酒場と野球と男と女
DiaryINDEXpast


2018年02月20日(火) 2018年如月の巻。

 人生100年時代、だそうな。

 2017年時点、日本で100歳以上の人が7万人弱。

 90歳まで生きる確率は、女性が49.9%、男性25.6%だってさ。

 オイラが生まれた1960年当時、

 100歳を超えた人は全国でわずか150人程度だったというから、

 そりゃあ、驚きだわ。


  まぁ世の中なんてなぁ何でも「○○時代」とか、

 いろいろ付着しがちなもんだけど、

 何もオイラが50も超えて、

 もうじき穏やかに還暦迎えようかい、と思ってる矢先に、

 「おいおい、まだまだ先は長げぇぞ、怠けるな、コラっ!」

 と言われているようで、何ともイカン、遺憾ですわ。


  信長が舞う『敦盛』に、

 「人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻のごとくなり」

 という有名な一説がありますな。

 「ふぅむ、人の一生は50年そこら、だもんな」

 「そんなもんよ、儚いもんよ」としたり顔で、
 
 安酒場でとろーんとしてたら、

 「それ解釈、半分違いますよ」

 とおかわりの酎ハイ持ってきたお兄ちゃんから突っ込まれ、

 「化天は、天上界のひとつで、”人間界の50年の歳月は、

 化天においては、一昼夜にしか過ぎない”ということで、

 人の一生が50年と言ってる訳ではないんです。

 まぁ人の世の儚さという点では、合ってますが」


 と、ピシャリと酎ハイどころか冷や水を喰らったような。

 
   「やかましいわ!!!」


 如何せん、何ともイカンです、ハイ。

 まぁ、何とか自らを”鼓舞”しましょっと。

 

 と、書き出しもジィジクサくなった2018年。

 2ヵ月足らずですが、まぁいろいろありましたなぁ。

 何といっても1番は【花嫁の父】でありましょう。

 
  2月11日、府中・大國魂神社にて、

 次女が挙式・披露宴を挙げましたわい。

 長女は、実利的な性格ゆえか、式は挙げなかったんで、

 最初で最後の【花嫁の父】をやっちゃたんですな。

  神前式でもあり、花婿・花嫁・花婿父・花嫁父母、

 全員が和服という「和」へのこだわり。

 ”日本人としてのアイデンティティよぉ!”

 つうか、ほとんど”その筋”の襲名式みたいな感も……。

  前日まで、雨天予報だったところが、見事、晴れ!

 しかも今年1番の陽気。ほんと有難いことでした。

 【花嫁の父】も宴の最後、皆様にご挨拶。

 泣く気なんか全くなかったのに、

 とんでもないところ(大國魂神社スタッフへの謝辞)で、

 スイッチが入って、挨拶クシャクシャになったことを

 恥を忍んで記しましょうぞ。



 しかし、慶事もあれば、です。


 1月4日、同郷でもあり、長男の明治大学野球部の大先輩でもある

 闘将・星野仙一氏が亡くなった同日。

 32年間所属するスローピッチソフトボールリーグで、

 鎬を削ったライバルチームのエース、ナベさんが去った。

 64歳でバリバリの現役。飄々を装いながら、負けず嫌い。

 寿司屋好きで、酒好き。

 カネも持ってるし、口惜しいけど(モテるだろうなぁ)と

 オイラに思わせる数少ないオヤジだった。

 2018年のシーズンも共に投げ合えるもんだと、

 昨季が終わったころには思っていた。

 いや、嘘だ。

 そんなこと頭にかすりもしない程、

 当たり前のことだと思っていた。

 逝った日は手術予定日だったそうな。


 
 良いことも、悪しきことも、明日のことは分からん。

 いや、1分先、1秒先も分からんよ。

 人生100年でも、60年でも、50年でもない、と思う。

 今の今までが、人生なんだろうなぁ。

 で、繋いで、継ないで、接いで、

 もう少し先の”今の今”があるかも、なんだろうけど、

 それも分からんわなぁ。


  
  早朝、背伸びしたら気ぃ失って、転倒。

  右手薬指脱臼した、なんてこともあった今年は、  
  
  いつも以上に寒さがこたえる。

  
  ”衣更に着る”2018年如月の沈思黙考ですわぁ。








 






熱血野球オヤジ |MAIL

My追加