++いつか海へ還るまで++

雨が降る 代わりに泣いて いるように

降り続く雨 降り止まぬ雨


2012年08月31日(金) 一週間 

今回 恋人のお父さんが亡くなったこと、
お宅に一週間行く事になったことを
事情を知ってくれてる親しい友人達にも何も言わないまま出かけました。

正直、知らせるべきかギリギリまですごく迷ったのですが
何しろ、一度面識があるとはいえ、長期間お世話になるのは初めての上に
とてもデリケートな時期だし、自分自身が他人様の中に入って
まだ、ちゃんとやっていけるのだろうか・・・という不安と緊張で
まったく余裕がなかったことと、あとは願掛けの意味も込めて・・・。

誰にも話さずに行く事に無事の帰宅の願を掛けてました。

前の婚家の一件で人間の豹変の怖さ(確かに元々クセのある人達で
???な所はあったけど、サッパリサバサバしたタイプ・・と
認識していただけに粘着、暴言に驚いて)を思い知っていて。

恋人のお母さんも妹さんもまったくタイプが違って、おっとりとした
穏やかな大人しい人達なのですが、それでも伺うときは
マイナス評価されて当たり前、プラスマイナス0なら上出来、と
自分に言い聞かせて大げさなようだけど決死の覚悟でした。

息子達もわたしの心身が持つのか、ちゃんと馴染めるのかを
心配してくれてて。

毎日息子とメールしていたのですけど、
ご家族に温かく迎えてもらえたこと、
わたしが家業や家事のお手伝いをしたり、
すっかり妹さんと意気投合したこと・・・などを
知らせると、安心して喜んでくれました。

ただ、頑張りすぎて無理しすぎないように・・・と。

これじゃ どっちが親だかわかんないよねぇ(汗)


寝食を共にして一緒に仕事や家事をお手伝いして
一週間という日々はこれからもお互い一緒にパートナーとして
歩いていく上で、とても貴重な時間でした。

妹さんともすっかり友達になり、メール交換をして。
お別れの日、お母さんが手を握り
「また、是非来てね。これからもあの子のことを宜しくお願いしますね」
と、言ってくださいました。

大きい子供が三人もいるシングルマザーで8つ年上で
遠距離、という事情をすべて知った上でそう言っていただけたことが
すごく嬉しかった。

自分の立場に引け目を感じ過ぎたり、生きてきた人生に対して
卑屈な態度をとったりせず、あるがままとして背筋を伸ばして・・・
と それでも気負いすぎて頑張りすぎると
周りにかえって気を遣わせちゃうし。

自然体で・・・っていうのが わたしみたいな
肩の力がうまく抜けない人間には一番難しかったりするので。

でもだから尚更、帰る日に、寂しくなる って
名残を惜しんで貰えた時、ああ・・・こうして伺えて良かった
としみじみ思いました。

継いだ家業の方も忙しく、まだまだ大変みたいだけど
落ち着いたら、今度はわたしの方の子供達や両親にも
会いに来て欲しいな・・・とも。

それもこれもひとつずつ焦らずに無理なくね。


わたしたちの歩みは本当にゆっくりゆっくりで。

でも あの頃 は諦めていたことが
今 こうして叶っていることの 不思議。



人生 いつどうなるかなんて 誰にもわからないから

後悔の無い人生なんてないだろうけど
こうして今 命を与えられているから
みんなで幸せになる為の道を探していけたらいい。

誰の為でもなく自分がやれることを自分なりにやっていきたい 
と 思っています。



歩いてきた道を

傷や痛みを

少なくとも誰かのせいにしたりせずに

その瞬間に
目を瞑ることができるように。







 < 過去   INDEX  


ゆうなぎ [MAIL]

My追加