ゆらゆら日記
風に吹かれてゆらゆらと気の向くままに生きていきたいもんです。

2017年11月23日(木) 紅葉デートをしてみたり

昨夜のうちに雨がやんでくれて夜明け前にはオリオン座。

いつものように夜明け前の静かなひと時をたのしんでいた。


娘が「じいちゃんとどっか行って来たら」と言ってくれて

紅葉デートをすることに。たぶん今年最後のドライブかな。

出かける準備をしていたら息子から「けいくんヘルプ」のメール。

けい君も一緒に連れて行こうと思ったのだけれど

息子が「まあなんとかするわ」と言ってくれてお守りを免れる。

でも夜勤明けの息子がとてもしんどそうだったので複雑な気分。

ごめんね、ごめんねと心でつぶやきながら予定通りに出掛けた。


愛媛県松野町の「滑床渓谷」まで1時間半ほどで着く。

紅葉はちょうど見頃でとても綺麗だったけれど

思いがけないほどの寒さ。肩をすぼめるようにして歩く。

ジャンバーのポケットに手を入れて歩くじいちゃんの後ろ姿。

私はベストだったのでよけいに寒くてぶるぶる震える。


ゆっくりと散策をしたかったけれど寒さに負けて早々と帰路につく。

帰り道の道の駅で昼食。宇和島のじゃこ天を買って帰る。



帰宅すると風邪気味だった娘が悪寒がするとのこと。

案の定、夕方には熱が出てしまって少しあたふた。

めいちゃんはお母さんにべったりで離れようとしない。

夕飯も食べてくれなくてなんとか大好きなリンゴを。

お母さんのお熱早くさがりますように。

今はお父さんとおりこうさんでいてくれてほっと一安心。


そんなこともあったけれど今日も「いい日」としよう。

家族みんなが元気でいてくれるのがいちばんだなって

つくづく思いつつ焼酎を飲んでいるばあちゃんです。




今日の寒そうなじいちゃんの後ろ姿







2017年11月22日(水) 冷たい雨の日のコタツムリ

二十四節気の「小雪」四万十は冷たい雨の一日だった。

おひさまのありがたさをつくづくと感じる。



非常勤を盾にして今日と明日の連休。

今日は水曜日恒例の3B体操に行っていた。

いつものように楽しく身体を動かす。

最後には腹筋をしごかれかなりきつかったけれど

程よい疲れがとても心地よく感じた。


帰宅して昼食を終えるなりコタツムリになっていた。

とろりんとろりんと気持ちよくしばしのお昼寝。

なんとも怠惰なひと時。それも自分へのご褒美にして。


娘から電話があって少し残業になったとのこと。

もう保育園のお迎えの時間になっていて大急ぎで駆けつける。

あやちゃんもめいちゃんも「おかあさんは?」と言いつつ

まるでおひさまのような笑顔でいてくれて嬉しかった。


雨で日課のお散歩に行けず、あやちゃんはタブレット。

めいちゃんとお人形さんでユーチューブごっこをして遊ぶ。


5時前には娘も帰って来てくれてふたりで夕食のしたく。

手際よく手伝ってくれる娘にはほんとうに助かっている。

「さあみんなでご一緒にいただきます」なんて言って

今夜もにぎやかで楽しい夕食だった。


今日も平穏無事。笑顔の一日をありがとうございます。

いつもあたりまえのことには思えなくて胸が熱くなる。



2017年11月21日(火) 夕陽におやすみなさい

またまた寒さの更新。今季一番の冷え込みとなり初霜も。

でも少しずつそんな寒さに慣れてきているような気がする。

まだこれからの冬本番。今からへこたれるわけにはいかない。


日中はありがたいことに笑顔のおひさま。ほっこりと小春日和。

仕事はさほど忙しくもなくお昼で終わらせてもらって帰路につく。

ふっと思い立って帰り道の公園へ。リンドウの花が少しだけ。

冬枯れの景色の中に木々の紅葉がとても鮮やかだった。



帰宅して炬燵に潜り込むといつの間にかうたた寝。

1時間もお昼寝をしてしまって慌てて洗濯物を取り入れる。

そうして今日も夕散歩。少し歩くと薄っすらと汗をかく。


お大師堂には顔なじみのお遍路さんが2ヵ月ぶりの再会だった。

「よいお年を」と言ってくれて、ああもう今年最後なのだなと感慨深い。

新年を迎える時にはどうか暖かい場所でと願わずにいられなかった。


土手の道にあがれば自転車のめいちゃんと娘の姿を見つける。

「めいもおだいしさんいきたかった」ってごめんねめいちゃん。


少し雲に覆われていたけれど今日も夕陽におやすみなさい。

平穏無事が何よりの幸せに思う。今日もありがとうございました。



2017年11月20日(月) ばあちゃん歩けば夕陽に会える

曇りときおり時雨れては夕方には晴れて夕陽がきれい。


孫たちを保育園に送りと届けてから山里の職場へ。

着ぶくれているばあちゃん。孫たちは今日も薄着。


仕事はPCトラブルもあり少しあたふたしたけれど

なんとかお昼には一段落。逃げるように帰路につく。

帰り道のダム湖の公園に寄り道。山茶花の花が可愛い。


帰宅してすっぽりと炬燵で、じいちゃんと昨夜の「陸王」を見た。

炬燵でテレビも良いものだ。これも冬の楽しみだと思ったり。



孫たちを保育園に迎えに行ったけれど、夕散歩はふられてしまって

あまりの寒さに私も諦めようかと思ったけれど、防寒着を着て

えいやあと独りで歩き始めていた。まずはお大師堂まで。

お遍路さんの靴。そして熱心な読経の声が聞こえていた。

そっと窓からのぞいてみると、どこかのお寺の住職さんかな。

黒装束を着たお遍路さんが聞きなれない難しいお経を唱えていた。

邪魔をしてはいけないと後ろ姿にそっと手を合わせて帰る。


河川敷の道を手を振っておいちにいさんし。

大橋のたもとまで歩くと、もうぽかぽかと身体が温もっていた。

これからどんどん寒くなるけれど、やはり歩かなくてはと思う。

ふっと愛犬あんずが生きていた頃を思い出す。

雨の日も雪の日も一緒に歩いたなあって懐かしい。

亡くなって4年目の冬。かあさんまた頑張って歩き始めたよ。



今日も平穏無事。それが何よりの幸せに思う。

家族そろってにぎやかに夕食。ほっこりとあたたかい我が家だった。





2017年11月19日(日) かけがえのないもの

おひさまはとても元気だったけれど、風が冷たく冬らしい一日。

昨夜は青春時代をともに過ごした友たちと楽しい時間を過ごし

ほとんど眠らないまま今朝の始発列車で帰って来る。

生きているうちにもっともっと会いたいと思う大切な友たち。

みんなそれぞれに不安を抱えているだろうけれど

「また会おうね」って笑顔で別れられてほんとうに良かった。


「かけがえのないもの」それがあるおかげで前を向くことが出来る。

なんとしても長生きをしようと強く心に誓ったことだった。



家に帰ると庭先に揺れる洗濯物。ああ我が家だなとほっとする。

めいちゃんがちょっと照れくさそうに「おばあちゃんだ」って

思わずぎゅっと抱きしめていた。待っていてくれたのありがとうね。


たまには留守をするもの良いものだけれど、やはり我が家がいちばん。

午後はじいちゃんと一緒に炬燵でお昼寝をしていた。


また明日からの日常を元気に踏み出そうと思う。

明日のことがわからないからこそ明日を信じて前を向こう。



2017年11月18日(土) 夜明け前、静かに雨が降っています。

静かに雨が降っています。

それほどの寒さはなくほっとしている夜明け前。



今夜は早くも忘年会があって

安芸郡田野町まで出掛けて来ます。

旧友たちと大いに盛り上がる事でしょう。


生きているうちにと思います。

会える人達には会っておきたい

そんなお年頃になりました。


午後3時発の「アンパンマン列車」で行って来ます。



2017年11月17日(金) 寒さが身に堪えるけれど

今朝は今季いちばんの冷え込みとなる。

朝の青空もつかの間、すぐに曇ってとても寒い一日。

急激な気温の変化に身体が思うようについていかない。

それも年のせいか。少しなさけなく思ってもみたり。



孫たちを保育園に送り届けてから山里の職場へ。

孫たちの薄着にははらはらするけれど

「寒くない」と言う。やはり子供は風の子だ。


ぼちぼちと仕事、お昼に一件集金があってそれを済ませてから

少し遅めの帰路についた。母は通院日で留守。


帰宅するなりホームセンターにあやちゃんの自転車を受け取りに。

やっと届いた。喜ぶ顔を早く見たくてたまらない。


保育園にお迎えに行ったけれど今にも雨が降りそうで

夕散歩は諦めて家の前の路地で自転車に乗って遊ぶ。

少し大きめの自転車をおそるおそる練習するあやちゃん。

新しい自転車は嬉しいけれどちょっと怖かった様子。

まだまだ補助輪が必要。毎日練習をしてみようね。


日が暮れるとやはり雨。ぽつりぽつりと冷たい雨だった。

一雨ごとに寒さが厳しくなることだろう。

そんな冬を受け止めなくちゃって思う。


今日も平穏無事。笑顔の一日をありがとうございました。


 < 過去  INDEX  


anzu10 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加