21世紀猫の手日記
DiaryINDEXpastwill


2012年12月29日(土) タブレットがっ!

7でもXPモードでも、PCに認識してもらえない。
古いから仕方がないのだろうけど、
タブレットのランプはついているので壊れているわけじゃない。

認識してもらえないとドライバを読み込んでもらえない。

いや、先にドライバをなんとか、してもやはり認識してもらえないのか。

まぁ、20世紀の遺物ですからねぇ…。

若干いろいろ滞り中であります。


2012年12月27日(木) 温度がもちなおす。

で、窓を開けて掃除機をかけて、室温が10度になった。
5時間ほどかけて14度にもちなおした。
……なかなかすごいと思った。

これがねぇ(苦笑)、寺田寅彦先生くらいなら、
なんか発見があるんだろうけど、いかんせんZAZAのレベルでは、
観察してすげーで終わっちゃうのだ。

職場は寒いところは今日は4度くらいしかなかった。
一桁地帯は心臓に悪いようなきがする。
とはいえ、外はマイナスなので、それよりはましなのか。
水曜深夜の地吹雪は結構きてたな。


仕事中にちょっとだけ黄金伝説の最後のほうを見た。
自衛隊サバイバルの今井さん、なんかすげーな。
そうか、蛙はローストか。



そういえば、ZAZAはああゆうでかい蛙を見たことがない。
5センチくらいのしかであったことがない。

でかい蛙を見たら、とりあえず”でけー!きもちわりぃ!
まじでけ〜〜〜!”といったあと、しばらく馬鹿笑いが止まらないと
思う。でかすぎて笑ってしまうだろう。


……、その気持ちは普段から大きな蛙を見慣れている人には
あまりわからんだろうなぁ。


2012年12月24日(月) 布団と毛布の力

昨日、友達が泊りがけで遊びに来た。

ふだんZAZAの部屋はストーブをつけずに15度あるので、多少寒いが
10度以下よりはぜんぜんすごしやすいのでそれで良し、
……という生活をしていたが、それを友達に教養、いや強要するのは
しのびねぇなぁと思ったので、おととい初めてストーブのスイッチを
いれた。
すぐ20度になった。いや別に25度でも良かったのだが、
あまりに早いのでちょっとびっくりしてすぐ切った。
で、大体一時間ちょいくらいで一度ずつ地味に下がっていき、15度
になった。

で、友達が来たのでとりあえずマットレスと敷布団と2枚あわせマイヤー
毛布をしいといた。で、ストーブで20度にした。
そしたら、友達がいる間ず〜〜〜っと、20度のままだった。
”君で5度上げた状態がつづくなら、マツコくらいの人が来たら
ずっと25度じゃないのか”と思わず口走ってしまった。

友達がかえってから、毛布と布団を乾燥させるのに床の上に広げて
放置していた。そのせいなのか、今日もまだ20度が続いていた。
う〜んすごいや。
毛布をしまったら、徐々にさがりはじめたが、敷布団とマットレスで
3時間で1度くらいかな。毛布の保温力ってすごいんだね。

敷布団とマットレスは明日しまおうと思いました。

ちなみにマットレスも敷布団もニトリ製。敷布団は腰の辺りが強化
されているタイプです。マイヤー毛布はイオンで買ったやつ。
ヒートファクトっぽい感じで4000円くらいの。

来年はラグマット買ったほうがいいのだろうか。
エコ生活的に……。
真剣に検討中。


2012年12月20日(木) 長期休暇のあと出社したら自分の席が無くなっていたの逆が、

……うちの会社には、席がなくなっていたの逆が存在する。
つまり、20世紀のうちにやめたのにも関わらず”○○さんの椅子”と
いうのが存在する。
そして、その椅子は、ほかの椅子がぼろぼろになってもそれを
使うことなく、空席というか……まぁ、そういうこと。

ホラー好きとしては、その椅子に座ると”○○さん”と同じ病で
亡くなるとか、そんなのを期待しますが、上司の皆さんに聞くと
すごくいい人だったから、席を残しておいてあるのだ、そうだ。

……メモリアルだった。

いい話かどうかは微妙だ。

その○○さんというのは、とうの昔に故人と化しているそうだが、
死後も出社しているのだろうか。

いやもう、10年以上経過してんなら、出社などせずすっきり川を
わたっていただきたいと思うんだが……。

まぁ、会社も広くて席も余っているからいいけどねぇ。
生きているうちに無くされるよりは、死後も延々と出社できるほうが
いいのか!?(苦笑)

これはもやもやするなぁ。

皆さんはどう思いますか?


2012年12月15日(土) 高速は皆さんの運でもっていたのか……

そういえば、トンネル崩落いや天井版落下事故、あのあと
あちこち調べたら不備だらけで怖かった。

会社に返品されるダンボールがぐちゃくちゃになっているときは、
積み替え時に乱暴だったのか、それともこれを運んでいたトラックが
事故にあったのだろうか……。
実は4つ以上のそういう感じの返品をみるとどきどきしていた。

多分、経年劣化が主原因でトンネルの屋根はおちたんだろう。

が、いつ落ちても……という場所が多いよねぇ。

あれ、高速バスとか乗ったら、落ちそうな天井をクリアするごとに
持っている自分の運を消費しているのではないのか(苦笑)。

宝くじにあたりたければ、トンネルは通らないほうがいいのか!?
などと思ったり……。


2012年12月14日(金) 先生の正体・ニュースの感想

毎月アフタヌーンを買っているのだ。
で、そこに載っているプー猫という漫画が好きなのだ。
それに出てくる書生猫といつも小説を書こうとしてる先生のモデルは
内田百寮萓犬肇離蕕任呂△襪泙いっ!などと思っていた。

しかし、今月号で初代書生(本当は猫)の幽霊がでてきて、宇田川留保
先生におつかえしていたそうで……。
宇田川先生の代表作が”ノラや〜い”とか書いてあったので、文豪先生
は内田先生がモデル……じゃなかったような感じ?。
なんとなくやられた感に、打ちのめられました。

孤高先生は、ひそかに川端康成がモデルじゃないかと思ってるんですが、
これも違うかもなぁ…。


某国のミサイルですが、正直、漢だったら逆の方向に向けて放て(苦笑)。
元○○主義のほうが、現在資本主義よか敵っぽくないか?
そっちに向けたら、うっかり尊敬しちゃうかもしらん。
まぁ、一応人工衛星らしいから、地球の自転的にこっちのほうに
向けるのがベターらしいが、そこに逆らってこその某国ではないのか〜。

ただならぬ気配に、イリオモテヤマネコだって迷惑だ。

選挙は…、みんなとりあえず投票しよう。

なんというか、ZAZA的には、どれに入れたいというのが、うかばないが、
こいつは落としてやりてぇ、の反対に入れればよいのだ。
大体、食うに困らない二世だの三世だの落としたって、ノープロブレム
だよな。(ワーキングプア的な視点)


2012年12月09日(日) フル装備で実家へ。

……なんのフル装備かというと、お掃除セット。
窓枠や窓についている実家の黒かびを退治してきました。

実家は黒かびの巣なので、正直毎年”君らはこれでよく肺炎にもならず
生活していられるなっ!”と思うのですが、昨今の空気清浄機は
高機能なのか、両親は健在です。

窓枠がプラスチックなので、心置きなくお風呂用のカビキラーをまき、
ふきとる×6。素手でさわってもかぶれたり、金属部分がやられないように
最大限気を使いました。
…しかし、リトマス試験紙をくっつけたら色は変わると思うが。

黒かびは窓枠から窓の周りの壁紙へと進出しようとしていたので、
とりあえず撫で斬りにいたしました。
なんですかねぇ、カビもコロニーというか、埃の様に増殖して黒い物体
になっていると、そんなに増えるんなら、食える舞茸とか生えてほしい
ような感じ?

なにしろ、室温が確実に25度はあり、魚を焼いたときくらいしか、
2階の階段というか吹き抜けの上の換気扇をまわさないしなぁ。
台所は一回にあって、調理時にはまわすのだが、なぜか母はすいっち弱
しかおさんのだ。

湿度はあいかわらず、60を超えていそうなので、見ないようにした。
多分、70は行っているだろう。

……なんですかねぇ、ZAZAが湿度の管理に関してはほとんど趣味で、
60こえたら対処、40代が好きだけど、せめて室内全箇所50台
(でも、インフルエンザウイルスは湿度が60くらいだと活発にならない
らしいが)…少ないやる気をそんなところにまわしているというのに。

蟹さん(父である)は、大規模災害でインフラが止まったりしたら、
潔く家で布団に包まって死ぬなどと、大見得を切ってはいるが、
ZAZAが窓を開けて作業をすると”寒い”とまっさきに苦情を言うのである。

この前、若干の停電でびびったようで、電池で火がつくポータブル石油
ストーブを、注文したそうな。
便座が冷たい、お湯がぬるい、
灯りをつけろ(これは加齢による視力の低下が原因か?)、
部屋が寒いとたいして厚着もせずに、実は苦情だけは人一倍で、
ZAZAなどの6倍以上口が達者なので、実際、長時間の停電や空腹に
本人も回りも耐えられんと予想する。

それはさておき、カビを取って換気した後は空気がきれいで感動した。
黒かびくさくない。鼻水も出ない。布団は微妙な感じがしたが、
深夜に遁走を企てるか否か、鼻をたらしながらうごうごしていたのが、
ないというのがありがたい。

やっぱり、物理的に除去というのは最強だなぁ。


2012年12月04日(火) 毎月欠かさず買っている…

「利休にたずねよ」なかなか渋い利休像が素敵だったんだけど、
映画になるのか。う〜ん…。


…毎月買っている、竹書房のホラー文庫だけど、今回は松村進吉の話が、
じんわり怖かった。

いまのところ、一番怖かった話はなんとかのマナコムツだね。
なんというか、地域に根付いた何かがあるのが怖い。
あ、今回でた話ではなくて、だいぶ前に出た本に収録されている。


月末に出たどの本とは言わないが、
……しかし、ホラースポットに、キャーキャー言う感じの女の子を
連れてくって……女の子がいたほうが怪奇現象がおこりやすいらしい
からって……(苦笑)。
いやまぁ、ついてくほうにも自己責任はあるけどさ〜…
とりあえず、この外道!と軽く苦言を呈しておこう。

なんか、あからさまにその女子に後々災難が集中しそうな
予想がするんだけど、気のせいか?

女子は生理もあるんだし、いろいろと繊細なんだから、
もちっと大事にしてあげなよ(苦笑)。
とおもった。


まぁ、わざわざ行くくらいだから、そこそこ肝もすわって
私のような大チキンとは違う女性とおもうけど。


毎月怪談をわざわざ買っているけど、”怪奇現象は本の中だけで
十分、リアルに起きたら多分全力で逃げる”のが、ZAZAの距離感である。


zaza9013

My追加