読書記録

2019年08月15日(木) 語りかける花 / 志村 ふくみ


 染織家で人間国宝の著者が自然が織りなす言葉を豊かな感受性で綴ったエッセイ集。

京都嵯峨野に住み、草木の精を糸に染め、自然のたたずまいを織に写し、この世のものとも思えない作品を生み出している。

静かに時には強く語りかける花の声をきき、その色をいただく、敬虔で清雅な生き方、美しい色に生命をかける情熱と強靱な心意気。

とにかく文章が美しくて各章を読んだ後、そっと目をつぶれば情景が浮かんでくる気がする。


これは手元に置いて日々の生活に疲れたとき、どこでもページを開けば癒されるように思った。



                       #####





 < 過去  INDEX  


fuu [MAIL]