ゆらゆら日記
風に吹かれてゆらゆらと気の向くままに生きていきたいもんです。

2019年08月25日(日) 懐かしい再会はとてもせつなかった

一気に夏が終わったような涼しさ。

時おり雨がぽつぽつと降ったけれどほぼ曇り日。

しばらくは不安定な空模様が続くとのこと。

夏の名残のおひさまに再び会いたいものだ。



朝のうちにお大師堂へ。

扉が開いておりお遍路さんの足が見えていた。

寝転んで寛いでいるのかもと踵を返そうとしたけれど

思い直して近づくと思いがけない再会があった。


息子と同い年の石川君。無事でいるのかとずっと気になっていた。

ほぼ3年ぶりの再会ではなかっただろうか。

その3年の間にお寺で修業をしてお坊さんになったのだそう。

「逃げ出して来たのではない」と言う。その言葉を信じたい。

よほど辛いことがあったのだろう。もうお寺には戻らないと。

まだ若いのにとなんともせつなく複雑な思いが込み上げてきた。

けれども凛としている彼の姿にふと希望を垣間見たような気もする。


みんなそれぞれに与えられた人生があるのだろう。

どんなかたちであってもそれを全うするのが使命だとおもう。

しっかりと自分の道を歩んで行って欲しいと願わずにいられない。


「また会おうね」笑顔で別れたけれどふと母親の気持ちになる。

自分の息子ならばなんとしても引き止めていたかもしれない。

ちゃんと三食食べられているか身体を悪くしてはいないか。

心配でたまらなくてこころを病んでいたかもしれない。


彼はもう家族は要らないと言うけれど

どうして我が子を忘れられる親がいるだろうか。


懐かしい再会はとてもせつなくて哀しかった。




2019年08月24日(土) ちびっ子パワー全開

夜明け前にはざあざあと音を立てて雨が降っていた。

秋雨前線とのこと。もうそんな季節になったのか。

日中は曇り空。ずいぶんと涼しく感じる。



娘夫婦が仕事のため孫たちと過ごす。

めいちゃんが保育園に行ってくれたので半日でも助かる。

お昼前にお迎えに行ったら鉄棒をするところを見てほしいと。

逆上がりはまだ出来ないけれど前回りが上手になっていた。

得意顔で何度もして見せてくれる。すごいねめいちゃん。


午後はあやちゃんとふたりで仲良く遊んでくれる。

いつもはひとりでドイレに行けるのに

今日は甘えているのか「おしっこみて」とめいちゃん。

ちょこんと便座に座る姿はなんとも可愛らしいものだ。


家の中で遊ぶのにも飽きてしまって庭で縄跳びをして遊ぶ。

そろそろ娘が帰る頃だったのでふたりとも待ちかねていた。

実はおばあちゃんも待ちかねていたのでした。

ふたりとも手が掛からなくなったけれど

パワフルなちびっ子パワーには少し負けてしまいそう。


やっと娘が帰って来てくれてお役御免。

ほっとしたのもつかの間、すぐに夕飯の支度だった。

娘が麻婆豆腐を作ってくれる。ありがたやありがたや。

娘がいなかったらとても6人分の夕食など作れない。


同居を始めてもうすぐ5年目になる。

めいちゃんの5歳の誕生日も近くなった。

宝物のような日々のことをふっと懐かしく思い出す。


今日も「いい日」でした。ありがとうございます。





2019年08月23日(金) はなまるをあげましょう

二十四節気の「処暑」夏が退き始める頃とされる。

その「しりぞく」という言葉に哀しみをおぼえる。

追いかけることもすがりつくこともできない

ひととの別れに重ねて感じずにはいられなかった。



曇り空。時おり思い出したかのようにぽつんと雨が降る。

ふと空も哀しみに耐えているのではないかと思った。



仕事を終えて帰り道。ものすごい睡魔におそわれる。

なんとか金曜日までたどりついたものの

今週はひどくつかれを感じていた。

もう若くはないのだとつくづくわが身を思う。

少しも頑張ってなどいないのに情けない気持ちにもなる。

それでも日々のことをそれなりに乗り越えて来たのか。

上等ではないか。はなまるをあげましょうわたし。


帰宅するなりばたんきゅうと寝入ってしまう。

鼾をかいて寝ていたそうでじいちゃんが笑っていた。


いつの間にか娘と孫たちが帰って来ていて

めいちゃんが保育園でもらったメダルを見せてくれた。

プールが今日で終わったので頑張ったご褒美だそう。

「おばあちゃんもほしい?」と。「うん、ほしいよ」と。


私も童心にかえる。はなまるはやっぱりとても嬉しい。





2019年08月22日(木) やれば出来ることもある

日が暮れるのがずいぶんと早くなった気がする。

つい先ほどまでツクツクボウシが声を限りに鳴いていたけれど

もう薄暗くなってしまって窓の外は静まり返っている。



今日の山里の職場は開店休業だった。

義父も同僚も稲刈りで忙しく汗を流していたようだ。

臨時休業にするわけにもいかず事務所で留守番をする。

せっかく来てくれたお客さんに断りをするのも心苦しいものだ。


同僚はともかくとして義父の農業に対する熱心さは尋常ではない。

本業はどんどん疎かになるばかりだけれど仕方ないことなのだろう。

経営を任されている私は月末の資金繰りで頭を悩ませていた。

今月もなんとしても乗り越えようと思っている。

今までずっとなんとかなってきた。だからきっとだいじょうぶ。


時々ふっと逃げ出したくなる時もある。

そのたびにこれは自分に与えられた試練なのだと思うことにしている。

神様は乗り越えられない試練を与えないのだそうだ。




帰宅してじいちゃんと高校野球の決勝戦を観ていた。

最後の最後まで勝敗のわからないとても良い試合だったと思う。

負けても良いのだ。準優勝でも良いのだと星陵ナインにエールを送る。



「俺も終わったぞ」とじいちゃん。

何のことだろうと首をかしげていると

海苔網を重ねる作業が今日で終わったのだと言うのでびっくり。

私に内緒で一人で頑張っていたらしい。

毎朝私が出勤するなりこっそりと出掛けていたことを知る。

私に言ったら絶対に止められると思ったのだそうだ。

もうあとの祭り。よく一人で頑張ったねと褒めるしかなかった。


じいちゃんはじいちゃんなりに出来ることをしたかったのだろう。

思うように出来ないこともあって悔しい気持ちもあったのかも。

やれば出来た。ちょっと得意顔のじいちゃんが誇らしく思う。


じいちゃんおつかれさま。ありがとうね。とても嬉しかったです。









2019年08月21日(水) 空は秋。おひさまは夏だった

空はうろこ雲の一日だったけれど厳しい残暑となる。

明後日はもう「処暑」夏が遠ざかって行くのだろうか。

それもなんだかさびしい。見送るのはせつないものだ。



娘がお休みだったのであやちゃんが「竹の子学級」を休むと言う。

お弁当も作ってあったのに家で食べるからと言って聞かない。

めいちゃんにバレないようにこっそりとお休みしたようだ。



山里の職場に向かう山道。てっぽう百合があちらこちらに。

ほんとうに鉄砲みたいに何かを目がけて咲いているのだけれど

純白で清楚でとても可愛らしい花だなとこころが和む。



仕事は今日も忙しかったけれどそれなりにぼちぼち。

張り切ることもしなければ頑張るわけでもなかった。

もうそんな歳ではないと自分がいちばん知っている。

老眼鏡を使わないときはヘアーバンドにしている。

それが最近のお気に入りのスタイルだった。



帰宅したら洗濯物がまだ干したままだった。

ちょっとガクッとうなだれる。

娘が取り入れてたたんでくれるのが当たり前のように思っていた。

でもどうして娘を責めることが出来ようか。


気を取り直してとり入れていたら娘が駆けつけて来てくれる。

お昼寝をし過ぎたようだ。ゆっくりと休めて良かった。



晩ごはん。海老と青さ海苔のかき揚。娘が揚げてくれて助かる。

天つゆに浸してめいちゃんがいっぱい食べてくれた。

あやちゃんは南瓜煮がよほど気に入ったのか残り物で大盛りご飯。

私にはみんなの美味しい顔がいちばんのごちそうに思える。



今日も平穏無事に暮れていく。うろこ雲の夕焼け空がきれい。

ああいい日だったなあとこころからそう思える一日だった。







2019年08月20日(火) 元気はつらつオロナミンCドリンク

夜明け前にはざあざあと音を立てて雨が降っていた。

ちから強く心地よい雨音に気だるさを忘れる。


気ままな空のこと。日中は降ったりやんだり

時おり陽射しもあり狐さんのお嫁入りも見られる。



ぼちぼちの仕事で今日も定時で終わらせてもらう。

お盆休みの間ひまさえあればごろごろと寝てばかりいたので

そのツケがまわって来たらしい。

まだ火曜日だというのにもうぐったりと疲れを感じる。

帰り道の自販機でオロナミンCを買って飲んだ。

ゲンキンなものでそれがすぐに効いたように思う。

おお、いい感じになってきたぞと溌剌と家路を急ぐ。



娘と肩を並べて夕飯のしたく。今日こそはと南瓜を煮る。

あやちゃんの喜んだこと。ご飯を三杯もおかわりしてくれた。

明日の朝の分もあるのかと心配するので「まだいっぱいあるよ」

日記の題名を「だから今日はかぼちゃ記念日」にしようかしら。

なんて思いながら愉快に微笑みながらこれを記す。


「いい日」でした。ありがとうございます。



2019年08月19日(月) だから今日はマカロニサラダ記念日

夜明け前しずくのような雨が降っていた。

ぽっとんぽっとんまるで語りかけるような優しい雨だった。

求められてなどいないのに求められているような気がする。

わたしの言葉はいつもひとりよがり。わかっているけれど

一縷の望みのようにつぶやかずにはいられない時がある。




お盆休み明けで仕事がとても忙しかった。

慌てず急がずと自分に言い聞かせていても

ついついばたばたと走りまわってしまう。

思うようにはいかないものだ。そんな日もある。


今日は娘が遅くなるのでめいちゃんのお迎えを頼まれていた。

いつもは延長保育をお願いするのだけれど

今朝は「おばあちゃんにおむかえにきてほしい」と。

そう言われると嬉しくてならない。そりゃあそうでしょ。

おばあちゃんもめいちゃんをお迎えに行きたいのだもの。


定時で仕事を終わらせてもらってコインランドリーと買い物。

あらあらという間に時間が経ってしまってもう4時前。

大急ぎで保育園に向かってぎりぎり間に合った。

にこにことご機嫌のめいちゃん。ぎゅっと抱きしめたくなる。



さて晩御飯のしたく。今日は一人でぼちぼちがんばろう。

そう思っていたらめいちゃんがお手伝いをしたいと言ってくれる。

子供心に一人では大変だろうと思ってくれたのだろう。

一緒にマカロニサラダを作った。味見もして「おいしい」と。

けれども他の料理は何も出来ないまま娘とあやちゃんが帰宅する。


あやちゃんと約束していた南瓜の煮物を作っていなかったので

ぷんぷんと怒るあやちゃん。「楽しみにしていたのに」と。

娘が宥めてくれて大急ぎでチキンナゲットを揚げてくれた。

あやちゃんごめんね。あしたは絶対に南瓜を煮るからゆるしてね。


めいちゃんはマカロニサラダをいっぱい食べてくれました。


 < 過去  INDEX  


anzu10 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加