ゆらゆら日記
風に吹かれてゆらゆらと気の向くままに生きていきたいもんです。

2017年07月24日(月) 人生いろいろ

曇り日。風もなくなんとも蒸し暑い一日だった。


出勤前にいつもみているNHKの朝ドラ「ひよっこ」

今朝は主人公のみね子が恋人と別れなければいけなくて

まるでフラッシュバックをするように40年前のことを思い出す。

とてもとても辛くて身を引き裂かれるような思いだったこと。

お互いを慕いながらもどうしても別れなければいけない時もある。


けれどもそんな悲しい別れがあったからこそ

今の幸せがあるのだなとつくづく思ったりした。

まさに人生いろいろ。どんなにどん底でもすすむ道は必ずある。

今となってはそれもとても懐かしい思い出になっていた。




午後4時を過ぎると孫たちが保育園から帰ってきて

まるでひまわり畑のような我が家。

今夜はめいちゃんがご飯を3杯もおかわりしてびっくりだった。

空っぽになったお茶碗を得意そうに見せるたびにみんなで拍手。


今日も笑顔で穏やかな一日をありがとうございました。

わたしは私にあたえられた人生を謳歌しているようです。



2017年07月23日(日) 愛しき涙

「大暑」猛暑を覚悟していたけれどそれほどでもなかった。

梅雨前線が北上していて秋田、東北地方に豪雨をもたらす。

どうかこれ以上の被害がありませんようにと祈るばかり。

先日の九州豪雨の傷も癒えないままでなんとも心が痛むことばかり。




今日は昨日の事もあってめいちゃんと一緒にけい君を迎えに行く。

大喜びのけい君。めいちゃんとおしゃべりしながら我が家へ向かう。

息子も思いがけなかった様子で喜んでくれた。

お嫁さんが今日も仕事で実は困っていたらしい。

ビニールプールで水遊びをしたりして仲良く遊んでいた。


午後も眠そうなのにお昼寝もせずにはしゃぎまわる。

ふふうふうとばあちゃんは少ししんどかったけれど

笑顔で楽しい一日を過ごさせてもらった。


夕方、息子が迎えに来てくれたけれどまた大泣き。

「かえりたくない」と言って涙をぽろぽろ流しながら帰って行った。

ほんとうは内孫なのに現実は外孫なのか。少し複雑な気持ち。

来週も出来れば一緒に過ごしたいなあってつくづく思ったりした。


今日も平穏無事。笑顔でいられてほんとうにありがたいこと。


夕方少しだけが雨が降る。おかげでずいぶんと涼しくなった。

夕焼け空を仰ぎ見ることもなく今日もゆっくりと暮れようとしている。







2017年07月22日(土) ぽっかりと空いてしまった時間

猛暑日にこそならなかったけれど厳しい暑さ。

そんな暑さを苦にせずに少しでも楽しみたいものだ。


今日は珍しく娘夫婦がお休みだったので

孫たちも保育園を休んでお父さんの実家へ。

なんとも静かな我が家。ぽっかりと空いてしまった時間。


お昼に息子から電話があって

けい君がめいちゃんと遊びたいと行って泣き止まないとの事。

先週「また来たらいいよ」ってなだめて帰らせたのだけれど

幼心にそれをしっかりと覚えていて楽しみにしていたようだ。

電話口で泣きじゃくるけい君。息子は夜勤明けで機嫌が悪い。

「めいちゃんいないけど連れに行こうか」って私が言うと

「もういい!」と荒い口調で電話を切ってしまった。

人一倍純真で傷つきやすいけい君。ほんとうにごめんね。

その場しのぎの口約束はしてはいけないなとつくづく思った。



午後4時過ぎ家族がみなそろってまたまたにぎやかな我が家。

おじいちゃんは今夜は同窓会があって5時過ぎには出掛けて行く。

毎年お誘いがあってもずっと断り続けていたのを

今回は行く気になってくれて良かったなあって思った。

もう65歳。会える時に会っておかないとと私は思うのだけれど。

今頃は懐かしい幼友達と楽しく飲み交わしていることだろう。

よかったねじいちゃん。毎年ちゃんといかないとね。


夕方から曇ってしまって茜色の空は見えないまま。

例のごとくのほほんとほろ酔ってこれを記す。

今日も平穏無事。ありがとうございました。



2017年07月21日(金) ほっとする瞬間

梅雨明けをしてから不安定なお天気が続いている。

今日も少しにわか雨が。風もなく蒸し暑い一日だった。


今朝はまたあやちゃんが発熱。食欲もなくお腹が痛いと。

娘も私も仕事を休めず、じいちゃんが見てくれることになり助かる。

めいちゃんは元気だけれど寝起きが悪くご機嫌ななめ。

なんとかなだめて無事に保育園へ行く事が出来た。


仕事は今日も忙しく先週からずっと気になっていた一件が

やっと片付いてほっと帰路についた。

帰り道に近くの公園へ寄り道。紫陽花はもう化石のように

憐れな姿になっていたけれど、また色んな花が咲いてくれていて

嬉しかった。季節ごとの花がなんともありがたいこと。



帰宅するとすっかり元気になっているあやちゃん。

お昼はじいちゃんとローソンへ行ってシーチキンのおにぎりを。

熱も下がり食欲も出て来たようでほっとひと安心だった。


今日もそれなりに穏かな一日をありがとうございました。

どんな日があってもほっとする瞬間はかならずある。



2017年07月20日(木) ほんのりと夕焼け空

梅雨明けはしたものの少し不安定な空模様。

にわか雨も降ったりで暑さがずいぶんと和らぐ。



孫たちの熱も下がっていて今日は保育園へ。

娘も私も仕事だったのでほっと胸を撫でおろす朝。


仕事は休めば休むほど忙しくなるのだけれど

そのほうが張り合いがあって良いかなと思う。

母がゆっくりと新聞を読んでいる間に仕事。

ぶつかり合う暇もなく時間が流れていく。


お昼過ぎにはもう帰り支度。今日も4時間だけ。

でもとても充実した時間だと自分では思う。


ゆっくりと買い物をして帰宅。

雨上がりの涼しい風が吹いていたので少しだけ

庭の草むしりなどをして過ごしていた。

夏の雑草のなんと力強いことだろう。

こんなふうに生きたいものだなとふと思った。


今日も平穏無事。孫たちの笑顔に癒されながら暮れようとしている。

ほんのりと夕焼け空。今日もほろ酔ってこれを記す。



2017年07月19日(水) 今日もそれなりに

四国地方も梅雨明けのニュース。

幸い猛暑日にはならなかったけれど相変わらずの蒸し暑さ。


例のごとく午前三時に目が覚める。そしてもう眠れない。

じいちゃんも目を覚まして暗闇の中であれこれとおしゃべり。

4時になるのを待ちかねて起床。じいちゃんはテレビをつける。

習慣とはおそろしきもので二人ともすっかり早起きの老夫婦だった。


午前7時。あやちゃんが熱が出ているとのこと。

微熱だけれど念のために保育園をお休みすることにした。

ちょうど娘がお休みだったのでほっとひと安心。

ばあちゃんは3B体操のある日だったのでそれを優先する。

そうしたら今度はめいちゃんも熱っぽいとのこと。

結局二人とも保育園をお休みすることになってしまった。


午前中は3B体操に。午後から娘と一緒に小児科へ走る。

寝冷えなのか夏風邪なのか。とにかく二人ともすこぶる元気。

食欲もあるので心配ないだろうと明日まで様子を見ることに。

夕方にはいつも通りに散歩にも行っていった。

熱にも負けないちびっ子パワーにはほんとうにびっくり。


今日もそれなりに平穏無事。まあどんな日もあってよし。

明日は明日の風が吹くだろうとのほほんと焼酎を飲んでいる。


もうすぐ日が暮れる。今日も夕焼け空をありがとうです。



2017年07月18日(火) チャンネル争いもしたりで

今朝は思いがけずに雨になった。

ずっと日照り続きだったので恵みの雨になったのだろうか。

大気がとても不安定なようで各地でゲリラ豪雨のニュース。

冠水の被害もあったようで降り過ぎる雨に困惑するばかり。



連休明けで今日は山里の職場へ。

急ぎの仕事があって少し忙しかったけれど

それなりにやっつけてお昼過ぎに帰路についた。

家に帰るとほんとうにほっとする。まるで天国の気分。

仕事自体は嫌いではないのにいったい何がストレスなのか。


午後は少しひと休み。薄日が射していて洗濯物も乾いていた。

洗濯物をたたんでから保育園のお迎えに。


今日は娘が遅番だったので夕食の支度はそれなりに。

腹ペコめいちゃんに枝豆を食べさせながら夕食を作る。

大相撲を見ながらの夕食だったけれど

あやちゃんがチャンネルを替えたがってじいちゃんを困らす。

ちょうど高安と宇良の取り組みでばあちゃんも観たくてたまらない。

泣いて勝とうとするあやちゃん。めいちゃんはリモコン提げてあたふた。

高安の勝ち。宇良も大健闘のところでめいちゃんがチャンネルを替えた。


千秋楽までこんな日々が続きそう。それも愉快なことだった。

泣いたり笑ったり。そんな日常がとても愛しくてならない。


今日も平穏無事。それはとてもとてもありがたいことです。



 < 過去  INDEX  


anzu10 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加