初日 最新 目次


阿修羅場に生きる
aya

My追加

2006年10月24日(火)
掘ァ^貳峺討个譴詭樵



「ayaさん。」


「はいっ!」


「これ、コピーお願い。」


「一部でイイですか。」


「うん。」


「いつまでです?」


「今日中でイイから。」


「はーい。」




―今日中って言われて、夕方に仕上げてるようじゃ、ダメよね。



「コピー、ここに置いときますね。」


「ありがとう。」




―うっ。今回は、笑顔が見られなかったわ。残念。



「ayaさん。」


「時間あります?」


「ありますよ。何ですか?」


「これなんですけど、いいっすか?」


「こうやればいいんですね。分かりました。いつまで?」


「できれば、早めで…。」


「今日中でイイですか。」


「んー、もうっちょっと早くできます?」


「何時ですか。」


「3時頃とか。」


「・・・分かりました。」


―まったく。初めから言えよ、期限を。



「ayaさん。」

「なんでしょう。」

「これって、どこにあるか知ってる?」

「それは、・・・ココです。ココにありますから。」

「これはないの?」

「それは、高いので。あった方がいいです?じゃ、頼みましょうか?」

「うーん、いいや。これでなんとかなるやろ。」

「そうですか。」



―贅沢言うな。アタシだって、欲しいのは山々なんだ。便利だもんね。

 アタシはイイのよ、別に。

 でもさ、うるさく言う人がいるから。大変なのよ、これがまた。





「ayaさん。」

「これさ、こうしてくれますか。」

「はい、分かりました。これでいいんですね?」

「そう。そうそう。」



「これでよろしいですか。」

「うーん、どうしようかな。」

「・・・」

「じゃあ、ここをこうしてくれますか。」

「分かりました。」



「ayaさん、やっぱりさ、さっきののをここに持ってこよう。」

「はい。」

「うん、これでいいだろ。」

「分かりました、訂正しますね。」



「ayaさん、これ、お願いします。」

「はい。ありがとうございます。」

「あっ、そのコピーいただけますか。」

「分かりました。」

「それと、白紙のものも何枚かください。」

「はい。」


「ayaさん、これさ、これで出しといて。」

「はい。」




「よしっ。  ・・・ayaさん。」

「はい。」

「これでいいです。」

「じゃあ、これで送っちゃいますね。」

「そうしてください。」



―うっ、かんなり、振り回されてるなぁ。

 もうそろそろ、外でないかなぁ。

 もしかして今日、このまま支店に居る気なのかぁ?



―おっ、出かけた。



「ふぅ。」



―ほんと、人を振り回すんだから。

 さぁてと、自分の仕事しよぉーっと。




このオフィスで、一番呼ばれている名前は、
間違いなく「ayaさん」だと誰もが認めるところだ。
理由は簡単だ。
私が、「なんでも引受け屋」だから。


なんでも引受けられるだけのキャパと、

なんでも頼みたくなるだけの能力と、

どことなく声をかけたくなるだけの雰囲気が、


「なんでも引受け屋」を繁盛させているのだ。





―オフィス・レディたるもの、頼まれなくなったら「終わり」だろう。












↑エンピツ投票ボタン

My追加