21世紀猫の手日記
DiaryINDEXpastwill


2013年03月31日(日) 編み物の効用?

棒針編みなので、毎日両手を使っている。
おかげで喫煙量が編み物時間は半分になっているのが続いている。

最初は両親指の付け根が痛かったのだが、鍛えられたのか、無くなった。

そして、…そしてっ!!生命線がくっきりとしてきて、ついでに伸びた。

手相占いでは生命線の長さ=寿命というわけではないらしいのだが、
何か嬉しいのである。
編み針を握るため、しわが深くなり、………単に老化というなかれ、
親指のつけねのしわとなんとなくつながり、手首というか親指の付け根
をくるっとまわって手の甲のほそい線につながる勢いだ。


これはたぶんこれから死んでも死にきれず、ぐるぐると輪廻の輪を
腕とか手の甲のしわの数だけぐるぐると生まれ変わるという……

……最終的にはなんか、あまりよろしくなさそうな展開だが、
とりあえず、ちょっとだけいい感じがした……


2013年03月30日(土) バランスボールを買おうと思った。

夕方のニュースで、会社のいす代わりにバランスボールを使用している
会社がでていて、”これだっ!”

……本当は会社に置きたい所だが、ただでさえ勤務実態が余人には
わかりにくい内容wだし、ほんとにあいつは会社に遊びにきとる!
…などと思われてもいかんので、とりあえず自宅用に一個買おうと思います。イス代わりに。

台車でスケボーとかしなくなったから、多少は皆様の信頼レベルがあがった
とは思うのだが。

プラモの箱絵の話である。ボックスアートというらしい。
私が心を奪われてしまったイラストレーターは”小池繁夫”大先生であった。
飛行機がかっこいいというか、周囲の空気感がいいというか、
いい年こいた婆のZAZAがぐらっときてしまったのである。
シュトルヒの箱を飾って半年以上、さっさと検索しろよ、一瞬でわかるでしょうに、
という突っ込みは甘んじて受ける。

イラスト集やカレンダーがほしいというより、”生絵がみたいんじゃぁ!”なので、静岡とか富士重工とか……南海トラフが暴れる前に一回足を
運ぶというか、工場と会社を遠くから拝みたいというか…、
さまざまな角度から興味がMAX状態にならないと、どーも、検索する気力が
わかないんだよねぇ。

どんだけ無気力といわれても、ぎりぎりで生きている感じなので、
なんかこう、たかがキーボードに入力するだけなのに、しない。

どーでもよい内容の日記だけは、わりと書くんだが。


意欲低下なわけですが、2月くらいに始めた編み物はコンスタントに
つづいています。レッグウォーマーもあと片足で終わりですし。
編み物予定は、ネックウォーマー(これも輪編み)、その次が夏用ニット
帽子。



銭があまっているなぜ某に、旅行の誘いを受けるたび、”静岡は?”と
いっては蹴られます。”そこ行って楽しいのZAZAちゃんだけでしょ”と。

ま、確かに工場や会社を遠くから拝むとか、JR静岡駅徒歩一分の
静岡ホビースクエア、などでは、温泉にとまるだけで、某は楽しくない
でしょうなぁ。
なぜ某の興味が日本史か、B級グルメに移れば行ってくれそうですが。


どうでもいいんだが、阿修羅になっちゃうゾロをみて”この人も悪魔の
実食べたんだっけ?”と質問されて、”……変身してるけど、そーゆー
技だから、悪魔の実食べてなくてもOKなのよ”と解説している自分が
情けなかったっす。

……少年誌の漫画はなんでもあり、といったほうが後々のため
だったかもなぁ。

最近、脳の認識のくせみたいのが、気になります。
極端に言うと一を聞いて十を知るジャンルと、いくら説明しても理解できない
ジャンルの差って、どうやって生まれてしまうんでしょうねぇ。



2013年03月29日(金) 耳くそといわずにEARWAXと英語にすると取っちゃいけない感じがびんびん

……耳かきを見失って半年放置するとでかいのが勝手にでてきます。

100円ショップでくしを買いました。

年末に脱色してから、櫛とか
そういう感じのものがどっかへ行ってしまい、気がつくと3月。

からまった髪を指でひっぱってほどいているうちに、髪をとかす必要性に
目覚めたのであります。
頭はちゃんと洗ってるよ。ドライヤーもかけている。


しかし、髪の一部が団子状に……。女子としては最低レベル。

グルーミングは、ハムスター以下です。

ここ一年くらいずーっとまくらのよこに、内田百寮萓犬遼椶ある。
読み飽きると、本棚でチェンジしてくるわけだが、常に2、3冊は
すぐ手に取れるところにある。

わりとどーでもいーよーな話が多いので、どっからどれを読んでも
2,3pで終わったりするので、真剣に寝ずに読まなくていいのである。
買った日は必死で読むけど。

で、興味の範囲が昭和、昭和以前の事が多いZAZAは、水行社のレストラン
はうまいのか?ステーションホテルの飯はうまいのか?などと想像する。
近年建替えられた、上野駅のホテルも泊まって、飯を食ってみたい気も
するが、当分は予約がいっぱいだろう。

ラウンジでコーヒー飲んで往時をしのぶという手もあるが、しのぶったって
行ったことがないので、うっかり高いところにあこがれた田舎の貧乏人が
場違いな場所でぼんやりしているようにしかみえないだろう。

昔の東京近辺はなんとなく見てみたいようなきもするが、私の見たい
雰囲気は空襲で焼けてしまっているので基本的に無理なのだ。
戦後の東京でも百寮萓犬亙襪蕕靴討い襦
そのあたりの雰囲気狙いといっても、そういえばバブルがあった。

そ、そこでやはり、行くなら静岡ではないか?
プラモの聖地静岡に行き、工場を遠目に拝観する。で、ありがたいなぁと
思って帰ってくるのはいいかもなぁ。
なんか、ついでに焼きそばとかお茶とか温泉とか、そんな感じで
そのうち旅にでたいものだ。


2013年03月28日(木) クリップペイント習得中

本の値段を検索してみた。ヴィヨン、高い。
ジョーゼフ・キャンベル、ほとんど定価。
…微妙すぎて言葉にならないが、あんまり高値だと、調べるだけで
貯金残高が減っていくような気がします。

クリップスタジオは、多分なれると便利なんだろうねぇ。
400ピクセルの絵を描いて色塗ったり影はつけられるようになって
きたけど、コマ割してなんか描こうとすると、ペイントじゃなくて
コミックのほうを買えばよかったのか!?もしくはペイントプロ公式ガイド
じゃなくて、コミスタのガイド(…があれば)もうちょっとわかりやすかったのか?

結構迷走しています。

コマごとにレイヤーができてくるとは思わなかった。
メインの線はやはりベクターレイヤーなのか!?でも印刷しないから
いや、そこまでのクオリティたぶん誰も求めてないし……。
あんまりひどくなきゃいいか…。

本を作る前提なら、ある程度枠が文字通り決まっちゃうんでしょうが、
解像度350で作業せんでも、72×3ぐらいで作業してマシンの負担を
軽く…いや働き者だからそこまで遠慮せんでも…などと、原稿サイズあたり
から迷宮入りしているのがw。

ソフトが描ききっていない隙間を埋めてくれたり、いろいろと便利なんですが
やっぱりねぇ……使う人がいいかげんな性格だとねぇ(苦笑)。
本のとおりにやってみてもなぞの色素空白地帯ができたり、膜の張ったような
塗りになったりと、猫の手以下な感じになってしまうのでございました。
ZAZAの脳にはもっと美しくとか、感情を呼び起こすような表現とか、
あんまはいってないんだなぁ。
もっときらきらでーーーうるうるで−−−−つやつやとかーーーーー
………ない。

がたがたで、がさがさで、ごそごそしているばかりである。

なんともなぁ〜〜〜〜(苦笑)。

TVで見てて記憶に残った一言”照り返し博士”…そのまんまだ。


そのうち同年代の競輪選手とレースすることになるであろう
”桐谷広人”。桐谷さんはすごいやねぇ。走行距離が、脚力が。


2013年03月27日(水) 室温19℃

お日様の力は偉大だ。
20℃近くまで室温が上がった。ありがたいことだ。

早く窓を開けて生活できるようにならないかな。

25日、なんだか無性に牛肉がたべたくなり、スーパーでステーキ肉を
買ってきた。500円くらいのを。

毎年、”無理だって、もう限界だって、こんなん払ったら倒れるぅ”
という感じで、
国民年金を支払っていたので、3月に贅沢ができるのがありがたい。
しかも、給料日の一週間前くらいである。


会社が半分支払ってくれる制度がなければ、とっくに年金は破綻して
いただろう。ありがたいありがたい。

牛肉の付け合せはもやし2袋。
一緒に炒めた。

し、幸せだ。←ちいさっw


2013年03月23日(土) 更新。

自賠責保険の更新に行ってきた。某T区へ。

地下鉄からあがって出てくると、うちの近所よりまぁだ一段と雪の壁が
高いのである。現在のお住まいよりも高級な界隈で、おしゃれでお高い
感じのお店ばかりあるところだ。

都会だから除雪が進んでいるとおもいきや、雪山が軽く2m超えてるところ
が多くて笑ってしまった。交通量が多い分車道を広く開けたしわ寄せが、
歩道に巨大なシフォンケーキ上の雪山を交差点ごとに作る原因となった…
…のではないか?とおもった。

これならうちの近所のほうが30センチから1mくらい低い。


バイク屋のおかみさんもヒマだったらしく、帰るZAZAをひきとめてまで
今年の除雪事情に関する苦情をのべていた。歩行者の量もおおいはずなん
だが、たしかにPCのキーボードくらいの幅の踏み分け道の歩道に難儀
しているそうだ。買い物カートもって行っても車輪がはまっちゃうから
使えないので大変と。

おかみさんは初老といってもいい年だ。転倒→骨折→機能低下の3連コンボが
怖くて当然。下手に入院生活を送って、ちょいとボケが出始めるという
4連打も視野に入れての苦情っぷりである。わかるぜ、その気持ち。
ここまで雪が高いとは予想外だったし、いまだに深夜雪を積んだトラックが
雪捨て場に走る謎もとけたよ。


2013年03月22日(金) 春が来ないよ

今時期、吹雪になるのはよくある話だが、今年の雪は一味ちがう。
なんつーか、短時間の割りに激しいというか、夜になっても
道が圧雪アイスバーン状態で、でこぼこしていなければスケート靴でも
いけそうな感じ?

ここまでつるつるだと、学生のころかばんを道に滑らせてカーリング
ごっこしながら歩いたことを思い出す。実際、だれもいないスケートリンク
の真ん中で、スケートバッグでカーリングもした。スピードスケートの
バッグって、1:2:√3みたいな形で、もう滑らせてくださいという
形だったもんなぁ。

そんなつるつる道を職場から歩いて帰ってくる途中、ロードヒーティングの
上にちょい〜んと野良猫がたたずんでいる。よそんちの玄関先だったり、
屋根つき駐車場の隅っこだったり、なんとも不憫な感じだ。
高級そうな感じのシャム猫がいたので、おもわず”えっ!こいつも野良”と
近づきそうになったら、向こうがびくっとしたので、遠くから眺めるに
とどめた。
……血統書なしだろうか?あの挙動は確実に野良猫だが、なんともなぁ。

これが、狸とかキツネだったら、冬毛で”う〜ん、がんばれよ!”に
なるんだろうなぁ。猫の場合はなんとなく、野生動物という認識に
なれないのか、貧相な短毛の奴ばかりみかけるせいか、なんとも
気の毒な感じしかしない。


2013年03月17日(日) 音が出るようになった。

モニターのアンプの音がいまひとつだったので、引っ越してから
半年あまり、PC中は無音でございました。
音の線をつないでいませんでした。w

きのう、やっと気合を入れて、CDを読み込み、ついでに半年ほど前に
買ったアンプをつないでみました。
予想より音がようございました。

うん、千円のわりには。
なんかLEDがぴかぴかするのだ。
で、ポイントがUSB電源なので、コンセントを使わなくてすむ。

ただ、モノラル(苦笑)。
これは、たぶん、ノーパソにつないでもちあるく人あたりがターゲット
なのかもなぁ。USBの線がみじかいもん。
音の線は短すぎて、アンプの位置にこまったので、手持ちの長いのに
つけかえてみた。
しかし、位置が若干低い。ほんとは耳よか高い位置になってほしい。

……本当なら、電源をとってもいいから、いいアンプでステレオ再生
したい。アンプが降ってこないかな。(こねぇよ)

それともいっそ、会社の魔窟倉庫から古いアンプを探してくるか。
ほんとに古くて火を噴きそうなものならありそうな気がする。

やっぱ、新品がいいな。

まぁ、1000円のアンプでも、慣れれば気にはならないんだ。

今まで音楽はどうやって聴いていたかというと、DVD再生でテレビの
スピーカーを経由していた。…ちょっと不自由そうでしょ?

音はいいんだけどねぇ。電源を2つ入れるのが面倒。
CDを入れ替えるのが面倒。←文字にするとかなりのダメっぷり



2013年03月10日(日) 常在菌の皆さん。

きのう、入浴後、ZAZAの皮膚および体内の常在菌の皆さんに
お願いした。
”君らのほうが数では圧倒的、こっちは命がひとつしかないんだから
宿主の上であまり暴れると、気がついたら火葬になってたりするんだから
そこそこにしておいてくださいね”

…ミノマイシンを飲み、消毒石鹸を使っている身の上である。
菌とZAZAは痛みわけというより、ZAZAが痛かっただけだ。

爆発前後はため息とぼやきしかでなかった。
爆発後は膿が出続けて、なんとも汚くて嫌であった。
絆創膏で吸い取れる量ではなかったのだ。とっほっほーい。

今はもう出ていない。


それにしても、雪で車が埋まって遭難多数の件だが、…子供のころ
遭難現場の比較的近所に住んでいたので、なんか地吹雪には
おぼえがある。

雪がすごくて集団下校とか、学校から帰って来れないんじゃないか?
とか前が見えないとか、アリアリだったもんな。
小学生ながら遭難の危険を感じていた事は結構あった。
ゴーグルつけて登下校したい日が結構あった。

吹き溜まりは、風によってはでき方が激しくて、そこに穴をほって
かまくらにしていたので、自動車が動けなくなるのも
合点がいく。
ZAZAが子供のころの雪質は、表面はわりと硬くて東北のような
厚ぼったい屋根にしなくても、春先じゃなければすぐ落ちてこなかった。

子供のころは”かまくら作ろう!”とひたすら冬場は掘っていたり、
スキーやそりでジャンプ距離を競っていたけど、
あのかまくら、今思うと雪洞だなぁ。子供3人でぎちぎちだもん。

雪がすごすぎたのか、道路を閉鎖するのがおそかったのか、
除雪の予算がすくなかったのか?
恐ろしい結果になってしまったわけだが……。

やっぱり、冬場は外へ出ないのがいいのかねぇ。
食料は室(むろ)とか地下に備蓄、外出は最低限度…といいたいとこだが
仕事がからむとそうもいかないし。
寒冷地スローライフ法とかで、いろいろ出歩かんでも済むような
感じにはならないか。
(普通に出歩けるように除雪とか柵とか増設しないマイナスの発想…)

なんかな〜。よろしくないよな。いろいろと。


2013年03月09日(土) 疼痛記(”〜”まぬけな幕切れ)

♪切ってくるぞと勇ましく誓って皮膚科へ行くからは…

と休みも取り、万全を期して準備をし手術台に上った。


服脱いでまってたら……手術前の診察で、先生が見て
”今回は切らずに薬で様子を……”手術台の上で診察しただけ!?

まぁ、爆発したあとだからねぇ……先週が一番痛かったよ。

そんなわけでミノマイシンを飲んでいます。

膿も出なくなり、塞がったような気はするけれど、
ぐりぐりは存在するなぁ。


クリップペイント、画面の右側を押したら3Dデータとか出てきた。
そうか、アップロードができないだけで、使えないわけじゃないんだ。
よ、よかった。



2013年03月02日(土) 疼痛記^^(嫌なシリーズ化?)

体内にできた汚い話の続きです。

あぁあぁ〜〜〜という嘆きの声しかでなかったわけでしたが、
ここまでなるとは思わなかったので、やはり病院へ行ってよかった。

嫌な嚢腫がどうなったかというと、痛くて触れなくなった翌日
腫れが2重になり、空母を思わせるかたちになった。

多分、菌とか脂肪とか上皮細胞とかもろもろが
”ZAZAが手術をするというなら我々は最後の最後まで戦い続けましょう!”
と団結したかどうかは知る由もないが、いろんな意味でさらに
盛り上がったのだ。

が、盛り上がりすぎたのが運のつき、うっかり頂上部が破れて
1cc〜2ccくらいの内容物がでてしまい、ZAZAの激痛は去った。

普通に耐えられる痛さになった。

だが、嚢の中身が全部出るわけでもなく〜 、…もしかすると3つか4つが
まとまって腫れているのかもしれない。最大のときよりは若干小さく
なったようだ。いきなり高熱が出る事態からは少し離れた……はず。

あいかわらず、根っこというか体内に小茄子の漬物が
埋まっているような感じはする。
とらないと再発は確実と言われたので、即決でとることにしたけれど、
2週間ほど痛みが続くのは人生初だな。



表皮嚢腫を甘く見てはいけない。







zaza9013

My追加