ゆらゆら日記
風に吹かれてゆらゆらと気の向くままに生きていきたいもんです。

2019年04月23日(火) 雨音を聞きながら

曇り日。夕方から雨が降り始めた。一時は土砂降りになる。

久しぶりの雨が心地よい。きっと恵みの雨になるだろう。



今日も川仕事を終えてから山里の職場へ。

義父も同僚も居てくれて順調に仕事がはかどる。

昨日までのやきもきしていた気分が一気に晴れた。

これで10連休がやって来てもだいじょうぶ。

とてもほっとして心地よい達成感があった。



帰り道、すっかり遅くなってしまったので

買い物をあきらめて山道から帰ることに。

そうしたらぽつぽつと雨が降り始めてしまった。

峠道を下ったところで自転車のお遍路さんに出会う。

今日は迷わずに声をかけることが出来た。

訊けば山里の民宿を予約してあるとのこと。

自転車とは言え雨も降りだしてしまって

峠道はきつく一時間では無理だろうと話す。

それでも頑張ってみますと笑顔で応えてくれた。


お遍路さんを見送ってからとうとう雨が土砂降りになった。

困った。無事に着くだろうかとはらはらと心配でならない。

その時、民宿のご主人が軽トラックを持っていることを思い出す。

知らせたら迎えに来てくれるかもしれないと思った。


道端に車を停めてケイタイの電話帳をどうかどうかと探すけれど

職場のお得意さんなのにどうしたことか登録していなかった。

なんとがっくり。これでは何の役にも立たない。


仕方なく家路を急ぎながら、日もずいぶんと長くなったしなと。

明るいうちに着けるかもしれないと思いなおす。


「いい日」だったなと思う。雨音を聴きながらこれを記す。







2019年04月22日(月) けっこう元気な自分がいた

夏日を通り越して市内の江川崎では真夏日になったようだ。

各地で気温が上昇のニュース。もう初夏と言っても良い。



川仕事も暑さで参ってしまっていつも以上に疲れが増す。

川船に乗って帰る時の川風がなんとも心地良かった。

あっという間に船着き場に着き、もっと船に乗っていたいほど。



お昼過ぎに作業を終え山里の職場へと走る。

そのまま宿毛市まで集金に行っていた。

任務完了かなと思う。とにかく少しでも横になりたくて

二時間ほどで終わらせてもらって帰路に着く。


義父ばかりではなく同僚まで駆り出されての農作業。

こんな状態が続いていたら致命傷になりかねないのではと不安が過る。

けれども義父にはそれなりの考えがあるのだろうと思い直す。

私が口を挟んではいけない。ただただ見守るしかないようだ。


明日はどうなることやら。とにかく行ってみなければ分からない。

私は自分に出来る事を精一杯にやり遂げようと思う。



帰宅して一時間ほど横になることが出来た。

気がつけば胃痛も腰痛も忘れけっこう元気な自分がいた。



2019年04月21日(日) 幸せがこわくなるときがある

今日も夏日だったようだ。いま夕風が涼しくて心地よい。

ずいぶんと日も長くなり孫たちが食後のお散歩に行っている。

あやちゃんは半袖Tシャツ。めいちゃんはノースリーブのブラウス。

土手から聴こえてくる声に微笑みながらこれを記している。



川仕事も暑さとのたたかいだった。

胸までの胴長靴は冬は寒さをしのげるけれど

春になると汗ばむほどになってけっこう辛い。

おまけに大潮で川の水はどんどんと引いて行く。

「あつい、あつい」と言いながらも今日も精一杯がんばる。



天日干しの作業を終えて帰宅したら

娘むこと孫たちがシジミをたくさん採って来ていた。

潮干狩りがとても楽しかったようだ。

娘が仕事だったので今日はふたりともお父さんっ子。



夕飯は日曜日恒例の鉄板焼きをする。

お肉やウィンナーを焼いてわいわいと楽しい夕食だった。

みんなの笑顔が嬉しい。それがいちばんのごちそうに思える。



今日も平穏無事。時々ふっと幸せがこわくなることがある。

だからこそ大切にしなければいけない日々のこと。



2019年04月20日(土) 何よりもありがたいこと

二十四節気の「穀雨」穀物に恵みの雨が降る頃。

例年ならば菜種梅雨に差し掛かかる頃だけれど

今年の春は雨の日が少ないようだった。


今日は薄曇りだったけれどほぼ夏日となり初夏のような陽気。

保育園の親子遠足があり娘たちは家族そろって出掛ける。

公園でかけっこもしたりしてとても楽しかったようだ。




川仕事は大潮でぐんぐんと潮が引いて行くので

水があるうちにとせっせと収穫を頑張る。

そろそろ海苔の寿命が近づいていて弱り始めている。

次の大潮までは持たないかもしれない。

もうじゅうぶんだなとじいちゃんと語り合いながら。


毎年の事だけれどそれは突然にやって来る。

昨日まで生きていた海苔が翌日にはもう駄目になる。

その時に胞子を出す。まるで鮎の産卵のようだった。



午後は箱詰め作業を2時間ほど。

後は夕方までのんびりと過ごすことが出来た。

とろりんとろりんとうたた寝も心地よいものだ。


今日も平穏無事。それが何よりもありがたいこと。





2019年04月19日(金) 片方の草鞋をちょこんと置いて

最高気温が25℃を越えすっかり初夏のような陽気となる。

今日は風が弱かったのでよけいに暑く感じた。



じいちゃん定期の通院日のため川仕事はお休み。

片方の草鞋をちょこんと揃えて置いておくのも良いものだ。



仕事は義父がいないとやはり思うように捗らず

でも急ぎの仕事だけはひとつ片づいてほっとする。

あれもこれもと欲張らない方が良いようだ。

なんとかなるだろうと心を落ち着かせるのが肝心。



早目に帰宅出来たので洗濯物をたたんだり

少し家事をしている時間も好きだなと思う。

そうして娘と孫たちを「おかえりなさい」と笑顔で迎える。


夕飯の支度が出来て「ごはんよ〜」と娘がめいちゃんを呼んだら

二階から忍び足で下りて来た。口元を手で隠してなんか怪しい。

お母さんのメイク道具で遊んでいたようでなんと口紅を塗っていた。

それがあまりにも上手に塗っていてみんなで歓声をあげるほど。

「ほんとにおませな子なんだから」とてもまだ4歳とは思えない。


そんな愉快な事もあって今日も暮れていく。

ずいぶんと日が長くなった。夕焼け空がとてもきれい。



2019年04月18日(木) ひなたぼっこより風ぼっこ

日中は気温が高くなり汗ばむほどの陽気となる。

吹き抜ける風のなんと心地よいこと。

ひなたぼっこより風ぼっこが似合う一日だった。



早朝よりの川仕事を終えるなりまた少し胃痛が。

しばらく迷っていたけれど山里の職場は休ませてもらうことに。

じいちゃんが「たまにはゆっくり休もうや」と言ってくれて

夕方までごろごろと寝てばかりいた。


娘が遅くなるので久しぶりに保育園のお迎えに。

日焼けしためいちゃんがまるでお猿さんみたいにとび出して来る。

家に帰って今度はあやちゃんが帰って来るのを待っていた。

もうそろそろかなとめいちゃんと何度も路地を覗いていたら

ランドセルを背負ったあやちゃんがふうふう言いながら帰って来る。

暑くてしんどかったそうだ。あやちゃんもほっぺが真っ赤だった。


さんすうとこくごのしゅくだい。さっさと済ませるタイプらしい。

いいねそれって。後からいっぱい遊べるものね。



胃痛も少し楽になり夕飯も美味しく食べられて良かった。

体調が悪いとついつい弱気になってしまうけれど

だいじょうぶ、だいじょうぶと自分に言い聞かせている。


明日のことはまたあした。今夜もぐっすりと眠ろう。



2019年04月17日(水) あと少しもう少し頑張ってみよう

曇り日。雲のベールからこぼれるように薄陽がさす。

風があったけれど暖かな一日だった。


川仕事を終えてから今期二度目の出荷。

頑張ったかいがあり目標を越えていて嬉しい。

これでいよいよラストスパートになる。

最後の出荷まで精一杯力を尽くしたい。



早目に昼食を終えて山里の職場へ向かった。

時間帯にもよるだろうけれど歩き遍路さんの多いこと。

外人さんの姿も見つけて嬉しくてならない。

声をかけられたらどんなに良いだろうか。



仕事は義父が少しのあいだ居てくれてなんとか一件だけは片づく。

ながいGWに突入するまでにまだ車検の予約がたくさんあって

義父の協力なしではとても終わりそうになかった。


義父は副業の農業が忙しく今は田植えの真っ最中だった。

米作りが好きで始めたけれど本業が疎かになってしまう。

だからといってどうして文句が言えようか。


二足の草鞋は私も一緒だった。きっとなんとかなるだろう。

これも試練だと受け止めてみんなで協力し合って乗り越えなければ。




胃痛が少し楽になったら今度は腰痛になってしまった。

娘と孫たちが夕散歩に誘ってくれたけれどとても歩けそうにない。

情けないけれど弱音を吐いている場合ではないと思う。


あと少しもう少し頑張ってみよう。

ゴールまでなんとしても完走してみせよう。









 < 過去  INDEX  


anzu10 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加