ゆらゆら日記
風に吹かれてゆらゆらと気の向くままに生きていきたいもんです。

2017年02月21日(火) さらりさらりと水に流して

寒の戻り。昨日の最低気温が今日の最高気温。

風は冷たかったけれど快晴で素晴らしく真っ青な空だった。



仕事は今日もさほど忙しくもなくぼちぼちの感じ。

穏やかな時間をそれなりに過ごしていたのだけれど

母がまた暴言。なんだか喧嘩を売られているような。

さらりと聞き流すことが出来なかったせいで

また口喧嘩になってしまった。もうほんとにうんざり。

まだ帰宅時間ではなかったけれど逃げるように飛び出して来た。


売られた喧嘩を買ってはならない。つくづくと反省する。

とにかくぐっと我慢。そうしなければどんどん溝が深くなる。


帰り道の車の中で助手席には母が孫たちにと買って来てくれた苺。

優しい母なのだ。もしかしたら暴言だと思い込んでいるのは私。

母の言葉を受け止める「おおきなこころ」が欠けているのかも。

もっとゆとりを持って接しなければいけないのだろう。


今日も良い心の修業が出来たのかな。お母さんありがとう。

毎日が修業ね。明日もそう思って臨みたいと思う。



帰宅してお大師堂へ。すぐ近くに菜の花が咲いていたので

ほっこりと嬉しくなってお堂の花枝に添えてみた。


Sさんが絨毯を干してくれていたので取り入れる。

「入れましたよ」ってメールしたら「ありがとさん」って返って来た。


今日もそれなりに穏やかな一日をありがとうございました。

頂き物のキャベツで回鍋肉、あとカツオのたたきも作って美味しかった。

今夜は孫たちとお風呂に入って楽しかったぁ。



2017年02月20日(月) 今夜もばたんきゅうしよう

雨と強い南風。すっかり春の嵐のような一日だった。

もわんとした暖かさ。このまま春になってくれたら良いのだけれど。

寒の戻りを繰り返しながらゆっくりゆっくり季節が流れていく。



今朝は11時になっても母が出勤してこなくて

心配したら機嫌を損ねてしまうのものだから

はらはらしながら電話もせずに待っていた。


ああやっと来ました。「おはようさん」って

もう私は早弁の時間なんですけど。


いつもの喫茶店でモーニングをしてから

買物に行っていたそうでケロっとしている母だった。


どんなに喧嘩をしてもやはり心配になる

やっぱり私は娘なのだなとあらためて思ったり。


仕事は納車が一件、来客2名とさほど忙しくもなく

悪天候でもあり定時で終らせてもらって帰路に着く。

いつものコインランドリーで洗濯物を乾かしている間に

買物を済ませて、ふっかふっかの洗濯物をたたんで帰る。

コインランドリーの経営者とすっかり顔なじみになって

笑顔で挨拶を交わしたりするそんなささやかなことが嬉しい。



娘が遅番だったので、孫たちも延長保育をお願いしていた。

帰るなり「まんまちょうだい」と相変わらず食いしん坊の芽奈。

みんなでわいわいと賑やかに「鍋」をかこむ。

鍋の季節ももう少しかな。今夜は暖かくうっすらと汗をかいた。



今日も笑顔で穏やかな一日をありがとうございました。

ほっこりさんまったりさんとほろ酔って今夜もばたんきゅうしよう。



2017年02月19日(日) まあこんなもんか

昨夜の強風もおさまって今日は穏やかな春の陽気。

ゆっくりと洗濯物を干したり、庭の桜草に心を和まされたり。

大安だったのでじいちゃんに手伝ってもらってお雛様も飾る。

娘の初節句の時のお雛様だけれど、古くてもまだまだ上等。

これでやっと我が家にもほっこりと春がきてくれた。



午後は少しうたた寝のつもりが二時間も爆睡してしまって

「いびきかきよったぞ」とじいちゃんに笑われるほど。

昼寝もし過ぎるとよけいにしんどくなってすっかりダルおも。

週末の間に疲れをとってまた月曜日から頑張ろうと思うのだけれど

年のせいだろうか、疲れがいつまでも尾をひいている気がする。


まあこんなもんか。しょうがないと諦めてありのままでいようかね。

出来ないことはできません。やれることだけぼちぼちでおっけい。



夕飯はじいちゃんのリクエストで牛丼。

我が家の牛丼は卵とじ風でじいちゃんの大好物であった。

「すき家よりうまい!」とおだてられたらまた作っちゃおうかな。

あとは大根なますと玉こんにゃくのおかか炒め。

今夜も綾菜が手伝ってくれた。お料理好きの女の子になりそう。



今日も笑顔で穏やかな一日をありがとうございました。

お風呂に入ってまったりさんと焼酎をのみつつこれを記す。


あしたのことはまたあした。どうか優しい風が吹きますように。



2017年02月18日(土) 鏡の中のあやちゃん

よく晴れて気温も高めだったけれど風が強し。

今夜もひゅるひゅると強い風が吹き荒れている。

「雨水」雪も雨に変わる頃。季節は確実に春に向かっている。



早目に昼食を済ませて保育園へお迎えに。

そのまま公園へ行こうかと思っていたけれど

風が強くて今日は諦めてしまった。

じいちゃんの運転で少しだけドライブ。

芽奈を眠らせようと目論んでいたけれど失敗に終わる。


帰宅してやっとお昼寝をしてくれたので綾菜と美容院へ。

春らしく少し短めのボブに。我が孫ながらめっちゃ可愛い。

鏡を見つめる幼顔はやっぱりおしゃまな女の子だった。

ふっと、あと何年おばあちゃんと一緒に来てくれるかなって思った。

5年後には10歳、8年後にはもう中学生になっている。



今日も笑顔で穏やかな一日をありがとうございました。

洗濯物を取り入れるのを綾菜が手伝ってくれた。

夕飯の支度も「おてつだいしたい」と言ってくれて

フライパンで野菜炒め。初めての挑戦でよくできました。

その間、芽奈は昨夜の残り物の胡瓜とタコの酢の物をぺろり。



2017年02月17日(金) 金曜日の夜がいちばん好き

もわんと生暖かいような朝。そのまま気温がぐんぐん高くなり

20℃を越えてすっかりぽかぽかの陽気となった。

風は春風そのもの。とても優しくてそんな風に癒される。



今朝は少し体調悪し、テレビCMの「ダルおも〜」の感じ。

安定剤を飲んでみたりビタミン剤をのんでみたりなんとか出勤。

まさに老体にムチ打つ感じで仕事を終えて逃げるように帰路に着く。

弱音を吐けばきりがないけれど、ほんとうに無理の効かない身体になった。


お大師堂は今日はおやすみ。明日があるさと自分に言い聞かす。

娘と孫たちの帰宅を待って四万十川の土手をお散歩。

ずっと寒い日が続いていたので久しぶりのお散歩が楽しかった。

冬枯れていた土手にもいつのまにか緑が多くなった。

つくしの坊やももうすぐ頭を出してくれたらいいな。



今日も穏やかな一日をありがとうございました。

どっと疲れているけれど金曜日の夜がいちばん好き。

お風呂に入っている間にまた娘が食器を洗ってくれていた。


ありがとさん。ほんとにほんとに助かるよ。


まったりさんほっこりさんと今夜の焼酎も美味しいね。



2017年02月16日(木) タンポポが咲きましたよ

連日氷点下の朝。今日も放射冷却だったようで

日中は18℃まで気温が上がりすっかり春の陽気となる。

仕事の手をやすめては時おり庭に出てつかの間の日向ぼっこ。



仕事はさほど忙しくはなかったのだけれど

木曜日がいちばんしんどくてため息ばかり。

身体が重いのかこころが重いのかその両方か。

なんだか自分を持て余しているような一日だった。


定時で逃げるように帰路につく。ゆっくりと買い物。

例のごとく半額のものを見つけてはにたりと微笑む。

そんな買い物はとても楽しい。もう節約のプロ並み。


お大師堂にもゆっくりとお参りに行けて良かった。

暖かさに誘われたのか川辺にはもうタンポポの花が。

それからなんと川岸に可愛いイタチがいてびっくり。

そのイタチと目があって「おいで、おいで」と声をかける。

野生の動物は警戒心が強そうなのに、なんとも人懐こいこと。

孫たちが一緒だったらどんなにか喜んだことだろう。


ちょうど干潮時でイタチは川岸の岩の中に潜り込んでしまった。

お魚見つけたのかな。おなか一杯に食べさせてあげたいな。



今日もそうして穏やかな一日をありがとうございました。

夕食後すぐにお風呂に入る。それから大量の食器洗いのつもりだったけれど

お風呂から出てきたら娘がぜんぶ洗ってくれていた。

ある意味、作戦成功かな。でもほんとに助かったよ。ありがとうね。





2017年02月15日(水) 孫のためならえんやこら

またまた氷点下の朝。きりりっとした寒さが不思議と心地よい。

放射冷却だったらしく日中は気温が上がりとても暖かくなった。



仕事の合間に郵便局へ。人生初の年金受給日であった。

ATMで通帳を記帳しながらすごいわくわくしていた。

支給額は予め通知が来ていたのでわかっていたのだけれど

ほんのわずかな年金でもこんなに嬉しいなんて。

手をつけずに貯金しようと意気込んでいたのもつかの間

やはり手をつけずにはいられなくて一万円だけ引き出して

「おたんじょうびおめでとう」と書いた祝儀袋に入れた。


今日は圭人の三歳の誕生日。可愛い孫のためならえんやこら。

仕事を終えてから飛ぶようにして息子のマンションに向かっていた。

息子もお嫁さんもすごい喜んでくれて私もすごい嬉しかった。

圭人は保育園に行っていて会えなかったけれど

近いうちに会えたらいいな。またみんなで一緒に遊ぼうね。



今日も笑顔で穏やかな一日をありがとうございました。

少しだけ心配事もあるけれどあえて記さず。

何事もなるようになるものだとお気楽に生きましょう。


 < 過去  INDEX  


anzu10 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加