読書記録

2018年08月30日(木) かがみの孤城 / 辻村 深月

 主人公、安西こころ。
中一の5月から不登校。
ある日 自室の鏡が光って手を伸ばしたら吸い込まれるように城に着いた。
そこには こころと同じような不登校の6人の仲間がいた。

何故か みんな同じ雪科第5中学の生徒。
こころは、1年4組。
ウレシノは、、1年1組。
フウカは、2年3組。
マサムネは、2年6組。
スバルは、3年3組。
アキは、3年5組。

ところが・・・みんなは パラレルワールド(並行世界)という私が聞いたこともない世界で生きていた。

さらに 驚かされたのは、7人が会える『城』の世界は ずれた時間を超越した空間だったのだ。

長久 昴、1985年。
井上 晶子、1992年。
こころと 水守 理音、2006年。
政宗 青済、2013年。
長谷川 風歌、2020年。
嬉野 遥、?年。

みんな7年ずつずれていて、さらに驚かされるのが、みんなにいろいろな伝達をしていた城の住人(・・・??)オオカミさまは、理音の13歳で亡くなったお姉さん、水守 実生。
そして こころに闘わなくていいよ、と言ってくれたフリースクール(心の学校)の喜多嶋先生はアキの結婚後の人。

いろんなオチがあって 本当に面白かった。


さすが、本屋大賞とか王様のブランチブック大賞とかを受賞するだけのことはある作品だなと納得した。





 < 過去  INDEX  


fuu [MAIL]