな感じです。

それと当たり負けしないことがこんなにスイングに好影響を与えるとは、驚きです。ラウンドを終えてから2発のOBの反省も踏まえ、「もっと練習してスイングを磨こう」と思いました。
・このクラブなら信じれる。
・このクラブならいいスイングを導いてくれる。
・このクラブならインパクトゾーンが“また”見れる。
マスダゴルフには感謝、感謝でいっぱいです。

私にとってはほんとにほんとに宝物で、一生大事に使っていきます。アイアンやFW、パターも購入したいです。本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。

P.S.
V-RODを使っていると、FWやアイアンまでもが良くなるって購入者の声がありましたけどあれって本当ですね〜。アイアンはさっぱりでしたが、FWがびっくりするくらいきれいに当たりました。M社のFWですが今まで練習でもほとんどいい当たりせず、飾りのつもりでバックの中に入れていました。
「OBになってもいいから試しに使ってみよう」そう思い何も考えずフルスイングしたところ、信じられないくらいのナイスショットでした。

スイングを記憶するメモラズ、メモライズを使ったスイングを記憶している体??
よくわかりませんが、“恐るべしメモライズ”ですね。
(広島県 N.Kさん  ヘッドスピード42m/S  10.5 SR)


2005年08月23日(火) 「幻のコース」が函館にあるらしい。。

今日、友人から面白い話を聞きました。
とあるイギリス人が函館にある潰れかけのコースをウン十億円で買取り、
そこに自宅を建てたそうです。

そのイギリス人は大金持ちなので、コースで収益を上げようとはこれっぽっちも考えていません。なのでごく限られた知人にだけプレーを許し、コースの情報をいっさい公開していないのだそうです。

友人がそのイギリス人と回ったところ、3番ホールを終えたところで、「朝食食べましたか?」と聞かれ、「まだです」と答えると、グリーン奥の小高い丘の上にある英国風の東屋に朝食が用意されていたとのこと。

なにしろ自宅なので、何でもあり! なんです。

給仕の人に慇懃にサービスされながら、紅茶とパンとハムエッグでお腹を満たし、眼下に広がる雄大な景色をしばし楽しんだ後、一向は悠然と4番ホールに向かい、残りのホールをプレーしたそうです。

なんとも優雅な話ではないですか。

ちなみにコースの状態はというと、グリーンだけは完璧に手入れされていたものの、スルー・ザ・グリーンは自然のままで、さながらアップダウンの激しいリンクスコースの様相だったそうで、そこもまた惹かれるものがありますよね。




2005年08月11日(木) ファイターズの練習を見学してきました!

お盆休みの前にいろいろ原稿を書かなければならず、そのくせ週末静岡にサーフトリップにいったりして、しばらく書き込みができませんでした。

「ゴルフ未来研究所」「術のゴルフ」そして「ゴルフ進化論」がなんとか終わり、あとはゴルフコミックアスリートの「なぜあのプロは強いのか」を書けば、ウィングにも晴れて夏休みがやってきます。

実は今日、雄二さんと日本ハムファイターズのファームの練習を見に行ってきまして、たった今仕事場に戻ったところです。「見に行った」というよりは、「参加した」というか、フリーバッティングで外野を守ったりなんかして(「球拾い」ともいいますけど)、元野球少年のウィングとしては、夢のような体験でした。

ラッキーなことに、岡本二軍監督からマンツーマンでいろいろ興味深いお話を聞くことができ、最近のファイターズ躍進の理由がわかったような気がしましたね。

今日は遊びに行ったので、その内容を明かすことはできないのですが、今度は正式な取材で出かけるつもりです。そのときは、真庭林蔵の口から最新の野球理論をお伝えしたいと思います(笑)。

岡本監督、そして五十嵐コーチ、川名コーチ、本当にありがとうございました。


ゴルフライター小林一人

My追加